轉 法 輪


第一講


 本当ほんとうたか次元じげんひとみちび


 わたしは、ほうつたえ、こうつたえるにあたって、つね社会しゃかい学習者がくしゅうしゃたいして責任せきにんをもつことを念頭ねんとうにおいてきました。ですからられた結果けっかく、社会しゃかいあたえた影響えいきょうもかなりいものでした。数年すうねんまえおおぜい気功師きこうし気功きこうおしえていましたが、かれらがおしえたのはいずれも病気びょうき治療ちりょう健康けんこう保持ほじという次元じげんのものでした。もちろん、かれらの功法こうほうくないとうのではありません。わたしがいたいのは、かれらはたか次元じげんのものをおしえていなかったということです。わたしは中国ちゅうごく気功きこう現状げんじょうっていますが、いま国内こくないにも国外こくがいにも、本当ほんとうたか次元じげんへのこうつたえるものは、わたし一人ひとりしかいません。たか次元じげんへのこうつたえるひとがなぜいないのでしょうか? それはこのことが非常ひじょうおおきな問題もんだいからんでいるからです。歴史的れきしてき問題もんだいふかからんでいるばかりでなく、幅広はばひろ分野ぶんやおよび、非常ひじょう微妙びみょう問題もんだいにかかわりをっているのです。そのうえ、おおくの気功きこう流派りゅうはのものをるがしかねないという問題もんだいからんでくるので、普通ふつうひとではつたえられるはずがありません。とくおおくの練功者れんこうしゃは、今日きょうはこのこうならい、明日あすはあのこうならうなどしたあげく、自分じぶん身体からだをすっかりみだしてしまったので、うえ次元じげんをめざす修煉しゅうれんはもう間違まちがいなくできなくなっています。一本いっぽん大道だいどう沿ってうえをめざして修煉しゅうれんすべきなのにたいし、そのひとたちは脇道わきみちばかりあるくので、これを修煉しゅうれんしようとすればあちらから妨害ぼうがいはいり、あれを修煉しゅうれんしようとすればこちらから妨害ぼうがいはいり、あちらこちらから妨害ぼうがいされるというしまつで、もう修煉しゅうれんすることができなくなってしまったのです。
 これらの問題もんだいは、われわれがすべて片付かたづけてあげなければならないものです。部分ぶぶんのこし、わる部分ぶぶんのぞき、今後こんご修煉しゅうれんできるようにしなければなりません。しかしそれは、本当ほんとう大法ダーファまなびにひとだけにしかしてあげられません。もし、あなたがさまざまな執着心しゅうちゃくしんっていて、功能こうのう追求ついきゅうするとか、病気びょうき治療ちりょうもとめるとか、理論りろんいてみたいとか、あるいは、なにかのくない目的もくてきいだいているとすれば、やってあげるわけにはいきません。いま、おはなししたように、このことをやっているのはわたし一人ひとりしかいません。今回こんかいのような機会きかいはめったにありませんし、わたしもこれからさきずっとこのようにおしえていくことはありません。直接ちょくせつわたしの説法せっぽうき、功法こうほう伝授でんじゅけられるひとは、本当ほんとうに……いまのこの時間じかんもっとよろこばしいときだったと、将来しょうらいきっとかることでしょう。もちろんわれわれはえんおもんじます。みなさんがここにすわっていることは、すべてえんによるものです。
 たか次元じげんへのこうつたえるとはどんなことでしょうか? よくかんがえてみてください。それはひと済度さいどすることではないでしょうか? ひと済度さいどするというからには、あなたはもはや普通ふつう病気びょうき治療ちりょう健康けんこう保持ほじのみにとどまらず、本当ほんとう修煉しゅうれんをしなければなりません。本当ほんとう修煉しゅうれんする以上いじょう学習者がくしゅうしゃ心性しんせいへの要求ようきゅうたかくなります。ここにすわっているみなさんは大法ダーファまなぶためにているのですから、しん煉功者れんこうしゃとしての自覚じかくち、執着心しゅうちゃくしんてなければなりません。いろいろな目的もくてき追求ついきゅうしながらこうまなび、大法ダーファまなぼうとしても、なににつけることはできません。あなたにひとつの真理しんりをおおしえしましょう。えず執着心しゅうちゃくしんのぞくことこそ人間にんげん修煉しゅうれん過程かていのすべてです。常人じょうじん社会しゃかいにおいて、人々ひとびとうばったり、だまったり、個人こじんのわずかな利益りえきのためにひときずつけたりしますが、こういったこころ全部ぜんぶてなければなりません。とくに、いまここでこうまなんでいるひとは、これらのこころをなおさらてなければなりません。
 わたしはここで病気びょうき治療ちりょうはなしをしませんし、病気びょうき治療ちりょうなどもしません。しかし、本当ほんとう修煉しゅうれんをしようとするひと身体からだに、病気びょうきがあっては修煉しゅうれんできるわけがありません。ですからわたしは身体からだ浄化じょうかしてあげなければなりません。しかし身体からだ浄化じょうかをしてあげるのは本当ほんとうこうまなびにひと本当ほんとうほうまなびにひとだけにかぎります。もしあなたが病気びょうきのことばかりかんがえるそのこころてられないのなら、われわれはなにもしてあげられないし、どうすることもできないということを強調きょうちょうしておきます。なぜでしょうか? この宇宙うちゅうにはつぎのようながあるからです。佛家ぶっけによれば、常人じょうじんなかのことは、すべて因縁いんねん関係かんけいがあり、生老病死しょうろうびょうし常人じょうじんにとって当然とうぜんのことです。ひとは、以前いぜん悪事あくじはたらいたためにしょうじた業力ごうりきのせいで病気びょうきになったり、なんったりしています。くるしみをあじわうことはほかでもない「ごう」をかえすことなので、いかなるひとといえども勝手かってにそれをえるわけにはいきません。えてしまうと借金しゃっきんたおしてもよいということにもなります。しかも勝手かってにこのようなことをしてはなりません。さもなければ、悪事あくじはたらくことにひとしいのです。
 ひと病気びょうきなおしたり、健康けんこうのためになにかしてあげたりするのは、いことだとおもひとがいます。しかしわたしのるところでは、だれ本当ほんとう病気びょうきなおせたわけではなく、ただ病気びょうき先送さきおくりさせ、あるいは転化てんかさせただけで、病気びょうきのぞいてはいません。本当ほんとうにそのなんのぞこうとすれば、業力ごうりき消去しょうきょしなければなりません。もし本当ほんとう病気びょうきなおすことができて、業力ごうりきをきれいにのぞくことができるなら、本当ほんとうにそこまでできれば、このひと次元じげんはもはやくはありません。つまりかれにはすでに、常人じょうじんなか勝手かってこわしてはならない、というかっているのです。修煉しゅうれん途中とちゅう修煉者しゅうれんしゃ慈悲じひしんから、いことをし、ひと病気びょうきなおしてあげるのはゆるされることです。しかし、完全かんぜんなおすことはできません。もし本当ほんとう常人じょうじん病気びょうき根治こんちしてあげることができるとして、修煉しゅうれんしない常人じょうじんがここからて、なん病気びょうきもなくなったとしましょう。でもそのひと相変あいかわらず常人じょうじんのままで、私利しり私欲しよくのためにひとあらそったりするようでしたら、かれ業力ごうりきをどうして勝手かってのぞいてあげられるのですか? そのようなことは絶対ぜったいゆるされません。
 ではなぜ、修煉者しゅうれんしゃのためならしてあげてもいいのでしょうか? 修煉しゅうれんするひとこそもっと貴重きちょうなのであり、そのひと修煉しゅうれんしようとおもうこと、そこでしょうじた一念いちねんこそ、なによりも貴重きちょうなのです。佛教ぶっきょうでは佛性ぶっしょうおもんじており、佛性ぶっしょうがいったんあらわれると、覚者かくしゃたちはそのひとたすけることができます。それはどういう意味いみなのでしょうか? わたしはたか次元じげんにあってこうつたえていますから、たか次元じげんかかわっており、非常ひじょうおおきな問題もんだいおよぶのです。この宇宙うちゅうで、人間にんげん生命せいめい常人じょうじん社会しゃかいなかしょうじたものではない、とわれわれはています。人間にんげん本当ほんとう生命せいめい宇宙うちゅう空間くうかんしょうじたものです。この宇宙うちゅうには生命せいめいつくるさまざまな物質ぶっしつがたくさん存在そんざいしており、これらの物質ぶっしつたがいにはたらうことによって、生命せいめい誕生たんじょうします。つまり、人間にんげん最初さいしょ生命せいめい宇宙うちゅう起源きげんつということです。しんぜんにんという特性とくせいった宇宙うちゅう空間くうかん本源ほんげんてき善良ぜんりょうなものであり、人間にんげんまれたときは、宇宙うちゅうおな特性とくせいっています。しかし、生命体せいめいたいおおくなると、その集団しゅうだん社会しゃかいてき関係かんけいができてきます。そのなか一部いちぶものが、利己りこてきになっていったために、次第しだい自分じぶん次元じげんげ、ついに自分じぶんのいる次元じげんにいられなくなり、それよりひく次元じげんちていきました。ところが、つぎの次元じげんにおいても、まただんだんわるくなり、そこにもいられなくなって、したしたへとち、最後さいごには人類じんるいという次元じげんにまでちてたわけです。
 人類じんるい社会しゃかい全体ぜんたいは、おな次元じげんにあります。ここまでちてしまったら、功能こうのう角度かくどからても、あるいは大覚者だいかくしゃ立場たちばからても、これらの生命体せいめいたい本来ほんらい消滅しょうめつされるべきものでした。しかし、大覚者だいかくしゃたちがその慈悲じひしんにより、かれらにもう一度いちど機会きかいあたえたので、このような特殊とくしゅ環境かんきょう特殊とくしゅ空間くうかんができあがったわけです。ところが、この空間くうかん生命体せいめいたいは、宇宙うちゅうのあらゆる空間くうかん生命体せいめいたいとはちがいます。この空間くうかん生命体せいめいたいには、空間くうかん生命体せいめいたいえず、宇宙うちゅう真相しんそうえないので、これらの人々ひとびとまよいのなかちたも同然どうぜんです。病気びょうき快復かいふくなん回避かいひごう消去しょうきょねが人々ひとびとかなら修煉しゅうれんつうじて、返本帰真へんぽんきしんしなければなりません。修煉しゅうれん各派かくはも、このことについてはおなじようにかんがえています。返本帰真へんぽんきしんすることこそ、人間にんげんとしての本当ほんとう目的もくてきです。したがって、あるひと修煉しゅうれんしようとおもうと、佛性ぶっしょうあらわれてたとみとめられます。この一念いちねんこそもっと貴重きちょうなものです。なぜならそのひと返本帰真へんぽんきしんねがい、常人じょうじんという次元じげんからそうとしているからです。
 みなさんもおきになったことがあるだろうとおもいますが、佛教ぶっきょうには、「佛性ぶっしょうがひとたびあらわれると、十方じっぽう世界せかいふるわす」という言葉ことばがあります。覚者かくしゃがそのようなひとればひとしくすくいのべ、無条件むじょうけんたすけてあげようとします。佛家ぶっけでは、ひと済度さいどするにあたって、条件じょうけんわず、代償だいしょうもとめず、無条件むじょうけんたすけるということなので、われわれも学習者がくしゅうしゃみなさんにおおくのことをしてあげることができるのです。しかし、一人ひとりのただ常人じょうじんのままでよいとおもっているひと病気びょうきなおしてもらおうとおもっても無理むりです。病気びょうきなおったら修煉しゅうれんしようとおもひとがいるようですが、修煉しゅうれんにはいかなる条件じょうけんけてはいけません。修煉しゅうれんしようとおもったら、修煉しゅうれんはじめるべきです。しかし、病気びょうき身体からだをもっているひとや、あるいは体内たいない信息しんそくがかなりみだれているひと、まったく練功れんこうした経験けいけんがないひともいれば、なんじゅうねん練功れんこうしていながら、まだのレベルをせず、修練しゅうれん向上こうじょうしていないひともいます。
 どうしてあげたらよいのでしょうか? われわれは、たか次元じげんをめざす修煉しゅうれんができるように、その身体からだ浄化じょうかしてあげなければなりません。もっとひく次元じげん修煉しゅうれんするさいには、身体からだ完全かんぜん浄化じょうかする過程かていがあります。つまり、あたまなかくないかんがえや、身体からだのまわりの業力ごうりきによってできた身体からだ不健康ふけんこうをきたす要素ようそなどを、全部ぜんぶきれいにのぞくということです。それをのぞかなければ、このようなくろ身体からだと、けがれたかんがえをっていたのでは、どうやってたか次元じげんをめざして修煉しゅうれんができるでしょうか? ここでは「」をることなどはしません。あなたはもうひく次元じげんのものを必要ひつようはないのです。われわれはみなさんの身体からだ無病むびょう状態じょうたいにまでげていきます。そして同時どうじに、ひく次元じげん段階だんかい基礎きそとしてそなえなければならないものも、一式いっしきできあがったものをえつけてあげましょう。こうすれば、われわれははじめからたか次元じげん煉功れんこうすることになります。
 修煉界しゅうれんかいかたによれば、には、かぞえるとすれば、みっつの次元じげんがあります。しかし、本当ほんとう修煉しゅうれんるものはふくめない)は、おおきくふたつの次元じげんけられます。ひとつは世間法せけんほう修煉しゅうれんで、もうひとつは出世間法しゅっせけんほう修煉しゅうれんです。この世間法せけんほう出世間法しゅっせけんほうは、おてらうところの出世間しゅっせけん入世間にゅうせけんとはちがいます。それは理論りろんてきなものですが、われわれは、しん人体じんたい修煉しゅうれんにおけるふたつの次元じげんこる変化へんか意味いみしています。世間法せけんほう修煉しゅうれん過程かていにおいて、人間にんげん身体からだえず浄化じょうかされ、えず浄化じょうかされていき、世間法せけんほう最高さいこう形式けいしきたっしますと、身体からだ完全かんぜんこうエネルギー物質ぶっしつってわられます。そのさき出世間法しゅっせけんほう修煉しゅうれん本質ほんしつてき佛体ぶったい修煉しゅうれんになります。身体からだはすでにこうエネルギー物質ぶっしつ構成こうせいされたものとなり、あらゆる功能こうのうあらたにあらわれます。これがわれわれのふたつのおおきな次元じげんです。
 われわれはえんおもんじています。みなさんがいまここにすわっておられるから、わたしはみなさんにこのことをしてあげてもよいのです。いまここにいるひとは、せいぜい二千人にせんにんあまりですが、何千人なんぜんにん、もっとおおくのひといちまんにんでも、わたしは楽々らくらくとしてあげることができます。つまり、みなさんはてい次元じげんではもうらなくてもよいということです。あなたの身体からだ浄化じょうかしてから、たか次元じげんげ、完璧かんぺき修煉しゅうれんシステムを一式いっしきえつけてあげますので、あなたは最初さいしょからたか次元じげん修煉しゅうれんすることになります。しかし、それはしん修煉しゅうれんする学習者がくしゅうしゃにしかしてあげられません。ここにすわっているからといって、あなたが修煉者しゅうれんしゃだというわけではありません。えつけてあげることができるのはあなたのかんがかた根本こんぽんてきわったときです。しかもこれくらいにとどまりません。いったいわたしがどれくらいのものをみなさんにあたえたのか、いずれみなさんもおかりになるとおもいます。われわれはここでは、病気びょうき治療ちりょうなどはしませんが、煉功れんこうできるようにするために、学習者がくしゅうしゃ身体からだ全面ぜんめんてき調整ちょうせいします。病気びょうき身体からだでは、こうなどてくるはずがありません。というわけですから、病気びょうきなおしてほしいとかわたしにわないでください。わたしもそれをしません。わたしが出山しゅつざんしたおも目的もくてきは、たか次元じげんひとみちびくこと、本当ほんとうたか次元じげんひとみちびくことなのです。

