轉 法 輪


第六講

 

 走火入魔そうかにゅうま


 修煉界しゅうれんかいには、走火入魔そうかにゅうまというかたがあり、大衆たいしゅうあたえる影響えいきょう非常ひじょうおおきなものがあります。とくに、一部いちぶひと大袈裟おおげさげられたので、人々ひとびとこわくなって煉功れんこうできなくなっています。気功きこうをやると走火入魔そうかにゅうまになってしまうかもれないとかされ、こわくなって煉功れんこう敬遠けいえんしてしまいます。じつみなさんにはっきりっておきますが、走火入魔そうかにゅうまなどもないことです。
 一部いちぶひとは、自分じぶん自身じしんこころゆがんでいるため、ものまねいてしまいました。自分じぶんしゅ意識いしき自分じぶん自身じしん制御せいぎょできなくなったのに、それがこうだとおもんでいます。身体からだものによってあやつられているので、錯乱さくらん状態じょうたいになり、わめいたりさけんだりします。周囲しゅういひとはそれをて、煉功れんこうをやればこんなふうになるのか、とこわくてやるになれません。おおくのひとはそれがこうだとおもっているようですが、それが煉功れんこうなどとえるのでしょうか? それは次元じげんもっとひくい、病気びょうき治療ちりょう健康けんこう保持ほじ状態じょうたいぎません。一方いっぽう、それはまたとてもあぶないものでもあります。もしあなたがその状態じょうたいれ、いつまでもしゅ意識いしき自分じぶん自身じしん制御せいぎょできなければ、自分じぶん身体からだ副意識ふくいしき、あるいは空間くうかんからの信息しんそくものたぐいによって支配しはいされ、危険きけん行動こうどうをしかねないばかりでなく、修煉界しゅうれんかいあたえるダメージもはかれません。こういうことは人間にんげんこころゆがみや、自己じこ顕示けんじ執着しゅうちゃくすることからまれたもので、走火入魔そうかにゅうまなどではありません。一部いちぶのいわゆるこうというひとたちも、どういうわけか、走火入魔そうかにゅうまのことをくちにします。本当ほんとうのところ、煉功れんこうをして走火入魔そうかにゅうまになることはありません。おおくのひと芸術げいじゅつ作品さくひんなにかの武侠ぶきょう小説しょうせつなかでこの言葉ことばっているかもれませんが、古文書こもんじょ修煉しゅうれんほんのどこをても、そんなことはかれていません。走火入魔そうかにゅうまなどどうしてありえますか? そんなことはこるわけがありません。
 一般いっぱんひと走火入魔そうかにゅうまているものには、いくつかのかたちがありますが、さきほどおはなししたのもそのひとつで、自分じぶんこころゆがんでいて、いわゆる気功きこうたいもとめたり、自己じこ顕示けんじをしようとしたりする、さまざまな心理しんり状態じょうたいがあるため、ものまねいてしまったのです。一部いちぶひと直接ちょくせつ功能こうのうもとめ、あるいは偽物にせもの気功きこうならってしまったため、気功きこう練習れんしゅうすると、いつもなにもかもからなくなるまで自分じぶんしゅ意識いしきゆるめ、身体からだひとあずけてしまい、副意識ふくいしきあるいはほかからの信息しんそく身体からだ牛耳ぎゅうじられてしまって、錯乱さくらん状態じょうたいおちいり、わけのからない行動こうどうをします。「ビルからりろ」とわれれば、りるし、「みずめ」とわれれば、んでしまうのです。きつづける意志いしがないかのように、自分じぶん身体からだまでひとあずけてしまいます。それは走火入魔そうかにゅうまではなく、練功れんこうにおいてあやまって邪道じゃどうはいってしまったのであり、最初さいしょから意識いしきてきにそうしたからそうなったのです。おおくのひとは、煉功れんこうとは身体からだをふわふわさせることぐらいに勘違かんちがいしていますが、本当ほんとうのところ、そんな状態じょうたい本当ほんとう煉功れんこうしたら、深刻しんこく結果けっかまねいてしまいます。それは煉功れんこうではなく、常人じょうじん執着心しゅうちゃくしんもとめるこころがもたらしたものです。
 もうひとつの状態じょうたいは、煉功れんこうするときがどこかでふさがってまったり、あたまのてっぺんにとどまってしまったりすると、ひとこわくなってしまいます。人間にんげん身体からだひとつの小宇宙しょううちゅうですので、とく道家どうけ功法こうほうでは、かん通過つうかするときに、そういう厄介やっかいなことがこるものです。うまく通過つうかできなければ、がそこにとどまってしまいます。あたまのてっぺんだけではなく、ほか場所ばしょでもおなじようにこりますが、もっと敏感びんかん場所ばしょあたまのてっぺんです。あたまのてっぺんまでがってきたが、りようとしてもかん通過つうかできないときは、あたまおもかんじられたり、れそうにかんじたり、まるであつ帽子ぼうしでもかぶっているかのようなかんじがしたりするのです。しかし、というものはなん制約せいやくりょくもなく、ひと面倒めんどうなことをもたらすはずがないので、病気びょうきなどをこすことはありえません。気功きこう真相しんそうらないものが、神秘しんぴめかしてでたらめにしゃべったため、たいへんな混乱こんらんまねいてしまいました。あたまのてっぺんにとどまり、りられなければ、走火入魔そうかにゅうまおちいるのではないか、おかしくなるのではないかとおもい、その結果けっかおおくのひと恐怖きょうふおぼえてしまっています。
 あたまのてっぺんにのぼってりないのは、一定いってい期間きかん状態じょうたいぎません。なかにはながあいだ半年はんとしってもりないひともいますが、そんなとき本物ほんものこうたのめば、ろしてもらえるものです。とすれば、煉功れんこうときかん通過つうかできずろせない場合ばあい、いまの次元じげんにとどまりすぎているのではないか、もっと心性しんせい向上こうじょうさせるべきではないか、と心性しんせいから原因げんいんさがすべきです! 心性しんせい本当ほんとう向上こうじょうすれば、自然しぜんりてくるはずです。あなたはこう変化へんかにばかり夢中むちゅうになって、心性しんせい変化へんかおもんじないかもれませんが、心性しんせい向上こうじょうがなければ、全体ぜんたいてき変化へんかはありえません。本当ほんとう身体からだのどこかにまっていても、たいしたことはなにこりません。たいていの場合ばあいは、自分じぶんにしているせいで、あるいはまた、あたまのてっぺんにふさがっていれば、おかしくなるとかにせこうはなししんじるから、こわくなってしまうのです。しかし、こわいとおもうこと自体じたいが、本当ほんとう面倒めんどうなことをまねいてしまうかもれません。なぜかといますと、こわくなれば恐怖心きょうふしんまれますが、それはほかでもない執着心しゅうちゃくしんではないでしょうか? 執着心しゅうちゃくしんあらわれれば、それをのぞかなければならないのではないでしょうか? こわくなればなるほど、本当ほんとう病気びょうきにかかったようながしますが、そのこころこそのぞかなければならないものです。そこから教訓きょうくんまなぶことによって、あなたは恐怖心きょうふしん根絶こんぜつし、たかまってくるのです。
 煉功者れんこうしゃはこれからの修煉しゅうれんにおいても、けっしてらくではありません。おおくのこう身体からだあらわれてきますが、いずれも強烈きょうれつなもので、しかも身体からだなかうごまわりますので、あれこれ具合ぐあいわるいとかんじるかもれません。具合ぐあいわるいとかんじるのは、つね病気びょうきにかかるのをおそれているせいです。本当ほんとうのところは、身体からだなかにそれほど強烈きょうれつなものまであらわれてきたのであって、あらわれたものはみなこうや、功能こうのうばかりで、さらにおおくの生命体せいめいたいもあります。それらのものがうごすと、身体からだかゆくなったり、いたくなったり、つらかんじたりするのです。そのうえ末梢まっしょう神経しんけい感覚かんかく敏感びんかんで、いろいろな状態じょうたいあらわれてきます。身体からだこうエネルギー物質ぶっしつによってえられるまでは、ずっとそういう状態じょうたいつづきますが、それはもともといことです。しかし、修煉者しゅうれんしゃでありながら、いつまでも自分じぶん常人じょうじんなし、いつも病気びょうきではないかとになっているようでは、どうやって修煉しゅうれんできるのでしょうか? 煉功れんこうなか劫難ごうなんがやってきたのに、相変あいかわらず自分じぶん常人じょうじんなしているようでは、その時点じてん心性しんせい常人じょうじんちたとえます。すくなくともこの問題もんだいかんしては、常人じょうじん次元じげんちてしまったのです。
 しん煉功者れんこうしゃとしては、たか次元じげんって物事ものごとかんがえなければならず、常人じょうじんかんがかた物事ものごとかんがえてはいけません。病気びょうきだとおもえば、本当ほんとう病気びょうきまねいてしまうかもれません。なぜなら、病気びょうきだとおもったとき、あなたの心性しんせい常人じょうじんおなたかさになったからです。煉功れんこう本当ほんとう修煉しゅうれん場合ばあいとく先程さきほどべた状態じょうたいでは、病気びょうきいたることはありません。みなさんもごぞんじのように、本当ほんとう病気びょうきになったときでも、七分しちぶ精神せいしんてき要素ようそによるもので、三分さんぶ病気びょうきです。たいていの場合ばあいは、精神せいしんてきさきまいって、重圧じゅうあつ背負せおってしまうために、病状びょうじょう急激きゅうげき悪化あっかしてしまうのです。こういうことはよくあります。れいひとげましょう。むかし、あるひとがベッドにしばけられて、うでげられ、ながしてやるとおどかされました。それからかれ目隠めかくしをして、うでにちょっときずをつけて(実際じっさい全然ぜんぜんていない)、そして蛇口じゃぐちをひねり、みずしたたおとかせますが、本人ほんにんは、自分じぶんながれているように錯覚さっかくし、しばらくするとんでしまいました。本当ほんとうは、などながしておらず、水道すいどうみずながしただけですが、精神せいしんてき原因げんいんがそのひとなせたのです。ですから、あなたがいつも病気びょうきのことをにしていれば、本当ほんとう病気びょうきまねいてしまうかもれません。なぜなら心性しんせい常人じょうじん次元じげんちてしまったからで、常人じょうじんなら、病気びょうきになるのは当然とうぜんのことです。
 煉功者れんこうしゃとしてあなたがいつも病気びょうきのことがあたまからはなれなければ、それは、もとめること、病気びょうきもとめることにほかならず、そうなると病気びょうき本当ほんとう身体からだなか侵入しんにゅうしてきます。煉功者れんこうしゃとしては心性しんせいたかくなければなりません。いつも病気びょうきではないかとおびえる必要ひつようはありません。病気びょうきおそれるのも執着心しゅうちゃくしんで、おなじように修煉者しゅうれんしゃ面倒めんどうなことをもたらします。修煉しゅうれんにおいては、ごう消去しょうきょしなければなりません。ごう消去しょうきょするには苦痛くつうともないますので、心地ここちよくこうびることはありえません! さもなければ、修煉者しゅうれんしゃ執着心しゅうちゃくしんをどうやってのぞけるでしょうか? 佛教ぶっきょう物語ものがたりひとつおはなししましょう。むかし、あるひと一生懸命いっしょうけんめい修煉しゅうれんして、やっと羅漢らかんになれるところまで成就じょうじゅしました。もうすぐ正果しょうかて、羅漢らかんになれるのだとおもうと、これをよろこばずにいられるでしょうか? やっと三界さんがいからけられるのです! しかし、よろこぶこともまた執着心しゅうちゃくしんで、歓喜心かんきしんなのです。羅漢らかん無為むいであるべきで、こころどうじてはいけません。結局けっきょくそのひとちてしまい、それまでの修煉しゅうれん無駄むだになってしまいました。無駄むだになったからやりなおすしかないので、ひとから修煉しゅうれんなおし、ずいぶん苦労くろうをして、またがってきました。ところがそのひとは、今度こんどこころなかで「よろこんではいけない。よろこぶとまたちてしまうから」とって、おびえました。おびえた途端とたん、またちてしまったのです。おびえるのも執着心しゅうちゃくしんひとつです。
 それから、精神病せいしんびょうにかかったひとのことも、よく走火入魔そうかにゅうまだといます。わたしに精神病せいしんびょうなおしてほしいと期待きたいしているひとがいます! わたしにわせれば、精神病せいしんびょう病気びょうきではありません。それに、わたしにはそんなことをするひまもありません。どうしてでしょうか? 精神病せいしんびょう患者かんじゃには病毒びょうどくがなく、身体からだ病変びょうへんこっているわけでもなく、潰瘍かいようもありません。わたしにわせれば、それは病気びょうきではないのです。精神病せいしんびょうとは、ひとしゅ意識いしきよわすぎることです。どれほどよわいのでしょうか? 自分じぶん自身じしん制御せいぎょできないひとがいますが、精神病せいしんびょう患者かんじゃ主元神しゅげんしんがほかでもないその状態じょうたいにあるのです。自分じぶん身体からだ制御せいぎょする意志いしすらなく、いつももうろうとしていて、元気げんきません。そうなると、副意識ふくいしき空間くうかんからの信息しんそくがすぐ邪魔じゃまはいろうとします。かく空間くうかんにはさまざまな次元じげんがあり、さまざまな信息しんそく主元神しゅげんしん邪魔じゃまをしようとします。まして、主元神しゅげんしん前世ぜんせわるいことをしているかもれないような場合ばあいには、債権さいけんしゃかれいのちをねらいにることもあります。どんなことでもこりうるのです。精神病せいしんびょうとはこのようなことです。どうやったらなおしてあげられるでしょうか? わたしにわせれば、本当ほんとう精神病せいしんびょうはこのようにしてしょうじるのです。それでは、どうしたらよいでしょうか? 元気げんきすようにとかせるのもひとつですが、それは非常ひじょうむずかしいことです。精神病せいしんびょういん医師いし電気でんきぼうにして、ちょっとってせただけで、患者かんじゃこわくなり、でたらめを一言ひとことわなくなります。それはどういうわけかといますと、そのとき感電かんでんおそれている主元神しゅげんしん元気げんきもどしたからです。
 修煉しゅうれんもんはいったひとおおくは、よろこんで修煉しゅうれんつづけていこうとするものです。佛性ぶっしょうだれもがっているし、修道しゅうどうする気持きもちもだれにでもあります。ですから、いったんこうまなんだら、一生いっしょう修煉しゅうれんつづけるひとおおいのです。たか次元じげん修煉しゅうれんできるかどうか、ほうられるかどうかはべつにして、とにかく求道きゅうどう気持きもちがあって、修煉しゅうれんしようとするのです。まわりのひとかれ練功れんこうしていることをっており、職場しょくばひとたちも、町内ちょうないひとたちも、となり近所きんじょひとたちもみなっています。ところが、かんがえてみてください。数年すうねんまえまでは、だれしん修煉しゅうれんをしていたでしょうか? だれもしていませんでした。本当ほんとう修煉しゅうれんして、はじめて人生じんせいみちわります。ただの常人じょうじんで、たん病気びょうき治療ちりょう健康けんこう保持ほじ目的もくてき練功れんこうしただけなら、だれかれ人生じんせいみちえてくれますか? 常人じょうじんであれば、そのひとがいつ病気びょうきになり、いつ面倒めんどうことまれ、いつ精神病せいしんびょうにかかり、あるいはんでしまうかは、みなさだめられています。常人じょうじん一生いっしょうはそんなものです。ひとによっては、はたには公園こうえん練功れんこうしているようにえても、実際じっさいのところは本当ほんとう修煉しゅうれんしているとはかぎりません。たか次元じげんをめざして修煉しゅうれんしようとおもっても、正法しょうぼうられなければ無理むりなことです。ただたんたか次元じげんをめざして修煉しゅうれんしようという気持きもちがあるだけなら、まだひく次元じげん病気びょうき治療ちりょう健康けんこう保持ほじをやっているだけの練功者れんこうしゃぎません。こういうひと人生じんせいみちえてあげようとするものなどだれもいないので、病気びょうきになるのは当然とうぜんのことです。またとくおもんじなければ、病気びょうきなおりません。ただ練功れんこうしているからといって、どんな病気びょうきにもかからないなどというわけではありません。
