轉 法 輪


第二講

 

 天目てんもく問題もんだいについて


 おおくの気功師きこうし天目てんもくのことについて発言はつげんしていますが、次元じげんちがえば、ほうあらわれかたちがいます。ある次元じげんまで修煉しゅうれんしたひとはその次元じげん様子ようすしかえません。それよりうえ次元じげん真相しんそうえず、またそれをしんじようともしません。それは自分じぶんのいる次元じげんたものこそただしいとしんんでいるからです。修煉しゅうれんしてうえ次元じげん到達とうたつするまでは、そんなものがあるはずがなく、しんじられない、とおもみます。これは、次元じげんによってまってきたことで、そのひと思惟しいもそれからさきへは昇華しょうかできないのです。えれば、天目てんもく問題もんだいについては、ああだこうだと、さまざまにわれていますが、結局けっきょく諸説しょせつみだれて、だれ一人ひとりとしてはっきり説明せつめいできるものはいません。それもそのはずで、天目てんもくひく次元じげんにおいて説明せつめいできるようなものではありません。いままでは、天目てんもく構造こうぞう秘中ひちゅうで、常人じょうじんらせてはいけないものとされてきましたので、いままでそのことをげるひともいませんでした。われわれはここでは、むかし理論りろんもとづいて解釈かいしゃくするのではなく、現代げんだい科学かがく言葉ことばで、いちばんかりやすい現代げんだい言葉ことばでそれを解釈かいしゃくし、そして、その根本こんぽんてき問題もんだいについておはなしします。
 天目てんもくひとりょうまゆあいだよりややうえ松果体しょうかたいにつながるところにあり、そこがしゅ通路つうろです。そのほかにも、身体からだにはかぞれないほどのがあり、道家どうけうには、きょうひとひとつがです。道家どうけ身体からだのツボをきょうい、漢方かんぽうではツボといます。佛家ぶっけうには毛穴けあなのすべてがです。ですから、みみめるひともいて、また、後頭部こうとうぶあし、おなかなどでめるひともおり、いずれも可能かのうです。
 天目てんもくはなしをするまえに、まず、われわれ人間にんげん肉眼にくがんのことをおはなししましょう。この両目りょうめとおして、世界せかいのあらゆる物質ぶっしつ、あらゆる物体ぶったいえるとおもひとがいます。そのため、かれらはたものこそ真実しんじつで、えないものはしんじられないとかたおもんでいます。むかしはずっとこのようなひと悟性ごせいわるいとなされていましたが、なぜわるいかおおくのひとははっきり説明せつめいできません。えないからしんじない、とてもにかなっているようにこえるではありませんか。しかし、ちょっとたか次元じげんからるとそれはわないのです。いかなる時空じくう物質ぶっしつからなっています。もちろん時空じくうちがえば物質ぶっしつ構成こうせいちがい、ことなる生命体せいめいたいのさまざまなあらわれかたがあります。
 れいげて説明せつめいしましょう。佛教ぶっきょうでは人類じんるい社会しゃかいのすべての現象げんしょう幻像げんぞうで、たしかなものではないとっています。どうして幻像げんぞうなのでしょうか? 確実かくじつ存在そんざいする物体ぶったいなのに、どうしてまぼろしえるのでしょうか? 物体ぶったい存在そんざいかたちあらわれたかたちちがうものです。われわれのは、物質ぶっしつ空間くうかんのものを、このでとらえたような状態じょうたい定着ていちゃくさせる機能きのうっています。本当ほんとうのところ、それはそんな状態じょうたいではなく、われわれの空間くうかんにおいてもそのような状態じょうたいではありません。たとえば、顕微鏡けんびきょう使つかってひとるとどうなるのでしょうか? 身体からだ全体ぜんたいはばらばらで、ちいさな分子ぶんしによって構成こうせいされ、まるですなのような小粒こつぶ形状けいじょうで、うごいていて、電子でんし原子核げんしかくのまわりをまわり、身体からだ全体ぜんたい蠕動ぜんどうしてうごめき、運動うんどうしています。身体からだ表面ひょうめんもすべすべの状態じょうたいではなく、でこぼこしています。宇宙うちゅうのあらゆる物体ぶったいはがねてついしにしてもみなおなじで、なかにある分子ぶんし成分せいぶんがみなうごいています。全体ぜんたいかたちはあなたにはえませんが、いずれも安定あんていした状態じょうたいではありません。このつくえおなじで、蠕動ぜんどうしています。しかし、肉眼にくがんではその真相しんそうえず、この両目りょうめはたらきがひと錯覚さっかくあたえています。
 われわれはミクロ世界せかいのものがえないのでも、その能力のうりょくがないわけでもなく、まれつき、本能ほんのうとしてそのちからがあり、ある程度ていどのミクロ世界せかいのものはえるのです。ところが、人間にんげんはまさにこの物質ぶっしつ空間くうかんにある両目りょうめっているからこそ、虚像きょぞうをもたらされており、真相しんそうえないようになっています。ですから、人間にんげんえないものをみとめないとむかしからいますが、修煉界しゅうれんかいでは、このようなひとたちは悟性ごせいわるく、常人じょうじん虚像きょぞうまどわされ、常人じょうじんなかまよってしまっているとています。これは宗教しゅうきょうではむかしからよく言葉ことばですが、われわれも道理どうりにかなっているとおもいます。
 この両目りょうめ物質ぶっしつ空間くうかんにあるものをいま状態じょうたい定着ていちゃくさせること以外いがいたいしたことはなにもできません。ひとがものをとき直接ちょくせつ画像がぞうができるわけではなく、はカメラのレンズのように、道具どうぐはたらきをしているにぎません。とおいところをとき、レンズがびるように、もそのはたらきをっています。くらいところにはいると瞳孔どうこうひらくように、カメラもくらいところで撮影さつえいするときしぼりをおおきくする必要ひつようがあり、さもないと、露出ろしゅつ不足ふそくくろになります。反対はんたいに、そとあかるいところにると、瞳孔どうこうきゅう収縮しゅうしゅくします。そうでなければ、まぶしくてえません。カメラもおな原理げんりしぼりをちいさくする必要ひつようがあります。はものをらえることしかできず、道具どうぐぎません。実際じっさいわれわれがものをときひと物体ぶったい存在そんざいかたち人間にんげんのう画像がぞうとしてできるのです。つまり、たものは、視神経ししんけいとおって大脳だいのう後部こうぶにある松果体しょうかたい伝導でんどうされ、そこで画像がぞうになるのです。えれば、本当ほんとう画像がぞう形成けいせいし、ものを場所ばしょは、大脳だいのう松果体しょうかたいのあたりだということです。現代げんだい医学いがくでもそれをみとめています。
 われわれの天目てんもくひらくというのは、ひと視神経ししんけいけ、りょうまゆあいだ一本いっぽん通路つうろひらいて、松果体しょうかたい直接ちょくせつそとるようにすることです。「それは現実げんじつてきではない。この両目りょうめにはすくなくとも道具どうぐはたらきがあり、ものうつすことができるので、がなくてはこまるのではないか」とおもひとがいます。現代げんだい医学いがく解剖かいぼうによって、松果体しょうかたい前半ぜんはんのすべての組織そしき構造こうぞうそなえているということをすでにあきらかにしています。それは頭蓋骨ずがいこつ裏側うらがわ存在そんざいしているから、退化たいかしたわれています。退化たいかしたかどうかについては、われわれ修煉界しゅうれんかいでは態度たいど保留ほりゅうしていますが、すくなくとも現代げんだい医学いがく人間にんげんあたまなかのその箇所かしょがあることにづいています。われわれのひらこうとする通路つうろはちょうどそこを目指めざしているので、現代げんだい医学いがく認識にんしき一致いっちしています。この肉眼にくがんのようにひと虚像きょぞうをもたらすことがなく、物事ものごと物質ぶっしつ本質ほんしつることができます。したがって、天目てんもく次元じげんたかひとはわれわれのこの空間くうかんえて、時空じくうることができ、常人じょうじんえない光景こうけいることができます。次元じげんひくものには透視とうしりょくがあり、かべへだててものたり、人体じんたい透視とうししたりすることができる、そういう功能こうのうっています。
 佛家ぶっけにはつう肉眼にくげんつう天眼てんげんつう慧眼えげんつう法眼ほうげんつう佛眼ぶつげんつうというかたがあります。それは天目てんもくいつつの次元じげんで、かく次元じげんはまたじょうちゅうけられています。道家どうけきゅう×かけきゅうはちじゅういち次元じげん法眼ほうげんがあるとっています。これからみなさんの天目てんもくひらき、天眼通てんげんつうよりうえ次元じげんひらいてあげます。なぜでしょうか? みなさんは、なんといっても常人じょうじんなかからてきて、ここで修煉しゅうれんはじめたばかりなので、おおくの執着心しゅうちゃくしんをまだてていません。天眼通てんげんつう以下いか天目てんもくだと、常人じょうじん超能力ちょうのうりょくかんがえるものがあらわれ、かべへだててものたり、人体じんたい透視とうししたりすることができてしまいます。もしこの功能こうのう広範囲こうはんいにわたってつたえ、みんなにたせてしまいますと、常人じょうじん社会しゃかいはなはだしく妨害ぼうがいし、常人じょうじん社会しゃかい状態じょうたい破壊はかいしかねません。国家こっか機密きみつまもれなくなりますし、ひとふくていてもいなくてもおなじことになります。部屋へやにいる人間にんげんそとから一目瞭然いちもくりょうぜんまちあるいてたからくじがはいったら、一等いっとうしょうがすべてあなたにられてしまうかもれません。これではいけません! よくかんがえてみてください。だれもが天眼通てんげんつう天目てんもくっているのが、人類じんるい社会しゃかいなのでしょうか? 人類じんるい社会しゃかいはなはだしく妨害ぼうがいするようなことは絶対ぜったいゆるされません。 もし、本当ほんとうにこの次元じげんまでひらいてあげたら、あなたはすぐ気功師きこうし看板かんばんかかげてしまうかもれません。 まえから気功師きこうしになりたかったひともいるでしょうが、ひとたび天目てんもくひらかれると、ちょうど都合つごうひと病気びょうきなおすことができるようになります。 これではわたしがみなさんを邪道じゃどうみちびくことになってしまうのではありませんか? 
