済南での講法 質疑応答

李 洪 志



弟子:煉功中に突然人を罵る言葉が思い付くのはどういうことでしょうか?
師:それはあなたによくない元神がいるか、あるいは思想業が影響を及ぼしているからです。憑依されてそうなる人もいます。他の功法を混ぜ合わせて煉ると、大抵このようなことになるでしょう。混ぜて煉ることをせずに、純粋に法輪大法を煉る人には憑き物はなく、大半は思想業が作用しています。

弟子:苦しみに耐えて修煉すること自体、ある種の執着ですか?
師:修煉するのは執着ではありません。修煉するのは返本帰真して、人の本性に戻ることで、それはあなたの本性なので執着ではありません。しかし、いつもあなたが佛を修め、圓満成就したいとか、今日はどのくらい向上したとか、私はいついつ佛になれるとか、口に出して話していたのなら、それこそ執着です。「煉功する心があっても、功を得る心なし」なので、ただ修めるだけで、このような願望があれば結構です。

弟子:講習会に参加していない人が法輪大法を学んでいます。先生の法身は彼の身体を乳白体状態になるまで浄化させるとともに、気機も得させますか?
師:講習会に参加しない人は私たちの学習者ではないので、私がその人を管理してどうするのですか? 常人を気の向くままに管理して、私は全中国人皆さんにこのようなものを植え付けて、それでいいのでしょうか? 自分で功を学び、本を見ながら学び、録音テープに合わせて学べば、得ることはできるのですか? 皆さんに教えますが、将来功を学ぶ形式はこのようになります。なぜなら、あなたを私の法身が管理して、私の本の中にも、ビデオテープや録音テープにもみな私の法身がいて、本当に修煉者の基準に従って行なうなら、その人も得ることができるからです。ただし必ず本当に正しく煉功者の基準に従って修めてはじめて、得ることができるのです。身体を鍛錬したいだけで、高く修めようと思わないなら、得ることはできません。

弟子:私は新しい学習者です。一ヵ月あまり煉っていますが、つばが出なくて舌は上あごにあてがいにくいのですが、先生にご指導をお願いします。
師:功を煉れば、何でもすぐに変えられるとは限りません。あなたの心性はどうですか? 煉功者の状態に達したいと思うなら、自分を変えて、心性の面から自分を変えなければなりません。私は法輪大法を煉っているのに、どうして病気は良くならないのかと言う人がいます。あなたは常人の中でまだ常人でありながら、動作だけをちょっと煉ってすぐに良くなりたいと思っても、それはいいでしょうか? 目的が正しくなければ、効果も違ってきます。

弟子:煉功に意念を加えると、法輪が変形することになりますか?
師:他の功法の意念を加えると、法輪は変形するに違いありません。あなた自身の乱れた考え方は、常人の執着心に属するもので、法輪を変形させたりしません。ただし、もし他の功法の信息を加えたりすると、手の動きだけでなく、もし思想の中にこのような意念の導引や、呼吸、あるいはその功法の考えを加えると、いずれ法輪が変形することになります。修煉は厳粛な問題なので、必ず専一に修煉しなければならないからです。

弟子:千年前にすでに円寂した僧侶の肉体がずっと腐らないのは、やはり高エネルギー物質によって転化されているからでしょうか?
師:実際、すでに高エネルギー物質によって転化されています。佛教では涅槃を重んじ、身体をつれて行くことを重んじないので、その身体はもう要らなくなったからです。もしその人が必要とするならば、その人の身体は早くから高エネルギー物質によって転化されるのです。例えば、九華山には三人の僧侶がいて、その肉体が数百年ないし千年経っても腐らないのは、すでに高エネルギー物質によって代えられているからです。その人はもう常人の身体でなくなったので、腐ることはありません。

弟子:元嬰を煉り出せる功法は、すべて正法ですか?
師:そうとは限りません。一部の功法は、初めは邪法ではなく、初めのときは比較的に良かったのですが、心性を修めないため、だんだん邪なものに変わってしまいました。それからその元嬰は溶けてなくなるかもしれず、なくならなくても非常に邪悪なものになります。功が出る形式で見てはならず、どんなものが出るかによって見てはいけません。どんな功法も心性を修煉しなければなりません。

弟子:下腹部の法輪は、来世になっても身に付いているのでしょうか?
師:私たちは来世とかを重視しません。私たちは常人社会の中で功を開き悟を開く目的が達せるように要求します。教えますが、高い次元に達してもさらに修煉することができますが、普通の常人が一定の次元にまで修煉して功が開いたら、止まってしまい、それ以上煉っても功は伸びず、それくらいの高さで止まります。しかしきわめて特殊な情況の下では、その空間で演煉し、功を伸ばすこともあります。将来、あなたが自らの法輪を修煉して出せるようになると、その法輪は永遠に役割を果たし、永遠に身に着きます。

弟子:先生はよく「真修」の二文字に触れられ、講義の中でも「真修弟子」について話されています。先生、解釈をお願いします。
師:「真修」とは、すなわち真正に修めるということです。このような意味です。 
  
弟子:「三花聚頂」の状態に達した時、頭上に二輪の花しかなかったのは、どうしてでしょうか?
師:そうだとすれば「三花聚頂」ではありません。功は、現れるさまざまな状態はあまりにも多すぎます。私が歩んできたこの道は、初期あるいは非常に浅い次元では、その功の変化は幾千幾万という形があって、覚えきれず、私もそれを覚えようとしません。それぞれの次元の身体の変化もやはり同じではないのです。

弟子:下腹部で生まれる形象は元嬰ですが、胸部にある形象は何でしょうか?
師:あなたは何か他のものを練っているのです。煉功者が本当に正しく修煉して何もかも放棄する時、私の法身はきっとあなたを助けてうまく処理します。もちろん、功が出る時、表皮の表面に佛の形象が現れ、多く現れ、動くこともありますが、それは物質的な存在であるため話ができ、動くこともできるからです。当然それはみな正常なことに属します。

