轉 法 輪


第八講

 

 辟 穀へき こく


 辟穀へきこく問題もんだい言及げんきゅうしたひとがいます。辟穀へきこくという現象げんしょうたしかに存在そんざいし、修煉界しゅうれんかいにあるだけでなく、われわれぜん人類じんるい社会しゃかいなかすくなからぬひとにこのような現象げんしょうあらわれています。数年すうねんあるいは十数年じゅうすうねんにわたって飲食いんしょくっているひとがいますが、元気げんききています。辟穀へきこくはある次元じげんあらわれだとひともいれば、身体浄化しんたいじょうかあらわれだとひともいます。さらにそれをたか次元じげんにおける修煉しゅうれん過程かていだとひともいます。
 本当ほんとうはすべてちがいます。ではそれはどういうことなのでしょうか? 辟穀へきこく実際じっさいはわれわれが特定とくてい環境かんきょうもと採用さいようした特殊とくしゅ修煉しゅうれん方法ほうほうです。どういう特定とくてい環境かんきょうもとでそれを採用さいようするのでしょうか? 中国ちゅうごく古代こだいとく宗教しゅうきょうがいまだ創立そうりつされなかったときに、修煉者しゅうれんしゃおおくはほとんどみつしゅう独修どくしゅうというような方式ほうしき採用さいようして、深山しんざんなかあるいはやま洞窟どうくつなかはいって、ひとれからとおはなれて修行しゅぎょうしていました。いったんこういうふうにすると、食料しょくりょう調達ちょうたつという問題もんだいきます。もし辟穀へきこく方法ほうほうらなければ、とうてい修煉しゅうれんするどころではなく、なかにするか、かわにしてしまうかにきまっています。わたしは重慶じゅうけいから武漢ぶかん説法せっぽうときふね長江ちょうこうくだってひがしかいました。途中とちゅう三峡さんきょう両側りょうがわ山腹さんぷくのところどころに洞窟どうくつがあるのをかけましたが、おおくの名山めいざんにもこういうものがあります。むかし修煉しゅうれんひとなわがり、なかはいってからなわって、洞窟どうくつなか修煉しゅうれんしました。修煉しゅうれん成就じょうじゅできなければ、なかぬしかないのです。みずもなければ、ものもありません。このようなきわめて特殊とくしゅ環境かんきょうもと特殊とくしゅ修煉しゅうれん方法ほうほう採用さいようされたわけです。
 おおくの功法こうほうはこのようにしてつたえられてたので、辟穀へきこくをもっています。辟穀へきこくをもたない功法こうほうもたくさんあります。今日こんにち社会しゃかいつたわっている功法こうほう大多数だいたすうはこれをもっていません。煉功れんこう専一せんいつおもんじるので、人為じんいてきくままに行動こうどうしてはいけません。それがいとおもって、あなたも辟穀へきこくしたくなったとしても、あなたは辟穀へきこくをしてなにをするのですか? すばらしいとか、めずらしいとおもっているひともいれば、あるいは自分じぶん功夫こうふたいしたものだとおもってせびらかしたいものもおり、いろんな心理しんり状態じょうたいひとがいます。この方法ほうほう採用さいようして修煉しゅうれんしても、自身じしんのエネルギーを消耗しょうもうして身体からだ補充ほじゅうをしなければならないので、ることよりうしなほうおおいのです。みなさんもごぞんじのように、とく宗教しゅうきょうというものが確立かくりつしてから、あなたが寺院じいんこもって坐禅ざぜんをしていても、おちゃやごはん供給きょうきゅうしてくれるひとがいるので、この問題もんだいきません。とくにわれわれは常人じょうじん社会しゃかいなか修煉しゅうれんするので、あなたはまったくこの方法ほうほう採用さいようする必要ひつようはありません。しかも、そもそもあなたの法門ほうもんなかにそういったものがないのなら、あなたは勝手かってにしてはいけないのです。もしあなたがどうしても辟穀へきこくをしたいのなら、きなように修煉しゅうれんすればよいのです。わたしのっているところでは、たか次元じげんこうつたえ、しんひとみちびこうとしている場合ばあい、その法門ほうもんなか辟穀へきこくがあるケースがおおく、そういう現象げんしょうあらわれることもあります。しかし、それはひろ普及ふきゅうさせることができないもので、弟子でしれてひそかに修煉しゅうれんするか、単独たんどく修煉しゅうれんする場合ばあいがほとんどです。
 現在げんざいひと辟穀へきこく気功師きこうしもいます。辟穀へきこくをしたのでしょうか? 結局けっきょく辟穀へきこくをしていません。だれ辟穀へきこくをしたのですか? わたしがたところ、入院にゅういんしたものすくなくないし、生命せいめい危険きけん直面ちょくめんしたものすくなくありません。ではどうしてこのような状況じょうきょうあらわれたのでしょうか? 辟穀へきこくということは本当ほんとうにあるのではないでしょうか? たしかにあります。しかし、われわれ常人じょうじん社会しゃかいのこの状態じょうたいは、たしかに簡単かんたん破壊はかいされることをゆるさないもので、破壊はかいされてはならないのです。国中くにじゅうでみんな練功れんこうしてまざるわざるになれば、いったい全体ぜんたいどれくらいの人数にんずうにのぼるかはさておいて、たん長春ちょうしゅんというところだけでもだれいしなくなったら、わたしにわせるとそれは手間てまはぶけることでしょう! ごはんつくることをにする必要ひつようもありません。農民のうみん野良のら仕事しごと苦労くろうしていますが、みんなべなくなったら、その苦労くろうはぶけます。みんながはたらくだけで、ごはんべないのですから。そんなことがあっていいのでしょうか? それは人類じんるい社会しゃかいえるのでしょうか? 絶対ぜったい駄目だめです。このような事態じたいきてひろ範囲はんい常人じょうじん社会しゃかいをかきみだすことは、ゆるされません。
 一部いちぶ気功師きこうし辟穀へきこくつたえたときおおくの危険きけんあらわれました。辟穀へきこくもとめることに執着しゅうちゃくしているひとがいますが、かれのそのこころてられておらず、おおくの常人じょうじんとしてのこころてられていないため、美味おいしいものをていながらべないと、無性むしょうべたくなります。そのこころきると、おさえきれなくなります。あせりだすと、ものべたくなり、欲望よくぼうるとべたくなり、べなければ飢餓きがかんおぼえます。しかし、べるとすので、もののどとおりません。これが精神せいしん緊張きんちょうこして、すごくこわかんじます。おおくのひと入院にゅういんし、おおくのひと生命せいめい危険きけん直面ちょくめんしたのは事実じじつです。わたしのところへて、これらのめちゃくちゃなことの後片付あとかたづけをしてほしいとたのんだひともいましたが、わたしはこういうことにかかわりたくないのです。本当ほんとうにむちゃなことをする気功師きこうしがいますが、だれよろこんでそういうひどいことの後片付あとかたづけをしてあげようとおもうでしょうか。
 そのうえ、あなたが辟穀へきこくをして問題もんだいしょうじても、それはあなた自身じしんもとめたせいではないでしょうか? われわれはこれらの現象げんしょう存在そんざいしているといますが、しかしそれはこう次元じげんあらわれる状態じょうたいでもなければ、なにかの特殊とくしゅ反映はんえいでもありません。それは特殊とくしゅ状況じょうきょうもと採用さいようされた煉功れんこう方式ほうしきひとつにぎず、しかもそれは普及ふきゅうさせることができるものではありません。辟穀へきこくもとめるひとおおくおり、しかもそれを辟穀へきこくや、半辟穀はんへきこくなどとランクづけしたりしています。あるひと自分じぶんみずむとい、あるひと果物くだものべるといますが、それらはすべて偽辟穀にせへきこくであり、時間じかんながくなると、かなら全部ぜんぶ駄目だめになります。しん修煉しゅうれんするひとは、洞窟どうくつなかこもって、いをちますので、それこそ本当ほんとう辟穀へきこくだとえます。
 

