北京法輪大法指導員会議での法を正すことの意見について

李 洪 志

一九九五年一月二日



 皆さん新年おめでとうございます!

 お正月休みの間なのに会議のために皆さんに集まってもらったのは、この会議を開かなければいけないからです。多くの学習者はすでに知っていますが、私は間もなく国外に行って功を伝えることになっています。時間の余裕があまりないので、やむなく皆さんに集まってもらいました。というのは、幾つかのことを皆さんに話さなければならないからです。そうでなければ、今すでに幾らかの兆候が現れており、これによって我々大法の健全な発展が影響されるかもしれません。

 まず法輪大法の伝播の状況について話します。皆さんが知っているように、我々のこの法輪大法の全国各地での影響は比較的大きいものです。今気功界の指導者、また各地の多くの気功組織、各省や市の気功科学研究会はみな次のような感じになっています。つまり、他の気功グループはみな沈滞気味になっているのに対し、法輪大法だけは上り調子の勢いをなしており、しかも発展は非常に速いのです。これは各地の気功科学研究会や気功管理部門の責任者が言ったことで、私が言ったことではありません。これによって一つの問題が明らかになりました。何の問題でしょうか? つまり、我々大法の発展は益々速くなり、人数は益々多くなっているということです。こんなに速く発展できるのは、二つの方面の原因があると思います。その一つは、多くの気功は偽物であり、人を騙すもので、道徳を重視しないので、一回か二回人を騙すことができても、時間が長くなれば、人々は分かるようになります。これが一つの方面の問題です。もう一つの原因は、我々法輪大法が伝え出されてから、我々は学習者に責任を負い、社会に責任を負うことに基づいて、多くの人に本当に受益させることができ、多くの人が本当に大法の修煉の中で社会の気風に良い促進作用を発揮できました。ですから、非常に良い効果が得られました。つまり法輪大法の伝播は非常に速く広がっており、現在より多くの人々に認識され、ますます広く伝わっています。しかし、ここで私ははっきり言いますが、良い形勢の中から我々自身の不足も見えています。これは確かなことです。我々の各地の輔導員や多くの煉功者、及び一部の古い学習者の多くの行為は大法の要求から大きくずれています。これはある程度、法輪大法を破壊し、一種の破壊作用を果たしています。我々は一人の学習者として、一人の法輪大法の修煉者として、特に輔導員の仕事を担当している場合、周りの人はあなたを一人の個人と見なしておらず、一人の普通の煉功者と見ていません。あなたがいかなることを行っている時も、周りの人は常にあなたを一人の法輪大法の修煉者と見なしており、法輪大法の形象を代表していると思っています。これは非常に重要なことです。全国各地では多くの人々は法輪大法の素晴らしさを知っており、その素晴らしさは心性の修煉を重んじることで、それは最も根本的な問題を明らかにしたからです。法輪大法の修煉者はみな心性を重んじるので、周りの人々は法輪大法を修煉するあなたたちを観察しており、あなたたちの一挙一動を注目しています。あなたの行動に問題があれば、人々があなたたちは口で言うだけで行いは伴っていないと思ってしまいます。もしあなたたちが口で良いと言っても、実際はその通りでなければ、人々にこのような感覚を与えてしまいます。私に言わせれば、これは良くないことです。

 先程、私が言ったのは功を伝える情況です。我々もこのような情況が見えたので、この会議を開くことにしました。それと同時に私は外国に行く前に必ず皆さんにこの問題を話さなければなりません。なぜなら、北京で法輪大法を修煉する人数がわりと多く、一定の影響力があるからです。私が外国に行って功を伝えることは国内で功を伝えることと同じです。皆さんが知っているように、私は今日東北に行き、明日西南に行き、明後日南方に行き、それからまたあちこちに行ったり来たりして、いつもこのように回っているのではありませんか? 外国に行っても同じです。地球を一周回っても二日しかかかりません。私がどこかに行ったら永遠に戻らなくなるのではありませんが、多くの人はこのように考えているようです。また「李洪志が去ったら、私が大王になれる」と言う人がいます。どんな考えを持つ人もいます。