 ひと本当ほんとう修煉しゅうれんをし、心性しんせいおもんじ、しん修煉しゅうれんして、はじめて病気びょうきのぞくことができるのです。煉功れんこう体操たいそうちがって、常人じょうじんのものをえているので、もっとたか次元じげん基準きじゅんって煉功者れんこうしゃりっしなければなりません。そこまで実行じっこうできてはじめて目標もくひょう到達とうたつすることができます。しかし、おおくのひとはそのことさえ実行じっこうしておらず、依然いぜん常人じょうじんにとどまっているので、病気びょうきになるべきときになればけられません。ある突然とつぜん脳血栓のうけっせんたおれたり、あれこれの病気びょうきにかかったり、あるいはきゅう精神病せいしんびょうになるかもれません。まわりのひとはみなそのひと練功れんこうをやっていることをっているので、精神病せいしんびょうにでもなろうものなら、練功れんこうなどやったから走火入魔そうかにゅうまになったとすぐ非難ひなんされ、レッテルをられてしまいます。よくかんがえてみてください。そういうやりかたただしいのでしょうか? 部外ぶがいしゃはもちろんのこと、われわれの内部ないぶものおおくの煉功者れんこうしゃでさえも、その本当ほんとうのわけをほとんどらないのです。もし、そのひと自分じぶんいえ精神病せいしんびょうにかかったらまだしもですが、それでもまわりのひとは、練功れんこうをやったのでこうなったのだ、とめつけるでしょう。もし、そのひとがたまたま練功場れんこうば精神病せいしんびょうになったりしたら、それは大変たいへんなことになります。すぐにレッテルをられてしまい、がそうとおもってもがせないでしょう。練功れんこうをやって走火入魔そうかにゅうまになったと、新聞しんぶんにもせられてしまいます。一部いちぶひと事実じじつ無視むしして、気功きこう批判ひはんしています。「ほら、さっきまで元気げんき練功れんこうをやっていたのに、あっというにこうなってしまった」とうのです。常人じょうじんとしては、こるべきことはかならこります。ほか病気びょうきにかかったり、面倒めんどうなことにったりするかもれません。それらのことも一律いちりつ練功れんこうのせいにするのは、理不尽りふじんではありませんか? 医者いしゃになったからといって、一生いっしょう病気びょうきにかかることはない、などのようなかたをしています。物事ものごとをそんなふうにかんがえていいのですか? 
 このように、おおくのひと気功きこう真相しんそうも、そのなからないのに、でたらめをっています。そして、いちなに問題もんだいこれば、あらゆるレッテルを気功きこうろうとします。気功きこう社会しゃかい普及ふきゅうしてからまだあさいのですが、おおくのひと固定こてい観念かんねんにしがみつき、どうしてもそれをみとめようとせず、気功きこう中傷ちゅうしょうしたり、排斥はいせきしようとしたりしています。どういう心理しんり状態じょうたいなのかりませんが、気功きこうのことを毛嫌けぎらいして、まるで気功きこうがそのひとにとってなに不都合ふつごうでもあるかのように、気功きこうといえばすぐ唯心ゆいしんてきだとめつけたりします。気功きこう科学かがく、もっとたかいレベルの科学かがくです。固定こてい観念かんねんにとらわれた、視野しやせまひとたちに、それがからないだけです。
 そのほかにもうひとつ、修煉界しゅうれんかいで「気功きこうたい」と現象げんしょうがあります。気功きこうたいひと精神せいしんがもうろうとしていますが、走火入魔そうかにゅうまではなく、非常ひじょう理性りせいてきです。まず気功きこうたいとはなにかについて説明せつめいしましょう。みなさんごぞんじのように、煉功れんこうには、根基こんきのことがわれます。世界せかいのどのくににも宗教しゅうきょう信仰しんこうするひとがいて、中国ちゅうごくには何千年なんぜんねんあいだずっと佛教ぶっきょう道教どうきょう信仰しんこうがあり、ぜんにはぜんむくいがあり、あくにはあくむくいがあるとしんじられています。もちろん、しんじないひともいます。とくに「文化ぶんかだい革命かくめい」のあいだ、それらのものはすべて迷信めいしんだとって批判ひはんされていました。一部いちぶひとは、自分じぶん理解りかいできないもの、ほんならったことのないもの、現代げんだい科学かがく解明かいめいされていないもの、あるいはまだ認識にんしきされていないものを、一様いちよう迷信めいしんだとめつけてしまいます。このようなひと数年すうねんまえまで非常ひじょうおおかったのですが、いまではわりにすくなくなっています。そのひとたちがみとめようとみとめまいと、一部いちぶ現象げんしょうがすでにわれわれのこの空間くうかんまぎれもなくあらわれているからです。えて直視ちょくししようとしないひとがいても、それはすでにおおくの人々ひとびとによってあきらかにされており、人々ひとびとはいろいろといたりたりして、煉功れんこうについての様子ようす多少たしょうかるようになりました。
 気功きこうくと、すぐ内心ないしん嘲笑ちょうしょうし、迷信めいしんだ、馬鹿ばかげているとおもうような、かたくななひとがいます。あなたが気功きこうのさまざまな現象げんしょうかせると、あなたのことを、なんておろかなものだとさげすむのです。このようなひとはもとより頑固がんこですが、根基こんきくないとはかぎりません。根基こんきければ、煉功れんこうしようとおもつと、天目てんもくたか次元じげんまでひらき、功能こうのうつようになるかもれません。かれ気功きこうしんじませんが、病気びょうきにならないという保証ほしょうはどこにもありません。病気びょうきにかかったら、かれ病院びょういんくでしょう。西洋せいよう医学いがくなおらなければ、漢方かんぽうきます。漢方かんぽうでも駄目だめで、民間みんかん秘伝ひでん治療ちりょうほうためしつくしたあげく、最後さいごにふと気功きこうおもすかもれません。運試うんだめしにいち気功きこう世話せわになってみようとおもって、いやいやながらやってきます。根基こんきがかなりいので、気功きこうはじめたらすみやかに向上こうじょうします。そこで、どこかのがこのひとのことがり、べつ空間くうかんにいるたか次元じげん生命体せいめいたいがちょっとしてくれます。するとそのひとただちに天目てんもくひらき、あるいはなかさとりの状態じょうたいたっするかもれません。天目てんもくたか次元じげんまでひらき、きゅう宇宙うちゅう一部いちぶ真相しんそうえるようになり、功能こうのうまでつようになります。そういうことをてしまって、そのひとあたまがそれをれられるとおもいますか? そのひとはどんな心理しんり状態じょうたいおちいるとおもいますか? これまで迷信めいしんだ、絶対ぜったい不可能ふかのうだとおもっていたこと、ひとくちにするだけで馬鹿ばかにしていたことが、いままぎれもなくまえあらわれており、まぎれもなく体験たいけんしてしまいました。そこで、あたまれず、精神せいしんてきなストレスが過度かどおおきくなり、自分じぶんうこともひとかってもらえなくなります。思考しこう論理性ろんりせいうしなわれていませんが、ただ両方りょうほう関係かんけいただしく対処たいしょできないだけです。かれ人類じんるいのやっていることが間違まちがっており、あちらでのやりかたがたいていただしいということにづきました。かといって、あちらのしたがって行動こうどうすれば、まわりのひとから間違まちがっているとわれます。人々ひとびと理解りかいできないので、かれのことを練功れんこうをやっているがために走火入魔そうかにゅうまになったとけるのです。
 じつ走火入魔そうかにゅうまなどではありません。われわれのほとんどのひとには、煉功れんこうするときにこういう現象げんしょうあらわれません。一部いちぶかたくななひとにしか、このような気功きこうたいあらわれません。ここにいるみなさんのなかに、天目てんもくひらいたひと大勢おおぜいいますが、べつ空間くうかんのものが確実かくじつえても、まったくおどろくことがなく、素晴すばらしいとおもっており、大脳だいのうもショックなどをけたりせず、気功きこうたいあらわれることもありません。気功きこうたいあらわれた場合ばあいひとはきわめて理性的りせいてきで、うことは哲理てつりみ、論理性ろんりせいがあります。しかし、かれうことはなかなか常人じょうじんしんじてもらえません。かれ突如とつじょとして、くなっただれそれにったとか、そのひとかれなにったとか、いますが、常人じょうじんにそんなはなししんじられますか? そのうちかれも、そんなことはこころなかにしまっておくべきで、しゃべってはいけないとかるようになります。こうして両方りょうほう関係かんけいをうまく対処たいしょできるようになれば、くなります。たいていの場合ばあい、このようなひとには功能こうのうともなっていますが、これも走火入魔そうかにゅうまではありません。
 ほかに「真瘋しんぷう」というのもありますが、めったにられないことです。ここでう「真瘋しんぷう」の「しん」は、しんくるった意味いみでのしんではなく、「しんおさめる」ための「しん」という意味いみです。さて、どのように「真瘋しんぷう」するのでしょうか? 実際じっさい修煉者しゅうれんしゃなか十万人じゅうまんにん一人ひとりいるかいないかなので、きわめてめずらしいことです。ですから普遍ふへんせいがなく、社会しゃかいてき影響えいきょうもありません。
 「真瘋しんぷう」には普通ふつう前提ぜんてい条件じょうけんひとつあります。それは根基こんきがきわめてく、しかもかなりとしったひとでなければならないということです。としっていると、修煉しゅうれんしようとおもっても、もういません。根基こんきのきわめてひとは、おおくの場合ばあいなにかの使命しめいってたか次元じげんからやってきたものです。この常人じょうじん社会しゃかいにやってくることはだれもがこわがります。一度いちどあたま白紙はくし状態じょうたいにされると、なにもかもからなくなります。常人じょうじん社会しゃかい環境かんきょうれば、まわりからの影響えいきょうで、名誉めいよ利益りえきおもんじるようになり、しまいにはどんどんちてき、永遠えいえんもどってけなくなります。ですから、だれもがこわがって、勇気ゆうきがないのです。しかし、やってきたものがいます。てから常人じょうじんなか本当ほんとう駄目だめになりました。一生いっしょうあいだすくなからぬわるいことをしたため、本当ほんとうしたちてしまいそうになりました。ひときているあいだに、個人こじん利益りえきのためにあらそえば、おおくのわるいことをし、たくさんのりをつくることになります。それでちてしまいそうになりますが、しかし、かれ果位かいっているものなので、はそうさせるわけにはいきません! どうすればよいのでしょうか? あせりますが、かれ修煉しゅうれんさせる方法ほうほうつかりません。あのような時勢じせいでは、どこにさがしにけばよいのでしょうか? そのひともともどるために修煉しゅうれんしなければなりません。しかしそれはそんなに容易よういなことでしょうか? それにとしもとっていますので、いまさら修煉しゅうれんしようとしてもいません。しかもどこに性命せいめい双修そうしゅう功法こうほうがあるのでしょうか? 
 本人ほんにん根基こんきがきわめてく、しかもそのようなきわめて特殊とくしゅ状況じょうきょうのもとではじめて方法ほうほうですが、そのひと瘋癲ふうてんにするのです。つまり、本人ほんにんちからではもう絶対ぜったいもともどれない、のぞみがなくなった状況じょうきょうのもとでは、かれあたま機能きのう一部いちぶ閉鎖へいさしてしまい、かれ瘋癲ふうてんにするという方法ほうほうるのです。たとえば、人間にんげんさむさによわく、きたないものをきらいますが、のう機能きのうなかさむさをかんじとる部分ぶぶんや、きたないものを識別しきべつする部分ぶぶん停止ていしさせてしまいます。このように一部いちぶ機能きのう停止ていしさせると、そのひと精神せいしん異常いじょうられ、本当ほんとう瘋癲ふうてんになります。しかし、おおくの場合ばあい、このようなひとわるいことをしません。ひとののしったりなぐったりすることをしないばかりでなく、かえっていことをしたりします。しかし、自分じぶんにはむごいことをします。さむさをかんじないため、ふゆでも裸足すあしゆきなかはしったりします。単衣ひとえをまとい、れたあしおおきな傷口きずぐちからながているのに平然へいぜんとしています。また、きたないということをらないため、平気へいき便べんべ、尿にょうみます。以前いぜんこういうひと一人ひとりっていましたが、カチカチにこおった馬糞ばふんをも美味おいしそうにべ、常人じょうじんめた状態じょうたいではえられないようなくるしみをめていました。かんがえてみてください。くるってしまうと、どれだけつら体験たいけんをするのでしょう。当然とうぜんのことですが、そのようなひとは、たいてい功能こうのうっており、普通ふつう年配ねんぱい女性じょせいおおられます。むかし年配ねんぱい女性じょせいおおくが纏足てんそくをしていましたが、にもかかわらずたかメートルもあるへい一飛ひとっとびでえてしまいます。家族かぞくひとは、くるった彼女かのじょはしまわられたらこまると部屋へやかぎをかけますが、家族かぞくひとがいなくなると、彼女かのじょじょうゆびさすだけではずし、またもやそとします。今度こんどは、くさりしばりつけますが、家族かぞくひとがいなくなった途端とたん彼女かのじょがちょっと身体からだすると、くさりもはずれてしまいます。めようとしてもめられないので、彼女かのじょはさまざまなつら体験たいけんをします。がたくるしみをめつくし、しかも猛烈もうれついきおいでそれをやっていますので、彼女かのじょはそれまでのりをあっという返済へんさいしてしまいます。ながくてさんねん普通ふつういちねんわりますが、そのくるしみというのはたいへんなものです。それがぎれば、めてきますが、彼女かのじょ修煉しゅうれんもそれで終了しゅうりょうしたので、すぐにこうひらき、さまざまな神通力じんつうりきあらわれてきます。これはきわめて、きわめてまれなことで、むかしたしかにありましたが、ありふれた根基こんきぬしにはそんなことをさせられません。みなさんもごぞんじのように、のふれた坊主ぼうずがふれた道士どうしむかしたしかにいましたし、そういうはなしは、むかし書物しょもつにもられます。たとえば、のふれた坊主ぼうずほうき秦檜しんかいはら物語ものがたりがふれた道士どうしはなしなど、そういう伝説でんせつがたくさんのこっています。
 われわれにわせると、走火入魔そうかにゅうまは、まったくありえないことです。もし、だれかが本当ほんとうに「はしらせる」ことができれば、それはたいしたものです。くちひらけばし、うごかせばし、タバコをおうとおもえば、ゆびをつけることができます。わたしにわせれば、それは功能こうのうなのです! 
 