 ぬすむこと


 ぬすむこととうと、とらはなしをするだけで顔色かおいろわるように、こわくて練功れんこうするにならないひとがいます。 修煉界しゅうれんかいひと走火入魔そうかにゅうまとか、ぬすむとかのことをいふらすので、人々ひとびとこわくて練功れんこうこう接触せっしょくすることもできなくなっています。 もしそんなことがいふらされていなければ、もっとおおくの人々ひとびと練功れんこうするかもれません。 一部いちぶ心性しんせいくないこうは、こういうことばかりおしえており、修煉界しゅうれんかいをかきみだしていますが、本当ほんとうかれらのうほどこわいことではありません。 のことを混元気こんげんきとか、このだあのだとどんなにってみても、われわれにわせれば、にほかならないのです。 人体じんたいがあるかぎり、そのひとびょう治療ちりょう健康けんこう保持ほじという次元じげんにいるのであって、まだ煉功者れんこうしゃだとはえません。 ひとがあるかぎり、それは、そのひと身体からだがまだ高度こうど浄化じょうかたっしておらず、やまいがあることを物語ものがたっており、これは間違まちがいのないところです。 ぬすひと次元じげんにいます。 われわれ煉功れんこうするひとだれが、そんなどろどろとしたしがるでしょうか? 煉功れんこうしないひと身体からだ非常ひじょうにごっていますが、煉功れんこうしてからきよくなる可能かのうせいがあります。 そうなったときびょうのあるところに、密度みつどのかなりたか黒色こくしょく物質ぶっしつあらわれてきます。 修煉しゅうれんつづけていって、しんびょうのぞくころになりますと、次第しだいかすかな黄色きいろになります。 さらに修煉しゅうれんつづけていけば、びょう本当ほんとうのぞかれ、くなりますので、乳白体にゅうはくたい状態じょうたいはいります。
 つまりがあるかぎりやまいがあるということです。 われわれは煉功者れんこうしゃで、煉功れんこうしているのにひとをもらってどうしますか? 自分じぶん身体からだ浄化じょうかしなければならないのに、どうしてそのうえにどろどろとしたしいのですか! 絶対ぜったいしがってはいけません。 しがるひとも、ほかならぬ次元じげんにいます。 次元じげんにいる以上いじょうかれにはどれがでどれがわる見分みわけがつかず、そうする能力のうりょくはありません。 あなたの身体からだ丹田たんでんにある「しん」をかれうごかすことができないのです。 そのもとは、かなりたか功夫こうふひとだけがうごかすことができます。 身体からだのそのどろどろとしたを、かれぬすませておけばよいので、なにたいしたことはありません。 わたしは煉功れんこうするときそそぎたいとちょっとおもうだけでも、すぐはらふくらんできます。
 道家どうけでは天字樁てんじとうつとい、佛家ぶっけではをすくいげて灌頂かんじょうするといますが、宇宙うちゅうにはがいくらでもあり、あなたは終日しゅうじつ自分じぶんなかかってそそいでもよいのです。労宮穴ろうきゅうけつひらき、百会穴ひゃくえけつひらいて、なかそそぐといいのです。丹田たんでん意守いしゅし、なかへすくいげてそそげば、もなくいっぱいになります。いっぱいふくらませて、さてなんやくつのですか? をいっぱいためると、ゆびはらるし、身体中からだじゅうるとかんじるひとがいます。そのまえとおひとに、周辺しゅうへんひとつのがあることをかんじさせます。あなたのこうはすごいですねとめられます。わたしにわせるとなんでもないのです。どこにこうがあるというのですか? やはりっているにぎず、がいくらおおくてもこうわることはできません。目的もくてきは、そと身体からだなかえることであり、身体からだ浄化じょうかさせるためです。しかしをためてなにをするのですか? あなたがこの次元じげんにとどまっており、本質ほんしつ変化へんかこっていないかぎり、それはこうではありません。いくらおおぬすんでも、せいぜいおおきな風船ふうせんになるのがちで、なんやくつというのですか? しかもそれはこうエネルギー物質ぶっしつ転化てんかしているわけでもありません。ですからあなたはおそれる必要ひつようはありません。ひと本当ほんとうぬすみたければぬすませればよいのです。
 みなさんかんがえてください。あなたの身体からだがあるかぎりやまいがあるのです。そこでひとぬすとき、あなたの病気びょうきまでも一緒いっしょぬすんでくのではありませんか? かれには全然ぜんぜんそれらを見分みわけることができません。しがるひとという次元じげんにおり、なんちからもないからです。こうのあるひとらないのです。これは間違まちがいありません。しんじられなければ、われわれはためしてみてもよいのです。本当ほんとうぬすみたがるひとがいるのなら、あなたはそこにってかれぬすませなさい。あなたが宇宙うちゅうからなかそそぐことをおもかべている一方いっぽうかれうしろでぬすんでいるとします。なんと素晴すばらしいことではないでしょうか。身体からだ浄化じょうかはやめてくれますし、あなたが「衝灌チョングァン衝灌チョングァン」をすることもはぶけます。他人たにんのものをぬすんだのだから、かれきざしたそのこころわるいのです。結果けっかてきくないものをもらってしまったとしても、かれとくそこなうことをしたのであり、あなたにとくあたえなければなりません。一方いっぽうではあなたのをもらい、他方たほうではあなたにとくあたえる、そういう対流たいりゅうができてしまいます。ぬすひとはこれをらないのです。っていれば、とてもこんなことをする勇気ゆうきはないはずです! 
 およそぬすひとは、顔色かおいろあおいのです。みなそうです。公園こうえん練功れんこうおおくのひとは、病気びょうきのぞくという目的もくてきをもっていて、そこにはどんな病気びょうきもあります。ほかひと病気びょうき治療ちりょうするとき、それをそと排出はいしゅつしなければならないのですが、ぬすひと排出はいしゅつしないばかりか、身体からだにいっぱいんでいますので、どんなやまいももっており、身体からだなかまでくろになっています。かれはいつもとくそこなっているので、かれそとくろです。業力場ごうりきばおおきくなり、とくおおそこなったら、なかそとくろくなります。ぬすひとは、自分じぶん自身じしんにこのような変化へんかこっており、ひととくあたえるような馬鹿ばかなことをしているとかれば、そんなことをやるはずがないのです。
 非常ひじょう摩訶不思議まかふしぎなもののようにひとがいます。あなたがアメリカにいても、わたしがはっするとあなたはけとることができるとか、あなたがかべのむこうでっていれば、わたしがはっするとあなたはけとることができるとかうのです。非常ひじょう敏感びんかんひともいますので、はっせられたたしかにけとることができます。しかしそのは、この空間くうかんとおらずにべつ空間くうかんとおっており、べつ空間くうかんのそこにはかべがないからです。なぜある気功師きこうし平地へいちはっしても、あなたにそれがかんじられないのでしょうか? べつ空間くうかんのその場所ばしょへだてがあるからです。したがってというものは、われわれがっているほどおおきな貫通力かんつうりょくがあるわけではありません。
 しんやくつのは、ほかでもないこうです。煉功者れんこうしゃこうせるようになったときかれにはすでにくなっています。こうエネルギー物質ぶっしつはっしますが、天目てんもくれば一種いっしゅひかりです。それを他人たにん身体からだかってはっしたら、あつかんじられ、直接ちょくせつ常人じょうじん制約せいやくできます。といっても病気びょうき完全かんぜん治療ちりょうする目標もくひょうたっすることはできず、抑制よくせい作用さようしかありません。本当ほんとう病気びょうきなおすには功能こうのう存在そんざいがなければならず、それぞれの病気びょうきたいしてそれぞれの功能こうのうがあります。ちょうミクロの世界せかいにおいて、こうひとひとつの微粒子びりゅうしは、あなた個人こじん姿すがたかたちとおなじです。それはひと識別しきべつできますし、みなれいせいのある、こうエネルギー物質ぶっしつですので、他人たにんぬすんでいったとしても、それはその他人たにんのところにとどまれるものでしょうか? 自分じぶん自身じしんのものでなければにつけようとしても駄目だめで、そのものもそこにとどまるはずがありません。しん煉功れんこうするひとは、こうてからは見守みまもられており、あちらではあなたがなにをしているのかをています。ひとのものをぬすむなど、そのひとゆるすはずがありません。
 

 ること


 ぬすむこととることはいずれも、われわれがこう次元じげんこうつたえるときみなさんのために解決かいけつしてあげなければならないような問題もんだいではありません。修煉界しゅうれんかいのためにいことをし、修煉しゅうれん本来ほんらい意義いぎあきらかにしたいというのもわたしの目的もくてきひとつですので、従来じゅうらいだれはなしたことのないこれらのくない現象げんしょうあきらかにしておきます。みなさんがそれをっていれば、悪事あくじばかりはたらこうとするひともそうすることができなくなるし、こう真相しんそうからないひともいつまでもこわいとおもわなくてすむのです。
 宇宙うちゅうはいくらでもあります。天陽てんようとか、地陰ちいんとかひとがいます。あなたも宇宙うちゅういち分子ぶんしですので、おも存分ぞんぶんればよいのです。しかし宇宙うちゅうるのではなく、もっぱら植物しょくぶつることをおしえるひとがいて、経験けいけんだんまでまとめられています。ポプラのしろく、まつ黄色きいろいとか、いかにればいいか、いつればいいかなど。またこうひともいます。「いえまえがあったが、わたしがったのでらしてしまった」。それが自慢じまんになるのですか? それはわるいことをしているのではないでしょうか? みなさんもごぞんじのように、われわれがしん修煉しゅうれんするためには、良性りょうせい信息しんそくおもんじ、宇宙うちゅう特性とくせい同化どうかすることをおもんじますので、ぜん大事だいじにしなければならないのではありませんか? 宇宙うちゅう特性とくせいしんぜんにん同化どうかするには、そのぜんおもんじなければなりません。わるいことばかりしていて、こうびるでしょうか? 病気びょうきなおせますか? それはわれわれ修煉者しゅうれんしゃにはあるまじきことではありませんか? それも殺生せっしょう悪事あくじであることにわりはありません! ひとはこううかもれません。「あなたはますます不可思議ふかしぎなことをうではないか。動物どうぶつころすことは殺生せっしょうだが、植物しょくぶつらすことも殺生せっしょうなのか」。実際じっさいそうなのです。佛教ぶっきょうでは六道ろくどう輪廻りんねきますが、六道ろくどう輪廻りんねなかで、あなたは植物しょくぶつになるかもれません。佛教ぶっきょうではそううのです。われわれはここでそういうふうにはいません。しかしわれわれがみなさんにおしえておきたいのは、にも生命せいめいがあること、それどころか生命せいめいがあるばかりでなく、かなり高度こうど思惟しい活動かつどうっているということです。
 いちれいげましょう。アメリカに電子でんし研究けんきゅう専門せんもんにしているひとがいて、ひとうそ発見はっけん使つかかたおしえています。あるかれおもいつきでうそ発見はっけん両極りょうきょく一本いっぽん牛舌蘭ぎゅうぜつらんはなにつないで、それからはな根元ねもとみずをかけたところ、うそ発見はっけん電子でんしペンがすばやく曲線きょくせんえがしたのにづきました。この曲線きょくせんはちょうどひと大脳だいのうが、きわめてみじか時間じかんあいだ興奮こうふんよろこびをおぼえたとき曲線きょくせんおなじなのです。植物しょくぶつになぜ感情かんじょうがあるのか! かれおどろきました。かれは「植物しょくぶつにも感情かんじょうがあるぞ」と、まちさけぼうとさえおもいました。この一件いっけん啓発けいはつされて、つづかれはこの方面ほうめん研究けんきゅうをつけ、たくさんの実験じっけんおこないました。
 あるかれほん植物しょくぶつ一緒いっしょならべて、かれ学生がくせい一本いっぽん植物しょくぶつまえでもう一本いっぽん植物しょくぶつみつけさせ、みつぶさせました。それからこのもう一本いっぽん植物しょくぶつ部屋へやなかうつし、うそ発見はっけんにつないで、かれ学生がくせい五人ごにんそとから順番じゅんばんはいらせました。さきに四人よにん学生がくせいはいってましたが、反応はんのうはありません。五番目ごばんめ学生がくせい、つまり植物しょくぶつみつけた学生がくせいはいると、まだちかづいていないのに、電子でんしペンがすばやく曲線きょくせんえがしました。それはひと恐怖きょうふかんじたときにしかられないような曲線きょくせんです。かれ非常ひじょうおどろきました! このことはきわめておおきな問題もんだいあきらかにしてくれました。われわれは従来じゅうらいから人間にんげんこうきゅう生命体せいめいたいだとおもい、人間にんげん感覚かんかく器官きかん機能きのうをもっているので識別しきべつができ、大脳だいのうがあるから分析ぶんせきができるとおもってきました。植物しょくぶつにはなぜ識別しきべつする能力のうりょくがあるのですか? それは感覚かんかく器官きかんっているということではありませんか? 以前いぜんならだれかが植物しょくぶつには感覚かんかく器官きかんがあり、思惟しい感情かんじょうもあり、ひと識別しきべつできるなどとえば、それは迷信めいしんだとめつけられたにちがいありません。それだけではなく、あるめん植物しょくぶつはわれわれ今日こんにち人間にんげんえているようです。
 あるうそ発見はっけん一本いっぽん植物しょくぶつにつないだかれは、「さてどんな実験じっけんをやろうか? でそのいたら、どんな反応はんのうがあるのか」とかんがえました。かれがこうかんがえただけで、まだをつけてはいません。それなのにその電子でんしペンが急速きゅうそくれだし、人間にんげんが「たすけてくれ」とさけときにしかられないような曲線きょくせんえがしました。このちょうかん功能こうのうは、むかし他心通たしんつうばれ、人間にんげん潜在せんざい能力のうりょくで、ほんのうでした。今日こんにち人類じんるいにはそれらがみな退化たいかしてしまっているので、あらためて修煉しゅうれんし、返本帰真へんぽんきしんして、先天的せんてんてきにあるはずの本性ほんしょうもどって、はじめてそれらをつことができます。しかし植物しょくぶつはそれをもっているのです。あなたがなにかんがえているか植物しょくぶつっています。不思議ふしぎこえるかもれませんが、これは実際じっさいおこなわれた科学かがく実験じっけんです。そのひとはいろいろな実験じっけんおこない、遠隔えんかく操作そうさ功能こうのうもやりました。かれ論文ろんぶん発表はっぴょうされると、ぜん世界せかい注目ちゅうもくあつめました。
 各国かっこく植物しょくぶつ学者がくしゃはみなこの方面ほうめん研究けんきゅう展開てんかいしており、くにでもやっていますので、これはもう迷信めいしんなどではありません。わたしはそこで先日せんじつこんなはなしをしました。「今日こんにちわれわれ人類じんるい発生はっせいし、発明はつめいされ、発見はっけんされたおおくのものは、われわれの今日こんにち教科書きょうかしょえるのに十分じゅうぶんなほどです」。しかし人々ひとびとは、伝統でんとうてき観念かんねん影響えいきょうけて、それをみとめようとせず、系統けいとうてきにそれらを整理せいりするひともいません。
 わたしは東北とうほくのある公園こうえん松林まつばやしれているのをました。なにっているのかかりませんが、地面じめんころまわ人々ひとびとがいました。ころまわったあとで、あしったりったりしましたが、松林まつばやしはそれでもなく黄色きいろくなって、全部ぜんぶれてしまいました。これはいことをしたのでしょうか、それともわるいことをしたのでしょうか? われわれ煉功者れんこうしゃ立場たちばかられば、それは殺生せっしょうにほかなりません。あなたは、煉功者れんこうしゃである以上いじょうひとでなければならないのですから、徐々じょじょ宇宙うちゅう特性とくせい同化どうかし、あなたのもっていたくないものをるべきなのです。一方いっぽう常人じょうじん立場たちばからても、それはいこととはえません。公共こうきょうぶつ破壊はかいし、みどり破壊はかいし、生態せいたいバランスを破壊はかいすることなので、どの立場たちばからってもいことではありません。宇宙うちゅうはいくらでもありますから、あなたはおも存分ぞんぶんればよいのです。エネルギーのかなりつよひとは、一定いってい次元じげんまで修練しゅうれんしてから、ちょっとるだけで、かなりひろ範囲はんい植物しょくぶつを、いっぺんにってしまうことができます。しかしそれもぎず、いくらおおってもどうなるというものではありません。公園こうえんって、こればっかりやるひとがいます。「わたしは練功れんこうする必要ひつようがない。あるきながらこうやってむだけで、十分じゅうぶん練功れんこうになるのだ。ればそれでいい」とかれいますが、のことをこうだと勘違かんちがいしているのです。ひとかれちかくにると、かれ身体からだからつめたいものをかんじます。植物しょくぶつ陰性いんせいではないでしょうか? 煉功者れんこうしゃ陰陽いんようのバランスをおもんじますが、身体からだまつにおいがぷんぷんするのに、本人ほんにんっているとおもんでいるのです。
 

