広州で全国一部分の輔導站責任者に対する説法

李 洪 志

一九九四年十二月二十七



 われわれの輔導站は相次ぎ各地区で自発的に設立されています。多くの人は他の地方で講習会に参加してから、この功法をとても良いと感じて、この功法を現地の人々に伝えたいと思い、公園で積極的に功を教えたり、あるいは他の方法で功を伝えたりして、法輪大法の影響がますます大きくなるようにしました。皆さんは多くのことを行ない、多くの貢献を成し遂げました。総じて言えば、より多くの人に法を得させたい、より多くの人に向上してもらいたい、より多くの人に受益させたいと思って、皆さんはみな良いことをしています。輔導站は相次いでたくさん立ち上げられ、将来はますます多くなります。こうなると、如何に管理するかの問題に直面してきます。これは将来の一つ重要な問題です。そのため、この時期に皆さんに集めてもらい、この問題について話してみたいと思います。

 われわれの輔導站の管理について、以前からずっと明文の規定があります。皆さんご存知のように、法輪大法を学ぶことに関して、何かの行政手段を採って、無理やりに人を学ばせ、人に役職を与えて望みを満足させたり、いくらかのお金を稼がせたりするようなことは、われわれには一切ありません。皆さんはすべて自ら志願して行ない、この法を学びたい、より多くの人に受益してもらいたいと思い、熱心にこの仕事を取り組んでいるのです。つまり、何の付加条件もなく、しかもこの仕事のためにたいへん苦労しており、ただ人々のためによい事をし、無報酬で貢献しているのです。もちろん、無報酬というのは、常人の角度からの言い方で、私に言わせれば大法を広めることは功徳無量のことです。われわれは以前すでに何回も規定を定め、本の中でも輔導站を立ち上げる条件を示しました。われわれが輔導站を設立するには、社会のどの職場や、会社や行政機関のようなものにせず、われわれはこのようにしません。これは我々の最も重要な特徴です。なぜこのようにしないのでしょうか? それは人に何かの事業をやりたいという心を助長させやすく、この心を起こしやすいからです。それに、また幾つかの問題も関連しています。もしわれわれの輔導站は一つの職場のようになってしまったら、多くの問題に関わるようになります。例えば事務所の賃貸にお金、電話の設置にお金、水道料、電気代すべてにお金が要ります。そうしたら、この資金はどこから来るのでしょうか? 皆さんはすべて無償で功を教えており、われわれは会費も取らず、お金も徴収せず、完全に自らの意志によって無償で行なっており、われわれはそのようにしません。本当に修煉するにはそのようにしてはいけません。釈迦牟尼は当時法を伝える時、人にこの心を起こさせないために、弟子を連れて出家して、寺院の中に入って修煉していました。彼はこのように行なったのです。他の一部の宗教、例えば西方の一部の宗教はこのようにしませんでした。このようにしませんでしたが、実質上は名や利に淡泊になるように言及しました。つまり、我々が真に修煉し、向上したければ、この素晴らしい事を行ないたければ、このことを経済団体にしてはならず、職場のようにしてはいけません。皆さんはくれぐれもこの事に気を付けてください。

 その他、この中にはもう一つの問題があります。このことでお金を儲けたり、お金を稼いだりするなら、それでは完全にこの法を破壊してしまうことになります。法は人を済度するものなので、経営や商売に使われてはいけません。また、以前多くの気功師は病気治療や健康相談を行ない、少しお金も稼ぎました。他の功派の中でこのように行なっているものもあります。それに、お金がなければ道を養うことができないと公に称える人もいます。実際これらはすべて間違った言い方です。中国古代の修煉者はみな大金持ちだと思われているようですが、実は彼らは一文もありません。もちろん、われわれはあなたが金持ちになるのに反対しているのではなく、この問題に関して私はすでに話しました。あなたは職業として仕事をしっかりこなし、多くのお金を稼いでもかまいません。これは常人の中の事です。われわれは修煉過程の中で如何にこの法を守り、この法が変わらないようにし、ずれないようにしなければなりません。今日皆さんはこのように学ぶだけではなく、将来の歴史においてもかなり長い間残ることになります。皆この法を学び、この法に従うので、もし最初からしっかりしなければ、初めからすでにずれてしまっては、将来には完全に面目が変わってしまいます。皆さんが知っているように、私のところでは、私個人のこの方面で、できるだけしっかりし、如何なるよくない事、よくない現象をも生じないようにしています。将来各地の輔導站も同じで、あなたが行なったこれらの事は法輪功を代表しており、ある意味では法輪功の形象の体現でもあります。皆さんは必ず自らの形象、仕事のやり方に気を付け、法輪功に泥を塗らないようにしてください。もし会社を興し、お金を儲けるようにするなら、私に言わせればそれはもう法ではなくなります。金銭や物質、利益に関わると、あなたは多く儲けたとか、私が儲けたのは少ないとか、私が多く仕事をしたから多くもらうべきだとか、如何に清算するとか、社会ではあなたに分担金を求めるとか、等々のことが現れるはずです。もし本当にこの形式になってしまえば、それは修煉ではなくなり、完全に一つの会社になってしまうので、これは絶対に駄目なのです。
  
 我々は今日この法を伝え出すにあたって、伝え出すことができるのは、我々がしっかり把握し、それが変な形にならないように、ずれが起きないようにすることができるからです。もしわれわれが最初からしっかりできなければ、後世の人々によってどのように変わるかまったく見当もつきません。昔は李洪志がいた時にどのように行なったのか、今も同じようにしましょうと、後世の人々はそう思うでしょう。私がいる時には、皆さんの間違いを正すことができますが、いなくなれば、変な形になってしまうかも知れません。ですから、初めから我々はこうするように厳しく要求し、実体を行なわないようにしました。われわれの功派の管理において、輔導站はお金を貯えず、完全に無償で指導するのです。我々も団体、派閥を作らず、皆さんは無償で民衆、より多くの人々のためによい事を行なうだけです。