 煉功れんこうしてまね


 煉功れんこうしてまねくとはどういうことでしょうか? それはつまり煉功れんこうするときに、よく妨害ぼうがいされるということです。煉功れんこうするのに、なぜまねくことがあるのでしょうか? 人間にんげん修煉しゅうれんじつむずかしいもので、本当ほんとう修煉しゅうれんは、わたしの法身ほうしんまもりがなければ、とてもできないことです。外出がいしゅつすると、もしかしていのちにかかわることにうかもれません。人間にんげん元神げんしん不滅ふめつなのですから、あなたは前世ぜんせ社会しゃかい活動かつどうだれかにりがあったり、だれかをいじめたり、なにわるいことをしたりしていたかもれないため、とう相手あいてがあなたに返済へんさいもとめてくることになります。佛教ぶっきょうでは、人間にんげんきていることはなく連続れんぞくするごうむくいをけていることにほかならないとっています。つまり、ひとりが出来できたら、返済へんさいもとめられますが、かえしすぎたら、今度こんど相手あいてがあなたにかえします。親不孝おやふこうをすれば、やがては立場たちば逆転ぎゃくてんされます。このように、ごうはぐるぐるめぐります。ところが、われわれはたしかに、煉功れんこう妨害ぼうがいしているがいるのをています。これにはみな因縁いんねん関係かんけいひそんでいるのであり、理由りゆうもなく妨害ぼうがいすることがゆるされるはずはありません。
 煉功れんこうしてまねかたちもっともよくられるのは、つぎのような場合ばあいです。煉功れんこうしないときには、まわりの環境かんきょうもわりとしずかです。こうまなんだらどうしてもやりたくなるものです。しかしそこで坐禅ざぜんはじめると、きゅうそと騒々そうぞうしくなってきます。くるまのクラクションがり、廊下ろうかからは足音あしおと、しゃべるこえ、ドアをバタンとめるおと、それからそとでラジオもはじめ、こうしてしずけさが突然とつぜんやぶられてしまいます。このように、煉功れんこうしないあいだは、まわりの環境かんきょうもいいのですが、煉功れんこうはじめると、ただちにそんな有様ありさまになります。おおくのひとは、そのわけをふかかんがえずに、ただ不思議ふしぎおもい、煉功れんこうできないのをくやしくおもいます。その「不思議ふしぎ」というおもいにはばまれますが、じつはそれが妨害ぼうがいにほかならず、あなたを邪魔じゃまするようにひと指図さしずしているのです。これはもっと単純たんじゅんかたちで、修煉しゅうれんさせないことが目的もくてきです。あなたは煉功れんこうして得道とくどうし、おおくのりをたおすつもりですか? はそれでは承知しょうちしません。だから修煉しゅうれんさせるはずがありません。しかし、これもある次元じげんでの出来事できごとぎず、ある時期じきぎれば、こういう現象げんしょう存在そんざいゆるされなくなります。つまりその債務さいむ返済へんさいえれば、それ以上いじょう邪魔じゃまゆるされないということです。なぜならわれわれ法輪大法ファルンダーファ修煉しゅうれんは、向上こうじょうはやく、次元じげん突破とっぱはやいからです。
 妨害ぼうがいにはもうひとつのかたちがあります。みなさんもごぞんじのように、煉功れんこうすれば、天目てんもくひらきます。天目てんもくひらいてからいえ煉功れんこうすると、おそろしい光景こうけいこわかおえるひとがいます。なかには、ながかみみだしているものもあれば、あなたと決闘けっとうしようとするのもあり、あれこれへんなことをしてくるものすらあり、大変たいへんおそろしいものです。ときには、煉功れんこうをしていてづいてみたら、まどそとにそういうものがいっぱいはらばいになっていることがあり、とてもこわいものです。どうしてこういうことがきるのでしょうか? それらはすべて妨害ぼうがいするかたちです。しかし、われわれ法輪大法ファルンダーファ法門ほうもんではこんなことはめったにられません。せいぜい百人ひゃくにん一人ひとりぐらいで、ほとんどのひとはこのようなことにうことはありません。われわれの煉功れんこうにプラスにならないので、こういうかたちでの妨害ぼうがいゆるさないのです。一般いっぱん功法こうほうによる修煉しゅうれん場合ばあい、こういうことはもっともよくられ、しかもかなりながいことつづきます。それが原因げんいんで、恐怖きょうふのあまり、なかなか煉功れんこうできないひともいます。よる煉功れんこう普通ふつうしずかなところえらびますが、まえにだしぬけに人間にんげんとも幽霊ゆうれいともつかぬ得体えたいれないものがあらわれてくるので、こわくなって、修煉しゅうれんをやめてしまいます。われわれ法輪大法ファルンダーファなか普通ふつうそんなことはないのですが、一部いちぶひと非常ひじょう特殊とくしゅ事情じじょうがあるので、ごくまれ例外れいがいもあります。
 もうひとつ、内外兼修ないがいけんしゅう功法こうほう場合ばあい、つまり武術ぶじゅつをやると同時どうじに、内面ないめんおさめますが、このような功法こうほう道家どうけおおられます。このしゅ功法こうほうまなぶと、よくあるしゅいます。普通ふつう功法こうほうではうことがなく、内外兼修ないがいけんしゅう功法こうほう武術ぶじゅつをやる功法こうほうかぎって遭遇そうぐうすることがあります。それはひと武術ぶじゅつ試合しあいいどまれることです。世界中せかいじゅう修道者しゅうどうしゃ大勢おおぜいいて、武術ぶじゅつをやり、内外ないがい兼修けんしゅうをやっているひとすくなくありません。武術ぶじゅつをやるひとこうびることがあります。なぜでしょうか? かれらがこころたとえば名誉めいよ利益りえきなどをもとめるこころれば、こうびることがあります。しかし、かれらの場合ばあい闘争心とうそうしんがなかなかてられず、ながつづけますので、こんなことが時々ときどききるのです。一定いってい次元じげんたっしても、まだきることがあります。坐禅ざぜんをして恍惚こうこつとした状態じょうたいはいると、だれそれが煉功れんこうしているとかるので、げんしん身体からだはなれて、そのひとのところへって武術ぶじゅつ試合しあいいどみ、きそい、たたかうのです。空間くうかんにもこんなことがき、やはりたたかいをもとめ、なぐいをいどんでくるひとがいます。それにおうじなければ、ころされるので、はげしくたたかうのです。ようとおもうと、試合しあいいどんできますので、一晩中ひとばんじゅうやすむことができません。じつは、そのときこそかれ闘争心とうそうしんのぞときで、それをてないかぎり、ずっとこんな状態じょうたいつづき、なんねんってもその次元じげんからせません。とうとう煉功れんこうもできなくなり、この物理ぶつりてき身体からだえられなくなります。精力せいりょく消耗しょうもうがあまりにもおおきいので、下手へたをすると廃人はいじんになるかもれません。内外兼修ないがいけんしゅう功法こうほうでは、こういう情況じょうきょう遭遇そうぐうすることがあり、しかもかなり普遍ふへんてきられます。われわれの内修功法ないしゅうこうほうには、このような情況じょうきょうはなく、あらわれるのをゆるしません。以上いじょうはなししたいくつかのかたちはいずれもよくられるものです。
 もうひとつの、妨害ぼうがいするかたちは、だれでもうもので、われわれの法門ほうもんにおいてもおなじくだれでもうことがあります。それはつまり色魔しきまうことです。これは非常ひじょう重大じゅうだいなことです。常人じょうじん社会しゃかいでは、夫婦ふうふ生活せいかつがあり、それがあってはじめて人類じんるい社会しゃかい子孫しそんのこすことができます。人類じんるいはそうして発展はってんしてきましたし、人類じんるい社会しゃかいには、じょうというものがありますので、そういうことは常人じょうじんにとって至極しごく当然とうぜんのことです。なぜなら、人間にんげんにはじょうがあります。おこることも、よろこぶことも、あいすることも、うらむことも、よろこんでなにかをするのも、いやでしたくないのも、あるひとについてこう印象いんしょうをもち、あく印象いんしょうをもつのも、なにかをやりたいとおもい、やりたくないとおもうのも、すべてがじょうによるもので、常人じょうじんとはじょうのためにきているものです。しかし、煉功者れんこうしゃとして、超常的ちょうじょうてき人間にんげんとしては、そのはかるわけにはいかず、そこからさなければなりません。したがって、じょうから派生はせいした数々かずかず執着心しゅうちゃくしんに、われわれは淡泊たんぱくであるべきで、最後さいごには完全かんぜんにそれをてなければなりません。よくいろもみな人間にんげん執着心しゅうちゃくしんで、それらはみなのぞかなければなりません。
 われわれの法門ほうもんでは、常人じょうじんなか修煉しゅうれんするひとたいして、和尚おしょう尼僧にそうになるように要求ようきゅうしているわけではなく、若者わかものたちはこれからやはり所帯しょたいたなければなりません。それでは、どうやってこの問題もんだい対処たいしょしたらよいのでしょうか? まえにおはなししたように、われわれの法門ほうもん人心じんしんぐにすもので、物質ぶっしつ利益りえきめんであなたに本当ほんとうなにかをうしなわせようとするのではありません。まったくぎゃくに、常人じょうじん物質ぶっしつ利益りえきのただなかで、あなたの心性しんせいみがき、ほかでもないあなたの心性しんせい本当ほんとう向上こうじょうさせようとするのです。そのこころさえることができれば、なにもかも放棄ほうきできますので、物質ぶっしつてき利益りえきてろとわれれば、当然とうぜんてられます。そのこころることができなければ、なにてられません。修煉しゅうれん本当ほんとう目的もくてきは、そのこころ修煉しゅうれんすることです。寺院じいん修煉しゅうれんする場合ばあい強制きょうせいてきにそれらのものを放棄ほうきさせるのも、そのこころのぞくためです。完全かんぜんり、かんがえないように強制きょうせいするのは、寺院じいんのやりかたです。しかし、われわれはそのような修煉しゅうれんほうらずに、物質ぶっしつてき利益りえきまえにして、淡々たんたんとしていられるよう要求ようきゅうしますので、われわれの法門ほうもん修煉しゅうれんしてたものはもっともしっかりしています。みんな和尚おしょう尼僧にそうになれとっているわけではありません。われわれは常人じょうじんなか修煉しゅうれんしているので、将来しょうらいわれわれの功法こうほうはますますひろがっていきますが、もし、法輪大法ファルンダーファ修煉しゅうれんするものだれもが出家しゅっけしていない和尚おしょうになる、みんなこうなってしまうようではいけません。われわれの煉功れんこうでは、つぎのように要求ようきゅうしています。あなたが煉功れんこうしていても、あなたの配偶はいぐうしゃ煉功れんこうしていないという場合ばあい煉功れんこう原因げんいん離婚りこんしてしまってはいけません。つまり常人じょうじんがそのことを大事だいじているのとちがって、われわれはそのことに恬淡てんたんとしていればよいのです。とくに、いまなかではせい解放かいほうなどがとなえられ、ポルノが人間にんげんわる影響えいきょうあたえています。それを大事だいじおもっているひともいますが、われわれは煉功者れんこうしゃとしてそれにたいして淡泊たんぱくでなければなりません。
 たか次元じげんかられば、常人じょうじん社会しゃかいなかで、まるでどろんこあそびをしているようなもので、きたなさもらずに地面じめんどろまみれにあそんでいるのです。あなたはそのことで家庭かていこわしてはいけませんので、いま段階だんかいではそれに淡泊たんぱくでいて、正常せいじょうむつまじい夫婦ふうふ生活せいかつたもっていればよいのです。将来しょうらい一定いってい次元じげんたっしたら、その次元じげんでの状態じょうたいがありますが、いまはこういう状態じょうたいですので、あなたにこういうふうにするよう要求ようきゅうします。ただし、いま社会しゃかいられるようなあんな状態じょうたいになってはいけません。それはとんでもないことです! 
 このなかにはもうひとつの問題もんだいがあります。ごぞんじのように、煉功者れんこうしゃ身体からだはエネルギーをっています。いまここにいるはちわりきゅうわりひと講習会こうしゅうかいからかえりますと、病気びょうきなおるばかりでなく、こうつようになります。ですからあなたの身体からだつよいエネルギーをつようになるのです。しかしあなたの所持しょじするこうは、あなたのいま心性しんせい正比例せいひれいをなすものではありません。きゅうってあげましたので、あなたは一時的いちじてきこうびましたが、いまはあなたの心性しんせい向上こうじょうさせているところです。そのうちあなたは次第しだいいついてて、間違まちがいなくこの期間中きかんちゅういついてきます。われわれはこのことをさきにしてあげましたので、あなたもある程度ていどのエネルギーをっているわけです。正法しょうぼう修煉しゅうれんしてたエネルギーは純正じゅんせいかつ慈悲じひちたものですので、みなさんはここにすわっているあいだなごやかで慈悲じひちたかんじているでしょう。わたしはこのように修煉しゅうれんしてきたので、このようなものをっています。みなさんはここにすわっているあいだなごやかな雰囲気ふんいきつつまれていますので、邪念じゃねんしょうじることもなく、タバコをうことさえおもいつきません。これからあなたも大法ダーファ要求ようきゅうしたがって修煉しゅうれんすれば、修煉しゅうれんしてこうもこれとおなじものになります。あなたの功力こうりきえず増強ぞうきょうするにつれて、あなたの身体からだ所持しょじするこうから発散はっさんするエネルギーもかなりつよくなります。たとえそれほどつよくなくても、一般いっぱんひとがあなたのなかはいると、あるいはあなた自身じしんいえにいながらにして、他人たにん制約せいやくすることができます。家族かぞくのみんなもあなたの制約せいやくけるかもれません。なぜかといますと、あなたがねんこすまでもなく、この純正じゅんせいで、なごやかで、慈悲じひちた正念しょうねんですので、このにいれば、人々ひとびとわるいことをかんがえたり、くないことをしたりすることが容易よういにできません。このはそのような作用さようがあるのです。
 先日せんじつ、わたしは「佛光ぶっこうあまねらせば、礼儀れいぎえんめいとなる」ということをおはなししましたが、それはつまり、われわれの身体からだから発散はっさんされたエネルギーが、あらゆる間違まちがった状態じょうたいただすことができるということです。したがって、このはたらきのもとで、あなたがそういうことをかんがえないかぎり、らずしらずのうちにあなたの配偶はいぐうしゃ制約せいやくけるようになります。あなたがそんなねんこさなければ、あなたはそんなねんこすわけもないのですが、相手あいてもそのことをおもいつきません。しかし、絶対ぜったいとはえません。いまの環境かんきょうでは、テレビのスイッチをれれば、なんでもてきますので、ひと欲望よくぼうをそそられやすいのです。ただ普通ふつうは、あなたはその情況じょうきょうなか制約せいやく作用さよう発動はつどうさせることができます。将来しょうらいたか次元じげん修煉しゅうれんするときになれば、わたしがおしえなくても、どうすればよいかあなた自身じしんかります。そのときは、ちが状態じょうたいあらわれてきますが、なごやかな生活せいかつたもっていれば結構けっこうです。ですから、こういうことはおおげさにかんがえる必要ひつようはなく、あまりになるとそれはそれでまた一種いっしゅ執着心しゅうちゃくしんになります。夫婦ふうふあいだには、いろ問題もんだいがありません。しかし欲望よくぼうはあります。そこで淡々たんたんとして、心理しんりてきにバランスがれればそれでいいのです。
 さて、どのような色魔しきまうことがあるのでしょうか? 定力じょうりき不足ふそくしているもの場合ばあいは、ゆめなかあらわれたり、ているときまたは坐禅ざぜんしているときに、突如とつじょあらわれてきたりします。あなたが男性だんせいならば、美女びじょあらわれ、あなたが女性じょせいならば、こころなか愛慕あいぼしているタイプのおとこあらわれてきますが、しかも、はだか姿すがたです。あなたのこころどうじれば、すぐれてしまいかねませんが、するとかえしのつかないことになります。かんがえてみてください。煉功者れんこうしゃにとって、精血せいけつめいおさめるためのものですので、いつまでもこのようにらしてはいけません。それに、あなたは色欲しきよくという試練しれん関門かんもん通過つうかできなくてよいのですか? この問題もんだいだれでもうことであり、かならうにちがいないので、おはなししました。わたしは説法せっぽうするとき、きわめてつよいエネルギーをして、あなたのあたまなかそそんでいます。この会場かいじょうたら、わたしが具体ぐたいてきなにはなしたのかおもせないかもれませんが、本当ほんとうなにかに遭遇そうぐうしたときは、あなたはわたしのいまはなしおもすでしょう。煉功者れんこうしゃとしての自覚じかくっていれば、その瞬間しゅんかんおもすことができ、そして自分じぶん抑制よくせいすることができます。そうすればその関門かんもん通過つうかすることができます。もし一回目いっかいめえられなければ、かい自分じぶん制御せいぎょするのがむずかしくなります。しかし、つぎのようなケースもあります。一回目いっかいめえられませんでしたが、めたあと、くやしくてたまりません。このような気持きもちや状態じょうたいが、つよ印象いんしょうのこっていれば、ふたたびそれにときには、自分じぶん自身じしん制御せいぎょすることができ、えることができます。しかし、えられなくても平気へいきでいられるものは、今後こんごもっと自己じこ制御せいぎょむずかしくなります。絶対ぜったいそうなります。
 こういうことには、による妨害ぼうがいもあれば、があなたに試練しれんあたえるためにつくしたものもあります。どちらの場合ばあいもあり、だれでもこの関門かんもん通過つうかしなければなりません。常人じょうじんから修煉しゅうれんはじめる第一歩だいいっぽがこの関門かんもんで、だれでもうことがあります。れいひとげましょう。武漢ぶかん講習会こうしゅうかいひらいたときのことで、学習者がくしゅうしゃで、三十才さんじゅっさいぐらいの若者わかものがいました。いまのような講義こうぎいて、いえかえったかれは、坐禅ざぜんはじめるとすぐに入定にゅうじょうできました。すると、片方かたほうから阿弥陀佛あみだぶつあらわれ、片方かたほうから老子ろうしあらわれました。これはかれ体験たいけんだんいたものですが、あらわれてきて、ちらりとかれて、なにわずに姿すがたしました。今度こんどは、観音かんのん菩薩ぼさつあらわれてきて、花瓶かびんち、花瓶かびんから、しろけむりのようなものがぼりました。坐禅ざぜんをしているかれは、それらがはっきりえましたので、大変たいへんうれしくおもいました。しかし、そのけむりきゅうなんにんかの美女びじょわりました。美女びじょはあの飛天ひてん仙女せんにょで、それはそれはうつくしいのです。美女びじょたちがおどしましたが、その姿すがたは、このうえなく綺麗きれいです! かれは、ここで煉功れんこうしている自分じぶん観音かんのんさまがご褒美ほうびに、美女びじょろし、飛天ひてん仙女せんにょたちにおどりをさせているのだ、とおもいました。いい気分きぶんになっていると、美女びじょたちがぱっとはだかになり、いろんなしぐさをしながらくびこしまわしていてきました。われわれの学習者がくしゅうしゃ心性しんせい上達じょうたつはやいので、この若者わかものもすぐ警戒けいかいしました。かれさきかんがえたのは、「ぼく普通ふつうひとではない。煉功者れんこうしゃだ。法輪大法ファルンダーファ修煉しゅうれんしているぼくにはこんなことをしないでほしい」ということでした。この一念いちねんきた途端とたんに、さっとなにもかもえてしまいました。それらはもともと幻影げんえいだったのです。そこで、阿弥陀佛あみだぶつ老子ろうしふたた姿すがたあらわしました。老子ろうし若者わかものゆびさしながら、「孺子じゅしおしし」と阿弥陀佛あみだぶつ微笑ほほえみながらいました。つまり「このひとおしえがいがある」という意味いみです。
 歴史れきしにおいても、あるいは高次元空間こうじげんくうかんにおいても、ひと修煉しゅうれんできるかどうかを判断はんだんするのに、ひと欲望よくぼうとく色欲しきよくのことが重視じゅうしされてきました。ですから、それらには本当ほんとう淡泊たんぱくでなければなりません。一方いっぽう、われわれは常人じょうじんなか修煉しゅうれんしているので、完全かんぜんにそれをるようにと要求ようきゅうしているわけではありません。すくなくとも、現段階げんだんかいではそういうことに淡泊たんぱくでなければならず、これまでとおなじようにしてはいけません。煉功者れんこうしゃとしてはこうしなければならないものです。煉功れんこうときにあれこれと妨害ぼうがいあらわれてきた場合ばあい、まず自分じぶん自身じしんから原因げんいんさがし、まだなにてなければならないものがあるのではないかとかんがえるべきです。
 