 ことなる次元じげんことなるほうあり


 これまで、大勢おおぜい気功師きこうしが、気功きこうには初級しょきゅう中級ちゅうきゅう上級じょうきゅうがあるなどとっていました。それらはすべて次元じげんのものにぎないのに、初級しょきゅう中級ちゅうきゅう上級じょうきゅうなどにけています。本当ほんとうたか次元じげんのものは、おおくの気功きこう修煉者しゅうれんしゃあたまなかではまったくの空白くうはくで、なにられていません。わたしがこれからべようとするものはいずれもたか次元じげんほうです。そのほか、わたしは修煉しゅうれん本来ほんらい姿すがたつたえたいともおもいます。講義こうぎなかでは、修煉界しゅうれんかいられるくない現象げんしょうにもれる予定よていです。それらのものにどのように対処たいしょすればよいか、どうとらえたらよいかについても、すべておはなししたいとおもいます。それから、たか次元じげんにおいてこうつたえ、ほうくとなれば、かかわりを問題もんだい幅広はばひろく、おおきいばかりでなく、非常ひじょう微妙びみょう問題もんだいからんできますので、これらについてもあきらかにしたいとおもいます。また空間くうかんからの、われわれ常人じょうじん社会しゃかいへの妨害ぼうがいとく修煉界しゅうれんかいたいする妨害ぼうがいについてもあきらかにしますが、同時どうじに、われわれの学習者がくしゅうしゃのためにこれらの問題もんだい片付かたづけてあげなければなりません。これらの問題もんだい解決かいけつしないと、あなたは煉功れんこうできません。これらの問題もんだい徹底的てっていてき解決かいけつするには、みなさんのことを本当ほんとう修煉者しゅうれんしゃとしてあつかわなければなりません。それでこそはじめてこのようなことをしてあげられるのです。もちろん、いっぺんにあなたのかんがかたえるのは容易よういなことではありませんが、これからの受講じゅこうで、あなたはすこしずつ自分じぶんかんがかたえていかれるとおもいますので、講義こうぎ真剣しんけんいてください。わたしのこうつたかたほかひとのやりかたちがいます。ほかひとこうつたえるとき、ただ、簡単かんたん功法こうほう説明せつめいし、それから信息しんそくあたえたりして、動作どうさおしえるだけでわってしまいます。人々ひとびとはすでにこのようなこうつたかたれています。
 本当ほんとうこうつたえるには、ほうき、どうかなければなりません。十回じゅっかいにわたる講義こうぎなかで、わたしはたか次元じげんをすべてあきらかにしなければなりません。こうすればはじめてあなたは修煉しゅうれんできるようになります。さもなければ修煉しゅうれんなどできるものではありません。ほかひとおしえているのは、すべて病気びょうき治療ちりょう健康けんこう保持ほじという次元じげんのものですが、たか次元じげん修煉しゅうれんしようとするには、たか次元じげんほうによる指導しどうがなければ、修煉しゅうれんすることはできません。学校がっこうのことをたとえにしていますと、小学校しょうがっこう教科書きょうかしょって大学だいがくはいっても、やはり小学生しょうがくせいにしかぎないのです。たくさんの気功きこうならったつもりで、あれやこれやの気功きこう修了証書しゅうりょうしょうしょだけはやまほどあるのに、一向いっこうこうびていないひとがいます。かれはそれらが気功きこう真諦しんたいであり、すべてだとおもんでいますが、じつはそうではなく、それらは気功きこうのいろはにぎず、いちばんひく次元じげんのものです。気功きこうはそれだけにとどまらず、気功きこう修煉しゅうれんであり、博大はくだい奥深おくぶかいものであり、しかも、ことなる次元じげんことなるほうがありますので、今日こんにちられているような、いくらおおならってもおなじであるるものとはちがいます。たとえば、イギリスの小学校しょうがっこう教科書きょうかしょ勉強べんきょうし、つぎにアメリカの小学校しょうがっこう教科書きょうかしょ勉強べんきょうし、さらに日本にほん小学校しょうがっこう教科書きょうかしょ勉強べんきょうし、そして中国ちゅうごく小学校しょうがっこう教科書きょうかしょをも勉強べんきょうしたとしても、あなたはやはり小学生しょうがくせいです。気功きこうてい次元じげんのものをたくさんならって、いっぱいにつけたとしても、かえってがいになります。なぜかというと、あなたの身体からだがすでにみだされてしまっているからです。
 ここでもうひとつの問題もんだい強調きょうちょうしておきたいとおもいます。われわれが修煉しゅうれんするには、こうつたえ、ほう必要ひつようがあります。一部いちぶ寺院じいん和尚おしょうとく禅宗ぜんしゅうでは、異議いぎがあるかもれません。説法せっぽういただけでみみふさいでしまいます。なぜでしょうか? 禅宗ぜんしゅうでは、ほうというものははなしてはいけないもので、言葉ことばしたらほうではなくなるので、けるほうはなく、ただこころさとるのみだ、とかんがえているからです。そのため、禅宗ぜんしゅう今日こんにちいたっても、なんほうくことができません。禅宗ぜんしゅう達磨だるまつたえたものは、釈迦牟尼しゃかむにった「ほうには定法じょうほうし」という一言ひとこともとづいています。かれ釈迦牟尼しゃかむにのこの言葉ことばもとづいて禅宗ぜんしゅう法門ほうもん創立そうりつしました。この法門ほうもんはわれわれかられば、ほかならぬうし角先つのさきかってもぐむようなことをやっているのです。なぜうし角先つのさきもぐるというのでしょうか? 達磨だるまはいったときはまだけっこう余裕よゆうがありましたが、はいったときはあまり余裕よゆうがなくなり、さんはなんとかはいれる程度ていどで、よんときはもうかなりせせこましく、はほとんどはいれなくなり、ろく慧能えのうになると、もうまってしまったのです。いま禅宗ぜんしゅうほうまなびにったら、なにわないほうがよいのです。もしなに質問しつもんがあってたずねると、すぐにぼうあたまたたかれますが、それを棒喝ぼうかつというのです。なにくな、自分じぶんさとれという意味いみです。「なにらないからまなびにたのに、さとれって、なにを?! ぼうあたまたたくなんて」と、あなたはきっとそうおもいます。それこそまってしまって、おしえられるものがもうなにもないことをしめしています。達磨だるま自身じしんでさえ、ろくまではつたえられるが、そのあとはもう無理むりだとっていました。数百年すうひゃくねんったのに、まだ禅宗ぜんしゅう固守こしゅしているひとがいます。釈迦牟尼しゃかむにう「ほうには定法じょうほうし」の本当ほんとう意味いみなんでしょうか? 釈迦牟尼しゃかむにのいた次元じげん如来にょらいでしたが、そのあとおおくの僧侶そうりょたちはいずれも、釈迦牟尼しゃかむにがいた次元じげんや、かれ思想しそう境地きょうちにおけるこころ状態じょうたいかれいたほう本当ほんとう意味いみった言葉ことば本当ほんとう意味いみなどを、さとることができませんでした。そのために、こう解釈かいしゃくしたり、ああ解釈かいしゃくしたりして、非常ひじょう混乱こんらんしています。「ほうには定法じょうほうし」というのはなにうことはゆるされず、したらほうではなくなることだとおもわれています。じつはそういう意味いみではありません。釈迦牟尼しゃかむに菩提樹ぼだいじゅしたで、こうひらさとりをひらいたあとただちに如来にょらい次元じげんたっしたわけではありません。かれ四十九年間よんじゅうきゅうねんかんにわたる説法せっぽうあいだも、えず自分じぶんたかめていました。次元じげんひとがるたびかえってると、いたばかりのほうはみなちがっていました。さらにがれば、さきいたほうもまたちがってきました。四十九年よんじゅうきゅうねんあいだに、かれはこのようにえず昇華しょうかしていきながら、次元じげんがるたびに、自分じぶん以前いぜんいたほう認識にんしきひくかったことにづいたのでした。さらに、それぞれの次元じげんほうはみなその次元じげんにおけるほうあらわれで、どの次元じげんにもほうがありますが、どれも宇宙うちゅう絶対ぜったいてき真理しんりではないということにもづきました。しかもたか次元じげんほうほど宇宙うちゅう特性とくせいちかいのです。そこでかれは「ほうには定法じょうほうし」とったわけです。
 釈迦牟尼しゃかむに最後さいごに、「わたしは生涯しょうがいなんほういていない」ともいました。禅宗ぜんしゅうではまたしてもくべきほうがないと理解りかいしてしまいました。釈迦牟尼しゃかむには、晩年ばんねんすでに如来にょらい次元じげん到達とうたつしましたが、なぜなんほういていないとったのでしょうか? 本当ほんとうはどういうことをっているのでしょうか? 自分じぶん如来にょらい次元じげん到達とうたつしていても、宇宙うちゅう最終さいしゅう最終さいしゅうほうなんなのかまだえていない、と釈迦牟尼しゃかむにはこういうことをっているのです。したがってかれは、自分じぶんはなした言葉ことば絶対ぜったい真理しんり不変ふへん真理しんりなさないようにとっており、そういうことをすれば後世こうせいひと如来にょらいあるいは如来にょらい以下いか次元じげんかぎられ、もっとたか次元じげん突破とっぱできなくなるのだ、と後世こうせいひとおしえているのです。後世こうせいひとはこのはなし真意しんいからず、ほうかたられるとほうではなくなるとおもみ、そのように理解りかいしています。じつ釈迦牟尼しゃかむには、ことなる次元じげんにはことなるほうがあり、どの次元じげんほう宇宙うちゅう絶対ぜったいてき真理しんりではないが、その次元じげんにおいては指導しどう作用さようがある、ということをいています。かれ本当ほんとうのところ、そのようなかたっています。
 むかしおおくのひとは、とく禅宗ぜんしゅうでは、ずっとこのような偏見へんけん極端きょくたんあやまった認識にんしきっていました。おしえなければなにもとづいてどのように修行しゅぎょうし、どのように修煉しゅうれんすればよいのでしょうか? 佛教ぶっきょうには佛教ぶっきょうにまつわるおおくの物語ものがたりがあり、んだことのあるひとがいるかもれませんが、天国てんごくったはなしがあります。天国てんごくったら、そこでた『金剛経こんごうきょう』と下界げかいの『金剛経こんごうきょう』とは、おな文字もじひとつもなく、意味いみもまったくちがうのにづいたというのです。どうしてこの『金剛経こんごうきょう』と人間にんげん世界せかいの『金剛経こんごうきょう』はちがうのでしょうか? また、極楽ごくらく世界せかい経典きょうてん下界げかいのそれとまったくことなっており、ほとんどおなじものとはえず、文字もじだけではなく、しめすところや意味いみまでちがい、変化へんかしている、とひともいます。それはほかでもない、おなほうことなる次元じげんにおいてことなる変化へんかあらわれかたをもち、ことなった次元じげんにおいて、修煉者しゅうれんしゃたいしてことなった指導しどう作用さようをなすことができる、ということです。
 みなさんもご存知ぞんじのように、佛教ぶっきょうには『西方さいほう極楽ごくらく世界せかい遊記ゆうき』というしょう冊子さっしがあります。一人ひとり僧侶そうりょ坐禅ざぜんしているあいだに、その元神げんしん極楽ごくらく世界せかいってそこの景色けしきました。一日いちにちぶらぶらして、現世げんせもどってきたら、すでにろくねんぎていたというはなしです。かれには本当ほんとうえたのでしょうか? たしかにえました。しかしたのは真相しんそうではありません。なぜでしょうか? かれ次元じげんひくいので、その次元じげんにおいてかれるべき佛法ぶっぽうあらわれだけしか、かれせることができないからです。というのは、そのような世界せかいはまさにほう構成こうせいするもののあらわれなので、かれ真相しんそうえるはずもありません。わたしのう「ほうには定法じょうほうし」はそういう意味いみです。
 