弟子:学習者の金銭や物品を盗まれた時、あるいはいじめられた時、法輪大法は作用を発揮しますか?
師:すべてのことには因縁があります。あなたがお金をなくしたとしても、法輪が関わらないのは、おそらく原因があるかもしれません。法輪を使ってあなたの財を盗んだ人を懲らしめてやろうと、あなたはこう思っているではありませんか? それではいけません。あなたはその人に借りがあるかもしれないので、自分が損をすれば法輪を使ってその人を懲らしめるなんてことはいけません。そうすると、私は邪法を教えることになるのではありませんか? このような考えを働かせないでください。修煉する人は私の法身が見ているので、守るべき時に法身はきっと守ってくれます。

弟子:佛経をどう思われますか?
師:本当の佛経、釈迦牟尼が説いた経を私は認めています。しかし、すべての経書の中に、本当の彼のものは10パーセントもない、と釈迦牟尼は言いました。

弟子:私はある古代の陵墓に行って見ましたが、陵墓を見に行くのは法輪大法に対して影響がありますか?
師:影響はありません。しかし、こういったところにはできるだけ行かないほうがよいのです。こういったものの陰気はとても重いからです。その他に、どう言いましょうか、清くないところには私たちも行きたくなく、乱れたものはとても良くありません。それが墳墓です!

弟子:夢の中で、一匹の蛇が衣服の中にもぐり込んで来たので、私はそれをねじり殺しました。これは私の心性を試練させるための先生の按配でしょうか?
師:こういったものがもぐり込んで来たところを殺したのは正しいことです。これらの悪いものが憑依しようとしていますが、これこそ魔です。人類社会は今日まで発展して、それらにあまりにも酷く妨害されて、気功界はそれらにどうにもならないほど妨害されています。寺の中もやはり同じように、こういった類のものが災いしています。

弟子:法輪世界は元からあるものですか、それとも新しいものですか?
師:元からあるものです。あなたは妄想がちょっと多すぎます。

弟子:気功で病気治療をするのではなく、按摩や針灸などの手段を用いてはどうでしょうか? 気功書を除いて『山海経』や『黄帝内経』などのような本は読んでよいのでしょうか?
師:あなたはまだこれらの心を放下することが出来ていません。読む目的は何ですか? これらの本は大法を修煉する本ではないのに、それを読んでどうするのですか? その中から何かのものを得ようと思っているのですか? そうでなければどうして読むのですか? その言葉が素晴らしいと思ったなら、すでに受け入れたことになり、あなたの功も乱れることになります。昔の佛教や道教では、なぜ経書以外のいかなる書物にも触れさせなかったのでしょうか? 彼らのものが乱されることを恐れたからです。あなたが着実に修めることを守るため、このような問題に厳粛に対処しなければいけません。あなたの根本的な問題を解決してあげないといけません。では、どうしてあなたは厳粛にこの問題を見て、その心を放下できないのでしょうか? 私はこのような道理を話しています。修煉したくなく、ただこういったものを研究したいのであれば、自由に読んでください。私は常人に読ませないわけではありません。按摩や針灸をしてよいかどうかについては、あなたが漢方医であれば、診察して問題ありません。もしあなたが医者ではなく、そのうえ大法を煉っているのなら、病気を治療したいだけなら、そのような執着心は放棄しなければなりません。

弟子:法輪大法の学習者には、先生のほかにまた上師がいるのですか?
師:法輪大法の学習者の中に、先生と呼べるような人はいません。いずれも学習者で皆弟子です。皆学びながら修めています。将来、功を開き悟を開いた後でも、佛家の次元を表すような呼び名で呼ぶのです。法輪大法にも、ほかの上師はいません。

弟子:私たちの本当の母親は誰でしょうか? 彼女は私たちの共通の母親ですか?
師:あれやこれやと妄想を巡らせて、あなたたちはどうして私と同列に論じられるのでしょうか? 生命には二種類の来源があります。一つは、宇宙の各次元のさまざまな物質的な運動の中から生じたもので、わりと原始的ですが、ずっと今日まで伝わってきています。宇宙の運動はさらに生命を発生することができ、まだまだ発生しており、生命がそれほど長くないものもおり、歴史が非常に短いものもいます。もう一つの形式は、それぞれの次元で最初に現れたそれらの高級生命が生んだ人です。このような人は私から見ると比較的幸福であり、彼には母親がいるからです。先天的に生じた生命は母親がいないので、人々に母親がいることを非常に羨ましがっています。

弟子:正道の大法を追求するため、あちこちに先生について行って、講義を聞いてもよいでしょうか?
師:私についてあちこちに行って私の講義を聞く人がいますが、法を得るためなので、私もその心には反対できません。しかし、着実に修めることを皆さんは忘れてはいけません!  いつまで経ってもこのように私について行き、講義を聞くだけでは駄目で、あなた自身の心性を実際の修煉の中で練磨し、着実に修めなければいけません。私についていれば難がないと思っている人もいますが、それならあなたは何を修めるのですか? また、私が山に入ると思って私について山に入って修めようとする人もいます。そうすると、あなたは副意識を修めることになるのではありませんか? 二種類の修煉形式があって、自分を向上させてこの修煉過程を完成させたいと思うなら、あなたは必ず常人の中で一歩一歩確実に修めていき、法をよく勉強しなければなりません。

弟子:人類の起源についてお話していただけますか?
師:字句の行間はすべて知識を探求しています。あなたはやはりこのような心を放棄してください。私は人類の起源についてすでに話しました。生命は、宇宙空間の中で最初の物質運動の元で生じたのではないでしょうか?