 われわれ法輪大法の修煉は人の心性の修煉を重んじるので、あなたの一挙一動が修煉者の基準に符合しなければ、われわれの学習者はみんなそれを察知することができます。しかし、一部分の人はこれらの間違った傾向、誤った表現を明確に認識することができず、これは学習者の多くの執着心、顕示心、各種の心が取り除かれていないためにもたらされたことです。皆さんはこの法の素晴らしさを知っており、この法が人を済度する役割を果たすことができることも知っています。それでは考えてみてください。この法は人を済度することができますが、なぜ人を済度することができるのでしょうか? なぜ人を良くなるように変わらせることができるのでしょうか? その先決条件としては、あなたが良くなりたくなければ、誰もあなたを済度することはできません。しかも、あなたが良くなるということは、あなた自身が良くなりたかったからです。故に一挙一動でも真の修煉者の基準に符合しなければなりません。これは非常に厳粛な問題です!

 ある人はその顕示心が非常に目立っており、このまま続けていけば、法を破壊しかねず、その他一部の講習会に参加したことがない人や各煉功場の人に間違った認識をもたらし、場合によってはこれらの人もその人に追随して訳も分からずでたらめなことを行うかもしれません。ここで話しているのは、一人の輔導員としての責任の問題です。輔導員の責任はとても重要なのです。私は広州へ功を伝えに行く前、こう話したことがあります。つまり「輔導員の責任は寺院の住持に劣らない」ということです。なぜこのように言うのでしょうか? 本当に高次元へ功を伝えることは、つまり人を済度する問題です。本当に修煉に専念している人は、彼も真に修煉している人であり、ただ彼は宗教の中で修煉していますが、われわれ大多数は社会のこの形式の中で修煉しているのです。いずれも修煉する人なので、みんな一緒に煉功し、一緒に切磋琢磨し、一緒に向上する面においては、その責任者、つまりその輔導員はお寺の住持と同じ役割をしているのではありませんか? 私に言わせれば、末法時期には、われわれ法輪大法の学習者の心性は和尚の心性よりも高いのです。それでは、われわれの輔導員は寺院の住持、方丈よりも高いはずですが、我々の一部の輔導員はこの要求に達しているのでしょうか? 

 もちろん、我々在席の皆さんの中に講習会に参加したことがないのに輔導員になった人がいます。これは一つの問題です。しかし、この点に関して我々は反対しません。将来全国各地の煉功者がみな講習会に参加してからはじめて輔導員になれるようなことは不可能です。重要なのはあなたが輔導員としての基準に符合しているか、法に対してどの程度まで理解できているかのことです。もし言葉づかいや立ち居振る舞いさえも修煉者らしくなく、大法の修煉者らしくなければ、このような人は輔導員になってはいけません。われわれの修煉の目的はとても明確なので、つまり高次元へ修煉できることです。これについて講習会でわれわれはすでにはっきりと説明しました。考えてみてください。道を得たその真人、あるいは佛家が言ったその佛、菩薩は、あなたのような言葉づかいをするのでしょうか? あなたのような不純な思想があるのでしょうか? あなたのようなやり方で物事をするのでしょうか? もちろん、われわれは皆さんに対してこんなに高く要求しているわけではありません。皆さんはあくまで修煉中の人です。しかし、あなたは厳しく自分を要求すべきではありませんか? 

 大多数の学習者、大多数の輔導員はみな非常によくできており、大きな貢献をしましたし、皆を集めて学習することに苦労しています。われわれはみな自発的に修煉に来たので、あなたに官職を与えたり、成果を約束してあげたり、お金を儲けさせたりすることはありません。われわれは何の権力もなく、やらなければいけない義務もなく、いくら給料を貰えるということもありません。皆さんはみな自発的に無償で働いており、熱意と法に対する敬愛によってこの事を行っているのです。そうであれば、なぜわれわれはこの事がよく行われないのでしょうか? 先ほど私が話した講習会に参加したことがない人に対して、将来われわれは定期的に新しい学習者あるいは輔導員に対して養成訓練を行う必要があり、必ずこうしなければなりません。さもなければ追いついて来られないのです。古い学習者が一人もいない地区もありますが、それにしても輔導站を作らなければなりません。その場合、彼らに対して必要な養成訓練を行わなければなりません。もちろん養成訓練はこれからの事ですが、あなたが講習会に参加したことがあるかどうかに関わらず、我々の要求としては、今からすべての輔導員はこの法をよく理解できるようにしなければなりません。われわれの能力のある人、若くて精力旺盛の人は、年を取って記憶力が良くない人を除いて、皆さんはこの本を暗記すべきです。私が提出したことはかなり高く、要求したことはあまり高すぎたかもしれませんが、多くの地区で、多くの学習者がみな非常によく暗記できており、法を学ぶ時に本が要らなくなり、みな暗唱できます。この人たちに比べてみれば……私は故郷が東北にありますが、いつも北京に滞在しており、北京は研究会の所在地でもあり、私がここで行なった講習会の回数も割合多く、つまりわれわれの現在の基礎はここにあるのです。ですから、われわれ北京の学習者は率先して模範の役割を果たすべきだと私は思います。本来ならこの率先して模範の役は北京の学習者が果たすべきですが、現在全国各地の学習者はみなすでに学び始めました。