 しんぜんにんひとわるひとかを判断はんだんする唯一ゆいいつ基準きじゅん


 佛教ぶっきょうにおいて人々ひとびとは、「佛法ぶっぽうとはなにか」をずっと探求たんきゅうしています。佛教ぶっきょうなかべられているほう佛法ぶっぽう全部ぜんぶだとひともいますが、実際じっさいはそうではありません。釈迦牟尼しゃかむにほうは、せんひゃくねんまえに、次元じげんのきわめてひく常人じょうじん、つまり原始げんし社会しゃかいから脱皮だっぴしたばかりの、かんがかた比較的ひかくてき単一たんいつ人々ひとびといたほうであるにぎません。釈迦牟尼しゃかむに末法まっぽう時期じきは、今日こんにちのことで、いまひとはそのほうもとづいてはすでに修煉しゅうれんできなくなっています。末法まっぽう時期じきには、てら和尚おしょう自己じこ済度さいどすることさえもできないのに、ましてや他人たにん済度さいどすることなどなおさらです。釈迦牟尼しゃかむに当時とうじつたえたほう当時とうじ実状じつじょうわせてつたえたもので、しかもかれみずからの到達とうたつした次元じげんにおける佛法ぶっぽう全部ぜんぶいたわけではないので、そのほうをいつまでもわらずに維持いじつづけようとしても不可能ふかのうです。
 社会しゃかい発展はってんし、人類じんるい思想しそうもますます複雑ふくざつになりましたので、以前いぜんおなじように修煉しゅうれんつづけることがむずかしくなりました。佛教ぶっきょうほう佛法ぶっぽう全部ぜんぶではなく、佛法ぶっぽうなかのほんのわずかないち部分ぶぶんぎません。ほかにもおおくの佛家ぶっけ大法たいほう代々だいだい一人ひとりにしかつたえないかたち民間みんかんつたわっています。ことなる次元じげんことなるほうがあり、ことなる空間くうかんことなるほうがありますが、いずれも佛法ぶっぽうかく空間くうかんかく次元じげんにおいてのちがったあらわれです。釈迦牟尼しゃかむに佛道ぶつどうおさめるには八万四千はちまんよんせん法門ほうもんがあるとっていましたが、佛教ぶっきょうには禅宗ぜんしゅう浄土じょうど天台てんだい華厳けごん密教みっきょうなどじゅうすう法門ほうもんしかないので、佛法ぶっぽう全部ぜんぶ代表だいひょうすることはできません。釈迦牟尼しゃかむに自分じぶんほうのこらずつたえたわけではなく、ただその時代じだい人間にんげん能力のうりょくわせてその一部いちぶしかつたえていません。
 それでは佛法ぶっぽうとはなんでしょうか? この宇宙うちゅうもっと根本こんぽんてき特性とくせいしんぜんにんで、これこそが佛法ぶっぽう最高さいこう体現たいげんであり、もっと根本こんぽんてき佛法ぶっぽうなのです。佛法ぶっぽうことなる次元じげんではことなるあらわれかたがあり、ことなった次元じげんにおいてはことなった指導しどう作用さようっていますが、次元じげんくなればなるほど、あらわれかた厖大ぼうだい複雑ふくざつになります。空気くうき微粒子びりゅうしいし木材もくざいつち鉄鋼てっこう人体じんたいなど、あらゆる物質ぶっしつなかに、しんぜんにんという特性とくせい存在そんざいしています。古代こだいでは五行ごぎょう宇宙うちゅう万事万物ばんじばんぶつ構成こうせいするとかんがえていましたが、それにもしんぜんにんという特性とくせい存在そんざいしています。修煉者しゅうれんしゃ自分じぶん修煉しゅうれんして到達とうたつした次元じげん佛法ぶっぽう具体ぐたいてきあらわれしか認識にんしきできず、これが修煉しゅうれんによって果位かいであり、次元じげんです。裾野すそのひろげてかんがえれば、ほうはとてつもなくおおきいのですが、頂点ちょうてんって説明せつめいすれば、ほうはピラミッドのようなかたちをしているので、非常ひじょう簡単かんたんなものになります。最高さいこう次元じげんではさん文字もじ概括がいかつできます。それがしんぜんにんにほかなりません。しかし、かく次元じげんあらわれてくると、きわめて複雑ふくざつになります。人間にんげんれいにしてえば、道家どうけ人体じんたい小宇宙しょううちゅうなしています。人間にんげん物質ぶっしつてき身体からだっていますが、物質ぶっしつてき身体からだだけでは完全かんぜん人間にんげん構成こうせいすることができません。人間にんげんとしての気質きしつ性格せいかく特性とくせいげんしんって、はじめて完全かんぜんな、独立どくりつした、自我じが個性こせいった人間にんげんになれます。われわれの宇宙うちゅうおなじで、銀河系ぎんがけいがあり、恒星系こうせいけいがあり、生命せいめいみずもありますが、この宇宙うちゅうにある万事ばんじ万物ばんぶつは、物質ぶっしつてき存在そんざいいちめんです。それと同時どうじに、しんぜんにん特性とくせい存在そんざいしています。あらゆる物質ぶっしつ微粒子びりゅうしなかに、このような特性とくせいふくまれており、きわめてちいさい微粒子びりゅうしなかにさえ、このような特性とくせいふくまれています。
 しんぜんにんという特性とくせいは、宇宙うちゅうなか善悪ぜんあく判断はんだんする基準きじゅんです。しはそれによってはかられます。むかしからわれてきたとくというものもおなじです。うまでもなく、今日こんにち人類じんるい社会しゃかい道徳どうとく水準すいじゅんにはすでに変化へんかこり、道徳どうとく基準きじゅんまでがゆがんでしまっています。いまだれかが雷鋒らいほう手本てほんにしていれば、あたまがおかしいとわれるかもれません。しかし、ろくじゅう年代ねんだいには、あたまがおかしいとひとがいたでしょうか? 人類じんるい道徳どうとく水準すいじゅんはなはだしく低下ていかしており、なか風紀ふうき日増ひましにみだれ、人々ひとびと利益りえきがくらみ、ちょっとした利益りえきのためにひときずつけたり、うばったりして、手段しゅだんえらばずにやっています。よくかんがえてみてください。このような状態じょうたいつづけていくことがゆるされてよいでしょうか? 悪事あくじはたらいているひとに、それは悪事あくじだよと注意ちゅういしてあげても、しんじないひとがいます。かれ本当ほんとう自分じぶんわるいことをしているとはしんじません。また低下ていかした道徳どうとく水準すいじゅん自分じぶん行動こうどう判断はんだんし、他人たにんよりましだとおもっているひともいます。判断はんだん基準きじゅんまでわったからです。しかし、人類じんるい道徳どうとく基準きじゅんがどんなにわろうとも、この宇宙うちゅう特性とくせいわることはなく、それがひとわるひとはか唯一ゆいいつ基準きじゅんです。ですから、修煉者しゅうれんしゃとしてはこの宇宙うちゅう特性とくせいらして、自分じぶんりっしなければならず、常人じょうじん基準きじゅん自分じぶんりっしてはいけません。返本帰真へんぽんきしんねがい、うえ次元じげん修煉しゅうれんしようとするには、この基準きじゅんしたがって行動こうどうしなければなりません。一人ひとり人間にんげんとして、宇宙うちゅうしんぜんにん特性とくせい順応じゅんのうできるひとだけが本当ほんとうひとで、この特性とくせいそむひとが、本当ほんとうわるひとです。職場しょくばで、あるいは社会しゃかい評判ひょうばんわるくても本当ほんとうわるひととはかぎらず、ぎゃく評判ひょうばんくても、かならずしも本当ほんとうひととはかぎりません。一人ひとり修煉者しゅうれんしゃとして、あなたがこの特性とくせい同化どうかすれば、得道とくどうしたものとなるのです。はこんなにも簡単かんたんです。
 道家どうけしんぜんにん修煉しゅうれんするさいに、おもしん修煉しゅうれんします。ですから、道家どうけしんおさめ、心性しんせいやしなうことをおもんじ、真実しんじつのことをはなし、うそいつわりのないことをし、正直しょうじき人間にんげんになって返本へんぽんしんし、最後さいごには修煉しゅうれん成就じょうじゅして真人しんじんになることを目指めざします。もちろん、それにはにんもあり、ぜんもありますが、しん重点的じゅうてんてき修煉しゅうれんします。佛家ぶっけおもしんぜんにんぜん修煉しゅうれんします。ぜん修煉しゅうれんすれば、おおいなる慈悲じひしんまれます。慈悲じひしんまれると、すべての衆生しゅじょうくるしんでいるのをて、衆生しゅじょう済度さいどしようとする願望がんぼうつようになります。しんもあり、にんもありますが、ぜん重点的じゅうてんてき修煉しゅうれんするのです。われわれの法輪大法ファールンダーファという法門ほうもんは、宇宙うちゅう最高さいこう基準きじゅんしんぜんにんもとづいて同時どうじ修煉しゅうれんするので、われわれの修煉しゅうれんするこうはとてもおおきいのです。
 