弟子:形神全滅された人にとって、彼の元神はまだ存在するのでしょうか?
師:形神ともに全滅されてしまうので、まだ何が存在するのですか? まるでこの宇宙で彼は存在さえしたことのないようです。しかし、全滅される過程で苦痛と後悔は極まりないものです。我々の空間において、すぐに死んだように感じますが 消滅される時間場の中では、実に比べものがないほど長く果てがありません。

弟子:年配の女性に再び生理が来ることは、妊娠する可能性もありますか?
師:煉功するうちに身体が若い方向に転化するのは、あなたの命を修めるためで、決して常人の生活を送るためではありません。しかし、この問題も絡んでくるかもしれません。なぜなら身体全体が若い方向へ転化するので、これらの事に注意しなければいけません。

弟子:人に法輪大法を宣伝する時、考えは先生の説法の中の言葉を指針とするのか、それとも全体的に先生が話された真、善、忍を指針とするのですか?
師:私の法とはつまり私が話したもので、統一的なものです。私が話したものはつまりこの大法の中のものです。私がここで話しているものは個人の観点を話したわけでないので、皆さんも大法を宣伝する時、せいぜい本の中にはこうこう書いてあるとか、先生はどうこう話したとかしか言ってはいけません。最も良いのは本を読み上げることです。私の話をあなた自身の言葉として話してはいけません。そうすると、その効果に及ばないばかりか、しかも法を盗む行為にもなります。ただし、自らの体験を話すのはかまいません。それは法とは別のことです。

弟子:人々には蜃気楼が見えますが?
師:私に言わせると、それはただ偶然の行き違いであり、他の空間の景観が現れただけです。あちら側の建築も古風なものばかりでなく、現在のようなビルもあります。しかもあちら側の空間は移動できるものもあります。

弟子:善意の嘘をどのように思いますか、例えば○○さんの病気が危篤なら?
師:もし彼が癌になって、あなたは彼に本当のことを話したくないのなら、それはあなたが間違ったとは言えません。あなたの出発点は人のためだからです。当然、高い次元に達してから、あなた自身はその関係に正しく対処できると私は思います。病人に対して嘘は言うべきではありません。病人が苦しむのを恐れるのは、常人の中のこういう理ではありませんか? 高い次元まで修煉した後、そのような事ではないことに気づきます。苦痛は業を消去させ、来世は素晴らしいものを得ることになります。

弟子:尊敬と感激から、私たちは佛や菩薩と師父の法身に線香をあげて供養するのは、執着心と言えますか?
師:その一、それは尊敬の気持ちです。その二、実は人々は皆、それは形式上のものだと思っていますが、焼香が終わって立ち上った煙は、あなたが見たのは我々のこの空間の煙ですが、他の空間にも煙が生じます。こちら側で物質が消えたら、すぐにあちら側で生じるのです。彼らはこのようなものを使って彼らの法を演化させるので、彼らを供養するのは敬意だけでなく、このような一層の関係もあります。供養は、もしそうでないのなら、どうして供養と言うのでしょうか?
  
弟子:煉功者の身体に現れる佛の形象とはどういうことでしょうか?
師:正常なことです。功というのはこのようなもので、初期には米粒よりも小さいのですが、その後、ますます大きくなります。なぜなら身体のどの層の粒子も変わって、最後には佛体になるからです。

弟子:先生、法輪世界のことを話していただけませんか?
師:一部の学習者には見えたのですが、そこには山や川があり、高殿や東屋があります。詳しく知りたければ、修煉してください。

弟子:大法を伝えて衆生を普く済度する一部の大覚者のことが、なぜ昔から伝わっていないのでしょうか?
師:釈迦牟尼佛は、如来佛がガンジス河の砂の数ほど多いと言っています。一つ一つ皆話すことができますか? あなたが知るべからずことは、きっとあなたに知らせないのです。常人が何もかも知ったら、それは逆ではありませんか? あなたが佛になって、彼らが常人になることになってしまうのではありませんか? 常人にどうしてそれほど高くて深いことを知ることができるのでしょうか? 昔は、如来を越えたことを人に知らせなかったのです。しかも法輪世界はこの宇宙に存在していません。実は、釈迦牟尼佛は私たちのことや私の昔のことを話したこともありましたが、記載されたものあり、記載されたものもすでに無くなってしまいました。

弟子:憑依された人が、私の功を分散させたらどうしますか?
師:功を分散させるとはどういう意味ですか? それにはそんな能力はありません。あなたがふらふらしてこういったものを招き寄せ、こういったものが欲しいのならば、それは別の事です。あなたの心が動じなければ、それらはあなたを害することはできません。心の中で恐れるならそれこそ執着であり、大法に対して確固ではないということです。私の法身は、確固として大法を修める人にしか責任を果たしません。

弟子:普段目を開けていると、周囲に大小の法輪が回転しているのが見えるのですが、目を閉じた時には見えません。これはなぜでしょうか、どのようにしたらいいでしょうか?
師:目を開けるのと閉じるのは同じで、見る時の一種の習慣です。慣れればどちらでも見えます。
  
弟子:奇門遁甲や祝由科を研究することはできますか?
師:祝由科は低い霊魂や鬼や神などの類に属するもので、大法を修めるあなたはそれを研究してどうするのですか? 周易や奇門遁甲をあなたは研究したいのなら研究してもよいのですが、私に言わせれば、大法の弟子としてそれは適切ではありません。これらのものの一部は術類のものであり、一部は道家の最も低い次元のものです。どうすればよいか、あなた自身で判断してください。

弟子:佛教では「放生」を重んじています。放生すると、災いを消失させて長寿することができると思っていますが……?
師:こういったことはどれも有為なことで、修煉ではありません。そして放生してもしきれず、中に寿命の期限になるものもあって、意識的にこのようなことをするのはつまり執着心になります。私たちは無為を重んじますが、なぜあなたはどうしてもこれら有為の事をしたいのでしょうか? 鳥や魚を狩って、実のところそれらの人たちはもっぱらこういう事をするのです。誰かがそれを買えば、次回はまたそれを捕まえに行きます。あなたがそれを全部買ってあげて放生すれば、その人は明日さらにまた捕まえに行きます。あなたはそれでもまた買って放生しますか? その人を助けて悪事を働くことに等しいので、私に言わせると、できればこういう事をしないでください。今は佛教でもこういう有為の事をしています。釈迦牟尼が当時法を伝えた時、それらの形式はなかったのです。

弟子:私はある功を練るのを止めたので、掛図を焼やそうとしましたが、練りたい人に持っていかれました。それは良くないと分かっているのに、人にあげたのは不道徳ですか?
師:その人がどうしても欲しくて、すでに持って行ったなら、もうあなたは関わらなくても良いのです。人にあげるのは当然良くないことで、そのものはまた人を害します。

弟子:家にある師の法像には、時にきらきらと光る大佛が現れて、時には先生の表情がとても厳粛ですが?
師:その通りです。あなたが良い事をした時には、私の法身も喜ぶように見え、あるいは光を放ちます。あなたが悪い事をした時、法身は非常に厳粛になります。
  