 修煉したい人がいれば、我々は彼を指導し、我々自身も修煉者です。つまりこのような原則です。ですので、輔導站を設立しても、事務所や電話など、あれこれがほしいと思うべきではなく、このようにしません。こうしてはいけません。われわれの一部の輔導站は今ある条件を利用して、自宅や自分のオフィスを利用して、非常によく行なわれています。条件は如何であっても、どのように行なわれても重要ではありませんが、肝心なのは法に対する理解と法に対する認識なのです。堅い意志で修煉し続けていくことができるかどうかこそ、最も肝心なことです。如何に自分を高めるか、これこそ主要なことであり、他の事は全て二の次のことです。もちろん、仕事をやりやすくするために、我々にいくらか便利な条件を提供してくれる人がいますが、これは問題ないと私は思います。例えば、我々の学習者の中に、どこかの機関や企業、あるいはどこの会社で管理職の人がおり、あるいは企業の取締役をしている人がいて、その便利な条件を利用して、われわれに場所を提供して、皆さんがそこに集まって会議を開くことなどは、問題ないと私は思います。これは金銭の問題に関わりません。各業種にもわれわれの学習者がいるので、これらの事を解決できます。しかも皆さんは進んでこのようにしており、法輪功のためにいささかの義務を尽し、いささかの貢献を果たすことができて、非常に嬉しく思っています。各地にもこのような事が現れ、法輪功のために場所を提供し、便利な条件を提供するなど、皆さんは非常に積極的にこのような事を行なっています。

 その他に、各地の輔導站は学習者の煉功のために、小さな新聞紙のようなものを作っています。例えば「法輪大法 長春にて」、「法輪大法 北京にて」、「法輪大法 武漢にて」等々です。この形式もかなりよいと思います。それは新聞とも言えず、宣伝ビラでもなく、ただわれわれの学習者の体験を掲載した内部資料です。これで皆さんにやってもらいたい事がある時に、適時に皆さんに伝えることができます。しかも彼らが行なっているこの事は割合簡単にできており、一、二枚の紙だけで、少し上質に印刷できているところもあり、いずれも構わないことです。しかしこの費用を如何に解決するのでしょうか? この中ではお金の問題に関わります。私の知っているところでは、おおよそこれらのものを作っている地区では次のような方法を採っています。つまり、学習者の中の一部の人は商売をしており、現在多くの人は会社を経営しています。あるいは勤め先でこのような仕事を担当しています。あるいは行政管理の仕事を担当しているので、このような便利な条件があり、勤め先に印刷工場があるので、このような便利な条件を利用して行なっています。あるいは企業家が便利な条件を提供してくれたお陰で、この事を行なっています。我々の輔導站はお金に触れておらず、他の人は我々を助けて作っています。我々はただ原稿を提供するだけで、仕上げたら我々が配ります。皆このように行なっているのです。私はこうしてもいいと思います。この事を必ず行なわなければならず、定期的に行ない、条件が整っていなくても何とかしてやらなければならないと思う人がいますが、われわれの原則としては、不定期にしてもよいのです。条件があれば定期的なものにしてもよいし、条件がなければ無理にしなくてもよいのです。

 輔導站の管理について、すでに明文の規定があり、皆さんはこの規定に基づいて行なえばよいです。輔導站を設立することにも、要求があります。すでに皆さんに話しましたが、新しい輔導站を設立した際には、北京あるいはいくつかの大きな輔導站に報告すべきです。特に省あるいは大都市の輔導站は、その行政区範囲内の、例えば貴陽市輔導站は、貴州省内のことを担当すべきです。各県の輔導站は適時に彼らに連絡すべきです。もしすべての輔導站は全部北京に連絡するとしたら、このような便利な条件はないかも知れません。大都市付近の各県に対しても責任を持つべきであり、彼らの仕事の展開に便利な条件を提供すべきです。皆さんは法輪功に責任を負うことに基づいて行なうべきで、あなたが世話しなければ、彼は勝手に行動し、要領を得ておらず、実際にずれてしまえば、これは法輪功に対して一つの損失です。その他に、武漢のような大きな輔導站は、付近の幾つかの省を全部担当しています。これも非常によいと私は思います。彼らの経験は比較的に多く、時間が長くなれば私も安心します。彼らの法に対する理解は比較的に良く、仕事の展開も比較的に良いです。基本的にこのような状況です。我々の輔導站はくれぐれもずれないようにしなければなりません。
 
 輔導站の人員配置に関してメモを提出して聞く人がいます。人員はすべて自発的です。しかし一つの規定があります。つまり、輔導站の責任者は私の講習会に参加したことがある人でなければなりません。聴いたことが多ければ多いほど理解は深くなり、聴いたことが少なければ往々にして深く理解できず、ひいては一部の内容がまだ分かっていない場合、人をずれた方向へ導きやすいのです。もちろん独自で多く聴き、多く読み、多く学ぶことができれば、分かるものが次第に多くなり、認識も深くなります。人を選ぶ時、熱心で、真面目で、邪な怪しげなことをしない人を選ばなければなりません。

 その他に、法輪功の修煉は一般の気功修煉ではなく、高次元での修煉です。この事をするのはかなり難しいことです。人の身体を浄化し、本当にその人の心性の水準を向上させるのは非常に難しく、私は多くの功を打ち出して彼らの身体を浄化し、身体を整理して、たくさんのものを彼らに植え付け、更に法を分かりやすく説き聞かせなければなりません。この事はとても難しいのです。私は非常に短い時間内でこれらのことを全部成し遂げることができます。彼らがもし自分で修煉するなら、この一歩に達するのに何十年もかかるかもしれません。他の一般の師でも、一、二年の内にここまで達させることはかなり難しいのです。真に一人の人を導くのは容易なことではありません。一人の人を駄目にするのはただ一瞬のことで、非常に簡単にできます。ですから、われわれは一貫してこのように要求しているのです。