 法を学ぶことはどんな良いことがあるのでしょう? それはつまりわれわれの学習者が問題にぶつかったら自分で解決できることになるのです。もう一つは、もし誰かがでたらめなことを行うなら、学習者は自らそれを識別できることになるので、邪なこと、でたらめなことを行おうとする人はそれができなくなり、周りに許されないのです。今後我々は規範を設けて、あなたが法輪大法を修煉するならば、あなたが我々のこの大法の中で修煉したければ、あなたは法を学ばなければなりません。ただ動作を煉るだけではわれわれは認められません。これは皆さんに対する要求が高くなったわけではなく、この事はすでにひどくわれわれのこの法の名誉を傷つけたからです。動作だけを煉って心性を修めず、社会において何の配慮もせず、やりたい放題、常人の中で常人の行為よりも良くなく、私に言わせればこれはいけないことです。ですからこのような要求を出しました。 

 われわれの一部の学習者は顕示心が取り除かれていないため、このような様々な情況が現れました。例えば、常に自分を顕示したい人がいます。私はここでわれわれ輔導員のことを指しており、これは輔導員の会議だからです。私が学習者のことを指摘しても、学習者には聞こえないので、ここではわれわれ輔導員のことに限って話しています。顕示心が取り除かれず、この中に存在している一つの主要な原因はわれわれの多くの輔導員は法に対する理解が非常に低く、一般の学習者にも及ばないからです。これによって一つの問題が生じます。つまり学習者が分からない問題にぶつかった時、以前には本を読まず、学ばず、本を読んでも続かず、そうすると次のような事が現れます。つまり彼はさまざまな解決できない問題にぶつかったら、輔導員に聞きに行きます。輔導員は聞かれると、われわれの輔導員自身の心性の問題で……輔導員も法を学ばず、本を読まず、法に対する理解は中途半端なのです。それによって次のように思う学習者がいます。「もし私が答えられなかったら、私は威信を失ってしまい、皆さんを呼び集めて一緒に煉功することが難しくなるのではないか」。もちろん、目的はこの法を護るためかもしれません。つまり皆さんを呼び集めて一緒に煉功することはやりにくくなるのではと心配しているのです。そのために一部の輔導員は自分がまだ分かっていない問題に対して勝手に結論を下し、でまかせで話し、あるいは自分の感覚に頼って話してしまうのです。これは実質上、法を破壊することであり、非常に厳重に法を破壊することです。私が以前この問題について話したことがあり、自分の感覚に頼って、自分のいる次元で悟ったことに頼ってこの法を解釈してはいけないのです。この問題についてすでに明確に説明したのではありませんか? つまりこういう問題です! ですから我々の皆さんはくれぐれもこの事に気を付けてください。