 自分じぶんこころよりしょうじること


 自分じぶんこころよりしょうじるとはどんなことでしょうか? 人間にんげん身体からだはどの空間くうかんにおいても物質ぶっしつてきっています。ある特殊とくしゅなかで、宇宙うちゅうのあらゆるものがかげのように、あなたの空間くうかんうつってきます。かげとはいえ、物質ぶっしつてき存在そんざいです。あなたの空間くうかんにあるすべてのものは、あなたの大脳だいのう意識いしきによって支配しはいされています。つまり、天目てんもくでものをときこころどうずることなくしずかにれば、真実しんじつえますが、ねんすこしでもしょうじれば、えたものはすべてまぼろしになります。それがつまり「自分じぶんこころよりしょうじる」のことで、また「こころによる変化へんげ」ともばれています。修煉者しゅうれんしゃとしての自覚じかくっておらず、自分じぶん自身じしん制御せいぎょできない煉功者れんこうしゃもおり、功能こうのうもとめたり、小手先こてさきわざなどに執着しゅうちゃくしたり、はなはだしきにいたっては空間くうかんからこえてくるものにさえ執着しゅうちゃくし、それを希求ききゅうしたりしています。こういうひとこそもっと自分じぶん自身じしんこころからしょうじやすく、もっとちやすいのです。どんなにたか修煉しゅうれんしたひとでも、このことがきると、とことんまでち、完全かんぜん駄目だめになってしまいます。ですから、これはきわめて重大じゅうだい問題もんだいです。心性しんせい試練しれんは、ほかのことで一度いちどえられなくてころんでもきあがれば修煉しゅうれんつづけることができますが、それとちがって、こころよりしょうじればもう駄目だめで、そのひとの一しょうだいなしになってしまいます。とくに、煉功れんこうして一定いってい次元じげん天目てんもくひらいたひとに、このことがきやすいのです。それから、自分じぶん意識いしきがいつもほかからの信息しんそく撹乱かくらんけやすく、ほかからの信息しんそくをそのまましんじてしまうひとにも、このことがきます。このように、天目てんもくひらいたひとは、さまざまなところからの信息しんそく撹乱かくらんされやすいのです。
 ひとれいげましょう。ひく次元じげん修煉しゅうれんしているときに、こころどうじないことは容易よういなことではありません。のことがはっきりからない場合ばあいもあります。そんなある突然とつぜんたかく、堂々どうどうとした体躯たいくだい仙人せんにんおとずれてきました。そのだい仙人せんにん二言三言ふたことみことあなたのことをめ、なにかをおしえてくれて、あなたがそれをれたとします。するとあなたのこうみだれてしまいます。あなたはのぼせあがって、そのだい仙人せんにんあおぎ、かれについてまなぶことになるかもれません。しかし、その空間くうかんでは、身体からだおおきくしたりちいさくしたりすることができますが、かれ自身じしん正果しょうかてはいないのです。まえあらわれただい仙人せんにんて、あなたは感激かんげきせずにはいられません! 歓喜かんきしんきると、かれについてってしまうのではありませんか? 自分じぶん自身じしん制御せいぎょできない修煉者しゅうれんしゃは、済度さいどがたいうえ、自分じぶん自身じしんをいとも簡単かんたん駄目だめにしてしまいます。天人てんにんはすべてかみではありますが、かれらも正果しょうかておらず、おなじように六道ろくどうなか輪廻りんねするものです。あなたが勝手かってにそのひとあおぎ、かれについていって、どこへれていかれるのかかりますか? かれでさえ正果しょうかていないので、あなたの修煉しゅうれん無駄むだになるのではありませんか? しまいにはあなたはこうみだされてしまいます。人間にんげんにとってこころどうじないことは至難しなんです。みなさんにはっきりっておきますが、これはきわめて厳粛げんしゅく問題もんだいで、将来しょうらいおおくのひとにこの問題もんだいきるとおもいます。ほうはわたしがいておかせしましたが、自分じぶん制御せいぎょできるかどうかは、すべてあなた次第しだいです。いまはなししたのはひとつの状況じょうきょうです。門派もんぱ覚者かくしゃっても、こころどうずることなく、ひたすらこの一門いちもん修煉しゅうれんするのです。いかなるほとけ、いかなるどう、いかなるかみ、いかなるたいしても、こころどうじることがなければ、かなら成功せいこうするにちがいありません。
 自分じぶんこころよりしょうじるれいとして、またつぎのような状況じょうきょうもあります。くなった肉親にくしんあらわれて、あなたのこころみだ場合ばあいです。これをやってほしい、あれをやってほしいとあなたにきついたりして、いろんなことがてきます。あなたはこころどうじないでいられますか? それはあなたのもっと可愛かわいがっていた、あるいは最愛さいあい両親りょうしんだったりします。くなった両親りょうしんがあれこれとたのんできて……いずれもやってはならないことばかりというとき、やってしまえばあなたが駄目だめになります。煉功者れんこうしゃというのはこんなにもむずかしいのです。佛教ぶっきょうみだれているとよくわれています。儒教じゅきょうてきなものも佛教ぶっきょうじりんで、親孝行おやこうこう子供こどもへのあいなども佛教ぶっきょうまれていますが、佛教ぶっきょうにはもともとそういう内容ないようはありません。これはどういう意味いみでしょうか? すなわち、ひと本当ほんとう生命せいめいげんしんなので、げんしんんでくれた母親ははおやこそあなたの本当ほんとう母親ははおやです。六道ろくどうなか輪廻りんねするあいだ、あなたの母親ははおやひとであるのもいれば、そうでないのもおり、かぞれないほどいます。そして、まれわるたびごとにあなたがどれくらい子供こどもったのかもかりません。だれ母親ははおやで、だれ子供こどもなのか、んでしまえば、おたがいにだれからなくなりますが、つくったごうだけは相変あいかわらずかえさなければなりません。人間にんげんまよいのなかにあって、どうしてもそういうことにしがみつきます。くなった子供こどもがどれほど可愛かわいかったかとって、どうしてもわすれることができないひとがいます。あるいはくなった母親ははおやがどんなにやさしかったかとって、かなしみにれ、のこりの人生じんせいててあといかねないひともいます。よくかんがえてみてください。それはまさにあなたをくるしめるためのものではありませんか? そういうかたちで、あなたをらくらさせないようにしているのです。
 常人じょうじんには理解りかいできないかもれませんが、そういうことに執着しゅうちゃくすれば、あなたはまったく修煉しゅうれんができません。ですから佛教ぶっきょうにはそのような内容ないようがないのです。修煉しゅうれんしたければ、人間にんげんじょうてなければなりません。もちろん、われわれは常人じょうじん社会しゃかいなか修煉しゅうれんをしているので、親孝行おやこうこうをするのも、子供こどもをしつけるのも当然とうぜんです。どんな環境かんきょうなかでもひとには親切しんせつにしなければならず、まして自分じぶん身内みうちのものの場合ばあいはなおさらです。おやだろうと子供こどもだろうとだれたいしてもおなじように、何事なにごとにつけてまずひとのことを優先ゆうせんかんがえるならば、それはもはや私心ししんではなく、慈悲じひしんによるもので、慈悲じひそのものです。じょうというのは常人じょうじんのもので、常人じょうじんとはほかならぬこのじょうのためにきているものです。
 おおくのひと自分じぶん自身じしん制御せいぎょできないために、修煉しゅうれんむずかしくしています。ほとけからこれこれのおげがあったとかひとがいます。今日きょう一難いちなんがあるとか、不都合ふつごうなことがきるので、どうすればそれをけられるとか、あるいは今日きょうたからくじの一等いっとうしょう何番なんばんで、それをてるようおしえてくれるとか、およそこのように常人じょうじん社会しゃかいであなたになにとくをさせようとするものはすべてであり、生命せいめい危険きけんがあるとき脱出だっしゅつ方法ほうほうおしえてくれるような場合ばあいべつとして、それ以外いがいはみなそうです。常人じょうじんなかとくばかりをかんがえて、試練しれんかおうとしなければ、心性しんせい向上こうじょうはありえません。常人じょうじんなからくくらしていれば、どうやって修煉しゅうれんしますか? あなたの業力ごうりきはどうやって転化てんかするのですか? 心性しんせい向上こうじょうさせ、業力ごうりき転化てんかさせる環境かんきょうはどこにあるのでしょうか? みなさんはくれぐれもこれをよくおぼえておいてください。はあなたのことをめてくれたりすることがあります。あなたの次元じげんがどれほどたかく、あなたがどんなに高位こうい大佛だいぶつであり、だい道士どうしであるとか、いかに素晴すばらしいかなど、いろいろってくれますが、すべてうそです。本当ほんとうたか次元じげんをめざして修煉しゅうれんするひとは、いかなるこころてなければなりませんので、これらの問題もんだいったときは、くれぐれも用心ようじんするようにしてください! 
 煉功れんこうさいに、天目てんもくひらきました。天目てんもくひらいたらひらいただけの修煉しゅうれんむずかしさがあり、天目てんもくひらいていないひとにはひらいていないなりの修煉しゅうれんむずかしさがあって、いずれにしても修煉しゅうれん容易よういなことではありません。天目てんもくひらいたら、さまざまな信息しんそく撹乱かくらんされて、自分じぶん制御せいぎょすることはなかなかむずかしいのです。空間くうかんでは、なにもかもあでやかで、うつくしく、素晴すばらしいので、あなたのこころはわずかなことにもどうじかねません。こころどうじると、邪魔じゃまはいり、あなたのこうみだれてしまいます。たいていそうなります。ですから自分じぶんこころからしょうじるひとは、自分じぶん自身じしん制御せいぎょできないときに、つぎのような状況じょうきょうあらわれます。たとえば、ちょっとした邪念じゃねんきれば、おおきな危険きけんまねきかねません。ある、このひと天目てんもくひらきました。しかもとてもはっきりえています。そこで、かれおもいました。「この煉功場れんこうばでは、わたしの天目てんもくがいちばんよくひらいており、もしかすると、わたしは普通ふつうひとではないかもれない。李先生りせんせい法輪大法ファルンダーファまなべただけではなく、こんなに上達じょうたつして、だれよりもすぐれているのだから、わたしは普通ふつうひとではないのだ」こうかんがえただけですでに間違まちがっていますが、かれはさらにつづけます。「もしかしたら、わたしはほとけかもれない。自分じぶん自身じしんてみたいものだ」。そうおもって自分じぶんてみると、本当ほんとうほとけ姿すがたをしています。それはなぜでしょうか? すなわちかれのまわりの空間くうかん範囲はんいないにある物質ぶっしつすべてが、かれ意識いしきによって演化えんかするからです。それは「こころによる変化へんげ」ともばれます。
 宇宙うちゅうから対応たいおうしてくるものは、みなかれ意識いしきによって変化へんげします。かれ空間くうかん範囲はんいないにあるものはすべてかれ支配しはいにあり、かげ物質ぶっしつてき存在そんざいなので、例外れいがいではありません。かれがわたしはほとけかもれない、もしかすると、ほとけなりをしている、とおもいますと、本当ほんとうほとけ服装ふくそうをした自分じぶんえます。おや、わたしは本当ほんとうほとけなんだ、とうれしくてたまりません。ちいさいほとけではないかもれない、とおもっててみると、はたしておおきなほとけだったりします。ひょっとしたら李洪志りこうしよりもたかいかもれない! そうおもっててみると、なんと本当ほんとう李洪志りこうしよりもたかえました。みみからかされるひともいます。かれ妨害ぼうがいしようと、あなたは李洪志りこうしよりもたかいとか、李洪志りこうしよりどれほどたかいとか、かれかせます。かれはそれをしんじてしまいます。これからどうやって修煉しゅうれんするのかかんがえもしません。あなたは修煉しゅうれんしたことがありますか、だれ修煉しゅうれんおしえてくれたのですか? 使命しめいって常人じょうじん社会しゃかい本当ほんとうほとけですら、あらためていちから修煉しゅうれんしなければならないのです。もとこうたせてもらえず、ただ、いまの修煉しゅうれんはやすすむだけです。こうして、そのひとにいったんこのようなことがきると、もうみずかせずに、執着心しゅうちゃくしんがすぐこうじてきます。こうじてくると、どんなことでもはばからずにくちにします。「おれほとけなのだ。きみたちはほかのひとまなばなくてよい。おれほとけなのだから、このおれおしえてやろう」。かれはそうなってしまうのです。
 長春ちょうしゅんにもこのようなひとがいたではありませんか? 最初さいしょはなかなかかったのですが、そのうちおかしくなったのです。自分じぶんほとけで、最後さいごにはだれよりもたかいとうぬぼれますが、それというのも自分じぶん自身じしん制御せいぎょできずに、執着心しゅうちゃくしんをつのらせたためにそうなったのです。なぜこんなことがこったのでしょうか? 佛教ぶっきょうでは、なにえてもにせずに、すべてまぼろしなので、ひたすらに入定にゅうじょうして修煉しゅうれんするようにとおしえています。どうしててはいけないとおしえ、執着しゅうちゃくしてはならないとうのでしょうか? こんなことがきないようにするためです。佛教ぶっきょう修煉しゅうれんにはとく修煉しゅうれん強化きょうかするものもなければ、おきょうにもこういう問題もんだいへの対処たいしょ方法ほうほうかれていません。釈迦牟尼しゃかむに当時とうじこのほうおしえていませんでした。自分じぶんこころよりしょうじる問題もんだいや、こころによる変化へんげという問題もんだいけるために、修煉しゅうれんたすべての光景こうけいまぼろしだとったのです。ですから、いったん執着心しゅうちゃくしんきて、まぼろしあらわれてしまいますと、ひとはそれからそうとしてもなかなかできません。下手へたをすると、そのひと駄目だめになり、みちはいってしまうかもれません。かれ自分じぶんのことをほとけだとっている以上いじょう、すでに魔道まどうはいっており、しまいにはものなにかをまねいてしまうこともあり、完全かんぜん駄目だめになってしまいます。こころわるくなり、完全かんぜんちてしまいます。こういうひと案外あんがいおおいのです。いま現在げんざい、この講習会こうしゅうかいにも、うぬぼれているひとがいて、ものを態度たいどまでちがいます。自分じぶんのことをいったいなんだとおもっているのですか。佛教ぶっきょうにおいても、このことはつよ忌避きひされているのです。いまはなししたのは「自分じぶんこころよりしょうじる」ということで、それはまたこころによる変化へんげともばれます。北京ぺきんにはこのような学習者がくしゅうしゃがいて、ほか地域ちいきにもあらわれていますが、煉功者れんこうしゃたいするおおきな妨害ぼうがいとなっています。
 「先生せんせい、どうしてそういう問題もんだい処理しょりしてくれないのですか?」と、わたしにひとがいます。かんがえてみてください。もし、修煉しゅうれんみちにおいてしょうじる、あらゆる障害しょうがいぶつをことごとく片付かたづけてあげてしまったら、あなたはどうやって修煉しゅうれんするのでしょうか? 妨害ぼうがいがあってこそ、最後さいごまで修煉しゅうれんできるかどうか、本当ほんとうどうさとれるかどうか、妨害ぼうがいどうぜずにいられるかどうか、この法門ほうもん堅持けんじできるかどうかがはっきりかります。「荒波あらなみすなあらう」という言葉ことばがありますが、修煉しゅうれんはまさにそうで、最後さいごのこったものこそしん黄金おうごんです。こんなかたち妨害ぼうがいでもなければ、人間にんげん修煉しゅうれんはあまりにもやさしすぎます。わたしからてもやさしすぎますし、ましてたか次元じげんにいる大覚者だいかくしゃかられば、「なにをしているんだ? それが人間にんげん済度さいどすることなのか?」と不平ふへいおもわれるにちがいありません。すすみち障害しょうがいぶつひとつもなく、一気いっき最後さいごまで修煉しゅうれんしようとするなど、そんなものが修煉しゅうれんえましょうか? 修煉しゅうれんすればするほどらくになり、なに妨害ぼうがいするものもないようでは、おはなしにもならないではありませんか? というわけで、わたしもその問題もんだいかんがえています。初期しょき段階だんかいでは、このようなをたくさん処理しょりしましたが、いつまでもそれをやりつづけるのもいけないとおもっています。「あなたは人間にんげん修煉しゅうれんをあまりにもやさしくしすぎている。人間にんげんにはせいぜいそれぐらいのなんしかなく、ひとひととのあいだのこともたかがれている。なのにまだ、さまざまなこころてられていない! まよいのなかで、あなたの大法ダーファそのものについて認識にんしきできるかどうかも、まだ問題もんだいなのだ!」と、わたしも大覚者だいかくしゃたちにわれています。こういう問題もんだいがあるので、妨害ぼうがいがあり、試練しれんがあるのです。さきほどおはなししたようにこれはひとつのかたちです。本当ほんとう一人ひとり人間にんげん済度さいどしようとすることは非常ひじょうむずかしく、ひと駄目だめにするのはじつ簡単かんたんです。こころがちょっとゆがんだだけで、すぐ駄目だめになります。
 

 しゅ意識いしきつよくもつべし


 人間にんげんまれわるたびごとにしてきたくないことは、ひとわざわいをもたらし、修煉者しゅうれんしゃ業力ごうりきという障碍しょうがいつくってしまいました。だから生老病死しょうろうびょうしというものがあります。これらは一般いっぱん業力ごうりきですが、そのほかに修煉者しゅうれんしゃへの影響えいきょうがきわめておおきい、強烈きょうれつ業力ごうりきもあり、思想業しそうごうというのがそれです。人間にんげんきているかぎり、物事ものごとかんがえなければなりません。しかし、常人じょうじんなかまよ人間にんげんが、名誉めいよ利益りえき色欲しきよく意地いじなどのためにしょうじた意識いしきは、時間じかんつにつれて、しだいにあるしゅつよ思想しそう業力ごうりきとなってしまいます。なぜならば空間くうかんでは、すべてのものに生命せいめいがあり、ごう例外れいがいではありません。人間にんげん正法しょうぼう修煉しゅうれんするには、ごう消去しょうきょしなければなりません。ごう消去しょうきょするとはごうめっし、転化てんかさせることです。当然とうぜんのことながら、業力ごうりき承知しょうちしないため、人間にんげんにはなん障碍しょうがいあらわれてくるのです。しかし、思想しそう業力ごうりき直接ちょくせつ人間にんげんのう妨害ぼうがいすることができるため、大法ダーファののしることをおもいつかせたり、邪悪じゃあくなことやひとののし言葉ことばかんがえさせたりすることがあります。そのため、一部いちぶ修煉者しゅうれんしゃはどういうことだったのかがからないまま、自分じぶんがそうおもったのだと誤解ごかいしてしまいます。またもののせいだとおもひともいますが、しかしそれはものによるものではなく、思想しそうごう人間にんげんのう反映はんえいされたためにそうなったのです。しゅ意識いしきがしっかりせず、思想しそうごう左右さゆうされたままわるいことをするひともいますが、そうなるとそのひとはもうおしまいで、ちてしまいます。しかしほとんどのひとつよ主観しゅかん思想しそうしゅ意識いしき)をって、それを排除はいじょし、それに対抗たいこうすることができます。そうであれば、そのひと済度さいどできるひとです。善悪ぜんあく分別ふんべつがつき、つまり悟性ごせいひとですので、わたしの法身ほうしん手助てだすけをして、そのような思想しそうごう大部分だいぶぶん消去しょうきょしてあげるのです。このようなケースは比較的ひかくてきおおられますが、しかしひとたび思想しそうごうあらわれてきたときに、それにつことができるかどうかは、本人ほんにん次第しだいです。動揺どうようしないひとなら、ごうすことができます。
 