 このような一つの規定があります。つまり、各地の気功協会で役職を持っている人ならば、彼にわれわれの輔導站の仕事を担当させてはいけません。しかし一つの特殊な情況があります。例えば、ある輔導站の責任者のことですが、この人は非常に良く、彼は気功協会を脱退して輔導站の仕事を担当したいと思いました。彼が所属している気功協会はほぼ解体に近い状態であり、この人も非常に良く、自分でしっかりしています。これは唯一の極めて特殊な例です。他の地区の気功協会の人たちはわれわれのこの法に対して深く理解できておらず、彼らの頭の中にあるのは、如何にお金を稼ぐか、如何に各功派を管理するかなどばかりで、以前の観念は彼の脳の中に深く残っています。こうして、彼がわれわれを一般の気功として管理すれば我々の学習者を駄目にしてしまうかもしれません。ですから、我々は最初から気功科学研究会の人はわれわれの輔導站の仕事を担当してはならないと指摘しています。我々の輔導站の責任者は皆われわれの研究会から選ばれたのです。大多数は私自ら任命し、指定したのです。これは我々大法がずれないことに対して直接関係しています。さもなければ、一般の気功と同じように管理すれば、皆さん考えてみてください。そこにはでたらめな資料が沢山あり、その資料を持ってきて売ることができれば、彼は大喜びでしょう。これは金儲けの良い機会だ、沢山儲けられる、これも売ろう、あれも売ろうと彼は思うでしょう。彼の目的は金を儲けるだけで、故意に我々の功法を破壊することではありませんが、それは破壊の作用を果たします。その中の様々のでたらめなものはすべて我々の学習者を邪魔することができます。それによって、一部の法に対する理解が深くない人はずれた道に入りやすくなります。更にでたらめな気功の本を持って来て売る場合もあります。他の功派はこのように行なっています。
  
 現在、講習会を開く気功師が来たら、人々は冷静に考えるようになりました。以前のように講習会を開く気功師が来たら、何も考えずにすぐ参加に行くことはしなくなりました。現在皆さんは非常に冷静になり、本物か偽物かをよく観察するようになり、昔のようではなくなりました。それで、気功師が講習会を行なうことは非常に難しくなりました。彼は受講者をうまく集められない場合、我々の学習者を連れて参加させるようになります。彼は講習会を開講できて、金儲けもできたが、我々の学習者を駄目にしてしまいました。我々はこれほど大きな事をしてきて、これほど苦労して行なったことなのに、彼は一瞬で我々の学習者を駄目にしてしまいました。もちろん一部の学習者に対してあまり高く要求できません。彼は法を勉強し始めたばかりで、法に対する理解はあまり深くできておらず、知らないうちに自分を台無しにしてしまうかもしれません。我々には以前から一つの規定があります。つまり、各地の省市でこのようなことをする輔導站の責任者がいたら、すぐに換えなければなりません。絶対そのまま留めさせてはいけません。

 各地の輔導站の人や煉功場の輔導員の中に、我々の学習者を連れて他の気功師の講習会を聴きに行ったり、我々の学習者の中で他の気功の資料を売ったり、あるいは我々の学習者を連れて邪な事を行なったりする人がいたら、このような輔導員を一人も残らずに換えなければなりません。絶対残させてはいけません。残せばきっと問題になります。これはすでに重大な法を破壊する行為であり、内部から法を破壊することは、絶対に許されません。これに対しては厳格に、一人も残らずに換えなければなりません。

 われわれの原則は緩やかな管理ですが、煉功に関する問題においては少しもいい加減にしてはならず、いかなる人に破壊されてはなりません。我々は組織の形式においては非常に緩いのです。あなたが煉功に参加したければ参加すればよいし、あなたが煉功に参加したくなければ離れてもよいのです。あなたが参加しに来たら我々はあなたに責任を持って、どうすべきかを教えてあげます。あなたが学びたくなければ、あなたのその心を誰が引き留めることができるのでしょうか? あなたをここに引き留めたとしてもあなたがしっかり学ばず、いい加減なことを何でも勝手に話し、でたらめなことを行なうなら、あなたは内部から我々の法を瓦解し、破壊するのです。我々はこのようなことを許しません。学びたければ学べばよく、法を認識できたら修めればよく、人の心が善に向かうのは自らの意識によることで、誰かに強要されることではありません。あなたは立派な人にならなければいけない、そのようにならなければいけないと言われても、あなたがそうしたくなければ、他の人はどうすることができますか? 本人が修煉したくなければ、佛もどうすることもできません。必ず自発的にするのであって、強要されることはできません。
  
 もう一つのことですが、我々の多くの学習者は、その数は相当多いのですが、静かに本を読んでおり、毎日読んでいます。問題にぶつかる時も本を読んでいます。この点から見れば、われわれの輔導員よりもよくできています。ですから各輔導站はできるだけ皆を集めて多く法を学ぶべきです。特に各煉功場の輔導員は率先垂範の作用を果たすべきです。我々は輔導員に対して要求があり(一般の学習者であればあなたが学びたければ、学んだらよい)、専一に法輪功を修煉している人でなければなりません。そうでなければその部分の学習者は全部彼によって誤った道に導かれてしまうでしょう。輔導員になった以上、しっかり責任を負うべきです。われわれは輔導員の法に対する理解をより一層深めさせなければならず、常に多く本を読ませるべきです。もちろん、多くの輔導員はとても真面目で、熱心にこの仕事に努めていますが、しかし彼の知識レベルには限りがあって、場合には本を読むことも困難で、年もかなり取っていますが、それでも構いません、彼は皆さんに呼びかけて一緒に法を学べばよいのです。皆さんに呼びかけて学び、本を読むとき、彼は聴くことができるではありませんか? 皆さんが体験を交流する時、彼も皆さんと一緒に向上できます。学びさえすれば、誰でも向上することができます。法を学ぶことと動作を煉ることを結び付けて、同時に進行すべきです。