 煉功れんこうするそのひとこう


 煉功れんこうするそのひとこうるという問題もんだいはきわめて肝要かんよう問題もんだいです。法輪大法ファルンダーファのどういうところがいいのかとかれましたが、わたしは「法輪大法ファルンダーファこうひとることができるので、煉功れんこう時間じかん短縮たんしゅくすることができる。長期ちょうきてきこうられるので、煉功れんこうする時間じかんがない問題もんだい解決かいけつできる」とこたえました。それにわれわれのものはしん性命せいめい双修そうしゅう功法こうほうであるので、われわれのこの物質ぶっしつ身体しんたいがかなりおおきくわるのです。法輪大法ファルンダーファにはもっとおおきなさがもうひとつありますが、これまでわたしはずっとはなしたことがありません。今日きょうはじめてそれをはなします。それはかなりおおきな歴史的れきしてき問題もんだいからんでおり、修煉界しゅうれんかいあたえる影響えいきょう相当そうとうおおきいので、これまでの歴史れきしにおいてだれもそれをあきらかにする勇気ゆうきがなかったばかりでなく、あきらかにすることがゆるされなかったのです。しかしわたしはそれをはなさないわけにはいかないのです。
 「李洪志りこうし大師だいし言葉ことばひとひとつが天機てんきであり、天機てんきらしているのだ」と弟子でしがいました。しかしわれわれはしんたか次元じげんひとみちびき、つまりひと済度さいどしているのです。みなさんにたいして責任せきにんわなければならないうえに、しかもその責任せきにんになうことができるのですから、天機てんきらすことにはなりません。これにたいして、責任せきにんわずに勝手かってにしゃべるのは天機てんきらすことです。今日きょうわれわれはこの問題もんだい、つまり煉功者れんこうしゃそのひとこうるということをあきらかにします。わたしのるところでは、現在げんざいのあらゆる功法こうほうは、歴代れきだい佛家ぶっけ道家どうけおよびもん功法こうほうふくめて、すべてひと副元神ふくげんしん副意識ふくいしき)を修煉しゅうれんしており、みな副元神ふくげんしんこうているのです。われわれがここで主元神しゅげんしんは、ほかでもない自分じぶん思惟しいのことです。自分じぶんなにかんがえているのか、なにをしているのか自分じぶんかっていなければならないのです。それがあなたの本当ほんとう自分じぶん自身じしんなのです。ところが副元神ふくげんしんなにをやるのかはあなたにはまったくかりません。かれはあなたと同時どうじまれ、おな名前なまえをもち、おな身体からだ主宰しゅさいし、姿すがたかたちがおなじですが、厳密げんみつえば、かれはあなた自身じしんとはえないのです。
 この宇宙うちゅうには「うしなうものがる。修煉しゅうれんするそのひとこうる」というがあります。歴代れきだい功法こうほうは、煉功れんこうときなにかんがえない、恍惚こうこつとした状態じょうたいはいり、それからなにもかもからなくなるぐらいふか入定にゅうじょうするようおしえています。さん時間じかん坐禅ざぜんをあっというのようにかんじるひとがいます。他人たにんかれ定力じょうりき敬服けいふくしますが、本当ほんとうのところかれ修煉しゅうれんしたのかどうか? 本人ほんにんはまったくからないのです。とく道家どうけ功法こうほうには「識神しきしんして元神げんしんしょうず」というかたがあります。その識神しきしんを、われわれは主元神しゅげんしんい、その元神げんしんを、われわれは副元神ふくげんしんいます。あなたの識神しきしん本当ほんとうねば、あなたも本当ほんとうんでしまい、主元神しゅげんしん本当ほんとうくなるのです。べつ功法こうほうひとは「先生せんせい、わたしは練功れんこうするとき家族かぞくからなくなってしまいます」とわたしにいます。またあるひとはわたしにこういます。「わたしは、ほかひとのようにあさはやよるおそくまで練功れんこうなどしません。いえかえっててソファによこたわると、自分じぶん練功れんこうかけるので、わたしはよこになっていてかれ練功れんこうするのをているのです」。わたしはかなしくおもいますが、一方いっぽうそれはかなしいことでもありません! 
 かれらはなぜ副元神ふくげんしん済度さいどするのでしょうか? 呂洞賓りょどうひんは、たとえ動物どうぶつ済度さいどしても人間にんげん済度さいどしない、とったことがあります。人間にんげん本当ほんとうにあまりにもさとりにくいものです。常人じょうじん常人じょうじん社会しゃかいまようので、現実げんじつ利益りえきまえにすると、そのこころることができません。しんじられないかもれませんが、受講じゅこうわってこの講堂こうどうたとたんに、ただちに常人じょうじんわるひとがいます。だれかがかれにさわるようなことをったり、かれ機嫌きげんをちょっとでもそこねたりすると、絶対ぜったい承知しょうちしないのです。しばらくすれば自分じぶん煉功者れんこうしゃであることをきれいさっぱりわすれてしまいます。歴史上れきしじょうおおくの修道しゅうどうひとはみなこのてんづいていますが、人間にんげん済度さいどがたいものだというのは、人間にんげん主元神しゅげんしんがあまりにも頑迷がんめいだからです。悟性ごせいのすぐれたひとは、ヒントをあたえるとただちにかりますが、どんなにおしえてもしんじようとせず、ありえないはなしだとおもひともいます。われわれはどれほどかれ心性しんせい修煉しゅうれんするようおしえてあげても、かれ常人じょうじんなかもどるともと木阿弥もくあみになります。かれ常人じょうじんなかでの確実かくじつ実感じっかんできる、ちっぽけな利益りえき現実げんじつてきだとおもい、それをもとめずにはいられません。そんなひとは、「先生せんせいいたほうは、いているときはなるほどとおもいますが、実際じっさいはとても実行じっこうできません」とうのです。人間にんげん主元神しゅげんしんはいちばん済度さいどがたいのですが、副元神ふくげんしんにはべつ空間くうかん光景こうけいえます。ですからかれらは「なぜ、わたしがあなたの主元神しゅげんしん済度さいどする必要ひつようがあるのか。副元神ふくげんしんもあなたなのだから、かれ済度さいどすればおなじことではないか? どちらもあなたですから、どちらがても結局けっきょくはあなたがることになるのではないか」とおもうのです。
 わたしはその具体ぐたいてき修煉しゅうれん方法ほうほうべましょう。もし、ひと遠隔えんかく透視とうし功能こうのうがあれば、つぎのような光景こうけいえるかもれません。坐禅ざぜんするとき入定にゅうじょうした瞬間しゅんかんに、突然とつぜんふわっとあなたの身体からだなかから、あなたとおな容貌ようぼうのもう一人ひとりのあなたがていくのがえます。しかしあなたの自我じがはどこにいるかかりますか? そこにすわわっているのです。かれてから、れられて演化えんかしたある空間くうかんなか修煉しゅうれんしますが、それは過去かこ社会しゃかい形式けいしきであるかもれませんし、現在げんざい社会しゃかい形式けいしきであるかもれません。あるいはべつ空間くうかん社会しゃかい形式けいしきであるかもれません。かれ毎日まいにちいち時間じかん煉功れんこうおしえてもらい、おおくのくるしみにきました。煉功れんこうわってかえってると、あなたも出定しゅつじょうするのです。これらはえるものです。
 もしえなければなおさらかなしいことです。なにらずに、わけのからないうちに、時間じかん入定にゅうじょうしてそれから出定しゅつじょうするのです。てしまうひともいます。さん時間じかんうとうとすれば煉功れんこうしたつもりになりますが、完全かんぜん自分じぶん他人たにんあずけてしまいました。これはとぎれとぎれに煉功れんこうして完成かんせいすることで、毎日まいにちこれくらいの時間じかん坐禅ざぜんするのです。一回いっかいだけの連続れんぞく完成かんせいするのもあります。みなさんは達磨だるま面壁九年めんぺきくねんはなしをおきになったことがあるかもれませんが、むかしおおくのそうすうじゅうねんすわつづけ、歴史上れきしじょう記録きろくによればいちばんながいのはきゅうじゅうねんあまりですが、もっとながいのもあり、まぶたにほこりが分厚ぶあつくたまり、身体からだくさえてきましたのに、まだそこにすわっていたといます。道家どうけにもこれをおもんじるものがあり、とく一部いちぶもん功法こうほうることをおもんじ、ひとたびるとすうじゅうねん出定しゅつじょうせず、めません。しかし、それではいったいだれ修煉しゅうれんしたのでしょうか? かれ副元神ふくげんしんかけて修煉しゅうれんしたのです。もしかれることができれば、副元神ふくげんしんれて修煉しゅうれんしているのがえます。副元神ふくげんしんもかなりおおきな業力ごうりき背負せおっていることがあり、業力ごうりき全部ぜんぶめっしてやるちからがありません。それでかれに「きみはここでしっかり煉功れんこうしなさい。わたしはちょっとかけて、すぐかえってるから、っていなさい」とうのです。
 なにきるかかっていながら、そうしなければならないのです。するとそこへかれおどかしたり、美女びじょけてかれ誘惑ゆうわくするなど、あらゆることがこります。しかしかれはさすがにこころどうじません。副元神ふくげんしん真相しんそうかりますから、比較的ひかくてき修煉しゅうれんしやすいのです。このがかっとなって、うらみをらすためにかれころそうとおもい、また本当ほんとうかれころしてしまうことさえあります。これで債務さいむ全部ぜんぶ返済へんさいされました。ころされてから、副元神ふくげんしん飄々ひょうひょうとして、けむりのようにます。もう一度いちどまれわって、非常ひじょうまずしいいえとされます。ちいさいときからくるしいおもいをさせられ、物心ものごころつくころになると、がやってました。もちろんかれにはかりません。功能こうのうかれ蓄積ちくせきされていた思惟しいひらいてやります。「このかたではないか?」と、たちどころにかれおもします。「いまはもう大丈夫だいじょうぶだ。修煉しゅうれんしてもよい」とかれげます。こうしてなが歳月さいげつて、つたえるべきものをかれつたえるのです。
 つたえてから、はさらに「きみはたくさんの執着心しゅうちゃくしんてなければならない。そのために行脚あんぎゃかけなさい」とかれいます。行脚あんぎゃ非常ひじょうつらいことで、社会しゃかいなか放浪ほうろうし、物乞ものごいをしながら、いろいろなひと出会であって、あざけられたり、ののしられたり、いじめられたりして、どんなことにも遭遇そうぐうする可能かのうせいがあります。かれ自分じぶん煉功者れんこうしゃであることをつね心掛こころがけ、ひととの関係かんけいただしく処理しょりし、心性しんせいまもり、えず心性しんせい向上こうじょうさせ、常人じょうじんのいろいろな利益りえき誘惑ゆうわくにもこころどうじません。なが歳月さいげつて、かれ行脚あんぎゃからかえってます。そこでうのです。「きみはすでに得道とくどうし、圓満えんまんになった。もうなにもないのでかえって後片付あとかたづけをし、出発しゅっぱつする用意よういをしなさい。なに用事ようじのこっているなら、常人じょうじんなか用事ようじませておきなさい」。このようにしてなが年月ねんげつってから、副意識ふくいしきかえってます。かれかえってると、こっちの主元神しゅげんしん出定しゅつじょうして、しゅ意識いしきめるのです。