 では、わたしはどの次元じげんひらいてあげようとしているのでしょうか? 直接ちょくせつ慧眼通えげんつう次元じげんです。 それよりたか次元じげんひらくには、みなさんの心性しんせいおよびません。それよりひくいと、常人じょうじん社会しゃかい状態じょうたいはなはだしく破壊はかいしてしまうことになります。 慧眼通えげんつうでは、かべへだててものたり、人体じんたい透視とうししたりする能力のうりょくはありませんが、空間くうかん様子ようすえます。 わたしはなぜこうするのでしょうか? こうすればあなたは常人じょうじんえないものがえ、それが本当ほんとう存在そんざいするものだとることができるので、煉功れんこう信念しんねんふかめることができます。 いま時点じてんではっきりえてもえなくても、みなこの次元じげんひらいてあげますが、これはみなさんの煉功れんこうにきっとプラスになります。 しん大法ダーファおさめるひと心性しんせい向上こうじょうきびしくもとめれば、このほんむのもおな効果こうかがあります。
 ひと天目てんもく次元じげんめるものはなんでしょうか? 天目てんもくひらいたからといって、すぐなにもかもえるというわけではなく、それには次元じげん問題もんだいがかかわっています。 ではその次元じげんはいったいなにによってめられているのでしょうか? そこにみっつの要素ようそがあります。 第一だいいち要素ようそは、天目てんもくなかからそとまで、われわれが精華せいかがなければなりません。それはなん役割やくわりたしているのでしょうか? テレビのブラウンかんうと、蛍光けいこう物質ぶっしつがなければ、スイッチをれても、ただの電球でんきゅうぎず、かりがあっても、画像がぞうはありません。 蛍光けいこう物質ぶっしつがあってこそ、画像がぞううつされます。ただしわれわれの天目てんもく直接ちょくせつるのとちがって、テレビはブラウンかんとおさなければうつりません。 もちろんこのたとえはあまり適切てきせつなものではないかもれません。しかしおおよそそういう意味いみです。 この精華せいか非常ひじょう貴重きちょうなもので、それはとくから精錬せいれんされた、とくよりもっとすぐれたものによってできています。 一人ひとり一人ひとり精華せいかがみなちがうので、おな次元じげんのものをひといちまんひと二人ふたりぐらいです。
 天目てんもく次元じげんはそのままこの宇宙うちゅうにおけるほうあらわれです。 それは超常的ちょうじょうてきなものであり、ひと心性しんせいふかくかかわっています。 心性しんせいひくいと、その次元じげんひくいのです。心性しんせいひくいと、精華せいかもよりおおってしまうからです。 心性しんせいたかひとは、ちいさいときから常人じょうじん社会しゃかいにおいて、名利みょうりひとひととのトラブル、個人こじん利益りえき七情六欲しちじょうろくよく淡泊たんぱくであり、精華せいかがよく保存ほぞんされているので、天目てんもくひらけばはっきりえることになります。 ろくさい以下いか子供こどもは、天目てんもくひらかれるときれいにえるばかりでなく、ひらいてあげるのも簡単かんたんで、一言ひとことはなしかけるとひらくことができます。
 常人じょうじん社会しゃかいながされ、汚染おせんされたために、人々ひとびとただしいとおもうことのおおくは本当ほんとう間違まちがっているのです。 らしをしたいとおもわないひとがいるでしょうか? しかしらしをしようとすれば、他人たにん利益りえきそこなうかもれないし、利己りこ主義しゅぎ助長じょちょうするかもれません。 ひと利益りえき横取よこどりしてしまうかもれず、ひとをいじめ、ひときずつけるかもれません。 個人こじん利益りえきのために、常人じょうじんなかひとあらそったりするのは、宇宙うちゅう特性とくせいはんすることではないでしょうか? ですから、ひとただしいとおもっていることはかならずしもただしいとはかぎりません。 子供こども教育きょういくするさいに、将来しょうらい社会しゃかいでやっていけるように、大人おとなはよく子供こどもがまだちいさいときから「利口りこうになるように」とおしえています。 「利口りこうになる」というのは、われわれのこの宇宙うちゅうからればすでに間違まちがっています。われわれは、自然しぜんまかせ、個人こじん利益りえきおもないようにとっています。「利口りこうになる」というのはほかでもなく個人こじん利益りえきようとするためです。 「だれかにいじめられたら、その先生せんせいおやうったえなさい」とか、「ちているおかねつけたら、ひろいなさい」とかおしえるのです。 ちいさいときからこのような教育きょういくけてきた子供こどもは、常人じょうじん社会しゃかい利己りこしん次第しだいおおきくなり、とくをすることばかりおぼえてしまい、それによってとくうしなうことになるでしょう。
 とくという物質ぶっしつうしなっても、えてなくなることはなく、他人たにんのものにわるだけですが、精華せいかってしまいます。 ちいさいときからずるがしこく、利己りこしんつよく、利益りえきがくらむひとは、往々おうおうにして天目てんもくひらいても駄目だめで、はっきりえません。 しかし、今後こんごいつまでも駄目だめだというわけでもありません。 なぜでしょうか? われわれの修煉しゅうれんはほかでもない返本帰真へんぽんきしん目的もくてきとするものですから、えず煉功れんこうつづければ、えず回復かいふくし、ふたたもどします。 ですから、心性しんせい強調きょうちょうし、全体ぜんたい向上こうじょう昇華しょうか強調きょうちょうするのです。 心性しんせい向上こうじょうすれば、ほかのものも同時どうじ向上こうじょうしますが、心性しんせい向上こうじょうしてなければ、天目てんもく精華せいかもどせません。このような道理どうりなのです。
 第二だいに要素ようそは、根基こんきひとなら、煉功れんこうによって自分じぶんでも天目てんもくひらくことができます。 天目てんもくひらいた途端とたんに、おどろいてしまうひとがしばしばいます。なぜおどろくのでしょうか? 煉功れんこう普通ふつう夜中よなか十一時じゅういちじから一時いちじあいだの、まわりがしずまりかえったときえらびますが、煉功れんこうしていると、突然とつぜんまえおおきな目玉めだましてますので、おどろいてしまいます。 あまりの恐怖きょうふで、煉功れんこうをやめてしまうひともいます! 非常ひじょうおおきながちらちらとまたたいてこちらをているのが、はっきりえるので、じつこわいものです。 だからそれを魔眼まがんひともいますが、佛眼ぶつがんひともいます。じつはそれはほかでもないあなた自身じしんです。 当然とうぜんのことながら「しゅうおのれにありて、こうにあり」というように、修煉者しゅうれんしゃのすべてのこう演化えんか空間くうかんでは、きわめて複雑ふくざつ過程かていであり、しかもひとつの空間くうかんではなく、すべての空間くうかんのそれぞれの身体からだ変化へんかこっています。 これを自分じぶん仕切しきれますか? とても無理むりなことです。それらすべてをだんりをして、やってくれるので、「しゅうおのれにありて、こうにあり」とわれるのです。 あなた自身じしんはそういう願望がんぼういだいて、そうおもうだけで、実際じっさいのことはがやってくれるのです。
 自分じぶん修煉しゅうれんによって天目てんもくひらいたひとがいます。 おはなししたようにそれはたしかにあなたのですが、しかしあなた自身じしん演化えんかできるようなものではありません。いているひともいますが、その場合ばあい天目てんもくひらいたのをて、ひと演化えんかしてあたえてくれます。 それは真眼しんがんばれます。もちろん、いていないひともいますが、その場合ばあいでもとおりすがりのがいます。 佛家ぶっけほとけのいないところはないとい、いたるところにほとけはいます。 また、「頭上三尺ずじょうさんじゃくかみあり」とひともいますが、そこまでおおいのです。 とおりすがりのはあなたが真面目まじめ修煉しゅうれんし、天目てんもくひらいたけれども真眼しんがんがないのをて、真眼しんがんひと演化えんかしてあたえてくれます。 こんな場合ばあいも、あなた自身じしん修煉しゅうれんしてたものだとみとめられます。 ひと済度さいどするには条件じょうけんけず、代価だいか報酬ほうしゅうらず、名乗なのることもありませんから、常人じょうじんなか模範もはん人物じんぶつよりずっとすぐれています。 それはまったく慈悲じひしんによるものです。
 天目てんもくひらいたら、ひどくひかり刺激しげきかんじ、されるようにかんじる状態じょうたいこりえます。 それは、刺激しげきけたのではなく、松果体しょうかたい刺激しげきされているのですが、あなたはまぶしくかんじるのです。 それはまだその真眼しんがんがないためで、その真眼しんがんえつけてあげたら、まぶしくかんじなくなります。 一部いちぶものはその真眼しんがん存在そんざいかんじるし、そのることができます。 それは宇宙うちゅう本性ほんしょうおなじように、無邪気むじゃきで、好奇こうきしんつよいので、あなたの天目てんもくひらいたかどうか、えるかどうかとそとからこちらをのぞきます。ちょうどそのとき、あなたの天目てんもくひらくので、こちらをのぞいているその真眼しんがんおどろいてしまうのです。 じつはそれがあなたのであり、これからものときはそのとおしてるので、その真眼しんがんがなければえるはずがなく、天目てんもくひらいてもなにえません。
 第三だいさん要素ようそは、次元じげん突破とっぱによってかく空間くうかんちがいがあらわれてることで、これは本当ほんとう次元じげん決定けっていすることにかかわります。 ものときしゅ通路つうろほかにたくさんのふく通路つうろもあります。 佛家ぶっけでは毛穴けあなのすべてがだとっており、道家どうけでは身体からだのすべてのきょう、つまりすべてのツボがだとっています。 もちろん、どこからでもえるというのも、身体からだにおけるほう変化へんかひとつのかたちです。
 われわれの次元じげんはそれとちがいます。 しゅ通路つうろ以外いがいに、りょうまゆまぶたじょう両目りょうめあいだなどいくつかのところに主要しゅよう副通路ふくつうろがあります。 それらによって次元じげん突破とっぱまります。 一般いっぱん修煉者しゅうれんしゃがもしこれらの箇所かしょから全部ぜんぶえるなら、そのひとはすでにかなりたか次元じげんたっしています。 ることができるひとがいますが、そのひと修煉しゅうれんとおして、おなじくいろいろな功能こうのうつものにしたのです。 ところがその両目りょうめをうまく使つかいこなせなければ、いつもこちらの物体ぶったいえ、あちらの物体ぶったいえないのでは、それもいけません。 ですから、ひとつのはあちら、もうひとつのはこちらをるというひとがいます。 みぎしたには副通路ふくつうろがありません。 それはほう直接ちょくせつ関係かんけいがあるためです。 人間にんげんわるいことをするとき、よくみぎ使つかいますから、そのした副通路ふくつうろがないのです。 以上いじょう世間法せけんほう修煉しゅうれんられるいくつかのおも副通路ふくつうろのことです。
 きわめてたか次元じげんたっし、世間法せけんほう修煉しゅうれんわったあと、さらに、複眼ふくがんのようなあらわれることもあります。 つまり、かおうえ半分はんぶんおおきなができ、なかには無数むすうちいさながあります。非常ひじょうたか次元じげんまで修煉しゅうれんした大覚者だいかくしゃはたくさんのっていて、かおいっぱいにいています。 すべてのがそのおおきいとおしてており、たいものがなんでもられ、あらゆる次元じげんのことが一目瞭然いちもくりょうぜんです。 いま動物どうぶつ学者がくしゃ昆虫こんちゅう学者がくしゃは、はえ研究けんきゅうをしています。 はえ非常ひじょうおおきく、顕微鏡けんびきょうると、そのなか無数むすうちいさながあることがかり、それを複眼ふくがんんでいます。きわめてたか次元じげんたっするとこんな状態じょうたいあらわれるかもれませんが、それは如来にょらいよりかなりたかくならないとあらわれません。 しかし、常人じょうじんにはそれがえず、一般いっぱん次元じげんでもその存在そんざいえず、普通ふつうひとおなじようにえるだけです。 なぜならそれが空間くうかん存在そんざいしているからです。 いま、おはなししたのは次元じげん突破とっぱ問題もんだい、つまり、かく空間くうかん突破とっぱできるということでした。