 今多くの地区では動作を煉ることはよく集まって行なっていますが、法に対する学習があまり重視されていません。学習者が質問した時、輔導員は解決できず、説明できないから、ただ先生に聞くことを待つばかりで、先生がどこに行ったのかを捜しています。実は提出された質問は全部本の中で説きました。どうしても解決できなければ、皆さんを集めて録音を聴いたらよいです。多く聴くべきです。これらの問題は本の中にすでに解答があります。『法輪功(改訂版)』の中ではすでに概括的に話しました。真剣に学べばすべて解決できるはずです。長春では法を学ぶブームが始まって以来、学習者は私に会っても聞くことはなくなり、私に会っても聞かなくなりました。そうでなければ、私が街に出かけると誰も私を知っており、故郷なので、街を歩くと、法を学ぶ人が多いので、私を知っている人はかなり多く、多くの人はあれこれ聞きたがっていました。今会ったら、ただ先生こんにちは、と挨拶するだけで、何も言うことはなくなり、聞くことは何もなくなったからです。本を暗記するようになってから、学習者は事後に対照するのではなく、事前にやるべきかどうかが分かるようになりました。これは非常に素晴らしいことです。皆さんは法の学びを煉功にとって欠かさないこととして勉強し、しかももっと重要な事だと思うようになりました。各地も長春と同じように法を学び、法を学習するブームを起こすべきだと私は思います。そうすれば、多くの問題は容易に解決でき、自分でもこれらの問題を解決できるようになります。それに、輔導員を選ぶ時、あなたとの関係の良し悪しや友情などを顧慮してはならず、感情から出発してはなりません。あるいは一旦輔導員を決めた後、取り換えづらいと思ってはなりません。法に責任を持たなければならず、くれぐれもこのような事に注意しなければなりません。基準に符合してやれる人であれば、それでいいのですが、そうでない人ならば、あえて臨時に担当する人に任せても、いい加減にやらせてはなりません。私は以前このような問題を話したことがあります。つまり、お寺の中で修行する僧侶、お寺の長として住持、方丈と称される人、彼は専業修行者です。我々は常人社会の中で修めており、我々のこの法もすばらしく、高次元へと修めることができます。我々の煉功場の輔導員はお寺の方丈、住持と何の違いがありますか? 皆さんに対して要求が高いというわけではなく、確かに功徳無量のことなのです。煉功場でどれほどの人が修めて成就できるのか、たとえ一人だけ修めて成就できたとしても、この輔導員も功徳無量なのです。これはとても厳粛なことであり、真剣に取り込むべきです。我々は最も便利な条件を用いて修煉し、皆さんを向上させますが、便利な条件であっても法に対していい加減に無責任なことをしてはいけません。将来、専業修煉の人が現れるかもしれず、このような可能性があるので、必要な条件を提供しなければなりません。

 各地区ではこの間の煉功の中で、さまざまな問題に出遭ったかもしれません。皆さんはそれを提出してもよいです。煉功においても、仕事においても、どうすべきか分からないことがあったら、提出してください。私が皆さんに解答します。

 弟子:法輪功の学習者が超能力の演出に参加する問題について。

 師:これを私はまだ見たことがないですが、これは絶対に禁止します。絶対いけません。彼は専一に法輪功を修煉する人ですか? 以前は? (挿話:この人は他の功法を学んでいましたが、功が上がらず、法輪功を煉ってから功が上がりました。彼は「三花聚頂」に至ったと言っています)われわれはこれらの人に教えるべきです。法輪功を修煉したければ、法輪功の要求に基づいて行なってください。彼は元々法輪功の要求に従って行なっていないので、根本から法輪功の修煉者の基準に符合していません。しかもこの人には憑き物が付いている可能性があります。彼自身がこうするのがいいと思って、自分で求める時、私の法身は何もしてあげられず、このような情況かもしれません。このような情況は別の角度から我々の法を破壊しに来たので、絶対に許されません。この人が本当に修煉を続けることができれば、我々の基準に従ってやらなければなりません。そうでなければ、我々は彼に如何なる条件をも提供しないでください。彼は法輪功の修煉者ではありません。他の功法を練る人は法を学びに来たいなら学びに来ればよく、縁に任せればよいのです。人を学びに来させて、人を連れて学びに来て、あるいは学びたくないのに、皆が学びに来たから自分もついてきました。こういう情況であれば、あまり良いことではないと思います。一部の人は済度しても済度しなくてもいいので、われわれは縁に任せます。彼がどれくらいの人を連れて来たかを重く見るべきではなく、これらの人が法輪功を修煉できるかどうか、専一に修煉できるかどうかが、重要な問題です。皆さんは帰ってから一つの法を学ぶブームを起こすべきであり、この要求は普遍的に実行できることであり、認識できることです。そうしなければ、こういう問題は将来ますます目立つようになるはずです。

 弟子:我々は煉功の責任者を増やしてもよろしいでしょうか? 

 師:いいです。人を増やして、あなたたちが自分で選んで、一人か二人を増やしても構いません。必ず法に対する理解が比較的深い人、熱心にこの仕事を取り込む人を選択しなければなりません。

 弟子:ある学習者は、私がすでに三花聚頂に達し、八月十五日、李洪志先生は私の「法身」を連れて行ったと話しています。

 師:皆さん、気を付けてください! このような事はすべて各種の執着心によってもたらされた幻覚です。このような人は、相次ぎ幾つかの地区で現れました。正にあなたが今話したように、彼はかなり危険です。彼は、私はすでに三花聚頂に達した、どれほど能力がある、最後には私はすでに佛になった、あなたたちは李洪志について学ばなくてもよい、私について学びましょう! と言うかもしれません。そのまま進めば、最後にはこのような問題が現れます。このような人に対してすぐ指摘してあげるべきであり、彼にこれらの執着心を放棄させるべきです。こういう情況では、大変問題になりやすいのです。最初にはこれらの人はとても私を尊重し、私に血書を書いた人もいます。指先を破って血書を書いて、法輪功の修煉を最後まで続けると表明しました。結局、彼は自分が「佛」になったと、「あなたは李洪志に付いて学ぶことをやめよう、私について学ぼう」と言い出しました。彼は落ちてしまい、名利を求める心、歓喜心、さらに魔の妨害により、自ら抜け出せなくなりました。人の前では彼はやはり法輪功が良いと言っていますが、実際は、彼の行為は法輪功を破壊しているのです。これは正に私が話したように、「法輪功は本当に素晴らしい、法輪功を学んだら何でも気にする必要はなくなり、見てごらん私がこの本を持って車道を歩いても、車は私にぶつかることができない」と言う人と同じです。彼はこれで法輪功を破壊しているではありませんか? 表面上では法輪功を擁護しているようですが、実質上は、法輪功を破壊しているのです。