 ところがかれのほうはたしかに修煉しゅうれんしていなかったのです。副元神ふくげんしん修煉しゅうれんしたのですから、副元神ふくげんしんこうたわけです。しかし主元神しゅげんしんつらかったのです。なんといってもかれ青春せいしゅんをすべてじっとすわることについやしたので、常人じょうじん年月としつきはすべてってしまったのです。それではどうしたらいいのでしょうか? かれ出定しゅつじょうすると自分じぶんがもうこうにつけて、功能こうのうをもっているとかんじますが、病気びょうき治療ちりょうをはじめ、やりたいことがなんでもできるように、副元神ふくげんしんかれ満足まんぞくさせてやるのです。かれはなんといっても主元神しゅげんしんなのですから、主元神しゅげんしん身体からだ主宰しゅさいし、決定権けっていけんにぎっているのです。しかもこんなに長年ながねんにわたってかれはここにすわり、生涯しょうがいのほとんどをついやしました。死後しご副元神ふくげんしんはなれて、それぞれがそれぞれのみちあゆみます。佛教ぶっきょうかたによれば、かれはやはり六道ろくどうはいらなければなりません。ところがかれ身体からだから一人ひとり大覚者だいかくしゃ修煉しゅうれんをなしげたので、かれ大徳だいとくんだわけです。それではどうなりますか? 来世らいせ高官こうかんになり、大金おおがねちになるかもれません。せいぜいこれぐらいのところです。それでは無駄むだ修煉しゅうれんしたことにならないでしょうか? 
 このことをあきらかにするのは、さまざまの紆余曲折うよきょくせつてはじめて同意どういたのです。わたしは千古せんこなぞ絶対ぜったいってはいけない秘密ひみつなか秘密ひみつあきらかにしました。歴代れきだい修煉しゅうれんにおけるさまざまな修煉しゅうれん方法ほうほう根底こんてい全部ぜんぶあきらかにしたのです。わたしは歴史的れきしてき問題もんだいふかからんでいるといましたね? それはほかでもないこれが原因げんいんです。かんがえてみてください。どの門派もんぱもこのように修煉しゅうれんしているのではないでしょうか? せっかく苦労くろうして修煉しゅうれんしたのにあなた自身じしんこうられないのは、かなしいことではないでしょうか! それはだれのせいにすることができるのですか? 人間にんげんというものはこんなにも頑迷がんめいなので、どうしてもさとらず、いくら手引てびきしてあげても駄目だめです。次元じげんたかいことをえば摩訶不思議まかふしぎなことだとおもい、次元じげんひくいことをえばさとりません。わたしがこんなにっても、まだわたしに病気びょうき治療ちりょうたのみたいひとがいます。わたしはそういうひとたいしてはもうなにえません。われわれは修煉しゅうれんおもんじるので、たか次元じげん修煉しゅうれんする場合ばあいのみ面倒めんどうるのです。
 われわれのこの法門ほうもんでは、しゅ意識いしきこうるのです。ではあなたのしゅ意識いしきこうようとえば、しゅ意識いしきこうるものでしょうか? だれがそれをゆるしてくれるのですか? そうではないのです。それには前提ぜんてい条件じょうけんがなくてはなりません。みなさんもごぞんじのように、われわれのこの法門ほうもん常人じょうじん社会しゃかいけて修煉しゅうれんしているものではなく、トラブルをけたりトラブルからげたりもしません。常人じょうじんのこの複雑ふくざつ環境かんきょうなかで、あなたはめています。それとはっきりかっていながら利益りえきめんにおいてそんこうむり、また他人たにん利益りえきおかされたとき、あなたは他人たにんのようにあらそったりたたかったりはしません。いろいろな心性しんせい邪魔じゃまなかで、あなたはそんこうむっています。あなたはこのようなきびしい環境かんきょうなかで、意志いし錬磨れんまし、心性しんせい向上こうじょうさせ、常人じょうじんのいろいろなくない思想しそう影響えいきょうされながらも、そこからすことができるのです。
 みなさんかんがえてみてください。はっきりかっていながらくるしみにえているのは、あなたではありませんか。犠牲ぎせいはらうのはあなたの主元神しゅげんしんではありませんか。常人じょうじんなかであなたがなにかをうしなときは、あなたははっきりかっていながらうしなうのではないですか? ならばこのこうはあなたがるべきで、それは「うしなうものがる」からです。ですからなぜわれわれのこの法門ほうもんが、常人じょうじん複雑ふくざつ環境かんきょうからはなれずに修煉しゅうれんおこなうかの理由りゆうはここにあります。われわれはなぜ常人じょうじん軋轢あつれきなか修煉しゅうれんしなければならないのでしょうか? ほかでもなくわれわれ自分じぶん自身じしんこうるためです。将来しょうらい寺院じいん修煉しゅうれんする専修せんしゅう弟子でし常人じょうじんなかって行脚あんぎゃしなければならないのです。
 「いまほか功法こうほう常人じょうじんなか修練しゅうれんしているのではないか?」とひとがいますが、しかしそれらはみな病気びょうき治療ちりょう健康けんこう保持ほじ普及ふきゅうさせるもので、しんたか次元じげん修煉しゅうれんすることにかんしては、個人こじんてきつたえているのをのぞいて、おおやけにしてつたえているひとはいません。本当ほんとう弟子でしひとは、すでに弟子でしれてって、ひそかなところでつたえているのです。長年ながねんあいだ、いったいだれ大勢おおぜいまえでこれをはなしたことがあったでしょうか? はなひとはいなかったのです。われわれのこのほうもんでこうしておはなしできるのは、われわれがこのような修煉しゅうれん方法ほうほうをとっているからであり、このようにこうるからです。同時どうじに、われわれの一門いちもんえつけてあげた何千何万なんぜんなんまんにとどまらないものは、全部ぜんぶあなたの主元神しゅげんしんあたえるもので、本当ほんとうにあなた自身じしんこうさせるのです。わたしはいままでだれもやったことのないことをなしげて、このうえないおおきなもんひらいたのです。わたしのこのはなしいてただちにかったひともいますが、実際じっさいわたしはなに特別とくべつ摩訶不思議まかふしぎなことをっているわけではありません。一丈いちじょうのものがあっても一尺いっしゃくとしかわないのがわたしのならわしです。それでもわたしが法螺ほらいているとわれてもかまいません。じつはこれでもほんのすこししかはなしておらず、さらに奥深おくぶか大法ダーファは、次元じげんがあまりにもかけはなれているので、ほんのすこしでもおはなしするわけにはいかないのです。
 われわれのこの法門ほうもんは、まさにこのように修煉しゅうれんし、あなた自身じしん本当ほんとうこうさせるもので、これは天地てんち開闢かいびゃく以来いらいはじめてのことです。あなたは歴史れきし調しらべてみればすぐかることです。そのすぐれたてんは、まさにあなた自身じしんこうることにあります。しかし一方いっぽうでは、それは非常ひじょうむずかしいことでもあります。常人じょうじん複雑ふくざつ環境かんきょうなかで、ひとひととの心性しんせい摩擦まさつなかで、そこからあなたがるということはなによりもむずかしいのです。はっきりかっていながら常人じょうじんとしての利益りえきうしなうという現実げんじつてき利害りがいまえで、こころどうじるかどうか、ひとひととのあいだこころさぐいながら暗闘あんとうするなかで、こころどうじるかどうか、肉親にくしん親友しんゆう苦痛くつう見舞みまわれたときこころどうじるかどうか、そういうときにいかに対処たいしょするのかなど、まさにこういうところがむずかしいのです。煉功者れんこうしゃとなることはこんなにもむずかしいものです! あるひとはわたしに「先生せんせい常人じょうじんなかひとになればそれで十分じゅうぶんでしょう。いったいだれ修煉しゅうれんして本当ほんとう成就じょうじゅできるのですか?」といました。これをいてわたしは本当ほんとうかなしくなりました! かれにはなにいませんでした。どんな心性しんせいもありうるので、かれなりにさとれるだけさとれば、それでもよしとしなければなりません。さとものるのです。
 老子ろうしはこういました。「どうどうとすべきはつねどうにあらず」。もしいたるところにあってただひろげるだけで修煉しゅうれん成就じょうじゅできるものならば、そんなものは貴重きちょうではなくなるのです。われわれの法門ほうもんは、軋轢あつれきなかであなた自身じしんこうさせるのですから、最大限さいだいげん常人じょうじんじゅんじさせており、物質ぶっしつめんにおいてことさらなにかをうしなわせることはありません。しかしあなたはこの物質ぶっしつ環境かんきょうなかみずからの心性しんせいたかめなければならないのです。ここがまさに便利べんりなところですが、われわれの法門ほうもんはいちばん便利べんりで、常人じょうじんなか修煉しゅうれんができるのですから、出家しゅっけしなくてもよいのです。ところがいちばんむずかしいところもまさにここにあります。常人じょうじんのこのもっと複雑ふくざつ環境かんきょうなか修煉しゅうれんするのですから。しかしいちばんのさもまさにそこにあります。なぜならあなた自身じしんこうさせるからです。これがわれわれの一門いちもんのいちばん肝要かんようなところで、今日きょうわたしはみなさんにそれをあきらかにしました。もちろん、主元神しゅげんしんこうれば、副元神ふくげんしんこうます。なぜでしょうか? あなたの身体からだのあらゆる信息しんそくや、あらゆる霊体れいたい、あなたの細胞さいぼうがみなこうばすのですから、当然とうぜんかれこうばします。しかしいつになっても、かれはあなたよりたかくなることはなく、あなたがしゅで、かれ護法ごほう役割やくわりたすだけです。
 ここまでもうげましたので、わたしはもう一言ひとことつけくわえたいとおもいます。われわれの修煉界しゅうれんかいでは、たか次元じげん修煉しゅうれんしたいと熱心ねっしんおもっているひとすくなくありません。あちこちへほうもとめにかけ、かねをたくさんついやしていたるところをまわってきたものの、結局けっきょくもとめる名師めいし出会であえていないのです。有名ゆうめいだからといって明白めいはくとはかぎりません。結局けっきょく無駄足むだあしんで、人力じんりょく財力ざいりょく無駄むだにして、なにられなかったのです。それにたいして、われわれは今日きょうこんなに素晴すばらしい功法こうほうをあなたのためにし、しかもわたしがすでにそれをあなたのまえささげて、あなたのいえ玄関げんかんぐちまでおくとどけているのです。あとはあなたが修煉しゅうれんできるかどうかにかかっています。できるなら修煉しゅうれんつづけてください。修煉しゅうれんできないというなら、今後こんご二度にど修煉しゅうれんのことなどかんがえないほうがよいのです。があなたをだま以外いがいだれおしえてくれるひとはいませんので、これからは修煉しゅうれんをやめたほうがよいのです。わたしがあなたを済度さいどすることができないなら、だれもあなたを済度さいどすることはできません。実際じっさいのところ、いま正真正銘しょうしんしょうめい正法しょうぼうさがすのは、てんのぼることよりもむずかしく、かまってくれるひとなどまったくいません。末法まっぽう時期じきには、かなりたか次元じげん末劫まつごうなかにあるので、常人じょうじんなどかまうどころではないのです。このわれわれの法門ほうもんもっと便利べんり法門ほうもんであり、しかも宇宙うちゅう特性とくせいしたがって直接ちょくせつ修煉しゅうれんするので、人心じんしんぐにし、もっとはや近道ちかみち修煉しゅうれんできます。
 