 わたしは天目てんもく構造こうぞうみなさんにほとんどあきらかにしました。 われわれは外力がいりき天目てんもくひらきますから、あまり時間じかんもかからず、簡単かんたんにできます。 いま天目てんもくのことをおはなししているあいだみなさんのひたいのところでぎゅっとにく中心ちゅうしんにより、内側うちがわはいもうというかんじがしたでしょう。 そうでしょう? ここで本当ほんとうこころ放下ほうげして法輪大法ファルンダーファまなぼうとするひとなら、だれでもかんじるにちがいありません。 しかもそのなかちからがけっこうつよいのです。われわれは天目てんもくひらくためのこうして天目てんもくひらいてあげますが、同時どうじに、法輪ファルンして、修復しゅうふくをします。いま天目てんもくはなしをしているときに、法輪大法ファルンダーファ修煉者しゅうれんしゃでありさえすれば、だれにでもひらいてあげますが、だれでもはっきりえるとはかぎらず、すべてのひとえるようになるともかぎりません。 それはあなた自身じしん直接ちょくせつ関係かんけいがあります。 しかし、あせることはありません。 えなくてもあせることなくゆっくり修煉しゅうれんしてください。 次元じげんがるにつれ、だんだんえるようになり、最初さいしょははっきりえなくてもやがてはっきりえるようになります。 修煉しゅうれんさえすれば、かた決意けつい修煉しゅうれんすれば、うしなったものがみなもどせます。
 自分じぶん天目てんもくひらくことはかなりむずかしいのです。 自分じぶん天目てんもくひらくにはいくつかのパターンがあります。 たとえばひとによっては、坐禅ざぜんして、前額ぜんがく天目てんもく観察かんさつすると、前額ぜんがくのあたりはくらくてなにえなかったのに、時間じかんつにつれて、前額ぜんがくのあたりがだんだんしろくなってきます。しばらく修煉しゅうれんすると前額ぜんがくのあたりがあかるくなります。あかるくなってから、あかくなります。このときになると、はなくような模様もようあらわれます。 まるで映画えいがやテレビをているかのように、はなつぼみ一瞬いっしゅんのうちにいてくるシーンがられます。 あかいところはもともとはたいらだったのですが、いきなりなかふくらんできて、つぎからつぎへとえずいてきます。 自分じぶんちからでとことんまでかせようとおもっても、はちねんじゅうねんかけてもできそうにありません。 なぜかとうと、天目てんもく全体ぜんたいがすっかりふさがっているからです。
 天目てんもくふさがっていないひともいますが、通路つうろはあっても、煉功れんこうをしないため、エネルギーがたくわえられていません。 ですから、煉功れんこうしだすと、突然とつぜんまえまるくてくろものあらわれます。 煉功れんこうつづければ、それはだんだんとしろく、あかるくなり、最後さいごにはますますあかるくなりまぶしくなります。 「太陽たいようえた。つきえた」とひとがいます。 本当ほんとう太陽たいようえていないし、つきえていません。 なにえたのでしょうか? その通路つうろたのです。次元じげん突破とっぱはやひともおり、えつけてあげれば、すぐにえます。しかし、なかなかむずかしいひともいます。煉功れんこうするとこのトンネルや井戸いどのような通路つうろ沿ってそとはししますが、ているときでもそとはしっているようにかんじます。 うまっているとか、んでいるとか、はしっているとかくるまっているとかのようにかんじて、そとけようとしますが、いつまでたってもけられないようながします。 なぜなら自分じぶん天目てんもくひらくことがかなりむずかしいからです。 道家どうけ人体じんたい小宇宙しょううちゅうなしていますが、もしこれが小宇宙しょううちゅうであれば、かんがえてみてください、前額ぜんがくから松果体しょうかたいまで十万八千里じゅうまんはっせんりどころではありません。 ですから、はしってもはしっても、けられないかんじがするのです。
 道家どうけ人体じんたい小宇宙しょううちゅうなしているのは、非常ひじょうにかなっています。 それは、その組織そしき構造こうぞう宇宙うちゅうていることとか、この物質ぶっしつ空間くうかんにおける身体からだ存在そんざい形式けいしきのこととかをしているのではありません。 現代げんだい科学かがく認識にんしきされたこの物質ぶっしつ身体しんたい細胞さいぼう以下いかはどんな状態じょうたいでしょうか? さまざまな分子ぶんし成分せいぶんをはじめ、分子ぶんし以下いか原子げんし陽子ようし原子核げんしかく電子でんし、クォーク、そしていま研究けんきゅうかっている最小さいしょう微粒子びりゅうし中性微子ちゅうせいびしです。 では、もっともっとちいさい微粒子びりゅうしなんなのでしょうか? それを研究けんきゅうしようとしてもあまりにもむずかしいのです。 釈迦牟尼しゃかむに晩年ばんねんに「だいそとく、しょううちし」といましたが、どういう意味いみでしょうか? 如来にょらい次元じげんにいても、だいは、宇宙うちゅうてがえず、しょうは、物質ぶっしつ最小さいしょう微粒子びりゅうしえないので、「だいそとく、しょううちし」とったわけです。
 釈迦牟尼しゃかむに三千大千さんぜんだいせん世界せかい学説がくせついています。 かれはこの宇宙うちゅう、この銀河系ぎんがけいに、人類じんるいのような肉身にくしんっている生物せいぶつ天体てんたい三千さんぜんあるとっています。また、一粒ひとつぶすなにもこのような三千大千さんぜんだいせん世界せかいがあるともっています。 つまり、一粒ひとつぶすな宇宙うちゅうのようなもので、なかにはわれわれのような知恵ちえったひともいれば、天体てんたいもあり、やまかわもあるというのです。 不思議ふしぎこえるでしょう! もしそれが本当ほんとうはなしなら、かんがえてみてください。 そのなかにもまたすながありますね? では、そのすなにも三千大千さんぜんだいせん世界せかいがあるはずですね? さらに、その三千大千さんぜんだいせん世界せかいにもまたすながあって、そのすなにまた三千大千さんぜんだいせん世界せかいがあるでしょう? ですから、如来にょらい次元じげんではそのそこまではえません。
 ひと分子ぶんし細胞さいぼうおなじです。 宇宙うちゅうおおきさはどれくらいかと人々ひとびとはよく質問しつもんします。みなさんにおおしえしましょう。 この宇宙うちゅうにはてがあるのです。 しかし如来にょらい次元じげんでも宇宙うちゅうてしなく無限むげんひろいものとています。 一方いっぽう摩訶不思議まかふしぎこえるでしょうが、人間にんげん身体からだ内部ないぶ分子ぶんしからミクロ世界せかい微粒子びりゅうしまでは、まるでこの宇宙うちゅうおなじようにひろいのです。一人ひとり人間にんげんや、ひとつの生命体せいめいたいつくげる場合ばあい、そのひと独自どくじ生命せいめい成分せいぶんやそのひと本質ほんしつちょうミクロの世界せかいですでにできあがっているのです。 ですから、現代げんだい科学かがくのこの方面ほうめんでの研究けんきゅうはまだかなりおくれており、宇宙うちゅう天体てんたいきる高度こうど知恵ちえった生命体せいめいたいくらべれば、われわれ人類じんるい科学かがくレベルはきわめてひくいのです。 われわれがおな時間じかんおな場所ばしょ存在そんざいする空間くうかんかべでさえやぶれないのに、ほしからやってくるそら円盤えんばん直接ちょくせつ空間くうかん往来おうらいすることができます。 時空じくう概念がいねんがすっかりちがっているので、おもうままにんでたり、ってったりすることができて、そのはやさは人間にんげん概念がいねんでは理解りかいできません。
 天目てんもくかたときにこの問題もんだいれたのは、あなたがその通路つうろなかからそとはしとき、それがてしないものだとかんじるかもれないからです。 つぎのようなちが光景こうけいひともいるかもれません。 トンネルではなくて、一本いっぽんてしなくびるひろみち沿ってはしっていて、みち両側りょうがわやまもあり、かわもあり、まちもあり、そのみち沿ってそとはしりにはしるのです。 いっそう摩訶不思議まかふしぎこえるはなしです。ある気功師きこうしはこんなことをいました。 「ひと毛穴けあなひとつのなかにもまちがあり、電車でんしゃはしっていれば、くるまはしっている」。それをいたひとだれでもおどろき、不思議ふしぎおもいました。しかし、ご承知しょうちのように、物質ぶっしつ微粒子びりゅうし状態じょうたいにおいて、分子ぶんし原子げんし陽子ようしなどがあり、とことんまで調しらべていって、もし、各層かくそうひとひとつのてんではなく、そのそうめんることができれば、たとえば分子ぶんしそうめん原子げんしそうめん陽子ようしそうめん原子核げんしかくそうめんることができれば、ちがった空間くうかん存在そんざいのありかたえるようになります。人間にんげん身体からだふくむあらゆる物質ぶっしつは、宇宙うちゅう空間くうかん空間くうかん次元じげん同時どうじ存在そんざいし、たがいにつうっています。 現代げんだい物理ぶつりがく物質ぶっしつ微粒子びりゅうし研究けんきゅうするとき、ただひとつの微粒子びりゅうし対象たいしょうにし、それを分析ぶんせきして研究けんきゅうします。原子核げんしかく分裂ぶんれつさせ、それから分裂ぶんれつ成分せいぶん分析ぶんせきしたりします。 もし、なんらかの機器ききがあって、ある次元じげんにおけるすべての原子げんし成分せいぶん、または分子ぶんし成分せいぶん全体ぜんたいてきあらわれをとらえ、その光景こうけいることができるとすれば、あなたはこの空間くうかん突破とっぱし、空間くうかん存在そんざい真相しんそうえるようになるでしょう。 人間にんげん身体からだそと空間くうかん対応たいおうしており、すべてにこのような存在そんざい形式けいしき存在そんざいしているのです。
 自分じぶん天目てんもくひらくにはほかにもいくつかことなる状態じょうたいがありますが、ここではおもによくられる現象げんしょうについておはなししました。 天目てんもく回転かいてんするのがえるひともいます。道家どうけこうっているひとはよく天目てんもくなか回転かいてんしているのがえますが、太極たいきょく円盤えんばんがパッと破裂はれつすれば、画像がぞうえるようになるのです。 しかし、それはもともとあなたのあたま太極たいきょくがあったわけではなく、はじめから一式いっしきのものをえつけてくれて、そのなか太極たいきょくふくまれていたのです。 かれはあなたの天目てんもくふさいでおくのですが、ひらかれるときになると、それが破裂はれつします。がわざわざこのようにだんりしてくれたのであって、あなたのあたまなかもとからあったわけではありません。
 天目てんもくひらくことを追求ついきゅうしているひともいますが、練功れんこうすればするほどひらかないのです。 原因げんいんなんでしょうか? 本人ほんにんにもかりません。それは、天目てんもくというものはもとめてはいけないもので、もとめればもとめるほどられないためです。 もとめればもとめるほど、ひらかないどころか、かえって天目てんもく内側うちがわからあるものがてきます。 そのくろともしろともつかないものがあなたの天目てんもくふさいでしまいます。 時間じかんつにつれ、それはおおきなつくってしまい、ますますてきます。 天目てんもくひらかないのでいっそう追求ついきゅうしますが、それがますますてきて、しまいに身体からだ全体ぜんたいをもつつんでしまいます。 ひどい場合ばあいはかなりのあつみをもち、おおきなとなります。このひとはたとえ本当ほんとう天目てんもくひらいたとしてもなにえません。 自分じぶんのこのような執着しゅうちゃくしんによってふうめられてしまったからです。将来しょうらいこのひと天目てんもくのことをもうかんがえず、その執着しゅうちゃくしん徹底的てっていてきったころになれば、それはだんだんとえていきます。しかし、それをくすには、困難こんなんちたなが修煉しゅうれん過程かていなければなりませんので、そこまでするにはおよびません。 もちろん、それをらないひともいて、もとめてはいけない、もとめてはいけないと注意ちゅういしているにもかかわらず、しんじようとせず、無我むが夢中むちゅう追求ついきゅうしますので、結局けっきょくのところぎゃく効果こうかになってしまうのです。
 

 遠隔えんかく透視とうし功能こうのう


