北京『轉法輪』発売記念イベントでの説法

李 洪 志

一九九五年一月四日



 在席の皆さんの中に古くからの学習者もいれば、講習会に参加したことのない人もいますが、いずれも法輪大法についてある程度の認識を持っています。先ほどスタッフは、法輪大法の一九九四年度の総括を行ない、存在する問題についても大まかに話しました。不足するところは、今後の仕事の中で、大法を広めながら改善しなければなりません。功法全体の発展の形勢から見ると、急速に広まる様相を呈しています。影響もますます大きくなり、急激に上昇しており、広まる速度も非常に速いのです。私は、功を伝え始めてから現在まで、ただ二年余りしか経っていません。しかも初めのころは病気治療、健康保持という低い次元の気功として伝え始めたのです。それは皆さんに認識の時間を与えるためです。最初のとき、私が出てきた目的はすなわち、高い次元の功を伝え、高い次元に人を導くためだと話しました。本当の高い次元での修煉についてはまだ誰も説いていません。もちろん、初めの頃は私たちも気功という低い次元での形で広めていました。その目的は皆さんに認識の時間を与えるためです。特にこの一年、私は主に法を説いてきました。ですから、学習者は皆知っていますが、私は高い次元のことについて説いており、ほかの人が説くことのできないことを話し、本当の修煉、如何に修煉すべきかについて言及したのです。と言うのも、修煉方法も沢山あって、長年にわたって普及していますが、どのように向上するかという問題に直面しています。いつも従来の理論に留まったままでもいけません。今まで、多くの人が煉功にあたって心性の修煉および徳を重んじていないため、様々な混乱が起きました。

 私たちは佛家大法ですから、佛家の理について話します。釈迦牟尼佛は、末法時期には魔が出現し、常人社会をかき乱すと話したことがあります。本当のところ、釈迦牟尼はお寺に魔が現れて彼の法を破壊すると言っているのだけではなく、この意味だけではなく、普遍的でもっと大きな理を説いたのです。皆さん考えてみてください。現在のこの時期、人間の道徳水準はここまで退廃してしまい、人と人の間のトラブルはここまで激化してしまい、利益に目が眩み、金のためならなんでもやりかねないという具合に、社会の風紀は日増しに悪化しています。現在、人と人との人間関係も非常に緊張しています。しかも、道徳水準も腐敗堕落し、同性愛、性の開放、麻薬中毒、マフィアなど、ひどく乱れており、何でもあり、国内外は全て同じです。中国の年配の方、年寄りの方には、まだ少し道徳観念があり、この社会を維持しています。西洋にはマナーが重んじられているため、表面的なマナーは何とか保たれています。しかしながら若い世代は、特に中国人ですが、まったく道徳を重んじていません。皆さん考えてみてください、このまま続けば危険ではありませんか? 

 多くの大師、多くの預言家も人類に劫難や磨難がやってくると言いましたが、彼らの話をさておいて、皆さん考えてみてください。もしもこの社会はこのままいくと、危険ではありませんか? 物事は極まれば、必ず反転します。このまま行くと、これからの人はどうなってしまうのでしょうか? 私が伝えるこの大法は、高い次元では人の修煉を指導することができ、低い次元では人のあるべき道を指導することができます。間違いなくそういった働きがあります。ですから多くの学習者は学びたいと思い、奮って学んでおり、とても素晴らしいと感じています。と言うのも、本当の法が伝えられれば、人を済度することができるからです。しかも、学習者は深い感銘を受けています。単に理性からだけではなく、身体にも、素質にも、道徳水準にも、大きな変化が起きたため、このように大きな影響が生じたのです。この大法は他の一般的な功法と違い、私たちは本当に高い次元へ人を導いています。

 現在、社会で多くの工場の従業員は大法を学んだ後、工場の風紀まで一新しました。人々は人間がどうあるべきか、どのように徳を重んじるかを分かるようになったため、工場の生産向上に結びついたのです。人の心が全て善に向かい、一生懸命働いています。良い修煉者になりたいと思えば、基本から始めなければならず、まずは良い人になるのです。良い人はどこにいても良い人で、上司から与えられた仕事をきちんと完成させなければなりません。それは社会に尽すことであり、必ずこのような促進作用があります。それというのも、私は高い次元へ功を伝え、高い次元での法を伝えているため、人を高い次元へ導くことができ、更なる高い境地まで到達させることができるからです。

 ですから、高い次元まで修煉することを望んでいなくても、またはこの理を常人がいったん知ってしまったら、人はこの理に基づいて行動すべきことに気付くのです。というのも、人類の道徳水準がどれほど危険なところまで滑り落ちても、この宇宙の理は変わらないからです。この宇宙の理が不変であるために、人類の道徳が滑落したことが分かるのです。この宇宙の理まで変わってしまったら、人類の道徳が滑落したことに気付かないのです。人類の道徳がここまで滑落したと話しましたが、多くの人はまだ理解できません。特に講習会に参加している人は、往々にして最初の二日間で、私の説いていることをあまり理解することができませんが、講習会が終わり、常人社会を振り返ってみたときに、全て理解できるようになりました。この社会にいれば、感じることができず、自分はまだ人よりましだと感じています。考えが向上して、振り返ってみたとき、はじめてその危険性が分かるのです。なぜならば、大法にはこのような力があり、そういった働きがあるからです。ここまで至っても、人にはまだ善なる心があり、佛性もあるので、話すとすぐ理解できるのです。多くの人が善に向かおうとし、学びたいと思いますし、もちろん多くの根基の良い人が更なる高い次元へ修煉しようとしているので、この功法が広まる過程にこういった勢いを形成したのです。

 数年前、一部の人がどうしても気功に反対し、完全に否定する態度で気功に反対したため、気功は停滞期に入りました。二年前から、またブームになりました。以前ほどの盛況はありませんでしたが、それもかなりの人気ぶりでした。しかし、最近再び人気が落ちてきたようです。このようになったのは、誰かが反対したり、批判したりしたからではなく、あるいは行政手段でそうしたのでもなく、人々が冷静に考えるようになり、どれが本物なのか、どれが偽者なのか、どれが人騙しで害があるものなのか、人々はこれらのことを考え、冷静に対応できるようになったため、この状況になったのです。ですから、多くの偽気功師は人気がなくなって、金を巻き上げるための講習会も開けなくなりました。私が多くのところへ功を伝えに行ったとき、現地の気功科学研究会や人体科学研究会の幹部は「各地で気功講習会を開催しても、人が集まらなくて、気功は全体的に下降気味ですが、法輪大法だけは直線的に伸びており、しかも非常に速いスピードで発展している」と言いました。もちろん、これはほかの人が言ったことですが、私はその言葉を借りているだけです。将来、さらに速く、さらに迅速に発展していくかもしれません。このことは私が出山する前から、すでに分かっています。将来どういう状態になっていくのかについても、私にはっきり分かっています。

 総じて、法輪大法は法を伝える過程の中で、確かに学習者に対して、社会に対して責任を持っているからこそ、このような良い結果を得られました。さきほど、私は法輪大法の発展の形勢を簡単に話しました。在席の中で多くの新しい学習者もいますが、十分には理解できていないかもしれません。多くの学習者は法輪大法の情況と講法も聞きたいと思っています。私もここにいる新しい学習者に対して、この時間を利用して法輪大法について紹介し、併せて、皆さんに修煉の中の法理についても話してみようと思います。

 皆さんもご存知の通り、練功は病気治療と健康保持という次元において、各流派の良いところを採り入れるということを説いています。誰もが練功して、身体を鍛えて病気を治したいと思っているからです。良いところを採り入れればと思い、どの流派のものであっても病気が治ればいいと思っています。病気が治って、また常人になり、これは何の問題もありません。私は異なる次元には異なる法があり、異なる次元の異なる法が、異なる次元の修煉者に対して異なる規律と要求があると説きました。常人はとりもなおさず常人という次元の中にいるので、各流派から良いものを採り入れて、健康増進を図り、これは何の問題もありません。実はこの気功は病気治療、健康保持のためだけのものではなく、もともと修煉なのですが、現代人の考えに合わせて、受け入れられるように、そしていわれのないレッテルを貼られないようにするため、気功という名前を付けられたのです。気功は「文化大革命」の中後期から発展し、最盛期に至りました。そのころ本来の名前では、大きな批判を受けるに違いありません。良いことをし、多くの人々が健康になるよう、病気治療と健康保持のことを行なっても認められません。あの頃、極左思想が横行していたからです。ですから、誰も本来の名前を使わず、気功と言ったのです。当然、気功には流派があり、各流派の修煉方法も同じではないので、様々な気功が現れ、いずれも元の名前を隠して、気功の名はこのように広まったのです。

 気功は修煉のためのもので、宗教の中の修煉方法も修煉方法の一つです。修煉方法である以上、ただ病気治療と健康保持のためだけではありません。というのも、修煉は高い境地に至るためのものなので、それをもって人の病気を治療すれば、当然奇跡が顕れます。とはいっても、これほど多くの人が煉功しているのに、なぜ病気が治らなかったのでしょうか? なぜ、煉功している多くの人の功が伸びないのでしょうか? それは気功が修煉だからです。修煉は常人の体操とは違い、常人の技能や、常人の体育活動でもなく、超常のものなのです。超常のものである以上、超常の方法で健康を保ち、高い境地に到達しようと思えば、この超常のものはある超常の理によって指導されるのではありませんか? とすれば、この超常の理は実際、指導と制約の作用を持ち、言い換えれば常人の次元を超えるものになり、あなたは超常の理に基づいて行動しなければなりません。常人の次元のものは、働けば、またはお金を払えば手に入れることができます。または多く努力すれば、常人の技能のように得ることができます。しかし、修煉はそうはいかず、人の心を修めなければなりません。あなたの心を修煉してはじめて、向上することができます。必ず徳を重んじ、心性を修めてはじめて、向上することができるのです。

 以前私はなぜ、人は心性を重んじ、徳を修めてこそ向上できるのかについて話しました。それはこの宇宙にある理が制約しているからです。どういう理なのでしょうか? すなわち、私が説いた、宇宙にある特性が存在しているということです。あたかも私たち人間のように、人間の体のように、肉体のほかに、他の生命が存在してはじめて、完全な人間を構成しているのです。身体だけあれば、ただの肉の塊でしかありません。性格、気質、特性、そして元神があってはじめて、一人の完全な人間、独立した、自我と個性を持った人間になるのです。この宇宙も同じです。私たちが現在認識できる物質的な存在、すなわち星、銀河系、恒星、彗星、惑星など物質として認識されているもののほかに、ある特性が存在しており、精神的な存在とも言えます。概括して言うと、この法は下に行けば、とても大きくなり、言い方もたくさんあります。ただし、高い次元では極めて簡単で、三文字でこの特性を概括することができます。これが真、善、忍で、真善美ではなく真、善、忍なのです。

 この特性は当然これほど簡単なものではなく、多くのものに分化し、次元が低くなるほど、複雑になり、厖大で煩雑になります。高い次元では三文字で概括され、すなわち「真、善、忍」なのです。空気中の全ての微粒子、全ての物質の最もミクロな粒子、土、石、鉄、木のかけら、ないしプラスチックなどあらゆる物質、そして空気の中にもこの特性が存在するのです。常人はその存在を感じられませんが、常人は常人という次元にあるので、感じることができません。ですから、この常人という次元を抜け出そうとすれば、その存在を感じることができます。言い換えれば、超常の方法で病気を治そうとしても、その要求に従わず、その超常の状態での要求を満たせなければ、病気を治すことはできません。功を伸ばそうと思っても、その超常の理で自らを要求しなければ、つまり常人という次元を超える理で要求しなければ、永遠に功を伸ばすことができません。