弟子:親友が邪法を信じていますが、忠告して止めさせてもよいでしょうか?
師:止めさせてよいのです。邪道に入ろうとする彼を止めるのは、あなたが人を救っているのです。どうしても彼が信じるなら、無理に止めないでください。その人に任せておきましょう。

弟子:副意識が立ち去った後、主意識はどんな状態に置かれますか?
師:副意識が立ち去った後は、あなたにも分からず、どんな状態も起きません。

弟子:色欲の関門を越える時、ぶり返しが起きることがありますか?
師:そうです。きっと起きます。一度で超えられなければ、きっとぶり返しが起きます。あなたは今とても良く守っていますが、将来はどうでしょうか? また試練されることがあるはずです。

弟子:法輪大法の学習者は講習を修了してどれくらい経ってから、初めて男女が同居できるのですか?
師:夫婦二人が別居しなさいとは、私たちの講習会でも言っていませんよ! この心を淡々にして、生活の面では、今は正常な生活を保っていればよいと私は言っています。今はあなたをそのようにしか要求できません。学んだ後、あなたたちはみな僧侶になろうとして、僧侶でない僧侶、尼僧でない尼僧になろうとすると、あなたの煉功していない配偶者はきっと離婚を言い出します。法輪大法の弟子はみなこのようになってしまうのですか? つまり、あなたはあまり重く考えないでください。これから次第に向上すれば、どのように対処するか、あなたはきっと分かるようになります。

弟子:私は子宮の摘出手術を受けましたが、煉功に影響がありますか?
師:影響ありません。こちら側の物質空間の身体ではそれを取ってしまったのですが、あちら側では取っていません。

弟子:心性の修煉で一定の段階になると、いかなる良くない念も生じてはいけないのでしょうか?
師:心性の修煉の全過程に、あなたの良くない思想とさまざまな欲望を取り除いています。つまり、修煉過程においてそれを全部取り除いたら、どんな悪い思想も生じなくなったら、あなたの修煉も最後のところまでたどり着いたことになるのではありませんか? あなたはすでに圓満成就になったのではありませんか? それゆえ、修煉過程において、また現れてきます。良くない考えが突然現れてくるのも正常なことです。しかし、これらのものに注意しなければならず、それを排除するように注意しなければなりません。

弟子:法輪大法の学習者は、墓参りや重病の危篤病人を見舞うことができますか?
師:どうしても見舞に行きたいのなら見舞に行ってもよく、家族が誰も墓参りに行かないのなら、あなたが行ってもかまいません。ただし、あなたの次元が非常に高く、エネルギーが非常に強いときに、あなたが行くとそれらは恐れて、遠くまで突き飛ばされます。

弟子:私の孫は八才で天目が開きましたが、九才あまりでまた閉じてしまいましたが?
師:子供が自分をしっかり制御できなかったり、あるいは家の大人が注意せず、よく子供に見るようにさせ、子供の執着心を増長させたりすると、とても簡単に子供を駄目にするのです。教えますが、煉功する子供の多くは、とても根基が良いと私は見えています。あなたは彼を駄目にしてはいけません。あなたは修めて上に行けないばかりか、また彼を駄目にすると、あなたの罪はとても大きなものになるのです。

弟子:学習者は悪人から強姦された時に、殴り返してもよいのでしょうか?
師:本当に修煉している人は、こういう事に出くわすことはありません。修煉に対してメリットのないことは、あなたには按排しません。

弟子:家族が法輪大法を学ぼうとしているのですが、まだ学び始めていません。録音テープを聞かせても良いでしょうか?
師:法輪大法を学ぼうとする人なら聞いてもかまいません。勝手気ままに、大法を信じない人や大法を破壊する人に聞かせたり、責任を負わずに誰にでも聞かせたりするなら、私に言わせると、それはいけません。下手をするとカセットが壊れたり、テープの音声が消えたりするかもしれません。

弟子:先生の教えるこの功法は、どうして九回行う必要があるのですか?
師:佛家は「九九帰真」を重んじます。私たちのこの宇宙は、現在、九回の壊滅が発生しており、また新たに組み合わせられました。この宇宙の中の多くの事はみな、九という数字を最も大きな数字としたのです。

弟子:身体と頭部に固定した法輪があることはあり得ますか?
師:下腹部以外に、固定した法輪はどこにもありません。あなたの肩の上や頭の上にある法輪はいずれもあなたの身体を調整するもので、あなたにあげたものではありません。身体の調整が終わった後はもう必要ないので、すぐに去っていってしまいます。本当にあなたにあげたものは、下腹部のそれだけです。あなたは今後煉功すれば、自分のものまで煉り出すことができます。

弟子:天目が開いた後、先生のたくさんの法身が見える人がいますが、家の中にいる法身は一体しかあってはいけないと言う人もいます。
師:そうとは限りません。私の法身は実に多くて数えきれず、あまりにも多すぎます。

弟子:座禅する時に自分の過ちを深く考えたり、古訓を考えたりするのはどうでしょうか?
師:その古訓は修煉の法理ではないので、あなたがいつになっても古訓古訓と考えないでください。古代の人が話したことは必ずしも真理とは限らず、この宇宙の特性だけが善悪を判断する唯一の基準です。古代の人が話した善や悪も常人の中の基準です。もちろん、一部の人や聖人が話した高次元の哲理は悪くありません。あなたはこれらのものに執着しないほうが良いと思います。大法を修めるなら、私の法を指導として従わなければいけません。

弟子:天目が開いた学習者が先生の法身と会話して、先生の法身はたまに冗談も言うといいますが。
師:それはあり得ます。冗談か反対の意味の言葉を話してあなたに悟らせますが、ずばり何かの法を言ってあげたり、何かの事をしてあげたりすることはありません。

弟子:もし心性の関門を超えられなければ、法輪が変形することはありますか?
師:心性の関門が超えられなくて、法輪が変形することはありません。法輪と関係はありません。法輪が変形するのは、ほかの功法を混ぜ合わせて練ることでもたらされたことです。

弟子:法輪大法の拠点はいつ建てられるのですか?
師:まだその予定はありません。法輪大法の拠点は将来作り上げられたとしても、やはり専修弟子や出家者によって管理され、金銭を使いません。