 天目てんもく直接ちょくせつかかわりのある功能こうのう遠隔えんかく透視とうしというものがあります。 ここにいながら、北京ぺきん光景こうけい、アメリカの光景こうけい地球ちきゅう反対はんたいがわえる、とひとがいます。 これを理解りかいできないひとがいて、科学かがくからても、どうしてこんなことがありうるのか理解りかいできません。 ああだ、こうだと解釈かいしゃくされていますが、納得なっとくのいく説明せつめいはありません。 なぜ人間にんげんにはこんなちからがあるのかと不思議ふしぎがられます。 じつはそうではなくて、世間法せけんほう次元じげん修煉しゅうれんしているひとにはこのようなちからがありません。 えたものや、遠隔えんかく透視とうしふくむいろいろな超能力ちょうのうりょくは、みなある特定とくてい空間くうかん限定げんていされています。 最大さいだいのものでもわれわれ人類じんるい生存せいぞんするこの物質ぶっしつ空間くうかんえることはなく、通常つうじょう自分じぶん自身じしん空間くうかんえることはありません。
 われわれの身体からだはある特定とくてい空間くうかんひとつのっています。 そのとくそのものではなく、範囲はんいおなじですが、ことなった空間くうかんにあります。 この宇宙うちゅう対応たいおう関係かんけいにあり、宇宙うちゅう彼方かなたにあるものもすべてこのうつすことができます。 それは一種いっしゅ映像えいぞうであり、実在じつざいではありません。 たとえば、地球ちきゅうじょうにアメリカがあって、ワシントンがあるから、そのにもアメリカ、ワシントンがうつされます。 それはかげにしかぎませんが、かげ一種いっしゅ物質ぶっしつてき存在そんざいで、対応たいおうしている関係かんけいにあるので、こうの変化へんかしたがってわります。というわけで、ひとのいわゆる遠隔えんかく透視とうし功能こうのうは、自分じぶん自身じしん空間くうかん範囲はんいないのものをることにほかなりません。 ところが、世間法せけんほう修煉しゅうれん完了かんりょうすれば、このようにるのではなく、直接ちょくせつえるようになるのです。 それは佛法ぶっぽう神通じんつうばれ、このうえない威力いりょくをもつものです。
 それでは、世間法せけんほうにおける遠隔えんかく透視とうし功能こうのうというのはどんなものなのでしょうか? みなさんに分析ぶんせきしてご説明せつめいしましょう。 この空間くうかんには、ひと前額ぜんがくのあたりに一枚いちまいかがみがあります。 煉功れんこうしないひとは、かがみ裏返うらがえしになっており、煉功れんこうするひと場合ばあいは、それが表向おもてむきになります。 遠隔えんかく透視とうし功能こうのうあらわれようとするころになると、それが表裏ひょうりえながら反転はんてんします。 みなさんがごぞんじのように、映画えいがのフィルムが一秒間いちびょうかん二十四にじゅうよんコマでうごくと映像えいぞうをスムーズにられますが、二十四にじゅうよんコマよりすくないと、画面がめんねてうごくようにえます。 それの反転はんてん速度そくど二十四にじゅうよんコマよりはやく、らえたものをかがみうつして反転はんてんしてせてくれると、すぐ裏返うらがえってします。 またうつしては反転はんてんし、すというふうになく反転はんてんします。 ですから、えたものはすべてうごいているのです。つまりそれがあなた自身じしん空間くうかんにあるものをうつしてせてくれているわけですが、その空間くうかんのものはほかでもなくだい宇宙うちゅうからうつってたのです。
 では、身体からだうしろはどうやってるのでしょうか? ちいさなかがみでは身体からだのまわりをすべてうつせないのではありませんか? ごぞんじのように天目てんもく天眼通てんげんつう次元じげんえ、慧眼通えげんつうはいろうとするとき、いよいよわれわれの空間くうかん突破とっぱすることになります。ちょうどそのおり、突破とっぱしようとしてまだ完全かんぜん突破とっぱしていないそのときに、天目てんもくにある変化へんかこります。 ものがえなくなり、ひとてもえずかべてもえず、なにもかもなくなり物質ぶっしつがみな存在そんざいしなくなるのです。 つまり、この特定とくてい空間くうかんで、さらにふかていきますと、ひともいなくなり、ただ一枚いちまいかがみだけがあなたの空間くうかん範囲はんいないっていることにづくでしょう。 あなたの空間くうかんにおけるかがみおおきさは、あなたの空間くうかん全体ぜんたいおなじなので、回転かいてんすればうつせないところはありません。 あなたの空間くうかん範囲はんいないで、宇宙うちゅうから対応たいおうしてたものなら、かがみには全部ぜんぶうつすことができます。 これがわれわれの遠隔えんかく透視とうし功能こうのうです。
 人体じんたい科学かがく研究けんきゅうでは、この功能こうのう鑑定かんていするとき、とかくそれを否定ひていしがちです。否定ひていするのはつぎのような理由りゆうからです。 たとえば、北京ぺきんにいる親戚しんせきいまなにをしているのか、その親戚しんせき名前なまえ大体だいたいのことをげられると、すぐえてきます。 んでいる建物たてものはどんなかたちをしているのか、どのようにぐちとおり、部屋へやはいって、なか様子ようすはどうかなどを、すべててます。親戚しんせきいまなにをしているのかとくと、いているところだとこたえます。 それを確認かくにんするため、電話でんわをかけて本人ほんにんいてみたら、いま食事中しょくじちゅうだとこたえました。 これではかれたこととちがっているのではありませんか? これまでは、そういう理由りゆうによってその功能こうのう否定ひていされてきました。 しかし環境かんきょうなどは、ちがいなくてられます。 われわれのこの空間くうかん時間じかん、つまり時空じくうばれるものは、功能こうのう存在そんざいしているあの空間くうかん時空じくうとのあいだ時間じかんがあり、双方そうほう時間じかん概念がいねんおなじではないのです。 ですから、そのひとさきほどいていたがいま食事しょくじをしている、このような時間じかんてくるわけです。したがって、人体じんたい科学かがく研究けんきゅうをするひとが、常識じょうしき基準きじゅんに、現在げんざい科学かがくもとづいてかんがえ、研究けんきゅうおこなっていたのでは、いち万年まんねんっても駄目だめです。 もともと常人じょうじん次元じげんえるものなので、人間にんげんかんがかたえなければならず、いままでのようにこれらのことを理解りかいしてはいけません。
 

 宿命通しゅくめいつう功能こうのう


 ほかにも天目てんもく直接ちょくせつかかわる功能こうのうがあり、宿命通しゅくめいつういます。 いま世界せかいではろく種類しゅるい功能こうのうみとめられていますが、天目てんもく遠隔えんかく透視とうしのほかに、宿命通しゅくめいつうふくまれています。宿命通しゅくめいつうとはなんでしょうか? つまり、ひと将来しょうらい過去かこかることです。 おおきくは、社会しゃかい興廃こうはいかり、さらにおおきくは天体てんたい全体ぜんたい変化へんか規律きりつまでかります。 それが宿命通しゅくめいつう功能こうのうです。 物質ぶっしつ一定いってい規律きりつしたがってうごいていて、ある特殊とくしゅ空間くうかんにおいて、あらゆる物体ぶったいのたくさんの空間くうかんでの存在そんざい形式けいしきっています。 れいげてうと、身体からだうごくと、身体からだなかにある細胞さいぼううごき、さらにミクロ世界せかいのすべての分子ぶんし陽子ようし電子でんし、もっともっとちいさい成分せいぶんもみんなうごします。 しかし、それぞれに自分じぶん独立どくりつした存在そんざい形式けいしきがあり、空間くうかん存在そんざいする身体しんたい形式けいしきにも変化へんかこります。
 われわれは物質ぶっしつ不滅ふめつだとってはいないでしょうか? ある特定とくてい空間くうかんではひとなにかをすれば、たとえひとりであっても、とにかくなにかをしたらみな物質ぶっしつてき存在そんざいし、影像えいぞう信息しんそくのこります。 空間くうかんではそれが不滅ふめつで、永遠えいえんのこりますので、功能こうのうのあるひと過去かこ存在そんざいした光景こうけいればすぐかります。 将来しょうらいみなさんが宿命通しゅくめいつう功能こうのうつようになったら、今日きょう講義こうぎ風景ふうけいをちょっとてください。 きっとそこにまだありますし、すでに同時どうじにそこに存在そんざいしています。 一人ひとり人間にんげんまれたとき時間じかん概念がいねんのないある特殊とくしゅ空間くうかんに、そのひと一生いっしょうがすでに同時どうじ存在そんざいしており、一生いっしょうだけではない場合ばあいもあります。
 それでは、個人こじん努力どりょくによって自分じぶんえようとする必要ひつようはないのではないか、とかんがえ、納得なっとくできないひとがいるでしょう。 じつは、個人こじん努力どりょく人生じんせいちいさい部分ぶぶんならえることができ、ちいさな部分ぶぶん個人こじん努力どりょくによってたしかになんらかの変化へんかけます。 しかしまさにそのえる努力どりょくによって、あなたは業力ごうりきてしまうかもれません。 さもなければ、ごうつくることや、いことをする、わるいことをするとかの問題もんだいこりません。 無理むりなにかをするときかならひと利益りえき横取よこどりし、わるいことをすることになります。 修煉しゅうれんでいつも自然しぜんまかせることを強調きょうちょうするのは、そういうわけです。努力どりょくすることにより、他人たにんきずつけてしまうかもれないからです。もともとあなたの人生じんせいなかにないもの、社会しゃかいにおいて他人たにんぞくするべきものをれてしまえば、他人たにんりをつくったことになります。
 おおきいことをえようとおもっても、常人じょうじんにはとても無理むりです。えられる方法ほうほうひとつあります。 それは悪事あくじばかりをして、わるいことをしつくすことです。 それによって人生じんせいえることができますが、そのひとっているのは徹底的てっていてき壊滅かいめつです。 たか次元じげんからると、ひとんでも元神げんしんほろびません。元神げんしんはどうして不滅ふめつなのでしょうか? われわれがたところでは、ひとくなって、死体安置所したいあんちしょかれる遺体いたいは、われわれのこの空間くうかんにおける人体じんたい細胞さいぼうぎません。 内臓ないぞう身体からだなか細胞さいぼう組織そしき、つまりこの空間くうかんにおける身体からだ全体ぜんたい細胞さいぼう脱落だつらくしましたが、空間くうかんにある分子ぶんし原子げんし陽子ようしなどの成分せいぶんよりさらにちいさな物質ぶっしつ微粒子びりゅうし身体からだ全然ぜんぜんくなっていません。 空間くうかんに、ミクロの空間くうかんにはまだのこっています。ところが、極悪ごくあく非道ひどうひと直面ちょくめんするのはすべての細胞さいぼう解体かいたいすることで、佛教ぶっきょうではこれを形神全滅けいしんぜんめつっています。
 人生じんせいえるにはもうひと方法ほうほうがあります。 じつはこれが唯一ゆいいつ方法ほうほうで、すなわちこれから修煉しゅうれんみちあゆむことです。 どうして修煉しゅうれんみちあゆめば人生じんせいえることができるのでしょうか? それはだれにでも簡単かんたんにはえられないものではないでしょうか? そのひと修煉しゅうれんしようとおもち、その一念いちねんしょうじると、黄金おうごんのようにかがやき、十方じっぽう世界せかいふるわせるからです。 佛家ぶっけ宇宙うちゅうたいする概念がいねん十方じっぽう世界せかいせつっています。 たか次元じげん生命体せいめいたいかられば、人間にんげん生命せいめい人間にんげんになるためのものではありません。かれは、人間にんげん生命せいめい宇宙うちゅう空間くうかんまれ、宇宙うちゅうおな性質せいしつち、善良ぜんりょうで、しんぜんにんという物質ぶっしつでできているとかんがえています。 しかしそれにも集団しゅうだんてき関係かんけいがあり、その集団しゅうだん社会しゃかいてき関係かんけいができると、一部いちぶものわるくなり、したちていきます。 その次元じげんでさらにわるくなり、またいられなくなれば、さらにした次元じげんちます。 ちにちて、最後さいごには常人じょうじんという次元じげんにまでちてくるのです。