 皆さんの目的は良く、この法を護るためです。自分の威信を高めるためではなく、「皆さんを呼び集めて煉功することができなくなれば、自分が仕事をうまくできなくなる」と心配しており、このような目的に基づいているかもしれません。しかし、私は皆さんに教えますが、この問題を解決する唯一の方法、唯一の方法は、あなたがこの法を会得し、この法を深く理解することです。それができれば、人に聞かれたら、あなたはこの法に従って説明すれば、すなわちこの法を講じているのです。功能の状態の各種の現われに関して、説明しなくてもよいのです。「さまざまな功能には万種類に上る功能の表現形式があり、どうやって説明してあげるのですか」と言えばよいのです。各種の状態、この状態、あの状態がありますが、あなたが自分を一人の煉功者とするなら、あなたはそれらのことに構わなくてもよいのです。ある状態はあなたが感じ取ることができますが、ある状態はあなたがまだ感じていないうちにすでにその段階は過ぎてしまいました。その功能は万種類にも止まらず、身体の中でちょっと動けば感じられます。その功能の中には強大な電気、強大な磁気を含んでおり、まだ他のものがあり、それらのものが動くとあなたに感覚があり、非常に敏感なのです。さまざまな状態、また演化によって生じた各種の生命体、これらのことをどうやって解釈してあげるのでしょうか。これらのことは解釈してあげなくてもよいのです。「これらのことはすべて正常な反応で、みな良いことです」と言ってあげたらよいでしょう。もし法を深く理解できたら、われわれは法に基づいて説明してもよいです。われわれは以前ずっとこの法を守りたく、皆さんに多く解釈してあげたいのですが、しかし、皆さんがよく理解できないことを心配していました。その主な原因はわれわれが法に対して深く理解できておらず、故に人に説明することができず、説明できないから面子を失うことに恐れ、でまかせに話してしまうからです。そういうことは厳重にこの法を破壊することではありませんか? 

 この顕示心がもし発展していけば、個人の名利に対する追求を助長するはずです。それは元々名利に対する追求から生じたものだからです。更に発展していけば、自分の勢力を形成し、自分はボスになるでしょう。そうなれば、「あなたたちはみな私の言った通りにしなさい! 李洪志さえも何かをする時、私の言った通りにしています」と言うでしょう。いずれも学習者は知らないので、彼は勝手に言うのです。甚だしきに至っては、彼は「李洪志も魔だ! 私の言ったことこそ正しい」と言うかもしれません。現在このような人がすでに一人現れたのではありませんか! これらの問題が現れたら非常に深刻なことです。われわれのこの法の中で、われわれの今在席の輔導員の中、われわれ北京のこのところで、このような事件はもう二度と現れるべきではないのですが、それでもやはりまだ現れました。このことはわれわれが法に対する理解が非常に浅いことを物語っているのです。そのために、現在何人かの人は過激なことを行い、非常に問題になっています。また一部の人は盲目に彼を崇拝しています。これらの事に関して、われわれはそのこと自体を問題視しており、人を指して言っているのではなく、つまりその事だけを言っているのです。皆さんはくれぐれもこれらの問題に注意しなければなりません。

 もう一つの情況はわれわれの輔導員の中で現れており、つまり一種の事を為す心です。これは歴史上にかつてなかったことで、今日のこの特殊な情況下に現れたことで、特殊な歴史時期に現れたことです。なぜこの情況が現れたのでしょうか? 歴史上にわれわれ中国人、または世界の他の地区の人々もみな同じですが、すべて家庭を中心としていたのです。しかし現代人、特にわれわれ中国人はみな仕事を持っており、一生の間仕事を続けてきたので、もし仕事が無くなったら精神が潰れてしまいそうになります。故に、このような情況が現れ、われわれのこの法輪大法を一種の事業として行うと、多くの輔導員はこのような心を抱いています。彼も法は素晴らしいと分かっており、そうでなければ彼はこのようにするわけはないのですが、その前提は間違いなく、彼は素晴らしいと知っています。しかし、彼は如何に法をよく学び、法をよく認識し、如何に法の中で自分を高めるという事を講じるのではなく、一種の事を為す心を抱いているのです。自分がすでに晩年に入り、今すでに退職しており、あるいはもうすぐ退職するので、する事がなく、今回する事が見つかって楽しくなり、しかもこの功も素晴らしいから、だと彼はこのような心を抱いています。皆さん考えてみてください。このような考え方は、われわれの法の要求からあまりに離れたのではありませんか? われわれはこの法に責任を持たなければならず、あなた個人の感情に責任を持つのではありません。あなたは自分がする事がないため、心を寄せるところがないため、やることを見つけたいと思い、そうではありませんか。これは一つのとても目立つ問題です。どんな考えを持って法に対処するのか、これはとても厳粛な問題です!