 気功きこう先史せんし文化ぶんか


 気功きこうとはなにか? おおくの気功師きこうしがみなそれぞれ説明せつめいしていますが、わたしの説明せつめいかれらとはちがいます。おおくの気功師きこうしがそれぞれの次元じげんはなしていますが、わたしはよりたか次元じげんにおいて、気功きこうたいする認識にんしきはなしているので、かれらの認識にんしきとはまったくちがいます。気功きこうくににおいて、千年せんねん歴史れきしがあると気功師きこうしがいます。三千年さんぜんねん歴史れきしがあるとひともいれば、千年せんねん、つまり中華ちゅうか民族みんぞく文明ぶんめい歴史れきしとほぼちか歴史れきしがあるとひともいます。さらに、遺跡いせきから出土しゅつどしたものをると、中華ちゅうか民族みんぞく文明ぶんめい歴史れきしはるかに上回うわまわなな千年せんねん歴史れきしがあるとひともいます。しかし、どんなに解釈かいしゃくしても、人類じんるい文明ぶんめい歴史れきしをあまりおおきくえていません。ダーウィンの進化しんかろんによれば、人類じんるい水生すいせい植物しょくぶつから水生すいせい動物どうぶつになり、そして陸地りくち上陸じょうりくし、うえのぼり、また地上ちじょうりて猿人えんじんになり、最後さいご文化ぶんか思想しそう現代げんだい人類じんるい進化しんかしたといますが、それによって推計すいけいすれば、人類じんるい文明ぶんめいしんあらわれてからいち万年まんねんにもなっていません。さらにさかのぼれば、なわむすんでこと記録きろくすることもなく、ころもにし、なまにくべていました。さらにさかのぼれば、使つかうこともらない、まったくの野蛮やばんじん原始げんしじんになります。
 しかし、われわれはひとつの問題もんだいづいています。つまり、世界中せかいじゅうおおくの地域ちいきに、われわれ人類じんるい文明ぶんめい歴史れきしはるかにえたたくさんの文明ぶんめい遺跡いせきのこっているのです。これらの遺跡いせきは、工芸こうげいめんからると、レベルがかなりたかく、芸術げいじゅつめんからても、かなりすぐれており、現代人げんだいじんはまるで古人こじん芸術げいじゅつ模倣もほうしているとおもうほど、たか鑑賞かんしょう価値かちがあります。ところが、それはじゅうすう万年まんねんまえすうじゅう万年まんねんまえすうひゃく万年まんねんまえ、さらにはいち億年おくねんまえからのこされたものです。みなさんかんがえてみてください。それは今日こんにち歴史れきしをあざわらっているのではありませんか? いや、あざわらうなどということはありません。なぜなら、人類じんるいえずみずからを向上こうじょうさせ、えずみずからをさい認識にんしきしており、社会しゃかいもこのように発展はってんしてきたもので、はじめの認識にんしきかならずしもただしいとはえないからです。
 「先史せんし文化ぶんか」、あるいは「先史せんし文明ぶんめい」という言葉ことばいたことがあるひとおおいかもれませんが、この先史せんし文明ぶんめいについておはなししましょう。地球ちきゅうじょうにはアジア、ヨーロッパ、みなみアメリカ、きたアメリカ、オセアニア、アフリカ、そして南極なんきょくがあります。地質ちしつ学者がくしゃはそれらを一括いっかつして「大陸たいりくプレート」としょうしています。大陸たいりくプレートができてから今日こんにちまで、すでにすうせん万年まんねん歴史れきしがあります。えれば、おおくの陸地りくち海底かいていからがってきたもので、ぎゃく海底かいていしずんだ陸地りくちもたくさんありましたが、安定あんていして今日こんにち状態じょうたいくようになってから、すでにすうせん万年まんねんっているということです。ところが、おおくの海底かいていで、巨大きょだい古代こだい建築物けんちくぶつ発見はっけんされました。これらの建築けんちく彫刻ちょうこく非常ひじょう精巧せいこううつくしいものですが、われわれのいま人類じんるい文化ぶんか遺産いさんではありません。だとすると、海底かいていしずまえてられたものにちがいありません。では、すうせん万年まんねんまえだれがこのような文明ぶんめい創造そうぞうしたのでしょうか? そのとき、われわれ人類じんるいはまださるにもなっていなかったのに、どうしてこのようなたか知恵ちえむものをつくれたのでしょうか? 世界せかい考古こうこ学者がくしゃは「三葉虫さんようちゅう」という生物せいぶつ発見はっけんしました。それはろく億年おくねんからおくろくせん万年まんねんまえまでのもので、おくろくせん万年まんねんまえ以降いこうはこのしゅ生物せいぶつ姿すがたしました。アメリカの科学者かがくしゃつけた「三葉虫さんようちゅう」の化石かせきひと足跡あしあとがあり、くついた足跡あしあとがはっきりとのこっています。これは歴史れきし学者がくしゃをからかっているのではありませんか? ダーウィンの進化しんかろんしたがえば、おくろくせん万年まんねんまえ人類じんるいがいるはずがないのではありませんか? 
 ペルー国立こくりつ大学だいがく博物館はくぶつかんひとつのいしがあり、そのいし人間にんげん姿すがた彫刻ちょうこくされています。鑑定かんていによれば、この人間にんげん姿すがたさん万年まんねんまえ彫刻ちょうこくされたものです。しかし、その人間にんげんふくて、帽子ぼうしをかぶり、くついていて、おまけに望遠鏡ぼうえんきょうまでってそら観察かんさつしているのです。さん万年まんねんまえひとがどうしてぬのり、ふくることができるのでしょうか? もっと不思議ふしぎなのは、そのひとはある程度ていど天文てんもん知識ちしきをもっているらしく、望遠鏡ぼうえんきょうって天体てんたい観察かんさつしていることです。望遠鏡ぼうえんきょうは、ヨーロッパじんのガリレオが発明はつめいしたとわれわれはずっとおもっており、現在げんざいまでせいぜい三百年さんびゃくねん歴史れきしがあるにぎません。なのに、さん万年まんねんまえだれがこの望遠鏡ぼうえんきょう発明はつめいしたのでしょうか? ほかにも不可解ふかかいなぞはたくさんあります。たとえば、フランス、みなみアフリカ、アルプス山脈さんみゃくではおおくの洞窟どうくつ壁画へきががあり、非常ひじょうしんせまり、きと表現ひょうげんされています。彫刻ちょうこくされた人間にんげん姿すがた非常ひじょう精巧せいこううつくしく、こう物質ぶっしつ顔料がんりょう着色ちゃくしょくされてもいます。しかも、これらの人間にんげんはみな現代げんだいじんなりをして背広せびろのようなふくて、ほそいズボンを穿いています。パイプのようなものをにするものもいれば、ステッキをって帽子ぼうしをかぶっているものもいます。数十万年前すうじゅうまんねんまえさるに、こんなたか芸術げいじゅつレベルがありえたのでしょうか? 
 もっととおいおはなしをしましょう。アフリカのガボン共和きょうわこくではウランという鉱石こうせき発見はっけんされましたが、こくおくれていて、自国じこくではウランの精錬せいれんができないため、先進せんしんこく輸出ゆしゅつしていました。一九七二年せんきゅうひゃくななじゅうにねんにフランスのある会社かいしゃがそれを輸入ゆにゅうし、科学かがく実験じっけんをしたところ、そのウラン鉱石こうせきはすでに精錬せいれんされて使用しようされたものだと判明はんめいしました。不思議ふしぎおもった会社かいしゃがわ現地げんち技術ぎじゅつしゃ派遣はけんして調査ちょうさし、おおくの国々くにぐに科学かがくしゃ調査ちょうさきました。最後さいごに、そのウラン鉱石こうせき採掘さいくつじょう大型おおがた原子げんしだったこと、構造こうぞう非常ひじょう合理ごうりてきで、われわれ現代げんだい人類じんるいつくれないものだということが実証じっしょうされました。では、いつてられたのでしょうか? 二十にじゅう億年おくねんまえで、五十ごじゅう万年まんねんうんてんされていたというのです。まるで天文学てんもんがくてき数字すうじで、ダーウィンの進化しんかろんでは解釈かいしゃくのしようもありません。このようなれい非常ひじょうおおいのです。現在げんざい科学かがくかい発見はっけんしたことは今日こんにち教科書きょうかしょ十分じゅうぶんえられるのです。人類じんるい固有こゆうふる観念かんねんにより、あるしゅのやりかたかんがかた形作かたちづくってしまうと、あらたな認識にんしきれることがむずかしくなります。真理しんりあらわれても、それをれる勇気ゆうきがなく、本能ほんのうてき排斥はいせきしたりします。伝統でんとうてき観念かんねん影響えいきょうにより、これらのものを系統的けいとうてき整理せいりするひとがいないので、人類じんるい認識にんしきはいつも発展はってんいつきません。このようなことは、まだひろられていないことではありますが、すでに発見はっけんされています。にもかかわらずそれをすと、迷信めいしんだとってみとめようとしないひとがいるものです。
 勇気ゆうきある外国がいこくおおくの科学かがくしゃは、すでにこれは先史せんし文化ぶんかで、われわれ人類じんるい今回こんかい文明ぶんめいよりまえ文明ぶんめいであることをおおやけみとめています。すなわち、今回こんかい文明ぶんめいまえにさらに文明ぶんめい時期じき存在そんざいしており、しかも一回いっかいだけではありませんでした。出土しゅつどしたものからても、おな文明ぶんめい時期じきのものではないことがかります。人類じんるい文明ぶんめいは、度重たびかさなる壊滅かいめつてき打撃だげきけては、少数しょうすうひとだけがのこり、原始げんし生活せいかつごしながら、また次第しだいあたらしい人類じんるいし、あらたな文明ぶんめいはいりますが、それからまた壊滅かいめつかって、ふたたあらたな人類じんるいまれる、というように、幾度いくどことなった周期しゅうきてき変化へんかをたどってきたものとかんがえられています。物質ぶっしつ運動うんどうには規律きりつがあると物理ぶつり学者がくしゃいますが、われわれのこの宇宙うちゅう全体ぜんたい変化へんかにも規律きりつがあります。
 われわれの地球ちきゅうは、このてしない宇宙うちゅう銀河系ぎんがけいなか運行うんこうするにあたって、順風満帆じゅんぷうまんぱんというわけにはいかず、どこかのほし衝突しょうとつしたり、あるいはなにほかのことがこったりして、おおきな災難さいなん見舞みまわれることがあります。われわれの功能こうのう視点してんかられば、そういうふうにさだめられているにほかならないのです。ある、わたしがくわしく調しらべてみたところ、人類じんるい八十一回はちじゅういっかい完全かんぜん壊滅かいめつされた状態じょうたいおちいり、ただわずかのひとだけがのこり、わずかの先史せんし文明ぶんめいのこされ、つぎ時期じきはいって、原始げんし生活せいかつおくはじめたのです。人類じんるいがだんだんえていって、最後さいごふたた文明ぶんめいあらわれました。八十一回はちじゅういっかいもこのような周期しゅうきてき変化へんかをたどってきましたが、わたしはそれでもまだ調しらくしたわけではありません。中国人ちゅうごくじんてんときひとというのをおもんじますが、天象てんしょう変化へんかちがい、てんときちがえば、常人じょうじん社会しゃかいちがった社会しゃかい状態じょうたいになります。物理ぶつりがく言葉ことばりれば、物質ぶっしつ運動うんどう規律きりつがあるということですが、宇宙うちゅう運動うんどうおなじです。
 いま先史せんし文化ぶんかのことをおはなししたのは、気功きこうもわれわれ今日こんにち人類じんるい発明はつめいしたものではなく、悠久ゆうきゅう年月ねんげつつたわってきたもので、先史せんし文化ぶんかひとつであることを、みなさんにってもらいたかったからです。経典きょうてんなかにもそれについていているところがあります。釈迦牟尼しゃかむに自分じぶんすうおくこうよりまえにすでに得道とくどうして成就じょうじゅしたとっていましたが、一劫いっこうというのはなんねんでしょうか? いちこうすう億年おくねんなので、これだけ厖大ぼうだい数字すうじは、とても不思議ふしぎこえます。もし本当ほんとうなら、これは人類じんるい歴史れきしおよび地球ちきゅう変化へんか符合ふごうするのではありませんか? しかも釈迦牟尼しゃかむには、かれまえにさらに原始げんし六佛ろくぶつがいて、かれにもがおり、みなすうおくこう以前いぜん修煉しゅうれんして得道とくどうしたものだとっています。それらのことが本当ほんとうならば、今日こんにち世間せけんつたわっている本当ほんとう正統せいとう功法こうほう直伝じきでん功法こうほうには、そのような修煉しゅうれんほうふくまれているのでしょうか? わたしのこたえは、もちろん「はい」です。しかし、あまりおおられません。現在げんざい、インチキな気功きこう偽物にせもの気功きこうものかれたひとが、でたらめなものをでっちげて人々ひとびとだましています。そういうものは、本物ほんもの気功きこうよりなんばいおおく、真偽しんぎ判別はんべつするのがむずかしくなっています。本当ほんとう気功きこうはそう簡単かんたん見分みわけることができるものではなく、さがてることも大変たいへんです。
 じつは、大昔おおむかしからつたわってきたものは気功きこうだけではなく、太極たいきょく河図かと洛書らくしょ周易しゅうえき八卦はっけなどもみな先史せんしからのこされたものです。したがって、今日こんにちわれわれは常人じょうじん立場たちばって、それをどんなに研究けんきゅう理解りかいしようとおもっても、究明きゅうめいできません。常人じょうじんという次元じげん立場たちば思想しそう境地きょうちからでは、本当ほんとうのことを理解りかいできるはずがありません。
 
 