 この次元じげんにおいて、このひと壊滅かいめつされ、消滅しょうめつされるべきところだったのです。 しかし、大覚者だいかくしゃたちはおおきな慈悲じひしんによって、わざわざこの空間くうかんいま人類じんるい社会しゃかいのような空間くうかんつくったのです。 この空間くうかんにあるものにはひとつの肉身にくしんあたえ、この物質ぶっしつ空間くうかんのものしかえないあたえ、つまり、まよいのなかちてしまったものに、宇宙うちゅう真相しんそうえないようにしたわけです。 これにたいして、空間くうかんではすべてがえるのです。このまよいのなか、こんな状態じょうたいなかに、機会きかいのこしておいてあげるのです。 まよいのなかにいるから、もっとくるしいわけで、この身体からだつことによってくるしみをめさせられます。 この空間くうかんにいる人間にんげんうえもどることができれば、道家どうけ煉功れんこう返本帰真へんぽんきしんになります。 あるひと修煉しゅうれんこころがあれば、それはつまり佛性ぶっしょうあらわれたことであり、このこころもっと貴重きちょうなものとされているので、みんな、そのひとたすけます。 こんなくるしい環境かんきょうなかでもまよわずに、もともどろうとしているので、みんなかれたすけることになり、無条件むじょうけんたすけてやり、どんなことでもしてあげられます。 なぜわれわれは修煉者しゅうれんしゃにこういうことをしてあげられるのに、常人じょうじんにはしてやれないのでしょうか? その理由りゆうはここにあります。
 常人じょうじん場合ばあい病気びょうきなおるようにとねがっても、なにもしてあげられません。 常人じょうじん常人じょうじんであり、常人じょうじん社会しゃかい状態じょうたいわなければなりません。 ほとけ衆生しゅじょう済度さいどし、佛家ぶっけ衆生しゅじょう済度さいどおもんじているではないかとひと大勢おおぜいいます。 しかし、佛教ぶっきょうのあらゆる経典きょうてん調しらべても、常人じょうじん病気びょうきなおすことが衆生しゅじょう済度さいどすることだというかたは、どこにもあたりません。 ここ数年すうねん偽気功師にせきこうしがこのことを撹乱かくらんしています。 本当ほんとう気功師きこうし草創期そうそうき気功師きこうしたちは、ひと病気びょうき治療ちりょうのことを絶対ぜったいおしえておらず、自分じぶん身体からだきたえて、病気びょうきなおし、健康けんこう保持ほじするようおしえているだけです。あなたは常人じょうじんで、何日なんにちならっていないのに、他人たにん病気びょうきなおせるのですか? それはひとだましているのではありませんか? 執着心しゅうちゃくしん助長じょちょうすることになるのではありませんか? 名利みょうり追求ついきゅうし、超常ちょうじょうのものを追求ついきゅうして、常人じょうじんまえせびらかしたりする! それは絶対ぜったいゆるされないことです。ですからもとめればもとめるほど、なにられません。しかもそれはゆるされないことで、そうして勝手かって常人じょうじん社会しゃかい状態じょうたい破壊はかいすることもゆるされないのです。
 宇宙うちゅうには、返本帰真へんぽんきしんしようとおもえば、みなたすけのべてくれる、というがあります。 ひと生命せいめいもともどるためのもので、常人じょうじんなかにいるべきではないとかんがえられています。もしも人類じんるいなん病気びょうきもなく、らくらすことをさせれば、神仙しんせんになれとっても、なりたくないでしょう。病気びょうきもなく、くるしみもなく、しいものがなんでもあるなら、なんといことでしょう。まさに神仙しんせん世界せかいです。 ところが、あなたは自分じぶんわるくなって、ここまでちてきたものですから、らくになるはずはありません。人間にんげんまよいのなかわるいことをしかねませんが、佛教ぶっきょうではそれを因果応報いんがおうほうっています。 人間にんげんなになんがあり、くないことがきたときは、すべて因果応報いんがおうほうなかで、ごうかえしているのです。 佛教ぶっきょうでは「ほとけのあらざるところなし」ともいます。一人ひとりほとけがちょっとるだけで、ぜん人類じんるい病気びょうきがすべてくなります。 それは間違まちがいなくできることですが、これほどおおくのほとけがいるのになぜそうしないのでしょうか? なぜかとうと、ひと以前いぜんわるいことをしてりができたからこそ、現在げんざいそのくるしみに見舞みまわれているのです。 その病気びょうきなおしてやったら、宇宙うちゅう破壊はかいすることになります。つまりひとわるいことをしてもよい、りがあってもかえさなくてよいということになりますので、それはゆるされないことです。ですから、みなこの常人じょうじん社会しゃかい状態じょうたいまもり、こわそうとしないわけです。心地ここちよく、病気びょうきにもかからないようなしん解脱げだつたっしようとするには、修煉しゅうれんするほかありません! ひと正法しょうぼう修煉しゅうれんおしえることこそ、しん衆生しゅじょう済度さいどすることです。
 おおくの気功師きこうしはなぜ病気びょうき治療ちりょうができるのか? どうしてかれらが治療ちりょうおもんじているのか? こういう疑問ぎもんおもいついたひとがきっといるでしょうが、こういったたぐいのおおくはまともではありません。 本当ほんとう気功師きこうし慈悲じひしん憐憫れんびんにより、修煉しゅうれん過程かていで、衆生しゅじょうくるしんでいるのをて、たすけてあげることはゆるされることです。 しかし完全かんぜんなおすことはできません。 ただその病気びょうきをしばらく抑制よくせいするだけです。 あるいは病気びょうきをずらして、つまり、いま発病はつびょうしないが将来しょうらい発病はつびょうするように、病気びょうき先送さきおくりするとか、あるいは病気びょうき転化てんかさせ、家族かぞくだれかに転化てんかさせることしかできません。本当ほんとう徹底的てっていてきにそのごうめっすることとなると、かれらにはできません。 常人じょうじんのために勝手かってにそういうことをするのはゆるされないことで、修煉者しゅうれんしゃにのみしてあげられます。 こういう道理どうりなのです。
 佛家ぶっけ衆生しゅじょう済度さいど意味いみは、あなたを常人じょうじんといういちばんくるしい状態じょうたいからたか次元じげんみちびき、永遠えいえんくるしみから解放かいほうし、解脱げだつさせることです。 衆生しゅじょう済度さいどとはこういうことを意味いみしているのです。 釈迦牟尼しゃかむに涅槃ねはん彼岸ひがんいたではありませんか? それがかれ衆生しゅじょう済度さいど本当ほんとう意味いみです。 もし、常人じょうじん社会しゃかいしあわせにらし、金貨きんか寝床ねどこつくれるほどおかねがありあまって、なんのくるしみもなければ、神仙しんせんになれとってもいやだとうにきまっています。 修煉者しゅうれんしゃとなれば、あなたの人生じんせいみちえてあげてもよいし、修煉しゅうれんでしかえられません。
 宿命通しゅくめいつうという功能こうのうかたちは、前額ぜんがくのあたりにテレビのブラウンかんのようなものをもつことです。 ひとによっては、前額ぜんがく中心ちゅうしんあたりや、前額ぜんがくからちかいところや、前額ぜんがく内側うちがわにあったりします。 じればえるひとがいますが、それがつよければ、ひらけたままでもえます。 それはそのひと空間くうかん範囲はんいない存在そんざいするものなので、他人たにんにはえません。ということは、この功能こうのうあらわれてから、もうひとつの功能こうのう媒体ばいたいとなって、空間くうかん光景こうけいうつしてくれるので、こうしてこの天目てんもくえるわけです。 ひと将来しょうらい過去かこえ、それも非常ひじょう正確せいかくえます。 うらないではいくらくわしくることができても、ちいさいこと、細部さいぶまでは推定すいていできません。 しかし、かれにははっきりとえ、年代ねんだいも、変化へんか細部さいぶまでかります。 かれ空間くうかんにおけるひと物事ものごと真実しんじつているからです。
 法輪大法ファルンダーファ修煉しゅうれんするものなら、だれにでも天目てんもくひらいてあげます。 しかし、さきほどおはなしした功能こうのうひらいてあげられません。 次元じげん向上こうじょうにつれ、宿命通しゅくめいつう功能こうのう自然しぜんあらわれ、将来しょうらい修煉しゅうれん途中とちゅうにこういうことにきっと出会であいます。 これらの功能こうのうあらわれたとき、どういうことなのかかるように、ここではこれらのほうなどをみなさんにおはなししました。
 

 五行ごぎょうず、三界さんがい


 「五行ごぎょうず、三界さんがいる」とはどういうことでしょうか? これはなかなか微妙びみょう問題もんだいです。 これまでおおくの気功師きこうしは、この問題もんだいれると、気功きこうしんじないものに「練功れんこうをやっているあなたがたのうち、だれ五行ごぎょうからったのか、だれ三界さんがいにいないのか?」と、さんざんにわれたあげく絶句ぜっくしていました。 気功師きこうしではないのに、気功師きこうし自称じしょうしているものおおく、からなければわなくてもいいのに、出任でまかせをったため、反発はんぱつらったのです。 それは修煉界しゅうれんかいおおきなダメージをあたえ、混乱こんらんこしており、人々ひとびともそのてんから気功きこう非難ひなんしています。 五行ごぎょうず、三界さんがいるというのは修煉界しゅうれんかい言葉ことばで、宗教しゅうきょう由来ゆらいしており、宗教しゅうきょうまれたものです。 ですから、この歴史的れきしてき背景はいけい当時とうじ環境かんきょうからはなしてそれを解釈かいしゃくしてはいけません。
 「五行ごぎょうず」とはなんでしょうか? われわれ中国ちゅうごく古代こだい物理ぶつりがくでも、現代げんだい物理ぶつりがくでも中国ちゅうごく五行説ごぎょうせつただしいものだとみとめています。 きんもくすいという五行ごぎょうによって宇宙うちゅう万事ばんじ万物ばんぶつ構成こうせいされています。 これはただしいので、われわれもこの五行ごぎょういています。 ひと五行ごぎょうからるということは、現代げんだい言葉ことば解釈かいしゃくすれば、われわれのこの物質ぶっしつ世界せかいからるということです。 不思議ふしぎこえるでしょうが、よくかんがえてみてください。 気功師きこうしこうっているのです。 わたしもおおくの気功師きこうし測定そくていけたことがあります。 エネルギーの測定そくていです。こうなか物質ぶっしつ成分せいぶんは、現在げんざいおおくの機器きき検出けんしゅつできます。 つまり、気功師きこうししたこう成分せいぶんによって、そういう機器ききさえあればそのこう存在そんざい測定そくていできます。 現在げんざい機器ききでは、赤外線せきがいせん紫外線しがいせん超音波ちょうおんぱ低音波ていおんぱ電気でんき磁気じき、ガンマせん原子げんし中性子ちゅうせいしなどが測定そくていできます。 気功師きこうしはみなこれらの物質ぶっしつっており、一部いちぶ気功師きこうしした物質ぶっしつは、機器ききがないため測定そくていのしようがありません。 機器きき測定そくていできるところからて、気功師きこうしした物質ぶっしつ非常ひじょう豊富ほうふです。
 特殊とくしゅ電磁場でんじばはたらきで、気功師きこうしつよひかりはっすることができ、それはとても綺麗きれいひかりです。 功力こうりきつよいほど、はっせられるエネルギーおおきくなります。 常人じょうじんにもありますが、それはきわめてよわひかりです。 こうエネルギー物理ぶつりがく研究けんきゅうでは、エネルギーは中性子ちゅうせいし原子げんしなどのようなものだとています。 おおくの気功師きこうしとく有名ゆうめい気功師きこうしたちはみな測定そくていけています。 わたしもけたことがありますが、測定そくていされたガンマせんねつ中性子ちゅうせいしは、物質ぶっしつ正常せいじょう放射ほうしゃりょうはちじゅうばいからひゃくななじゅうばいでした。 測定そくてい機器ききはりがいっぱいにれたので、結局けっきょくどれほどおおきいものかかりませんでした。 こんなにつよ中性子ちゅうせいしはまったく不思議ふしぎなものです! どうしてこんなにつよ中性子ちゅうせいしはっすることが人間にんげんにできるのでしょうか? これによって、われわれ気功師きこうしにはこうがあり、エネルギーがあることが実証じっしょうされましたが、このことは科学かがくかいでもみとめられたのです。