 では、なぜ一部の道徳水準の良くない人たちでも、功を持っているのでしょうか? 一つは、その人自身の根基がもたらしたもので、道徳水準が非常に低いため、自分の根基を消耗しているのです。消耗しきってしまえば、何も残りません。それまで少しは残っています。もう一つは、憑き物がある人もいます。魔ですので、この魔がある特定の時期、ある特定された低い状態で存在することは許されており、存在させる目的があるのです。魔がなければ人間に病がなく、魔がなければ難もありません。人間には難があるべきで、病もあるべきで、なぜなら人間自身が作ったものだからです。言い方を変えれば、その魔も人間自身が作ったものです。以前、人を騙したり、悪事を働いたり、殺生をしたりしたことがあれば、それを返す必要があり、返さなければならないのです。この宇宙に真、善、忍から派生した「失わなければ得られず」という理があり、得たら失わなければならず、借りは返さなければならないのです。自ら失わなければ、強制的に失わされることになります。この理が存在しているので、魔難があるのです。

 先ほど、私は真、善、忍について説きました。佛家の修煉は、この真、善、忍の善に重点を置き悟るものですが、真もあり、忍もありますが、善に重点を置いて修煉しているのです。善を修めれば慈悲心が生じます。慈悲心が生じれば、誰もが苦しんでいると見て、衆生をあまねく済度するという願望が起こります。この法は裾を広げればとても大きいものになり、衆生をあまねく済度するために、多くの人に伝わらなければならず、このように八万四千の法門が生まれました。道家は真に重点を置き悟るもので、主に真を修めますが、善も、忍もあり、主に真に重きを置いています。ですから、道家は本当の事を言い、嘘偽りのない事を行ない、真人になり、真を修め性を養い、返本帰真して最後に真人になります。真に重点を置き修めています。真に重点を置いて修めているので、衆生をあまねく済度するという願望を持たず、道家では弟子一人にだけ本当のものを伝えるのです。道教は近代に形成した一種の改良された宗教です。それまでの長い間、各期の史前文化に道教はありませんでした。ですから、道家は長い間ずっと、弟子一人に伝えていました。一人に伝えるものですから、わずかな人にしか伝わらなかったのです。道家の法は下の次元で広まったとき、三千六百の法門が生まれました。比べてみれば、佛家は八万四千の法門があり、はるかに多いのです。

 真、善、忍は善と悪を量る唯一の基準です。この特性に同化していれば、功を伸ばす事ができますが、同化できなければ、永遠に功は伸びないのです。このことはすでに説いていますが、修煉の人なのか、常人なのか、この理を極めて簡単にまとめることができます。例えば、良い人と悪い人そして修煉者をどのように区別するのでしょうか? この宇宙の特性に順応できる人が良い人であり、間違いなく良い人です。この宇宙の特性に背離する人は本当の悪人です。ある人は職場で、良くない人だと言われ、一生苦を嘗め、誰からも侮られ、あるいはいじめられているかもしれません。あなたに教えますが、あなたは必ずしも良くない人とは限りません。一方、職場で誉められていますが、あなたは八方美人だからかもしれません。あなたに教えますが、あなたは良い人であるとは限りません。宇宙の理こそ良し悪しを量る唯一の基準なのです。ですから、一人の修煉者としては、この宇宙の特性に同化できれば、得道できる人になり、これほど簡単な理なのです。

 人間の功はまったく煉によって得るものではありません。皆気功を練習し、多くの努力を払い、朝早くから夜遅くまで練習しているから、功が伸びると思っていますが、結局のところ少しも伸びません。私のこの話を聞いて、多くの人が「あなたも人に煉功を教えているのではないのですか? あなたは人に何を教えているのですか?」とびっくりするでしょう。ご存知のように、「修煉」という二つの文字があります。人々はその煉を重んじ、修を重んぜず、修という文字は煉に付けた修辞だと思っています。皆さんに言っておきますが、修が先で煉が後であり、修こそ第一に重要なのです。もしあなたが心性の修煉を重視せず、徳を重んじなければ、あなたには何のエネルギーもないのです! あなたが心性の修煉を重んじなければ、まったく功などはあるはずがないのです! 本当のエネルギーは功になりますが、つまり次元の高さ、功力の強さを決めるものです。人の功の高さとか、または佛教の中で言う果位の高さとか、その功は完全に修によってできたものです。僧侶が煉功していないのに、功が伸びるのはなぜでしょうか? つまり修めているからなのです。

 それでは、修と私たちの言っているこの煉とはどんな関係にあるのでしょうか? 後で私たちが何を煉っているのかについて話します。修と煉の関係はどういうものなのでしょうか? なぜ私たちは修によって功を伸ばすことが出来るのでしょうか? 私は心性を修めることに言及していますが、それは人の考え、概念上の、意識形態の中のことではありませんか? 私たちの言う煉った功は物質的なものではありませんか? それらのものの間にはどんな関係があるのでしょうか? 皆さんに教えますが、理は高次元になると、低次元での見方で認識してはいけません。常人は常人の中にあって常人のことを語りますが、はっきりと説明することができません。しかし常人の域を抜け出せば常人の中のことは一目瞭然です。思想界や、理論界ではひたすら物質が第一なのか、はたまた精神が第一なのかという問題について議論しており、長い間議論し、いつも物質と精神を分けて議論し、認識しています。私に言わせればそれは一つのもので、一元的なものです。最も簡単な例を挙げてみます。今の人体科学も現代科学も人の考え、人の想像するものは意念からなすエネルギーで、人間が発した意念はすなわち一種の物質であると認識しています。今ではこのことは広く認識されています。そこでそれが一種の物質であるとすれば、それは人の考えや精神ではありませんか? あなたが思っている考えもそうなのではないですか? とすれば一つのものではありませんか? これは分かりやすい例としてあげてみました。

 先ほど、宇宙にこの物質が存在し、同時にこの特性も存在しているから、それは同一のもので、一元的なものになると話しました。この特性に同化しなければ、修煉しても永遠に向上することができません。どういうことでしょうか? 簡単な例を挙げましょう。この宇宙にある膨大な物質、各種の物質にこの特性が存在し、宇宙で均衡と制約の作用を働いています。人は常人社会にあって世々生々で数知れぬ悪事を働き、私に言わせれば業の積み重ねでここまで来てしまったのですから、誰しも限りない業を抱えているのです。瓶にたとえてみれば、瓶の中に汚いものをいっぱいに入れて、蓋をきつく閉め、その汚いものを出さなければ、ドブンと水の中に入れたとたんに、底まで沈みます。少し出せば少し浮かびます。出せば浮かぶわけで、出せば出すほど浮かびます。汚いものをすべて出しきって、瓶の蓋を閉め、水に入れれば、強く押えても沈むことはありません。その位置に浮かんできます。そこはそれの位置であるからです。私が挙げたこの例は、言い換えれば、人間は例外なく常人社会で良くない事をしているため、心が汚されて、考えも汚されて、大きな業を抱えています。これらを取り去り、心性が良くならなければ、この良くないものを造り続け、時々刻々造っているのです。ですから心を良くし、その上、これらの物質、つまり良くないものを取り去り、つまり、常人の中で修煉するときに、苦を嘗め、筋骨を労し、心志を苦しめることによって、はじめて昇華し向上することが出来るのです。私が説いているこのことは、修めることによって向上するということで、あなたがその心を修めなければ、宇宙の特性に制約され、向上することができないのです。この功がどのように伸びていくのかを更に詳しく語る事も出来ます。

 人間のことに言及しますと、実際のところ各空間には全て人がおり、各空間に存在しています。時空の違い、身体の違いによって、各空間の人体は形式上の違いはとても大きなものです。ある特殊な空間で私たちの身体の周囲に一つの場があって、その場の中に二種類の物質が存在しています。一つは徳で、すなわち白いもので、塊になっている物質で、徳の多い人は密度がとても高いのです。以前人々は、徳は意識形態の範疇のものとして扱い、一つの境地だと言っていました。皆さんに教えますが、徳は一種の物質であり、完全に物質的な存在なのです。もう一つのものも同じ場に存在し、それは業力と言い、黒いものです。徳は善い事を行なったり、人にいじめられたり、苦を味わったりして、または苦しい目に遭うことによって得るものです。そして黒い業力は自分が悪事を働くことによって産み出されるのです。昔の人は根基の良し悪しを言うとき、この二つの物質の割合を見るのです。この割合はその人が常人社会で、修煉する人が言う根基の良し悪しを決める主な理由です。ただし常人の肉眼で見る事はできません。常人は迷いの中にあって、迷いの中にあるから迷いの中にいながら戻っていかなければならないからです。なぜなら、自ら落ちてここまで来てしまったのですから、何も見えない状況の中で元に戻るように修煉しなければなりません。あなたに真相を見られてはならず、真相を見てしまえば修煉できなくなります。悟りということがなくなってしまうわけで、修煉もなくなってしまうからです。真相が見える状態で修煉すれば、誰が修煉を始めないのでしょうか? ではなぜ佛はいつまでもその次元に留まり、上に行けないのでしょうか? 当然、佛は全てを知っており、心性の修煉という問題は存在しないからです。迷いの中にいなければ修煉はできないのです。自分ははっきり見えてはじめて、しっかり修煉できると主張する人もいますが、もしはっきり見えていれば修煉できなくなります。さらに、見えれば信じるけれど、見えなければ信じないと言っている人もいますが、私たちはこういう人は悟性が良くないと考えます。

 先ほど話しましたが、功は本当のところ人が修めることによってできたものです。先ほども徳という場は人の身体の周囲に存在していると話しました。徳が多ければ功を高く伸ばすことができ、徳が多くなければ、当然、黒い物質が苦を味わうことによって、白色物質に転化することもできます。消えてなくなることはなく、この物質は不滅なのです。つまり人間が修煉する時、その人の空間場の範囲内の徳を功に転化させています。本当の功力の大きさ、次元の高さを決める功は己の徳が転化してきたものなのです。どの様に転化するのでしょうか? 昔、修煉者の間で「修は己にありて、功は師父にあり」という言葉(気功界で語られている言葉ではありませんが)があります。どういう意味でしょうか? すなわち、その一門で修煉したいという願望さえあれば、何かを修煉したいという願望があって、ただそう願っているだけで、実際には師父がやってくれるのです。意念活動を言う人もいますが、この意念やあの意念をもってしては、何の問題も解決できず、ただ一つの願望にしか過ぎません。本当にあなたのために鼎を立て竈を設け、薬を採集し、丹を結んで、或いは周天の循環を形成させ、脈を通じつぼを開く等、全ては師父がする事です。常人の思維には何のエネルギーもなく、常人の手ではこういった事はまったくできません。