弟子:先生の功身と法身には、どのような本質的な違いがありますか?
師:あなたたちには功身がありません。私の功身は今の私の姿かたちと同じもので、功によって構成されたものです。法身は私の体内から生まれたもので、法身も功と法によって構成されたものです。法身の姿かたちというのは、髪の毛は藍色でカールを巻いて、黄色い服を着ています。功身は私と同じ姿かたちです。

弟子:私の運命の中には結婚の縁がないようですが、常人の生活を経ていない人は、いつまでも正果を得ることができないのでしょうか?
師:そんなことはありません。もともとあなたはこれらのものを放棄できるならば、形式上からも、これらのものを放棄してよいのです。このような意味だと教えします。私が肉食のことについて話したように、もともと肉を食べない人もいて、このような状態が現れるかどうかに関わらず、彼は肉を食べません。それでも構わなくて、食べないなら食べなくても良いので、こういった執着は起こりません。

弟子:私の五才の孫は煉功していませんが、自分の両眉の上の方で法輪が回っているのが見えますが?
師:先ほど話したように、実はここに入ること自体が縁なのです。子供を連れて来た学習者もいます。多くの子供は根基がかなり良くて、この法を得るために来たのです。一部の子供の根基は相当優れており、得るべきものをすぐに得ることになります。一人が法を得れば、全家族が受益します。

弟子:午後に先生が法を話された時、体育館の大ホールの中央に巨大な、顔の見えない二人がそこに立っているのが見えましたが?
師:それは私の功身です。

弟子:夢の中で先生にお会いすると、私に両手の衝灌を教えてくれました。
師:それはすなわち私の法身があなたに煉功を教えたのです。

弟子:夜に法輪大法を煉る夢を見るのですが、副意識でしょうか?
師:あなた自身がそこで煉っているのをはっきり分かっているなら、あなたの主意識が煉っています。

弟子:時には抑えて耐え忍ぶことができましたが、心の中ではいつも不満で一杯です。
師:表では耐え忍ぶことができたのですが、心の中ではまだ放下してないのです、それもいけません。皆さん知っているように、羅漢という次元に達した人は、どんな事に遭遇しても心にかけず、常人の中の一切を全く気にとめず、いつもにこにこしています。どんなに大きな損をしても、にこにこしているのです。本当にそれができれば、あなたはすでに羅漢の初級果位に達しています。

弟子:法輪大法を煉るとともに、スポーツトレーニングを行なうことはできますか?
師:できますよ。練習したければ練習してもよいのです。あなたは今、何もかも放下できるのなら、修煉が成就したことになるのではありませんか? 煉功を続けることにつれ、あなたは自ら一部の事を気にかけなくなり、やろうと言われてもやりたくなくなります。

弟子:静功を煉るときに蚊に刺されて、手で掻いてもよいのですか?
師:掻いてもかまいませんが、できるだけ掻かないようにしたほうがよいのです。煉功している最中に掻いたら、身体の気機が乱れることになります。実際にこれはみな魔の妨害に属するもので、気にかけないでください。業を償うというのに、それでも良くありませんか?

弟子:法輪大法を煉ったら、太極拳をすることができますか?
師:出来ません! 太極拳はすなわち気功なのです。太極拳だけではなく、太極剣や八卦拳、形意拳などもすべて気功に属します。それでも練りたいと言うなら、練っても結構です。私は本当に学習者に責任を果たすために、このように要求しているのです。高い次元に向かって修煉するには、専一でなければなりません。どうしてもあれを練りたいと思うなら、練っても結構です。あれで本当に成就できるならそれでも結構です。あなたに法輪大法だけを修めさせようとしているのではなく、私はあなたに専一という問題を、厳粛に修煉のことに対処しなければならない問題を教えているだけです。太極拳も優れたものですが、その「心法」という部分は伝え出されていないため、身体を健康にすることしかできず、修煉することはできません。

弟子:最も低い次元で功を開いたら、法輪世界へ行くことはできますか?
師:低い次元で、とても低い次元で功を開くなら、法輪世界へ行くことも、より高い次元へ行くことも出来ません。なぜなら、彼らはこの高さまでしか成就できないからです。

弟子:労働組合に勤めているので、仕事の中で出向、人事異動はどうしても避けられないことで、どうしたらよいでしょうか?
師:どの階層にいても良い人になることができ、煉功することもできます。どんな仕事をするかは常人の中の仕事です。職場の規定に基づいて処理すれば、あなたに間違いがないと思いますが、問題を処理する時には、できるだけ善意を持って、人のために考えます。あなたはただこの大法の通りに行なっていけばよいのです。これらの具体的な問題でも私に聞いて、私に答えを求めるなら、あなたはどのように修めるのですか? 何を悟るのですか?

弟子:私の同僚と家族は講習会に参加したことはありませんが、彼らは日頃古い学習者と一緒に煉功してよいでしょうか?
師:自分を修煉者と見なすなら、得るべきものがすべて得られます。今日は講習会から帰って、自分を煉功者として見なさなければ、あなたは何も得ることはできません。

弟子:法輪大法を煉るには、どういった活動を禁止すべきか、どういった活動に協力してよいのですか?
師:悪いことを何よりもまず禁止し、常人の中で自然に修煉し、故意にトラブルを作り出さないようにします。法を広めることに利点がある活動に、協力してよいのです。

弟子:寺で仏事を行うのは、どういうことですか?
師:それは宗教形式なので、私たちと関係ありません。

弟子:どの程度まで修めれば、法輪世界へ入ることができますか?
師:修煉が成就するまでです。

弟子:法輪大法を煉ると、ディスコで踊ってもよいですか?
師:あなたが絶えず高まるに従って、ますますそれは面白くないと感じます。そして最後には、こういったダンスは魔性を帯びていることに気付きます。

弟子:煉功する時に、自分が非常に小さいと感じる人がいますが?
師:そうです。もともと元神が小さい人がいて、元神が泥丸宮の中にしゃがんでいると、とても小さく感じます。しかしこの身体は大きくなることができ、時には自分がまるで天に届くほど大きくなるとも感じます。どれも正常なことです。別の空間の身体は変化することができるのです。