 弟子:この間、広州地区の気功科学研究会が行なった気功の実演の問題について。

 師:一部の地区の気功科学研究会は体育委員会に属しているのです。体育委員会は気功を一種の体育活動としています。大衆的な体育活動として、時に各門派の各種功法が一緒に活動を行ない、まるで体操のようにしています。ある状況下で行なった気功活動なので、彼らはそれを一種の体育活動として考えており、良くない事として扱っていません。このような事に我々は参与したくないのですが、彼らがどうしても行ないたければ、その意見を尊重する意味で、我々は学習者を連れて参加してもよいのです。体操をするように動作を実演すればよいのです。ただし注意すべきことは、我々はそれを何かの意味がある事としてするのではなく、やむを得ず、気功科学研究会の要求に応じて行なっただけです。これを学習者の皆さんにはっきり説明して、我々は一緒に一、二式の動作を実演して、彼らの体育活動を支持することを示します。特別な状況下でこのようにしても構いません。しかし一つの特例があります。つまり、もし他の気功師が場を組んで実演するようなことがあれば、我々は一切参加しません。単純な、体育活動のような行事なら構いません。これは皆さんがしっかり把握しなければなりません。

 また一つの問題があります。今われわれの各地輔導站はみな法輪功を広めています。一部の地方では講習会の形式で行なっています。我々はやはり「講習会」と呼ばずに他の名称で呼んだほうがいいです。この事を行なう時、誰もこの法を説くことはできず、無論そうしてはいけません。もし誰かが演台に立って法輪功を論じたり、どのようにすべきだと話したり、この法を説いたりすれば、それは彼が邪法を伝え、大法を破壊しているのです。法輪大法は一つしかありません。もし彼が本を持って読むなら構いません。われわれの輔導站の責任者が誰かに本を持って読ませるのであれば、それは構いません。

 その他に、皆さんを集めてビデオを見せてもよいです。これは全部の説法のビデオを指しています。第一講を見てから、止めて功を学びます。翌日に第二講を見てから、また止めて功を学びます。
 
 あるいは、録音を聴いてもよいのです。一講ずつ聴きます。それから専任の人が動作を教えます。これは問題ありません。動作は皆さんが一緒に学んでも構いません。われわれは今後このような形式を採用すべきであり、これは一番いい形式です。われわれは皆さんを集めて一緒に功を学んで、これは問題ありません。

 それに、個々で学びに来る人は煉功場で皆さんと一緒に煉功すればよいのです。それから本を読み、録音を聴くようにすればよいです。このようにします。しかし、一つ気を付けなければいけないことがあります。われわれは断じてすべての功を伝える活動を如何なる営利的な性質のものにしてはいけません。我々は備わる条件に合わせて行なえば良いのです。料金を取ってはいけません。我々は教室を借りたり、会議室を借りたり、あるいは人が多い時に講堂を借りたりしても構いません。このようにしてもよいのですが、料金を取ってはいけません。我々はすでに断言しており、営利の仕組みにしてはいけません。くれぐれもこの点に注意してください。もし極めて特殊な情況があり、多くの学習者、多くの法を学ぶ人がいる場合、大きな場所が必要になりますが、なかなか貸してくれるところが見つからず、どうしても講堂を使用したいですが、講堂を借りるには使用料を払わなければなりません。このような極めて特殊な情況では、北京に直接連絡してください。もし本当にこのような情況であれば、講堂を借りるだけの費用を取ってもいいです。一銭も残らないようにしてください。要するに、我々の手元には貯金をしてはならず、輔導站にも貯金をしてはいけません。如何なる営利活動をしてはなりません。この問題に関して、私はすでに皆さんに明確に話しました。これはとても厳粛な事です。我々の功派は正しい道を歩むことができ、この一点においては他の功派とは根本的な区別があります。
 
 弟子:上海からの話によれば、ある講習会に参加したことのない法輪功の煉功者は、皆を集めて煉功する前に、「尊師李洪志を拝し、大法法輪功を学び、心性真善忍を修め」と唱え終えてから煉功し始めます。煉功終了時に「しっかり収めます、先生に感謝します」と唱えます。彼は先生に対する崇拝だと言っています。

 師:彼は講習会に参加したことがありませんか?(答え:そうです) あなたが言ったこの事はとても重要なことです。多くの地区の学習者は、彼は本を読んで、あるいは個別のものは録音を聴いてから、とてもすばらしいと思いましたが、どのようにすればよいかが分からない場合、このような問題が現れるかも知れません。他の地区でも将来現れるはずです。皆さんはくれぐれも注意してください。このようなことを聴いたら、あなたがどの地区の輔導站の人であっても、こうすべきではないことを、彼に教える責任があります。このようなことによって、法輪功を学んだことのない人を知らないうちにその形に連れて行ってしまいます。実際はこの人は講習会に参加したこともなく、あまり分かっておらず、この機会を借りて自分を表現したい可能性があります。しかしこの人に対して結論を下してはならず、将来彼は学習に参加した後、この問題に如何に対処すべきかが分かるはずです。これは確かに重要な事です。皆さんはくれぐれもこのことに注意してください。どの地区でこの事が現れたにしても、輔導站は聞いたら、彼に近い地区であれば、皆さんは電話あるいは他の形式を通じて彼を止めるべきであり、このような事を正さなければなりません。