 本当の功が伸びてきて、これらのものを形成する機制は、精密機器に比べても遥かに精密で、とても込み入っており、あなたにできることではありません。ある秘密に伝えられているものとして「修は己にありて、功は師父にあり」という言葉があり、これまでは低い次元にあっては知り得ない事でした。ですから師父があなたの修煉が進み、心性も向上し、宇宙の特性のあなたに対する制約も小さくなったのを見て、功を伸ばしてあげることができるのです。そうなった時に師父があなたに一種の功を授けますが、私たちはそれを、功を伸ばすことのできる功能と呼んでおり、人間の身体の周囲で徳を螺旋状に功に演化させ、螺旋状に上に伸びていくのです。それが頭上まで到達すると、頭上に徐々に一本の功柱が形成されます。あなたの功力と次元が絶えず向上していくにつれ、この功柱は絶えず伸びていき、これはすなわちあなたの次元の高さと功力の強さを決める功なのです。あなたが発するエネルギーはすべてここから由来しています。これは丹ではありません。丹については後で話します。本当の次元はここにあるのです。

 皆さんもご存知のように、佛教の中で説く果位はすなわち、あなたの功柱が到達した高さであり、修煉の次元で、到達する次元の高さであり、そこにあるのです。座禅をしている時に元神が身体を離れ、上に上がって行った人がいますが、もっと上に上がったらと言ったところ、「だめです。もう上がれません、これ以上上がると、怖くて落ちてしまいます」と言うのです。どうして上がれないのでしょうか? その人の功柱はそのくらいの高さで、それが彼の修煉の果位であり、彼は自分の功柱に乗って上に行ったのです。佛教の中で、修煉によって到達した高さはすなわちその人の将来の落ち着くところだと言っています。功は完全に人が己の心性を修煉し、宇宙の特性に同化し、宇宙の特性があなたを制約しなくなり、そうなればあなたの功は伸びて、徳は功に演化されるわけです。これは修めることによって作り出されたものではありませんか? この功は全て人が心を修めることよって作り出したものです。

 では動作は何を煉っているのでしょうか? すなわち人体を改変し、初期には養生と呼ばれ、最後には長生と呼ばれ、更に功能を加持する働きもあります。加持とは何でしょうか? エネルギーでそれを強化するということです。さらに術類のものの演化、各種の生命体の演化もあり、とても複雑なのです。各種の功の形態の出現ですが、全てエネルギーによって強化されてはじめて功能が現れるのであって、エネルギーがなければ語るに値しないものです。功が出るとき、気を発することがまったくできず、気はないのです。そのとき発したのは一種の高エネルギー物質ですが、体内から発したという感覚を持つことはめったにありません。これは私が説いたものであり、高い次元で説いたものなのです。しかし、これまでこれらのことは天機と見なされ、語ってはいけないことだったのです。この度、私は講義の中でそれを全て説いただけでなく、更により次元の高いことも説いています。目的は人が本当に修煉できるようにし、人に対して責任を持つためです。私も確かにこのように学習者を導いているため、勝手に天機を洩らし、無責任ででたらめなことをすることにはならないのです。確かにこのような効果を収めており、学習者の心性の向上はとても速く、大法も現在速いスピードで発展し続けています。

 法輪大法の講習会に参加してから、世界観まで一変し、これまで長く生きてきたのに、今日初めて何のために生きているのかが分かったとある学習者は言っています。全て学習者が話したことです。つまり皆さんに言いたいのは、本当の修煉のことについてこれまで誰も語らなかったということです。信じられないのであれば古書を紐解いて、『道徳経』あるいは佛教の経典を見ても、今まで本当の修煉については、悟ることとして語ったりはしませんが、私は今日それを語りました。語ったとしても、人類はここまで来てしまっているので、語っても聞かないでしょうし、信じようとせず、それが説教であり、現実味がない話だと思っています。ただしどれほど語ったとしても、やはり悟りの問題はあります。というのも結局のところ、あなたには見えず、あるいは見えてもはっきりとは見えないので、迷いの中で修めなければなりません。そういった問題が存在します。今私はこの功がどのように伸びてきたのかについて話しました。昔の和尚は煉功しませんでしたが、功が伸びました。本当の次元の高さ、功力の強さを決める功はまったく煉によって出来るものではありません。

 それでは、その動作は何を煉るのでしょうか? その動作は本当のところ、私が今話した通り、人の本体を変えています。とはいっても、動作を強化するエネルギーがなければ、変えることができません。あなたの身体の分子細胞を高エネルギー物質で徐々に充実させれば、長生という目的に達する事が出来ます。その功がなく、エネルギーが無ければどうやって加持するのですか? 机上の空論となり、意味はありません。ご存知のように、多くの功能は、師が伝えたものを除けば、多くのものは人体が持っている功能に他ならず、誰もが持っているものなのですが、何の働きもしていません。寝ていて夢を見たのですが、次の日その通りの事が起こったと感じた人がいます。また、何かが起こると予見すると、何日か経ってその通りの事が起こったと言っている人がいます。何かやった時に、「あれ、これは以前経験しているぞ」と感じるのですが、実際にはその人の一生のうちにそんな経験はなかったと言っている人もいます。これはどういうことでしょうか? 本当のところ、いずれも功能の現れで、早まって将来に行ったり、または過去に行ったりしたということです。しかしその功能はうっすらとしていて、何ものでもなく、エネルギーがなければ役に立ちませんし、先ほど述べたような作用があるだけです。一旦、エネルギーでそれを充実させれば、それを功能の加持と言います。功力を用いてそれを更に強化すれば、それは大変強力なものとなり、使えるようになり、作用のあるものとなります。この心を修めなければ、何を得ようと思っても、何も得られません。

 ある学習者は自分が法輪大法の師父だと言っています。多くの古い学習者は皆知っていますが、師父と呼ばれたら、驚いてしまいます。自らを敢えて師であるとは言わず、師はただ一人、李先生だけが師父で、私たちは全て弟子だと言うのです。師を敢えて称するものは、一に名を求める心がたたっているためであり、二に法を乱す企みがあるからです。浩瀚な宇宙で、無数の佛、道、神、異なる次元の主、天神が全てこの法を学んでいるのに、誰が敢えて己を師父と称するのでしょう? 心を修めず、徳を重んぜず、どの法門で修煉しても容易なことではありません。正法の修煉は全て徳を重んじます。では、なぜ動物の憑き物などでたらめなものに功があるのでしょうか? 低い次元において少しの霊気を持つことが許されており、低い次元で人が業を返すことに利用されています。人がこの病にかかったり、その難に遭ったりしますが、全ては自分が作った借りであり、自分が招いたものなのです。

 話は少しレベルが高いかもしれませんが、理解できない人もいるでしょう。実は、皆さんにとても簡単な理を説きましょう。修煉界では人の元神は不滅であると説いていますが、人の元神は間違いなく不滅なのです。人が死んでも、実はまったく死んでおらず、私も死ではいないと思います。皆さん考えてみてください。人間の身体の細胞は無数の分子で構成されているのではありませんか? そして分子は無数の原子によって構成されているのではありませんか? 原子は原子核、電子、中性子によって構成されたものではありませんか? そこでさらに掘り下げていけば、原子を構成するものにクオーク、中性微子があります。現在科学はここまでしか認識できていませんが、実際のところ物質の本源物質からはまだ程遠いのです。つまり、人間の身体にそれらのミクロな物質が存在しているというのです。皆さん考えてみてください。人の身体は、息を引き取った時、どうして身体の死によって、原子核が全て存在しなくなるのでしょうか? 原子、中性子、電子はすべて存在しなくなるのですか? そんなことがありえますか? 原子核は強大なエネルギーと衝撃によって、やっと分裂できるのであって、常人の普通の力ではまったく分裂させることができません。遺体焼却炉の火で人間の身体の原子核を分裂させることができるのでしょうか? 爆発させることができるのでしょうか? もしもその火で本当に身体にある原子核を爆発させることができるというのなら、一人の身体にある原子成分だけで一部の都市を壊滅させることができます。そうではありませんか? 私たちは生命がまったく消滅していないことに気づきました。人の死はただ、今の、私たちのこの物質空間で見たこの形体が滅びたに過ぎず、その他の空間に存在する身体はいずれも死んでいません。

 私が言っているこの空間を理解するのはさほど難しいことではなく、現代科学でも四次元空間を認識しており、十一次元まであるという説もあります。ある旧ソ連の科学者が、もし宇宙が大爆発によって形成されたとすれば、その一瞬に一つの時空だけを作り出したはずがなく、二十数個の時空が同時に存在していると考えるべきだと指摘しています。彼が明確に指摘しているように、私たちのこの物質空間、この時間、この時空が存在すると同時に、他の時空が存在しており、このことについてすでに明確に指摘されました。多くの科学者もこの問題を研究し、この問題を議論しています。もちろん、この宇宙空間の存在形式は極めて複雑です。最も簡単な空間形式について話します。私たち人類はどの空間で生存しているのでしょうか? ご存知の通り、私たち人類が見ることのできる最大の物質は星であり、星が銀河系、各星系を組成しています。私たち人類が接触できる最小の物質は分子です。人間は分子と星との間のこの空間で生活しており、それがとても広々したもので、不思議なほど広いと感じています。それでは皆さん考えてみてください。分子と原子の間に存在するその空間はどんな様子でしょうか? 私に言わせればそれもとても広く、非常に大きいのです。もちろん常人の理論から、常人の概念で物質世界を認識する考え方でそれを認識してはいけません。その空間に入って認識すれば、それも極めて広い空間であることが分かるでしょう。

 では原子とクオークの間はどうなっているのでしょうか? クオークと中性微子の間はどうなっているのでしょうか? では極めてミクロなところはどうなっているのでしょうか? 釈迦牟尼は一粒の砂の中に三千大千世界があると言いました。彼が言う三千大千世界の学説とは、銀河系の中に三千個の私たち人類同様の生命と智慧のある星が存在しています。一粒の砂の中に三千大千世界があると言うのですが、仮にそれが真実であるとすれば、皆さん考えてみてください。一粒の砂の中をミクロで見れば銀河系と同じように繁栄しており、人類社会があり、人と同様な存在があるというのです。では皆さん更に下へ追っていけば、砂の中に、川や砂があるのではありませんか? 更にその砂の中の砂の中に三千大千世界があるのではありませんか? ではその砂の中の砂の中に更に三千大千世界があるのではありませんか? 更に下へ追って行って、釈迦牟尼は窮まり尽きることが無いということに気付いたのです。と言うのも、人間はこの分子で構成された目を使わないで見てはじめて、宇宙の真相を見ることができるからです。到達した次元が高くなればなるほど、よりミクロなものが見え、よりマクロなものが見えるのです。釈迦牟尼も最後まで見ていませんし、宇宙が最終的にどれほど大きいかも見えませんでした。ですから最後に晩年のとき、「其の大は外無く」、どれほど大きいかを知らず、「其の小は内無し」、どれほど小さいか最後まで見えなかった、という言葉を残しました。釈迦牟尼の説いた事と現代物理学上の認識は、何も抵触するところは無く、理に適っています。先ほど理論的に解釈できると話しましたが、これは私の認識であり、私が説いたことです。人間が息を引き取った時、全ての原子核が全て無くなるとどうして言えるのですか? 遺体焼却炉の火が核分裂を起こせると言うのですか? できるはずはありません。ですから人の肉体は死んでも、その生命が死ぬことはありません。物質は不滅であることが正しい説であり、他の空間では物質も不滅なのです。