弟子:ほんの小さな事でもかんしゃくを起こす人がいますが、功が伸びることはできますか?
師:小さな事でも乗り越えられなかったら、それでも功が伸びると思いますか? 私たちは自分を煉功者と見なさなければなりません。たまに小さな事で怒っても、あなたにあまり影響しませんが、いつもこのようであればいけません。あなたは向上しなければなりません

弟子:「文芸の窓」第四号と、先生の大法の観点は一致しますか?
師:それと私の法を同列に論じることはできません。私の法とはすなわち、私が話した内容に基づいたもので、他のものは何もありません。「文芸の窓」は、文学や芸術の観点に立って書いたのです。芸術は、実人生に由来しながら実人生を超えると言われ、何かのものを原型にして少し誇示するとか、その手法を使って表現するとかをします。皆さんはくれぐれもそれに照らして煉らないでください。それに指導されてはいけません。それは芸術作品なので、中には虚構のものがあります。修煉するなら、この法の指導に従ってください。
 
弟子:先生はチベット佛教の経典を見たことがありますか?
師:チベット佛教はまったく見ません。漢地の佛教経典も見ていません。

弟子:静功を煉る時に両手で結印すると、顔と肩は緩めることができません。結印をしなくてもよろしいでしょうか?
師:両肩を緩められないことが正常なことで、エネルギーがぐるぐる回る時に、一種の磁力が生じて、吸い付くことになります。結印しなければ駄目です。やるべきことはしっかりやってください。結印しなければ、このようなエネルギー流が発生しません。エネルギー流が通らないなら、どうやってあなたとあなたの功を演化させるのですか?

弟子:以前の気功の本はどのように処理をすればよいでしょうか?
師:どうすればよいか、あなたが思うように処理してください。あの魔は、徹底的に消したほうがよいと私は思います。

弟子:先生は何々の佛に代わって事をなしているのですか?
師:私には私の事があり、彼らには彼らの事があるので、誰も代わりになることはできません。法を伝え人を済度するこの事は、誰かが代わりにできるものではありません。

弟子:私は煉功の時に続けてあくびが出ますが?
師:あなたの頭を調整するときに起きた現象ですが、あるいは煉功すると、多くの気が頭に行くときにも、このような状態が起きることがあります。とても正常な状態です。

弟子:神通加持法を煉って手印を結ぶ時、前腕に力を入れるのですか、それとも上腕に力を入れるのですか?
師:手印を結ぶ時の特徴は、前腕が上腕を導きます。しかし道家功法の多くは武術から由来したため、その動作に上腕が前腕を導くことが多いのです。手印を結ぶ時は前腕が上腕を導き、前腕が動いて、方向を変えながら上腕を動かしているので、前腕に少し力を入れます。

弟子:寝る時に意識がはっきりしながら、機に従って動作をやり始めました。結んだ手印はとてもきれいなものですが、これはどういう事でしょうか?
師:これは歓喜心が起きてもたらしたことです。もしあなたがした動作が私たち法輪大法の動作でないなら、すぐに止めてください! ほかでもなく魔があなたを妨害し、あなたの功に乱れたものを加え、あなたを駄目にさせようとしているのです。それゆえ、私が教えていない動作をしてはいけません。あなたに教えますが、大手印をくれぐれも結ばないでください! するなら、魔はあなたを妨害し、からかって、害し、中にものを加えるに違いないのです。歓喜心を起こさないでください。こんな小さな事においても心性を制御できなかったなら、将来、功が高くて能力が大きい人を見て、すぐについて行ってしまえば、あなたの修煉も終わりです。

弟子:「正果」とはどんな意味でしょうか?
師:正果すなわち、正法の中で修煉して功を成就させて円満に達することで、すなわち正果を得ることです。正果には果位の区分があり、羅漢果、菩薩果、それに佛果、すべて果位と言います。

弟子:夢の中や入定の中では、菩薩の真偽、あるいは法身の真偽をどう見分けるのですか?
師:偽りの法身ならば、どのように変化しても私に似ることはありません。あなたが注意して見てみると、似てないことに気づきます、それほど似るようには変化できません。本当に識別できないなら、私の名を呼んでもかまいません。菩薩のことになると、判別し難いのです。

弟子:補導員の間で団結せず、トラブルが起きる補導站もありますが?
師:私たち法輪大法の中では、このような現象は多くないようです。補導員の間で異なる見解があることは、心性を向上させる機会でもあります。私たちには団結などの言い方もしませんし、心性を修煉し、自らが修煉することを重んじ、良くできていないなら、その人個人の問題です。人に対して怒ったり、人の悪口を言ったりするのも、善し悪しはすべて自分にあり、そのようにする人は自分を修めていると言えません。そのようにする人は心性が良くなく、少なくともこの問題において、彼は良くできていません。

弟子:私は古い学習者です。今回の講習会で、突然私にある種の力が働き、私に法輪大法を放棄させようとして、私は確かに良くない考えが生じたのですが?
師:そうだとすれば、あなたがそれに勝ったということです。そのような情況が発生する前と発生した後に、大法の修煉を断固として、自分をはっきりと見分けて、そういうことは思想業力や憑き物がやったとはっきりと見分けてください。それは自分でないとはっきり見分けられると、私の法身もあなたを助けて、それらを取り除きます。

弟子:集団煉功と個人の煉功の効果は同じですか?
師:同じです。集団煉功は主に皆が一緒に切差琢磨し、向上を早くさせます。あなたの煉功の興味を強くさせることもできます。一人で煉り、門を閉じて煉るのは、何かと情報に疎いようです。このようですが、実はどちらも同じことです。

弟子:煉功することが人に理解されず、我が道を行くということはできますか?
師:最低限人に理解してもらってください、いつも常識をはるかに超える言行をしてはいけません。この問題に注意すべきです。常人の中であなたは常人と同じようにして、表面上は人と人との間には差がないように注意しなければなりません。ただ自分の心の中では修煉して、あなた自身を向上させています。

弟子:下腹部で両手を合わせる時、両手が触れると功が減少しますか?
師:手は触れてはいけません。功が減ることはありませんが、機が乱れやすくなります。あなたが煉功するのは気機を強めるためです。