 上海のところは、将来私は行く機会があるはずです。私はずっとそう思っています。

 弟子:ハルピン総輔導站が一部の輔導員を連れて長春へ学習に行った問題について。

 師:ハルピンの情況はかなり良いです。一部の輔導員は長春に行って総輔導站の企画した修煉体験交流会に参加した後、彼らの認識もかなり向上できて、各種の活動を展開しており、この方面ではとてもいいのです。長春の総輔導站はすでに私にハルピンの情況を説明したので、私はすでに知っています。ハルピンの夏はとてもいい季節で、特に松花江の岸辺で皆さんが一緒に坐って本を読むことは、とてもいいことです。

 弟子:先生を要請して大慶市で講習会を行なう事について。

 師:講習会を行なう事についてはもう聞かないでください。将来私は統一に按排することにします。今、要請状がかなり多く、大慶からの要請状を私は二通見ました。去年ハルピンの講習会の時、大慶から学びに来た人もいました。

 弟子:先生が講習会を行われたことのない地方で法を伝える問題について。

 師:こうすればよいでしょう。今回広州で法を聴いた後、皆さんは帰ってから講習会に参加したことのない学習者を集めて一緒に話してみましょう。皆さんが録音を撮っている場合、皆と一緒に聴いてもよいのです。済南の録音テープもあり、とても良くできています。皆さんを集めて一緒に録音を聴いてもいいです。始めから終わりまでずっと録音を聴くばかりではなく、一段を聴いてから止めて、自分が理解できる程度のことを皆さんに話してみて、さらに皆さんから自分の理解を話してもらって、活発な雰囲気の中で行なってください。

 弟子:賛助の問題について。

 師:他人がいくらお金持ちであっても、いくら法輪功に賛助したくても我々は要りません。なぜでしょうか? あなたが貯金してもいいなら、他の輔導站も貯金してもいいのではありませんか? すべての輔導站が皆貯金したら、このまま続ければ、将来、お金の問題に触れると、すぐ人心が変わってしまいます。ですから我々はこのようにやりません。もしこの人が本当に法輪功のために貢献したければ、例えば資料の購入や、あるいは我々が法を学ぶ活動を展開する時に、彼に活動に有益なことをしてもらったり、実物として貢献してもらえば、これは構いません。

 弟子:天目が開いている輔導員はどのように把握すべきでしょうか。 

 師:天目が開いている輔導員はどのように把握すべきでしょうか? 普段皆さんの修煉がよくできている場合、彼らに何にも言わないほうが良いのです。まだ足りないところがある学習者に対して個別に教えてあげて、どこがまだ向上する必要があり、どこに問題があると、このように教えたらよいです。あなたがもし公に、あなたの法輪はどれくらい大きく、彼の法輪はどんな様子だと言うなら、皆さんは毎日あなたを囲んで、これを聞いてばかりになってしまいます。また自分がどれほど高く修めたかを聞く人がいます。くれぐれ勝手に言わないでください。教えてあげれば、その人は執着心が起こります。この点はしっかり把握しなければいけません。

 弟子:煉功は職場で積極的な支持が得られていると言う人がいます。

 師:多くの地区、寒冷な地区で、冬に煉功するのは大変苦しいことです! 一部の職場は積極的に支持し、煉功場所を提供してくれています。このような例もかなり多いのです。われわれの影響はとてもいいからです。学習者は煉功を終えてからその場所をきれいに掃除し、雪が降った時、庭もきれいに掃除することもあります。われわれはどこでも素晴らしい行動をしているので、職場は自然に便利な条件を提供してくれます。
 
弟子:法輪功学習者が集まって修煉体験を交流することについて。
 
師:長春では録画を撮りました。学習者は心を打たれる話を語り、聞いている学習者もかなり感動して、涙がこぼれる人もいました。交流会は非常に充実しており、雰囲気も非常に良く、皆さんも非常に喜びました。まさにあなたが先ほど言ったようにその場において、私本人がいない以外に、すべて揃いました。我々の講習会の時と同じく、その場は非常に強いのです。それはまさに法輪功の集結であり、法会と同じです。だから効果はとてもいいのです。将来学習者が多くなったら、このように修煉体験を交流したほうがいいでしょう。学法を通せば、とてもよく教育できます。功を学んだあとにどんな収穫があったかを学習者自身が話すのは、ある方面から見れば、我々が話すよりも生き生きとしているのです。

 弟子:皆さんが修煉体験を交流することです。

 師:高次元に達してから見えるこれらのものはすべて縁によるもので、次元の向上によるものです。このようなものは交流してはいけません。交流というのは、ただ皆さんが心性の修煉において如何に向上するかのことだけです。われわれは正法修煉なので、複雑な環境の影響を恐れていません。

 弟子:法輪功輔導站と現地の気功協会との関係を如何に正しく対処すべきでしょうか? 

 師:これはとても重要な問題です。私が先程言いましたが、原則としては現地の気功科学研究会、人体科学研究会あるいは気功協会の人は、我々の管理の仕事に参与してはならず、法輪功輔導站の責任者、輔導員になってはいけません。しかし我々は彼らとの関係をよく協調しなければなりません。なぜなら、今中国気功科学研究会には、明文された規定があり、つまり直属する功派は修煉において本派の先生により自ずから管理しますが、地方行政において彼らの管理に属します。しかし、我々には行政管理はなく、功派の管理も非常に緩やかな管理なのです。我々は輔導站の責任者を彼らの所に届けを出したり、正式的な会議があれば我々の責任者を参加させたりするのは構いません。しかし、もし我々の学習者を誘って他の事を行なえば、それは我々の規定に符合しない場合、我々は行ないません。これらの事は彼に明確に言ってもいいのです。もし彼らが何らかの有益な活動を企画し、他の問題に及ばず、体操をするようなもので、何百人のような大衆的な活動なら、各功派が集まって、幾つかの動作を行ない、どのチームがよくできるかを競い合って、そして優勝者を選出して奨励します。これはあくまで体育事業の発展を促進するための行為であり、体育活動なので、参加しても構わず、問題ありません。われわれの功派を利用して他の事を行なうなら、それはいけません。このことを関係者に明言すればよいでしょう。

