広州での説法 質疑応答

李 洪 志



 法輪大法の録音テープを複製してはならないことについて、少し話します。わたしたちの講習会でこれまで録音は許可しなかったのですが、わたしが真に法を伝え始めてから、ようやく録音を許可しました。わたしは、済南や大連、長春、合肥での幾つかの講義内容を一つにまとめて、現在すでに第三冊目の本である『轉法輪』の印刷を開始しています。これこそ、わたしたちの修煉を指導する最後の本です。わたしが正式に発行を認めた録音テープを除いて、他のテープの質と効果は、わたしが見たところ、すべてそれらと比べられないと思います。さらに、わたしが話す多くは口語ですが、完成する本はわたしの整理を経ているので、口語の多くは取り除いています。一部分はやはりわたしの東北の方言を帯びていますが、理解の上で問題が生じやすいので、録音の中から再び、わたしの講法の資料として抜粋して書かないでください。わたしのこの本が完成した後は、わたしたちの修煉の拠り処として定めます。まもなく出版できますので、皆さんは総会に連絡して注文してもかまいません。

弟子:すでに佛門に帰依した人が、観音経と大悲呪文を毎日唱えることはできますか?
師:あなたが佛門に帰依したという話は漠然としています。わたしたちも佛門ですが、あなたは佛教に帰依したと言うべきです。毎日、観音経や大悲呪文を唱えることができるかといえば、観音経を唱えるにしろ、大悲呪文を唱えるにしろ、実質宗教の修煉方法に基づいて修めることになります。これはやはり不二法門の問題であり、心を専一に修煉できるかという問題です。もちろんわたしは、あなたがその法門に帰依して修煉することに反対しません。あなたが修めたいなら存分に修めればよいのですが、ここでは皆さんにひたむきに専一に修めてほしいのです。その心が捨てきれない人もいますが、その心を捨てきれなければ、ここで苦しく我慢しなくてもいいのです。あなたは心の中でいつも気をもんでいますが、自分で良いと思うものを修めればよいのです。しかし、わたしはあなたに責任を持たなければならないので、話すべきことは徹底的に話します。あなたに教えますが、現在の宗教界は浄土ではなく、和尚が自分を済度することさえも非常に難しいのです。真に修める人はとても少なく、もちろん真に修める人はまだいますが、いなくなったら全て駄目になってしまいます。何を修めるかは自分で決めればいいのですが、しかし同時に修めては絶対にいけません。

弟子:他の気功書や、他の気功師が書いた本を保存することができますか?
師:わたしたちはすでにこの問題について話したことがあります。どの一門を修め、どの道を選ぶかは自分で決めます。ある気功師は本当に良い気功師であって、気功を普及するために出てきて、彼自身に悪いものは持っていないにしても、彼はこういったものに手出しすることはできません。そのため、彼の場は非常に乱れています。彼は誰をも師と呼ぶため、彼の本の上の信息や、彼のそれらのものは非常に乱れているのです。一般的な常人社会のテキストや技術書などは問題ありません。ただし、それらの低級なものや良くない本は保存するだけでなく、買うこともしてはならず、なおさら見てもいけません。人類社会の道徳に重大な影響を与えるからです。気功書とはわたしたちの一門のものでないかぎり、決して保存してはいけません。

弟子:道家が修めるのは副意識ですか、主意識ですか?
師:どちらも同じです。しかし、主意識を修める人がきた次元はきわめて高く、あるいは彼の主意識がきわめて特殊でなければ、こうして行なうことはできません。普及し伝わっている修煉法は、みな副意識を修煉しています。

弟子:今生の主意識が、来世で副意識になることはありますか?
師:何ともいえません。このような制限はありません。

弟子:両手で結印するときは、腹部との間に隙間を空けますか? 腹部に触れたら駄目でしょうか?
師:これはすべて昨日の講義で話しましたが、あなたはしっかりと聞いていませんでした。結印するとき、手は身体に着け、わずかに触れます。第五式の功法、神通加持法で両手を結印するとき、手は足の上に置いてもかまいません。そうしなければ、座禅する時、両腕は何十キロのように非常に重くなって、背筋が曲がり真っすぐに座れなくなります。結印するときの手は足の上に置いて、重みを軽減させます。

弟子:佛展千手の「弥勒伸腰」で、伸ばした後すぐに続けて「如来灌頂」になるのですか?
師:そうです。この二つの動作はつながっています。「弥勒伸腰」の後、掌を回して緩めますが、緩めるとただちに「如来灌頂」になります。ただし、灌頂するという意念はまったくありません。気を中へそそぎ込むという概念はなく、自動的な機制が作用を果たします。

弟子:元始天尊、釈迦牟尼佛が修めたのは主意識ですか、それとも副意識ですか?
師:このことに関して、わたしはいかなる人、いかなる名前を指して言ってはいけません。皆さんに教えますが、昔から伝わって来たものの絶対多数95パーセント以上の功法は、副意識が修煉しています。功法自身がそのように要求しているからです。これは天機なので、昔は決して話してはならないことでした。

弟子:旋機とは何でしょうか?
師:わたしが言うこの旋機は、昔の中国古代の修道の本に書かれた玄機、つまり玄妙の玄とは違うものです。わたしたちのこの旋機は旋転の旋と機能の機であり、機制の機、機器の機でもあります。旋機とは、旋転する機制という意味です。天体から星まで、星からミクロの物質まで、すべては運動していますが、このような機制をわたしたちは旋機と呼んでいます。

弟子:気功雑誌の表紙に先生の写真がありますが、それにも法身が存在していますか?
師:わたしの写真にはすべて存在しています。わたしの写真、わたしが書いた文章、あるいは印刷した本の中にもあり、印刷物も同じです。これは作り話ではありません。

弟子:わたしの頭上に、いつもあるものが旋転していますが?
師:この類の質問のメモを今後はわたしに渡さないでください。あなたの身体のあれやこれらの反応は、もしあなたが煉功者であれば、すべて良いことです。それが旋転していることや、法輪が回っていることもあなたは分かっていますが、わたしに言わせないと気が済まないのです。さまざまな感覚をもう採り上げないでください。何千何万という感覚はあまりにも多いのです。すべてわたしに聞くなら、あなた自身は悟れなくなります。実はすべて良いことですが、今後またあなたは誰に聞きますか?

弟子:『法輪功(改訂版)』を学ぶとき、書き写していましたが、少しの量があり、家に置いていますが、家族に勝手に触られると心配で、どうしたらいいでしょうか?
師:大丈夫です。封をしてしまっておくか、あるいは補導站に渡して保管してもらい、将来、貧困地域の農民に送ります。

弟子:佛教と佛法、佛学の違いを教えてください?
師:佛教の中の法は、佛法の中のほんのわずかな一部分にすぎず、佛法全体を代表することはできません。釈迦牟尼は、修煉方法には八万四千の法門があると言っていますが、佛教の中には十いくつの法門しかありません。天台宗、華厳宗、浄土宗、禅宗、密教など十いくつの法門しかありません。これほど大きい佛法は、八万四千法門にとどまらないと思います。現在の宗教がどうして佛法のすべてを概括することができるのでしょうか? それは佛法の中のほんの一部分にすぎません。それは佛法の中のわずかな一部分で、宗教を形成したため佛教と呼ばれるのです。佛学とは、常人の名詞と認識です。

弟子:静功を煉るとき、なぜ入静できないのでしょうか?
師:静功を煉って入静できない原因は、わたしたちが常人社会の中で執着している多くのものが妨害しているからです。大法に対する認識が向上するにつれ、執着するものがますます淡泊になり、静功を煉るとき次第に静かになれます。あなたが今すべて放棄できたら、次元はとっくに向上し、修煉も相当に高くなります。今少々の雑念があっても大丈夫です。あなたは複雑な常人社会で次第に心性を向上させ、常人が執着するものを放棄するにつれ、徐々に清浄になります。心性も執着心を放棄する中で次第に向上して、次元も高まり、それは互いに補完するものです。その時になれば、あなたは完全に入静することができます。

弟子:神通とは何でしょうか?
師:神通とは、佛家では人体の超常的な功能を神通と呼んでいます。最も低い次元の常人は超能力と呼んでいます。

弟子:加持とは何でしょうか?
師:加持は功を伸ばすことではありません。一塊の功を載せてあげてあなたを高めたり、また一塊の功を載せてあげてあなたの功を高めさせるようなことではありません。功とは、自分の心にかかって修めるもので、誰かがあなたに載せてあげるものではありません。あなたが信じなければ、今すぐあなたに功柱をつなげて、出世間法の程度まで一挙に到達させることができます。しかしあなたがこの門を出るとすぐに落ちてしまいます。なぜならその功はあなたのものではなく、あなたの心性の基準がそこにないので、載せることは出来ないからです。というのも、ある特殊な空間の中に、心性の基準の尺度が同時に存在し、それに目盛りがあります。心性がそれほど高く到達しなければ、功柱もそこまで高く達することはできません。昔、功を発するとエネルギーを消耗して、実に惜しいと言っていました。そのように理解してはいけません。なぜならあなたが発した時、あなたの心性の基準がそこにあるため、一定のエネルギーを発して功柱が短くなっても、煉功中に苦を嘗めなくても功はすぐに補えます。あなたの心性や基準、果位がそこにあるためです。もちろん、さらに向上しようとするなら、心性を引き続き向上させて、初めて功が高まります。さもなければ、何をいっても無駄です。加持とは、身体を高度に浄化することで、功の中の他のものの演化を助けるだけです。

弟子:わたしの運命にたくさんのお金がありますが、これは功の向上とどんな関係があるのでしょうか?
師:何種類かの状況があります。自分の徳と交換することによって求めた福運もあれば、以前から積み重ねて来た人もあり、高い次元から持ってきた人もいます。さまざまな状況があるので、比較的に複雑で、こういった問題を千篇一律に見てはいけません。大きな徳を持つ一部の人は欲しいものが何でも手に入るというのも、こういったものが非常に大事だからです。確かにこのような情況です。この徳は功に転化でき、その人の修煉の次元と高低と、果位の大小を決めます。一方、常人社会で福の報いだけを求めるなら、これはほかの人と交換でき、金銭や財物に交換することができます。ある人はちょっとするだけでたくさんのお金を儲けられますが、その人の徳が大きいからです。ある人は何をやっても儲からないのは、徳が少ないからかも知れませんが、絶対とはいえません。もちろん、とても複雑な状況もありますが、わたしは一般的な規律だけを話します。徳の少ない人は乞食をしても、もらえないかもしれません。人から食べ物をもらうときも、あなたはその人に徳をあげて交換しなければならず、その人にあげる徳がなければ、その食べ物をもらうこともできないからです。交換は、宇宙を均衡にしている「失わなければ得られず」という特性が作用を及ぼすからです。

弟子:佛像が古くなったら、どのように処理すればいいでしょうか?
師:佛教には規定があるでしょう。保持したくなくなったら、寺院に持っていけばよいです。

弟子:講義を聞いているときに、なぜあれこれとくだらないことを思いめぐらすのでしょうか?
師:精神を集中し聞けばよいのです。主意識を強くしなければならず、実は思想業力が妨害しているのです。

弟子:まだ病気の治療ができますか?
師:もしあなたが病院の医師や按摩の治療師であれば、わたしに言わせるとあまり問題ありません。もしあなたが自分でこれをやろうとしたり、あるいはこの関係の仕事をしたり、あるいは自分で開業するというなら、すべて常人の中のことです。しかし、もしあなたが功を用いて病気治療をしようと考えるなら、これは絶対にいけません! わたしがここで伝えているのは、病気を治して健康になるものではなく、真の修煉です。真の修煉はまた非常に厳粛な問題です。あの覚者になろうとするなら、厳しく自分を律しなければならず、そのような不甲斐なさでは、どうしてやっていけるでしょうか? 非常に厳粛なことです。正真正銘に多くの苦を嘗めなければならず、腹を決め大法に従って修めなければなりません。本当に修煉しようと思うなら、こういった問題を考える必要はないとわたしは思います。

弟子:主意識は人の霊魂ではありませんか?
師:霊魂という言い方は、非常に漠然としています。一方、人の身体はとても複雑なもので、それが何を指して言っているのかは、非常に不明瞭です。そこで、わたしたちのここでは、昔のそのような言い方を根本から排除し、完全に現在の人体科学と結び付けて話しているので、非常に明快です。

弟子:時々、気が散りますが?
師:あなたが今、絶対的な入静に達することができないのは正常なことであり、それは次元が向上する具体的な現れです。もしあなたが本当に入静できるなら、あなたの次元も低くありません。

弟子:以前、ほかの功を学んだことがあります。その中の一部のもの、例えば呪文などですが、時折、脳裏に何げなくぱっと現れてきますが?
師:それをすべて取り除いてしまわなければなりません。これは思想の一般的な業とは違います。必ずそれを取り除かなければなりません。