 気功きこう修煉しゅうれんにほかならない


 気功きこうはこのようななが歴史れきしをもっていますが、いったいなんのためのものでしょうか? わたしがみなさんにいたいのは、われわれのやっているのは佛家ぶっけ修煉しゅうれん大法ダーファですので、うまでもなくほとけおさめるものです。道家どうけはもちろん、どう修煉しゅうれんし、得道とくどうするものです。っておきますが、この「ほとけ」は迷信めいしんではありません。この「ほとけ」は、梵語ぼんごであり、古代こだいインドの言語げんごです。中国ちゅうごくつたわって当時とうじは、二文字ふたもじ、「佛陀フォートウォ」、あるいは「浮図フートゥ」と音訳おんやくされていました。あちこちにつたわっているうちに、中国人ちゅうごくじんいちはぶいて、それを「フォー」とぶようにしました。それを中国ちゅうごくやくせば、どういう意味いみになるでしょうか? それは覚者かくしゃで、修煉しゅうれんつうじてさとりをひらいたひとのことです。このなかのどこに迷信めいしん意味いみがあるとうのですか? 
 みなさんかんがえてみてください。修煉しゅうれんかさねると超能力ちょうのうりょくしょうじてくるものです。いま世界せかいろく種類しゅるい超能力ちょうのうりょくみとめられていますが、それだけにとどまらず、わたしにわせれば、本当ほんとう功能こうのういちまん種類しゅるい以上いじょうあります。ひとはそこにすわったまま、あしうごかさないで、ほかひとあし使つかっても出来できないことをやりげてしまいます。宇宙うちゅうかく空間くうかん本当ほんとうえ、宇宙うちゅう真相しんそうえ、常人じょうじんえないものがえます。そういうひとは、修煉しゅうれんによって得道とくどうしたひとではないでしょうか? 大覚者だいかくしゃではないでしょうか? 常人じょうじんおなじだとえるでしょうか? 修煉しゅうれんによってさとりをひらいたひとではないでしょうか? 覚者かくしゃんでどこがただしくないのでしょうか? 古代こだいインドの言葉ことば翻訳ほんやくすれば、ほとけとなります。実際じっさいそういうことになるのです。気功きこうはそのためのものにほかなりません。
 気功きこうえば、「病気びょうきがなければだれ気功きこうなんかやるものか?」とひとがいます。まるで気功きこう病気びょうき治療ちりょうのためだけのようなかたですが、その認識にんしきじつあさはかです。これはべつみなさんのせいではありません。おおくの気功師きこうしがみな病気びょうき治療ちりょう健康けんこう保持ほじのことばかりやっており、病気びょうき治療ちりょう健康けんこう保持ほじのことだけをおしえて、だれたか次元じげんのものをつたえていないからです。このひとたちの功法こうほうくないとっているわけではありません。かれらの使命しめいはほかでもなく病気びょうき治療ちりょう健康けんこう保持ほじという次元じげんのものをつたえ、気功きこう普及ふきゅうさせることです。たか次元じげんをめざして修煉しゅうれんしたいというかんがえや願望がんぼうっているひと大勢おおぜいいるのに、ただしい修煉しゅうれん方法ほうほうからないために、結果けっかてきおおきな困難こんなんをきたし、いろいろな問題もんだいこっています。もちろん、本当ほんとうたか次元じげんへのこうつたえようとすると、非常ひじょう高度こうど問題もんだいにかかわりをってきます。そこで、われわれはつね社会しゃかい責任せきにんをもち、ひと責任せきにんをもつことを念頭ねんとういています。ですからわれわれのつたえるこう全般ぜんぱんてき効果こうかおさめているのです。一部いちぶ内容ないようたしかに非常ひじょう高度こうどなので、迷信めいしんのようにこえますが、しかし、われわれはできるだけ現代げんだい科学かがくでそれをかしていきたいとおもいます。
 一部いちぶ内容ないようは、われわれがうと、すぐに迷信めいしんだとひとがいます。なぜでしょうか? かれらにとっては、科学かがくがまだ認識にんしきしていないこと、あるいは自分じぶん自身じしん接触せっしょくしていないこと、存在そんざい不可能ふかのうだとおもっていることは、すべて迷信めいしんで、唯心ゆいしんてきだということになります。かれらはそういうふうにしか物事ものごとかんがえられません。このような見方みかたただしいでしょうか? 科学かがくがまだ認識にんしきしていないもの、あるいはまだ到達とうたつしていないものを、迷信めいしんだ、唯心ゆいしんてきだとえるのでしょうか? そんなことをっているひとこそ自分じぶん迷信めいしん唯心ゆいしんてきなことをやっているのではないでしょうか? そのようなかんがかたしたがえば、科学かがく発展はってん進歩しんぽがありうるでしょうか? 人類じんるい社会しゃかいまえすすめなくなります。科学かがく技術ぎじゅつかい発明はつめいしたものはすべてそれ以前いぜんにはなかったものばかりであり、みな迷信めいしんだとなされると、当然とうぜん発展はってんなどはしなくてよいことになります。気功きこうはなにも唯心ゆいしんてきなものではありませんが、おおくのひと気功きこうのことがからないので、いつも唯心ゆいしんてきだとおもんでいます。最近さいきん測定そくてい機器きき使つかって気功師きこうし身体からだから低音波ていおんぱ超音波ちょうおんぱ電磁波でんじは赤外線せきがいせん紫外線しがいせん、ガンマせん中性子ちゅうせいし原子げんし微量びりょう金属きんぞく元素げんそなどの成分せいぶん測定そくていできました。これらはみな物質ぶっしつとして存在そんざいしているものではないでしょうか? それらも物質ぶっしつです。あらゆるものはみな物質ぶっしつ構成こうせいされているのではありませんか? 時空じくうおなじく物質ぶっしつによって構成こうせいされているのではありませんか? どうして迷信めいしんだとえるのですか? 気功きこう佛道ぶつどうおさめるためのものである以上いじょう必然ひつぜんてきおおくの奥深おくぶか問題もんだいにかかわりをちます。ですからわれわれはそういったことをすべておはなししなければなりません。
 気功きこう佛道ぶつどうおさめるためのものであるのに、なぜわれわれはそれを気功きこうぶのでしょうか? 本当ほんとうはその気功きこうではありません。なんぶのでしょうか? それを「修煉しゅうれん」とびます。ほかでもない修煉しゅうれんそのものです。もちろん、ほかにも具体ぐたいてきがありますが、全体ぜんたいとしては修煉しゅうれんんでいます。それでは、なぜ気功きこうぶのでしょうか? みなさんもごぞんじのように、気功きこう社会しゃかい普及ふきゅうしてからすでに二十にじゅう数年すうねんっていますが、「文化ぶんかだい革命かくめい」のなかごろからはじまり、その後期こうきにブームとなったのです。みなさんかんがえてみてください。あのころ極左きょくさ思想しそうがかなり横行おうこうしていました。先史せんし文化ぶんかとき気功きこうなんばれていたかをべつにしても、今期こんき人類じんるい文明ぶんめい発展はってん過程かていにおいて、気功きこう封建ほうけん社会しゃかいたので、その名前なまえはとかく封建ほうけんてきいろいがくなりがちです。宗教しゅうきょう関係かんけいがあるものはたいてい宗教しゅうきょうしょく名前なまえをもっています。たとえば、「修道大法しゅうどうたいほう」、「金剛禅こんごうぜん」、「羅漢法らかんほう」、「修佛大法しゅうぶつたいほう」、「九転金丹術きゅうてんきんたんじゅつ」などなど、こんなかんじのものばかりです。もし「文化ぶんかだい革命かくめい」の時期じきにそうんでいたら、つるしげられ批判ひはんされたにきまっているのではありませんか? 気功きこう普及ふきゅうさせようとする気功師きこうし願望がんぼうがいくらくても、大衆たいしゅう病気びょうきのぞ健康けんこう増進ぞうしんさせ、人々ひとびと身体からだ素質そしつ向上こうじょうさせることがいくらいことにきまっているとはいえ、人々ひとびとはやはりそういう名前なまえ勇気ゆうきがありませんでした。そこで、おおくの気功師きこうし気功きこう普及ふきゅうさせるため、『丹経たんけい』、『道蔵どうぞう』のなかから、適当てきとうふたつの文字もじし、気功きこうづけたのです。いま気功きこうという言葉ことば研究けんきゅうくびんでいるひともいますが、それはとりたてて研究けんきゅうする価値かちのないもので、むかしはまさにそれを修煉しゅうれんんでいました。気功きこうはただ現代げんだいじんかんがかたわせるために、あたらしくつくられたです。
 