 人が修煉し、人が真に高次元へ修煉するのは、それは即ち他人を済度し自分自身を済度する問題です。あなたがこの思想の要求について来られなければ、あなたはこの仕事をうまくやり遂げることができません。そうではありませんか? 私は重ねて強調しており、全国各地でこの問題について話したこともあり、われわれはこの事を一つの事業団体、一つの経済実体、あるいは一つの企業部門としてやってはいけません。私はよく次の例を挙げますが、釈迦牟尼は当年法を伝えていた時にも、人がこの形式の中に陥ってしまうことを警戒していました。その時まだこれらの問題に及ぶことはなく、ただ名と利に対する追求の問題だけでした。釈迦牟尼はあなたにそれを絶たせるため、あなたを深山の中に連れていき、山の洞穴の中に入って修煉し、何もあなたに持たせず、物質上から絶たせて、人の各種の執着心、名利への執着をすべて捨てさせるようにしました。しかし我々は常人社会の中におり、皆さんは常人社会の中で修煉しており、みな自発的に修煉しているのです。実は私はここで皆さんを批判するつもりは全くなく、ただ皆さんの修煉に対して責任を持つため、あなたにこれらの高次元への修煉にひどく影響する障害を指し示しただけなのです。しかし我々は一人の輔導員として、責任の問題があり、もしあなたはよくできなければ、そのグループの人は皆あなたによって誤った道に入るかもしれません。もしそのグループの人が皆あなたによって誤った道に入ったら、自分がどうなるかは別として、あなたはこのグループの人を駄目にしてしまうかもしれません! 私はよくこの問題に触れ、この事を為すという心を指摘しています。もちろんそれにはそれなりのいいところもあり、我々はこの関係を正しく対処しなければなりません。皆さんは誰でも事を為したいという心がなく、誰も輔導員になりたがらなければ、我々の仕事もうまく進むことができなくなります。皆さんはこの事をしたい熱情を持たなければなりませんが、しかし出発点はこの法のためでなければいけません。法を学び、法を得、法を広めて人を済度するためなので、出発点は専ら何かの事を為すためにしてはいけません。この点において我々には不足があり、我々はよく反省すべきです。

 今後われわれ輔導員は必ずこの法を深く理解しなければなりません。そうすればこれらの問題は解決できると思います。それらの講習会に参加したことのない学習者も含めて必ず法を深く理解しなければなりません。ですから、われわれの輔導員に対する基準も高いのです。また、個人の感情に頼って対処する人もおり、「我々二人は仲が良く、我々二人は以前から仲が良いので、彼を連れてきて輔導員にさせます」と、このようにこの問題に対処してはいけません。必ずわれわれの中のよく勉強できた人、よく修煉できた人にこの仕事をさせるべきです。ここで皆さんに対する要求は高いかも知れません。地方の状態に関して私は知っていますが、何と言ってもここは北京であり、われわれの法輪大法研究会もここにあり、中心はここにあるので、ここの事がうまくできなければ他の地区にも影響を与えてしまいます。

 これ以上多く話したくありません。何と言ってもそれらは不足の面ばかりですから。皆さんを批判するつもりはありませんが、話したことはやはり不足の所です。この会には関係者以外の人を参加させないのも、今後の皆さんの仕事に影響を及ぼすことを心配しているため、関係者以外の人を参加させず、われわれ輔導員だけを参加させました。我々の輔導員が模範を示して、それらの事をよくできれば、我々の功派の建設、今後の順調な発展は、問題がないと思います。