弟子:どうして悪い思想を取り除くのは難しく、しかも時々それがかえって強くなったと感じるのですか?
師:あなたがそれを取り除こうとしているので、それはあなたの修煉を妨げ、それで反応が起きたのです。非常に強く反応する人もいますが、必ず主意識をはっきりとさせ、それを排除しなければなりません。あなたが識別できるようになり、少しも考えが動揺しなくなったとき、わたしの法身がそれをきれいに取り除いてあげます。

弟子:わたしは法輪大法を煉っている者ですが、妹は仙人を供えていますが?
師:法輪大法の学習者は何も恐れることはありません。一人の常人でも、常に良くないものに遭ったりします。しかしそれはあなたを傷つけたり、触れたりすることはできません。ただしあなたは思想を安定させ、それらのものを除去しなければなりません。あなたが大法をしっかりと修めるなら、わたしの法身がそれを処理してあげます。

弟子:天目が以前開きましたが、その後見えなくなりましたが?
師:以前開いて、その後閉じてしまったのには、多くの原因があります。閉じられたものもあり、傷ついたものもあります。ただし修煉しているうちにすべて修復しています。開く必要のある時にまた開きますので、これを気にせずに成り行きにまかせましょう。

弟子:神通加持法を長時間やりぬけないのですが、どうすればいいでしょうか?
師:要求は煉る時間は長ければ長いほどよいのです。第五功法はわたしが自ら独修したときのもので、すこしも変えずに皆さんに伝えました。主な目的は、あなたが高い次元で修煉するときに、参考にできる法があって、煉ることのできる功があるようにするためです。今はあなたが煉っても難度が高いので、それほど長時間座れません。あなたはこういった時間のバランスをとり、神通加持に多くの時間を使いますが、自分が決めた幾らかの時間を使って調整してください。そうしてあなたが次第に向上して、長くなれば、きっと長時間座れるようになります。

弟子:とても残念ですが、わたしは出国しなければならず、講習会の最終日に参加できませんが?
師:では今後、本を多く読むようにすれば問題ありません。独学しても圓満できますが、実修するかどうかにかかっています。

弟子:誰が人の主元神を生んだのでしょうか?
師:こういった事を知ってどうするのですか? あなたの心は知識を求めるために使うのですか、それとも修煉するために使うのですか? 実はすべて話しました。この膨大な宇宙の中のさまざまな物質が運動することによって、生命を生じさせることができます。人体においては、主元神と副元神に分かれていますが、どちらも生命ではありませんか?

弟子:先生が講義されているときに、突然、頭頂にまげを束ね、背が高く、白髪の道長の姿で現れたのが見えましたが?
師:わたしは下りて来て、この事を行なうために非常に長い時間をかけて準備をしましたが、佛道神になったことが皆あります。見えたなら、見えたまでのことです。

弟子:家で煉功すると、先祖は怖がりますか?
師:あなたは執着が多いですね。今、世にいる両親や子女の生命さえ左右できないのに、世にいない人のことを気にかけてどうするのですか? 正法の修行は誰に対しても良いものをもたらします。わたしのこの法門は最も便利な法門であり、常人の中で修煉するのです。わたしは何度も話しましたが、修煉は厳粛な問題であり、あなたはこれもあれも気にかけ、こちらに対する情も断ち切れず、あちらに対する情も断ち切れません。昔、出家はなんと呼ばれていたのでしょうか? 今の和尚はなんとも言えません。昔の和尚は出家したら両親さえ認めず、完全に世間の縁と断絶し、名前まで新しく付けます。なぜ法名を付けるのでしょうか? 世の中の一切の欲望を完全に断ち切り、その人に対するいかなる気がかりな事をもなくさなければ、心を静かにして修めることができなかったからです。修煉というのは厳粛な事で、あなたはこれらのことを考えないで、ただ修煉していくことだけを考えればよいのです。ただし、家の中で先祖を供えてはいけません。あなたに対しても死んだ人に対しても良い事です。人間と鬼が一室に同居することはできません。世間の縁は終ったからです。

弟子:法輪大法は、株券を売買することに対して影響がありますか?
師:(学習者は皆あなたを笑っています)。あなたは賭け事に執着しています。あなたに教えますが、賭けに負け、ビルから飛び降りる人もいます! 株を売買するときの心とはどんなものでしょうか。今の人は善し悪しの分別も付きません。わたしに麻雀をやってもいいですかと聞く人もいますが、それは賭け事を通じて他人のお金を奪おうとしているのではありませんか? それは賭け事ではありませんか? いずれにしても、わたしは皆さんにこう言いますが、ここでの講義は常人にいいかげんに聞かせているのではありません。わたしたちは本当の修煉者に対して責任を負い、煉功者に聞かせているのです。もしあなたが社会でどんなことも行ない、やりたいことを何でもやるというのなら、修煉する必要はありません。

弟子:わたしには七歳の子供がいますが、近ごろ、夢の中でいつも先生と一緒に煉功していて、昼間は先生みずから煉功しているのが見えると言っているのに、法輪大法を学びたがりません。
師:それなら、彼が学んだものが何か見てください。彼が見えたものが本物かどうか考えてみてください。正法が広く伝わると、魔は破壊する方法を考え尽くすものです。本人が煉功しないのはちょっと良くありません。

弟子:速い時空の中で人の一生はすでに終りましたが、現在、なぜわたしたちは修煉を通じて運命まで変えることができるのですか?
師:あなたの主体は終っていないからです。それらの空間の時間を反転させることもできます。ここでついでに皆さんに一つのことを話ししますが、人の寿命は自分で変えることはできません。いかなる常人に対して運命を変えてあげることは不可能で、覚者でさえ無条件にあなたの運命を変えてあげることはできません。人間は自分の生命を左右できず、他人はなおさら左右できません。働いて大金を稼いで財を成し、家庭をちゃんとやりくりして、家族に良い暮しをさせてから、修煉に行くという人がいます。まるで笑い話です! 人にはそれぞれ運命があるので、肉親であっても、あなたは他人の人生を変えるはずがどこにありますか? さらに言うと、難が何もかもなくなったら、あなたはどうやって修めますか? 家族にどれくらい大きな業力があるのか、あなたは知っていますか? 彼らがどのように一生を歩むべきか、あなたは左右できるのですか? 左右できません。わたしは信じない、多くのお金を稼いで財を成したら、子供に相続させると考える人がいるかもしれません。わたしはそうとは限らないと思いますが、天災人災や火災で財を失くすかもしれないし、賭け事で負けたり、紛失したりする可能性もあり、何かのきっかけで財をなくします。その人にこのような福運があるかないかによります。このような福運がなければ、何も相続できません。つまりこのような意味です。人にはそれぞれ運命があるので、誰かが人の運命を変えることができるというわけではありません、これはいけません。

 それでは修煉者の一生なら、変えることはできますか? はい。二つの方法で変えることができます。人が修煉の道を歩めば、彼の一生を変えることができます。人が修煉したいと思うこと、これこそ佛性が出てきたのであり、その人を無条件で助けることができます。しかし、その他の場合、勝手にやってはいけません。なぜなら、あなたの人生の中には修煉がないため、変えてあげなければならないので、それらをすべてご破算にして、按排し直さなければならないからです。これはやればできることです。もう一つの情況は、あまりにも常人のものに執着する人がいて、不正な手段によって、あるいは何らかの方法で人を害しています。ひょっとすると、人に害を与えることはなく、自分の努力などを経て、何らかの事を行なって手に入れたかのように感じているかもしれません。実は、あなたが変えられるものはとても小さなものに限られており、あなたが努力して行なったことは、努力しなければならないことだったかもしれません。あなたがそのように行なわなければ、手に入れることができないので、そのように按排されたのです。しかし、確かに変えられる小さなことはありますが、大きな方向は変えられないものです。ほんの少しでも変えたら、業を造ることになるかも知れません。そうでなければ、人の善し悪しは見分けられません。あなたの運命の中にそのものが按排されていないのに、あなたがどうしても欲しいと思い、不正な手段で手に入れたなら、あなたが得たものは他人のものです。そうすれば、あなたは他人を害し、他人に借りを造ったことになり、すなわち業を造ってしまいます。つまりそういう意味なのです。現世で返せなければ、来世で返すことになります。

弟子:わたしは心性が劣り、他の功を混ぜて練ったので、数日後、法輪が無くなりました。どうしたらいいでしょうか?
師:修煉は厳粛なことで、忠告を聞かずにどうしても他の功を混ぜて練る人がいます。結局、全て台無しになりました。この法輪とわれわれの全ての機制は、相当久しい年代、歴史時期を経て、何代もの人によって形成されたものです! それは決して常人が形成したものではなく、相当に貴重なもので、数え切れないほどの大覚者がそれによって修煉し、成就しました。あなたは瞬時でそれを壊しましたが、別の功法を混ぜて練れば、それを台なしにしてしまいます。ちょっと次元の高いことを教えますが、ある意味では、価値から言えば、法輪は宇宙そのものです。あなた自身の生命や元神より何倍も貴重なのか分かりません。あなたが勝手気ままにそれを駄目にしたなら、皆さん少し考えてみてください。もちろん、あなたを済度するからには、わたしはこういうものを取り出しました。学ぶことができるなら学び、学ばないなら仕方がありません。法輪を変形させた人に、私は簡単に再び法輪を与えたりしません。その人が本当に学びたいと思い、ひたすら学ぼうとするなら、つまりその人が本当に学ぼうとしているかどうか、続けていけるかどうかによって決まります。本当に学ぶことができるなら、一式の機制を与えることが出来ます。その人は段々と煉ることによって、法輪をまた形成することができます。

弟子:李先生、先生がもし佛であるなら、すべての法はみな邪であると言ってはいけないのではありませんか?
師:学習者の皆さん、わたしはすべての法がみな邪であると言ったのを聞きましたか?(いいえ!) この人は憑き物に支配されて、頭で何を言っているのか分かりません。主意識がはっきりしない人は済度できません。今は末法時期ですから、非常に乱れています。さらに言うと、それらの乱れに乱れた邪道のものは、法と称してよいのでしょうか? それに何の法があるのでしょうか? 法はただ一つしかありません、真、善、忍です! ほかの正法や正教は、すべて宇宙のそれぞれの次元で悟った理なのです。

弟子:夢の中で心性を守れませんでしたが、どうしたらいいでしょうか?
師:それはあなたの自身の心性が堅固としておらず、自分に対する要求がまだ高くないからです。原因は、ふだん法を学ぶ基礎がまだ地についていないからです。従って、真に修めて着実に修めるようにして、はじめてそれらの事を思想の中で重視するようになります。

弟子:講習会に参加したことはありませんが、先生の本の要求通りに煉れば、法輪を形成することができますか?
師:皆さんはご存知ですが、わたしが伝えているのは修煉であり、高い次元における修煉のことです。決して病気を取り除き健康を保持するものではないので、人に対する要求も次第に高いのです。あなたが煉るとすぐに法輪が得られるわけではありません。あなたがどんなによく、どんなに長い時間をかけて煉っても、わたしたちが要求している心性の基準に従って行なわず、自分に厳しく要求せず、徳を重んぜず、法を学ばなければ、何もなく、何も形成できません。あなたがわたしたちのこの法の要求に従って行なうなら、何でも得ることができます。得るべきものは、独学しても同じく得られます。何も得られないものはありません。本の中の字はすべてわたしの法身なので、あなたは自然に得ることができます。自分で法輪を形成する必要もなく、わたしの法身があなたをきっと見守ります。

弟子:社会には、法輪大法の学習者の前で法輪大法を攻撃する人がいます。わたしたちはどのように法輪大法を守るべきでしょうか?
師:その人を相手にしなければよいのです。その人と争う必要もなく、彼が何か言いたがっても相手にしなければよいです。相手にせず、聞こうとしなければよいのです。

弟子:法輪大法の弟子は産室に入ることができますか?
師:それは何の関係がありますか? とても幼稚な質問もあります。大法を修煉すると、どんなものも恐れず、一正が百邪を圧するのです。また、産室は邪なところではなく、子供にとって良いところです。

弟子:気功師でなく作家が書いた気功書には、憑き物や邪な魔のものが中にありますか?
師:皆さんにお教えします。彼が作家であれ、またはどのような人であれ、気功師でない人が書いた気功書は、憑き物やめちゃくちゃに乱れたものが彼をコントロールして書かせたものです。彼の思想がどこから来たかのか、彼は自分で考えたものだと思っています。一部の作家は気功の方面のものを書きたいと思って、気功師の功がどこから来たのか知らないため、彼は偽気功師を取材しますが、同様にこういったものを招き寄せることになり、書いたものは同様にすべてそれらのものです。今の社会はとても乱れていて、さまざまな偽気功があります。たとえ本の中に邪なものがなくても、気功師でもない人が書いたもので、修煉できるのでしょうか?