 「五行ごぎょうる」には、性命せいめい双修そうしゅう功法こうほうでなければなりません。 性命せいめい双修そうしゅうでない功法こうほうでは、そのひと次元じげん相応そうおうするこうびるだけです。 めいおさめない功法こうほう場合ばあいは、五行ごぎょうることをわないので、この問題もんだいはじめから存在そんざいしません。性命せいめい双修そうしゅう功法こうほう場合ばあい、そのエネルギーは人体じんたいのすべての細胞さいぼうたくわえられています。 普通ふつう煉功者れんこうしゃこうあらわれたばかりのひとはっしたエネルギーは粒子りゅうしあらく、隙間すきまがあり、密度みつどひくいので、威力いりょく非常ひじょうよわいのです。 次元じげんたかくなれば、エネルギーの密度みつどみず分子ぶんしなんひゃくばいなんせんばいなんおくばいになる可能かのうせいさえあります。 次元じげんたかければたかいほど、密度みつどたかくなり、こまかくなって、威力いりょくつよくなるからです。このようにして、エネルギーは身体からだのすべての細胞さいぼうたくわえられていて、しかもこの物質ぶっしつ空間くうかん身体からだ細胞さいぼうだけではなく、空間くうかんにあるすべての身体からだの、分子ぶんし原子げんし陽子ようし電子でんしから、ミクロ世界せかいでのきわめてちいさな細胞さいぼうまでも、このエネルギーでたされることになります。 時間じかんつにつれ、人間にんげん身体からだはこのようなこうエネルギーの物質ぶっしつでいっぱいになります。
 このこうエネルギー物質ぶっしつ霊的れいてきなもので、ちからっています。りょうおおくなるにつれて、密度みつどたかくなり、身体からだのすべての細胞さいぼうちると、人間にんげん肉体にくたい細胞さいぼう、このもっと無能むのう細胞さいぼうおさえることができます。いったんおさえれば、新陳代謝しんちんたいしゃができなくなり、最後さいご完全かんぜん肉体にくたい細胞さいぼうってわります。もちろん、うのはやさしいのですが、そこまで修煉しゅうれんするのはかなりゆるやかな過程かていです。あなたがそこまで修煉しゅうれんすれば、身体からだ細胞さいぼうはすべてこのこうエネルギー物質ぶっしつによってってわられます。 かんがえてみてください。そのときあなたの身体からだはまだ五行ごぎょうによって構成こうせいされているものとえるでしょうか? まだこの空間くうかん物質ぶっしつだとえるのでしょうか? その身体からだはすでに空間くうかんから採集さいしゅうしたこうエネルギー物質ぶっしつによって構成こうせいされています。あのとくという成分せいぶん空間くうかんにある物質ぶっしつで、われわれのこの空間くうかん時間じかん制約せいやくけません。
 現代げんだい科学かがくは、時間じかんにはがあり、時間じかん範囲はんいはいらなければ、時間じかん制約せいやくけないとかんがえています。 空間くうかん時空じくう概念がいねんはわれわれのとはちがうのに、どうやって空間くうかん物質ぶっしつ制約せいやくできますか? まったくやくちません。かんがえてみてください。 そのときになれば、あなたはもう五行ごぎょうなかにいないのではありませんか? あなたはまだ常人じょうじん身体からだなのでしょうか? いやまったくちがうものになっています。ただひとつ、常人じょうじんにはからないのです。 しかし身体からだがそこまでわったものの、修煉しゅうれんわったわけではありません。 まだまだ次元じげん突破とっぱつづけてうえ修煉しゅうれんしなければならないので、常人じょうじんなか修煉しゅうれんつづけなければなりません。 人々ひとびとにそのひとえないようではいけません。
 では、ここからさきはどうなるのでしょうか? 修煉しゅうれん過程かていで、すべての分子ぶんし細胞さいぼうこうエネルギー物質ぶっしつによってってわられたとはいえ、原子げんし配列はいれつには順序じゅんじょがあり、分子ぶんし原子核げんしかく配列はいれつ順序じゅんじょわっていません。 細胞さいぼう分子ぶんし配列はいれつ順序じゅんじょは、れるとやわらかくかんじる状態じょうたいですが、ほね分子ぶんし配列はいれつ順序じゅんじょ密度みつどたかく、れるとかたかんじ、血液けつえき分子ぶんし密度みつど非常ひじょうひくいから、液体えきたいとなっています。細胞さいぼう分子ぶんし本来ほんらい構造こうぞう配列はいれつ順序じゅんじょたもっているままで、構造こうぞうわっていないため、常人じょうじんには外観がいかんからその変化へんかかりませんが、なかのエネルギーはすっかりわっているので、このひとはこれから自然しぜん老衰ろうすいはせず、細胞さいぼうおとろえることなく、いつまでもわかさをたもつことができます。 修煉しゅうれんつづけているうちに、ひとわかえるようになり、最後さいごはあるところにとどまりつづけるのです。
 もちろん、その身体からだくるまにぶつかるとほねれ、刃物はものればます。 分子ぶんし配列はいれつ順序じゅんじょわっていないからです。 しかし、それは自然しぜんほろびることもなければ、老衰ろうすいもせず、新陳代謝しんちんたいしゃもありません。 それがわれわれのう「五行ごぎょうる」ことです。 これのどこに迷信めいしんがあるとえるでしょうか? すべて科学かがく道理どうり説明せつめいできるのです。一部いちぶものがはっきり説明せつめいできないのに、軽々かるがるしくしゃべるから、迷信めいしんだとわれるわけです。 「五行ごぎょうる」というこの言葉ことば宗教しゅうきょう由来ゆらいしたもので、現代げんだい気功きこうしたものではありません。
 「三界さんがいる」とはなんでしょうか? 先日せんじつはなししたように、こうびるのに大事だいじなのは心性しんせい修煉しゅうれんすることです。 宇宙うちゅう特性とくせい同化どうかすれば、宇宙うちゅう特性とくせいから制約せいやくけなくなり、心性しんせいがれば、とく成分せいぶん演化えんかしてこうわります。 えずび、えず向上こうじょうして、たか次元じげんまで昇華しょうかすると、功柱こうちゅうができあがります。 功柱こうちゅうたかさがあなたのこうたかさです。 大法無辺ダーファむへんという言葉ことばがあり、どこまで修煉しゅうれんできるかは、あくまでもあなたのこころ修煉しゅうれん次第しだいで、忍耐にんたいりょくくるしみにえるちからにかかっています。 自分じぶん自身じしんしろ物質ぶっしつ使つかはたしても、くるしみにえることによってくろ物質ぶっしつしろ物質ぶっしつ転化てんかすることができます。それでもりなければ、修煉しゅうれんしない親族しんぞく友人ゆうじんわりに、つみあやまちのつぐないをすることによってもこうばすことができます。しかし、それはきわめてたか次元じげんまで修煉しゅうれんしたものかぎられます。常人じょうじんとしての修煉者しゅうれんしゃは、親族しんぞく友人ゆうじんわりにつみあやまちのつぐないをするようなかんがえがあってはなりません。 業力ごうりきおおきすぎて一般いっぱんひとならそれで修煉しゅうれんできなくなります。わたしがここではなしているのはことなる次元じげんです。
 宗教しゅうきょう三界さんがいは、きゅうそうてん、あるいはさんじゅうさんそうてんのことで、つまり、天上てんじょう地上ちじょう地下ちか三界さんがいない衆生しゅじょう構成こうせいしています。 そのさんじゅうさんそうてんにいるすべての生物いきものはみな六道輪廻ろくどうりんねをするものだとわれています。 六道ろくどう輪廻りんねとは現世げんせ人間にんげんですが、来世らいせ動物どうぶつになるかもれないということです。 佛教ぶっきょうでは、人間にんげんとしてきているうちに修煉しゅうれんしなければいつ修煉しゅうれんするのか、とっています。 なぜなら動物どうぶつ修煉しゅうれんゆるされないもので、ほうくこともゆるされず、修煉しゅうれんしても正果しょうかられないばかりでなく、こうたかければ天罰てんばつけることになるからです。 人間にんげん身体からだるのに、何百年なんびゃくねんでもらず、千年せんねん以上いじょうかかってやっと人間にんげん身体からだるのに、人間にんげん身体からだればそれを大事だいじにすることをらないのです。もし、いわまれわったら万年まんねんってもられません。そのいわくだけないかぎり、風化ふうかしないかぎり、永遠えいえんられません。 人間にんげん身体からだることはどんなにむずかしいことなのでしょうか!  もし本当ほんとう大法ダーファることができれば、このひとはあまりにも幸運こううんだとえます。人間にんげん身体からだがたいとは、そういう意味いみです。
 われわれの煉功れんこうでは、次元じげんのことをいますが、この次元じげんはまったく自分じぶん修煉しゅうれんによるものです。 三界さんがいようとするなら、功柱こうちゅうがとてもたかくなるように修煉しゅうれんすれば、三界さんがい突破とっぱすることになるのではありませんか? 坐禅ざぜんしていたら元神げんしん身体からだからして、あっというたかいところにがったというひとがいます。「先生せんせい、わたしはいくそうものてんのぼり、これこれの光景こうけいました」と、修煉しゅうれん感想かんそういてくれた学習者がくしゅうしゃがいます。もっとうえがってみなさいとってあげたら、「いや、それよりうえへはのぼれず、こわくてできない」とこたえました。 なぜでしょうか? かれ功柱こうちゅうたかさはそこまでしかないからです。 かれ自分じぶん功柱こうちゅうってがったのです。それは佛教ぶっきょう果位かいのことで、その果位かいまで修煉しゅうれんしているということです。しかし、修煉者しゅうれんしゃにとっては、まだ果位かい頂点ちょうてんたっしているわけではありません。 まだまだえず上昇じょうしょうし、昇華しょうかし、向上こうじょうしていきます。 そうして功柱こうちゅう三界さんがい限界げんかい突破とっぱすれば、あなたも三界さんがいからることになるではありませんか? われわれがはかったところでは、宗教しゅうきょう三界さんがいは、せいぜいわれわれの九大惑星きゅうだいわくせい範囲はんいないのことです。 じゅうだい惑星わくせいっているものもいますがまったく存在そんざいしないものです。 むかし気功師きこうしには功柱こうちゅう銀河系ぎんがけいけてかなりたかく、三界さんがいをとっくに突破とっぱしたひとがいました。 三界さんがいるということは、じつ次元じげんのことにほかなりません。
 

 もとめるということの問題もんだい


 おおくのひとなにかをもとめて、われわれの修煉しゅうれんています。 功能こうのうもとめたいとか、理論りろんきたいとか、病気びょうきなおしてもらいたいとか、そして法輪ファルンをもらいたいとか、どんな心理しんり状態じょうたいでもあるといっていいほどです。 受講じゅこうしていない家族かぞくがいて、おかねはらうからかれらにも法輪ファルンあたえてほしいとひともいます。 われわれがなんだいなんだいものひとて、ながい、なが年月としつきて、数字すうじえばおどろくほどなが年月としつきてやっと形成けいせいされたその法輪ファルンを、たかがすうじゅうげんえるとでもおもっているのでしょうか? われわれはどうして無条件むじょうけんみなさんにあたえているのでしょうか? それは、あなたが修煉者しゅうれんしゃになろうとしているからで、そのこころはいくらおかねはらってもえないものです。 佛性ぶっしょうあらわれてきたので、われわれはそうしてあげるのです。
 あなたはもとめるこころいだいて、それのためにているのですか? あなたがなにかんがえているのか、空間くうかんにいるわたしの法身ほうしんなにもかもっています。ふたつの時空じくう概念がいねんちがっていて、空間くうかんからると、あなたの思惟しい形成けいせいされるのは非常ひじょうゆるやかな過程かていです。あなたがかんがえるまえに、法身ほうしん察知さっちできるので、くないかんがえはすべてよしたほうがいいのです。 佛家ぶっけえんおもんじますが、みなさんもえんによってあつまってきたのです。 あなたはあなたが本来ほんらいるべきものをたのかもれません。だからこそ大切たいせつにするべきで、なにかをもとめるこころ一切いっさいててください。
 むかし宗教しゅうきょう修煉しゅうれんでは、佛家ぶっけくう強調きょうちょうし、なにかんがえずに、空門くうもんはいります。 道家どうけ強調きょうちょうし、すべてがなので、なにらずなにもとめません。 煉功者れんこうしゃあいだでは、「煉功れんこうするこころがあればとて、こうこころし」とよくっていますが、無為むい状態じょうたい修煉しゅうれんし、心性しんせい修煉しゅうれん専念せんねんすれば、次元じげんもどんどん突破とっぱしていって、るべきものがられるはずです。 なにかにこだわれば、それは執着心しゅうちゃくしんではありませんか? われわれははじめから高次元こうじげんほうみなさんにつたえているので、心性しんせいたいする要求ようきゅうたかいのです。 ですからなんらかのもとめるこころをもってほうまなんではいけません。