 こころただしくもつべし


 こころただしくないとはどういうことでしょうか? それはいつも煉功者れんこうしゃとしての自覚じかくけていることです。煉功者れんこうしゃは、修煉しゅうれんするにあたってなん遭遇そうぐうすることがあります。なん人間にんげん同士どうし摩擦まさつあらわれるかもれず、そのときはいがみいやあしいがきて、あなたの心性しんせい直撃ちょくげきします。これはわりにおおきることです。そのほかに、どんなことがきるのでしょうか? きゅう身体からだ調子ちょうしがおかしくなったりもします。ごうつぐないですから、いろいろなかたちとなってあらわれてきます。ある時期じきになると、こう本当ほんとう存在そんざいするのかどうか、修煉しゅうれんはできるものなのか、はたしてたか次元じげん修煉しゅうれんしていけるだろうか、ほとけ本当ほんとう存在そんざいしているのか、などについて、あなた自身じしんまぎらわしくおもい、まよったりすることがきます。将来しょうらい、あなたに錯覚さっかくあたえて、それらすべてが存在そんざいしておらず、みんな偽物にせものだ、とあなたにおもわせるようなこともきるかもれません。動揺どうようするかどうかをためすのです。絶対ぜったい動揺どうようしないという決意けついがあり、いざというとき本当ほんとう動揺どうようしなければ、あなたはおのずとえることができます。なぜならあなたの心性しんせいがすでに向上こうじょうしているからです。ところが、いまはあなたはまだそれほど安定あんていしていないので、すぐにこのようななん出現しゅつげんさせたら、あなたはとてもさとれず、修煉しゅうれんもまったくできなくなります。なんはあらゆる方面ほうめんからあらわれてくるものです。
 修煉しゅうれんする過程かていにおいては、人間にんげんはこのようにしてたか次元じげん修煉しゅうれんしなければならないのです。しかし、体調たいちょうがすぐれないと、すぐ病気びょうきにかかったとおもひともいます。どうしても煉功者れんこうしゃとしての自覚じかくたず、ちょっとしたことでも病気びょうきだとおもみ、「どうして面倒めんどうなことがこんなにおおいのか?」とおもったりします。はっきりっておきますが、おおくのものはすでに消去しょうきょしてあげました。あなたが遭遇そうぐうしたなん本来ほんらいよりずっとちいさくなっており、もし消去しょうきょしてあげなかったら、いまなんってんでしまったか、たきりになっているかもれません。ちょっとしたなんったぐらいで我慢がまんできないなど、そんなあまいことがどこで通用つうようしますか? れいげましょう。長春ちょうしゅん講習会こうしゅうかいをしたときに、根基こんき非常ひじょうひとがいて、素晴すばらしい素材そざいだ、とわたしもっていました。そこで、はやりを返済へんさいさせ、こうひらかせてあげようとおもいましたので、かれあたえるなんをちょっとおおきくしました。あるかれ脳血栓のうけっせんになったかのように、ばったりたおれてしまいました。身体からだうごけなくなり、手足てあし自由じゆうかなくなったようにかんじたので、びょういんはこばれました。ところがもなくベッドからりられるようになりました。よくかんがえてみてください。脳血栓のうけっせんになった場合ばあい、こんなにはやくベッドからりられ、手足てあしうごけるようになるのでしょうか? しかし、かれぎゃくに、法輪大法ファルンダーファまなんだせいでたおれたのだ、などというかたをしています。脳血栓のうけっせんがこんなにはやなおるものなのか、かれはよくかんがえもしませんでした。かり法輪大法ファルンダーファまなんでいなければ、今日きょうばったりたおれたら、そのままんでしまうか、たきりになって、それこそ本当ほんとう脳血栓のうけっせんになってしまうかもれないのです。
 ですから人間にんげん済度さいどしにくいものだとうのです。かれにあれほどおおくのことをしてあげたのに、さとらないだけでなく、ぎゃくにあんなことをうのです。ふるくからの学習者がくしゅうしゃで、わたしにこんなことをひともいました。「先生せんせい、わたしは身体からだのあちこちの調子ちょうしがおかしくて、よくびょういんきましたが、注射ちゅうしゃをしてもらっても、くすりんでも、まったくがありません。どういうことでしょうか」。よくもずかしげもなくわたしにえたものです! かないのは当然とうぜんです。もともとびょうではないのです。どうしてくでしょうか? 検査けんさしてみればよい。どこもわるいところがなく、ただ調子ちょうしわるいだけです。ある学習者がくしゅうしゃびょういん注射ちゅうしゃしてもらったところ、なんと注射器ちゅうしゃきはり何本なんぼんがり、最後さいごにはくすり噴出ふんしゅつしてしまって、どうしても注射ちゅうしゃができません。そこでやっと「そうか、わたしは煉功者れんこうしゃだ。注射ちゅうしゃなどしてはいけないのだ」とかり、ようやく注射ちゅうしゃ中止ちゅうしすることにしました。ですから、なんったときは、くれぐれもこの問題もんだいをつけてください。わたしがびょういんかせないと勘違かんちがいして、びょういん駄目だめならこうてもらおうとおもひとがいます。どうしてもびょうだとおもみ、こうのところへくのです。本当ほんとうこうがそう簡単かんたんつかりますか? もしにせこうだったら、あなたは即座そくざにやられて駄目だめになってしまいます。
 その気功師きこうし本物ほんものかどうか、あなたはどうやって見分みわけられるのですか? 気功師きこうしおおくはただ自称じしょうしているだけです。わたしは測定そくていのテストをけたことがあり、手元てもと科学かがく研究けんきゅう機関きかん測定そくてい資料しりょうっています。しかし、おおくの気功師きこうし偽物にせものであり、たん自称じしょうしているだけで、あちこちで人々ひとびとだましているのです。偽気功師にせきこうしでも、病気びょうき治療ちりょうすることができます。どうしてできるのでしょうか? かれにはなにかがいているからで、ものがなければひとだますことさえできません! そのものこうすことができ、病気びょうきなおすことができます。それもまたエネルギーなので、常人じょうじんあやつることはいとも簡単かんたんです。しかしおはなししたように、もの病気びょうきなおすというときに、あなたの身体からだなにおくっているでしょうか? ちょうミクロの世界せかいれば、みなそのもの姿すがたです。そんなもの身体からだうつってきたら、あなたはどうすればいいでしょうか? 「かみまねくのはやさしいが、おくすのはむずかしい」という言葉ことばがあります。常人じょうじんのことをとやかくっても仕方しかたがありませんが、常人じょうじんのままでよいひとは、いちてき心地ここちよくなればそれで結構けっこうでしょう。しかし、あなたは煉功者れんこうしゃで、えず身体からだ浄化じょうかしなければならないのではありませんか? そんなものうつってきたら、いつになったらそれを排除はいじょできるでしょうか? それにものにも一定いっていのエネルギーがあります。そこでこうおもひとがいます。「どうして法輪ファルンもの進入しんにゅうゆるすのでしょうか? 先生せんせい法身ほうしんがわれわれをまもってくださるのではないのですか?」。この宇宙うちゅうには「みずかもとめるものには、だれ干渉かんしょうできない」というがあります。あなた自身じしんもとめ、希求ききゅうしていれば、だれ干渉かんしょうできません。わたしの法身ほうしんはあなたをめたり、さとらせたりはしますが、いつまでもそんな状態じょうたいにいるとれば、無理むりやり修煉しゅうれんさせるわけにはいかず、あきらめざるをません。強制きょうせいてき修煉しゅうれんさせることはできないのです。ほうもはっきりおしえてあげましたが、それでも自分自身じぶんじしん向上こうじょうさせようとする意欲いよくいてこないのだとすると、だれうらむことができますか? あなた自身じしんしがっているから、法輪ファルンもわたしの法身ほうしん干渉かんしょうしません。これは絶対ぜったいです。また、気功師きこうし講義こうぎ会場かいじょう講義こうぎきにって、いえかえったら、身体からだ調子ちょうしへんになったひとがいますが、それは当然とうぜんなことです。なぜ法身ほうしんがあなたをまもってあげなかったのでしょうか? あなたはなぜったのですか。きにって、もとめていたのではありませんか? みみれようとおもわなければ、それがどうやってみみはいったのでしょうか? また、自分じぶん法輪ファルンまで変形へんけいさせたひともいますが、はっきりいますが、この法輪ファルンはあなたのいのちよりも貴重きちょうなのです。それは一種いっしゅたか次元じげん生命体せいめいたいで、勝手かってこわしてはいけません。いま、偽気功師にせきこうしがたくさんいて、なかにはとても有名ゆうめいひともいます。このあいだ中国ちゅうごく気功きこう科学かがく研究けんきゅうかい責任せきにんしゃつぎのようなはなしをしました。古代こだいに、妲己だっき朝廷ちょうていわざわいをもたらし、あのきつね相当そうとうあばれましたが、それでもいま偽物にせもの気功きこうにはおよびません。偽物にせもの気功きこう中国ちゅうごく全体ぜんたい災難さいなんをもたらし、かぞれないほどのひとがひどいわされています! たところ健全けんぜんそうですが、どれほどおおくのひと身体からだにそういうものがいているでしょうか? それがはっせられると、すぐうつってくるので、猖獗しょうけつをきわめています。常人じょうじんにはただ外観がいかんだけからではなかなかそれがからないのです。
 「今日きょう、この気功きこう講演会こうえんかいて、李洪志りこうしからいろいろいて、気功きこうがこんなに奥深おくぶかいものだったのか! 今度こんど、どこかでほか気功きこう講演会こうえんかいがあれば、それもまたきにこう」とおもひとがいるかもれません。忠告ちゅうこくしておきますが、けっしてってはいけません。けば、くないものがすぐみみんでしまいます。一人ひとり人間にんげん済度さいどするのはきわめてむずかしいことで、あなたのかんがえをなおすこともむずかしく、あなたの身体からだ調整ちょうせいすることもきわめてむずかしいのです。偽気功師にせきこうしはいくらでもおり、たとえ本当ほんとう正法しょうぼう伝授でんじゅけた気功師きこうしでも、本当ほんとうにきれいなのでしょうか? 非常ひじょう狂暴きょうぼう動物どうぶつもおり、その気功師きこうし本人ほんにん身体からだにはうつれないにしても、かれにはそれをはらちからがありません。かれおおくのさまざまなもの対抗たいこうするちからっていません。とくかれ弟子でしはなおさらです。かれらのしたこうには、さまざまなものがじり、いろいろなものがあります。その気功師きこうし自身じしんはまともであっても、かれ弟子でしはそうではなく、さまざまなものがついているのです。