弟子:煉功の空いた時間に本を探して読んでいます。主には一部の名詞や専門用語が分からなくて、多く読んで理解したいと思っているだけで、多くの法門を学びたいと思っているのではありませんが?
師:弁解しないでください。わたしたちのところではあなたに責任を果たします。それらの法門が講じることはその法門のものであり、その法門の要素を帯びています。わたしたちのところでそれを使うことができますか? わたしたちのところでどのように講じてどのように教えているかにかかわらず、その他の専門用語は、わたしたちのこの一門の内涵ではありません。動作や魔が憑依する本のどの文字もそれらのものであり、読むとあなたの身体に入ります。修煉と佛学についての知識について、わたしは歴史上で有名な修煉者の物語を選んで出版する予定をしています。いずれも正しくて良いものなので、一般知識の書物として、皆さんに認識してもらいます。

弟子:講習会で先生の解答を記録した紙は、どのように処理しますか?
師:保存しておきましょう。それから皆さんに教えますが、在席している一部の人はすでに筆記することが習慣になっていますが、講義によく耳を傾けられない人は、往々にして筆記する人です。その人の考えは記録することに使ってしまったのですが、往々にして漏れなく筆記することも、聞くこともできなくなります。ただ静かに聞いてください。あなたが全部筆記することはできません。筆記に照らして行なう時、筆記にも漏れがあって、その上文の一節だけを切り取って理解する可能性もあります。全部筆記することはできないからです。メモに照らして行なおうとすれば、良くない効果をもたらすかも知れません。講習会を開いて以来、たびたび起こるこういった事の経験を皆さんに教えましたが、以前は多くの人がこのようにしていました。これは常人の中の理論ではないので、そうすれば、往々にして良い効果を収められません。筆記すれば、漏れなく聞くことも記録することもできません。将来、本も出版しますので、それを見ればよいのです。

弟子:煉功の効果は、情緒と関係がありますか?
師:情緒が良くないときは煉功してはいけません。特に怒っているときにはなおさらいけません。正法を修煉するには耐え忍ばなければなりませんが、忍とは良くない情緒が生じた後で耐え忍ぶのでもなく、怒ってからやっと耐え忍ぶことでもありません。あなたは良くない情緒を抱き、何を煉ろうとするのですか? 心の中で怒りや、恨みや、腹が立ったり、さまざまな心が生じたら、静かになることができますか? 煉功して良い効果を収められますか? 法の要求に従って行なわなければ、正法を煉ることにならず、それこそ邪法を練ることです。この動作を煉れば、この法になるとは限りません。多くの師が人々に教えましたが、その人は師の要求する心性、道徳の基準の通りに行なわなかったので、練りだしたものは結局めちゃくちゃに乱れた邪なものでした。彼が教えたものは良い功であっても、同じ功法から煉り出したものは同じものではなく、本当にその心性の基準に従って行なわなければなりません。修煉というのはきわめて厳粛な問題です。

弟子:古代と現代の医学書を見ると、法輪大法に影響がありますか?
師:これは何ら影響ありません。医学書を見るのはどんな影響もありません。ただ、今の気功医学書は見てはいけません。

弟子:あるヨガの本は神の経典を講じ、この神はすべての宇宙を創世したと言っていますが?
師:こういったことを聞いてはいけません。何がヨガですか、末法時期はどこも浄土ではありません。

弟子:労働を通して得るものも、徳をもって交換してきたものですか?
師:払った代償の多さとも関係があります。一般的な労働自体は代償を払うことですが、得るものが払ったものより多ければ、徳をあげなければいけません。

弟子:心性だけを修めて、煉功しないなら?
師:それならば、あなたは単なる良い人にすぎず、修煉者ではありません。将来は良い人になることしかできず、来世に福報を受けます。

弟子:法輪を回すのは四回のみですが、なぜ九回回すことはできないのでしょうか?
師:四回回せば十分です。多く回すとあなたはきっとお腹が痛くて、お腹がふくれるでしょう。もちろん学ぶ時は大丈夫ですが、マスターしてから功を煉り始めると、多く回したら駄目です。多く回すと、お腹が膨れることになります。

弟子:子供を出産して1ヵ月たちませんが、煉功できますか?
師:もちろんできます。これは問題なく、激しい運動はありません。

弟子:先生が開設した講習会には参加したことがありません。第五式の功法が終った後、幾つか他の動作が現れますが?
師:それがすなわち、別のものが彼女をコントロールしているのです。この問題はすでに話したことがありますが、わたしが伝えたのはこの五式の功法だけです。あなたがとても素晴らしいと思って歓喜心が生じると、次第に動作をし始めます。あなたがほしいと思わずにやめれば、それもすぐにいなくなります。あなたが動作をすればするほど嬉しくて、あれ、なんて素晴らしいのだと思ったら、それもすぐにあなたを指揮します。しかし、それらの動作はとても簡単に見えますが、すべてあなたの身体を壊すものです。あなたが出した幾つかの動作ですが、すべてあなたの身体にあるものを破壊するものです。ほんの少しだけで、あなたの身体を台なしにしてしまうかも知れず、その一つの功夫があなたを駄目にしてしまうかもしれません。

弟子:カトリック教を信仰しながら、また法輪大法を煉っていますが?
師:この問題を話すと、非常に高い話を話すことになります。東洋人として、わたしはここで皆さんに教えられるのは、存分に修めてください、と言うしかありません。大法や正法に出会うのは容易いことではありません。これしかあなたに教えられません。今日の宗教が人を済度できるなら、わたしも大法を伝えに来ることはありませんでした。いずれにせよ皆さんは悟ってください。皆さんは今人間なので、あまり高く言っても受け入れられません。

弟子:法輪大法を煉っている青年に、異性に対する恋愛があるのは許されるでしょうか?
師:わたしは皆さんに話したのですが、この次元であなたに何もかも放棄させることは全く不可能で、あなたもなし遂げられません。もちろん一部の人はこういった事をあっさり見るかも知れませんが、しかし皆さんに教えますが、社会の中で修煉する人に、このようにすることを提唱しません。ただし、法輪大法では確かに専修する人がいますが、将来、わたしたちが寺院を持てたら、彼らに修煉する場所を提供してあげることができます。多くの僧侶が法輪大法を修煉したら、寺院の中にいると、大きな困難に遭うかも知れないので、将来はこのような修煉場所を提供してあげます。しかし常人の中で修煉する人にとって、このようにすることを勧めません。みんなが法輪大法を修煉して結婚しなくなれば、子孫を増やすこともできず、人間は絶えてしまうので、それではいけません。現段階では結婚して世帯を持つことは構いません。常人の中で修煉するとなると、最大限常人に符合しなければなりません。例を挙げて言うなら、あなたが結婚しなければ、あなたの両親は心配します。両親はあなたを理解しませんし、他の人も理解できません。常人の状態に符合するのは、わたしたちの修煉にとってもプラスがあることです。なぜなら、最も複雑な環境こそ、高人が現れるからです。

弟子:大師、あなたの恋愛の過程をお話しいただけますか?
師:あなたは法を学びに来たのではありませんね、何をしに来たのですか? また何を知りたいと思っているのですか? 修煉はとても厳粛な事で、あなたはいまだ情に動かされ、これらに執着しています。差は何と大きいことでしょうか!

弟子:法輪大法を修めて成就したなら、他の世界へ行けますか?
師:行きたいところならどこへでも行けます。修煉が成就したらですよ。今はこのように質問していますが、将来本当に成就したその日、あなたはきっと穴があったら入りたくなります! あなたは自分の言っていることが何か分かっていません。あなたは今人間の考えで、神の境地の思惟ではありません。

弟子:静功を煉るときには清浄無為で、いかなる意念も持たないと要求されますが、心性の面でも、このような心理状態に達しなければならないのでしょうか?
師:その通りです! しかし徐々に徐々にやっとなし遂げられることです。どの程度まで入静しても、自分がここに座って、ここで煉功していることを分かっていなければならず、普段から注意しなければなりません。この唯一の一点の思想をしっかり守らなければなりません。守れなければ、朦朧として何もかも分からなくなり、修めているのはあなたではなくなってしまいます。

弟子:学校で、学生が大学受験に受かろうと努力して学び、両親の期待に応えようとする行いは真、善、忍に背きますか?
師:これは真、善、忍に背きません。どれが執着に属し、どれが属さないかは分別しにくいものです。皆さんに教えてもよいのですが、個人の目的の達成や、個人の嗜好や欲望を満足させるために行なったことは執着です。しかし公のため、大衆のため、他人のために行なった事、あるいは努力して仕事や授業をやり遂げることは当然すべきことです。皆さん、考えてみてください。学生としてのあなたの本分は、勉強を立派にきちんとこなすことです。なぜならあなたは学生だからです。そこで、わたしの目的は大学に受かることだと思う人がいます。もちろん、勉強する目的は断えず高い段階に、小学校、中学校、大学のように進むことで、いつまでも小学校に留まるわけにはいきません。確かにそうです。だとすれば、大学へ入学したいと思うことも間違いではありません。しかし、もしあなたが良く勉強せず、大学入学、大学入学と、頭の中でいつも大学に行くことばかりを考えていれば、わたしに言わせるとそれは執着です。では皆さん考えてみてください。反対の面から言うと、あなたが学生ならば、あなたの本分は勉強を立派にきちんとして、両親や学校、先生の期待に背かないようにすることです。先生はあなたに授業をし、両親はあなたを扶養して学校へ行かせています。あなたが両親や学校の先生の期待に応えようと、自分で勉強をきちんと立派にやったのなら、自然と大学に入学することになりませんか。あなたがいつも大学入学、大学入学と考えても、良く勉強しなかったなら大学へ入ることができますか? あなたは大学へ入ることばかりを考えない方がよいのです。考えても大学へ入学できなかったら、無駄になってしまいませんか? あなたは大学へ入ることを考えず、努力して良く勉強するだけでよいのです。あなたが勉強をちゃんと立派にやれば、大学入学が実現するのではありませんか? 大学院への入学もまた実現しませんか? つまりこのような道理なのです。その事自身はとても簡単ですが、分別しにくいのです。また、科学研究をやることは執着と言えますか? あなたの研究成果やあなたが行なったことは公益事業であって、社会のため、人々のために奉仕することなので、これらの事を立派に行なうことは、あなたの本分です。一人の労働者としても、立派に行なわなければなりません。あなたがもらう賃金や給料に申し分けが立たないといけません。そうでしょう? 煉功者はどこでも、良い人でなければならないからです。

弟子:煉功しているうちに、完全に無我の状態になり、周囲のいかなる音も聞こえず、自分の身体が消えたような感じがしましたが?
師:この状態はとても良いことです。わたしたちの煉功は入静することを要求して、二種類の状態が現れることがあります。決して他の功法のように、そこに座っていると、何もかも分からなくなることはありません。時間も煉功して定から出ると、あれっと、そこに座っていたのはただ十数分に過ぎないような感じがしますが、時計を見るとすでに非常に長い時間が経過しています。それでも定力が本当に高く、よく煉ったと嬉しがってはいけません。他の法門で修煉したなら、皆よく煉ったと言いますが、わたしたちのところではとても悲しいことだと言います。とても悲しいことです! 皆さんはご存知ですが、修煉は、あなた自身が正真正銘に自分を修煉しなければならず、本当にあなた自身に功を得させます。それゆえ、非常に深く入定した状態であっても、自分がそこで煉功していることが分かっていなければなりません。あなたにきっと質問で言った状態が現れて、足や体、腕や手などがどこにあるのか分からず、自分の頭さえもなくなってしまい、まるで一つの思想だけがそこにあるかのようです。意識の中にその思惟があり、自分がそこで煉功しているのが分かっていますが、これはとても良い状態です。そのほかに、あたかも卵の殻の中に座っているかのような状態もあります。動けなくて、非常にすばらしいのです。しかし、自分ではそこで煉功していることが分かっています。このような状態が現れることもあります。

弟子:わたしは、夜中に目が覚めた時、自分が法輪大法の動作を煉っていることに気付きました。自分でも法輪が回転していたり、非常に強くエネルギーが流れたりするのを感じました。
師:もし本当に法輪大法の動作なら、とても素晴らしいことです。それはあなたの元神が煉って、あなたの煉功を助けているのかも知れません。もしほかの動作なら、きっと問題があります。

弟子:わたしは前の四式の功法を行なう時、体の内部に力が入り、体が揺れるようになりますが?
師:多くの人はとても敏感です。あなたの身体の中で法輪が回る時、体もそれに従って動きますが、あなたは揺れたりしないでください。敏感でない人は、回転する力が大きくても感じません。皆さんの状態は様々で同じではありません。