 煉功れんこうしてもなぜこうびないのか


 煉功れんこうしてもなぜこうびないのでしょうか? おおくの人々ひとびとは、自分じぶん直伝じきでんていないので、もしどこかの先生せんせい素晴すばらしいわざ高度こうど手法しゅほうおしえてくれれば、自分じぶんこうびるのにとおもっています。現在げんざいきゅうじゅうパーセントのひとがこのようなかんがえをっていますが、わたしは非常ひじょうにおかしいとおもいます。なぜだとおもいますか? それは気功きこう常人じょうじんなか技能ぎのうではなく、まったく超常的ちょうじょうてきなものなので、たか次元じげんでそれをはからなければならないからです。こうびない根本こんぽんてき原因げんいんは、「しゅうれん」のふた文字もじなかで、人々ひとびとがそのれんしか重視じゅうしせず、しゅうをおろそかにしていることにあります。あなたはそとかってもとめても、なにられません。常人じょうじん身体からだ常人じょうじん常人じょうじんかんがかただけで、こうエネルギー物質ぶっしつこう演化えんかさせようとでもおもっているのですか? こうびるとでもおもうのですか? そんな簡単かんたんにできるはずはありません! わたしかられば、まったく馬鹿ばかげたはなしです。これではそとかってもとめ、そとかってさがすのにひとしいので、永遠えいえんさがてることができません。
 常人じょうじんなかのいかなる技能ぎのうともちがい、おかねはらって、なにかコツをならえばくようなものではありません。そんなことではなく、それは常人じょうじん次元じげんえるものなので、あなたを超常ちょうじょうりっしなければなりません。どのようにりっするのでしょうか? それはつまりあなたはうちかっておさめなければならないということで、そとかってさがしてはなりません。大勢おおぜいひと今日きょうはこれを、明日あしたはあれをとそともとめ、しかも執着心しゅうちゃくしんいだいて功能こうのうもとめるなど、さまざまな目的もくてきっています。気功師きこうしになって、病気びょうき治療ちりょう大金おおがねちになりたいというひとさえいます! 本当ほんとう修煉しゅうれん自分じぶんこころ修煉しゅうれんしなければならず、それは「心性しんせいおさめる」ということです。たとえば、人間にんげん関係かんけいでトラブルがしょうじたとき個人こじん七情六欲しちじょうろくよく諸々もろもろ欲望よくぼうおさえなければなりません。私利しり私欲しよくのためにあらそっていながら、こうばそうとするなど、とんでもありません! それでは常人じょうじんわりないではありませんか? どうしてこうばせるはずがありましょうか? ですから、心性しんせい修煉しゅうれん大切たいせつにしてこそはじめてこうびるし、次元じげんたかめることができるのです。
 心性しんせいとはなんでしょうか? 心性しんせいは、とくとく一種いっしゅ物質ぶっしつ)をはじめとして、忍耐にんたいすること、さとること、てること、常人じょうじんなかのさまざまな欲望よくぼう執着心しゅうちゃくしんてること、さらにくるしみにえることなどなど、おおくのものをふくんでいます。ひと心性しんせいかく方面ほうめん全面ぜんめんてき向上こうじょうさせて、はじめて本当ほんとう上昇じょうしょうすることができます。これが功力こうりきばす肝心かんじん要素ようそひとつです。
 心性しんせいのことをうと、それはイデオロギーにかんするものであり、人間にんげん思想しそう問題もんだいなので、われわれの煉功れんこうとはかかわりのない問題もんだいだとおもひとがいます。どうしてかかわりのない問題もんだいだとえますか? 思想しそう世界せかいでは、従来じゅうらいから物質ぶっしつ第一だいいちか、それとも精神せいしん第一だいいちかという問題もんだいがあり、つね議論ぎろんされ論争ろんそうされていますが、じつ物質ぶっしつ精神せいしん同一どういつのものです。人体じんたい科学かがく研究けんきゅうにおいて、現在げんざい科学かがくしゃ人間にんげんのうからはっせられた思惟しい物質ぶっしつであると認識にんしきするにいたっています。思惟しい精神せいしんてきなものではなかったのでしょうか? それが物質ぶっしつてき存在そんざいであるならば、精神せいしん物質ぶっしつ同一どういつのものではありませんか? 宇宙うちゅうについておはなししたように、宇宙うちゅう物質ぶっしつてき存在そんざいであるとともにしんぜんにんという特性とくせいっています。宇宙うちゅうにおけるそういった特性とくせい存在そんざい常人じょうじんには感知かんちできません。常人じょうじんはすべておな次元じげんにいるからです。常人じょうじん次元じげんえれば、感得かんとくすることができます。どうすれば感得かんとくすることができるのでしょうか? 宇宙うちゅうにおけるいかなる物質ぶっしつも、宇宙うちゅうめるあらゆる物質ぶっしつふくめて、みな霊的れいてきなものであり、みな思想しそうっており、みな宇宙うちゅうほうことなる次元じげんにおける存在そんざい形態けいたいです。それがあなたの昇華しょうかゆるさないかぎり、いくら自分じぶん次元じげん向上こうじょうさせようとおもっても、向上こうじょうできません。それがゆるさないのです。なぜあなたの向上こうじょうゆるさないのでしょうか? あなたの心性しんせいがっていないからです。どの次元じげんにもことなる基準きじゅんがあり、うえ次元じげんがろうとすれば、っていたくないかんがえやきたないものをてて、その次元じげん基準きじゅん同化どうかしなければなりません。そうしてはじめてがってられるのです。
 心性しんせいたかまってくると、身体からだにもおおきな変化へんかこります。心性しんせいたかまってくると、身体からだ構成こうせいしている物質ぶっしつ間違まちがいなく変化へんかこります。どんな変化へんかでしょうか? あなたは、いままで追求ついきゅう執着しゅうちゃくしていたくないものを、てることになります。たとえてえば、びんなかきたなもの一杯いっぱいれて、ふたをしっかりめてから、みずれると、そこまでしずんでしまいます。なかきたなものせばしたぶんだけびんがってきます。全部ぜんぶせば、完全かんぜんがってきます。修煉しゅうれん過程かていにおいて、ほかでもなく人間にんげん身体からだにもっているさまざまなくないものをのぞかなければなりません。そうしてはじめてあなたは昇華しょうかしてがってられるのです。この宇宙うちゅう特性とくせいはそういうはたらきをするのです。あなたが心性しんせい修煉しゅうれんせず、道徳どうとく水準すいじゅんたかめようとしないで、わる思想しそうわる物質ぶっしつらなければ、宇宙うちゅう特性とくせいはあなたを昇華しょうかさせてはくれません。ならば精神せいしん物質ぶっしつ同一どういつのものではないとどうしてえるのでしょうか? 冗談じょうだんですが、七情六欲しちじょうろくよくをすべてかかえた常人じょうじんをそのままうえのぼらせ、成佛じょうぶつさせることは、みなさんかんがえてください、可能かのうでしょうか? そのひと大菩薩だいぼさつて、なんと綺麗きれいだと邪念じゃねんしょうじるかもれませんし、嫉妬心しっとしんのぞかれていないために、ほとけとトラブルをこすかもれませんが、このようなことがゆるされるものでしょうか? ではどうすればよいのでしょうか? あなたは常人じょうじんなかで、さまざまなくない思想しそうをすべてのぞかなければなりません。そうしてはじめてがってられるのです。
 ようするに、あなたは心性しんせい修煉しゅうれん重視じゅうしし、宇宙うちゅうしんぜんにん特性とくせいらして修煉しゅうれんし、常人じょうじん欲望よくぼうや、くないこころわるいことをするかんがえなどをのぞかなければなりません。思想しそう境地きょうちがわずかでもたかくなったらそのぶんだけ、自分じぶん自身じしんわるいものものぞかれたことになります。同時どうじに、あなたはすこしでもくるしみにえ、難儀なんぎしのぶことによって、自分じぶん自身じしん業力ごうりきすこしでもめっしなければなりません。こうすればあなたはすこ昇華しょうかしてがってられるのです。えれば、あなたにたいする宇宙うちゅう特性とくせい制約力せいやくりょくよわくなるということです。「しゅうおのれにありて、こうにあり」なのです。があなたにこうばすためのこうあたえますと、そのこうはたらいて、体外たいがいであなたのとくという物質ぶっしつこう演化えんかさせてくれます。あなたがえず向上こうじょうして、えずうえ修煉しゅうれんしていけば、あなたの功柱こうちゅうもどんどんうえ突破とっぱしていきます。一人ひとり修煉者しゅうれんしゃとして、ほかでもない常人じょうじん環境かんきょうなか修煉しゅうれんし、自分じぶん錬磨れんまし、徐々じょじょ執着心しゅうちゃくしんとさまざまな欲望よくぼうくしていかなければなりません。往々おうおうにして人類じんるいいとおもうものは、たか次元じげんにおいてればわるいものになります。したがって人々ひとびといとおもうもの、たとえば、常人じょうじんなか個人こじん利益りえきおおればるほど、らくらせばらすほど、大覚者だいかくしゃたちかられば、このひとわるひとになります。どこがわるいのでしょうか? たくさんればるほど、そのぶんだけひときずつけることになり、るべきではないものまでてしまいます。 名利みょうりもとめることによって、とくうしなってしまいかねないのです。こうばそうとおもっても、心性しんせい修煉しゅうれんおもんじなければ、もとよりこうびるはずがありません。
 われわれの修煉界しゅうれんかいでは、人間にんげん元神げんしん不滅ふめつであるといます。いままで人間にんげん元神げんしんなどとうと、迷信めいしんだとわれかねませんでした。みなさんもごぞんじのように、物理ぶつりがく研究けんきゅうによれば、われわれ人間にんげん身体からだには分子ぶんし陽子ようし電子でんしがあり、さらに追究ついきゅうしてクォーク、中性微子ちゅうせいびしまでいたっています。そこまでったら顕微鏡けんびきょうでもえなくなります。しかしそれは生命せいめい本源ほんげん物質ぶっしつ本源ほんげんからはまだまだかけはなれています。みなさんがごぞんじのように、原子げんし核分裂かくぶんれつにおいては、かく融合ゆうごう核分裂かくぶんれつこすためにかなりつよいエネルギーの衝突しょうとつとかなりおおきな熱量ねつりょう必要ひつようとします。人間にんげんとき身体からだなか原子げんしかくがそんなに簡単かんたんんでしまうのでしょうか? ですからわれわれのるところでは、ぬということは、ただこの空間くうかんでの最大さいだい分子ぶんし成分せいぶん脱落だつらくするだけで、空間くうかん存在そんざいする身体からだべつ壊滅かいめつしてはいません。よくかんがえてみてください。顕微鏡けんびきょう人体じんたいはどのような状態じょうたいでしょうか? 身体からだ全体ぜんたいうごいているもので、そこにすわってうごかないでいても、身体からだ全体ぜんたいうごいており、分子ぶんし細胞さいぼううごいており、身体からだ全体ぜんたいすなからできているようにばらばらで、かたまっていないようにえます。顕微鏡けんびきょう人体じんたいるとこのようになり、るのとはまったくちがってきます。それは人間にんげんがこういうものがえないように、虚像きょぞうつくるからです。天目てんもくひらくと、ものを拡大かくだいしてることができます。それは本来ほんらい人間にんげん本能ほんのうですが、いまちょう能力のうりょくばれています。ちょう能力のうりょくしたいとおもえば、返本へんぽんしんして、もともどるように修煉しゅうれんしなければなりません。
 とくについておはなししましょう。とくとそれにまつわるほかのものとの具体ぐたいてき関連かんれんなんでしょうか? それを分析ぶんせきしながら説明せつめいしましょう。われわれ人間にんげん数多かずおおくの空間くうかん自分じぶん身体からだをもっています。いまわれわれが人体じんたい構成こうせいると、最大さいだい成分せいぶん細胞さいぼうで、それが人間にんげん肉体にくたいです。もしあなたが細胞さいぼう分子ぶんしあいだに、あるいは分子ぶんし分子ぶんしあいだはいることができれば、べつ空間くうかんはいったことを体験たいけんできます。その身体からだはどのような存在そんざい形式けいしきをしているのでしょうか? もちろん、いまのこの空間くうかん概念がいねん理解りかいしてはいけません。あなたの身体からだはその空間くうかん存在そんざい形式けいしき要求ようきゅう同化どうかしなければなりません。空間くうかんにある身体からだ本来ほんらいおおきくもちいさくもなれるので、そのときあなたは、これもとてつもなくひろ世界せかいであることにづくにちがいありません。これは空間くうかん存在そんざい簡単かんたん形式けいしきしており、おなときおなところ空間くうかん存在そんざいしているということです。人間にんげんほかおおくの空間くうかんに、みな特定とくてい身体からだをもっていますが、ある特定とくてい空間くうかんにおいて、人体じんたいのまわりにひとつの存在そんざいしています。どんななのでしょうか? それはほかでもないわれわれがとくです。とく一種いっしゅしろ物質ぶっしつで、いままでおもわれていたように人間にんげん精神せいしんてきなものとか、イデオロギーてきなものではなく、それはまったく物質ぶっしつてき存在そんざいです。むかし、おとしりがとくむとか、とくうしなうとかっていましたが、まったくそのとおりです。このとく身体からだのまわりにひとつのつくっています。むかし道家どうけでは、弟子でしさがすのではなく、弟子でしさがす、とっていました。どういう意味いみでしょうか? 弟子でし身体からだっているとく成分せいぶんおおきいかどうかをるということです。おおきければ、修煉しゅうれんしやすいのですが、おおきくなければ、修煉しゅうれんしにくく、なかなかたかこうられないのです。