 しゅう てん


 道家どうけではだいしょう周天しゅうてんいますが、これからは周天しゅうてんとはなにかについておはなしします。われわれが一般いっぱん周天しゅうてんとは、にんとくみゃくをつながせることです。この周天しゅうてんはうわべだけの周天しゅうてんで、なんにもならないものであり、たんなる病気びょうき治療ちりょう健康けんこう保持ほじのものにぎず、しょう周天しゅうてんいます。このほかにもうひとつの周天しゅうてんがあり、それはしょう周天しゅうてんとも大周天だいしゅうてんともわず、禅定ぜんじょうなか修煉しゅうれんする周天しゅうてん形式けいしきひとつです。それは身体からだなかで、泥丸でいがん一回ひとまわりしてりて、身体からだなかとおって丹田たんでんまでいちしゅうしてがってくる、内在ないざい循環じゅんかんで、しん禅定ぜんじょうなか修煉しゅうれんする周天しゅうてんです。この周天しゅうてん形成けいせいされてからかなりつよいエネルギーのながれを形成けいせいし、それからいちみゃく百脈ひゃくみゃくひきい、ほかみゃくをすべてひらかせます。道家どうけ周天しゅうてんおもんじますが、佛教ぶっきょう周天しゅうてんおもんじません。佛教ぶっきょうなにおもんじるのでしょうか? 釈迦牟尼しゃかむにかれほうつたえるときこうについてかたりませんでしたし、こうおもんじませんでしたが、かれ功法こうほうにもかれ独自どくじ修煉しゅうれん演化えんか形式けいしきがあります。佛教ぶっきょうみゃくはどういうふうにはしっているのでしょうか? 百会穴ひゃくえけつというてんをすっかりつうじるようにしてから、螺旋らせんしきあたまのてっぺんから身体からだしたすすみ、最後さいごにこの方法ほうほう百脈ひゃくみゃくひらかせるのです。
 密教みっきょう中脈ちゅうみゃくもこの目的もくてきです。中脈ちゅうみゃくはないとひとがいますが、それではなぜ密教みっきょう中脈ちゅうみゃく修煉しゅうれんによってせるのでしょうか? じつ人間にんげん身体からだのあらゆるみゃくわせると、いちまんにもとどまらず、血管けっかんのように縦横じゅうおう交錯こうさくしており、血管けっかんよりもおおいのです。内臓ないぞう隙間すきま部分ぶぶん血管けっかんはありませんが、みゃくはあります。あたまのてっぺんから身体からだかく部分ぶぶんまで同様どうよう縦横じゅうおう交錯こうさくする脈絡みゃくらくがあり、それらを連接れんせつしますが、はじめはぐにはいかないかもれませんが、連接れんせつしてきます。それからだんだんとひろげていきますと、次第しだい一本いっぽんちょくみゃくができあがります。このみゃくじくとして自転じてんし、水平すいへい回転かいてんする意念いねんなかでのいくつかのりんうごかしますが、目的もくてきはやはり身体からだのすべてのみゃく全部ぜんぶひらかせることです。
 われわれ法輪大法ファルンダーファ修煉しゅうれん一脈いちみゃく百脈ひゃくみゃくひきいるという形式けいしきけて、はじめから百脈ひゃくみゃく同時どうじひらかせ、百脈ひゃくみゃく同時どうじ作動さどうするようにします。われわれはいきなりかなりたか次元じげんって修煉しゅうれんしていますので、ひくいものをけました。一脈いちみゃく百脈ひゃくみゃくひきいるというのですが、それを全部ぜんぶひらかせようとするには、一生いっしょう修煉しゅうれんしても無理むりひとがいますし、すうじゅうねん修煉しゅうれんしなければならないひともいて、とてもむずかしいことです。一世いっせだけでは成就じょうじゅできないとっている功法こうほうすくなくありませんが、おおくの奥深おくぶか大法たいほうなか修煉しゅうれんするひと寿命じゅみょう延長えんちょうすることができます。かれは、めいおさめることをおもんじているのではないでしょうか? 寿命じゅみょう延長えんちょうして修煉しゅうれんできますが、修煉しゅうれん非常ひじょう時間じかんがかかります。
 しょうしゅうてん基本的きほんてき病気びょうき治療ちりょう健康けんこう保持ほじのものであるのにたいして、大周天だいしゅうてんこうることなので、ひとしん修煉しゅうれんすることになるのです。道家どうけ意味いみする大周天だいしゅうてんは、われわれのようにいきなり百脈ひゃくみゃく全部ぜんぶひらかせることではありません。それはすうほんみゃく運行うんこうであり、さんいんさんようあしうら両足りょうあしからずっとかみまで、身体からだ全体ぜんたい一通ひととおりめぐれば、これでいわゆる大周天だいしゅうてん循環じゅんかんになります。大周天だいしゅうてんはじめからしん煉功れんこうですから、一部いちぶ気功師きこうし大周天だいしゅうてんのことをつたえずに、病気びょうき治療ちりょう健康けんこう保持ほじのものだけつたえているのです。大周天だいしゅうてんについてはなひともいますが、あなたになにえつけてくれないし、あなた自身じしんくことができません。なにえつけてもらわずに、自分じぶん意念いねんによってこうとすることは、くちうほど容易よういではありません! 体操たいそうをやるかのように、それをくことはできるでしょうか? 「しゅうおのれにありて、こうにあり」なのですから、内在ないざいのこの「せい」を全部ぜんぶあなたにえつけてあげて、はじめてこのような作用さようをするのです。
 道家どうけ従来じゅうらいから人体じんたいひとつの小宇宙しょううちゅうなしており、身体からだなかおおきさ、様相ようそう宇宙うちゅうのそれとおなじだとかんがえています。これは不思議ふしぎなことのようにおもわれ、あまり容易ようい理解りかいできないかもれません。「宇宙うちゅうはこんなにおおきいのに、どうしてひと身体からだくらべられるだろうか?」 われわれはこうこたえます。現在げんざい物理ぶつりがく物質ぶっしつ成分せいぶん研究けんきゅうして、分子ぶんし原子げんし電子でんし陽子ようし、クォークからずっと中性微子ちゅうせいびしまでいたりましたが、さらにしたけばどれほどのおおきさになるでしょうか? その段階だんかいになると顕微鏡けんびきょうではもうえなくなり、さらにしたくとそのさきにある極小きょくしょう微粒子びりゅうしなんでしょうか? からないのです。じつ現在げんざい物理ぶつりがく到達とうたつしたこの認識にんしきは、宇宙うちゅうなかのいちばん微小びしょう微粒子びりゅうしくらべれば、あまりにもかけはなれているのです。ひと肉身にくしんがないとき、ものをひと拡大かくだいするはたらきをもつので、ミクロの世界せかいえるのです。次元じげんたかければたかいほど、ミクロの世界せかいえるものがおおきくなります。
 釈迦牟尼しゃかむにはあのような次元じげんにおいて、三千大千さんぜんだいせん世界せかい学説がくせつきました。つまりこの銀河系ぎんがけいなかには、まだわれわれ人類じんるいのような肉身にくしんひと存在そんざいしているのです。またひとつぶすななか三千大千さんぜんだいせん世界せかいふくまれているせつきましたが、これは現代げんだい物理ぶつりがく認識にんしき合致がっちするのです。電子でんし原子核げんしかくをめぐって回転かいてんする形式けいしきは、地球ちきゅう太陽たいようをめぐって回転かいてんすることとちがうところがあるでしょうか? ですから釈迦牟尼しゃかむにはミクロの世界せかいでは、ひとつぶすななか三千大千さんぜんだいせん世界せかいがあるとっており、それはあたかもひとつの宇宙うちゅうのように、そのなか生命せいめいがあり物質ぶっしつがあります。もし本当ほんとうなら、みなさんかんがえてください。ではそのすななか世界せかいなかにはまたすながありますね? それではそのすななかすななかにはまた三千大千さんぜんだいせん世界せかいがあるのではないでしょうか? ではそのすななかすななか三千大千さんぜんだいせん世界せかいにはまたすながあるのではないでしょうか? したってけばきることはありません。ですから如来にょらいという次元じげんたっした釈迦牟尼しゃかむにはかえってつぎのような言葉ことばくちにしました。「だいそとく、しょううちし」。だいは、宇宙うちゅうてがえず、しょうは、その本源ほんげん物質ぶっしつのいちばん微小びしょうのものがなにえないということです。
 ある気功師きこうしは、もうあななか都市としがあり、なか汽車きしゃはしったり、自動車じどうしゃはしったりしている、といました。摩訶不思議まかふしぎこえますが、われわれが科学かがく立場たちばって本当ほんとう理解りかいをし、研究けんきゅうをすれば、このかたべつ不思議ふしぎなものではないとかります。先日せんじつわたしが天目てんもくひらくことをはなしたとき天目てんもくひらけばおおくのひとつぎのような光景こうけいあらわれるだろうといました。みずからのひたいにある通路つうろ沿ってそとはしりますが、はしってもはしってもみちきないかのようです。毎日まいにちのように、煉功れんこうときこのみち沿ってそとはしりますが、りょうがわやまがあり、みずがあり、はしときまちとおることもあり、たくさんの人々ひとびとにも出会であいます。本人ほんにんはこれを幻覚げんかくだとおもいます。どういうことでしょうか? はっきりとえているので、幻覚げんかくではないのです。もし人間にんげん身体からだがミクロの世界せかい本当ほんとうにそんなに広大こうだいならば、それは幻覚げんかくではありません。道家どうけ煉功れんこう従来じゅうらいから人体じんたいひとつの宇宙うちゅうだとなしていますから、もし本当ほんとうひとつの宇宙うちゅうなら、ひたいから松果体しょうかたいまで十万八千里じゅうまんはっせんりどころではありません。そとかってどんどんはしってみてください。とてつもなくとおいものです。
 修煉しゅうれん過程かていにおいて大周天だいしゅうてん全部ぜんぶけば、修煉者しゅうれんしゃ一種いっしゅ功能こうのうがもたらされることになります。どんな功能こうのうでしょうか? みなさんもごぞんじのように、大周天だいしゅうてん子午しご周天しゅうてんともばれ、乾坤けんこんうんてんともばれ、河車かしゃうんてんともばれます。非常ひじょうひく次元じげんにおいても大周天だいしゅうてん運行うんこうすればひとつのエネルギーりゅう形成けいせいされますが、それは次第しだい密度みつど増大ぞうだいしてさらにたか次元じげん転化てんかし、密度みつど非常ひじょうおおきいエネルギーたいわります。このエネルギーたい運行うんこうしており、運行うんこうする過程かていで、われわれが非常ひじょうひく次元じげんから天目てんもくれば、それが身体からだなか位置いちえるはたらきをもっていることにづきます。心臓しんぞうちょううつり、肝臓かんぞううつった……ミクロの世界せかいれば、それが運搬うんぱんしているのはかなりおおきなものだとかりますが、もしこのエネルギーたい体外たいがいせば、それが運搬うんぱんこうにほかなりません。こう非常ひじょうつよひとは、非常ひじょうおおきなものを運搬うんぱんできます。つまりだい運搬うんぱんです。こうよわひとは、ちいさなものを運搬うんぱんでき、それがしょう運搬うんぱんです。これが運搬うんぱんこう形式けいしきとその生成せいせいです。