 現在の科学者は、現在の人類が、真空状態では何の物質も無いというところまでしか認識できないと思っています。実はこれは人類の現有科学がそこまでの認識しか持てないのです。私に言わせれば、真空の中にも物質があり、実は真空そのものも物質なのです。と言うのも更にミクロなところですでに見えなくなり、真空は生命の本源となるミクロ的な物質からは程遠いのです。物質の最もミクロ的な物質とは何でしょうか? 本源物質とは何でしょうか? 私に言わせれば、現在の科学者が現在の研究方法では永遠に認識することができません。と言うのも、現在進められている西洋科学は最も遅いものだからです。人類は最も不完全な発展方法を選択してしまったのです。中国古代の科学の発展は私に言わせれば、比較的正確で、直接人体、生命、宇宙に向き合って研究していたのです。皆さんもご存知の通り、宇宙人の空飛ぶ円盤はいずこからとなく現れ、いずことも知れず去っていきますが、速度は極めて速く、とても不思議で、円盤も大きくなったり小さくなったりします。なぜこれができるのでしょうか? すなわちその科学技術の研究の発展方法が違うからです。円盤は別の空間を移動できます。時空の違いがあるため、瞬時にやってくることも、到着すること、去っていくこともできるのです。

 先ほど功について話したとき、この問題について言及しましたが、実は私たちは手を動かして煉った功は、術類のものに過ぎず、功能を加持し身体を改変し、長生きすることができます。しかしエネルギー、次元の高低を決める功がなければ、長生きすることもできません。逆に最も低い次元で皆さんに話しますが、心性の修煉を重視せず、徳を重んじなければ、病が治ることもありません。体操をすれば病気が治るのですか? 治りません。気功は体操ではなく、それは超常の手段で人を改変させているので、必ず超常の理で自分を要求しなければなりません。練功の時はとても敬虔ですが、ひとたびそこを離れるとそうではなくなる人がいます。社会で勝手気ままなことをして、個人の僅かばかりの利を巡って互いに争い、場合には憂さを晴らすために闘ったりしますが、これで病が治るというのですか? 絶対に良くなりません。私は今、なぜ功が伸びないのかについて話しましたが、実は他にも原因があります。

 更に他にも功が伸びない原因があります。病が治らず、功も伸びないのは、高次元の法を知らないからです。高次元の理を知らなければ、修煉のしようがないのです。これほどの長い年月、皆さんは高い次元へと修煉しようと思い、鼎を立てて竈を設け、薬を採集し丹を煉り、脈を通して、大小周天を練っていたわけですが、一生練ってもその次元のままに留まります。気を練ることは最終目的ではなく、何事でもなく、気を練る最終目的は身体を浄化し、高次元での修煉の基礎を作るためです。同時に気を練るという次元で、丹道の方法を取っていれば、丹を形成し、つぼを開き、数本かの脈を通じます。それも低い次元で基礎を作りますが、煉功とは見なさず、ちょっとだけ基礎作りをして、身体を浄化するに過ぎず、これが気を練ることの目的なのです。その気を身体いっぱいに貯めており、大変良い事だと思う人がいます。私に言わせれば、あなたはただの風船で、それを功だと思っていますが、まったく功ではありません。気を発して病人を治すというのは、まったく間違った認識です。気がどうして病気を治せると言うのですか? 皆さん冷静に考えてみてください。あなたの身体も気で、私の身体も気で、常人と常人の間は全て気なのです。ただ、あなたの労宮穴が開いて、或いはどこかの穴(つぼ)が開いたから、気を発したり収めたりすることはできますが、それも気に過ぎないのではありませんか? 同等の次元の物体の間には制約作用はありません。あなたも気で、相手も気ですが、あなたは相手に気を発して病を治せるというのですか? 下手すれば相手の気はあなたに作用してしまうかもしれません。そうではありませんか? この次元を超えたものだけが、低い次元のものを制約できるのであって、その功は本当にこの作用を働くことができるのです。

 数年前、人々は間違った認識を持っており、多くの気功師は気功を普及させるために出てきたのですが、中にはまったく功が無いのに、功を発している人もいます。なぜ功が出せているように見えたのでしょうか? 気功の出現は天象がもたらしたものですが、多くの師父は当事者にも知らせていません。その人にパイプを与え、功を発するとき、師父が功を与えるようにしたのです。こういった偽気功師はまるで水道の栓のようなものです。煉功した事もなく、功もないのですが、功を発するとき水道の栓が開いたようで、他の空間から与えられています。発しない時は他の空間で水道の栓が閉じられたようなもので、彼自身には功はありません。彼に功を与えた目的は、己を修煉し、良い人になり、良いことを行ない、己を高め、己を開発させるためだったのです。複雑な人間社会にあって、自分で己の心をよく修め、向上するのです。しかし多くの気功師はこれを理解せず、何かをするためにこの功を与えられたと勘違いし、どこから来たものかも知らなかったのですが、外から来たものだけは分かっています。それを金儲けや気功師として有名になるためだと思い込んでいました。現在そういった人はほとんど残っていませんが、残った人の一部は憑き物のある人で、大部分は憑き物のある人です。人にとってもそれは恐るべきことですが、自分を気功師だと自認し、名声がありますが、数年も経てば、彼らは植物人間のようになり、身体の精華は全て持ち去られてしまいます。と言うのも魔も宇宙の理の隙に付け入って、失わないものは得られず、功を見返りも無く与えるはずはなく、あなたはたくさん金儲けをし、有名になったから、魔もあなたのものも取らなければなりません。そうではありませんか? ですから、魔はあなたのものを取り、とても理に適っているのです。憑き物は実はその人が自ら招いたものです。人の病気を治してやったのに自分は却ってあそこが悪くなったり、ここが悪くなったりする人がいますが、自ら病を招いてしまったのです。

 では丹とは何でしょうか? 丹や丹田の気で何かができると思っている人がいます。甚だしきに至っては、丹田の気で何かをすることは気功であるという間違った認識もあります。私に言わせればこれは気功を踏みにじっています。気功は博大で奥深いもので、気功自体は宇宙の大法に照らして修煉するものです。あなたが恍惚となって丹田の気をもって何かすれば、それが気功だと言うのならば、恍惚となって丹田の気をもってトイレに行くのは何なのですか? それは気功を踏みにじるものではありませんか? このように認識してはいけません。その内涵は非常に大きく、それほど簡単なものではありません。人間の丹は、私に言わせれば、実は一つの爆弾なのです。人間は最後まで修煉すると、功が開き、丹が爆裂するのです。佛教では悟を開くと言います。その瞬間に爆裂します。その炸裂によって、己の百脈を開き、身体にあるすべてのつぼを開き、命門を開き、功能を放ちます。天目もあなたのいる次元の最高点で開き、あなたがいる次元での宇宙の真相が見えるようになり、こういう働きがあるわけです。それはすなわち一つの爆弾で、それ以外の働きは何もありません。修煉が良くできた和尚が死後に火葬された後、舍利が出てきたのを皆さんも見たかと思いますが、つまり和尚が入寂に臨む数日前に、丹を炸裂させるのです。ドカンという音と共に炸裂し、和尚は全て知っていますが、常人には言わないので、誰も知らず、誰も感じることができません。丹が炸裂すると、この空間では石と同じようなものになります。私たちは丹を修めません。なぜ丹を修めないのでしょうか? 私たちは、丹は動かないもので、エネルギーを蓄えるということのほか大した働きは無いと見ているからです。和尚の死後、火葬でできた舍利は光沢があり、とても硬く、エネルギーがありますが、それがどんな物質なのかは測定器では測れないものです。それは別の空間で採集した物質と、徳が功に演化して成した物質から構成されたものですから、科学者が現在識別できない物質です。それは私たち常人社会の物質ではありません。人によっては無理やりに、或いはでたらめに解釈し、それは歯だ、骨だと言っています。それはでたらめな解釈ではないでしょうか? 常人の火葬からはなぜ現れないのでしょうか? なぜ和尚や、修煉した人からだけ現れるのでしょうか? 

 先ほど、本当に高い次元へ修煉するための道理について話しましたが、どの法門、どの流派であろうと変わるものではありません。そこで、山奥で修煉している老道士、あるいは佛家の方法に従って閉じこもって修煉している人たち、あなたはそのような人たちを師として拝んだことがあるかもしれませんが、彼らはこの真、善、忍に基づいて修めていないのに、修煉がどのようにできたのかと、考える人がいるかもしれません。では彼らはどのように修めているかを話しましょう。彼らはとても苦しかったのです。長年修煉しても、僅かな功しか得られません。しかし彼らは、山奥で修煉し、常人社会を避けているので、その功に鍵がかかっていません。それに対し、常人の中で修煉する場合、功に鍵がかかっており、漸悟状態で修煉する場合でも、一部、または半分に鍵がかかるのです。ですから、たいした能力が現れません。次元がとても高くなっていたとしても、それを発揮することはできません。しかし山奥にあって、常人の世俗の中に入り込まず、常人の中の事に干渉しなければ、開放されたままで修めており、鍵がかかっていません。少しの功があれば、大きな能力があるように見えます。と言うのも開放されているからです。本当のところ彼らの修煉は非常に苦しく、長い時間をかけて僅かな功しか伸びないのですが、彼らはそれを知りません。

 私は八万四千法門が広まって、真ん中が大道修煉、大法修煉であると言いました。脇門の方で、衆生をあまねく済度し、各種の人が皆学びに来ています。ある人はその高さで悟りを開けば、彼はその高さまでしか修められず、それ以上に高まることができなくて、己の根基が作り出したもので、その高さまで到達したら悟りを開いたのです。ある者はこの高さで悟りを開き(手を動かして)、ある者はこの高さで悟りを開いて、ある者はこの高さで悟りを開いて、ある者はこの高さで悟りを開いて、ある者はとても低いところで悟りを開きます。悟りを開いた人はその次元の理を見る事ができ、より高いものは見る事ができません。ですから、そこまで到達したらその高さの理しか見えません。しかし彼も弟子を取っているので、彼は自分が見た理を説きます。八万四千法門には、小法小道は非常に多く、しかも周辺の小道であるほど、こだわりが多くて複雑になります。真ん中の大道、大法に近づくほど修煉はより簡単になり、核心を掴んで修煉すればより速くなります。私たちの学習者の進歩はとても速いものです。なぜ速いのでしょうか? 一部の学習者の改変や、功の伸びは不可思議に速いものです。法を得ていなければ、一生かけても気という次元から抜け出せないでしょう。

 私のこの九回の講法で、あなたが修煉することが出来れば、私が九回の講法の中であなたを抜け出させてあげます。私たちの学習者は修煉の過程の中で次元の突破は非常に速いのです。多くの修道者が私にそう言って、私も彼らに、私の学習者の功は、あなたたちと比べて如何ですかと尋ねました。彼らは不可思議に感じます。この功の伸びは確かに不可思議です。というのも私たちは根本を掴んで修めているので、人のその心を掴んで修めているので、これこそ肝要で、そのためとても速いのです。山奥で修行する人と一部の出家人は、悠長な歳月をかけて修行し、多くの苦を嘗め、その苦を嘗める事によって向上したと思っています。実はその長い歳月の中で、彼は常人の中で執着していたあの心を消去したため、向上してきたのです。私たちは現在人のその心をねらって修め、あなたの執着心、嫉妬心、歓喜心、各種の心を捉えて修めて、こういったものをすべて除去するから、とても速いのです。この問題についてはこれくらいにしておきましょう。