弟子:以前、わたしたちは密教を長年にわたって修煉していましたが、今すでに功能が出ていて、そのうえ大師の法身と互いに通じ合っています。これらは法輪大法の修煉に対して、補導作用がありますか?
師:補導作用がないばかりか、いかなる補導作用もありません。密教は最も低い次元の宇宙にある如来の法理ですが、宇宙の法をどうして補導することができますか? わたしは皆さんに、本物か偽物かは見ても何とも言えないと話しました。見たのはたとえ本物であっても、わたしの法身と互いに通じ合う程度に達するのは非常に難しく、法身があなたとこうして連絡することもないので、あなたが以前に学んでいたものが演化して出てきて、あなたを騙しているのです。だからこのようなことに注意しなければならず、功能で誰が高いかを見ても分からず、心性によって修煉者の果位の高低を区別するのです。

弟子:先生の大法に基づいて日記を書き、自分の足りないところを反省していいでしょうか?
師:わたしに言わせれば、それは書かなくてもよいと思います。書きたいのであれば書きましょう、心ではどこが間違っているかが分かれば、次に注意して法を学んで、自分を向上すればいいと思います。

弟子:師父の著作を読むときに、よく数行が輝いている光景を目にしますが? 確認してみれば、それはちょうど自分がぶつかった問題ですが、これは先生の法身が私を悟らせているのでしょうか?
師:これはみな大法の中で帯びる法力です。一つ一つの字はすべて佛、道、神の法身なのです。

弟子:一時期、何か間違ったことを行なったり、言ったりすれば、必ず先生の法身から処罰を受けたのですが、また一時期、間違ったことを行なったり、言っても、先生の法身はまったく関わってこられないのですが?
師:私が関わっても、あなたが間違ったと知っても改めようとしないなら、いつまでもそのように悟らせるわけにはいきませんよ! 話を変えますが、多くの学習者はわたしの法身と通じあいたいと思っています。その目的は、何らかのことを聞いて、修煉のどうのこうのを知りたいためです。皆さんに教えますが、皆さんが一心に修めさえすれば、知るべきことは必ず分かってきます。知るべきでないことなら、あなたが知るべきときになっていないだけです。日頃、本を多く見て理解すれば、どんな問題も解決でき、すべて本の中にあります。認識できない問題があっても、疑問があってもよく、本当にこの法を学んだあと、どんな問題もなくなり、一つ一つの問題はたちどころにすべて解決されることに気付きます。

弟子:功が開いて悟が開き、正果を得れば、法輪世界へ行くことができますか?
師:悟りには漸悟と頓悟があります。最後になって本当に完全に悟りを開くことを圓満と言います。しかし三界内までしか修めることのできない人は、功が開いて悟りが開いても圓満とはいえず、正果を得ることもできません。わたしが言っているのは、ある人はそれほど大きな努力を払うこともできず、それほど大きな決心をして修めることもないので、正果を得ることができず、法輪世界へ行けないということです。三界内で悟りを開く人もありますが、その人がここまでしか修めることができないからです。大法を修めても法輪世界へ行けるとは限りませんが、より高い果位で圓満した人にはより高い世界があります。

弟子:人間がこの物質空間に堕ちて来たのは、情が生じたからですか?
師:それがすべてではありません。上には情がなく、三界内だけに情があります。その人が堕ちて来たのは、上の基準に符合しなくなったため、堕ちることになったのです。常人のこの空間にある情は最も重いもので、情は執着心を生む根本です。

弟子:憑依と元神はどのように区別しますか?
師:今のあなたには区別できません。いつもこういった事に関心を持たないでください。なぜなら、その憑依はあなたの身体と同じ大きさで現れることがあり、あなた自身の以前の身体が現世に現れてくることもあるので、前世の身体か憑依か、あなたははっきりと区別することができません。憑依するものは身体の中にいる場合もあり、身体の外にいる場合もあります。頭の上でしゃがむものや肩の上でしゃがむもの、もしくは首の後にへばりついているものは、比較的に判別しやすいのです。しかし身体の中に入ってしまったものは、あなたには見分けられません。大法を修める人に、憑依などはまったく存在しません。それは絶対に許されないことです。

弟子:お尋ねしますが、佛より上の人は何と称するのでしょうか?
師:何が佛より上の人ですか? それほど高いことは、一般の常人が永遠に知ることは許されません。大体でわたしは佛家と道家を説いたことがありますが、彼らの上にはやはり佛や道がいます。あなたはそれを知識と見なしていれば、この門や講習会を出ると次第に、何日かすると何も思い出せなくなります。わたしが説いたことは、あなたは概略しか分からず、しかもぼんやりとして、何も思い出せません。修煉できなければ、頭の記憶からそれは抹消されてしまいます。常人はこれらのことを知ることが許されないのです。

弟子:佛法の中で、情の本当の意味は何ですか?
師:情は宇宙大法、宇宙の特性の最も低い次元における一種の要素です。わたしはこれまでずっと、こういう根本的なことについては話していません。佛教ではいつも執着心、あれこれの執着心を話しており、わたしのところでもさまざまな執着心について言及しています。しかし、佛教では執着心の根本について話していませんが、わたしたちのところでは情があるからだと皆さんに話しています。もちろん、修煉して正果を得ようとするなら、基本的に情を必ず取り除かなければなりません。

弟子:煉功する時に舌は上あごに当てて橋渡しをする必要がありますが、入れ歯をしているので橋渡しをする術がありません。どうすればいいでしょうか?
師:義歯をつけていても影響しません。あなたの口の中にたとえ鉛の板を入れても構いません。功はそれを突き抜けるのです。構いません。わたしたちは気を練るのではなくて、功を煉るのです。

弟子:先生の前世は誰ですか?
師:わたしは李洪志そのものです。決して釈迦牟尼佛ではありません。

弟子:以前、先生が講義の中で言及された法輪聖王と、釈迦牟尼が妙法蓮華経で述べた法輪聖王は同じ人でしょうか?
師:歴史上で釈迦牟尼は確かに法輪聖王について話しました。昔、釈迦牟尼佛は何度も法輪と法輪聖王について話しましたが、後の人は釈迦牟尼佛の話した事を回想しているうちに、それを全面的に反映させることが出来なくなりました。そのため、後の人も釈迦牟尼佛の説いた本来の意味を理解できず、曲解することが生じました。その後、さらに銀輪、鉄輪、銅輪などの言い方が現れましたが、どれも後の人がでっち上げたものです。釈迦牟尼佛が法輪を回すなどなどと伝わっていますが、釈迦牟尼佛自身が法輪を回すと言ったのではありません。釈迦牟尼佛が将来にそのような事が起こることを知って、予見したのです。

弟子:夜間、神通加持法を煉って座禅している時、すぐにうとうとして眠ってしまいますが?
師:これは絶対にいけません。必ずこの欠点を克服してください。そうでなければ、修煉するのはあなた自身ではなくなってしまいます。わたしたちは修煉していることがはっきり分かっていなければなりません。座るとすぐに眠くなるのは、実は煉功しておらず、ただ座って眠っているだけです。これも妨害です。

弟子:極楽浄土の衆生には煩悩と魔煉がないので、どうやって修めるのですか?
師:あなたに教えますが、煩悩がなければ、修煉することもできなくなります。そのため、極楽世界で修煉することはとても難しいのです。

弟子:先生の法身の法号は?
師:わたしの法身は、すなわちわたしであり、同体です。これは少し理解しにくいですが、いかなる法号もなく、ただ李洪志です。

弟子:修煉中の疑問を、修煉がよくできていると考える古い学習者と探究するのは?
師:学習者の間で互いに探究するのは問題ありません。とても良いことです。

弟子:仕事をする時、無意識のうちに前額の両眉の中間のところから、ピンク色の光や藍色の光、銀色の光が何度も放たれたのですが?
師:これはつまり天目が開く現象で、さまざまな現象がたくさんあります。ある人はわたしに、このようなエネルギーは光だが、どうしてわたしたちの身体の中に存在するのかと聞きました。わたしが昨日見た質問のメモはまだ解答していません。教えますが、見たその光は、天目の次元が高くないときの現れにすぎません。しかしその存在する物体は実在の物質です。あなたの天目の次元は高くないので、別の空間の生命体を光のように見えたのですが、そのエネルギーが強いからです。もしあなたの天目の次元が高ければ、あちらの物体は目で見るこちらの物体より、さらに実在していることに気付くはずです。それゆえ昔の修煉者は、常人社会はまったく見せかけの幻だと言ったのです。

弟子:一切の執着心を取り除かなければならないと言いますが、衆生を普く済度すること自体、執着ではありませんか?
師:なんと愚かな人でしょう! 溺れて死にかけている人を見たら、救ってあげることは執着といえますか? わたしはあなたを済度しに来たのであり、修煉しに来たのではなく、あなたはこの事をはっきりと区別しなければなりません。そればかりか、わたしはさらに大きな事を行なっていますが、人間世界では法を伝えているにすぎません。

弟子:衆生を普く済度して、苦難から解脱させるために、心に生じた慈悲は、情と言えますか?
師:あなたが今の基礎の上に立って慈悲を話すのは、実のところ情がもたらした作用です。慈悲は情ではありません! 常人には情があるものです。昇華して上へ行って情がなくなった後、何が慈悲か、はじめて本当に理解することができます。

弟子:天目が比較的に高い人が、いつも学習者にどの程度まで煉ったのかを話していますが?
師:その人は法輪大法を破壊しています。皆さんに教えますが、どんなときでもこういったことを聞いて信じてはいけません。ある人がどのくらい高くまで煉ったとか、誰かにいいかげんに言うことは絶対に許されません。顕示心に駆られてこういった事を喜んで話す人がいますが、天目が開いても、その人がどのくらい修煉したかを見えるとは限りません。きわめて特殊な場合、確かに良い人が本当に見えたとしても、その人は話すことはありません。わたしたちは互いに交流して切磋琢磨して、たとえばあなたのどこそこの功がどうなったとか、良いものを煉り出したなどを話しても構いませんが、あなたはどこまで煉ったとか、わたしはどこまで煉ったとか、彼はどこまで煉ったとかを議論するなら、それは法を破壊しています。このような現象は、絶対に人に見せることはできません。それは人の執着心を助長させることではありませんか? 互いに比べたりして、どのような現象も現われ得るのです。わたしはやはりこの言葉ですが、皆さんはどんなときでも、心性の修煉の高さでもって基準としなければなりません。心性が高くない人こそこういったことをしますので、心性が高くないのに功が高いはずがあるでしょうか? 功が高くなければ正確に見ることができるのでしょうか?

弟子:新しい学習者は、講習会で師父からすでに法輪や気機、法身を与えられ、いずれも貴重なものです。宇宙の「失わなければ得られず」の理に従って言うならば、わたしたちはこれによって何かを代償として出さなければならないのでしょうか?
師:法身はあなたを保護しますが、決してあなたに与えたのではありません。実際、わたしがあなたに法を得させ、修煉させ、返本帰真させるだけです。あなたの向上したい心だけがほしいのです。

弟子:密教の中の法輪と、先生が説いた法輪には区別がありますか?
師:同じものではありません。あの法輪は意念であり、かつ人為的に意念によって制御するものです。わたしのものは本当のものであり、形、実体があります。

弟子:わたしは香港の天壇大佛を見学しましたが、今の社会で、どうしてこんなに大きな佛像を建てたのでしょうか?
師:それは常人がしたくてしたことです。現在の佛教では、より大きな寺院を建てたいと思う人がたくさんいます。それはみな常人の事です。

弟子:修煉して圓満成就すれば、上で先生にまた会えますか?
師:あなたが本当に修めるなら、圓満成就しなくてもわたしに会えます。もちろん圓満すれば、いっそう会うことができます。

弟子:専修弟子とは何でしょうか? 真修弟子とは何でしょうか?
師:専修弟子というのは寺院のような修煉形式で、あれは専修弟子の範囲に属します。真修弟子というのは真に修める弟子のことを言います。

弟子:わたしは学生ですが、日頃、座禅しながら本を見たり、宿題をしたりしていいでしょうか?
師:日頃、座禅しながら本を見たり、宿題をしたりするなら、単に双盤の練習であり、煉功とは言えません。それでも良いところがあって、双盤の時間を延ばすことができますが、単に双盤の練習です。

弟子:三花聚頂のときの元嬰は、本人と同じ大きさでしょうか?
師:それは不可能なことです。三花聚頂の人の元嬰は一、二歳の赤ちゃんのような大きさですが、それでも良く煉った人に限ります。数カ月の赤ちゃんのような大きさもあります。

弟子:生命体が生まれて、宇宙の特性に同化すれば、真、善、忍しかないはずですが、どうして先天の性格があるのですか?
師:性格というのは人の性格の問題です。せかせかして、せっかちな性格の人がいて、どんな事をするのも速いのです。性格がぐずぐずして、何をするにしてもとにかく遅い人もいます。性格は性格で、これは別の事です。なぜ本源物質が組み合わさり異なる物体になるのでしょうか、木になったり、鉄になったり、同じ事です。しかし特性はすべて真、善、忍です。