弟子:座禅した後に精神が不安になり、性格もちょっと変わったのですが?
師:このような情況が現れる場合、あなたは大法の修煉に動揺せず、自分をしっかりと制御して、同時に自分と思想業力をはっきり見分けてください。

弟子:法輪大法を煉ってからしばらく経って、足がますます硬くなる感じがするのですが、どういうことでしょうか?
師:二種類の情況があります。一つは、学習者が煉功している時に間違ったことをしたからです。もう一つは、長い間、煉功だけをして、煉功者の基準に従って行なっていないためで、心性が上がっていなければ、このような情況が現れます。もし煉功の中に自分が後退した、もしくはどこか変だと気付いたら、心性から探せば、あなたにはきっと変化が起こります。

弟子:人の思想の闘いは主意識ですか、それとも副意識ですか?
師:副意識、人のさまざまな観念、思想業、憑き物はみな思想の闘いを起こすことがありますが、普通、修煉者の場合、ほとんどは自分の観念です。あなた自身の観念と思想業は消滅されるときに闘うので、これでも駄目あれでも駄目と、あなた自身の思想の中に生じた状態です。
  
弟子:性格は主元神が決めるのですか、それとも親の性格が遺伝するのですか?
師:人の性格は親と直接関係がありますが、あなたの元神が主導的な作用を及ぼします。しかし、親が持つものも、一定の作用を及ぼします。

弟子:『文芸の窓』に載った「神通大法」という文章は、師父の許可を頂いたのですか?
師:原稿を審査したこともなく、私に声もかけていません。こういったものは文芸作品にすぎないので、気にかけないでください、それは単なる物語の形式です。将来、必要とするなら、私は自分の修煉過程と行なったことを伝記に書いて、皆さんに残すこともできますが、今はまだできなく、機縁はまだ来ていないのです。その中に非常に次元の高いことがあって、公開したら受け入れられない人がいるからです。

弟子:生活のために株の売買をすることを、どのように取り扱いますか?
師:あなたは商売をすればよくありませんか、株を売買すること自体は賭博であり、人のお金を手に入れるのです。株の売買で破産した人もいますが、彼の気持ちがあなたに分かりますか? 修煉者は決してこういうことをしてはならず、それをすると、またどのように心を修めるというのですか! またマージャンについて、マージャンをすることはできますか、先生、私は賭博をしてもいいでしょうかと私に聞くのと同然です。煉功者の心性をどのように評価しますか? 自分はこの大法の通りに行なっているのですか?

弟子:ある煉功者は、本来の私はキツネであると言ったので、煉功する時に私はいつもキツネを思い付きますが?
師:その人の言ったことを聞かないでください。彼はキツネに憑依されているかもしれません。彼はあなたが何だと言ったら、あなたは本当に何になるのですか。皆さんに教えますが、あなたの元神が前世に何であってもそれは重要ではなく、現世で修煉できるのは現世のことです。一定の次元まで修煉すると、あなたのこういった良くないものや信息もみな取り除くことになり、大丈夫です。今日この法をここまで皆さんに教えていますが、人が人に転生するのはあまりなく、六道輪廻はつまりこのようなことです。

弟子:寺院に行って、黄色い布に印刷した魔除けを買ってよろしいでしょうか?
師:それ自体はほとんど邪悪なものです。家の中にこんなものを供えてどうするのでしょうか? 何が魔除けですか? 末法時期は寺の中も非常に乱れています。釈迦牟尼は、こういった法が乱れる有為のことを決して弟子に教えてはいませんでした。憑き物に憑かれている僧侶もおり、金儲けのためにそのようなものを売っているのです。もしそのようなものに憑き物が憑いたらどうするのですか?

弟子:先生が与えてくださった法輪と、自分が煉り出した法輪にはどのような違いがありますか?
師:あなたはまだ煉り出せません。まだしっかり修めなければなりません。功が成就して円満してこそ、初めて自分の法輪が持てます。

弟子:禅宗の「観心」という方法は、入静する助けになりますか?
師:それならあなたは禅宗を修煉することになります。あなたに教えますが、何も考えずに私たちの修煉方法に基づいて修煉してください。多くの修煉方法は副意識が修煉しているのです。禅宗の慧能以降は、法を修めることは乱れてしまい、ますます極端に走って、ますます複雑になったので、上の方でも認めなくなりました、それなのにあなたはどうして禅宗に基づいて修煉するのですか? 宗教の中でどんな門派も、互いに妨害し、互いに混ぜ合わせて修めることはできず、不二法門を重んじるのです。今日まで私の説法を聞いてきたのに、あなたはどうしてまだこのような問題があるのですか? このようにしてはいけないのではありませんか?

弟子:法輪を変形させた人もいますが、どうしたらよいでしょうか?
師:法輪が変形したら、大多数の場合、その人は修煉できなくなります。ある意味で言えば、彼が悪事、大きな悪事を働いたことになるためです。しかし過去に、変形して調整してきた人もいましたが、そのような調整してきた法輪は、当初私が植え付けてあげた法輪と違います。あなたに植え付けたのは法輪を形成するその機なので、今後あなたはゆっくりと修めて得てください。いつもあなたにあげるわけにもいきません。あなたの煉功につれて、その機は再び形成することができますが、しかしあなたは多くの苦を嘗めなければなりません。

弟子:煉功中に、大地が回転している感じがしたのですが?
師:正常なことです。山が揺れ、地が動くのはどれも正常なことで、しかしあなたの体は動いていません。

弟子:天目が天眼の次元で開いたら、法輪が見えますか?
師:見えません。慧眼の次元でなければならないので、私はあなたの天目を慧眼の次元に開けてあげます。法輪は別の空間に存在するからです。

弟子:以前、○○功を練ったことがありますが、法輪大法に影響はありませんか?
師:以前どんな功を練ったとしてもかまいません。講習会の場では、すでにあなたに調整を済ませてあります。本当に大法を修煉するなら、たとえ講習会に来て私に調整されていなくても、法輪大法の煉功場で本当に修煉したら、同じように調整を受けることができます。

弟子:私は日頃、人の頭を按摩して、頭痛を治してあげることを好んでしていますが?
師:煉功者の基準について私は話しましたが、煉功者として、良いと思うようにやれば結構です。病気を治療するなら私の弟子ではありません。