 あなたが本当ほんとう法輪大法ファルンダーファ修煉しゅうれんしようとすれば、きにってはいけません。もちろん、法輪大法ファルンダーファ修煉しゅうれんするつもりがなければ、つまりなんでもりたければ、きにってかまいません。わたしはあなたのことに干渉かんしょうしませんし、あなたは法輪大法ファルンダーファ弟子でしではありません。なに問題もんだいこっても、法輪大法ファルンダーファのせいにしないでください。心性しんせい基準きじゅんおのれりっし、大法ダーファしたがって修煉しゅうれんしてはじめて本当ほんとう法輪大法ファルンダーファひとになれます。あるひとは、「気功きこうをやっているひとってもいいですか?」ときました。相手あいてはただ気功きこうをやっているにぎませんが、あなたは大法ダーファ修煉しゅうれんしているのです。この講習会こうしゅうかい受講じゅこうわった時点じてんで、あなたとそのひと次元じげんがどれほどおおきいかはかれません。この法輪ファルンは、幾代いくだいものひと修煉しゅうれんして形成けいせいしたもので、強大きょうだい威力いりょくっています。もちろん、いたければ、相手あいてからどんなものもれず、もらわず、ただ普通ふつう友人ゆうじんとしてうならつかえありません。しかし、もし相手あいて本当ほんとうなにかにかれていれば、それはまずい。わないほうが無難ぶなんです。夫婦ふうふちが気功きこうをやっている場合ばあいがありますが、それはあまり問題もんだいになりません。あなたは正法しょうぼう修煉しゅうれんしているので、一人ひとり煉功れんこうすれば、まわりのもの恩恵おんけいあたえることになります。配偶はいぐうしゃ邪道じゃどうをやっている場合ばあい邪道じゃどうのものがいているかもれないので、あなたの安全あんぜんのために、配偶はいぐうしゃ身体からだきよめてあげるのです。空間くうかんでは、なんでもきよめてあげなければなりません。家庭かてい環境かんきょうまできよめなければなりません。環境かんきょうきよめてあげなければ、さまざまなものにさまたげられることになり、あなたはどうやって煉功れんこうできるでしょうか? 
 しかし、ひとつだけ、わたしの法身ほうしんきよめてあげられない場合ばあいがあります。ある学習者がくしゅうしゃがある、わたしの法身ほうしんいえにやってるのをて、大喜おおよろこびしました。先生せんせい法身ほうしんてくださったのだから、「どうぞおがりください」といましたが、わたしの法身ほうしんは「この部屋へや大変たいへんみだれている。ものがおおすぎる」とのこして、かえっていきました。一般いっぱんてきには、空間くうかん霊体れいたいあふれているようなときには、わたしの法身ほうしんはそれを整理せいり片付かたづけてあげます。しかしかれ部屋へやにはでたらめな気功きこう読本どくほんがいっぱいらかっていました。かれはそれがかりましたので、それらのほんやしたり、ったりして、片付かたづけました。そうすると、その、わたしの法身ほうしんがまたてくれたとうのです。これは学習者がくしゅうしゃがわたしにはなしたことです。
 ひとうらなってもらうひともいます。あるひとはわたしにこうたずねました。「先生せんせい、わたしは法輪大法ファルンダーファ修煉しゅうれんしていますが、『しゅうえき』やうらな関係かんけいのものに興味きょうみがあり、これからもそういうものを使つかっていいでしょうか?」。これにはこうこたえましょう。あなたがもし一定いっていのエネルギーをっている場合ばあいには、あなたがったことはかなら作用さようするのです。そうでないことをあなたがそうだとえば、本当ほんとうにそうなってしまいます。そうなると、あなたはわるいことをしたことになります。常人じょうじんはきわめてよわいもので、そのひとかんする信息しんそく不安定ふあんていで、変化へんか可能かのうせい十分じゅうぶんありうるのです。あなたがくちしてってしまうと、あるなん本当ほんとう実在じつざいしてしまうかもれません。業力ごうりきおおきいひとであれば、そのりをかえさなければなりません。なのに、あなたがいつもかれいことがあるとってあげたりすると、業力ごうりき返済へんさいができなくなるのではありませんか? あなたはひとがいあたえていることになりはしませんか? どうしてもそういうものがてられなくて、執着しゅうちゃくしているひとがおり、いかにもたいしたうでがあるようにふるっていますが、それは執着しゅうちゃくではないでしょうか? しかも、あなたが本当ほんとうっている場合ばあいでも、煉功者れんこうしゃとしてみずか心性しんせいまもるためには、勝手かって常人じょうじん天機てんきらしてはならない、というがあるのです。『しゅうえき』で本当ほんとうかどうかをどんなに推定すいていしても、一部いちぶのものはそもそもすでに真実しんじつではなくなっています。常人じょうじん社会しゃかいでは、うらないというものの存在そんざいゆるされます。あなたが本当ほんとうこうっているひとなら、わたしにわせれば、本当ほんとう煉功者れんこうしゃこそ、たか基準きじゅん自分じぶんりっしなければなりません。しかしまた、他人たにんたのんでうらなってもらうひともいます。「ぼく運勢うんせいはどうなの? 煉功れんこうはどこまですすんでいるの? なになんはないだろうかうらなってほしい」などとひとうらなってもらいます。もし、うらないでなんることがかってしまえば、あなたはどうやって向上こうじょうするのでしょうか? 煉功者れんこうしゃ一生いっしょうはすでにえられており、手相てそう人相にんそう生年月日せいねんがっぴなどによるものは、身体からだ所持しょじしている信息しんそくなどとすでにちがっており、えられています。ひとうらなってもらうとき、あなたはすでにかれうことをしんじています。でなければ、どうしてうらなってもらおうとするのでしょうか? かれえるのは表面ひょうめんてきなもので、以前いぜんのあなたのことです。しかしあなたの実質じっしつはすでにわっています。よくかんがえてみてください。ひとてもらった以上いじょう、それをき入れ、しんじてしまうのではありませんか? それによって、精神せいしんてき負担ふたんがかかってくるのではありませんか? 負担ふたんがかかると、ではなくなりますが、それは執着心しゅうちゃくしんではありませんか? この執着心しゅうちゃくしんをどうやってのぞけばよいでしょうか? これによって、人為的じんいてきなんをまたひとやしただけではありませんか? あたらしくしょうじた執着心しゅうちゃくしんは、よけいにおおくのくるしみにえて、はじめてのぞくことができるのではありませんか? ひとひとつのなんかんに、修煉しゅうれんして向上こうじょうしていくかちていくかの問題もんだいがかかっています。ただでさえなんしいのに、さらに人為的じんいてきなんつくってしまえば、どうやってえていくのでしょうか? ほかでもないこのことによって、あなたはなん厄介やっかいなことに遭遇そうぐうするかもれません。あなたのえられたあとの人生じんせいみちは、ひとられてはいけないものです。ひとがそれをていつどの段階だんかいなんがあるとおしえてくれたとすれば、あなたはどうやって修煉しゅうれんしていけるでしょうか? ですから、絶対ぜったいてもらってはならないのです。法門ほうもんだれてもらってもいけないばかりでなく、おな法門ほうもん弟子でしてもらってもいけません。そもそもだれてることはできません。なぜなら、あなたの生涯しょうがいはすでにえられており、修煉しゅうれんするための生涯しょうがいとなっているからです。
 「ほか宗教しゅうきょうほん気功きこうほんんでいいでしょうか?」とたずねるひとがいます。宗教しゅうきょうほんとく佛教ぶっきょうほんは、いずれも人々ひとびとにいかにして心性しんせい修煉しゅうれんするかをおしえるものです。われわれも佛家ぶっけですから、問題もんだいはないはずです。しかしひとつだけ、おおくの経典きょうてんは、翻訳ほんやくするさいに、すでに一部いちぶ内容ないようあやまりがありました。それにくわえて、おおくの経典きょうてん解釈かいしゃくことなった次元じげんおこなわれ、勝手かって定義ていぎあたえられています。それこそほうみだすことです。勝手かって経文きょうもん解釈かいしゃくしているひとは、ほとけ境地きょうちからあまりにもとおく、本当ほんとう内容ないようをまったく理解りかいしていないので、物事ものごとたいする認識にんしきちがっています。経典きょうてん内容ないよう完全かんぜん理解りかいすることはけっして容易よういなことではなく、自分じぶんだけで理解りかいしてさとることはむずかしいのです。しかし、あなたは「わたしはどうしても経典きょうてん興味きょうみがある」とうかもれません。いつも経典きょうてん中心ちゅうしんまなぶのなら、その法門ほうもんなか修煉しゅうれんすることになります。なぜかといますと、経典きょうてんもその一門いちもんこうほうわせたもので、経典きょうてんまなべば、その法門ほうもんのものをまなんだことになります。このような問題もんだいからんでいるのです。もしある経典きょうてんなかはいんで、それにしたがって修煉しゅうれんすれば、その法門ほうもんってしまうかもれないので、われわれの法門ほうもんではなくなります。修煉しゅうれんは、むかしから「不二法門ふじほうもん」のことがおもんじられており、本当ほんとうにこの法門ほうもん修煉しゅうれんしようとするならば、この法門ほうもんきょうだけにしてください。
 気功きこうほんについては、修煉しゅうれんしたければ、まないようにと忠告ちゅうこくしておきます。とくにこのころ刊行かんこうされたものはまないことです。『黄帝内経こうていないけい』とか、『性命圭旨せいめいけいし』、あるいは『道蔵どうぞう』のたぐいもおなじです。それらのほんにはわることかれていませんが、さまざまな次元じげん信息しんそくふくまれています。それ自身じしん修煉しゅうれん方法ほうほうなので、むと、あなたにはいってしまい、みだれてしまいます。ここは一理いちりあるとおもっただけで、それがてきて、あなたのこうくわえられます。べつわるいものではなくても、突然とつぜん異物いぶつくわえられたら、どうやって修煉しゅうれんつづけることができるでしょうか? やはり問題もんだいきるのではありませんか? テレビの電子でんし部品ぶひん異質いしつなものをひとつでも余計よけいければ、このテレビはどうなるとおもいますか? すぐ故障こしょうしてしまいます。それとおな理屈りくつです。それに、このころ気功きこうしょにはインチキなものがおおく、さまざまな信息しんそくはいっているのです。われわれの学習者がくしゅうしゃ一人ひとり気功きこうしょをめくってみたら、なかから大蛇だいじゃ一匹いっぴきしてきました。くわしいことははなしたくありません。以上いじょうは、煉功者れんこうしゃ自分じぶん自身じしんただしく対処たいしょできないことによって、災厄さいやくこしたこと、えれば、こころゆがみによって災厄さいやくまねいたことについておはなししました。これらのことをあきらかにすれば、将来しょうらい問題もんだいこらないようにどうすればよいのか、どうやって弁別べんべつできるかを、みなさんにってもらうのにやくつとおもいます。いまのはなしは、それほどきびしくっていないようにこえるかもれませんが、往々おうおうにしてこのてんにおいて問題もんだいこり、往々おうおうにしてこのあたりで問題もんだいこりますので、くれぐれも注意ちゅういしてください。修煉しゅうれんはきわめてくるしく、非常ひじょう厳粛げんしゅくなことです。ちょっとでも油断ゆだんすれば、ちてしまい、ながあいだ努力どりょく一瞬いっしゅんにしてだいなしになるかもれないのです。ですからこころかならただしくもたなければなりません。
 