弟子:先生が打たれた大手印は、法を伝えるという意味と同じでしょうか?
師:それを話すと比較的高い話になります。いずれにしても、人間が法を得ることは容易なことではなく、この縁も容易ではないので、この機会を逃さないようにと皆さんに教えています。

弟子:人は修煉して、彼の元神を生んだ両親のいる次元を超えることができますか?
師:今、あなたは妄想をたくましくしないでください。皆さんに教えますが、今のあなたはどれほど低いのかさえ分からないのに、さらにそんなに高いことを考えています。ある人がどれくらい高く修められるかは、その人自身の耐えられる能力次第で、その人に身に付いている徳と業の物質の比率を見ます。つまりあなたの根基とあなた自身の忍耐力という要素が、あなたがどれくらい高く修められるかを決定するのです。それで、あなたがそれほど高く修めようとしても、耐えられる力がないので、その時になるときっと狂います。しかし絶対ということでもありません。ただ、今のあなたは人間の思惟なのです。

弟子:赤、橙、黄、緑、青、藍、紫、有色、無色は異なる次元を代表していますが、どの方面から見分けられますか? 天目が開いていない場合、顔色から見分けられますか?
師:それは見分けられません。それは常人に見えるものではないので、人間の目では見分けられません。

弟子:以前、わたしはある功を学んで間違って横道にそれてしまったことがあるので、ある物体がずっと体内を右往左往しています。今は法輪大法を修煉することを決心しましたが、何かが妨害に来る夢を見ますが?
師:あなたが何を修めたいか、何を煉りたいかは、あなたの心次第です。すべて自分の一存で決まります。大法を修めようとする心が確固としているなら、誰も妨害できず、もはや妨害することは許されず、わたしも許しません。

弟子:元神の年齢が若かったら、高く修めることはできないのでしょうか?
師:元神が若いか老いているかに関係なく、それによって決まるものではありません。

弟子:大法を聞いた後で、修煉はとても差し迫っていることを知りました。どのようにすれば、果敢に精進して大忍の心を増すことができますか?
師:忍ができるかどうか、忍がどの程度までできるかは、すべてあなた自身で決まります。忍の能力を増やす何の訓練もありません。あなたが苦を嘗める中で耐える力によって決まります。心の中に法があり、慈悲を持って周囲の一切に対処すれば、どんな事に遭遇しても良く行えるでしょう。

弟子:功身と法身にはどんな違いがありますか?
師:皆さんが功身を持つことはあり得ませんし、これからも持つことはありません。修煉が圓満してからは、法身しか持つことができません。宇宙の中の一切の生命は功身がありません。

弟子:さまざまな心を取り除く試練を世間法で通りましたが、出世間法になると、果位に達するたびに通るのか、それともある果位の上中下の各層でそれぞれ通るのでしょうか?
師:修煉過程で、悟りを開くまでの道は按排されており、その修煉過程の中であらゆる心をすべて取り除かなければなりません。圓満成就するまで、そのように按排してあげています。世間法は一つの層、出世間法になるとまた一つの層、ということではありません。

弟子:宇宙の中の成、住、壊とは、あらゆる悪いものを爆破させて、また新たに組み合わせるということでしょうか?
師:以前はそのようにして、悪いものを破壊してまた作り直しました。人類は何度も壊滅させられましたが、一部の人は理解できません。あなたは常人の立場に立ってこれらの問題を考えてはいけません。先日、わたしはこの道理を説きましたが、相当高い次元の佛道神から人を見れば、人間はあまりにも微小なものですが、相当に高い大覚者から見れば、如来さえもみな常人です。それに、さらにさらに高い大覚者から見ると、人間はまるで細菌や微生物よりも劣ります。人類の道徳が退廃し、地球が腐ったリンゴのようになってしまったら、このようなものを捨てるのは、当たり前のことではありませんか? その境地にいなければ、その道理を非常に考え難いのです。

弟子:真に修める弟子のために、どうか主元神を浄化してくださいませんか?
師:するべきことはすべてやりました。あなたには分からないことがあるので、むやみに考えないでください。将来、あなたたちは最も良くなるのです。

弟子:以前、観音に供える線香を予知に使う人がいましたが、今、師父の佛像で観音像を開眼させてから、線香譜はまた使えますか?
師:あなたはその線香譜を使って何をするのですか? それは常人のやり方ではありませんか?修煉者として、何を予知するのですか? あなたは何を知りたいのですか? 難があるかを知りたいのですか? 予知できれば上手に避けようとして、避けてしまったら向上できなくなり、それでどうやって修めるのですか? 金持ちになれるかを知りたいのですか? あなたがしっかり仕事をすれば、あるいは商売を大きく行なえば、自然にお金を儲けられます。こういった事はすべて常人の事なので、大法を修める者のすることではありません。もちろん小道なら、使っても構いません。

弟子:専修弟子の修煉は寺院の中の和尚の修行と同じだと、先生はおっしゃいましたが、常人社会を離れたら、どのように心性を練磨するのですか?
師:専修弟子がどのように修めるかは、この講習会で話していません。それは将来の事です。専修弟子でも常人の中に行かなければいけません。昔の和尚は常人の中で物乞いをしながら、苦を嘗めて行脚して、金や物品を蓄えることもできませんでした。常人の中で行脚するというのは、常人の中で練磨する良い機会なのです。

弟子:両足を組む練習をする時、足を組んで、帯で固定して練習することはできますか?
師:このことに対して、特殊な要求はしません。自分の状態によって対処しましょう。

弟子:国は……?
師:国に関することや、常人の中の具体的な事について、私は解釈をしません。政治に関係する問題も私に聞かないでください。わたしたちは政治や国の法律に干渉しません。煉功者が如何にして行ない、如何にして無為になり、如何にして行なうべきかについて、わたしたちはすでに話しました。

弟子:人々は心法によって束縛されるのなら、人類世界は佛家の浄土になることが可能ですか? 
師:人類の道徳水準が上昇するというのは、あり得ることです。可能というだけではなく、これは必然なことであって、今から見るとその通りです。しかし誰でも佛になることは不可能です。人の心性の高さは同じではなく、耐えられる力も同じではないからです。人類社会はきっと存在していきます。なぜなら、それは大法が上から下までにおける最も低い次元での体現なので、天国と同じようになるはずはありません。

弟子:煉功者がもし骨折したなら?
師:煉功しても三日坊主で、まともに煉ることも、心性の基準に基づいて自分を要求することもできない人がいます。そのような人は法輪大法の弟子とはいえず、どんな事でも起こり得るでしょう。おお、その時になるとあなたは、法輪大法の弟子が骨折したと言います。教えますが、真に修める人は普通、骨折するようなことはありません。一部の個別の人は、もし前世にそのような業の借りがあるなら何とも言えないので、注意しなければなりません。補導員は新しい学習者に煉功を強要してはいけません。強要すると問題が起きるので、それはわたしのやり方ではありません。大法には自分の本心を変えることも説いていますが、強要したら、強制することになるのではありませんか? この問題は特に注意してください。

弟子:ある新しい友人に法輪大法を紹介してから、自分の心性と身体の状態が劣ったことに気付きました。それは人に法輪大法を話したせいですか?
師:それはあなた自身の感覚にすぎないでしょう。学びたい人は、あなたがちょっと話すだけでその人はすぐに学びたくなって、あなたも状態が劣るなどの感覚はありません。それは身体を浄化している状態で、業を取り除いているときの現れです。

弟子:わたしは中学校の教師です。生徒たちに法輪大法を教えたいと思うのですが、それが正しいかどうか分かりません。
師:それはもちろん正しいことです。高く理解することはできなくても、身体を鍛練することができます。本当にこの法が理解できて、皆が善い人になろうとして、人の心を善に向かわせられるなら、わたしが思うに、それこそ素晴らしいことではありませんか? 彼らが高い次元へ修煉したいと思うなら、わたしに言わせると、あなたは大きな功徳を積むことになります。

弟子:引越しの時に、不注意で先生の写真を擦っていためてしまいましたが?
師:故意ではないので、誰もあなたを非難することはありません。

弟子:周りの人に煉功のことについて聞かれたら、皆に伝えて、教えてもよいのでしょうか?
師:皆に学びたい願望があるなら、教えてあげましょう。相手が進んで聞いてきたのに、教えないわけにはいきません。それは法を広く伝えることでしょう。

弟子:なぜわたしは法輪大法を話し終った後、非常に誠意な心から、法輪大法の功理に少し疑問を抱くようになったのでしょうか?
師:これにはあなたの悟性や、思想業力、多方面にわたる原因があります。自分の理解が深くないので、相手に話しても、相手は信じません。あなたは初心者なので、あなたに対する妨害も、この方面に原因があるかもしれません。一般的には、外部からの妨害は非常に少ないのですが、いずれもあなたの思想業力と、あなた自身の大法に対する理解が浅いことによってもたらされたのです。それに相手が信じないことで、あなたにこういった考えが生じることもあります。

弟子:冬に、神通加持法を煉った後で足を解いたとき、身体はとても冷える感じがしたのですが、このような現象は正常でしょうか?
師:初期に煉功するとき、一挙に高い境地に達することはありません。そこに座っているととても身体が気持ち良く、ホカホカするというようなことは初期にはありません。煉功の初期段階には身体に業力があるもので、こういったものは黒くて冷たい性質なのです。煉功自体は業を取り除くのですが、いくぶん寒かったりするという現象が存在しえます。それに冬場なので、あなたの体は一挙に変わることはなく、それは不可能なことです。今後は良くなっていきます。

弟子:以前、わたしは心性を良く守れませんでしたが、今から修めてもまだ間に合うでしょうか?
師:今は、多くの新しい学習者が修煉し始めたばかりではありませんか。ただし、着実に時間を切り詰めて努力しなければならず、特に年をとった人はそうです。

弟子:人が困っているのを見て助けると、自分の業力が徳に転化するのか、それともその人の徳を取ることになるのでしょうか?
師:人が困っているのを見て助けるのは、善い行ないをすることでしょう。その人を助けて良い事をしている時、もしその事がとても困難であるなら、あなたは苦しい目に遭うので、あなた自身の業力が転化されます。普通、自ら進んで人を助けるのは自らの意志によるものなので、徳の転化はありません。もしその事が一定の価値があるのなら、それは別の事になります。それから、いつも難に遭うことは、業を返しているのか、それとも何らかの因縁関係によるものかもしれません。修煉者にその因縁関係は見えないので、もしそのことばかりに心を使えば、きっと悪いことをすることになってしまいます。そのために、われわれは煉功者に徳を守ることや無為を教えるのです。わたしたちが重んじるのは次のような意味もあります。常人は徳を積むことを言いますが、それは常人が常人の事をすることで、常人の次元の法によって拘束されているからです。ところがあなたは修煉という次元の法によって拘束されているので、それらのことに執着するのは正しくありません

弟子:もし真に法輪大法を修めるなら、正果を得て円満成就するまで、先生は魔難を按排してくださるのですか?
師:そうです。修煉過程において、誰もが難に遭わないといけません。その上、その難も自分が造った業なので、その難の中から自分の心性を向上させるのです。さまざまな面倒な事に出会う時、どのように対処しますか? 煉功者としてどのように振舞いますか? 他の人と同じように対処してはいけません。圓満するまでの修煉の全過程で、そのような問題に出会うことになります。そればかりか、圓満に至るまで、あなたが法に対して確固としていられるかどうか、この方面の試練もあります。もし根本的にあなたが法に対してまったく信じていないなら、何もかもすべて話になりません。

弟子:中と下の根基しか持たない人にとって、極楽世界と法輪世界のどちらがより簡単に修煉できますか? 宇宙の真ん中の大道に沿って修煉するのが速いか、それとも周辺の小道で修煉するのが速いのですか?