 また「李洪志が外国に行って、もう帰らないかも知れない」という噂があります。この話を言う人は私を一般の常人と同じように見なしています。私が外国に出て、そこで少しお金を稼いで持って帰って、あるいはそこに永住すると思われています。私はそのような人ではありません。皆さんが知っているように、私は国外に親戚がおり、外国に出ようと思えばいつでも出られるし、そこの生活もここより良いのです。しかし私はこれらのものを追求しておらず、名誉や利益、享楽などこれらの事をいずれも追求しておらず、それらは私にとって何の意味もありません。しかし一部の人がこのことを知らず、このような考え方を持っているかもしれません。私がいない場合、一部の地区ではこのような問題が現れるかもしれません。修煉を指導するため、私がいない場合、一切の事はすべてわれわれ法輪功研究会によって統一に決定し、皆さんを率いて修煉するのです。以前研究会が打ち出したすべての決定はみな私の同意を経ており、私がどこにいても、彼らが決定を打ち出す時に必ず電話やファックスを通じて私と連絡を取ってから決定するのです。もう一つのことですが、私はすでに彼らに言いましたが、これも研究会自身に対して一つの試練です。つまり私がいない場合、うまく皆さんを率いることができるかどうか、これは彼らに対する試練でもあります。もちろん問題はないと私は思っています。なぜなら、彼らは私に付いている時間がかなり長いので、私のやり方、私のやりたいこと、法を広げるために全体的にやろうとする事に対して、彼らは比較的によく知っているからです。ですからここで明確に言いますが、私がいない時、研究会が打ち出した決定は、全国各地の輔導站がすべて従い、行わなければなりません。一人の輔導員としては更に垂直模範の作用を果たすべきです。

 輔導員に話題を戻して話しますが、われわれの多くの人はそれを一種の肩書としていますが、われわれは皆さんに常人の中の職位、職務の名称を呼ばせないのは、つまりこのことを避けたいからです。輔導員は何の官職でもありません。更に言えば、もしあなたが煉功場で人に威張るなら、その人が顔を背けてあなたを相手にしなければ、あなたはなす術もありません。あなたはさらに強く言うなら、相手は「私は煉功に来なければいいのでしょう」と言うかもしれません。ですから我々は何の権力もなく、皆さんは奉仕する気持ちでボランティアでこの事を行っており、皆のために良い事を行っているのです。ですから我々は仕事のやり方においても少し注意すべきです。何かの権力でも、何かの職位でもないので、輔導員を取り替えることはいつでもできると思います。このことに執着してはいけません。「私に輔導員をやらせるならやりますが、輔導員をやらせなければ、私は一般の煉功者として皆と一緒に煉功すればよい」という覚悟を持つべきです。実際は、輔導員は奉仕の仕事にすぎず、あなたに輔導員をさせたらあなたは必ず円満成就できるということでもありません! そういうことではなく、ただ皆のためにより多く貢献し、より多く魔難を受け、多く仕事を行うだけです。多くの地区にもこの情況が現われ、輔導員が取り替えられたら意気消沈になり、甚だしい場合は人を束ねて派閥を結成する人もいます。このような事は法輪大法の中に現われるべきではないと私は思います。修煉の人はこのような事をやっていいのですか? 私は我々の輔導員に対して言っています。我々はこのレベルでこれらの事を話しています。これらの事はあまり重く見てはならず、決して重く見てはいけません。

 しかし、それらの真に我々のこの法を傷つけた人に対して、彼は誰であっても構わず、そのような人が現れたら、すぐ取り替えなければなりません。我々は学習者に対して何の要求もなく、あなたが学びたければ学べばよく、学びたくなければ、それも仕方ありません。しかしあなたが学ぶなら、我々はあなたに責任を持たなければならず、あなたに教えなければなりません。一人の輔導員としては同じようにしてはなりません。あなたが良いようにできなければ、周りにも影響を及ぼし、他の人を妨害してしまうからです。ですから、でたらめなことを行う人が現れたら、すぐ取り替えなければなりません。ここで正式に皆さんに言いますが、四季青公園の煉功場のある学習者は、一時期のやり方にたいへん問題が多かったのですが、今になっても彼は自分の誤りを認めていません。もちろん我々は彼が誤りを認めることを求めていません。これらの事は彼が自分で直すべきですが、未だに彼は改める兆しがありません。しかもその影響は非常に良くないと聞いています。彼は私に対して、表面上からも裏からも、私に対して関係ありませんが、彼はこの法に影響したため、もう彼に輔導員をさせてはいけないのです。例えばある人は、「私が佛だ、私は誰それからやってきたのだ、私の法輪は家ほど大きい」、あるいは「私は李洪志よりも強い」と言っていますが、彼は何を言っても構わず、私も彼に干渉しません。しかし法輪大法輔導員の基準に符合しなければ、それではいけません。我々は彼を取り替えなければなりません。今後問題がなくなったら、また彼に站長をさせるかもしれません。我々は一時的な事で人の未来を判断してはいけません。つまりこういう問題です。ここでは誰かを批判し、誰かを責める意味はありません。我々は事に対して問題を言っており、人に対して言っているのではありません。つまり例を挙げているだけです。他に触れていないところに、このようなことはありませんか? もちろんあります。ただそれほど突出していないだけです。