 同時どうじ存在そんざいするものに、一種いっしゅくろ物質ぶっしつもあり、われわれはここで業力ごうりきびますが、佛教ぶっきょうではそれを悪業あくごうんでいます。しろ物質ぶっしつくろ物質ぶっしつ同時どうじ存在そんざいしています。ふたつの物質ぶっしつあいだはどういう関係かんけいでしょうか? とくという物質ぶっしつは、われわれがくるしみにえたり、打撃だげきけたり、いことをしたりしてるものです。これにたいして、業力ごうりきというくろ物質ぶっしつ悪事あくじはたらいたり、くないことをしたり、ひとをいじめたりしてるものです。いまひと利益りえきがくらむばかりでなく、一部いちぶひと悪事あくじのかぎりをくし、おかねのためならどんな悪事あくじでもやりかねません。ひところすとか、かねいのちうとか、同性愛どうせいあい麻薬まやくなどなんでもやります。ひとくないことをするときとくうしなっていきます。どういうふうにうしなうのでしょうか? あるひとひとののしったとします。うっぷんをらしたので、とくをしたとおもうかもれません。ところがこの宇宙うちゅうには、「うしなわないものはられず、るためにはうしなわねばならぬ」というがありますから、うしないたくなくても強制きょうせいてきうしなわせられるのです。だれがこの役割やくわりたすのでしょうか? ほかでもない宇宙うちゅう特性とくせいがこの役割やくわりたします。ですからることばかりかんがえてはいけません。どういうことでしょうか? つまりひとののしったり、いじめたりすると、そのひと自分じぶんとく相手あいてあたえることになります。一方いっぽう相手あいてはいじめられ、くるしめられ、うしなったがわなので、つぐないとしてそれをもらえるのです。ここで相手あいてののしったとすると、ののしった途端とたんに、自分じぶん空間くうかん範囲はんいから一塊ひとかたまりとくんでいって、相手あいて身体からだちます。ひどくののしるほど、相手あいてあたえるとくおおくなります。ひとなぐるとか、いじめるとかもおなじです。なぐったり、ったりすると、そのぶんだけとく相手あいてのところへんでいきます。常人じょうじんにはこのからないので、いじめられたら、我慢がまんできません。なぐられたらなぐかえさなければ、とついしてしまいます。すると、このとく相手あいてもどしてしまいますので、両者りょうしゃともそんとくもないことになります。もしかするとそのひとは、一発いっぱつなぐられたら二発にはつなぐかえさないとがすまないかもれません。そこでかれがもう一発いっぱつなぐかえすと、今度こんど自分じぶんほうからとくんでき、相手あいてのものになります。
 なぜとくをこんなにおもているのでしょうか? このとく転化てんかほかとどのような関係かんけいにあるのでしょうか? 宗教しゅうきょうでは、このとくをもっていれば、今生こんじょうなくても来世らいせるといます。なにるのでしょうか? とくおおきければ、高官こうかんになる、大金おおがねちになるなど、しいものがあればなんでもはいりますが、それはほかでもないこのとく交換こうかんしているのです。宗教しゅうきょうではさらに、このひととくがなければ、形神全滅けいしんぜんめつともいます。このひと元神げんしんまで壊滅かいめつしてしまい、死後しごなにもかもなくなり、なにのこらないということです。それにたいして、われわれ修煉界しゅうれんかいでは、とく直接ちょくせつこう演化えんかできるとっています。
 とくはどうやってこう演化えんかするのかについておはなしします。修煉界しゅうれんかいには、「しゅうおのれにありて、こうにあり」という言葉ことばがあります。一方いっぽう、「かなえかまどもうけ、くすり採集さいしゅうし、たんる」ことや、意念いねん活動かつどうのことをなによりも大事だいじおもひとがいます。っておきますが、ちっとも大事だいじではありません。そればかりにられると、執着心しゅうちゃくしんになります。大事だいじおもいすぎると、執着しゅうちゃくしてもとめたくなるのではありませんか? 「しゅうおのれにありて、こうにあり」なのですから、あなたにそういう願望がんぼうがあれば充分じゅうぶんです。本当ほんとうにこのことをやってくれるのはで、あなたにはとてもそういうちからはありません。あなたのような常人じょうじん身体からだで、このようなこうエネルギー物質ぶっしつ構成こうせいされたたか次元じげん生命体せいめいたい演化えんかできるとでもおもいますか? まったく不可能ふかのうなことで、うだけでわらわれてしまいます。空間くうかんにおける人体じんたい演化えんか過程かていはすこぶる玄妙げんみょうで、すこぶる複雑ふくざつなものなので、それをやりげることは、あなたにはとても不可能ふかのうです。
 なにあたえてくれるでしょうか? こうばすためのこうあたえてくれます。なぜならとく身体からだそとにあり、本当ほんとうこうとくによって生成せいせいされるものだからです。一人ひとり人間にんげん次元じげんたかさも功力こうりきおおきさもみなとく生成せいせいしたものです。それはあなたのとくこう演化えんかし、螺旋状らせんじょううえばしてくれます。本当ほんとうひと次元じげんたかさを決定けっていするこう身体からだそとびるもので、最終さいしゅうてき螺旋状らせんじょうあたまのてっぺんまでびたあとひとつの功柱こうちゅう形作かたちづくります。そのひとこうたかさは、その功柱こうちゅうたかさをればすぐにかり、それがかれのいる次元じげんであり、佛教ぶっきょう果位かいです。坐禅ざぜんするときげんしん身体からだからはなれることができるひとがいます。一気いっきにかなりたかいところまでのぼれますが、それ以上いじょうのぼれなくなり、のぼ勇気ゆうきもないのです。そのひと自分じぶん功柱こうちゅうってのぼるので、そこまでしかのぼれません。功柱こうちゅうたかさがそこまでしかないので、それよりたかくはのぼれなくなります。これが佛教ぶっきょう果位かいのことです。
 心性しんせいたかさをはかるのに、もうひと尺度しゃくどというのがあります。尺度しゃくど功柱こうちゅうとはおな空間くうかん存在そんざいしてはいませんが、同時どうじ存在そんざいしています。心性しんせい修煉しゅうれんしてがってたら、たとえば、常人じょうじんなかひとののしられても、だまって平然へいぜんとしています。なぐられてもなにわず、一笑いっしょうするだけでませてしまいます。そうなれば、そのひと心性しんせいはもうかなりたかくなったとえます。それでは煉功者れんこうしゃとしてあなたのるべきものはなんでしょうか? あなたはこうるのではありませんか? 心性しんせい向上こうじょうすれば、あなたのこうびてきます。心性しんせいたかさはこうたかさ、これは絶対ぜったい真理しんりです。これまで、公園こうえんや、自宅じたく練功れんこうするにあたって、けっこう真剣しんけん練功れんこうし、かなり敬虔けいけんで、真面目まじめはげんでいるひとがいます。しかし、そのはなれると、もと木阿弥もくあみで、常人じょうじんなかでの名誉めいよ利益りえきのためにひとあらそったりします。そういうひとこうびるでしょうか? 絶対ぜったいびるはずがありませんし、またそのひと病気びょうきおな原因げんいんなおりません。長年ながねん練功れんこうをしていても、病気びょうきなおらないひとがいるのはなぜでしょうか? 気功きこう修煉しゅうれんであり、超常ちょうじょうのものなので、常人じょうじんなか体操たいそうとはちがい、心性しんせいおもんじないかぎり病気びょうきなおらなければ、こうびないのです。
 「かなえかまどもうけ、くすり採集さいしゅうし、たんる」のたんこそこうだとおもひとがいますが、ちがいます。このたんはただ一部いちぶのエネルギーをたくわえているだけで、エネルギーのすべてではありません。たんとはなんでしょうか? みなさんもごぞんじのように、われわれの法門ほうもんにはほかにも、めいおさめる部分ぶぶんがありますので、身体からだ功能こうのうあらわれてきますし、さらに数多かずおおくのじゅつるいもあります。これらのもののほとんどは、あなたには使つかえないようにかぎがかかっています。功能こうのうはたくさんあり、いちまんしゅ以上いじょうにものぼりますが、できあがるたびひとつずつかぎがかけられます。なぜさせないのでしょうか? 常人じょうじん社会しゃかい勝手かってにそれをなにかに使つかわないようにさせるためです。常人じょうじん社会しゃかい勝手かって撹乱かくらんしてはいけません。自分じぶんちから勝手かって常人じょうじん社会しゃかいせびらかしてもいけません。常人じょうじん社会しゃかい状態じょうたい破壊はかいするおそれがあるからです。おおくの人々ひとびとさとりながら修煉しゅうれんしています。なにもかも顕現けんげんさせると、本物ほんものだとかってしまうので、みな修煉しゅうれんにやってきて、極悪ごくあく非道ひどうものまで修煉しゅうれんしようとすることになりかねませんが、それはいけないことです。そういうふうにせびらかすのはゆるされないのです。それにあなたもわるいことをしかねません。なぜならあなたはその因縁いんねん関係かんけい本質ほんしつ見抜みぬくことができないからです。あなたがいことをしているつもりでも、じつわるいことかもれません。そこであなたに使つかわせないのです。わるいことをすると、次元じげんがり、修煉しゅうれん無駄むだになってしまうので、おおくの功能こうのうかぎをかけられています。どうすればよいでしょうか? こうひらさとりをひらときがくれば、そのたん爆弾ばくだんとなり、あらゆる功能こうのうや、身体からだのすべてのかぎおよび百竅ひゃっきょうをいっぺんに爆破ばくはし、パーンという震動しんどうですべてをひらいてしまいます。たん役割やくわりはこれです。和尚おしょうくなって火葬かそうするとき舎利しゃりてくることがあります。それをほねとか、とかひともいますが、常人じょうじんにはなぜないのでしょうか? それはたん爆発ばくはつして、エネルギーが放出ほうしゅつされ、そのなか大量たいりょう空間くうかん物質ぶっしつふくまれているからです。それも物質ぶっしつてき存在そんざいではありますが、あまりやくつことはありません。いまひとはそれをなかなか貴重きちょうなものとていますが、ただエネルギーがあり、光沢こうたくがあり、非常ひじょうかたいだけのものです。
 こうびないことにはもうひとつの原因げんいんがあります。つまりこう次元じげんほうらないため、修煉しゅうれんしても向上こうじょうすることができないのです。どういう意味いみなのでしょうか? 先程さきほどもおはなししたように、さまざまな功法こうほうならっているひとがいます。忠告ちゅうこくしておきますが、いくら数多かずおおまなんでもやくたず、相変あいかわらず小学生しょうがくせいのままで、修煉しゅうれんにおける小学生しょうがくせいぎないのですから、ひく次元じげんしかからないのです。たか次元じげん修煉しゅうれんしようとしても、ひく次元じげんには指導しどう作用さようはありません。大学だいがくっても小学校しょうがっこう教科書きょうかしょ勉強べんきょうしているのなら、相変あいかわらず小学生しょうがくせいで、いくら勉強べんきょうしてもやくたず、かえってますます駄目だめになります。次元じげんちがえばほうちがいます。ほうことなった次元じげんではことなった指導しどう作用さようはたしていますので、ひく次元じげんでもってたか次元じげんへの修煉しゅうれん指導しどうすることはできません。われわれがこれからべようとするのは、みなこう次元じげん修煉しゅうれんするためのであり、わたしはことなる次元じげんのものをむすわせてはなしているので、みなさんの今後こんご修煉しゅうれんにとってずっと指導しどう作用さようがあります。わたしはすうさつほんしており、ほかに録音ろくおんテープやビデオテープもあります。一回いっかいんだり、いたりしたあと、しばらくってからまたなおし、なおしてみれば、そのなか依然いぜんとして指導しどう作用さようがあることにあなたは間違まちがいなくづくでしょう。あなたがえず、自分じぶん向上こうじょうさせていっても、ずっとあなたを指導しどうしていくことができます。これがほうです。ここまで、煉功れんこうしてもこうびないふたつの原因げんいんについておはなししました。こう次元じげんほうからないために修煉しゅうれんができないことと、うちかっておさめず、心性しんせい修煉しゅうれんしないので、こうびないのです。このふたつが原因げんいんです。
 