師:大法修煉を他のものと比較してはいけません。修煉の過程に、どのように修煉するかに関わらず、修煉の要求と基準は同じです。高くまで修めれば修めるだけ、高い次元に至ります。それは宗教の中で果位といい、つまりそれだけの高い果位を得るということです。

弟子:広州では多くの人が関羽を供えています。先生の写真で関羽を開眼させることができますか?
師:関羽は、歴史上佛教では彼を伽藍菩薩と言っていますが、人が拝んで出来たものです。ではなぜ道家も関羽を供えるのでしょうか? それは彼の副元神が修めて成就したのです。さらに一部の商売人も関羽を財の神として供えていますが、そこには人が拝んで出来たものや、憑依した動物ばかりです。わたしの法身で開眼してどうするのですか? あなたが金持ちになることに、決して佛は関わりません。根基の良い人、あるいは修煉者が難に遭う時、佛や菩薩は助けてあげるかも知れません。それはあなたを常人という苦しい環境から救い出し解脱させるためであって、お金を儲けさせることではありません。もし人間にどんな病気もなく、どんな難もなく、快適で、神仙より心地良く暮らしているなら、あなたに修煉するように言っても、全くやろうとしないでしょう。やはり、苦を嘗めさせないといけません。極楽世界に行くって? ここはすでに極楽世界のようです、ということはあり得ません。世々代々に造った業は返さなくてよいのですか? 業を返すのに、良い暮しをするなどあり得るでしょうか? 実は、拝んでできたものや憑き物など目茶苦茶に乱れたものは、決して無条件にあなたを助けることはありません。それは、ほしいものをあなたの身体から奪います。そのため、金持ちになることは決して良いことではありません。もちろん、財産の有無には複雑な原因があって、求めて来るものではなく、自らの前世がもたらしたものなのです。

弟子:肉親の情や、愛情、友情は、慈悲心が生まれた愛を区別するのに、どのように測るべきでしょうか?
師:現在のあなたは、まだ人に情がないときの気持ちが分からないので、慈悲心が何かも分かりません。今あなたが想像した慈悲はやはり情から出ているので、あなたには分かりません。人間の嫉妬心、歓喜心、闘争心、不服の心、恐怖心など、いずれにせよ、さまざまな欲望や執着を取り除かなければなりません。好きか嫌いか、何かのことをするのが好きか嫌いか、何かを食べたいか食べたくないか、何が嬉しくて何が嬉しくないか、すべてはこの情から生じます。人間はすなわち、この情のために生きているのです。一方、情がなく生きている高級生命はどのような様子でしょうか? みな眉をつり上げて目を怒らしているのでしょうか? そうではありません。人がこの情を取り除いたら、慈悲心が生じてきます。大覚者はどうして人を済度できるのでしょうか? 彼には慈悲があり、衆生を気の毒に思うからです。

弟子:双盤を練習するために、あお向けに寝て、時に足を組んでよいでしょうか?
師:これに特に反対しません。足の上から重みを加えてみたり、または何らかの方法を採って足を組む練習をしたりしても構いませんが、皆もそのようにすると勧めるわけではありません。その方面で業を借りていた人、修煉の向上がとても遅くて悟性も上がらず、動作ばかり煉る人がいます。もし彼らは本当に何かのものを使って足の上から重みを加えたり、あるいは何か強制的な方法を採ったりすれば、いきなりポキッと骨が折れる破目になるかも知れません。それでは、法輪大法を煉るためにこうなったと周囲の人が言うので、われわれに大きな損失をもたらすことになります。ですから、千篇一律に皆さんにそのようにするように要求してはいけません。各個人の情況はそれぞれとても複雑だからです。

弟子:いつの日か見た夢が現実になりました。これは……?
師:夜に夢を見て、翌日あるいは数日後、その事が本当に起きました。あるいは、何かを行なう時にまるで以前その事をやったことのあるような感じがします。やった記憶がないけれど、かつてやったと感じます。そのように感じる人が多くいます。あなたは生前、あるいはずっと以前にそのような事をやったか、もしくはもうすぐ発生する事の中にあなたは前もって入っていったのかも知れません。見えたのはつまりこれが原因です。

弟子:真と忍が矛盾する時があります。例えば、人が言った嘘を聞いたら、真に従って指摘するのか、それとも忍をしますか?
師:やはりわたしが言った通り、煉功者として徳を守りますが、徳を失わないようにします。今の常人はみな、口を開くと嘘ばかりを言うようになりましたが、それは常人のことなので、あなたが関わることはできません。もし指摘して相手の痛いところに的中したら、その人は本当に歯ぎしりするほどあなたを恨みます。ですから、わたしたちはいかに自分をしっかり修煉するかが、第一のことです。本当に重大な悪人や悪事、原則的な大きな問題に出遭ったら、例えば殺人や放火に遭ってもあなたが関わらないのなら、わたしに言わせると、それはあなたの心性が良くないことです。つまり、あなたはどのようにこれらの問題を見るかのことです。

弟子:法輪大法の学習者は、刮痧(訳者注:民間治療法の一つ。銅貨や牛の角に油や水をつけ、患者の胸や背中を擦って皮膚を充血させ、体内の炎症を軽くして治療する方法)を学ぶことができますか?
師:法輪大法を修煉するあなたが、こういったものをやって何をするのですか? あなたが自分を擦るのですか、それともほかの人を擦ってあげるのですか? 皆さんに教えますが、それは巫術であって、以前われわれの東北では、跳大神がこれをやりました。跳大神は気が狂っており、憑き物なので、それでこのようなことをするのです。

弟子:武術をやる人が同時に法輪大法を修煉すれば、破壊的な影響を受けるでしょうか?
師:受けません。純粋な武術なら受けません。しかし一部の道家の武術は内修のものを帯びているので、妨害を受けることもあります。例えば、太極拳、形意、八卦の類のものは、やるとすぐにもぐり込んで来るので、やってはいけません。それは気功に属するものなので、わたしはあなたに植え付けたものが乱されることになります。もちろん、どうしてもあなたに法輪大法を修煉させるということではないので、もしあなたが太極が良い、形意や八卦が良いと思うならやってもかまいません。ただしわたしは一つの理を言っています。煉功や修煉は厳粛な問題であり、専一でなければなりません。

弟子:わたしが煉功している時、無意識のうちに、自分の身体のそばに自分と同じように煉功している影が見えましたが?
師:一般的に、副元神は身体から離れて修煉することは許されず、いつもあなたと一緒にいて、あなたと同時に修めて煉るのです。もちろん絶対ということではなく、個別の情況もあります。あなたの身体を調整してあげている間に、それが出てくることもあります。

弟子:講習会が開かれた二日目と三日目に、木の繊維のようなもの、またはぼろ布のようなものを吐いたのですが、次の数日間、血を吐き続けましたが?
師:それは良いことでしょう。わたしが話したことのように、下痢をしたり、吐いたりする人もいます。いずれにして、あなたの身体を内臓まで浄化してあげて、あなたははじめて本当に修煉できるようになるのです。浄化せずこのような汚れた身体でいる限り、まったく功は出てきません。ですから、そのような現象は非常に良いことです。血の固まりのようなもの、膿や血を帯びたものを排便する人もいます。皆さんに教えますが、人間は何でも食べ、どんな良くない事もやるので、身体を目茶苦茶にしてしまったのです。どのみちなんとかして浄化しなければならないので、皆さんは今後、思う存分修煉してください。多くの人は修煉しないと、きっと悪性の病気になるに違いありません。修煉してから身体を調整していくうちに、すべて排出することになります。

弟子:三花聚頂に達することは、生死から抜け出すことができるということでしょうか?
師:わたしたち法輪大法で三花聚頂という次元まで修煉したとき、世間法修煉の最も高い次元に入ったことになりますが、まだ三界を出ていません。前に進むと、浄白体という状態に入ることになり、身体が完全に高エネルギー物質によって転化されます。その時になってはじめて世間法と出世間法の間の過渡期に入ることになりますが、多くの事はみなこの過渡期にやってあげるのです。もちろん、あなたは世間法修煉を出たその時、本当に生死の輪廻から抜け出して三界を出ることになります。

弟子:座禅している時、痛みの程度はとても耐え難いのですが、それ以上我慢し続けるのは、執着心ではありませんか?
師:執着心ではありません。あなたが我慢している時、我慢という苦痛を嘗めることによって、代償を払うことになります。それは執着心ではなく、業を取り除いています。昔、一部の人はそれが分からず、結跏趺坐をしているうちに足が耐え切れなくなるとすぐに崩し、あれこれ体を動かしてからまた煉功を続けました。また痛くなったら、また足を崩して体を動かしてからまた煉功を続けます。彼らはそのように煉ることがとても良いと思っていましたが、実はなんの効果もありません。結跏趺坐を組んでそこで座禅しているうちに足がとても痛くなり、痛さが本当にとても激しくなった時、とても大きな業力が下へと消去されていきます。消去されたらその物質は消滅せずに、白い物質に転化されます。あなたが苦しい目に遭って代償を払ったので、徳に転化することができるのです。座禅する場合の足の痛みは通常、断続的な痛みで、一時、まるで耐えきれないほど辛くても、それが過ぎると大分苦痛が和らぐようになります。しばらくすると、また痛みが激しくなります。それは心性を修めることと関連しているので、心も乱れます。「その筋骨を労せしめ、その心志を苦しめる」なので、座禅する時にあなたの心を乱します。心が乱れてたまらなくなり、すぐに崩してしまおうとするのは、忍ではありません。

弟子:先生の要求する通りに真に心性を修煉すれば、必ず今生で出世間法を煉り出せますか?
師:誰がそのようにあなたに教えられるでしょうか? あなたはこの決心がありますか? あなたの受け入れ能力や忍耐の程度は、あなた自身の一存で決められます。「師は入口まで導くが、修行は各自にあり」なのです。

弟子:昼には心性を守れたのですが、夢の中では守れませんでした。
師:昼にはっきり分かっていながら心性を守ることは、容易いことです。あなたは心性をしっかり修めていたかどうか、しっかり守れたかどうかを試練しているのです。睡眠中あるいは深く入定する中であなたを試練して、着実かどうかが最も分かるのです。このような問題は誰にでも起こりますが、守れなかったなら、まだ堅実ではないということです。

弟子:憑き物がいる人が法輪大法を学びに来れば、憑き物は殺されるのでしょうか?
師:わたしたちのこの法は、こういった動物に聞かせないので、それらはこの場に入る勇気はありません。もし入って来たなら、ただちに処理します。わたしはいつも三日目に、学習者の身体を整理してあげています。

弟子:煉功して入静してから、何かの動物が自分に近づいたり、そばで様子を伺ったりするのが見えましたが?
師:それに構わないでください。もしそれがあなたに近づこうとしたら、先生の名を呼んでみてください。もしそれが好奇心のためにちょっと見てみたいのならば、気にかける必要はありません。あなたに近づくことは許されません。

弟子:第五式の功法の「柱状加持」を煉る時、両手の間にとても強い気流がありますが?
師:加持というのは、エネルギーの塊、つまりさまざまな功能を加持するのです。その大多数は球の形で、球状の功能であり、この類の功能は最も多いのです。功能は、何万という数にとどまりません。手のひらを向け合わせるのは柱状の功能を加持するもので、掌手雷など、レーザー光のようなものを出します。両手の間には非常に強烈な気流がありますが、敏感な人もいれば、敏感でない人もいます。

弟子:先生が言われる副意識は、一般にいう霊魂のことでしょうか?
師:過去の名詞をここで使わないでください。わたしは、現在の人体科学と現在のこの科学を結びつけて話しているので、とてもはっきりと説いています。三魂七魄やら、あるいは何々は、非常にあいまいなものです。あなたの五臓六腑はすべてあなた本人の姿かたちで、身体のどの細胞もあなた本人の姿かたちです。あなたのどの功の微粒子も、すべてあなた本人の姿かたちです。彼らの言う三魂七魄とは何を指しているのかは、非常にあいまいです。それに、あなたにはあなたの主元神や副元神もいます。先ほどわたしが話したことは決して迷信などではなく、現代科学でも、すでにこの問題を認識しています。マウスの細胞を切り取って、何かによって伝導させて、何千里も遠く離れるところでそれを受信したら、なんと細胞の画像にマウスの姿かたちが現れました。これはわたしが神秘めかして話しているのではなく、科学技術が今日まで発展してきて、迷信だと思われていた多くのものが、今はすべて科学によって実証されています。科学がそこまで発展していないもの、あるいは認識されてもまだ広く知られていないものが、存在しないとは限りません。

弟子:先生の講義中、前方に黄色の菊の花が見えました。何かの意味を代表しているのでしょうか?
師:あなたに見えたのは一塊ごとの黄色の光で、菊の花ではありません。その黄色の光の中は奥妙です。この学習者の根基は非常に良いのです。

弟子:わたしは科学技術者ですが、縁あって先生が伝授される法輪大法を遠路はるばる聞きに来ました。講義中に何度か先生の法身が見えとても嬉しかったのですが、しばらくすると見えなくなりました。歓喜心の結果なのでしょうか?
師:そうではありません。多くの人はぼんやりとする中でふと景色を見ましたが、それなのにどうして見えなくなるのでしょうか? あなたに見えた時、思想の中で見えたのだ、注意してよく見てみようと意識すると、すぐに消えてしまうからです。目で物を見ることがすでに習慣になっているため、あなたは注意して見てみようと思うと、目を動かしてしまいます。無意識のうちに天目で物を見る時は、目を開いていても閉じても同じなのです。目を閉じて見ることに慣れた人もいれば、目を開いて見ることが習慣になった人もいます。あなたが注意深く見てみようと思うと、目が動いてしまいます。目が動くと、この通路を通らずに視神経の通路を通ってしまったため、すぐに見えなくなります。つまり、あなたは今まだうまく使えないだけのことです。