 まだ多くの人が法輪大法を学びたいと思っていますが、講習会に参加したことがありません。皆さんに簡単に法輪大法を紹介しましょう。私のこの法輪大法は一種の性命双修の功法です。真の性命双修の功法にこのような特徴があり、つまり人の身体を非常に速く改変できます。また、外観上も常人と大きく異なります。ですから法輪大法を学んでいる古くからの学習者、年長の人も含めて、皮膚のきめが細やかになり、白い肌に赤みがさし、体はとても丈夫です。以前は歩く時も階段を上る時も疲れましたが、今は何階上っても息切れもしませんし、脈がどきどきする事もなく、疲れません。以前は少し歩くともう駄目でしたが、今は自転車に乗っても誰かが後ろから押してくれているかのようです。私が話したこの情況ですが、ここに座っている古くからの学習者の皆さんに聞きますが、この通りではありませんか?(一斉に:その通りです!) 私たちにとってこれは普遍的に存在する現象です。私がここで話しているのは個別の学習者の状況ではなく、それはとても普遍的なことです。真の性命双修の功法はここまで到達できるのです。外観上の変化が非常に大きく、多くの年長の人は顔の皺が減り、ないし無くなっています。同時に生理上の変化もとても大きいのです。時間の関係で、その点は割愛します。

 また、法輪修煉大法は最も独特な功法です。歴史上誰も伝えたことはなく、もちろんこの話は少し言い過ぎたかもしれませんが、すなわち今回の人類の文明時期に伝えられたことはありません。先史時代に、先史の相当長い時期に、人類社会の一つ主要な衆生済度の方法として人を済度しましたが、今回の人類の文明時期に伝えられたことはありません。では、この大法と現在のこの気功、あの気功の修煉方法の理論とはまったく異なります。現在人類の修煉しているものは基本的に丹道を歩むものです。丹道を歩むとは何でしょうか? 言い換えれば丹を結ぶと言えます。寺の和尚も、煉功を説きませんが、丹を結んでいます。火葬後の舍利はすなわちその丹が炸裂して成したものです。道士も同じで、民間で伝説とされる一部の修煉方法も同じく、全て基本的に丹道を歩みます。皆さんは密宗を知っていると思いますが、それは丹道を歩まないように見えますが、実はそれも丹道を歩み、もっとはっきりとすればそれもやはり丹道を歩んでいます。そして密宗の輪は意念に制御されて回転しますが、意念が制御しなければ回転はしません。しかもその輪は実在するものではありませんが、私たちのこの法輪は実在するものです。

 私のこの功法のこの法輪は、当然のことながらあなた自身で修煉していても作り出すことは困難です。私たちが多くの代にわたってやっと形成したもので、歴代に一人だけに伝え、外の人に伝えることはありませんでした。現在、この特殊な歴史の環境下で、私はそれを人に伝えています。ある学習者は、先生、私に法輪を一つ下さいと言いましたし、ある学習者はメモに、先生、私は講習会に参加していませんが、お金を払いますから、学費を払いますから、法輪を下さいと書きました。つまり、法輪を買うと言っているのです。皆さんに言っておきますが、この法輪は極めて貴重であり、価値を以って測る事は出来ません。縁の無い人は数億の金を払っても買えませんし、縁のある人は一銭の金も使わず手に入ります。今日はこの物を出したのは、人にまだ最後にほんの少しの佛性があるのを見ているからです。実際、伝え出した効果は比較的に良かったのです。それは極めて貴重なもので、あなたは修煉者であってからはじめて得られるのです。一旦この法輪をあなたに植え付けたら、それは二十四時間止まることなく、ずっとこのように回転します。時計回りに回転もしますし、逆時計回りに回転もします。時計回りに回転する時は、自動的に宇宙からエネルギーを吸収し、エネルギーを演化し、演化したエネルギーはあなたの身体にすべての必要なものを供給します。同時にそれが逆時計回りする時はエネルギーを放ち、放ったエネルギーはあなたの身体の演煉で生じた廃棄物質を排出して、また新たなエネルギー物質を吸い込みます。それは目的を持って選択もできる霊体です。あなたが自分で気を捧げ灌頂しても、気を採っても、そこまで到達できるはずがありません、あなたにはそれほどの力が無いので、できません。ですからそれは選択する力を持ち、霊体ですので、人間の及ぶものではありません。

 この法輪を植え付けてから、二十四時間止まることなく、いつまでも回転し、いつまでもあなたを演煉しています。つまり「法が人を煉る」という形式を形成します。他の功法では、煉功すれば功がはじめて伸びますから、煉功時間を増すために、多く煉らなければならず、煉らなければ、功は伸びません。しかし法輪大法では、あなたが煉らなくても功が伸びます。煉ることはその機を強化して、私があなたに植え付けた機制と法輪を強化することになって、それを加持し強化するという、あなたはそのような作用を働いたにすぎません。真の修煉はこの功法全体が、かえって法輪は煉るに過ぎず、外側であなたに下した機制が運転されており、法輪は回転しており、身体の中の一切の機制が全て自動的に煉っています。

 私たちは「修」を言っていますが、真の修煉は修を主とし、煉は次の方面のことです。心性の修煉を重んじ、自らを真の修煉者として常人社会の中での行為を規制していけば、あなたの功は上に伸びていきます。更に毎日煉っている動作を加えれば、あなたは一通り、全面的に私の功法を煉ることとなります。動作はとても簡単で、ただ五通りの功法ですが、マクロ的に幾千幾万のものを演煉するように制御しているのです。この動作は何を煉っているのか、あの動作は何を煉っているのか、と気功師に質問する人がいます。一部の気功師は答えられません。なぜ答えられないのでしょうか? 簡単に答えられないからです。人体は幾千幾万以上のものを修煉して、一つ一つの動作もマクロ的にとても多くのものを演煉するように制御しているのです。それは何を煉っているのですか? あなたにどう言えばよいのですか? 何でも煉るのです。動作は簡単に見えますが、複雑だからよいとは限りませんが、大道は至簡至易です。小道小法の動作はとても複雑ですが、修煉は動作自身の複雑さの程度によるものではなく、この一門が他の空間であなたに植え付けたものによるもので、それが複雑かどうかによるものであり、動作自身は複雑ではありません。
  
 あなたの言っている事はまだよく分からないと思う人がいるかもしれません。丹を結ぶとそれはエネルギーであり、和尚の火葬に出てくる舍利というのも信じられるし、それはまだ物質的なものだからです。あなたの言う法輪がお腹の中で回ると言う事は信じられず、それがどうして生きているのかと言うのですか? なぜ旋転できるのですか? では私からあなたに反問しますが、この銀河系と宇宙は回っており、銀河系は動いており、九つの惑星が太陽の回りを周り、私たちの地球も自転していますが、誰が推しているのでしょうか? 誰が力を加えているのでしょうか? あなたに教えますが、それらは一種の旋機の形式で存在しており、私たちの法輪も同じような旋機で存在しているので、ですから自転して止まらないのです。ここにいる一部の人は講義をまだ聞いたことがありませんが、あなたに法輪が回転する感じを体験させます。皆さん片方の手を出して、掌を平らにし、力を抜いて、掌はできれば平らにしてください。では、今皆さん一人一人に一つ法輪を出してあげて、掌の上で回して体験させます。回っていますか? (回っています!) 二階の皆さん、回っていますか? (回っています!) 結構です、これで皆さんも体験してもらいました。回っていると感じられない人もいますが、手は冷たくなったとか、熱くなったと感じています。それはあなたの体が帯びている業力場のせいで、冷たいと感じた人はだいたい身体が良くなくて、または手に業力があったからです。回転を感じたかどうかは別にして、熱いとか冷たいとかは感じたでしょう、当然多くの人が回転を感じられたはずです。

 この法輪大法は、このような功法なので、現代人が学び、煉功するのに比較的に適しています。当然の事ですが、法輪大法を伝え出して以来、社会に対し、人類の道徳水準の向上に対し良い作用を果たしたことは、実際に証明されています。一人の常人にとって、一人の人にとって、修煉しようと思うならば、必ず心性に重きを置いて修煉してください。心性を重視して修煉すれば、常人社会の中で必ず良い人となります、間違いなくこうなります。彼の功法も長く煉功を続ける事ができ、ずっと恍惚とした状態を保てると言う人がいます。私に言わせればそれは煉功ではなく、病気治療と健康保持をして、気を煉る中での一つの状態に過ぎず、それは煉功ではありません。また、たとえ本当の煉功であっても、試していただきたいのですが、恍惚の状態でしっかり仕事ができますか? 上司に与えられた仕事をきちんと完成する事ができますか? あなたは個人の商売を営んでいても、会社を経営していても、社会に対して義務も果たしているではありませんか? オフィスで仕事をするとしたら、恍惚とした状態で座っていて、どうやって文案を起こすのでしょうか? ろくに仕事ができなくて、危険な事になるかもしれません! 作業者は恍惚とした状態で仕事をしていたら、手を歯車に挟まれるかもしれません。高所作業を恍惚とした状態でやれば落下するかもしれません。それで生産安全の問題になるのではありませんか? それでは長期に煉功できるはずもありません。ただし私たちの功では確かにこの問題を解決しました。宇宙の特性に同化し、善い人になり、それは修煉者の基準です。我々の功の伸びはとても速いものだと、一部の学習者は知っています。私たちの功法は小さな事においてあまりこだわりません。大道修煉、大法修煉にはこだわりが少ないからです。私たちはまたどの方向に向かって煉るとか、どの時間に煉るとかにもこだわりません。この法輪大法が煉っているものは比較的に大きく、この歴史時期、今回の人類文明に出現したものの中でこれほど大きなものを煉ったものはありません。私はこのものを伝え始める前、信じられなければ見てほしいのですが、動物の動作を真似する修煉法があり、しかも何々名人、聖人、道人、更には道、神、佛もあったのですが、結局のところそれには限界がありました。

 私たちの法輪大法は宇宙の演化の原理に照らして煉っています。法輪は宇宙の演化の原理に従って形成され、宇宙の最高特性、真、善、忍に従って修煉を指導するからです。私たちは最高のものに従って煉っていると言えます。これほど大きな法を煉っているのは、宇宙を煉っているのに等しいのです。私たちはまた方位にこだわりません。皆さん考えてみてください、この宇宙にどこに方向感覚がありますか? 宇宙自身は運動しており、私たち銀河系も動いており、九つの惑星は太陽の周りを回っており、地球も自転していると言うのに、どこに東西南北があるのでしょうか? 皆それぞれ回っているのですから、こういった方角の概念はまったくありません。人類が現有の人類の角度から、地球の角度から区分しているだけです。ですから私たちはこのような大きなものを煉っているので、宇宙を煉っているのに等しく、当然、方向感覚などはありません。ですからどの方角に向かって煉っても全方位に向かって煉ることに等しいのです。分かりやすく言えば、同時に東西南北に向かって煉ることに等しいのです。ですから私たちはまったく方角にこだわりません。それは回っていて、回転しているからです。

 私たちは時間にもこだわりません。なぜ時間にこだわらないのでしょうか? 多くの功法は子の刻に煉功したほうが良い、辰の刻に煉功したほうが良いなどと言います。もちろん私たちは子の刻と辰の刻が良いとも思いますが、しかし私たちはそのような小さな時間の範囲内に限られて煉るのではありません。その大きな宇宙において、地球上の子の刻が良いとしても、他の空間の中では子の刻が良いとは限りません。ですから私たちはこれにこだわりません。ただし子の刻には有利な条件があります。つまり、その時は比較的静かで、夜が深けて静まると煉功に適しています。また辰の刻が煉功に良いと言う人もいます。しかし私たちには私たちの道理があって、時刻にこだわりません。ただし私たちは早起きして、皆さんが集まって一緒に煉功したり、或いは夜集まって一緒に煉功することを推奨します。なぜでしょうか? 皆さんが集まって煉功すれば、問題に遭遇しても互いに切磋琢磨し、共に解決することができるからです。互いに検討する事で、皆で共に向上することに役立つからです。ですから私たちが選択したのは、皆さんの集体煉功という形式です。仕事があって朝と晩にしか時間が取れない人は、朝と晩に煉功をしています。本当のところ、毎時毎秒あなたが煉功していなくても、功に煉られています。あなたの煉功は、私があなたに植え付けたその機を強化しているのです。私たちは機に随って行なえばよいと言いますが、手や動作はその機を強化するに過ぎません。