 みなさんに責任せきにんをもつため、われわれはみなさんをただしいみちみちびいています。そこでこのほうかりやすくはっきりと説明せつめいしてあげなければなりません。 ひと天目てんもく追求ついきゅうすれば、天目てんもくみずかふさがり、あなた自身じしんをもふうめてしまうのです。 これもみなさんにわなければなりませんが、世間法せけんほう修煉しゅうれんあらわれたすべての功能こうのうはみな、肉身にくしんみずからがっている、先天せんてん本能ほんのうで、われわれはいまそれを超能力ちょうのうりょくんでいるのです。 それは、現在げんざいいる空間くうかん、われわれのこの空間くうかんでしかちから発揮はっきできず、常人じょうじんだけしか制約せいやくできないものです。 こんな小手先こてさきわざ追求ついきゅうしてどうしますか? どんなに追求ついきゅうしても、出世間法しゅっせけんほう修煉しゅうれんになると、空間くうかんではまったくやくたないものになります。世間法せけんほう修煉しゅうれんわる時点じてんでこれらの功能こうのうはすべててなければならず、それらは非常ひじょうふか空間くうかんまれて、将来しょうらいあなたの修煉しゅうれん過程かてい記録きろくとして保存ほぞんしておく程度ていど役割やくわりしかありません。
 世間法せけんほう修煉しゅうれんわれば、また最初さいしょから修煉しゅうれんはじめます。 そのとき身体からださきほどおはなしした五行ごぎょう身体からだで、佛体ぶったいになっています。 このような身体からだ佛体ぶったいばないでなんぶのでしょうか? その佛体ぶったいあらためて修煉しゅうれんする必要ひつようがあり、功能こうのうあらためてあらわれます。しかし、それは功能こうのうばず、佛法ぶっぽう神通じんつうびます。 その威力いりょくかぎりないもので、かく空間くうかん制約せいやくし、しんちからのあるものです。それでもあなたは功能こうのう追求ついきゅうしてなにをしようというのですか? およそ功能こうのう追求ついきゅうするひとは、常人じょうじんなか使つかおうとして、せびらかそうとしているのにきまっており、でなければそれをもとめてなににするというのですか? 姿すがたかたちもないものをかざものにでもするのですか! あなたの潜在せんざい意識いしきにきっとそれを使つか気持きもちがあるにちがいありません。 それは常人じょうじんなかでの技能ぎのうとしてもとめられるようなものではなく、まったく超常的ちょうじょうてきなものなので、常人じょうじんせびらかしてはいけません。せびらかすこと自体じたいつよ執着心しゅうちゃくしんで、非常ひじょうくないこころであり、修煉者しゅうれんしゃとしててなければならないものです。 まして、それを利用りようしてかねもうけ、かねちになり、自分じぶん自身じしんのための努力どりょく奮闘ふんとうで、常人じょうじんとしての目標もくひょう達成たっせいしようとすることは、なおさらいけないことです。それはこう次元じげんのものをもって常人じょうじん社会しゃかい干渉かんしょうし、それを破壊はかいしようとするもので、ことのほかいけないのです。 だからこそ勝手かって使つかうことはゆるされません。
 功能こうのうあらわれたひとには、両端りょうたんつまり子供こども年寄としよりがおおいのです。 とく年配ねんぱい女性じょせいは、常人じょうじんなかであまり執着心しゅうちゃくしんがないから、心性しんせいをしっかり制御せいぎょできます。 功能こうのうあらわれてもどう対処たいしょするかがかり、せびらかそうとするこころがありません。 わかひとになぜにくいのでしょうか? とくわか男性だんせい常人じょうじん社会しゃかい立身出世りっしんしゅっせしようとして、なんらかの目標もくひょう達成たっせいしようとおもっています! いったん功能こうのうると、それを目的もくてき達成たっせいのための道具どうぐとしてなにかに使つかおうとしますが、そんなことは絶対ぜったいゆるされません。 ですから、そのひとたちには功能こうのうあらわれないのです。
 修煉しゅうれんということは、あそびごとではなく、常人じょうじんなか技能ぎのうでもなく、非常ひじょう厳粛げんしゅくなことです。 修煉しゅうれんするかしないか、修煉しゅうれんできるかどうかは、すべて自分じぶん心性しんせいをどうやって向上こうじょうさせるかにかかっています。 もし、あるひと本当ほんとう功能こうのうもとめてることができたなら、それは大変たいへんなことになります。 修煉しゅうれんうんぬんなど念頭ねんとうにもかないのにきまっています。 なぜならそのひと心性しんせい常人じょうじんのレベルのままで、そのうえに功能こうのうもとめてたのだから、どんなわるいことでもやってしまいかねません。 銀行ぎんこうにはおかねがいくらでもあるから、功能こうのうはこんでこよう。まちにはたからくじがいくらでもあるから、一等いっとうしょうってこよう、とおもうかもれません。 なぜいままでそういうことがられなかったのでしょうか? とくおもんじなければ、功能こうのうるとわるいことをやりかねない、とっている気功師きこうしがいますが、それは間違まちがっています。 そんなことはありえません。とくおもんぜず、心性しんせい修煉しゅうれんしないもの功能こうのうるはずはありません。 心性しんせいものに、たっした次元じげん相応そうおうする功能こうのうたが、のちにそのひとがしっかり制御せいぎょできなくなり、やるべからざることをやってしまったケースはあります。 いったんわるいことをすると、功能こうのうよわまるか、なくなってしまいます。 一度いちどこんなふうにうしなうと、永遠えいえんうしなってしまいますが、それよりも深刻しんこくなことは、執着心しゅうちゃくしんこされることです。
 一部いちぶ気功師きこうしは、かれこうまなべば三日みっか病気びょうき治療ちりょうができるとか、五日いつかやればできるとかっていますが、まるで広告こうこくをしているかのようで、それは気功きこう商人しょうにんえます。 よくかんがえてみてください。 常人じょうじんのあなたがした他人たにん病気びょうきなおすことができるとおもいますか? 常人じょうじん身体からだにはがあり、あなたにもありますが、練功れんこうはじめたばかりのあなたは、労宮ろうきゅうというツボがひらき、ただれができるだけです。 ひと病気びょうき治療ちりょうする場合ばあい相手あいて身体からだにもがあり、下手へたをすると、そのにやられてしまうこともあります! あいだにはどんな制約せいやく作用さようがあるのでしょうか? による病気びょうき治療ちりょう不可能ふかのうです。 そのうえひと病気びょうき治療ちりょうをしているとき、あなたは患者かんじゃひとつの形成けいせいし、患者かんじゃからやまいがそのままあなたの身体からだうつってきて、おなりょうになります。 病気びょうき根元ねもとこうにあるとはいえ、やまいおおくなるとあなたもびょうになりかねません。 さらにいったん自分じぶんひとびょうなおせるとおもったら、きっと看板かんばんかかげて、ものこばまずとばかりに病気びょうき治療ちりょうおこない、執着心しゅうちゃくしんあらわれるにちがいありません。 ひと病気びょうきなおすことができてなんとうれしいことでしょう! でもどうして治療ちりょうできたのでしょうか? 偽気功師にせきこうし身体からだにはみなものがあり、しんじてもらうために、あなたに多少たしょう信息しんそくけているのにぎないことにあなたはづきませんか? さんにんにん、あるいははちにんじゅうにんほど治療ちりょうすれば信息しんそくがなくなります。 それも一種いっしゅのエネルギーの消耗しょうもうですので、とありません。あなた自身じしんこうがないのですから、どこからこうてくるというのですか? 気功師きこうしすうじゅうねんにわたって修煉しゅうれんしてきましたが、むかし修行しゅぎょうなまやさしいものではありませんでした。 ただしい法門ほうもん修煉しゅうれんせずに、わきもん小道しょうどう修煉しゅうれんすると、相当そうとうむずかしいものです。
 かなり有名ゆうめい大気功師だいきこうしでも、すうじゅう年間ねんかん修煉しゅうれんしてやっとほんのすこしのこうただけです。 修煉しゅうれんもしていないのに、あなたが講習会こうしゅうかい参加さんかしただけでこうたとでもうのですか? そんなことがありえますか? それ以降いこうあなたには執着心しゅうちゃくしんまれます。 執着心しゅうちゃくしんをもつと、病気びょうきをうまくなおせなければ、あせってしまいます。 一部いちぶひと自分じぶん名声めいせいたもつために、治療ちりょうするときにどんなことをかんがえるとおもいますか? なおすためなら、わりに自分じぶんがその病気びょうきをもらってもよい、と。それは慈悲じひしんからるものではありません。そのひと名利みょうりしん全然ぜんぜんてていないので、慈悲じひしんあらわれるはずがありません。 かれ自分じぶん名誉めいようしなわれるのを心配しんぱいするあまり、その病気びょうきわりにもらえるならもらってもよいとまでかんがえるのです。 名誉めいようしないたくないのです。 なんとつよ名利みょうりしんでしょう! そうねがえば、病気びょうきただちに自分じぶん身体からだうつってきて、本当ほんとうねがったとおりになります。ひとなおりましたが、なおしてあげた本人ほんにん病気びょうきになり、いえかえってくるしむのです。 ひと病気びょうきなおせて、気功師きこうしばれたので、うれしくてたまらなくなりますが、それは執着心しゅうちゃくしんではありませんか? なおせなかったら、しおしおと元気げんきうしないますが、それは名利みょうりしんのせいではありませんか? しかも、あなたが治療ちりょうした患者かんじゃやまいが、ことごとくあなたの身体からだうつってきます。 偽気功師にせきこうしがこれを体外たいがい排出はいしゅつする方法ほうほうおしえていますが、それは全然ぜんぜん効果こうかがなく、すこしも排出はいしゅつなどできないことを忠告ちゅうこくしておきます。 なぜならば、あなたはわる区別くべつするちからっていないからです。 度重たびかさなるうちに、あなたの身体からだなかまでくろになりますが、それがほかでもない業力ごうりきなのです。
 本気ほんき修煉しゅうれんしようとおもうようになったときは、大変たいへん厄介やっかいなことになります。 どうすればいいでしょうか? どれだけくるしみをめたらはじめてそれをしろ物質ぶっしつ転化てんかすることができるとおもいますか? とてもむずかしいのです。 とく根基こんきものほどこういう問題もんだいこしやすいのです。 病気びょうき治療ちりょうのことばかり追求ついきゅうしているひとがいます。 追求ついきゅうすれば、その動物どうぶつにとまるので、いてきます。 これがものです。病気びょうき治療ちりょうをやりたいのか? よし、治療ちりょうさせてやろう、と。 しかし、それはただで病気びょうき治療ちりょうをさせてくれるわけではありません。 「うしなわないものはられず」なので、非常ひじょう危険きけんです。 ついにそんなものをまねいてしまったら、どうやって修煉しゅうれんしますか? 一巻いっかんわりです。
 根基こんきもので、自分じぶん根基こんきをもって、ひとごう交換こうかんしているひとがいます。 患者かんじゃ業力ごうりきおおきいので、重病じゅうびょう患者かんじゃ治療ちりょうすると、いえもどってからくるしくてえられないことがあります! これまでに病気びょうき治療ちりょう経験けいけんのあるひとならおかりでしょうが、患者かんじゃなおっても、自分じぶん病気びょうき寝込ねこんでしまいます。 時間じかんつにつれて、業力ごうりきをもらえばもらうほど、それとえにあなたはひととくあたえます。 うしなわなければられないからです。 病気びょうきをもらったうえに、とく交換こうかんして、ごうをもらってしまうのです。 宇宙うちゅうには、自分じぶんしがったものについては、だれ干渉かんしょうできず、だれ口出くちだしできない、というがあります。ですからあなたがいことをしたともえません。宇宙うちゅうでは業力ごうりきおおものこそ悪者わるものであるとさだめられており、あなたはみずからの根基こんきをもってひと業力ごうりき交換こうかんしていますが、業力ごうりきがさらにおおくなってしまったら、どうやって修煉しゅうれんしますか? あなたの根基こんきそのものがそこなわれてしまいます。 おそろしいことではありませんか? 他人たにん病気びょうきなおって、らくになったのに、あなたはいえかえってくるしまなければなりません。がん患者かんじゃ二人ふたりなおしたら、あなたがそのわりにあのかなければならないのです。 おそろしいことではありませんか? 間違まちがいなくそういうことなのに、おおくのひとがそのなか道理どうりからないのです。