弟子:それぞれ異なる人は、きっとそれぞれ異なる次元にまで修めることになるのでしょうか?
師:もちろんこれは絶対というわけではありません。皆さんにお教えしましたが、そこに忍の問題があるので、絶対というわけではありません。

弟子:海外の雑誌に先生の法輪大法を掲載し、宣伝するのはよいでしょうか?
師:法輪大法を広めることを、わたしはここ数年来、進んで行なったことがありませんが、すべて学習者が進んで行なったことです。わたしたちには原稿を書く人すら非常に少ないようで、新聞に載ることもあまり無かったようです。われわれの講習会がこんなに大きくなったのは、いずれも皆さんが身をもって利益を受け、法輪大法が素晴らしいと感じたからこそやって来たのです。今日一人が参加したら、次には家族全員が参加しに来て、その次には親戚友人までも連れて来るので、そのように多くなったのです。皆さん自身が素晴らしいと感じるのは、わたしに言わせると、これは最も説得力があり、宣伝より良い効果を収められます。もちろん、宣伝することも必要不可欠なことです。以前、わたしたちを助けてこの事を行なう人はあまりいませんでした。当然ですが、進んでやる人たちもわれわれの学習者自身なので、その事をしてよいのです。

弟子:もし家で犬を飼うなら、家で煉功することができますか?
師:こういったものは非常に霊気を得やすいのです。霊気を得ると、すぐに人を害するようになります。佛教には昔「殺さず、飼わず」という言葉がありました。このことを絶対的にみずに、どうにかしてうまく対処すれば大丈夫です。

弟子:この数日間、わたしはどこへ行っても、法輪大法の音楽が聴こえる気がしますが?
師:それは天耳通といい、とても素晴らしいことです。天上もこの煉功音楽を聞いています。

弟子:資料集に線を引いたり、注釈を書いたりすることは駄目なのでしょうか?
師:わたしの書いたもの、あるいはわたしが話したものに、皆さんはそこに線を引かないでください。特に『法輪大法』という本は、多くの天目が開いた人が見ると、金色の光を放ち、どの字もわたしの法身であると言います。人には業力があり、修煉して世間法を出ていない弟子の身体はやはり清らかではなく、あなたの身体がまだ高度な浄化に達していないため、一筆でも書いたら真っ暗になってしまいます。一筆一筆もあなた自身の姿かたちであるとともに、業力を帯びています。

弟子:わたしは一人の軍人です。時には一、二週間も出張して、煉功ができません。法輪は回収されるのでしょうか?
師:そんなことはありません。それはあなたの仕事だからです。修煉とは、修めることこそ第一であって、最も重要なことです。法輪大法の修煉者が厳格な心性をもって自らに要求し、普段とても良く行なっているのなら、仕事で一定期間外出しても、あなたの法輪や功は弱まらないばかりか、向上することさえできるのです。なぜでしょうか? わたしは話しましたが、本当にあなたの次元の高さを決める功は修によって出てくるもので、煉って出てくるものではないからです。動作と手法によって煉っても、ただ今あるものを強化して加持するだけです。出張で、半月間の出張から帰ってから見ると、その功はかえって高まった人が以前にもたくさんいました。どこへ行っても良い人になり、ずっとこの法によって自分に要求すれば、帰ってから、多く煉功して補えばよいのです。

弟子:戦争に参加したことのある人は、修煉ができますか?
師:ここで次のように問題を提起します。昔の宗教では、殺生して特に人の命を傷つけたなら、修煉することは非常に難しいと言いました。戦争の時代を経て来た人や、戦場に行ったことのある人は、この問題にどのように対処しますか? 皆さんに教えますが、わたしが説いた執着心を除去することとは、人が自分の主観的願望によって、私利私欲のため、常人社会で執着心のために行った殺生を指します。一方、戦争という類は天象の変化、社会の変化がもたらしたことです。あなたはただ天象の変化、社会の変化と運動の中の一分子にすぎません。もしその分子の作用がなければ、天象の変化も成り立ちません。そのために、このことを分けて別々にしなければならず、これは別々の事です。

弟子:聞くところによると、神話小説『西遊記』は修煉の本だそうですが?
師:それは修煉の本ではなく、それは生き生きとした修煉の過程を描いたものです。九×九、八十一の難、つまり多くの魔難に遭遇しますが、魔難の現われ方もそれぞれ違います。彼はそのような形の魔難に遭遇することを通じて修煉するのです。最後に、一つの難が欠けても駄目で、やはりその難を嘗めなければなりません。つまりそのような趣旨でしょう。

弟子:男性が足を組むとき、左足を先に組み、右足を後に組むのでしょうか?
師:男性が片足を組むとき、左足が上にあり、右足が下になります。女性は右足が上で、左足が下です。両足を組むとは、外側から下にある足を上げれば、両足を組むことになります。どうして男性は左足が上で、女性は右足が上なのでしょうか? 結印も同じです。男性は純粋な陽の身体に属し、女性は純粋な陰の身体に属するからです。煉功は陰陽のバランスをとることを重んじるので、煉功者の純粋な陰あるいは純粋な陽を抑制したり、増強したりして、陰陽のバランスを取れるようにします。女性であれば、陽を発揮して、陰を抑制するので、そのような作用があります。

弟子:ある日の朝、ベッドで横になりながら、わたしは目を閉じて先生の講法の録音テープを聞いた時、そばで誰かが話しているのが聞こえました。全身がとても重くなった感じがして、動くことができませんでした。続いて、あごの骨が誰かに力強く押された感じがして、もともとぴったりと閉じられなかった口は、自然に閉じることができました。その後、ほかの人にもあごの骨が低くなったと言われましたが?
師:それは数人の法身が、あなたの身体を調整してあげたのです。

弟子:鏡に向かって煉功している時、目を閉じていつも無意識に見える鏡の中の自分の影が、白黒写真のネガと同じでしたが?
師:天目が開いたばかりの時、物事が白黒に見えるので、白いものが黒く見え、黒いものが白く見えます。

弟子:静功を煉って足を組んでいるとき、耐えることはつらいですが、足を下ろしたくありません。先生の話を思い出すのは、意念を加えることになりますか?
師:それは意念を加えることではありません。先生の話を思い出すのは忍を増し、堅持しようとすることなので、それは意念ということではなく、精進の一つの現れです。

弟子:煉功点で、古い学習者がわたしの身体にものがいると言いましたが?
師:他人の言うことをむやみに聞かないでください。多くの学習者は天目が開いた後、自分の心から幻覚が生じても、憑き物と前世から持って来た形象をはっきりと区別できません。それに、その形象はあなたの主元神とは限らず、副元神の形象かもしれないのですが、彼はこういうことをまったく見分けられません。一部の学習者がでたらめに言うことを聞かないでください。区別できないのにでたらめを言うのなら、それこそ法を乱すことです。

弟子:解決できない難題にぶつかった際に、先生の写真を見ていると、先生の写真や法輪の周囲がきらめくことがあります。その時になると、わたしはいつも涙を流して、気持ちも晴れますが?
師:これは一つの現象です。真に修める弟子は、さまざまな現象に出会います。あなたに精進するようにと励ましているのです。

弟子:真、善、忍という基準を用いて、どの功法が正法か、邪法なのかを見分けることはできるでしょうか?
師:それはもちろんです。宇宙の特性は真、善、忍であり、わたしたちの功だけにあるものではなく、これこそが宇宙の特性なのです。わたしたちは真、善、忍に照らして修めているのです。真、善、忍の特性に符合しないものは、すべて邪なものです。

弟子:気機があるだけで、どれくらいの時間をかけて修煉すれば、法輪を形成できるのでしょうか?
師:それはあなた自身が苦に耐えられるかどうか、修煉する決心を固めたかどうかによります。もしあなたが本当に決心し修煉し、以前の自分の間違いが実際に分かっただけでなく、さらにいっそう良く行おうと思うならば、また法輪を与えるかも知れません。それもあり得ることです。つまり、こういった事は絶対的なことではありません。

弟子:修煉の道のりでたくさんの魔難に遭った人が、努力を通じて法輪大法を修煉することができますか?
師:縁があり法輪大法を修めたいと思うなら、誰でも修めにきて良いのです。しかし、修めたくないのに、無理強いして来させないようにと、わたしは強調します。興味がなく、信じないのに、あなたはどうしても行きましょうと言って、どうしても学ばせようとするなら、わたしに言わせると、これはいけません。

弟子:わたしには二十八年間、憑き物が憑いています。法輪大法を学んでから、今でもそれが離れませんが、どうすればいいでしょうか? 正果を得て成就することができるでしょうか?
師:これほど長い間憑いていても、あなたは追い払おうとしません。法輪大法を学ぶ目的は、それを追い払うことですか? それを追い払うために法輪大法を学ぶなら、求めがあり学ぶことです。この法を伝え出したのは、人に本当の修煉をさせるためですが、身体を調整して病気を取り除いてあげる目的も、すべてあなたに修煉させるためです。もしあなたが病気を治しに来ただけであれば、こういった事をしてあげるわけにはいきません。わたしが説いているのは一般の気功ではなく、さらに高い次元のものなのです。どのように対処すべきか、自分で考えてみてください。トラブルがあると、多くの場合、自分に問題があるからです。二十八年間どころか、二千八百年でさえも一瞬の事です。

弟子:普段は心性のことに対して耐え忍ぶことができるのに、夢の中ではどうして忍を守れないのでしょうか?
師:修煉がしっかりできていないからです。本当に修煉は非常に厳粛な事です。常人の中でたいしたことがないと思って、いい加減にしていれば、夢の中できっと関を乗り越えられません。

弟子:まわりの同僚や友人に関心を寄せ自発的に助けるのは、先生の言う無為でしょうか? 矛盾するでしょうか?
師:やはりわたしが言った言葉ですが、今、あなたにあらゆる有為の事を放棄させるのは不可能なことです。今のあなたはできるだけ悟って、できるだけ行なえば、次第に多くの事が放棄できるようになります。少しずつ実行してください。周囲の人に法を得させようと助けることは、別の事です。

弟子:大法輪を回すとは、どんな意味でしょうか?
師:それはすなわち大きな法輪を回す、ということです。どれくらい大きいのでしょうか? いずれにしても相当に大きいのです。わたしが大きな天体の中で法を正そうとすれば、それだけの大きな法輪を回すのです。

弟子:陰陽師は死者の魂が目で見えると人々は言っていますが、この人は天目が開いているのでしょうか?
師:いずれにしても、皆さんに教えますが、常人に見ることのできないものが見えれば、それは天目で見たものなのです。当然、この天目の主通路はここにあるのですが、ほかに山根の部位で見ている人も比較的に多いのです。もちろん、目を通して見える人もいます。

弟子:わたしは座禅する際に、時々上半身が後ろへ倒れ、座っていられないほど両足が上へ上がりますが?
師:それはわたしが話したように、脈を通すことです。後ろへ倒れるのは、あなたの体の前面がよく通っていて、後面がよく通っていないため、重く感じるからです。どちらもよく通るようになれば、体は上へ上がろうとして、空に舞い上がるような感じをもたらします。

弟子:煉功は専一にしなければならない問題ではっきりしないことがありますが、法輪大法を煉る人は、もとからある生活の興味を持つことができるでしょうか?
師:今のあなたはこのように行なってもよいのです。今すぐ七情六欲をすべて放棄するというと、あなたは出来ますか? まったく出来ません。なぜなら、一部のものはあなたの観念の中ですでに自然に形成されて、自分の良くない心理状態を察することができなくなったからです。つまり皆さんは修煉の過程で厳しく自分に要求し、さまざまな執着心を次第に取り去り、徐々に向上した時、自分が出した質問を思い出すと、あなたはきっと恥しくなるでしょう。

弟子:法輪大法は、異なる時期に人類に劫難がやって来た時、人類を救ったことがありますか?
師:わたしは次のように道理を話します。人類に危険な時期が来るにしても、あるいは劫難があるにしても、わたしはそれに言及しませんが、人類がこのように道徳を滑落し続けていけないことに、わたしたちは気付いています。滑落し続けることは確かに危険なのです。だからこそ、わたしたちは今日行なっていることは、皆さん考えてみてください。高い次元へ向けて功を伝えることはすなわち、人を済度することなのです。人類を救って良いことをすることは、どんなことでしょうか? わたしは自分の力でできる範囲のことをしています。あなたの聞くことは高すぎるので、はっきり教えることはできません。

弟子:忍とお人よしの違いはどこにありますか?
師:お人よしをどのように理解しますか? あなたはその基準をどのようにしていますか? 複雑な環境の中で、誰かを指摘するだけですぐに非難され、周囲に見えたのはすべてこのようなことならば、仕方がなく、事を全うするために軟らかな態度をとることになります。常人として、自ら他人の非難を買いたくないなら、わたしから言えば、この人はあなたが言うようなお人よしとはちょっと違います。能力があっても手を出さないと言うなら、これこそお人よしだとわたしは思います。一方、わたしたちが講じる忍というのは、自身のさまざまな欲望や執着を我慢して、不必要な煩悩を招かないようにすることで、これもまたお人よしと違います。

