長春での説法 質疑応答

李 洪 志



弟子:先生は、今は末法時期であるため、佛道神は常人の中のことに関わらないとおっしゃっていますが、では先生はなぜ関わっておられるのでしょうか?
師:私は常人の中の人だからです。他人が関わらないなら、私が関わらなければなりません。これは、私自身が行なわなければならないことです。しかし、頭に血が上って行なえば出来るものではありません。

弟子:私の夫はある気功を練っていますが、私が法輪大法を修煉していることに影響を与えるでしょうか?
師:あなたはあなたのものを煉り、彼は彼のものを練ります。彼が大法を煉りたいのなら彼に教え、煉りたいと思わないなら、あなただけが煉ってください。恐れも執着であり、心が動じなければ問題ありません。

弟子:高い次元へ修煉したいという考えがなければ、病気を治し健康を保持する次元に留まるだけですが、先生にお尋ねいたします。私は圓満成就できるでしょうか? 私は自分の良心に従って、常人社会の中で善人になりますが、死んでから元神はどこへ行くのでしょうか?
師:あなたは高い次元に向かって修煉したいという考えすら無いのなら、それでも圓満成就できるのでしょうか? 質問には「私は高い次元へ修煉したいという考えがない」と書いていますが、最初からこのように述べているので、それならあなたはどうして圓満成就することが出来るのでしょうか? 来世は何に転生するか分かりませんが、 徳を積んで良いことに従事するかも知れません。良い事を行なって徳を積み、苦をなめれば、あなたの徳が多くなるでしょう。なぜならば、あなたは煉功しようとしないし、功に転化させることもないので、次の一生は福の報いが得られるかもしれません。

弟子:学習者が周易を研究するのは、煉功に影響がありますか?
師:そういうものは私たちの銀河系の中の理にすぎず、これ以上大きな理ではありません。しかしながら、私たちの煉る法はさらに大きく、あなたが一生をかけて研究するのに十分です。

弟子:美容整形をしてから、鼻柱の中に「シリカゲル」というものを埋めたのですが?
師:影響はありません。「私は避妊しました」、あるいは「私は何々を摘出しました」と質問をする人がいますが、なんの影響もありません。あなたに教えますが、あなたの本当の体は摘出されていないので、通常通りに煉れば何でも修めることができます。

弟子:私が法輪を考えるたび、いつも身震いがしますが、これはなぜでしょうか?
師:もし憑き物がある場合、このような状況が現れます。私は講習会で、ほとんどは取り除いたのですが、ただ極めて少数の人に限って、考えがまだ変わっておらず、修煉の考えがまだ固まっていない人はまだ取り除いていません。取り除くときは深く調べていません。

弟子:昇進が運命の中であらかじめ定まっているのなら、人は努力する必要はなく、すべては運命の采配を待つだけでしょうか?
師: 法は修煉者のために説かれていますが、今日私が常人のあなたにこのようなことだと話をしても、あなたは争うことをやめないでしょう。なぜなら、あなたは信じないので常人だからです。常人はこのようなことを信じません。さらに言えば、あなたが争い、戦うことも必然になっているのです。

弟子:煉功している間、私の体が勝手に揺れてしまうのですが?
師:揺れてはいけません。勝手に揺れないようにしてください。どうしても揺れるなら目を開けてください。そうすると揺れなくなります。揺れなくなるまで、そうしてください。

弟子:法輪大法を煉る時、特に第二式の法輪椿法を煉る時に、両手に気の塊を感じるのですが、意識的にコントロールしないと、この気の塊によって手が中のほうに引っ張られたり、または外の方に押されたりすることがあるのですが?
師:これこそ法輪が回転しているのです。あなたが感じたのは、法輪が回転するときの感覚なのです。

弟子:マントラを唱えながら煉功しても、影響ありますか?
師:呪文を唱えることはつまり、その法門の加持を求めることであると、私は話しました。あなたたちには、私の法輪と私の法身が見守っているのに、なぜそれを唱えるのでしょうか? 二隻の船にまたがりたいのでしょうか? あなたは別のものを混ぜ入れて修めたいのでしょうか? つまりそのような意図ではありませんか? そうするとあなたは何も得られません。

弟子:私はよく引越しをしますが、先生の法身が私の部屋を清めてくださるのでしょうか?
師:真の修煉者はどこへ行っても、きっと助けてくれるはずです。引越しするときに部屋を清めてもらうためなら何も得られません。私はあなたの部屋を清めるためにやって来たのではありません。