 その他に、私が前回すでに話しましたが、つまり我々は必ず一つの法を学ぶ形勢を起こさなければなりません。必ずそうしなければなりません。法を深く理解して、この法を深く理解することができれば、誰かがでたらめにやろうと思ってもその環境が得られなくなります。彼の一念、一言に対して、あなたがすぐ彼の言ったことが正しいかどうか分かります。そうすれば、彼はまだでたらめなことができるのでしょうか? 邪なことやでたらめなことができないはずです。必ずそうなるのです。

 皆さんは皆この法が素晴らしいと知っていますが、実は、私は毎回の講習会で異なる角度から話しているのです。ある人は「私が聴いた先生の今日の講義はこう言われたのですが、別の講義では先生はあのように言われた」と言いました。実は同じ問題ですが、私は異なる角度から話したのです。しかし私が毎回説いた法は、あなたの今後の修煉の中で、あるいはあなたの今後の向上の中で、あるいは異なる時期にこの本を読む時に、あなたを指導するものがすべて含まれており、全部この本の中にあることにあなたは気づくはずです。この法の中には多くの異なる角度、異なる成分、異なる状態下で説いたものが含まれていますが、私は全部一つの状態下でそれを説き出しました。ですから、あなたが理解していけば必ず収穫が得られます。皆さんがしっかりこの法を学べば、問題ないはずだと私は思います。私の第三冊の本――『轉法輪』はもうすぐ出版されます。その中に私が説いた内容がすべて含まれており、比較的に全面的なもので、もうすぐ出版されます。最も早くこの本を読むことができ、最も早く受益できるのはやはり北京の学習者です。皆さんは法を多く学び、よく法を理解しなければなりません。

 私があれこれ話しましたが、目的は皆さんが真に向上できるためであり、そのために皆さんにこれらのことを話したのです。こんなに急に皆さんを呼び集めたのは、皆さんが将来の修煉過程の中でうまく把握できず、あるいはよく理解できず、あるいは私があなたを正しい道に導くことができず、途中で挫折してしまうことを心配しているからです。そうなれば、皆さんに申し訳ないと思います。ですから、皆さんを参集して、再度この事を説明しました。修煉の事は皆さん自分の事であり、将来誰かが落ちて、誰かが駄目になっても、私のところでは特別に何もしてあげられません。「私から見ればこの人は悪くない」と言って、あるいは私にその情況を説明したからと言っても、われわれは特別に何かをしてあげて、あなたを上がらせる、これはいけないことです。皆さんが知っているように、私が今日伝えたものは法であり、この法は宇宙の法です。もし私がこの法に従って行なわなければ、私は率先してこの法を破壊するのではありませんか? ですから完全に皆さんの自ら修めることによるのです。法は素晴らしく、人を済度することができ、人を救うこともできます。ただ皆さんが如何に法を理解し、如何に法を認識するかにかかっています。皆さんを呼び集めたのは、これらのことを話したいからです。くれぐれもこの会議は私が皆さんの不足を見たから、皆さんを叱責したいという会議だと見なさないでください。そうではありません。一部の問題は即時に指摘したほうが後に指摘するより良いと思います。我々の各地の輔導站の站長、或いは輔導員の中に、問題がある人を見たらすぐ責任者の役をやめさせました。この人は猛反省して、徐々に自分の問題を認識して、改めて修煉し始めました。站長や輔導員を担当するかしないかに関わらず、彼は同じように最後まで修煉できます。猛反省したので、かえって彼にとって非常に良かったのです。彼は自分でも自覚できたので、ずっと修煉し続けています。一部の人は、我々は再三に彼に機会を与えましたが、彼はどうしても悟らず、最後にはもう間に合わなくなって、彼はすでに完全に落ちてしまい、魔のような状態に変わりました。これは教訓です! 