 地方の関係部門への届け出は、彼らの所に登録してもよいです。登録したにしても大した活動はありません。ほとんどあまり関わらないのです。たまにどの気功師が講習会を開く時、参加するように呼びかけられますが、信じるか、信じないか、学習者が自分で把握すればよいです。彼らに呼びかけられても、学習者は自分で行かなければ、それだけの問題です。人体科学研究会はあまりこれらの事に関わらないのです。広州の法輪功総輔導站はすでに広州市人体科学研究会に登録しています。現在ではなく、かなり以前にすでに登録しました。何かの活動があれば我々の責任者は参加してもよいです。それは問題ありません。つまりこのような関係です。大連のような、多くの地区の気功科学研究会と我々との関係は非常によく、彼らの中に多くの人は法輪功を修煉しています。こうして我々法輪功の活動の展開、大衆の煉功に対してとても便利な条件を提供してくれました。障害はなく、これは非常によいです。つまり如何に彼らと関係をよく協調できるかの問題で、我々は原則をしっかり守り、つまり法輪功に規定した原則は我々が堅持しなければなりません。他の事情に至っては、取るに足りない些細なことなら大した問題にはなりません。

 弟子:僧侶や居士にどう勧めたら良いでしょうか? 

 師:時間の推移に従って、彼らは恐らく最後に取り残されて認識するようになります。今から見ればほぼこのような形勢です。先に法を得るものはすでに全部得ました。将来の状況を見ましょう! 当時私が出山した時、この事に関して、明確に私に言いました。これらの人はそれらのことがもう確実に存在していないことを分かった時、むなしく感じるようになるでしょう。一部の人は還俗するかも知れず、一部の人は法輪功を修めることになるでしょう。このような問題が現れるはずです。これは暫く後の事です。居士ならまた解決しやすいです。居士は社会において往々にして気功を学んでみたい、あれこれ、外へ捜しに行って、法輪功に出会えたら学びたければ、本当にのめり込んだら、つまり法に対して理解でき、真に認識できるなら問題ないです。すでに出会ったので、学び続けていけば、きっと認識できます。重要なのは法を学ぶことです。彼らをまとめて法を学んでください。
 
 弟子:精神異常の人に対してどう対処したら良いでしょうか?

 師:この問題について次のように対処しましょう。もしその人の話の様子や立ち振る舞いが異常であれば、これは間違いなく法輪功を学ぶ要求に符合していません。このような問題が現れた人は、おおよそ次のような情況です。一つは彼自身の根基が良くないかも知れません。もう一つはこの人は根基がいいが、執着心のために放下できないものがあるから、良くないものを招いてしまったのです。この二つの原因でもたらされたことにほかなりません。彼に説明して、放下でき、分かってくれば、それで良いのですが、分からなければ、われわれも仕方ありません。もちろん、最も有効な強制的な方法が一つあります。もしこの人が非常に良く、周囲に影響も大きいならば、我々は彼の状態に合わせて、皆一緒に彼に向かって本を読んで、彼に学びたいかどうかを聞いてみて、彼が学びたいなら、我々は彼と一緒に本を読み、皆さんは彼を囲んで本を読んで、彼に向かって読みましょう。本を読む時、部分的に選択して読んでもいいです。彼は精神がおかしいので、それが魔を招き、魔を生じたのではありませんか。彼に向かって本を読み、彼に聴かせて、彼自身も読んで理解します。彼の主元神が強くなれたら、目が覚めてきます。分かるようになったら、目が覚めるようになるでしょう。もし彼が目覚めずに、しかも我々の力を牽制すれば、この人によって我々の学習者が影響されないようすべきだと思います。おおよそ精神がしっかりせずに、おかしくでたらめな話を言ったり、あるいは自分がどんなに高いかを言ったり、あるいは摩訶不思議なあいまいな話を言ったりする人は、きっと精神に異常があり、この人にきっと問題があります。これらの人に対し、もし輔導員であれば、すぐ止めさせなければなりません。もし一般の学習者であれば、我々は注意してあげて、それでも直らなければ、煉らないように勧めましょう。彼が煉ろうとするなら、皆さんは誰も彼の言うことを聴かないで、誰も彼のそばに近づかないようにしてください。誰もこのような人に活動の環境を提供しないでください。環境がなければ、その魔はやる気が無くなるのです。彼の話を聴く人がなければ、彼は我々の法を破壊できず、彼もやる気が無くなるのです。

 弟子:『文芸の窓』の問題について。

 師:『文芸の窓』の事について私はすでに彼らにこの問題を話しました。編集者から原稿の提供者まで、彼らの目的は法輪功を破壊しようということではなく、法輪功を宣伝したいのです。しかし彼らは往々にして文芸の角度に立ってものを書きます。文芸作品なら、編集したり、誇張したり、随意に発揮したりして、任意に行なうことができます。私はすでに彼らに言いましたが、できるだけわれわれのこの法を理解したうえでしてほしいのです。この原稿の提供者はすでに何回か講義を聞いたことがあり、しかし彼が一回講義を聞いた後、とても素晴らしいと思って、とても感動したので、すぐ書き始めました。しかし彼は深く理解できず、しかもその後の数回の聴講は、それを書くために聴いていたので、メモを取るのに気を取られて、結局よく聴き取れず、深く理解できなかったのです。最初に提出した原稿はそれほど大きな問題がなかったのですが、その編集者はただ数回講義を聞いただけで、気ままに編集を加えたり、勝手に直したりしたので、面目が全く変わって、仕上がったものはそんな様子になってしまったのです。しかしはっきり言えるのは、彼らの出発点は法輪功を破壊したいということではなく、これは間違いないことです。それにしても我々に一定の影響をもたらしたことは確かです。私はこう思います。彼らの出発点は良いもので、破壊しようということではなく、ただ言葉の使い方や想像力で発揮されたものは法輪功の要求に符合していない部分があります。もちろん、このものを私は見ず、一冊も見ませんでした。我々は学習者にはっきりとこの事を言っておきます。それを我々の修煉のよりどころとしてはいけません。我々の修煉のよりどころは現在出版された法輪功の本であり、正式に発行された本あるいは私の講義の録音です。私自身が修煉していたそれらのものに関しては、適当な時期になれば、私はそれを書くつもりです。今書くつもりはありません。今は法を伝える時期で、書き出したら人々は信じても信じなくても構いませんが、学習者はそれほど高い認識がない時、ある種の神秘的なものや功能などを追求するかも知れません。その他に、理解のできない者はあなたはこの……と思うかもしれません。
 