弟子:光景が現れたときに功法の動きを収めると、功法を修煉することと、功が伸びることに影響はあるでしょうか?
師:目の前に光景が見えたので煉功するのをやめることが、あなたの煉功にどのような影響があるか、ということですが、いかなる影響もありません。ただし、通常私たちの目の前に光景が現れたときは、できるだけそれを静かに観察し、その光景が過ぎ去るまで待ったほうが良いのです。現れてもそれを見ないと、あたかもあなたがそれを必要としないようです。そうなるとこの状態はそれを放棄していることになります。ですからやはり見るようにしたほうがいいのです。しかしいかなる執着心も生じさせてはいけません。

弟子:結婚相手を探すことは、執着とみなされますか?
師:多くの若者は皆、結婚相手を探して、世帯を持たなければなりません。常人の中で修めるのはあなたを尼僧にさせるためではないので、これは問題ありません。私たちの法門は主としてあなたを常人の複雑な環境の中で修煉させていきます。

弟子:子供は講義を聞いた後、煉功を保つことができませんが、法輪はいつまでも彼を保護するのでしょうか?
師:煉功を保つことができなければだめでしょう。私は修煉者を済度しに来たのであって、常人を保護しに来たわけではありません。

弟子:私の体の上で法輪が回転する時、時には一回りするだけで方向が変わることがありますが、法輪が百回回ってから初めて逆回転すると感じる人もいますが、なぜでしょうか?
師:初期にあなたの体を調整している時は不規則だからです。それは霊体ですから、調整し終えるまで、どのようにあなたを調整するかを知っています。体の調整が終わって完全に適応してから、それは自然と時計回りの方向へ九回回転し、反時計回りの方向に九回回転しますが、その時あなたはもう感じなくなります。いつまでも感じないというわけではありません。ご存知のように、皆さんの胃は蠕動していますが、あなたは胃が動いているのを自覚していますか? それがあなたの体の一部分である時、それが順応するようになったとき、あなたはもはやその存在形式を感じなくなります。

弟子:先生が私たちに話してくださった法と天機を、煉功していない人に聞かせてもよろしいでしょうか?
師:普通の人に軽々しく高い次元の話をしないでください。してもその人は信じません。その人が信じるなら別に話してもかまいませんが、そうでなければ、信じない人はきっと法を破壊します。

弟子:煉功者は執着心を取り除いた状況の中で、努力して勝ち取り、最善の行動に尽力する状態を保ってもよろしいでしょうか?
師:今の段階で、人に完全に無為になるように放棄させることは現実的ではありません。あなたがいる現段階で、私があなたへの要求が厳しくなっても、あなたは常人の中でできる限り個人の利益のために努力することでしょう。原則的に問題にはなりません。しかしながら、少しずつ向上するにつれ、このような心はいずれも徐々に重く見ないようにしなければなりません。ただちに成し遂げることは、私に言わせれば現実的ではありません。さらに、「執着心を取り除き、努力して勝ち取ることを保つ」との質問ですが、保つこと自身は執着ではないでしょうか? あなたの質問は矛盾しています。

弟子:師父の写真を用いて、すでに佛像、経文及び厨子をみな開眼させましたが、佛像の法身は師父の法身でしょうか? 線香をささげてもよろしいでしょうか?
師:原則的にこのようなことはしません。常人のことも関わりません。修煉者なのにあまり信じないのなら、将来はさらに困難になります。

弟子:煉功すると全身から汗が出るのですが、こういう現象は良いのですか?
師:それはもちろん良いことです。汗が出ること自体も良くないものを排出しているので、体が熱くなったことの現れです。人に病気があるときは体は冷たいものです。あなたがよく煉っている現れです。

弟子:高徳の士は、多くの人が堕落したり、徳を損なったりしなければ、高い徳を積むことができないのでしょうか?
師:高徳の士は自ら大きな忍の心を持っており、その人は苦しみの中で苦しみに耐えられますが、これは他の人とどのような関係があるのでしょうか!? その人がどれだけ高い次元まで修めるには、必ず他の人が徳を失わなければならないのかというと、そうではありません。修煉の過程の中で、人はこのようにあなたに業を償わせるためにやってくるのです。この環境を抜け出して修煉しないと避けられないのですが、そのときも別の方式で業を償わなければなりません。しかしながらそうなると、修めているのはあなたではなくなりますので、あなたがこの環境の中でそれを取り除けるように修めることは必然的なことになります。人は必然的にあなたに面倒を引き起こします。あたかもあなたが常人の中で必ず業を作ることと同じことです。