 大周天だいしゅうてん直接ちょくせつ煉功れんこうするのですから、それまでとちがった状態じょうたいこう形式けいしきをもたらすことができますし、きわめて特殊とくしゅ状態じょうたいをもたらすこともできます。どんな状態じょうたいでしょうか? みなさんは古書こしょなかでごらんになったかもれませんが、たとえば『神仙しんせんでん』あるいは『丹経たんけい』、『道蔵どうぞう』、『性命圭旨せいめいけいし』のなかにみな「白日飛昇はくじつひしょう」という言葉ことばられます。つまり真昼間まっぴるまひとがるのです。みなさんにここではっきりおしえますが、大周天だいしゅうてんとおるとひとぶことができるのです。いたって簡単かんたんです。こんなに長年ながねん煉功れんこうがなされているので、大周天だいしゅうてんとおったひとすくなくないだろうとおもひとがいるでしょう。わたしにわせれば、この程度ていどたっすることができたひとなんまんにんいても不思議ふしぎなことはありません。なぜなら大周天だいしゅうてんはなんといっても煉功れんこうはじまりだからです。
 それではなぜこれらのひとがるのをかけないのでしょうか? そらぶのをかけないではありませんか? 常人じょうじん社会しゃかい状態じょうたい破壊はかいされてはならないもので、その社会しゃかい形態けいたい勝手かって破壊はかいまたは改変かいへんしてはいけないのです。人間にんげんはみんなそらんでいいものでしょうか? それは常人じょうじん社会しゃかいえるのでしょうか? これがその理由りゆうおも一面いちめんですが、もうひとつは、常人じょうじんなか人間にんげんひとであるのが目的もくてきではなく、返本帰真へんぽんきしん目的もくてきなのですから、そこにやはり悟性ごせい問題もんだいがあるのです。おおくのひと間違まちがいなくべるのをてそのひと修煉しゅうれんしはじめるとなれば、悟性ごせい問題もんだい存在そんざいしなくなります。ですからあなたが修行しゅぎょうしても、ひと簡単かんたんられてはならず、ひとしめしてはならないのです。他人たにんはまだ修煉しゅうれんしなければならないのです。ですから大周天だいしゅうてんとおったあと、あなたの指先ゆびさきあし指先ゆびさきあるいはある箇所かしょかぎをかけさえすれば、あなたはがらなくなります。
 大周天だいしゅうてんがまもなくとおろうとするとき、よくつぎのような状態じょうたいあらわれます。坐禅ざぜんするとき身体からだがいつもまえかたむひとがいます。背中せなか比較的ひかくてきよくとおり、非常ひじょうかるくなったためまえおもかんじられるからです。うしろへかたむひとがいますが、背中せなかおもく、まえかるかんじられるからです。もしすべてにおいてよくとおっていれば、すりげられ、うえられ、地面じめんからがろうとする感覚かんかくおぼえるでしょう。いったん本当ほんとうがれるようになったら、今度こんどはあなたにがらせないのです。といってもそれは絶対ぜったいてきではありません。子供こども執着心しゅうちゃくしんがなく、老人ろうじんとく年配ねんぱい婦人ふじんには執着心しゅうちゃくしんがないので、この両端りょうたん功能こうのうやすく、保持ほじしやすいのです。男性だんせいとく若者わかものは、いったん功能こうのうあらわれると、誇示こじしようとする心理しんりけられません。しかもかれはそれを常人じょうじんなかでの競争きょうそう手段しゅだんひとつとするかもれません。それではそういうことの存在そんざいゆるされないので、修煉しゅうれんしてつようになったものもかぎをかけてやらなければなりません。一ヵ所いっかしょかぎをかけてしまうと、がれなくなります。絶対ぜったいにこの状態じょうたい全然ぜんぜん出現しゅつげんさせないというわけでもなく、あなたにちょっとためさせるかもれません。ひとによっては保持ほじしていくことがゆるされるひともいます。
 各地かくち講習会こうしゅうかいおこなったとき、どこでもこういうことがありました。わたしが山東さんとう講習会こうしゅうかいおこなったとき、そのなかには済南さいなん学習者がくしゅうしゃも、北京ぺきん学習者がくしゅうしゃもいましたが、あるひとがこんなことをいました。「先生せんせい、わたしはどうしたのでしょう。あるとき地面じめんはなれそうながし、いえているときがり、布団ふとんけたら布団ふとんまでがり、いつも風船ふうせんのようにがりそうです」。貴陽きよう講習会こうしゅうかいおこなったとき貴州きしゅうふる学習者がくしゅうしゃで、おばあさんがいました。彼女かのじょ部屋へやにベッドがふたつあって、それぞれひとつずつ両側りょうがわかべせてかれています。彼女かのじょがベッドにすわって坐禅ざぜんをすると、自分じぶんがったがしたので、ひらいてたらこうがわのベッドにんでっていました。彼女かのじょが、もどらなくてはとおもうと、またふわふわともどってました。
 青島チンタオのある学習者がくしゅうしゃは、昼休ひるやすみのとき部屋へやひとがいないので、ベッドのうえ坐禅ざぜんしました。かれ坐禅ざぜんするとすぐにがり、いちメートルあまりのたかさまではげしくすりげられました。がってはち、おとてて上下じょうげしているうち、布団ふとん震動しんどうゆかちました。本人ほんにんはちょっと興奮こうふんしましたが、一方いっぽうではすここわいともおもいました。れにれ、昼休ひるやすちゅうずっとれました。最後さいご始業しぎょうベルがりましたので、こころなかでは、ひとられてはいけない、なにをしているのかとおもわれるから、はやまってくれとおもいました。それでまりました。これがなぜ年配ねんぱいかた自制じせいできるかの理由りゆうです。もし若者わかものなら、始業しぎょうベルがると、「みなてごらん、ぼくんでいるよ」とさけびたくなるでしょう。「ほらぼくのこうはすごいだろう、ぼくはべるのだ」。自分じぶん顕示けんじしん容易ようい自制じせいできないとはこういうことです。しかしかれ顕示けんじしようとおもうと、なにもかもなくなってしまいます。こんなことの存在そんざいゆるされないのです。こういうことはたくさんあり、どこの学習者がくしゅうしゃにもあります。
 われわれははじめから百脈ひゃくみゃく全部ぜんぶひらかせます。今日きょうまで、われわれのはちわりきゅうわりひと身体からだ軽快けいかい状態じょうたいたっしており、病気びょうきがなくなりました。同時どうじにこれまでおはなししてきたように、この講習会こうしゅうかいではあなたをこのような状態じょうたいしあげて、あなたの身体からだ完全かんぜん浄化じょうかさせ、そのうえこの講習会こうしゅうかいあいだこうるようあなたの身体からだなかおおくのものをえつけています。ですから、わたしはあなたをりあげたうえに、まえしているのにひとしいことをしたとえます。わたしは講習会こうしゅうかいみなさんにほうをずっとつづけており、みなさんの心性しんせいえず変化へんかしています。われわれのおおくはこの講堂こうどうたら、自分じぶんべつひとまれわったようにかんじられるにちがいありません。あなたの世界せかいかんちがいなくわり、これからどんな人間にんげんになるべきかがかり、いままでのようにおろかにらすわけにはいかないとかるにちがいありません。絶対ぜったいそうです。したがってわれわれの心性しんせいがすでにがってきたとえるのです。
 大周天だいしゅうてんのことですが、あなたをがらせはしませんが、あなたは身体からだかろやかになり、かぜってあるくようにかんじることになるでしょう。以前いぜんはちょっとあるくとつかれましたが、いまはいくらあるいても平気へいきで、自転車じてんしゃってもだれかにされているかのようにかんじ、ビルの階段かいだんをいくらたかのぼってもつかれをかんじません。絶対ぜったいそうなります。このほんんで独自どくじ修煉しゅうれんするひと同様どうように、あるべき状態じょうたいたっすることができます。わたしはいたくないはなし無理むりわない人間にんげんですが、わたしがくちにすることはつね本当ほんとうはなしでなければなりません。とくにこのような状況じょうきょうもとで、ほういていながら本当ほんとうのことをわず、まゆつばもののはなしをし、目標もくひょう焦点しょうてんさだめずに勝手かってにでたらめをうとしたら、わたしは邪法じゃほうつたえることになってしまいます。わたしがこれを遂行すいこうするのも容易よういなことではありません。宇宙うちゅうなかでみなていますので、あなたが間違まちがった方向ほうこうにずれてはいけないのです。