弟子:講習会の時に座禅していると、先生の法身と他の景象が見えましたが、講習会が終わってからは見えなくなりました。先生の法身が立ち去ってしまったのですか?
師:その場でのあなたの心理状態はとても良く、一定の基準に達したからです。終わってからあなたも緩めましたが、勇猛に精進して上へ修めなければなりません。天目が修復される時にも見えなくなりますが、あなたの執着心を取り除くために行なったのかも知れません。

弟子:私は、先生と法輪大法の本を書きたいのですが、どうかご許可を・・・?
師:私は、人が私のことを書くのは好みません。私はただこの法を伝えて、皆さんに法を学ばせているだけです。

弟子:私は医者ですが、針灸を学んだことがあります。針灸で治療することはできますか?
師:漢方医と西洋医が病気を治療することは正常なことです。私が言ったのは、功を使って病気治療をしてはならないということです。

弟子:私の娘は十一才ですが、講習会に参加したことがありません。以前は病気があり、成績も良くないのです。私が講習会に参加することによって、子供の病気は良くなりました。しかし気性は少しも改まっていません。
師:それは子供に少し教える必要があります。彼女に私が話した道理を教えてあげてください。十一才なら法を学ぶことができます。


結語

 さらに多くを話す必要はありません。なぜなら、話すべきことはすべて話したと思うからです。以前の数回の講習会で話さなかったことを、今回の講習会ですべて話しました。私が思うには、この功を伝えることはほぼ終わりに近くなり、皆さんに本当のものを残し、皆さんが今後の修煉において、この功と法が皆さんを指導することができるようにしたいと思います。法を伝える全過程で、皆さんに対しても、社会に対しても責任を果たすことを旨とし、このようにしてこそ良い効果を修められます。実際、私たちもこのような原則に基づいて行なっています。結果の善し悪しについて私は話したくありません。なぜなら、結果はどうとか、私が行なったことはどうとか、皆さんに責任を果たしたかどうとかは、在席の皆さんにきっと公論があるので、私はこれ以上これらのことについて話しません。当然ですが、私の願望は、これを伝え出し、より多くの人に受益してもらい、本当に修煉したい人が上へ修煉できるようにすることです。同時に法を伝える過程で、一人の人間としてどのようにするべきかの道理も話しました。講習会が終わってから、大法に基づいて修煉できない人は、少なくとも良い人になるように願います。実は、どのように良い人になるかは、あなたはすでに分かっていると思います。たとえあなたがここで修煉しようと思わなくても、これからは、きっと良い人になるに違いありません。こうなれば、我々の社会に対しても有益です。

 功を伝え、法を伝える過程では、当然順調にいかなかったこともありましたが、いろいろな方面からの妨害も非常に多かったのです。しかし済南では、主催部門と体育館の指導者の方々、省や市の気功協会の各方面の指導者の大きな支持によって、私たちの講習会は比較的に円満に行なうことができました。講習会の中で私が話したことすべては、皆さんの煉功を指導し、高い次元へ修煉するように指導するためのものです。過去の説法の中で、これらのことを話した人はいませんでした。認めようが認めまいが、今日、私が話したものは非常に明快なもので、現代科学と現在の人体科学と結び付けて話しているので、過去の説法のように、言葉を曖昧にしたものとは違います。私はとても明白に話をして、またとても高い次元のものを伝えています。それは主に皆さんに修煉をさせ、あなたが将来本当に次元が向上し修煉していくためですが、これが私の出発点であります。

 われわれが功を伝える過程の中で、多くの人は、法は素晴らしいが実行するのは難しいと思っているようです。私は、難しいかどうかは実は人によると思います。ごく普通の常人で、修煉したくない人にとっては、修煉はとてつもなく難しく、不思議なもので、成就などできないと思うでしょう。常人で、修煉したくない人なら、非常に難しいと思うのです。本当に修煉しようとする人にとっては、とても易しいもので、高くて届かないようなものではありません。実際ここにいる多くの古い学習者や今回は来られなかった古い学習者は、すでにかなり高い次元まで修煉しています。私があなたにこれを話さなかったのは、あなたに執着心が生まれたり、いい気になったりして、それによって、あなたの功力の向上が影響を受けるのを心配したからです。本当に修煉を決意した人にとっては、耐えることができ、さまざまな利益を前にして、執着心を放下することができ、それを見ても淡泊になれます。こういうことを真に実行するのは、難しいと思う人がいます。難しいと言う人は、こういうものを捨てられないからにほかなりません。功法を修煉すること自体はそれほど難しくなく、次元を向上させること自体には、それほど難しいところはありません。人間の心を捨てられないから、難しいと言うのです。なぜなら現実の利益の真っただ中で、心を捨てることは至難だからです。利益がすぐここにある時、心をどうして捨てられるでしょうか? 難しいのは、実際その点にほかなりません。人と人との間にトラブルが起きた時、そこに居合わせたわれわれがどうしても我慢できず、自分を煉功者として律することすらできないようでは、話になりません。実は一人の煉功者として、試してみてください。私が昔修煉していた時、多くの高人がこんなことを言ってくれました。つまり、このことがとても難しくみえても、忍び難きを忍びうります。行い難いようですが、行ない難きも行ないうります。実際その通りです。皆さんは帰ってからぜひ試しにやってみてください。本当の劫難に直面した時、あるいは関門を乗り越える時に、試しにやってみてください。耐え難いものに耐えてみてください。乗り越えられそうもないと見えても、行ない難いと言われても、本当にできるかどうか試しにやってみてください。もし本当にやり遂げられれば、きっと「柳暗花明又一村」というように、眼前に新たな世界が開けることに気づくに違いありません! 

 あまりにも多くのことを話してきました。あまり多く話しましたので、皆さんは覚えるのが難しいかも知れません。そこで皆さんに特に一つだけ要望があります。皆さんがこれから先の修煉において、自分を煉功者としてあつかい、本当に修煉し続けてほしいということです。新しい学習者も古い学習者も、大法の中で修煉し、みんな功成って圓満成就できるように希望します! 今回の講習会はこれで終わります。皆さんが帰ってからも時間を無駄にせず、着実に修煉するよう切に希望します。ここまでにします。



戻る

法輪大法の書籍