弟子:一日に何回煉った方がよいのでしょうか?
師:時間があれば多く煉り、なければ少なく煉ります。何回でもかまいませんが、初期の頃はできるだけ多く煉る方がよいです。あなたが煉ることは機を強化していますが、本当に功を高めること、身体の変化、そして功能を強めることはいずれも私たちがあなたに植えつけた機制が役割を果たしています。あなたが煉っているのは機のエネルギーを強化するためです。

弟子:常人社会の中では、いつも様々な考えが生まれますが、様々な問題を考えることは、法輪を変形させることになるのでしょうか?
師:このときは変形することはありません。正常な仕事と日常的に頭を使うことは、修煉過程の中での正常なことです。あなたがいつも個人の利益を考え、どうすれば他人が自分に面倒を起こさないのかなどと考えていては、心が常人と同じならば、どのように向上するのでしょうか? そのときはあなたの向上に影響します。

弟子:静坐しているときに耳鳴りがして、頭の中が真っ白になることがありますが?
師:これは良いことです。つまりあなたの雑念がすべてなくなったのです。とても良いことです。ただし、必ず自分が煉功していることを分かっていなければなりません。

弟子:功が出る時は、主意識を主として修められるようになるときでしょうか?
師:そのように認識してはいけません。副意識も後に続いて煉功しているので功を得ます。しかし将来、副意識はずっと副意識として存在します。あなたは永遠に主体です。

弟子:煉功するとき、昏迷状態になることがありますが?
師:昏迷状態になりそうなら目を開いて煉ってください。これ以上無意識に煉ってはいけません。

弟子:仰向けに寝ているときに、四つの法輪を抱く動作をしてもよいでしょうか?
師:このようにしてはいけません。私もこのように教えていません。このように煉功すると気持ちがよくて疲れないと感じる人がいますが、それではいけません。煉功するのにそれくらいの苦しみにも耐えられないのですか?

弟子:私は以前、座禅して煉功していたときに光景が現れましたが、無意識の内に封じ込めていると、それ以上現れなくなりました。
師:それを気にしないように、それに執着しないようにしてください。それは以前のことですから、これからは煉功してどんな情況が現れても成り行きにまかせます。執着しなければ、見えること自体は良いことです。

弟子:佛家の最も低い果位は何ですか?
師:佛家の最も低い果位は羅漢です。それより低いと果位はなく、正果は得られないので、三界から飛び出せないことになります。

弟子:法輪大法を煉る者は、努力すれば佛体修煉に至ることができますか?
師:大法は果てがなく、佛法も果てがないので、あなたのその心を頼りとして修めていきます。出世間法まで修めたとき、直ちに佛体修煉が始まることになります。

弟子:副意識と主意識は二人ではないのですか?
師:いずれもあなた一人です。同じ名前を持って、同時に胎盤から生まれますが、二つの意識になります。

弟子:私たちはどうやって、功を伝え、法を伝えるのですか?
師:法輪大法の学習者がどのように功を伝えるのかという問題については、私たちはすでに言及しました。あなたは教えることも伝えることもできます。正法を伝えることは、徳を積み、善事を行ない、人を済度することですから、あなたは伝えることができます。しかしあなたの言葉として話してはならず、先生がどのように言っているとか、私の本の中にはどのように書いてあるとか、このような方法に基づいて行なってください。自分のいかなる考え方を混ぜ合せても、自分に見えた光景を話したりしても、伝えるものはいずれも私たちの法輪大法ではありません! あなた自身がその次元の中で認識した理は体系化された法ではありません。私たちは、非常に高い次元の中の理を話しているので、あなたのそれらのものには指導作用はありません。あなたが何を見て、何を知ったとしても、それにはこのような問題があります。さらに、私たちが法を伝える過程はいずれもボランティアとして善い事を行ない、功と徳を積むことになります。煉功者として、あなたは何を求めますか? 名誉や利益を求めない、そうではありませんか? 私たちの求めるものは、功と徳なのです。ですから如何なる人からも費用を受け取ることは許可しません。如何なる人も私のこのような形を採って功を伝えてはいけません。座談会を開いたりして、みんなが煉功点で互いに交流し合って切磋琢磨することは大丈夫です。なぜなら、あなたにはこの法を説けないからです。私は教師だという人がいますが、それは関係のないことです。この法には極めて深い内涵があり、異なる次元において異なる指導作用があるので、あなたが説くものがすべてではないのです。


戻る

法輪大法の書籍