 一部いちぶ偽気功師にせきこうしは、名声めいせいたかくても、有名ゆうめいだからといって、明白めいはくとはかぎりません。常人じょうじんにどうしてかりましょうか? まわりがさわげば、そうしんじてしまいます。 偽気功師にせきこうしいまこんなことをやっていますが、他人たにんがいしているだけではなく、自分じぶん自身じしんをもがいしていますので、あといちねんったときかれらがどうなるかてください。 このように修煉しゅうれん破壊はかいすることはゆるされないのです。 修煉しゅうれんたしかに病気びょうき治療ちりょうができますが、病気びょうき治療ちりょうのためのものではありません。それは超常的ちょうじょうてきなもので、常人じょうじんなかわざではないので、このように勝手かってにそれを破壊はかいすることは絶対ぜったいゆるされません。 いま偽気功師にせきこうし本当ほんとうにひどいことをやっており、気功きこう売名ばいめいのため、金銭きんせんのための道具どうぐ使つかい、自分じぶん勢力せいりょくばし、邪悪じゃあく集団しゅうだんをつくっています。本物ほんもの気功師きこうしよりそのかずなんばいおおいのです。 常人じょうじんがみなそうい、みなそうやっているからといって、そのままあなたもしんじるというのですか?  気功きこうはそういうものだとおもわれていますが、ちがうのです。 わたしがっているのは本当ほんとうです。
 常人じょうじんひとといろんな社会しゃかいてき接触せっしょくをするときに、私利しり私欲しよくのためにわるいことをしたり、りができたりすれば、それをつぐな返済へんさいしなければいけません。 もし、勝手かって治療ちりょうなどをしてやって、本当ほんとうなおせたとしても、それはゆるされることだとおもいますか? ほとけいたるところにいるのに、こんなにおおくのほとけがどうしてそれをやらないのでしょうか? 人類じんるいらくにしてやればよいのに! なぜそうしないのですか? 自分じぶん業力ごうりき自分じぶんかえす、だれもそのこわしてはなりません。 個人こじん修煉しゅうれん過程かていで、慈悲じひしんによって、たまに人助ひとだすけのつもりでやっても、病気びょうき先送さきおくりするだけです。 いまくるしまなければ、これからさきくるしむことになります。あるいは、なにかに転化てんかされて、病気びょうきにかからないまでも、おかねうしなったり、わざわいに見舞みまわれたりするのです。 こういうことはありうるのです。本当ほんとうにやりとげられるものは、そういったごうをいっぺんにめっしてあげますが、それは、修煉者しゅうれんしゃにだけしてあげられることで、常人じょうじんにはしてはいけないのです。 わたしはいまここでわたしの法門ほうもんっているわけではなく、わたしはこの宇宙うちゅう全体ぜんたい真理しんりかたっており、修煉界しゅうれんかい実状じつじょうはなしているのです。
 ここでは病気びょうき治療ちりょうほうおしえません。 なぜならみなさんを大道だいどう正道しょうどうみちびき、うえ次元じげんれていこうとするからです。 ですから講習会こうしゅうかいときにいつもいますが、法輪大法ファルンダーファ弟子でしは、病気びょうき治療ちりょうおこなうことがゆるされず、治療ちりょうおこなえば、法輪大法ファルンダーファひとではなくなります。 われわれはみなさんをただしいみちみちびきますので、世間法せけんほう修煉しゅうれん過程かていで、身体からだ完全かんぜんこうエネルギー物質ぶっしつによってってわられるまで、ずっとみなさんの身体からだ浄化じょうかつづけていきます。 それなのに、あなた自身じしんがまだ自分じぶん身体からだにあのくろいものをせようとしているのです。 そんなことでどうやって修煉しゅうれんしますか? あれは業力ごうりきなのですよ! そんなことではまったく修煉しゅうれんできなくなってしまいます。 業力ごうりきおおければ、あなたがえられなくなり、あまりにもくるしみをめれば、あなたは修煉しゅうれんできなくなります。 そうなるにちがいありません。 わたしはこの大法ダーファおおやけつたえましたが、わたしがつたえているものがどういうものか、あなたにはまだからないかもれません。 この大法ダーファは、おおやけつたえることができた以上いじょう、それをまも方法ほうほうもあります。 あなたがもしひと病気びょうき治療ちりょうをしたりしたら、あなたの身体からだえつけてあげた修煉しゅうれんようのすべてのものを、わたしの法身ほうしん全部ぜんぶ回収かいしゅうすることになります。 あなたが名利みょうりのために勝手かってにこのような貴重きちょうなものをそこなうことをゆるすわけにはいきません。 ほう要求ようきゅうどおりにしないもの法輪大法ファルンダーファひとではないので、あなたの身体からだ常人じょうじん位置いちもどし、くないものもあなたにかえします。 というのもあなた自身じしん常人じょうじんになりたいとおもっているからです。
 昨日きのうから、講義こうぎわって、身体からだかるかんじるひともたくさんいます。 しかし、ごく少数しょうすう重病じゅうびょう患者かんじゃ一足ひとあしはやく、昨日きのうからくるしくなりました。昨日きのう、わたしがみなさんの身体からだにあるくないものをのぞいてから、ほとんどのひと身体からだかるくなり、心地ここちよくかんじています。 しかし、宇宙うちゅうには「うしなわなければられず」というがありますので、こそぎのぞいてあげるわけにはいかず、また自分じぶんでまったくくるしみにえようとしないことは絶対ぜったいゆるされないのです。 えれば、あなたの病気びょうき根本こんぽん原因げんいんや、体調たいちょうくない根本こんぽん原因げんいんのぞいてあげましたが、病気びょうきがまだのこっているのです。 ひく次元じげん天目てんもくひらけば、身体からだなかくろかたまり、にごったやまいがあるのがえますが、それは濃縮のうしゅくされた濃度のうどたかくろかたまりなので、いったん拡散かくさんすると、身体中からだじゅう充満じゅうまんします。
 今日きょうから、身体中からだじゅう寒気さむけがして、ひどい風邪かぜいているかのようにほねまでいたかんじるひとがいますが、おおくのひとあしいたいとか、めまいがするとか、身体からだのどこかが具合ぐあいわるいとかんじるでしょう。いままで、ほか気功きこうをやって完治かんちし、あるいはどこかの気功師きこうしてもらってなおったとおも病気びょうきは、今後こんごふたた発病はつびょうします。 それは実際じっさいその病気びょうきなおったわけではなく、先送さきおくりされただけで、当分とうぶん発病はつびょうしないが将来しょうらい発病はつびょうするように、そのままそこにのこっていたからです。われわれはそれを全部ぜんぶして、してしまい、徹底的てっていてきのぞいてあげます。こうすると、あなたは病気びょうき再発さいはつしたようにかんじますが、これは根本こんぽんからごうめっしてあげているからで、当然とうぜん反応はんのうきてきたのです。 特定とくてい部位ぶい反応はんのうがあり、あちこちに異状いじょうかんじ、さまざまなつらさをおぼえますが、いずれも正常せいじょうなものです。 どんなにつらくても、ぜひがんって受講じゅこうてください。この会場かいじょうはいればすべての症状しょうじょうえ、なん危険きけんもありません。 このことをみなさんにっておきたいのですが、どんなに「病気びょうき」でくるしいとかんじていてもかならてください。 ほう得難えがたいものです。 くるしければくるしいほど、物事ものごときわまればかならぎゃく方向ほうこう転化てんかするので、身体からだ全体ぜんたい浄化じょうかされようとしており、浄化じょうかされなければならないことをくるしさそのものが物語ものがたっています。病根びょうこんはすでにのぞかれており、のこりはほんのすこしのくろで、それをそと発散はっさんさせるので、あなたにほんのすこしだけなんあたえ、ちょっとしたくるしみをめさせることになります。 あなたが全然ぜんぜんくるしみをめないわけにはいかないのです。
 常人じょうじん社会しゃかいでは、名誉めいよ利益りえきのために、ひとうばい、あらそったりして、睡眠すいみん食事しょくじもろくにれず、身体からだをひどくいためており、空間くうかんからると、あなたの身体からだほねまでくろくなっています。 こんな身体からだ一気いっき浄化じょうかしてあげるのですから、なん反応はんのうもないというわけにもいかず、反応はんのうかならずあります。 なかにはいたり、下痢げりしたりするものもいます。 これまでおおくの地方ちほう学習者がくしゅうしゃが、わたしにいてくれた感想かんそうぶんでこのことにれています。 あるひとなど、講習会こうしゅうかいからのかえりに、いえくまでトイレばっかりさがしていた、といます。 内臓ないぞうまで浄化じょうかされなければならないからそうなるのです。受講中じゅこうちゅう、ずっとねむっているひともいますが、講義こうぎわるとめてきます。なぜでしょうか? それはあたまなか病気びょうきがあって、その調整ちょうせいをしてあげなければならなかったからです。 あたま調整ちょうせいは、とてもえられないものなので、本人ほんにん自覚じかくはありませんが、昏睡こんすい状態じょうたいはいらせなければならないわけです。 ところが、聴覚ちょうかくには問題もんだいがないので、ぐっすりねむっているのに、一言ひとこととさず、全部ぜんぶみみはいっており、そのは、元気げんきて、二日間ふつかかん一睡いっすいもしなくても、まったくつかれをらないというひともいます。 それぞれ状態じょうたいことなるので、それぞれ調整ちょうせいし、身体からだ全体ぜんたい浄化じょうかしてあげなければなりません。
 しん法輪大法ファルンダーファ修煉しゅうれんして、こころ放下ほうげできるときは、いまから反応はんのうてきます。 くちでは放下ほうげしたといながら、実際じっさい全然ぜんぜん放下ほうげしていないひと場合ばあいは、なかなかむずかしいのです。 あとになってわたしの講義こうぎ内容ないようがだんだんかってきて、放下ほうげしたので、身体からだ浄化じょうかされるひともいます。 ほかひとはとっくに身体からだかるくなったのに、かれらの病気びょうき除去じょきょはようやくこれからはじまり、ようやくいまになってくるしくかんじるようになります。 どこの講習会こうしゅうかいでも、落後らくごするひとさとりがすこおくれているひとがどうしてもいます。 あなたにどんな状況じょうきょうあらわれても、すべて正常せいじょうなことなのです。 ほかのところで講習会こうしゅうかいひらいたときも、こういうれいがありました。 くるしくて椅子いすせたまま、かえろうとせず、わたしが演壇えんだんからりてなおしてあげるのをっているのです。 そういう場合ばあい、わたしは治療ちりょうをしてあげません。 これぐらいのかんえられなければ、今後こんご自分じぶん修煉しゅうれんする場合ばあい、いろいろなおおきななんあらわれてくるのです。これすらえられないのに、どうやって修煉しゅうれんしていけるでしょうか? これぐらいのこともえられないとうのですか? かならえられるはずです。ですから、わたしに病気びょうきなおしてしいなどとわないでください。 わたしは病気びょうき治療ちりょうはしません。「病気びょうき」という言葉ことばさえきたくありません。
 人間にんげん済度さいどがたいものです。 どこの講習会こうしゅうかいでもパーセントないしじゅっパーセントのひとがついてられません。 だれでも得道とくどうするというのは不可能ふかのうなことで、修煉しゅうれんつづけるひとでも、成就じょうじゅできるかどうかの問題もんだいがあり、どこまで修煉しゅうれんする決意けついがあるかの問題もんだいがあります。 だれでもほとけになることはありえません。本当ほんとう大法ダーファ修煉しゅうれんをしようとおもひとなら、ほんむだけでもおな状態じょうたいあらわれ、おなじようにるべきものがみなられます。



戻る

法輪大法の書籍