 私たちはまた功を収めることにもこだわりません。こだわらないとは、功を収めるという概念が無いからです。他の功法では、練功が終わると功を収め戻して、周囲に発散したエネルギー場を取り戻し、功も止まります。私たちにはこのような概念はありません、私たちは二十四時間煉っているので、収めるとか止めるとかという概念はまったく無いので、功を収めることを行ないません。煉功している時に電話がかかってきたら、あるいは突然人が来てドアをノックしたら、どうしたらいいのだろうと考える人がいるでしょう。その時は客人を接待し、電話に出ても全く問題は無いのです。なぜそうなのでしょうか? 煉功する時、周囲には確かに一つの場が存在していますが、あなたの法輪には霊性があって、あなたが思想の中で何かしようとする時、今は煉功を中止することを法輪は知り、その瞬間に時計回りの方向に旋転して、体外のその場を「さっ」と吸収します。人為的にやっても駄目で、気を捧げ灌頂して、いくら捧げても失います。一方、法輪大法では失うことはなく、そのような制約があるからです。今私は皆さんに法輪大法の特徴を簡単に紹介しました。もちろんまだまだ多くあって、より良い特徴がありますが、系統的に教えないといけないため、これからの講義の中で伝えていきます。

 次にもう一つの問題に言及したいと思って、つまり異なる階層の人がどのように煉功するかということです。過去にこういう言い方があると皆さんは知っているかもしれませんが、貧乏で何も持たず、財産を持たない人だけが修煉できるということです。それぞれの宗教の人たちはそれぞれ自分の一門の理を説きます。佛教はいくら広げても、釈迦牟尼佛が証悟して、後世の人が誤って伝えた理論を説いているに過ぎませんし、道家も太極の理から抜け出ていません。しかし誰一人この宇宙全体についてはっきり説いていませんし、その枠組みから跳び出して宇宙全体を説いてこそ、はじめて宇宙の法、宇宙の特性、神、道、佛の根本が何かをはっきり説けるので、全ては己の一門について述べているに過ぎません。ましてや道家にも多くの門派があり、佛家にも多くの門派があり、みんなが己の門派の理を説いています。私たちはこれを切り開いて宇宙の真相を説き、現代科学と人体科学に結び付けて説いています。では私たちは何の道理を説いているのでしょうか? 皆さんは多分宗教で説いたことを聞いたかもしれませんが、イエスもこう言っています、金持ちが天国へ行くのは駱駝が針の穴を通るより難しい、つまり金持ちが修煉するのは難しいということです。ただし難しいですが、金持ちは修煉できないということではありません。表面だけを見てはいけません。金持ちは金銭、財富を放棄するのが難しいですが、私たちは本質を見て表面だけを見るのではありません。私の言っているのは、物質的なものを投げ捨てたら真に修煉することになるのではなく、財産に執着する心を放下して、それを恬淡と見て、軽く見るという事です。

 異なる次元にある人がどのように修煉するのかについて、今から私は話します。皆さんに言っておきますが、世の中に人がいて、人が世に生きるのは、ただ一文字、情のためなのです! 喜怒哀楽、あれをしたい、これをしたくない、あれを食べたい、これは食べたくない、誰が好き、誰が嫌い、近親の情、友情、愛情、父母の情、一切の一切、人の一切は全てこの情に由来するのです。この情は全ての執着心を生じさせることができます。情は影響されるときに嫉妬心も生じるので、ですから人は情のために生きているのです。具体的に修煉する時、その心を取り除かないとならず、徐々に削り取り、無くなるまで磨耗させられれば更に良いことで、それは次元の現れだからです。つまり徐々にこういったものを淡々と、淡々とみて、こういった常人の執着する物を淡々としてみます。そこで常人は、誰も常人の最も執著するものはすなわち名と利なので、ですからこの二つのものを追求する人が最も修煉が難しいのです。名の追求には、地位、職位、権力の追求も含まれ、利の追求では、主は金錢と物質ですが、この二つのものを追求する人は最も修煉が難しいのです。本当のところ、修煉が難しいと言っていますが、皆修煉することはできますし、修煉できないとは言っていません。金銭を全て捨てなければ修煉できないのでしょうか? 私に言わせればそんなことではありません。本当の修煉は、裕福かどうかによるものではなく、佛家の理で言えば、裕福とはあなた自身の福分が作り出した物で、己が徳を持ったために作り出した物で、あなたのあってしかるべき物です。ですから裕福自身は決して罪ではありません。

 私たちの説いているのは、あなたは自分の次元で如何に良い人になり、物、欲、名、利に淡々とするかのことです。家に満貫の財があっても、それを重く捉われず、淡々として、更には金のことにも関心を持たずにいれば、何の問題もありません。あなたの家にお金が溢れていて、ベッドでさえ金で支えられているとしても、私に言わせれば問題ありません。修とはすなわち人の心を修める事で、物質の面で何かを取り去ろうと言うことではありません。仮にあなたは高官でも、その官職を淡々とみて、どんな大きな官になっても人民に尽し、衆生の幸せを計り、人のためを思うのであれば、立派な官僚ではありませんか。当然、人類社会は複雑ですが、あなたは置かれている各階層の中で、その関係を正しく持って、法の要求に照らして事をなすのであれば、あなたは良い人に、修煉者になることができます。

 異なる階層の人というと、常人には常人のトラブルがあります。一般の職員にも、その間に利害の衝突がありますし、高い職位にある人たちの間にも、その階層の人と人の間の葛藤とトラブルがあり、より高い職位にある人たちにも、その階層でのトラブル状態が存在します。つまりあなたの置かれている階層に、その環境の中で、あなたは個人の利益の追求といった事を、如何に淡々としてみられるかということです。如何に良い人になり、多くの良い事をし、人の為に良い事をし、如何に向上するか、どの階層にいても修煉できるのです。私たちは全ての宗教、全ての門派の理を超えてこの事を説いています。物質の面であなたに何かを本当に除去させて、何も無いところから修煉させるのでもなく、そうではありません。そういったものに恬淡としていられるかどうかということなのです。私たちが修めているのは心そのものではありませんか? その心が無ければその目的に到達したのではありませんか? 人類社会に本当に何も無くなって、原始社会になってしまうなら、私はそれが可笑しいといっています、そうではありませんか? 人類はその発展方向に従って発展しているのであって、実質上こういったことなのです。

 以前多くの人が私に、どうやって修煉するのかと尋ねました。当然、現在社会はとても複雑で、一部の事に対して具体的に解き明かすわけにはいかず、ただこの法に照らして行なうのです。あなたに全て詳しく説いてしまえば、あなたが修煉して悟る部分はなくなります。具体的な問題については己で悟り、己で修煉すれば、はじめて修煉となって、はじめて向上できるのです。全て説き明かせば、あなたは向上することも無く、全てをありのままに捉えて、それに照らして行なえば良いのです。人は本来迷いの中にあり、迷いの中から悟るのです。全てを見通してから修煉して悟るとすれば、私に言わせればそれは悟れなくなるのです。覚者はなぜ修煉し難く、向上し難く、いつまでもその次元にいるのかと言えば、その環境には苦を嘗めることが無いからです。そこでは全てが素晴らしく、迷いも無く、何を悟ると言うのですか? しかし常人の中には迷いがあり、真相も見えず、真理も見えません。

 人々は皆現実利益の中で争って、闘っています。もしそこに良い人が現れて、皆と違う見識を持って、そういったものを争わず、名利を淡々としていれば、その人はとても目立つでしょう。常人の中でその人を見て、たいしたことがないようですが、高い次元から見ると、その人は黄金のようにきらきら輝いて見えるのです。昔功の高い人は弟子を選ぶ時、弟子が師父を探すのではなく、逆に師父が弟子を探すと言っていたのもこの道理です。誰しもそのような人を選びたいのです。常人は常人の中で迷い、自分がやったことが良い事だと思っていますが、高い次元から見れば全て反対で、人は全て己のために生きており、私心があるのです。ですからあなたの執着するものは、私欲を満たしたいと言う心理に過ぎず、修煉のためには全て捨て去らなければなりません。はっきり言えば、修煉は人の執着心を捨てることで、私の説いていることの根本的なところです。修煉は即ちあなたの各種の執着心を捨てることで、本質上、修煉とはその心を修めることです。法輪大法の修煉は人心をまっすぐ指して、しかも私たちは実のところ、肝心なところを突いているのです。

 さらに一つの問題を皆さんに話しておきましょう。なぜならここには古くからの学習者もおり、今日は総括の会でもあるからです。一部の人は大法を破壊しようとしていますが、極めてごく僅かな数であり、他の功派のようではありません。あるところでは、お金のために、功派と功派の間で闘い争い、功派の内部でも闘い争って、まったく心性のことを忘れ、甚だしく混乱しています。私たちのここ、法輪大法は浄土だと私は敢えて言います。ここでは人と人の間でどういう心を持っているでしょうか? 皆さんは全て互いに助け合っています。法輪大法の学習者が集まる時、どんな様子でしょうか? 広州の講習会では、お金がなくなった学習者に、皆さんが百元百元と持ち寄っては彼を助けていたのです。他の功派では見ることのできない事ですが、私たちのところではこのような善人美挙はいくらでもあって、極めて極めて当たり前の現象です。これも浄土と言えるものではありませんか? と言うのも私たちはまっすぐ人の心を修め、心性の修煉を重視するから、必然的にこういった結果になるのです。ですから今後の修煉過程において、皆さんも心性の修煉に重きを置いて下さい。

 同時にこの法を良く理解してください、私に言わせればこの本、この法理を理解し、法を学ぶことです。動作だけを懸命に煉ってはいけません。一日中動作ばかり煉って、先生の説いたことを全て忘れていれば、修煉できないと私は言います。何を持ってあなたを指導すると言うのですか? ですから皆さんは本を多く読み、法を学び本を読むことを煉功と同様に毎日怠らず、毎日読んでいれば、はじめて良い人になるように導かれることになり、心性も高まり、功も伸びることができるのです。ひたすら動作を煉りたいと言うならば、一日中朝から晩まで、疲れ果てるまでやったとしてもその功は伸びません。法輪は自動的に旋転しますが、あなたが煉功すればその機を強化することで、法輪は功であなたのために演煉した物を全て用意して上へ運ぶ準備もしたのですが、宇宙の特性があなたを制約し伸ばさせないのなら、何の役に立つと言うのですか? ですからあなたは必ず心性を向上させて、功ははじめてびゅんびゅんと上へ伸びるのです。必ずこの問題を重視してください。