 法輪大法ファルンダーファ特色とくしょく


 われわれの法輪大法ファルンダーファは、佛家ぶっけ八万四千はちまんよんせん法門ほうもんなかいち法門ほうもんで、今回こんかい人類じんるい文明ぶんめい歴史れきし時期じきにおいては、いちおおやけつたえられたことはありませんが、先史せんしのある時期じきには広範囲こうはんいひと済度さいどしたことがあります。わたしが末劫まつごう最後さいご時期じきふたたびそれをひろつたえましたが、この意味いみで、それはきわめて貴重きちょうなものです。とく直接ちょくせつこう転化てんかする形式けいしきについておはなししました。じつこうというものはれんによってるものではなく、しゅうによってるものです。おおくのひとこうびを追求ついきゅうして、練功れんこうのやりかたにばかり使つかい、いかに修煉しゅうれんするかを重視じゅうししていませんが、じつこうはまったく心性しんせい修煉しゅうれんによってるものなのです。では、なぜわれわれも煉功れんこうおしえているのでしょうか? まず、和尚おしょうがなぜ煉功れんこうしないのか? ということからおはなししましょう。かれらはしゅとして坐禅ざぜんみ、経文きょうもんみ、心性しんせいおさめているだけで、それなりにこうびますが、かれらは自己じこ次元じげんたかさに見合みあこうばしているのです。なぜなら、釈迦牟尼しゃかむに本体ほんたいふくめて、世間せけんのすべてをてるようにとっていましたので、身体からだ動作どうさ必要ひつようとしないからです。道家どうけ衆生しゅじょう済度さいどとなえませんから、相手あいてとするのは、私心ししんおおきいひとちいさいひとなどもふくめた、さまざまな心理しんり状態じょうたいをもち、さまざまな次元じげんぞくするひとたちではありませんでした。かれ弟子でしえらびますが、三人さんにん弟子でしっても、そのなか一人ひとりしか直伝じきでんけられません。その弟子でし間違まちがいなくとくたかく、ひとくて、問題もんだいこさないひとでなければなりません。したがってかれらは重点的じゅうてんてき手法しゅほうつたえ、めいおさめることをおしえています。そして神通力じんつうりきやさまざまなじゅつるいのものをるためには、ある程度ていど動作どうさ必要ひつようです。
 法輪大法ファルンダーファ性命双修せいめいそうしゅう功法こうほうなので、煉功れんこうするのに動作どうさ必要ひつようです。動作どうさは、ひとつは功能こうのう加持かじするはたらきをもちます。加持かじとはなんでしょうか? それはつよ功力こうりき功能こうのう強化きょうかして、ますますつよくさせることです。もうひとつは、身体からだなかにたくさんの生命体せいめいたい演化えんかさせなければならないことです。たか次元じげん修煉しゅうれんになりますと、道家どうけでは元嬰出世げんえいしゅっせおもんじ、佛家ぶっけでは「金剛こんごう不壊ふえからだ」をおもんじますが、このほかに、さまざまなじゅつるいのものも演化えんかさせなければなりません。これらのものはすべて手法しゅほうつうじてりますが、動作どうさはそれらをるためのものです。完全かんぜん性命せいめいそうしゅう功法こうほうには、しゅう必要ひつようとし、れん必要ひつようとします。みなさんは、こうがいかにしてできあがるのかについておかりになったとおもいますが、しん次元じげん高低こうてい決定けっていづけるこうは、煉功れんこうによってるものではまったくなく、修煉しゅうれんによってるものです。修煉しゅうれんする過程かていで、常人じょうじんなか自分じぶん心性しんせいたかめ、宇宙うちゅう特性とくせい同化どうかすれば、宇宙うちゅう特性とくせいがあなたを制約せいやくしなくなるのですから、あなたが昇華しょうかして向上こうじょうできるのです。そこでとくこう演化えんかしはじめますが、心性しんせい基準きじゅんたかくなるにつれてこうびてきます。それらはこのような関係かんけいにあります。
 われわれのこの功法こうほうは、しん性命せいめいそうしゅう功法こうほうであり、修煉しゅうれんによってこうは、身体からだひとひとつの細胞さいぼうなかたくわえられ、きわめて微視びしてき状態じょうたい存在そんざいしている物質ぶっしつ本源ほんげんである微粒子びりゅうし成分せいぶんにまで、そのこうエネルギー物質ぶっしつこうたくわえられることになります。功力こうりきこうまるにつれて、その密度みつどたかくなり、威力いりょくもますますおおきくなります。このこうエネルギー物質ぶっしつ霊的れいてきなもので、身体からだひとひとつの細胞さいぼう生命せいめい本源ほんげんにまでたくわえられるので、時間じかんつにつれて、だんだん身体からだ細胞さいぼうおな形態けいたいとなり、分子ぶんし配列はいれつ順序じゅんじょともおなじになり、さらにすべての原子核げんしかく形態けいたいともおなじになります。しかし、本質ほんしつはすっかりわり、もはやもと肉体にくたい細胞さいぼう構成こうせいされたあの身体からだではなくなります。それならあなたは五行ごぎょうなかにいないのではないでしょうか? もちろん、修煉しゅうれんはまだわったわけではなく、あなたは依然いぜんとして常人じょうじんなか修煉しゅうれんしていますので、には常人じょうじんおなじようにえます。唯一ゆいいつ区別くべつおな年齢ねんれいひとくらべてあなたがかなりわかえることです。うまでもなく、まずは、病気びょうきふくめて、みなさんの身体からだのあらゆるくないものをのぞいてあげなければなりません。しかし、ここでは病気びょうき治療ちりょうはしません。われわれは身体からだきよめてあげるので、言葉ことば病気びょうき治療ちりょうわず、身体しんたい浄化じょうかいます。しん修煉者しゅうれんしゃのために身体からだ浄化じょうかしてあげるのです。病気びょうき治療ちりょう目的もくてきているひともいますが、われわれは重病じゅうびょう患者かんじゃ講習会こうしゅうかいれないことにしています。なぜかというと、そういうひと病気びょうき治療ちりょうこころてることはむずかしく、自分じぶん病気びょうきがあるというかんがえをてられないからです。重病じゅうびょうわずらってとてもくるしいときに、そういうものをてられますか? そういうひと修煉しゅうれんできそうもありません。たびたび強調きょうちょうしているように、われわれは重病じゅうびょう患者かんじゃれません。ここでやっているのは修煉しゅうれんで、かれらのかんがえていることとずいぶんかけはなれています。病気びょうき治療ちりょうならほか気功師きこうしたのめばいいわけです。もちろん、おおくの学習者がくしゅうしゃにも病気びょうきがあるでしょうが、しかしみなさんはしん修煉しゅうれんするひとなので、われわれはこのことをしてあげられるのです。
 法輪大法ファルンダーファ学習者がくしゅうしゃは、一定いってい期間きかん修煉しゅうれんると、おもてあらわれるおおきな変化へんかとして、はだのきめがこまかくなり、いろしろくなりあかみがさしてきます。年配ねんぱいしゃは、しわり、ほとんどえてしまうひともいます。これはよくられる現象げんしょうです。わたしはここで摩訶不思議まかふしぎなことをっているわけではなく、ここにあつまっているふる学習者がくしゅうしゃはこのことをよくっているはずです。また、年配ねんぱい女性じょせいにはふたた生理せいりひともいます。性命せいめいそうしゅう功法こうほうには、経血けいけつめいおさめる必要ひつようがあるからです。生理せいりても、りょうはあまりおおくなく、いま段階だんかいでは程度ていど結構けっこうです。これもよくられる現象げんしょうひとつです。さもなければ、それをいていては、どうやってめいおさめることができますか? 男性だんせいおなじく、年寄としよりも、若者わかもの身体からだかるくなることをおぼえるにちがいありません。しん修煉しゅうれんするひとはこういった変化へんかかんじることができるはずです。
 われわれのこの功法こうほうは、動物どうぶつ真似まねなどをしているおおくの功法こうほうとはちがって、ずいぶんおおきなものを修煉しゅうれんしています。この功法こうほうによって修煉しゅうれんするものはあまりにもおおきいのです。釈迦牟尼しゃかむに老子ろうし当時とうじいたは、すべてこの銀河系ぎんがけい範囲はんいないでした。われわれ法輪大法ファルンダーファなに修煉しゅうれんしているのでしょうか? われわれは、宇宙うちゅう演化えんか原理げんりしたがって修煉しゅうれんし、宇宙うちゅう最高さいこう特性とくせいしんぜんにんという基準きじゅんもとづいてみずからの修煉しゅうれん指導しどうしているのです。われわれはこれほどおおきなものを修煉しゅうれんしているのであり、宇宙うちゅう修煉しゅうれんしていることにひとしいのです。
 法輪大法ファルンダーファには、もうひとつきわめて特殊とくしゅで、どの功法こうほうともことなる、最大さいだい特徴とくちょうがあります。いま社会しゃかい流行りゅうこうしている気功きこうのほとんどがたんみちあゆみ、たんるものです。たん気功きこうによって常人じょうじんなかこうひらき、さとりをひらこうとするのは、とてもむずかしいことです。法輪大法ファルンダーファたんみちあゆまず、下腹部かふくぶのところでひとつの法輪ファルン修煉しゅうれんしますが、講習会こうしゅうかいでわたしがみずかみなさんにそれをえつけてあげます。法輪大法ファルンダーファきながら、みなさんに次々つぎつぎ法輪ファルンえつけますが、かんじるひともいれば、かんじないひともおり、だい多数たすうひと実感じっかんできるでしょう。ひとそれぞれ身体からだ素質そしつちがうからです。われわれは法輪ファルンるのであって、たんるものではありません。法輪ファルン宇宙うちゅう縮図しゅくずで、宇宙うちゅうのすべての功能こうのうそなえており、自動的じどうてき運行うんこうし、回転かいてんすることができます。あなたの下腹部かふくぶのところでいつまでも回転かいてんつづけていくもので、いったんえつけてあげると、もうまらずに、どこまでも回転かいてんしていきます。法輪ファルン時計とけいまわりに回転かいてんするあいだ自動的じどうてき宇宙うちゅうからエネルギーを吸収きゅうしゅうし、しかもみずからエネルギーを演化えんかして、身体からだのあらゆる部分ぶぶん演化えんか必要ひつようなエネルギーをおくります。法輪ファルンぎゃく時計とけいまわりに回転かいてんするときは、エネルギーを放出ほうしゅつすることになり、廃棄はいき物質ぶっしつ体外たいがいして、身体からだ周囲しゅうい散逸さんいつさせます。法輪ファルンがエネルギーを放出ほうしゅつするときは、非常ひじょうとおいところまでとどきますが、同時どうじふたたあたらしいエネルギーをれます。放出ほうしゅつされたエネルギーによって、まわりにいる人々ひとびと恩恵おんけいけることがあります。佛家ぶっけは、おのれ済度さいどするとともにひと済度さいどし、衆生しゅじょう済度さいどすることをおもんじ、自分じぶん修煉しゅうれんするだけでなく、衆生しゅじょう済度さいどしなければなりません。そこでほかひとにも恩恵おんけいあたえ、らないうちに、他人たにん身体からだ調整ちょうせいし、病気びょうきなおしてしまうことがあります。もちろん、エネルギーがうしなわれることはありません。つねまることなく回転かいてんしていますから、法輪ファルン時計とけいまわりに回転かいてんすると、おのずとエネルギーを回収かいしゅうします。
 なぜこの法輪ファルンがいつでもまることなく回転かいてんできるのか、とおもひとがいます。また、「それがなぜ回転かいてんできるのか、その原理げんりなにか?」とわたしに質問しつもんしたひともいます。エネルギーがたくさんあつまるとたん形成けいせいするということは理解りかいできても、法輪ファルン回転かいてん不思議ふしぎおもうようです。れいげて説明せつめいしましょう。宇宙うちゅう運動うんどうしており、宇宙うちゅうにあるすべての銀河系ぎんがけい恒星系こうせいけい運動うんどうし、きゅう惑星わくせい太陽たいようのまわりを回転かいてんし、地球ちきゅう自転じてんしています。みなさんよくかんがえてみてください。だれがそれらをまわるようにしているのでしょうか? だれがそれらにちからあたえたのでしょうか? 常人じょうじん概念がいねんでそれをかんがえてはいけません。それはそのような旋機せんきになっているからです。法輪ファルンおなじで、回転かいてんするようにできているのです。それは、常人じょうじん普通ふつう生活せいかつ状態じょうたいたもったまま煉功れんこうする問題もんだい解決かいけつし、煉功れんこう時間じかんやしてくれました。どうやってやしたのでしょうか? 法輪ファルンまることなく回転かいてんし、えず宇宙うちゅうからエネルギーを吸収きゅうしゅうし、エネルギーを演化えんかしているからです。出勤しゅっきんしているあいだでも、法輪ファルンはあなたをっています。当然とうぜん法輪ファルンだけではなく、ほかにもあなたの身体からだかずおおくの機能きのうせいえつけてあげますが、それらは、すべて法輪ファルン連動れんどうして自動的じどうてき回転かいてんし、自動的じどうてき演化えんかしています。したがって、このこう完全かんぜんひと自動的じどうてき演化えんかしますので、「こうひとる」あるいは「ほうひとる」ということになります。つまり、あなたが煉功れんこうしていないあいだも、こうがあなたをっています。あなたが煉功れんこうしているときこうがあなたをっています。食事しょくじしているときているとき出勤しゅっきんしているときこうつねにあなたの身体からだ演化えんかしています。それなら、何のために煉功れんこうするのでしょうか? それは法輪ファルン加持かじし、えつけてあげたあらゆる機能きのう気機きき加持かじするためです。たか次元じげん修煉しゅうれんするときは、すべて無為むいで、動作どうさ気機ききみちびかれるがままにうごき、意念いねんによる導引どういん一切いっさいなく、呼吸こきゅうほうなども問題もんだいにしません。
 われわれは煉功れんこう時間じかん場所ばしょにもこだわりません。「いつ煉功れんこうするのがいいのか? こくか、たつこくか、それともうまこくか?」とたずねるひとがいます。われわれは時間じかんのこともいません。こく煉功れんこうしなかったとしてもこうがあなたをっており、たつこく煉功れんこうしなかったとしても、こうはやはりあなたをっています。あなたがているあいだも、こうがあなたをっており、あるいているときこうがあなたをっています。仕事しごとをしているあいだも、こうはやはりあなたをっています。こうなれば煉功れんこう時間じかん大幅おおはば短縮たんしゅくされるのではありませんか? われわれのおおくは、本当ほんとう得道とくどうしたいというこころをもっています。それはもちろん修煉しゅうれん目的もくてきで、修煉しゅうれん最終さいしゅう目的もくてきはほかでもなく、得道とくどうして圓満えんまん成就じょうじゅすることです。しかし、一部いちぶひとのこりの人生じんせいみじかく、時間じかんりないかもれないという問題もんだいがあります。法輪大法ファルンダーファならば、この問題もんだい解決かいけつし、煉功れんこう期間きかん短縮たんしゅくすることができます。性命せいめいそうしゅう功法こうほうでもありますので、えず煉功れんこうすれば、えず延長えんちょうされます。修煉しゅうれんすればするだけびるので、根基こんきいのにすでにとしってしまったひとも、これで煉功れんこう時間じかんりるようになります。しかし、ここに基準きじゅんひとつあります。さだめられた天寿てんじゅえた、延長えんちょうされた生命せいめいは、すべて煉功れんこうするためにあたえられたものであり、間違まちがったかんがえがかんだだけでいのち危険きけんまねくことがあります。というのは、あなたの生命せいめい過程かていはとっくにわっているからです。世間法せけんほう修煉しゅうれんえて、この制御せいぎょけなくなればはなしべつです。そのときになれば、まったくべつ状態じょうたいになるのです。
 煉功れんこうとき方角ほうがくや、煉功れんこう終了しゅうりょうするとき動作どうさにもこだわりません。法輪ファルンえず回転かいてんしており、それをめることはできないからです。電話でんわり、来訪者らいほうしゃれば、ただちに応対おうたいけばよく、煉功れんこう終了しゅうりょうさせる動作どうさをしなくてもかまいません。応対おうたいっているあいだ法輪ファルンがすぐ時計とけいまわりに回転かいてんして、あっという体外たいがいしたエネルギーを回収かいしゅうしてきます。人為じんいてきをもちげて灌頂かんじょうをいくらしても、ってしまいますが、法輪ファルン霊的れいてきなものなので、なにをどうすればいいかをっています。方角ほうがくにこだわらないというのは、宇宙うちゅう全体ぜんたい運動うんどうし、銀河系ぎんがけい運行うんこうし、きゅう惑星わくせい太陽たいようのまわりを回転かいてんし、地球ちきゅう自転じてんもしているからです。われわれは宇宙うちゅうおおきなしたがって修煉しゅうれんするのですから、どこに東西とうざい南北なんぼくがあるというのですか? ありません。どの方位ほういかって煉功れんこうしてもぜん方位ほういかって煉功れんこうしていることになります。どの方向ほうこうかって煉功れんこうしても同時どうじ東西とうざい南北なんぼくかって煉功れんこうしていることになります。法輪大法ファルンダーファには、間違まちがった方向ほうこうへずれることから学習者がくしゅうしゃまもちからがあります。どのようにまもるのでしょうか? あなたがしん修煉者しゅうれんしゃであれば、われわれの法輪ファルンまもってくれます。わたしは宇宙うちゅうろしているので、あなたをうごかせるひとがいれば、このわたしをもうごかすことができることになり、はっきりって、そのひとはこの宇宙うちゅううごかすことができることになります。わたしのはなししんがたいようにこえるかもれませんが、これからまなつづけていけば、あなたもかるようになるはずです。ほかにもありますが、程度ていどたかすぎるものは、おはなしするわけにはいきません。あさいものからふかいものへと、系統けいとうてきたか次元じげんほうべていきたいとおもいます。しかし、あなた自身じしん心性しんせいゆがんでいてはいけません。もとめようとすれば、問題もんだいこるかもれません。わたしはおおくのふる学習者がくしゅうしゃ法輪ファルンがすでに変形へんけいしてしまったことにづいています。なぜでしょうか? ほかのものをぜて練功れんこうし、他人たにんのものをれたからです。ではどうして法輪ファルンまもってくれなかったのでしょうか?  あなたにあたえられたからには、法輪ファルンはあなたのもので、あなたの意志いし支配しはいけます。あなたがしがるなら、だれもそれに干渉かんしょうできません。これはこの宇宙うちゅうです。あなたが修煉しゅうれんをやめようとおもえば、だれ強制きょうせいてき修煉しゅうれんさせるわけにはいかず、強制きょうせいすれば、わるいことをすることになります。あなたのこころをむりやりえることのできるひとなどいるでしょうか? 自分じぶん自分じぶんりっしなければなりません。かく流派りゅうはいものをるといって、だれのものであろうとなんでもかんでもれて、今日きょうはこの気功きこう明日あすはあの気功きこうをやり、病気びょうきのぞこうとしても、はたして病気びょうきのぞかれたでしょうか? のぞかれてはおらず、ただ先送さきおくりされただけです。こう次元じげんでの修煉しゅうれんひとつに専念せんねんすることが大事だいじで、ひとつの法門ほうもん専念せんねんしなければなりません。ある法門ほうもん修煉しゅうれんする以上いじょう、ひたすらにその法門ほうもん専念せんねんしなければなりません。その法門ほうもんこうひらき、さとりをひらいてはじめて功法こうほうおさめることができますが、それはまったくちがったものになります。なぜなら、完璧かんぺき修煉しゅうれんほうは、相当そうとうなが年月としつきつたわってきたもので、いずれもかなり複雑ふくざつ演化えんか過程かていがあるからです。自分じぶん感覚かんかくたよりに練功れんこうしているひともいますが、あなたの感覚かんかくはなにほどのものですか? なにものでもありません。本当ほんとう演化えんか過程かてい空間くうかんおこなわれており、きわめて複雑ふくざつ微妙びみょうであり、ちょっとしたずれもゆるされず、精密せいみつ機器ききほか部品ぶひんひとつでもくわえるとただちに故障こしょうしてしまうのとおなじです。かく空間くうかんにおけるあなたの身体からだはみな変化へんかしており、非常ひじょう微妙びみょうですので、ほんのすこしでもずれがあってはいけません。まえにおはなししたように、「しゅうおのれにありて、こうにあり」なのです。勝手かってひとのものをれると、ちが信息しんそく混入こんにゅうしてるので、この法門ほうもんのものを妨害ぼうがいしてしまうことになり、あなたが間違まちがった方向ほうこうってしまうかもれません。しかも、それが常人じょうじん社会しゃかいにも反映はんえいされ、常人じょうじんとしての生活せいかつなかわずらわしいことがこることもあります。それはあなた自身じしんもとめたものなので、ほかひと干渉かんしょうしてはいけないことになっています。それには悟性ごせい問題もんだいがかかわっています。それだけではなく、あなたがれたものによってこうみだされ、そのためにあなたはもう修煉しゅうれんできなくなる、というような問題もんだいきてきます。わたしはみなさんにどうしても法輪大法ファルンダーファまなばなければいけないとっているわけではなく、法輪大法ファルンダーファまなばなくても、ほか功法こうほうで、しん伝授でんじゅられればわたしも賛成さんせいします。しかし、ひとっておきますが、本当ほんとうたか次元じげんをめざして修煉しゅうれんしたいのなら、かならひとつに専念せんねんしなければなりません。もうひとつはっきりっておかなければならないことは、いまこのようにしんたか次元じげんへのこうつたえているのは、ほかだれもいない、ということです。わたしがなにをしてあげたのか、みなさんはそのうちきっとおかりになるとおもいますが、あなたの悟性ごせいがあまりくないことを希望きぼうします。おおくのひとたか次元じげん修煉しゅうれんしようとおもちますが、いまこの修煉しゅうれんほうまえかれていながら、あなたはまだづいていないかもれません。もとめてあちらこちらへとかけ、いくらおかね使つかっても、さがてられないものを、いままえとどけてあげましたのに、まだからないかもれません! これはさとるかさとらないかの問題もんだいで、つまり、済度さいどできるかできないかの問題もんだいなのです。



戻る

法輪大法の書籍