 一般いっぱんひとは、このような周天しゅうてんひとつあるということをればもうことりるとおもいがちですが、じつはそれではまだ駄目だめです。身体からだができるだけはや完全かんぜんこうエネルギー物質ぶっしつによってえられ、転化てんかされるところまでたっしようとするには、身体からだのあらゆるみゃくはし方向ほうこうひきいる、もうひとつの周天しゅうてん形式けいしき運行うんこう方向ほうこう必要ひつようとします。それは卯酉ぼうゆう周天しゅうてんび、っているひと非常ひじょうすくないかもれません。書物しょもつによってはたまにこの名詞めいしげていることがありますが、これを解説かいせつするひとはなく、おしえてもくれません。秘中ひちゅうですから、すべて理論りろんめぐって遠回とおまわりしています。われわれはここで全部ぜんぶあきらかにします。百会穴ひゃくえけつからはじまってもよく(会陰穴えいんけつからてもよいが)、とおしてから陰陽いんよう両面りょうめん境目さかいめはしり、みみふちからりて、それからかたとおってります。ゆび隙間すきま一本いっぽんずつはしります。それから身体からだ側面そくめんはしり、あしうらとおり、股下またした片側かたがわからがってます。それからもう一方いっぽう片側かたがわからりて、またあしうらとおって、身体からだ側面そくめんからがってます。ゆび隙間すきま一本いっぽんずつはしり、いちしゅうしてあたまのてっぺんに到着とうちゃくする。これが卯酉ぼうゆうしゅうてんです。他人たにんならばこれで一冊いっさつほんくでしょうが、わたしはたった二言三言ふたことみことでそれをあきらかにしました。わたしはこれは天機てんきというほどのものでもないとおもいますが、しかしほかひとはこれらのものはみなすこぶる貴重きちょうなものだとなして、全然ぜんぜんかたろうとせず、しん弟子でしつたえる場合ばあいにだけ卯酉ぼうゆうしゅうてんのことをおしえるのです。わたしはいまこれをあきらかにしましたが、だれもそれを意念いねんみちびき、制御せいぎょして修煉しゅうれんしてはなりません。あなたがそうやればわれわれの法輪大法ファルンダーファではなくなります。本当ほんとうたか次元じげんへの修煉しゅうれん無為むいであり、いかなる意念いねん活動かつどうもありません。あなたにできあがったものを全部ぜんぶえつけてあげるのです。これらはみな自動的じどうてき形成けいせいされたもので、これらの内在ないざいがあなたをっており、ときいたればそれが自転じてんはじめるのです。あるあなたが煉功れんこうするときあたまうごくことになりますが、あたまがこちらへうごけば、それはこちらにまわります。あたまがあちらへうごけば、あちらにまわります。両方向りょうほうこうともまわるのです。
 だいしょうしゅうてんとおるようになってから、坐禅ざぜんではあたまがうなずくことがあります、これはエネルギーが通過つうかする現象げんしょうです。われわれが修煉しゅうれんしている法輪ファルン周天しゅうてんほうおなじで、われわれはこのように修煉しゅうれんするのですが、じつはあなたが煉功れんこうしていないときでもそれが自分じぶんまわっています。普段ふだんはずっといつまでもまわっていますが、あなたがときはこのつよめるのです。われわれはほうひとるとっているではありませんか? 普段ふだんあなたは周天しゅうてんがいつも循環じゅんかんしていることにがつくでしょう。あなたが煉功れんこうをしていなくても、外側そとがわえつけたこのそう気機ききは、ほかならぬ外在がいざいてき大脈たいみゃくで、あなたの身体からだひきいてっており、それはすべて自動的じどうてきです。それは反転はんてんすることもでき、せいはん両面りょうめんともまわるので、いつでもあなたのみゃくとおしています。
 ではしゅうてんとお目的もくてきなんでしょうか? しゅうてんとおすこと自体じたい煉功れんこう目的もくてきではありません。たとえしゅうてんとおったとしても、わたしにわせればなんでもないことです。さらに修煉しゅうれんつづけなければなりません。目的もくてきしゅうてんという形式けいしきつうじて一脈いちみゃく百脈ひゃくみゃくひきいて、身体中からだじゅうみゃく、あらゆるみゃく全部ぜんぶひらかせることです。われわれはすでにこのことをやっているのです。つづけて修煉しゅうれんしていけば、大周天だいしゅうてんとおときみゃく修煉しゅうれんによってゆびほどのふとさになっており、なか非常ひじょうひろいとかんじるひともいます。エネルギーも非常ひじょうつよくなっているので、エネルギーりゅう形成けいせいされてからそれはかなりひろくなり、かなりあかるくもなります。しかしこれもまだたいしたことではありません。それではどの程度ていどまで修煉しゅうれんしなければならないのでしょうか? ひと身体からだ百脈ひゃくみゃく次第しだいひろがり、エネルギーがますますつよくなり、ますますあかるくなるようにしなければなりません。最後さいごにはまんのぼみゃく一面いちめんにつないで、身体からだ全体ぜんたいひとつにつながるような、みゃくくツボも境地きょうちたっする、これがみゃくとおすことのめざす最終さいしゅうてき目標もくひょうです。その目的もくてきひと身体からだをすべてこうエネルギー物質ぶっしつ転化てんかさせることです。
 ここまで修煉しゅうれんしたときひと身体からだはほとんどこうエネルギー物質ぶっしつ転化てんかされ、つまりすでに世間法せけんほう修煉しゅうれんさい高次元こうじげんまで修煉しゅうれんしてきたのであり、人体じんたい肉身にくしんはすでにさい頂点ちょうてんにまで修煉しゅうれんしたのです。ここにいたったとき、またかれにあるしゅ状態じょうたいがもたらされます。どういう状態じょうたいなのでしょうか? かれこうがすでにかなり豊富ほうふています。常人じょうじん身体からだ修煉しゅうれん、つまり世間法せけんほう修煉しゅうれん過程かていにおいて、人間にんげんのあらゆる超能力ちょうのうりょく潜在せんざい功能こうのう)、一切いっさいのものが全部ぜんぶましたが、しかし常人じょうじんなか修煉しゅうれんしているかぎり大部分だいぶぶんざされているのです。そしてかれ功柱こうちゅうはすでに相当そうとうたかくなり、すべてのこう形式けいしきは、みな強大きょだいこうによって相当そうとうつよ加持かじされました。しかしそれはわれわれのこの現有げんゆう空間くうかんなかでは役立やくだちますが、空間くうかんまでは制約せいやくすることができません。なぜならそれはただわれわれ常人じょうじんにくたいから修煉しゅうれんしてできた功能こうのうぎないからです。とはいえ、もう相当そうとう豊富ほうふになっており、かく空間くうかんなかで、ことなる空間くうかんなかにいる身体からだのさまざまな存在そんざい形式けいしきにおいて、みな相当そうとうおおきな変化へんかきました。その身体からだっているもの、各層かくそう空間くうかんにいる身体からだそれぞれがっているものはみな相当そうとう豊富ほうふであり、おそろしくえるほどです。身体からだいたるところにがあり、身体中からだじゅう毛穴けあながみなであるひともいますが、かれ空間くうかん範囲はんいないのどこにでもがあります。佛家ぶっけこうですから、全身ぜんしん菩薩ぼさつほとけ姿すがたかたちがある身体からだもあります。かくしゅこう形態けいたいはすでにきわめて豊富ほうふなレベルにたっしたばかりでなく、おおくの生命体せいめいたいあらわれてます。
 この段階だんかいいたったとき三花さんか聚頂しゅうちょうという状態じょうたいあらわれます。それは非常ひじょう顕著けんちょ状態じょうたいであり、非常ひじょう目立めだちますので、天目てんもく次元じげんたかくないひとでもることができます。頭上ずじょうさんりんはながあり、いちりん蓮花れんげ、しかしわれわれの物質ぶっしつ空間くうかんなかはすはなではなく、ほかりんべつ空間くうかんはなで、非常ひじょううつくしいのです。さんりんはな順番じゅんばん頭上ずじょう回転かいてんし、みぎまわり、ひだりまわりするほか、さんりんはな自転じてんすることもできます。どのはなにも一本いっぽんおおきなはしらがあり、はな直径ちょっけいおなふとさです。三本さんぼんおおきなはしらてんうえ直通ちょくつうしていますが、それは功柱こうちゅうではなく、こういうかたちをとっているだけです。非常ひじょう玄妙げんみょうですので、あなた自身じしんたらびっくりします。この段階だんかいまで修煉しゅうれんすると、身体からだしろくてきよらかで、皮膚ひふのきめもこまかくなります。この段階だんかいいたったときは、世間法せけんほう修煉しゅうれん最高さいこう形式けいしき到達とうたつしたことになります。しかしこれはまだ頂点ちょうてん到達とうたつしたのではなく、修煉しゅうれんをまだつづけなければならないし、さらにまえすすまなければならないのです。
 さらにまえすすめば、世間法せけんほう出世間法しゅっせけんほうとのあいだ過渡かと段階だんかいはいりますが、それは浄白体じょうはくたい晶白体しょうはくたいともう)状態じょうたいいます。身体からだ世間法せけんほう最高さいこう形式けいしきまで修煉しゅうれんしたとしても、ひと肉身にくしん最高さいこう形式けいしき転化てんかされたのにぎません。しんにその形式けいしきはいったとき身体からだ全体ぜんたい完全かんぜんこうエネルギー物質ぶっしつ構成こうせいされるようになります。なぜ浄白体じょうはくたいうのでしょうか? それがすでに絶対ぜったいてき高度こうど純粋じゅんすいさにたっしたからです。天目てんもくれば、身体からだ全体ぜんたい透明とうめいで、透明とうめいなガラスのようになり、にはなにもない、というような状態じょうたいあらわれることになります。はっきりって、それはすでに佛体ぶったいなのです。こうエネルギー物質ぶっしつ構成こうせいされた身体からだは、われわれ本来ほんらい身体からだとは、もうことなっています。この段階だんかいいたったとき身体からだ出現しゅつげんした一切いっさい功能こうのうじゅつるいのものはいっぺんに全部ぜんぶてなければなりません。それを非常ひじょうふか空間くうかんなかとしてしまうのです。用途ようとはもうありません。これからもうふたた使つかうこともありません。せいぜい将来しょうらいあなたが成就じょうじゅ得道とくどうしたに、修煉しゅうれん過程かていかえってみるときに、それをしてるぐらいです。そのときふたつのものだけが存在そんざいしています。功柱こうちゅうはまだあり、修煉しゅうれんした元嬰げんえいはもうかなりおおきくなっています。ところがこのふたつのものは非常ひじょうふか空間くうかんにいますから、普通ふつうひと天目てんもく次元じげんたかくないのでることができず、このひと身体からだ透明とうめいたいであることしかえないのです。
 浄白体じょうはくたい状態じょうたい過渡かと段階だんかいですので、さらに修煉しゅうれんしていけば、しん出世間法しゅっせけんほう修煉しゅうれんはいります。これは佛体ぶったい修煉しゅうれんともいいます。身体からだ全体ぜんたいこう構成こうせいされたもので、このときひと心性しんせいはすでに安定あんていしています。いちからあらたに修煉しゅうれんはじめ、あらたに功能こうのう出始ではじめますが、それはもう功能こうのうとはばず、「佛法ぶっぽう神通じんつう」とびます。それはあらゆる空間くうかん制約せいやくできるもので、威力いりょくきないのです。将来しょうらいあなたがえず修煉しゅうれんするにつれて、さらにたか次元じげんのものについては、自分じぶんがいかに修煉しゅうれんすべきかも、その修煉しゅうれん存在そんざい形式けいしきかるようになります。
 