弟子:もし何か生命の危険に遭遇したなら?
師:あなたが本当に修煉する人なら、今後の修煉の道を按排するとき、こういったものを按排することはありません。すべての事には因縁関係があり、偶然に存在するものはないので、あなたにそれを按排しなければ、遭遇することもありません。それはあなたの修煉と何か関係でもありますか?  あなたの修煉と関係のないことを、わたしたちはできるだけ按排しません。本当にあなたを殺したら、それでも修煉できるのですか? ただし、修煉できない常人、あるいは努力しない人、三日坊主の人、それに法に従って自分に厳しく要求しない人、そのような人はまだ修煉者とはいえません。そうすると、常人が遭遇するはずのことに、彼も遭遇することになります。彼は常人なのです。

弟子:気持ちが落ち着かない時に、煉功できますか?
師:情緒が不安定な時、煉功してはならず、あなたも入静できません。ぷんぷん怒っていて、あなたは真、善、忍の忍をやり遂げられましたか? やり遂げていないでしょう? それなのにあなたはそれを煉ってどうするのですか? 違いますか? 忍は怒ってから耐え忍ぶのではなく、全く怒らないことです。

弟子:他人の思想がわたしの頭の中に入って来ることがあり、わたしは入静できず、ひどい時にはぐっすり眠れないのですが、これが良いことかどうか分かりませんが?
師:他人の思想を知ることができる功能があり、他心通とも言います。あなたが他人の考えが分かるのは本来良いことですが、自分を良くコントロールしなければなりません。今の人間の頭の中にはどんな悪い事でも考え、見知らぬ人でさえ、あなたに初めて会った時、良いことを考えません。そのため、あなたはできるだけそれらの事に関わらないようにしてください。例えば、わたしはここに座って、こんなに丁寧に皆さんに話しても、会場ではどんな考えも発する人がいるので、わたしはまったく感受しようとしません。

弟子:神通加持法を煉っている時、時々甘いものが口の中に落ちるのですが、何か分かりません?
師:それはあなたの周天が運行する時、脈から流れて来たものをあなたは感じたのです。すべてがこのようではなく、各人の状態はみな同じではありません。

弟子:目を閉じて入静すると夢と同じように、大脳の中で比較的に固定した風景や人物が現われて、古代のものがあったり、現代のものがあったりしますが、それは幻覚ですか?
師:それは幻覚ではありません。ほかでもなくあなたの天目が原因で引き起こされたことです。

弟子:人の執着心とは、一種の習慣的な思維のことですか?
師:一般の常人にとって言えば、それはすでに自然に形成されたのです。いずれにして口を開けば必ず個人の利益のため、頭が働けば個人の利益のためであり、自然にこうなってしまったのです。ただしそれは先天的なものではなく、後天に形成されたものです。こういった良くないものが多くなると、自分を次第に複雑な思想に変えてしまったのです。

弟子:以前、わたしは他の功法を練っていましたが、ある日『科学と気功』の雑誌を見ていた時、先生の写真が目に入ると、たちまち楽しい感覚が生まれ、突然ある種のものが百会から脳の中に入り、それで法輪大法を学ぶことに変えましたが?
師:それはあなたの根基がとても良く、大法を得る縁があったのです。あなたが好感を持ち、学びたいと思ったので、ただちにあなたを助けたのです。わたしの法輪はどこにでもあります。

弟子:法輪大法の書籍とカセットテープなどは、なぜ藍色を基調にするのですか?
師:別に特別な原因はありません。常人の目で宇宙を見ると、空は深い藍色で、青々としているので、わたしたちはその次元の趣を使っています。もともと法輪大法は、宇宙の特性や宇宙の演化の原理に従って煉り、これほど大きなものです。そこで、わたしたちは宇宙の色をこのような趣で表現しました。ただし絶対というわけではありません。この色はこの空間で人の肉眼で見るとこのようですが、他の空間では決してこうではありません。それに、他の色に変化したりもします。

弟子:神通加持法を煉る時、わたしは結印してから、煉功を始める時の手印をもう一度するときもあれば、ほかの動作をするときもありますが?
師:これは正しくありません。あなたにもう一度煉功を始めた時の手印を結ばせて、これは邪なものではないと見せますが、次にすぐさま邪なものを持ってきたのです。自分自身がはっきりと分かりながら修煉しなければならないと皆さんはくれぐれも覚えておいてください。わたしはこの話を非常に重く言っています。わたしは非常に強い功をあなたの頭の中に送っていますが、それでも駄目な人がいます。そのような人はなかなか歓喜心を放棄できません。何かの機がやってきて彼を誘導すれば、あらと、歓喜心が生じて嬉しくなり、それに従って練ってしまいます。それはあなたがはっきりと分かりながら練っているのですか? あなたは主観的に煉ろうとしているのですか? あなたは誰のために煉っているのですか? 煉功して誰が功を得るかという問題は、なんと深刻な問題でしょう!

弟子:先生が集団煉功を強調されるのは、邪な魔の妨害を避けるためでしょうか?
師:そうではありません。あなたにはわたしの法身があり、法輪もあって、あなたを守ることができます。つまりそういう意味です。集団煉功は、皆さんが何かの問題に遭遇するときに互いに切磋琢磨し、探究して、さらに高く向上できように、この目的です。

弟子:わたしは普段家で煉功する時、心性は比較的に平静ですが、少数の良くない信息に心を妨害されることもあります。一年来、ずっと先生にお会いすることを待ち望んでいましたが……先生、わたしには低霊の憑き物がいるのではないでしょうか?
師:法輪大法を煉っているのに、低霊の憑き物がいるのですか? それは生前の縁がもたらしたものです。あなたが大法を学ばずに、わたしに会いたいとばかり考えるのはやはり執着なので、そのために一年以上引きのばされましたが、まだ悟れません。

弟子:時々ベッドで横になっていると、突然全身が麻痺して、誰かに押さえられているかのように、手足の動きがとれませんが?
師:多くの人は煉功すると、手や身体が動けなくなることが起こり得ます。このような現象はとても複雑で、良い現象です。煉功する時、このような状態が起こり得ますが、定功と呼ばれる功があり、自分でも感じられます。そのために、手足が突然動かなくなる感じがする人がいますが、これは一種の現象です。もう一つの現象とは、あなたの主元神が身体から離れることです。それから、師父があなたの身体を調整してあげる時も、時にはあなたを動けないように固定させることもあります。

弟子:入静するため、先生の名を唱えていますが?
師:わたしは静かになれない原因を話しました。名を唱えれば、少し良くなりますが、一念が万念に代わる作用しか果たせません。根本的に心を静かにしようとするなら、執着心を取り去って、初めて達成することができます。

弟子:先生が説かれる真、善、忍の道理と、わたしたちカトリックの『聖書』の道理は同工異曲ですが、これはわたしが感じたことです。そのため、わたしはキリストを信奉しながら、法輪大法をやりますが?
師:大法に対して認識の過程があるのは許されることです。今後、あなたが分かってからにしましょう。

弟子:煉功中に、何かが自分を傷つけるのが見えた時、先生の名を呼びますが?
師:そうです。このようにします。煉功中に何か恐ろしいものが現れたときは、わたしの名を呼んでよいのです。しかし、呼ばなくても傷付けられることはありません。名を呼ぶこと自体は、大法と師父に対して信じているかどうかの問題もあります。実は法身がずっと見守っているのです。

弟子:今回、わたしは広州で法輪大法を学んで、帰ってから故郷の人を集めて一緒に学んでよいでしょうか?
師:もちろんできます。故郷の人を集めて学ぶことができます。もし学ぶ人が多くて、良くまとめたいなら、さらに皆さんを組織して、煉功点を作ることもできます。法を広げるとは、人を済度することです。

結語

 今日でこの法はすべて話し終えました。さらに多く話すことができるでしょうか? 分けてさらに話すことができますし、ここに一年座って話すこともできますが、わたしたちのこれからの修煉に役に立ちません。多くのことは皆さんに悟ってもらうことで、具体的な問題をわたしも皆さんに話してはいけません。具体的な問題を皆さんにすべて話してしまったら、あなたは何を悟るのでしょうか? あなたは何をするのでしょうか? あなたが修煉する機会や環境、条件さえも無くなってしまいます。ですから、皆さんが具体的な問題にぶつかったら、どうやってうまく対処するかは、この法に照らして行なわなければなりません。皆さんに話すべきことは基本的にみな話しましたが、ほかの講習会で録音したわたしの講義を参考にすることもできます。この十回の講義の期間に、わたしは皆さんにたくさんのことを話しました。この講習会でわたしは皆さんに責任を果たしたかどうかは、皆さんにも自らの公論があり、これらの事についてはわたしも話しません。わたしたちの講習会は全体的に見ると、終始一貫してとても良かっただけでなく、最後には圓満に終了したとわたしは思います。

 皆さん遠路はるばる地方からやって来た人は三千人あまりにのぼります。最も遠いのは黒龍江省、新疆の人で、四、五千キロ、八千キロ以上から駆けつけてきました。その道のりは非常に遠く、皆さんはとても多くの苦を嘗めたと思います。費用が足りず、毎日の食べ物はインスタントラーメンやビスケットで済ませる人さえいました。何のためでしょうか? 皆さんがここに来たのは、この法を学び、この法を得るためです。そうですね? 皆さんもこの法が貴重であると分かっています。もちろん、十回の講義の中で、わたしはできるだけ皆さんの要求を満足させて、できるだけ皆さんのために便宜を提供し、できるだけ多く話して、皆さんに理解できるように徹底的に話して、今後の修煉では皆さんは法を頼りにすることができるようにしたいのです。十回の講義の中で、皆さんはわたしが見るに、わたしは高い次元へ皆さんを導き、皆さんの身体を浄化する目的は、皆さんが今後において修煉できるようにしたいからです。そして、十回の講義が終ってからは、皆さん次第です。修めることができますか? 行なうことができますか? それはすべてあなた次第です。ただしわたしが言うには、皆さんがここに座っている限り、みな縁のおかげです。わたしが思うところ、あなたは帰ったらすぐに時間をかけて努力してみて、どうなるかちょっと観察してください。頑張れるなら、頑張りとおして修めていきましょう。どれだけ代償を出したとしても、その分だけ得られます。これは間違いないことです。
 
 われわれにはたくさんの経験があり、多くの学習者にも、自分が身をもって修煉した多くの体験があるので、皆さんに多くの経験とさまざまな教訓を提供できるとわたしは思います。要するに一言で言うと、今日ここに座っている皆さんはこの八日間、十日間、あるいはもっと長い時間を無駄に費やすわけにはいきません。真のものを得ようとすることは非常に難しいことで、ひとたび得たとしても、それを大事にしないなら将来に後悔しても間に合いません。中国人には「この村を過ぎれば、この店はないかもしれない」という言葉があります。そうではありませんか? つまり、この講習会によって皆さんは感じたかも知れませんが、わたしのような講義をする和尚、または修道者は一人もいません。わが国において、本当に高い次元へ人を導いて、本当に高い次元の法を話すのは、わたししかいません。全世界でもわたししか行なっていません。しかしいずれにしてもその目的は、こういった歴史時期に、人心が非常に複雑なこういった環境の中で皆さんに正法を得させ、本当に向上でき、修煉できるようにさせることです。あなたはたとえ修煉しなくても、この講習を受講してから、あなたはきっと良い人間になられると思います。わたしはそう信じています。

 多くの学習者は「先生、わたしはあなたの講義を聞き終ってから、自分の世界観も変わりました」とわたしに言いました。確かにその通りです。人々は今のような流れの中で、間違ったことを正しいこととし、悪いものを良いものとし、悪を善とし、観念まで形成してしまいました。人々が皆このような流れの中で執着して求める時、私はいきなりあなたの観念と全く異なる認識を話したら、多くの新しい学習者は聞いてから、それが良いと分かっていても、すぐにとてもはっきりと理解できるとは限りません。今後、あなたはさらに絶えず学び、煉功して、聞けば、やっと次第に理解して認識を深めることができるのです。そこでわたしも皆さんに、この講義を聞き終った後、何もかも忘れたりしないように希望します。帰ってから本を多く読み、録音を多く聞いて、はじめて絶えず向上することができるのです。

 これ以上、多くは話しません。最後に、皆さんに一言をお送りします。今後の修煉の過程の中で、もしあなたがとても耐え難いと感じた時、我慢しきれないと感じた時、わたしの言葉、次の言葉を思い出してください。どんな言葉でしょうか?「行い難きを行いうる。忍び難きも忍びうる」です。皆さんが大法の修煉の中で功成って、圓満成就できるように希望しています!


戻る

法輪大法の書籍