 私は真っ直ぐに話をするのが好きなので、遠回しは好みません。最近のこの時期、我々の輔導站にしても、分站にしても、各煉功場の輔導員にしても、確かに多くの仕事を行いました。それによって、われわれのこの法は今日こんなに大きな影響があるようになりました。もちろん、法が素晴らしいということはその主な一面ですが、皆さんが多くの貢献をして、この法を護り、この法を宣伝するのも重要な一面です。実はこの法は、私に言わせればつまり宇宙の法であり、皆さんもこの中におり、この法の中に含まれています。そうであれば、この法はあなたたちのものでもあります。この法を護るかどうか、この法を宣伝するかどうか、この法を広めるかどうか、将来この法に同化するかどうか、すべて皆さん自身の事です。私はただこの法を説いて、この正しい道に皆さんを導いています。これは私が行うことです。真に将来圓満成就になるのは、それはあなた自身が修めたことによるものです。

 皆さんの時間をあまり多く使いたくありません。本来多くの人は先生が輔導員の会議で高次元へのものに関して何を説くのかと聞きに来たので、追求、執着、知識を探索する心を抱いて来たのです。これは非常に良くないことだと思います。私はもう多く話しません、これくらいにしたいと思います。皆さんは何か問題があれば、特別な問題があれば、少し時間を残して、問題を出してください。北京総輔導站は写真を撮るように段取りしていますが、後で各輔導站、各分站も皆さんを集めて写真を撮ってもよいです。皆さんと一緒に写真を撮っても構いません。これから皆さんは何か特別な問題があれば提出してください。私の話はこれぐらいにしましょう。

 また一部の学習者が各煉功場を見て回ってみたいということを私は聞きましたが、各煉功場を見て回ることも良いことで、互いに連絡を強め、相互に経験を学び、これも良いことです。しかし一部の人は別の煉功場に行く時、一種の顕示心を抱いているようです。「私はあれこれのことを知っています」と噂を伝え、あるいは「これらの事をあなたたちは知っていないですが、私は知っています」と言いふらして、いつもそうして……潜在的な僅かなそのような兆候があります。僅かですが、この法を利用して自分を持ち上げようとしています。これも顕示心なのです。明確に自分を持ち上げるつもりではなく、そうではありませんが、ただ僅かな顕示心があるだけです。この顕示心は修煉者にとって非常に有害なものです。

弟子:悟りを開いていない人はなぜ法身がありえるのか、と尋ねる学習者がいます。

師:悟りを開いていない人は注意してください! 悟りを開いていない人はもし修煉が佛の次元に達したら法身もありえます。しかし我々学習者の中に今は一人もおらず、他の功派の気功師を含めて一人もいません。私の知っている限り法身があるのは私一人しかいません。夢の中で我々の輔導員、我々の站長、また他の何かを見た人がいますが、それはあなたの考えとあなたのこの空間場が合わさり、あなたの空間場との対応関係によって映し出されたもので、これらのものを利用してあなたの空間場の範囲内に映し出されたそのような一つの状態です。その他に、一定の程度まで修煉できたら、もし鍵をかけていなければ分身することができます。つまり彼の主元神、身体は分身することができます。しかし、それはすべて小手先のもので、とても低い次元のやり方です。

弟子:ある人は自分が韋駄菩薩だと自称し、先生から学習者に植え付けられた法輪を取り出すことができると話しています? 

師:それは彼自身の心から魔が生じたことで、自分の心で演化したもので、彼自身が想像したものです。彼は取り出したのでしょうか? 取り出したのは彼自身が想像したものです。彼の空間場範囲内で自分が想像した影です。彼は何もできません。韋駄菩薩と自称しているのでしょうか? 私は皆さんに教えますが、すでに皆さんにこの事を話したことがありますが、末法の時期に高次元の生命でさえも劫難の中にあります。保護すべきものはみな保護されましたが、保護されていないものはみな爆発とともに壊滅され、今誰もいなくなりました。多くの人は観音菩薩を見ましたが、その像を持って開眼する学習者もいます。皆さんに教えますが、人が佛を拝むその瞬間に現れた心は最も慈悲で、最も善良な、最も良い心なのです。あなたのこの心を護るために、あなたに観音菩薩の形象を見させたのです。実はすべて私の法身の現れです。以前の講習会で私はすでにこの問題を話したことがあります。


法輪大法北京指導総站による録音



戻る

法輪大法の書籍