 またある学習者はこのような質問、即ち我々の学習者は将来どのように功を伝えるかという質問をしました。この事について私は皆さんに話しておくことができると思います。その事を話す前に、まず一つの問題を話しておきましょう、学習者の中には講習会に参加したことがなく、自分で学び、自分で煉功する人は、煉功者の基準に照らして煉れば、私が自ら法輪と法身を授けなくても、あなたは(得るべき物を)すべて得られます。それには一つの原因があり、私の学習者が教えたならば、私の全ての学習者に私の法身の保護があるからです。皆さんもご存知の通り、これはなんら迷信ではありません、それ(法身)は私が修煉の中で構成した私同様の形象を持った生命体です。それも同じように法と大きな力を持っており、それが法身です。私には数限りない法身があって学習者を保護でき、ですから全ての学習者は本当に修煉すれば保護が受けられます。そこであなたが学びたいと思い、学習者があなたに教える時に、法身は自然にあなたの体を調整し、自然に法輪や機制を授けて、あなたに与えるべきものを与えます。ただし必ず真の修煉者でなければならず、(真に修煉すれば)必ず得られます。その超常のものをあなたに授けた後、もしあなたを保護する人がいなければ、あなたも危険に晒されます。どうすればよいのでしょう? 私の法身があなたを保護します、このことを保証します。では今後あなたたちはどのように功を伝えるのでしょうか? 私ははっきりと言いました。全国各地の補導站と学習者は誰でも功を伝えていいのです。ただしお金を取ってはいけません、誰でもお金を取ってはいけません、補導站でも費用を徴収してはいけません。無償に功を伝えて、真の修煉は功徳を積んで、名利も求めないので、そのようにして伝えるのです。もしあなたが本当にこのようにしようと思って、つまり法輪大法で金儲けを図るのなら、あなたには何も無くなり、私の法身があなたに授けたものを全て回収し、あなたにそれを使って法を破壊させることをさせません。この問題について明確に話しておきました。ですから、私が功を伝えたがその人は法輪と機制を得られるかと、あなたは心配する必要がありません。同様に得られます。あなたが伝えれば私の法身はすぐ分かります。

 ではその人に教える人がいなければ、本を読んで学べるのでしょうか? 得ることは出来るのでしょうか? 同じように得られます。例えて言えば、釈迦牟尼佛にせよ、老子にせよ、或いはその他の覚者であっても、この世を去ってから長い年月が経っても、その一門の人たちはずっと修めていますし、昔も確実に成就した人がいました。なぜでしょうか? それは法身がいるからです。多くの学習者は見たかもしれませんが、私の写真、つまり本の中にあった私の写真は、その眼が動いているようで、あるいは私の身体が動いているように見え、あるいは他のことを感じ取ることができ、師父の写真に法身があると言う人がいます。写真にだけ法身があるわけでなくて、ここには新しい学習者もいますから、あまり高いことは語れません。皆さんに言っておきますが、あなたは学びさえすれば、本を読んでも、ビデオテープを見ても、録音テープを聴いても、同じように得られるのです。修めることをせずに動作ばかり一生懸命しますから、その超常の物を得たいと言っても、これは絶対にありえません。本当に修煉してはじめてそれらを得ることができます。今私はこういった問題を話したのは、多くの古くからの学習者に対して話したのですが、新しい学習者も聞いたら為になるのです。

 また一つの問題があって、私は病気治療について話します。ある人が言うには、多くの人は考えがとても頑固で、固執しています。一部の西洋医学の医者でさえこう考えています、つまり功が病気を治せるのなら私たちの病院は何をしろというのですか? 言い換えれば功が病気を治せることを認めません。しかし彼は道理を持っていませんが、その言い方はとても理に適っていません。では功で病気は治せるのでしょうか? 

 低い次元で修煉する人は、根本を治せないですが、表面のところを治すことができます。もう少し高まれば、その病を先送りして、後回しにすることができます。今は良くなったように感じさせますが、数年かするとまた発病したり、他の難に転化させたり、親戚や友人の身に移したりといったことができ、彼はそのようなことができます。本当にその病を治そうとするならば、そういった能力を持った人でなければならず、つまり人の業を消す事ができる人で、これは一般の人にできる事ではありません。必ずそういった能力を持った人で、しかも本当に修煉している人だけに対してそうすることができて、常人のために勝手にすることは絶対に許されないことです。その人が悪事を働いたのに償いをしなくてもよいことに等しいからです。

 そこでここには理があります、つまり功は病を治せるのです。長い年月の間に、どれほど多くの人が自らの鍛錬を経て、あるいは修煉者によって病を治されたか、皆の目にはっきりしていることで、誰もこの事実を否定できませんし、言い換えれば功は病を治せるということです。高次元での修煉のものをもって低次元にいる人の病を治してあげると、当然不思議な効果を現すのです。それから徳を重んじ始める病人もいて、ある人は常人社会においてとても良い人であれば、煉功の後にその病は良くなります。しかし修煉は一種超常のものであり、そのため超常の理に従わなければならず、そのものを持ち出して広範囲に常人社会を撹乱してはならず、それは絶対に許されません。気功で病院を開いたり、診察をしたり、リハビリセンターを開いたりすると、その治療効果はきっと一落千丈になり、きっとそうなります。

 皆さんもご存知のように、本当に功夫を持つ人はただ一回で病気を治療します。とても大きい業を消すのは駄目です。病は基本的に一度で全快します。功が打ち出され、いかなる手法にもこだわりません、何の手法があるというのですか? 功能が打ち出され、身体のいかなる部位からも打ち出すことができ、功が(病人の体に)当てたら、病は直ちに良くなります。もともといかなる手法も無いのですが、偽気功師は人を騙すために治療の手法を作り出したのです。排出とか、泄とか、補いとか、一把抓とか、気針とか、電気針とか、光照法とか、ともかくでたらめな手法を並べたてています。もともと修煉者の功はどう打ち出してもいいのですが、何々の手法とか言って、全然そんなことはなく、それは金儲けのために作り出したことです。本当の修煉は、実質上そういうことなのです。

 しかし常人の病は勝手に動かすわけにはいきません。一旦こういった気功病院ができると、治療效果はたちまち一落千丈で駄目になります。超常のもので広範囲に常人社会を勝手にかく乱させるわけにはいかず、常人は常人という次元にあり、最も低い次元の法に管理されているのです。では、高次元の法で常人の理、常人と言う次元の法を干渉することは、してもよいと思いますか? 宇宙の理を破壊し、常人の空間の理を破壊することに等しいのです。ですから本当に病院をやろうとすると、治療効果は、必ず常人の病院の治療効果と同じでなければなりません。それ故、みてご覧なさい、病院や治療リハビリセンターを興して、気功治療をやるところは、治療に当って幾つかの治療過程に分けています。聞くだけで笑ってしまいますが、気功はまだ幾つかの治療過程に分けるなんて、ですから治療效果も良くなく、かえって普通の病院治療に劣るところもあります。この問題が現れますが、それは超常のものだからです。

 修煉の過程において慈悲心が生まれ、衆生が苦しむのを見て、自身は既に三界を出ており、功が高ければ人を助けたりして、局部的なことであれば許されます。一方、勝手にしようとすれば、許されません。修煉がとても高い次元に到達した時に、多くの人の病を治すことが出来ます。しかし修煉がその次元に到達した人は、病を勝手に動かすことは出来ないと言う事を知っており、その理を見抜いているのです。病業は全て因縁関係があり、人は皆業を返しています。勝手に除去することは、悪事を働いても業を返さなくて良いことに等しく、そういう理があるのです。そこで、気功の病気治療は、ある意味でやはり現時点の苦痛を除去したのではないかと言う人がいますが、実は病院の病気治療は同じではないでしょうか? あなたの業を後回しにしただけで、業を取り除くことはできないのです。

 私たちの言う病の本質とは、別の空間の問題がこの空間に反映した物で、たとえば身体のどこかにものができたり、炎症となって病毒や細菌が生じたりすることです。小さな業、密度が高いものはこの空間に病毒として反映され、大きな業力は細菌として反映され、それらのものは別の空間に存在しており、人はどうやって根治できるのですか? この空間でさえあなたはまだ突破できないのですから、業とはすなわち黒々とした一塊一塊の業力です。ですから私たち修煉界においては病といわず、全ては業力で、その問題です。私が今説いたように、実質上その病を勝手に治す事は出来ないのです。慈悲心が生じて、特殊な環境下で、人の病を治してあげることは許されるのですが、個人の名利や、金のため、利益のために行なってはいけません、そこにはそのような理があるからです。

 そこでは、病を治すことは衆生を済度することではないのか、それは良い事ではないのかと思う人がいます。末法時期には経書も曲解されています。『大藏経』をめくって見ても、常人に病を治す事が衆生を済度することであると書いてありますか? 全くありません。衆生を済度するということは、常人の苦しい環境から、あなたを高い次元に済度して、永遠に苦しみから解脱させるという意味で、これこそ本当の衆生済度であり、根本から人の問題を解決するのです。しかし常人の病を治すことが衆生を済度するというのは、偽気功師の言う事で、金儲けのために作った話であり、佛が人を済度することはそういう目的ではありません。皆さん考えてみてください、人の病気を治すことが衆生を済度することに等しいであれば、その佛の能力は大したものではありませんか? 高次元にいる大佛の足でさえ地球よりも大きく、手を一振りすれば全人類の病は全て無くなります。では彼はなぜそうしないのでしょうか? そうすると良いではないか、衆生を済度することでしょう。人は業を作れば返さなければならず、この理を破壊するわけにはいきません。人は己が造った業を返さなければなりません。修煉しようと思うなら、心性を修めながら業を返して元へ戻るのです。例を挙げていえば、ある人は出国しようとして、比較的豊かな国に行こうとしましょう。では元の国で借りた債務は返しておかなければならず、それを捨てておいて、ぱたぱたと行ってしまって良いわけがあるのでしょうか? 全て返し終わってからはじめて行ってよいのです。こういう意味です。修煉したければ苦を嘗めないといけない、それにはこういった理があるのです。当然大法を修める事によって一部は消されますが、一部を消してあげなければ、あなたは修めることなど出来ません。人は業に業を重ねてここまで来てしまって、障害がとても大きいので、一部を消してあげて、あなたははじめて修煉することができるようになります。先ほど病気治療のことを説くついでに、皆さんにその中の道理を教えました。
 
 ではなぜ一部の気功師が、私の功を三日学べば病気を治せる、五日学べば病気が治せる、十日学べば病気が治せると言っているのでしょうか? 気功師になって、講習会に参加すれば誰でも気功治療師になれると言っています。ではなぜ大多数がそうなれないのでしょうか? なぜ一部の人はいささかの病を治せるようになるのでしょうか? 原因はなんでしょうか? 出来ない理由は常人の理を破壊することが許されないからです。ではなぜ一部の人が手を伸ばして病気を治すと本当に治してしまって、そして嬉しくてたまらず、更にそのいわゆる気功師を信服してしまうのでしょうか? 言っておきますが、彼らは騙されています。そういったことをやるいわゆる気功師は往々にして憑き物があり、その憑き物にもいささかの功があります。功がなければ病も治せないからです。さらに功能がある場合もあります。それはあなたに少しの信息や僅かなエネルギーを与えますが、そのエネルギーは消耗していくものです。あなたが一人の病を治せば、その一部を消耗します。またやればまた消耗します、数人を治せばエネルギーが無くなり、そこからあなたは人の病気を治したいという執着心が強烈になります。しかし消耗し尽くしてしまったので、それから治そうとしても治せません。

 治せなくなったら、一つの問題が生じます、どんな問題でしょうか? その先病気を治す時に自分の根基を使って、人の病と交換するのです。どういう意味でしょうか? すなわち、この宇宙には「失わなければ得られず」という理があって、得るためには失わねばなりません。あなたは良くない物を得たとしても、人の病気が治せなかったので、とにかく治したいと思うなら、そこでどうするでしょうか? この病を自分に移して、病人を治します、何がなんでも病を治したいのですから。治せるのなら自分がその病を受けても良いと思う人がいます。これは慈悲心からすることではなく、どうしても治してあげたくて、自分の名が落ちることを恐れているからです。こういった気功師はどれほど人に害を与えたか、見てください。これほど重い名利心を生じさせ、その名利心はこれほど人を害したのです。彼は名が落ちることを恐れて、どうしても相手の病を治したくて、自分で引き受ける事も厭わないのです。では、受けるならば受けてください。しかし無償交換ではなくて、交換しなければいけません。相手の病は病でも、消去したら徳に変わります。物質は不滅で、転化できるのです。あなたが病をもらってしまったら、それで相手に徳を与えて交換する事になるのです。そこのところで交換できる唯一のものは徳で、徳を人に与え、自分は人の病をもらうという、最も愚かなことをしました。この徳はこれほど貴重なものなのです!
 