 武術ぶじゅつ気功きこう


 内修ないしゅう功法こうほう以外いがいに、武術ぶじゅつ気功きこうというのもあります。武術ぶじゅつ気功きこうをおはなしするまえに、いま修煉界しゅうれんかいにたくさんの気功きこうせつがあるということについて、一言ひとことつよわなければなりません。
 昨今さっこん美術びじゅつ気功きこうだの、音楽おんがく気功きこうだの、書道しょどう気功きこうだの、舞踊ぶよう気功きこうだのがあらわれてきました。なにからなにまで、みな気功きこうなのでしょうか? わたしは不思議ふしぎおもいました。それは気功きこうをかきみだしている、いやかきみだしているどころか、まったく気功きこうみにじっているのです。それらの理論りろんてき根拠こんきょなんなのでしょうか? えがときうたうたときおどときときに、ある恍惚こうこつとした状態じょうたい、いわゆる気功きこうたいはいれば、気功きこうだとえるのですか? そんなふうに認識にんしきしてはいけません。それは気功きこうみにじるものではありませんか? 気功きこう間口まぐちひろく、奥行おくゆきもふかい、人体じんたい修煉しゅうれん学問がくもんです。恍惚こうこつとした状態じょうたいだけで気功きこうえるのですか? では、恍惚こうこつとしながら便所べんじょくのはなにになりますか? 気功きこうみにじっているのではありませんか? 間違まちがいなくみにじっているのです。一昨年いっさくねんの「東方とうほう健康けんこう博覧はくらんかい」で、書道しょどう気功きこうとかいうものがありました。書道しょどう気功きこうとはどんなものかとのぞきにったら、その気功きこうひとふでいていて、わったら、いちずつに、てのひらからはつしましたが、はつせられたくろでした。あたまかね名誉めいよのことしかかんがえていないのに、こうなどありえますか? そのもろくなものではないはずです。なのに、たか値段ねだんけてっていました。しかしひと外国人がいこくじんばかりでした。それをったひとはひどいうにちがいありません。くろなど、ろくなことはありません。そのひと自身じしん顔色かおいろくろくて、かねあなくびんでおり、かねのことしかかんがえていないのに、こうなどありえますか? しかし、名刺めいしには肩書かたがきがいっぱいならべられており、国際こくさい書道しょどうこうなどとかれていました。こんなものでもこうえるでしょうか? 
 よくかんがえてみてください。この講習会こうしゅうかいからかえると、はちわりきゅうわりひと病気びょうきなおっただけではなく、こう本物ほんものこうてくるのです。あなたのいているものはすでにかなり超常的ちょうじょうてきなもので、自分じぶん一人ひとりでの修煉しゅうれんなら、一生いっしょうかかってもそれはられません。たとえ若者わかものいまから修煉しゅうれんはじめたとして、一生いっしょうかかっても、わたしがあたえたこれらのものはられないでしょう。しかもそれは正真正銘しょうしんしょうめい明師めいしおそわる場合ばあいはなしです。われわれはなんだいものひとかさねによって、この法輪ファルンとこれらのせい形作かたちづくってきましたが、それをいっぺんにあなたにえつけたのです。ですから、簡単かんたんれたからといって、簡単かんたんにそれをうしなったりしないように、みなさんに忠告ちゅうこくしておきます。これはなによりも貴重きちょうなもので、どんな価値かちをもってしてもはかれないものです。この講習会こうしゅうかいからかえると、あなたは本物ほんものこうこうエネルギーの物質ぶっしつつようになります。いえかえってけば、上手じょうず下手へたかはべつとして、それにこうはいっています! だからといって、講習会こうしゅうかい卒業そつぎょうしたら、みな名前なまえに「」をつけて、だれでも書道しょどう気功師きこうしになっていいのでしょうか? こんなふうに物事ものごとてはいけません。本当ほんとうこうのあるひと、エネルギーをっているひとは、意識いしきてきにそれをはっする必要ひつようはありません。さわったものすべてにエネルギーがのこり、ぴかぴかとひかるのです。
 ある雑誌ざっしに、書道しょどう気功きこう講習会こうしゅうかい記事きじっていました。どうやっておしえるのかとめくってみたら、こうかれていました。まず呼吸こきゅうととのえ、いきって、それから坐禅ざぜんして、丹田たんでん意識いしき集中しゅうちゅうさせる。十五分じゅうごふんから三十分さんじゅっぷんぐらい坐禅ざぜんして、イメージで丹田たんでんうでげてから、ふで墨汁ぼくじゅうをつけて、それから筆先ふでさきはこぶ。意念いねんがそこにたっするとはじめる、とうのです。これは詐欺さぎではありませんか? をどこそこにげたら、何々なになに気功きこうというのですか? では、ごはんべるまえにちょっと坐禅ざぜんをして、はしさきはこんでからべれば、それは食事しょくじ気功きこうということになるのですか? それならべたものもすべてエネルギーとえるのですか? こういうことがおこなわれているのです。これでは気功きこうみにじっていることになります。気功きこうそこあさいものとられていますが、そういうふうにてはいけません。
 ところが武術ぶじゅつ気功きこうは、独立どくりつした気功きこう一門いちもんえます。なぜかといますと、それには何千年なんぜんねんもの伝承でんしょう過程かていがあって、まとまった修煉しゅうれん理論りろん修煉しゅうれん方法ほうほうがあるので、ととのったものとなすことができるからです。とはいえ武術ぶじゅつ気功きこうは、ないしゅう功法こうほうにおいて、もっと次元じげんひくいものです。硬性こうせい気功きこう一種いっしゅのエネルギー物質ぶっしつかたまりで、たん格闘かくとうのためのものです。れいひとげましょう。北京ぺきんのある学習者がくしゅうしゃは、われわれ法輪大法ファルンダーファ講習会こうしゅうかい卒業そつぎょうしてから、不思議ふしぎちからがついてしまいました。ベビーカーをいにみせきましたが、丈夫じょうぶかどうかためそうとおもってちょっとしただけで、ベビーカーがばらばらになってしまいました。かれ不思議ふしぎおもいました。いえかえってこしけようと、椅子いすをちょっとしたら、椅子いすくだけてしまいました。わたしにどういうことなのかとたずねてきましたが、執着心しゅうちゃくしんこしてはいけないとおもいましたので、おしえてあげませんでした。それは自然しぜん状態じょうたいで、とにかくいいことだから、自然しぜんまかせて、かまわないように、とってあげました。この功能こうのうをうまく使つかえば、いしでもにぎった途端とたん粉々こなごなになります。それが硬性こうせい気功きこうではありませんか? しかし、そのひとべつ硬性こうせい気功きこうをやったことはなかったのです。内修ないしゅう功法こうほうにおいてもこのような功能こうのう普通ふつうあらわれます。しかし心性しんせい制御せいぎょむずかしいので、功能こうのうあらわれても使つかわせません。とくに、ひく次元じげん修煉しゅうれんしているあいだは、心性しんせいがまだがってきていないため、てい次元じげんあらわれるこのような功能こうのうおもてさせないようにしています。時間じかんつにつれて次元じげん向上こうじょうしてきたら、そんなものも用途ようとがなくなりますので、おもてなくなります。
 武術ぶじゅつ気功きこうはどうやってるのでしょうか? 武術ぶじゅつ気功きこうるには、はこぶことがおもんじられています。しかしはじめはおもどおりにはこべません。はこぼうとおもってはこべるようなものではなく、なかなかうまくいかないものです。どうすればいいでしょうか? まず、身体からだ両側りょうがわ肋骨ろっこつ、あるいはあし、すね、うであたまなどからきたえます。どうきたえるのでしょうか? てのひらたたいたりするひともいれば、いしをパンパンとたたいたりするひともいます。ほねがぶつかっていたくないはずがありません。ちょっとちかられると、てきます。そこまでやってみても、おもとおりになりません。どうしましょう? 今度こんどちからいっぱいうでります。逆流ぎゃくりゅうさせてしまうので、うでがってきます。本当ほんとうれてくるので、それからいしたたくと、ほねにクッションができて直接ちょくせついしたらず、それほどいたくなくなります。練功れんこうつづけているうちに、おそわりながら徐々じょじょに、はこぶことができるようになります。しかし、はこべるだけではまだ駄目だめです。本当ほんとう格闘かくとうするとき相手あいてってくれません。もちろん、はこべるようになったときは、すでになぐられてもえられるようになっています。かなりふとぼうなぐられても、はこぶとふくらんでくるから、いたくないのです。しかし、初期しょきもっと原始げんしてきなもので、練功れんこうすすめば、こうエネルギーの物質ぶっしつ転化てんかされます。こうエネルギーの物質ぶっしつ転化てんかされたとき徐々じょじょ密度みつどたかいエネルギーのかたまりができます。そのかたまりは霊的れいてきなものをっているので、功能こうのうかたまりでもあり、つまり一種いっしゅ功能こうのうです。しかし、それは格闘かくとう使つかわれ、なぐられてもえられるためのもので、病気びょうき治療ちりょうには役立やくだちません。あのこうエネルギー物質ぶっしつべつ空間くうかんにあり、この空間くうかんとおらないので、こちらの時間じかんよりはやいのです。ひと攻撃こうげきしようとするときは、はこばなくても、かんがえなくても、こうがすでにそこにとどいているのです。ひとからなぐりかかられ、それをけとめようとするときは、こうがすでにそこにとどいています。うごきがいくらはやくても、こうはやさにはおよびません。両側りょうがわ時間じかん概念がいねんちがうからです。武術ぶじゅつこうでは、鉄砂掌てっさしょう朱砂掌しゅさしょう金剛腿こんごうたい羅漢脚らかんきゃくなどを鍛練たんれんによってることができますが、いずれも常人じょうじんなかわざです。常人じょうじんでもきたえさえすれば、につけることができるのです。
 武術ぶじゅつ気功きこう内修ないしゅう功法こうほう最大さいだいちがいは、武術ぶじゅつ気功きこう運動うんどうなかきたえるので、皮膚ひふしたはしります。運動うんどうなか鍛練たんれんしており、入静にゅうせいできないので、丹田たんでんはいらず、皮膚ひふした筋肉きんにくなかとおっています。したがって、めいおさめることもできなければ、修煉しゅうれんして奥深おくぶか功夫こうふることもありません。われわれのような内修ないしゅう功法こうほうは、せいなか修煉しゅうれんすることを要求ようきゅうしています。一般いっぱん内修ないしゅう功法こうほうでは、丹田たんでんはいり、下腹部かふくぶはいることをおもんじ、せいなかでの修煉しゅうれん要求ようきゅうし、本体ほんたい転化てんかもとめるので、めいおさめることができ、修煉しゅうれんしてさらにたか次元じげんまで到達とうたつすることができます。
 みなさんも、小説しょうせつてくる金鐘罩きんしょうとう鉄布衫てっぷさん百歩穿楊ひゃっぽせんようなどのような功夫こうふをおきになったことがあるだろうとおもいます。それから軽功けいこうひとは、そらんだりすることができるとか、また、べつ空間くうかん自由じゆうすることさえできるひともいるとかかれていますが、そのような功夫こうふはあるのでしょうか? あります。間違まちがいなくあります。しかし、常人じょうじんなかにはありません。本当ほんとうにこのようなたか功夫こうふ修練しゅうれんしてひとでも、勝手かってにそれをひとせてはいけないのです。というのは、そういう功夫こうふは、たんなる武術ぶじゅつ鍛練たんれんられるものではなく、完全かんぜん常人じょうじん次元じげんえているので、内修ないしゅう功法こうほうしたがって修煉しゅうれんしなければいけません。心性しんせいわれているのですから、心性しんせい向上こうじょうさせ、物質ぶっしつてき利益りえき淡泊たんぱくでなければなりません。そういう功夫こうふ修煉しゅうれんしてることができますが、それを時点じてんから、常人じょうじんなか勝手かってには使つかえなくなります。ひとのいないところで一人ひとりためしてみるのはかまいません。小説しょうせつには、剣法けんぽう奥義書おうぎしょをはじめ、宝物たからものおんなのために、ころったりうばったりすることがかれており、だれもがすごいちからち、かみのようにまわれることになっています。よくかんがえてみてください。本当ほんとうにこのような功夫こうふっているひとは、じつ内修ないしゅう修煉しゅうれんによってそれをたのではありませんか? 心性しんせいおもんじているからこそ、それを修煉しゅうれんしてることができたのです。名利みょうりやさまざまな欲望よくぼうにはとっくに淡泊たんぱくになっているのですから、ひところすなんてありえるでしょうか? 金銭きんせんをあんなふうに大事だいじおもうことがありえるでしょうか? とてもかんがえられません。あれは芸術げいじゅつなか誇張こちょうぎません。人間にんげん精神的せいしんてき刺激しげきもとめているので、刺激しげきてきであればあるほどよい。作者さくしゃはそれをよく心得こころえているので、どんどん刺激しげきてきな、興奮こうふんさせるようなことをきます。突拍子とっぴょうしもないことをけばくほどよろこばれます。それが芸術げいじゅつなか誇張こちょうです。本当ほんとうにそういう功夫こうふっているひとがそんなことをするはずがありません。パフォーマンスとしてひとせびらかすことはなおさらありえないことです。
 