 弟子:どのように学習者を組織して体験交流を行なうかについて。

 師:われわれは選択的に、事前に彼が何を話すのかを確認した方がよいです。特に大型の交流会を開く時、必ず発言の原稿を審査しなければなりません。一つの注意すべき問題があり、もしある学習者が一言間違ったことを話してしまったら、我々のこの事に問題をもたらすことになるかもしれません。
  
弟子:寄付のことについて。

 師:私は先程言いましたが、もし彼の営業状況が非常によく、会社の規模もかなり大きければ、彼が賛助したければ、或いは彼は国外から来た者で確かに経済力があり、彼が我々に賛助を与えようとしても、我々の各地の輔導站は受け取らないでください。彼は力添えしたいのなら、この情況が現れたらどうしたらいいでしょうか? 皆さんは彼に研究会へ連絡させればよいです。我々は統合して按排し、まとめて修煉の拠点を建設します。将来学習者はあっちこっちへ走り回らなくてもよく、幾つかの地区で、北部地域や南部地域でわれわれは幾つかの修煉の拠点を作ります。今まで我々は一切寄付を受けたことはありません。

 弟子:煉功の動作の問題について。

 師:更に高い次元に突破した時、如何なる動作もなくなり、ただ座禅するだけです。佛家にしても、道家にしても、いずれも座禅するだけです。それは完全に自動的に功を形成するようになり、自動的に上へ伸びていきます。あなたが心性を高めさえすれば、その功が伸びていきます。くれぐれも注意してください。一旦他の動作が現れたら、必ずそれを排斥しなければなりません。学習者にはっきり説明してください。先生が教えていたのを見えた人がいますが、それは偽物です。私は絶対このように皆さんに教えるわけがありません。
 
 弟子:手印を真似て結ぶことについて。

 師:その手印を真似ないでください。なぜでしょうか? その手印は私が学習者に語った言葉です。私が今日話した言葉と同様に、あなたは私の角度に立ち私の話を語ってはいけないことと同じ道理です。

 弟子:広東からの話ですが、ある人が「私は法輪功の第何代目の伝承者です」、「李洪志と同門です」と自称しています。

 師:この人はもしかしたらめちゃくちゃな憑き物に取りつかれているかも知れません。お金を稼ぎたいとか、法輪功を破壊したいとか、全部この類のものです。皆さんにはっきり言いますが、この世において法輪功を伝えているのは、私一人しかいません。法輪世界の他の誰であっても、彼はここに下りてきて法を伝える勇気はありません。この事を皆さんにはっきり言っておきますが、つまりこの事を行なう他の人は誰もいません。私の同門兄弟なども存在しません。皆さんはすべて輔導站の責任者なので、私は皆さんに少し高いことを話してもいいのですが、我々のこの法輪功は、他の功派と違い、私が今生で誰それについて学んだということはありません。皆さんは読んだと思いますが、本の中に私には師父がいる――全覚法師等々、また何らかの法師がいると書いていますが、これはどういうことなのかを皆さんに教えましょう。この全覚法師および八極真人等々、これらの人ですが、皆さん知っているように、天象がこの一歩に進んだ時、あるいは歴史のある段階でこの大きな事を行なう時、すべての歴史がこの一歩にまで進んできて、あるいは発展の進む過程に現れた現象は、すべてこの法のためであるかも知れません。そうすれば、この過程の中ですべての魔は全てこの法を破壊するためのものであるかも知れません。つまり、我々は今日この一歩まで歩んできたので、私が生まれた時、すぐ悟りが開かれるわけにはいかず、開かせてもらうわけにもいきません。そうなれば、人を済度することができず、私はやるべきこともできなくなります。この段階においては私の以前のものを私に提示してくれる、彼の方式で私に悟りを開かせる人が要ります。この人はつまり私の言った全覚法師です。悟りを開いた後、私自身のものが分かりました。その後、半分閉ざされる状態でまた他のものを学びました。私自身のものは動かされていません。多くの人は私が来たことを知っており、この人も私に良いものをあげたい、あの人も私に良いものをあげたい、いずれも私に彼の一門のものを承認してもらいたくて、将来彼が保護され残されることを望んでいるにほかなりません。つまりこういうことです。我々はここで少し高いことを話しました。もちろん良いものにも、悪いものにも、それを量る方法が必ずあります。良いものは必ず保護されるし、悪いものは取り除かれるかもしれないのです。しかし本当にこの法輪功を伝え、この事を行ない、つまり真に法輪功この一門のものを代表する者は私しかいません。他に誰かいるはずはありません。
 
 弟子:広西省で輔導站を設立したいのですが。

 師:宜しいです。そこに今学ぶ人がどれくらいいますか? 百人あまりですね。広州の学習者はあなたたちを手伝い、あなたたちと相談して、輔導総站を設立することを手伝ってもらいます。あなたたちはまだ日が浅いので、しばらくの間、広州に頼んで代わりに管理してもらってもよいです。将来あなたたちが独自に活動できるようになったら、独立すればよいです。


法輪大法北京輔導総站による録音


戻る

法輪大法の書籍