 以前宗教の中でも言われていたことで、お年寄りたちも語っていましたが、今生での苦は気にする事はない、善いことを沢山して徳を積めば、来世では福があると言うのです。言外の意はすなわちこの徳は財をなし、地位をなすと言うことです。実は、私たちの見るところでは、それは一種の交換形式です。その財を得たいと思っても、交換するための徳が無ければ得られません。ちょっとやったらすぐにとても大きい商売ができる人もいますが、どんなに努力しても商売が成り立たない人もいます。彼には徳が無いか、非常に少ないので、交換するものがありません。言っておきますが、徳が少ない人は、乞食になっても、食べるものをもらえません。人に徳を与えてはじめて人から食事をもらえるので、そこの世界に交換形式があります。ですから徳が無ければ何も得られず、全て黒い業力で、その人はつまり極悪非道の者となります。待ち受けているのは徹底的な消滅で、元神までも消滅され、形神全滅と言うとても恐ろしい事です。消滅される時、各次元も下へ生命が消滅されていき、全ての罪悪を受けながら生命が消滅されるのです。

 徳はそれほど貴重なものなので、勝手に人にあげてしまっていいのでしょうか? その気功師は人を害しているのではありませんか? 人を害し己を害して、とても大きな悪事を働いたのです。彼はあなたに人の病気を治させて、執着心を生じてからあなたの根基が良ければ、自分の徳を他人の病気治療に使わせ、その病は自分の体に移り、徳を他人に渡すのです。ここ数年間、少なからぬ人がそのように人の病気を治したら、自分はまるで大病を患っているかのように、家に戻って苦しみに耐えていました。このような人はどのくらいいるのでしょうか、かなり多いのではありませんか? 病気治療をする人は誰でもそうなったのではありませんか? 実は皆その通りで、人の病を治してから自分が苦しんで、あなたは自分の徳を人の病と交換するのです。これだけでなく、あなたは本来円満成就して高次元に修めて果位を得られる人のはずだったのですが、それによって駄目にされてしまったのです。どこまで駄目にされたのでしょうか? 人の名利心は最も捨て難いものです。誰かが自分を褒めればいい気になり、人は誰でもこういった頑固な潜在意識を持っています。誰かにおだてられれば自惚れてしまって、一声「気功師」と呼ばれて、「おー、あなたは私の病気を治して下さった、凄い力です」と言われたら、あなたはどれほど嬉しくなるか分かりません。

 名利を求める心が起こると、皆さん考えてみてください、その心を取り除くことはとても難しいのです。多くの人に私は病気治療をしてはいけないと言いましたが、彼は手がむずむずして、治療しないと止まない有様です。名利心が生じたら、どうやって取り除くのでしょう? しかも人の病気を治している時、病人と一つの場を形成します。あなたは世間法修煉の中にいますから、修煉は如何に高くとも、自分を守る能力がないので、きっと病人と相通じる場になり、病人の身体にある病気が全てあなたの身体に移ってきます。甚だしい場合、あなたは病人の身体の病気よりも多く持ち、しかし病の根は病人側にあるためあなたはそれを動かすことができなくて、治せることもできません。少しくらい黒い気を軽減されて、病人は心地よくなりますが、一方あなたは苦しむ事になります。これを続けていけば、一つ、二つの病ならあなたは気になりませんが、更に続ければ、誰の病でも治療すると、あなたはあらゆる病の気を一身に被ることになります。ある気功師はあなたに排出するようと教えるかもしれませんが、言っておきますが、修煉は「修は己にありて、功は師父にあり」なのです。あなたの常人の手で、常人の意念でそのような事が出来るというのですか? その病の気を排出できるならば、あなたが抱え込んだ、長く治癒していない病を排出できたのでしょうか? 排出できるわけがありません。ですから気が下へ走ると感じても、良い気でも悪い気でも同じように走ってき、出してもまた戻ってきます、ですから相当あなたを害する事になっているのではありませんか? あなたは自分の身体に汚い物を詰めて、その黒い病の気は何ですか? 即ち業で、この空間の身体に反映されると即ち病です。あなたは一身に病を受けて、また名利心も生じて、その心はまた捨て難いもので、人の病を治して自分は苦しみます。

 世間法修煉にあたって、多くの人の知らない事ですが、修煉を始めた時に身体の浄化が始まります。気を用いて身体を通じさせ、身体を清めて、そういう目的であり、高次元での修煉のために準備をして、さらに基礎を固めるものを与えます。高次元での修煉になっても、絶えず浄化し、絶えず浄化し、更に清純に、更に清純に、更に清純に、最後には高エネルギー物質で置き換えるのです。世間法修煉の全過程は己の身体を浄化することなのです。では考えてみてください、あなたは絶えず人の病気を治して、絶えず汚れた物を自分の身体に取り込んでいるのならば、修煉に全く背くことではありませんか? 人の病を治す時、本当に大慈悲心が起きたからでしょうか? 違います。名利心に唆されたからです。たとえ金のためでなくても、名の為にしています。病気を治せるようになれば、手がむずむずし、人を治さなければ、能力を隠しているようで、こういうことではありませんか? では修煉と言うのは人の執着心を取り除くことではありませんか? あなたのその心をどうやって取り除くのでしょうか? 彼は本当にひどくあなたを害した事になります。ですから私は病気治療をしてはいけない根本の原因を解き明かしました。

 本当に病気が治せる人、とても高くまで修煉した人であっても、まだ悟りを開いていないかもしれません。こういった人が偶然良い人に出会ってその病を治しても、それはかまいません。ただし往々にして名も留めず報酬も受けません、多くはそうしています。本当のところ、彼は根本的な問題の解決をしておらず、その難を別の場所へ押しやっただけで、私たちの表面の物質空間から押し出して、深層の物質空間へ押しやったのですが、最終的には戻ってくるのです。或いはそのものを転化させて、転化した結果、病はなくなりますが、他の災難に遭わせるということもあります。多くの修煉方法は副意識の修煉です。その人に功があるように見えますが、どんな功があるか、どんな形態なのか、功はどんな状態なのか、どのように出て来たのか、どのように修煉してきたのか、功はどこに存在するのか、彼には全く分からず、ただそのようにすることを知っています。本当のところ、それは副意識がしていることで、副元神が修煉していたのです。ですからそれを移したり他人の身体に転化させたりするのは、勝手に転化させるわけにもいかず、友人や近親だけに限ります。それでも交換条件があって、ただで病気を人にあげるわけにはいかず、あなたは代償を払う必要があり、こういった理があります。

 ここまで話しましたので皆さんに言っておきますが、一部の気功師はとても有名ですが、完全に人類社会をかく乱しており、現在めったに浄土はないのです。常人社会の職場も皆同じで、どの職場にも人類社会や、常人社会を破壊することが存在しています。至るところに魔がいます。気功自身はすなわち修煉で、ここは浄土であるはずがありますか? 私たち法輪大法を破壊する人がいますが、なぜでしょうか? 名や利や得られなくなったためです。当然、魔が存在しなくなればそれも駄目です。魔が存在しなければ、修煉は容易くなり、法輪大法には何の障害もなく、すいすいと上に修められるならば、それも簡単すぎます。人の心を除去することは様々な方面で体現してくるので、特に私たち法輪大法の煉功点に、このような人が現れました、自分が佛なのだから、李洪志に従って学ばないでくださいと言うのです。なぜこのような現象が現れるのでしょうか? 根本からあなたは動揺するかを見るためです。修煉の最後の一歩に至るまで、あなたの心を試し、根本から法を認識しているか、定着しているかを見るのです。どの方面も向上し、固めなければいけません。

 ここまで話して、皆さんに一つの問題を話しておきましょう。将来も世間の小道小法で病を治すことは存在し得ますが、それはその形式で存在するに過ぎません。それがどうやって治しているのかも、私も説きましたが、能力はとても小さいのです。小病は治せますが、大病は治せません。ただしごく個別の修煉者は、個別にごく少数の人に対してすればいいのですが、広範囲にやって社会まで乱すことは、それにはできるわけがありません。所謂気功師は教室を開いて多くの人に病気治療を教えていますが、皆気功の医者になって、どんな病も治せると言っています。そうすれば、人類には病気が全く無くなるようになりますが、そんなことは出来ませんし、そういう理があります。ただし病を治せるのでしょうか? 治せるとしてもその状態であり、そういった形式です。ですから、私たち法輪大法は高い次元での功を伝えて、真に修煉するのです。

 真の修煉は人を済度することに等しいのです。ですから私も皆さんにはっきり説明しますが、真に法輪大法を修煉するならば、あなたは人の病気を治すことをしてはいけません。もしあなたが病気治療をしたら、この法を破壊し、この法を乱すものと見なします。ですからあなたが病気治療をするなら、私もこれほど貴重なものをあなたに渡して破壊させて、汚染させるわけにはいかないので、私の法身は法輪や機制など全てを回収します。本当の修煉者が、門を開いて人に病気治療などをして、こういう事をするのを見たことがありますか? 過去の道を修める人でも、佛を修める和尚でも、病気治療をする人がいますか? 薬で病を治すことはありますが、或いは極めて個別に功能を使って病を治すことも許されますが、それにも条件があって、無条件でやるわけにはいきません。この事をはっきりと言っていますが、利害関係についても既に皆さんに話しましたが、確かにあなたにとって、とてもとても大きな傷害になります。考えてみてください、一人の気功師が人の病を治すのに、何十年もの修煉を経てはじめてそういった功能を備えられるようになります。おや、あなたは三日学んだら病気を治せる、五日学んだら病気を治せる、十日学んだら病気を治せるというのは、児戯に等しいのではありませんか? 皆さん頭があるのに、どうして考えてみないのでしょうか? 三日で気功師になるなら、この「道」の修も簡単すぎて、地面の石ころのような物であり、拾えば即成佛します。この問題についてはこのくらいにしておきましょう。話したいことはあまりに多いので、講習会で十五、六時間かかる内容をいっぺんに皆さんに話すことも不可能です。

 修煉しようと思えば、法を良く学んでください。法輪大法の『轉法輪』も既に出版され、内容は全て私が講習会で説いたことであり、完全に持ち出して皆さんに与えたので、それを将来私たちの一門で修煉するための拠り所にすることができます。多くは語りません、簡単にここまでにしましょう。最後に皆さんが大法修煉の中で一日も早く功成って円満成就する事を願っています。



戻る

法輪大法の書籍