 顕示けんじ心理しんり


 おおくの学習者がくしゅうしゃ常人じょうじんなか修煉しゅうれんしているため、いろいろなこころてられず、そうしたおおくのこころがすでに当然とうぜんなものになっていて、本人ほんにんづきません。この顕示けんじ心理しんりもいろいろなところにあらわれており、いことをするときにさえあらわれてきます。普段ふだんから自分じぶん名誉めいよ利益りえきのために、ちょっとしたいことがあると、それをことさらにいふらしては、自分じぶんがいかにすごいか、つよいかを吹聴ふいちょうします。われわれのなかにも、そういうひとがいます。修煉しゅうれんすこ上達じょうたつしたとか、天目てんもくがちょっとはっきりはじめたとか、動作どうさ綺麗きれいだとか、なんでも顕示けんじしようとします。
 わたしは先生せんせいがこれこれをったのをいた、などといふらすひともいます。みなみみてて、かれかこみます。するとかれ自分じぶん理解りかいひれをつけて、うわさひろげます。目的もくてきなんですか? 自己じこ顕示けんじにほかなりません。また、うわさひろげることがきなひともいて、たがいにつたっては、面白おもしろおかしくしゃべっており、情報通じょうほうつう自慢じまんしているかのようです。こんなにたくさん学習者がくしゅうしゃがいるなかでも、自分じぶんがいちばんかっており、だれよりも自分じぶんがいちばん物知ものしりであるかのようなかおをしています。本人ほんにんにとってそれはもうごくたりまえのことで、無意識むいしきにやっているかもれません。かれ潜在せんざい意識いしきに、ほかならぬ顕示けんじ心理しんりというのがあるのです。でなければ、うわさながしてなにになるでしょうか? それから、先生せんせいがいついつ「やまもどる」とかっているひともいますが、わたしはべつやまからてきたわけでもないし、どうしてやまもどるというのですか? また、先生せんせいがいつだれそれになにったとか、だれそれに特別とくべつ指導しどうをしたとか、ひともいます。そんなことをひろげてなにやくちますか? なんやくにもちません。そのひと執着心しゅうちゃくしん一種いっしゅ顕示けんじ心理しんりが、われわれにかいまえただけです。
 また、わたしにサインをもとめるひともいますが、目的もくてきなんでしょうか? 相変あいかわらず常人じょうじんかんがえで、サインしてもらえば、記念きねんになるとおもっているのでしょう。修煉しゅうれんをしなければ、サインをしてあげてもなんにもならないのです。わたしのほん一文字ひともじ一文字ひともじはみなわたしの姿すがたかたちと法輪ファルンで、すべてわたしの言葉ことばなのに、それでもサインをもらおうとするのですか。サインをもらうと、先生せんせいからの信息しんそく自分じぶんまもってくれるとおもっているひともいるでしょう。まだ信息しんそくなどにこだわっているのです。われわれは信息しんそくなどをいません。このほんはもういかなる価値かちでもはかれないものです。まだほかになにもとめようとするのですか。こういうことはすべてそういったこころからてきたものです。一部いちぶひとはわたしのまわりで仕事しごとをする学習者がくしゅうしゃたちをて、いものかわるいものかの区別くべつもせずに、そのはなしぶりやふるいの真似まねをしています。本当ほんとうはどこのだれであろうと、ほうひとつしかなく、この大法ダーファしたがっているかどうかが、本当ほんとう基準きじゅんです。わたしのまわりのひと特別とくべつ指導しどうなどけていません。かれらは研究けんきゅうかい係員かかりいんぎず、みんなとおなじですので、そういうこころをもたないようにしてほしいのです。そういうこころをもつと、あなたはらないうちに大法ダーファ破壊はかいする役割やくわりたすことになります。ひと耳目じもくをそばだたせるようなうわさながしたりすると、トラブルまでこしかねません。学習者がくしゅうしゃ執着心しゅうちゃくしんをかきてられ、あらそって先生せんせいちかくでなに特別とくべつなことをこうとしたりします。こういうことは、いずれもおな問題もんだいではありませんか? 
 その顕示けんじ心理しんりはほかにどんな問題もんだいこすのでしょうか? わたしがこうつたえだしてから、もうねんちましたが、われわれの法輪大法ファルンダーファ修煉しゅうれんしているふる学習者がくしゅうしゃなかで、一部いちぶひとはそろそろこうひらこうとしており、また一部いちぶひと漸悟ぜんご段階だんかいにさしかかっていて、あるときから突然とつぜん漸悟ぜんご状態じょうたいはいります。どうして当時とうじこれらの功能こうのうなかったのでしょうか? あなたを一気いっき非常ひじょうたかいところまでげても、あなたの常人じょうじんこころのぞかれていなかったため、駄目だめだったのです。もちろんあなたの心性しんせいはすでにかなりたかかったのですが、まだおおくの執着心しゅうちゃくしんてられていなかったので、それらの功能こうのうたせるわけにはいかなかったのです。この段階だんかいぎて、安定あんていしてきたら、あなたをいっぺんに漸悟ぜんご状態じょうたいすすませます。この漸悟ぜんご状態じょうたいでは天目てんもくたか次元じげんひらかれ、いろいろな功能こうのうてきます。じついますと、本当ほんとう修煉しゅうれんすれば、最初さいしょからいろいろな功能こうのうあらわれており、あなたはすでにかなりたか次元じげんはいっているので、相当そうとうおおくの功能こうのうっているのです。ちかいうちに、おおくのひとにこのような状態じょうたいあらわれてくるとおもいます。それから、たか次元じげん修煉しゅうれんできないひともいます。かれいているものとかれ忍耐にんたいりょくわせてもかぎられているので、かなりひく次元じげんのままこうひらき、さとりをひらき、完全かんぜんさとりをひらくのです。こんなひとあらわれてきます。
 こういうことをおはなしするのは、いったんそういうひとあらわれてきた場合ばあい、くれぐれもかれらのことをえら覚者かくしゃなどとおもってはいけないことを、みなさんにってほしいからです。これは修煉しゅうれんにおけるきわめて厳粛げんしゅく問題もんだいで、大法ダーファしたがっているものだけがただしいのです。他人たにん功能こうのうや、神通力じんつうりきや、なにかがえるのをて、すぐそのひとについてき、そのひとうことをいたりしてはいけません。そんなことをすれば、あなたもそのひと駄目だめにするかもれません。そのひと歓喜心かんきしんまれたせいで、しまいにはなにもかもうしない、その功能こうのう神通力じんつうりきじられてしまい、ついにしたちていくのです。こうひらいたあとでもちることがあり、制御せいぎょできなければ、さとりをひらいたあとでもちることがあります。ほとけでさえ自分じぶんをうまく制御せいぎょできないとちるのです。ましてあなたは常人じょうじんなか修煉しゅうれんするひとですから、なおさらのことです! ですから、いくらおおくの功能こうのうていようと、いくらおおきい功能こうのう神通力じんつうりきあらわれていようと、絶対ぜったいしっかりと自分じぶん制御せいぎょしなければなりません。このころ、ここにすわっているかとおもうと姿すがたえ、しばらくするとまたあらわれてきたりするひとがいますが、つまりこのようなことです。それよりもっとすごい神通力じんつうりきあらわれてきます。あなたはこれからさきどうすればよいでしょうか? われわれの学習者がくしゅうしゃ弟子でしなら、こういうことが自分じぶんあらわれようと、ひとあらわれようと、崇拝すうはいしたり、もとめたりしてはいけません。こころどうじただけで、あなたはただちに駄目だめになり、ちてしまいます。もしかするとあなたの次元じげんはそのひとよりたかいが、神通力じんつうりきあらわれていないだけかもれません。しかしすくなくともあなたはこの問題もんだいにおいてちてしまいますので、みなさんはくれぐれもこの問題もんだいをつけてください。われわれはすでにこの問題もんだいをたいへん重要じゅうようなことであると位置いちづけています。なぜならそういうことがそろそろあらわれてきますので、いったんあらわれてきたら、自分じぶん制御せいぎょできないといけないからです。
 修煉者しゅうれんしゃは、こうあらわれ、こうひらき、あるいは本当ほんとうさとりをひらいた場合ばあいでも、自分じぶんのことをえらいとおもってはいけません。かれえたことは、かれのいる次元じげんでのことにかぎられています。なぜなら、修煉しゅうれん到達とうたつてんは、さとりの到達とうたつてんであり、心性しんせい基準きじゅん到達とうたつてんであり、知恵ちえ到達とうたつてんでもあるからです。したがって、それよりたか次元じげんのことはしんじられないかもれません。しんじないからこそ、自分じぶんたものが絶対ぜったいで、それしかないとおもむのです。じつはまだまださきながいのですが、かれ次元じげんはそこまでしかないのです。
 一部いちぶひとはその次元じげんこうひらくことになっており、さらにうえへは修煉しゅうれんできないので、この次元じげんこうひらき、さとりをひらくのです。今後こんごわれわれの修煉者しゅうれんしゃなかには、世間せけん小道しょうどうさとりをひらものもいれば、各々おのおの次元じげんさとりをひらものもおり、正果しょうかさとものもいます。正果しょうかさとることこそ最高さいこうです。ことなる次元じげんのどこでもることができるばかりでなく、どの次元じげんにも姿すがたあらわすことができるのです。世間せけん小道しょうどうもっとひく次元じげんこうひらき、さとりをひらいた場合ばあいでも、一部いちぶ空間くうかん一部いちぶ覚者かくしゃ様子ようすえ、それらと交流こうりゅうすることができますが、そのときに、得意とくいになってよろこんだりしてはいけません。なぜなら世間せけん小道しょうどうで、ひく次元じげんこうひらいても、正果しょうかられないからです。これは間違まちがいありません。ではどうすればよいでしょうか? その次元じげんにとどまるしかありません。それからさらにたか次元じげんをめざして修煉しゅうれんするのは、そのあとのことです。そこまでしか修煉しゅうれんできないのに、こうひらかなければどうするのですか? このまま修煉しゅうれんしてもがる見込みこみがありませんので、こうひらくのです。もうたどりける最後さいごのところまで修煉しゅうれんしたということです。こういうひとがたくさんあらわれてきます。どんなことがあらわれてこようと、心性しんせいをしっかり制御せいぎょしなければなりません。大法ダーファしたがっているものだけが本当ほんとうただしいのです。功能こうのうといい、こうひらくことといい、みなあなたが大法ダーファなか修煉しゅうれんしてたものにほかなりません。もし大法ダーファつぎにして、自分じぶん神通力じんつうりきさい重要じゅうようし、あるいはさとりをひらいたひと自分じぶん認識にんしきこそただしいとおもい、極端きょくたん場合ばあいは、うぬぼれて自分じぶん大法ダーファえているとさえおもったりしたら、その時点じてんで、あなたはすでにはじめ、あやうくなり、だんだん駄目だめになっていきます。そうなったときは、修煉しゅうれん無駄むだになるので、本当ほんとう厄介やっかいなことになります。下手へたをするとちていき、修煉しゅうれんだいなしにしてしまいます。
 もうひとつはっきりっておきますが、このほん内容ないようすうかい講習会こうしゅうかい説法せっぽうしたものをわせたもので、すべてわたしがはなしたことです。ひとひとつの言葉ことばはいずれもわたしがはなしたもので、それを一文字ひともじ一文字ひともじテープからこして、弟子でしたち、学習者がくしゅうしゃたちが手伝てつだって録音ろくおんもとづいてうつしてくれたものを、わたしがなんかいなんかいなおしたのです。すべてがわたしのほうで、わたしがいているのはこのほうだけです。



戻る

法輪大法の書籍