 歓喜かんきしん


 これからとりあげようとする問題もんだいも、歓喜かんきしんぞくするものです。おおくのひと長年ながねん練功れんこうてきていますが、練功れんこうしたことのないひともいます。ところがかれ一生いっしょうなか真理しんりや、人生じんせい真諦しんたいたいする追求ついきゅうがあり、思索しさくがあります。そんなひとはいったんわれわれの法輪大法ファルンダーファまなんだら、人生じんせいなかりたくてもこたえがられなかったたくさんの問題もんだいがたちどころにかるようになります。思想しそう昇華しょうかともなってかれ非常ひじょう感激かんげきすることになります。これは間違まちがいのないところです。しん修煉しゅうれんするひとは、大法ダーファおもみをっているので、それを大切たいせつにすることがかるにちがいありません。しかし往々おうおうにしてつぎのような問題もんだいあらわれます。つまりこうしてうれしくなったがために、必要ひつようのない歓喜かんきしんしょうじてきます。そのためかれかたちうえでも、常人じょうじん社会しゃかいひとひととのいのなかでも、常人じょうじん社会しゃかい環境かんきょうなかでも、常軌じょうきいっすることになります。これではいけないとわたしはっておきます。
 われわれのこの功法こうほうだい部分ぶぶん常人じょうじん社会しゃかいなか修煉しゅうれんするものなので、自分じぶん常人じょうじん社会しゃかいから遊離ゆうりさせてはならず、めているなか修煉しゅうれんしなければならないのです。ひとひととのあいだ元通もとどお正常せいじょう関係かんけいですが、あなたの心性しんせいはいうまでもなくかなりたかくなっています。心態しんたい非常ひじょうただしく、いっそう自分じぶん心性しんせいたかめ、自分じぶん次元じげんたかめ、わるいことをせずいことをするようにつとめるのです。このようになっているだけです。言動げんどう態度たいどからまるであたまがおかしくなったようなひともいますが、あたかも見限みかぎったかのように、うこともひと理解りかいされなくなります。法輪大法ファルンダーファまなんでから、このひとはどうしてこのようにわったのか? あたまがおかしくなったようだ」と、ひとからわれます。じつはそうではなく、かれ興奮こうふんしすぎて、理知りちうしない、常理じょうりわなくなったためなのです。みなさんかんがえてみてください。こういうふうになるのもくないのです。あなたはまたべつ極端きょくたんはしったのであり、これも執着心しゅうちゃくしんなのです。これも放棄ほうきして、みんなとおなじように普通ふつう常人じょうじんなからし、修煉しゅうれんするべきです。常人じょうじんなかで、みんながあなたのことを転倒てんとうしたとおもい、あなたを相手あいてにせず、あなたからとおはなれてしまい、だれもあなたに心性しんせいたかめる機会きかい提供ていきょうせず、だれもあなたを正常人せいじょうじんなさないならば、それはいけないことだとはっきりっておきます! ですからみなさんはぜひともこの問題もんだい注意ちゅういし、くれぐれも自分じぶんをしっかり制御せいぎょしてください。
 われわれの功法こうほうは、普通ふつう功法こうほうのように恍惚こうこつとしてふわふわし、転倒てんとうしたりするようなことはありません。われわれの功法こうほうめているなかであなた自身じしん修煉しゅうれんさせています。「先生せんせい、わたしはじるとふわふわします」とひとがいつもいます。わたしはそうはおもいません。あなたはすでに自分じぶんしゅ意識いしき放棄ほうきする習慣しゅうかんにつけているから、じると自分じぶんしゅ意識いしきゆるんでくなってしまうのです。あなたはすでにこういう習慣しゅうかんになっているのです。ここにすわっているあなたはなぜうごかないのでしょうか? あなたはけている状態じょうたいから、かるじたられますか? 絶対ぜったいれません。あなたはこうをこういうふうにやるものだとおもみ、一種いっしゅ概念がいねん形成けいせいしてしまったので、じるとあなたがいなくなり、どこへったのかもからないのです。われわれは、しゅ意識いしきかならずはっきりしていなければならないといています。この功法こうほうはあなた自身じしん修煉しゅうれんするものであり、あなたは意識いしきをしっかりもったままで向上こうじょうすべきです。われわれにもせいこうがありますが、われわれのせいこうはどのようにるのでしょうか? われわれはみなさんに、どんなにふか入定にゅうじょうしても自分じぶんがここで煉功れんこうしていることをっていなければならないともとめており、なにからないような状態じょうたいはいることは絶対ぜったいゆるさないのです。それでは具体ぐたいてきにどんな状態じょうたいあらわれるのでしょうか? そこにすわると、自分じぶんたまごからなかすわっているかのような素晴すばらしさ、非常ひじょうにいい気持きもちをかんじ、自分じぶん煉功れんこうしているとかっていますが、全身ぜんしんうごけないかのようにかんじる、こういう状態じょうたいあらわれます。これらはみなわれわれの功法こうほうかならあらわれなければならない状態じょうたいです。もうひとつの状態じょうたいがあります。すわつづけていると、あしくなったようながしてきてあしがどこにったのかかりません。身体からだも、うでも、くなり、あたまだけがのこっています。さらに修煉しゅうれんしていけばあたまくなったようながして、ただ自分じぶん思惟しいがあるだけで、わずかな意念いねんだけが自分じぶんいまここで煉功れんこうしていることをっています。われわれはこの程度ていどにまでたっすることができれば十分じゅうぶんです。なぜでしょうか? このような状態じょうたいなか煉功れんこうすれば、身体からだもっと充分じゅうぶん変化へんかげる状態じょうたいたっするので、いちばん状態じょうたいなのです。ですからわれわれは、あなたにこのような状態じょうたいにゅうせいすることを要求ようきゅうするのです。しかしねむってしまったり、ぼんやりしたりしてはいけません。そうすればいものがほかひとられてもっていかれるかもれないのです。
 われわれのすべての煉功者れんこうしゃは、常人じょうじんなか異常いじょう言動げんどうをしないようにくれぐれも注意ちゅういしてください。常人じょうじんなかであなたが役割やくわりたさず、「法輪大法ファルンダーファまなんでからなぜこうなってしまったのか」とひとわれるようでは、法輪大法ファルンダーファ名声めいせいけがすことにひとしいのです。ぜひこのことに注意ちゅういしてください。修煉しゅうれん方面ほうめん過程かていなかでも、歓喜心かんきしんしょうじないようにをつけてください。このこころ非常ひじょう利用りようされやすいのです。
 

 くちおさめる


 くちおさめることは、むかしから宗教しゅうきょうにおいてもそうとなえてきました。しかしその場合ばあいの「くちおさめる」は、しゅとして一部いちぶ専業せんぎょう修煉者しゅうれんしゃ僧侶そうりょ道士どうしくちじてはなさないことを意味いみしています。専業せんぎょう修煉者しゅうれんしゃですから、最大限さいだいげん執着心しゅうちゃくしんのぞこうとするのが目的もくてきです。ねんこせばごうになるとおもわれています。宗教しゅうきょうなかではごう善業ぜんごう悪業あくごうしゅけていますが、善業ぜんごうでも、悪業あくごうでも、佛家ぶっけくう道家どうけをもってえば、いずれもやるべきではありません。そこでかれらは、自分じぶんなにもしないとうのです。事物じぶつ因縁いんねん関係かんけい、つまりそのことはいったいいことなのかわるいことなのか、そこにどういう因縁いんねん関係かんけいがあるのかを見通みとおすことができないからです。そんなにたか次元じげんたっしていない一般いっぱん修煉者しゅうれんしゃは、こういうものを見抜みぬくことができないので、ではいことでも、かかわるとわるいことになるかもれないのをおそれるのです。ですからできるかぎり無為むいまもり、なにもしません。こうしてふたたごうつくることをけるのです。ごうつくればごうめっしなければならないし、くるしみをめなければなりません。たとえばわれわれ修煉者しゅうれんしゃは、どの段階だんかいこうひらくかすでにまっているのに、必要ひつよう途中とちゅうなにかをはさんでしまえば、修煉しゅうれん全体ぜんたい困難こんなんをもたらすことになります。だからこそ無為むいとなえるのです。
 佛家ぶっけう「くちおさめる」は、つまるところ、人間にんげん思想しそう意識いしき支配しはいけて言葉ことばかたるのですが、この思想しそう意識いしきこそほかでもない有為ういなのだというのです。ひと意識いしきてきねんこすとか、なにかをうとか、なにかをやるとか、ひと感覚かんかく器官きかん四肢しし支配しはいしようとするとか、そういうこと自体じたい常人じょうじんなかでは一種いっしゅ執着しゅうちゃくとなってあらわれるかもれません。たとえば、ひとひととのあいだにトラブルがあって、あなたがいとか、かれくないとか、あなたは修煉しゅうれんくできたとか、かれ修煉しゅうれんくできていないとかして、これらのこと自体じたい摩擦まさつです。一般いっぱんてきれいをあげておはなししますが、わたしはなにかをやりたいとか、いまこのことはどういうふうにやるべきだとか、こういうことでも無意識むいしきのうちにだれかをきずつけるかもれません。ひとひととのあいだのトラブルは非常ひじょう複雑ふくざつなので、らないうちにごうつくってしまったかもれません。だからこそ、絶対ぜったいくちじてものをわないようにととなえられてきたのです。むかしから宗教しゅうきょうでは「くちおさめる」ことがきわめて重要視じゅうようしされています。宗教しゅうきょうではこうっているのです。
 われわれ法輪大法ファルンダーファ修煉者しゅうれんしゃのほとんどは常人じょうじんなか修煉しゅうれんしていますので(専業せんぎょう修煉しゅうれん弟子でしのぞいて)、常人じょうじん社会しゃかい常人じょうじんのように普通ふつう生活せいかつおくり、社会しゃかいうことがけられません。みんな仕事しごとがあり、しかも仕事しごと立派りっぱにこなさなければなりません。はなしをするのが仕事しごとひともいますが、その場合ばあいには矛盾むじゅんにならないでしょうか? べつ矛盾むじゅんではありません。どうして矛盾むじゅんではないのでしょうか? われわれのう「くちおさめる」は、かれらのものとは全然ぜんぜんちがうのです。修煉しゅうれん法門ほうもんちがうので、要求ようきゅうちがいます。われわれがくちひらいてものをときには、煉功者れんこうしゃ心性しんせいもとづいてうので、ひとひととのあいだそこなうようなことをわないし、くないことをわないのです。修煉者しゅうれんしゃとしてほう基準きじゅんもとづいて、自分じぶん自身じしんがそれをうべきかどうかを判断はんだんするのです。うべきことは、ほうらして煉功者れんこうしゃ心性しんせい基準きじゅん合致がっちすれば問題もんだいはありません。しかもわれわれはまだほうき、ほう宣伝せんでんしなければならないので、ものをわないわけにはいかないのです。われわれがくちおさめるようにとくのは、つぎのような場合ばあいです。常人じょうじんなかでのがた名利みょうりや、社会しゃかいにおける修煉者しゅうれんしゃ実際じっさい仕事しごと関係かんけいないことについてはなしたり、あるいは同門どうもん弟子でしあいだ無駄むだばなしをしたりすること、あるいは執着心しゅうちゃくしんそそのかされて自分じぶん顕示けんじすること、あるいはつたえにぎないなんらかのうわさつたひろめること、あるいは社会しゃかいのそのほか話題わだい興奮こうふんおぼえたり、よろこんではなしたがったりすること、などです。これらはみな常人じょうじん執着心しゅうちゃくしんであるとわたしはおもうのです。こうしたことにかんして、われわれはくちおさめるべきだとわたしはおもいます。これがわれわれのくちおさめることです。むかし僧侶そうりょねんこすとごうつくるというので、これらのことを非常ひじょうおもていました。ですからかれらは「しん」をおもんじます。かれらのう「しんおさめる」とは、悪事あくじはたらかないこと、「おさめる」とは、ものをわないこと、「おさめる」とは、かんがえることすらしないことにほかなりません。むかし寺院じいんにおける専業せんぎょう修煉しゅうれんはこれらのことにたいして非常ひじょうきびしかったのです。われわれは煉功者れんこうしゃ心性しんせい基準きじゅんもとづいて自分じぶんりっし、なにうべきでなにうべきではないかをしっかり自制じせいできればけっこうです。



戻る

法輪大法の書籍