再版の言葉



 『法輪大法義解』は当初出版した時、主に輔導員の素質と輔導能力を高めるためでした。一般の新しい学習者が受け入れられなければ、大法に損失と妨害をもたらすので、発行の範囲を縮小させました。

 全国の弟子が法を学び実修することを展開してから、皆さんは大法に対する理解を深めました。実修を通じて大法の弘大さと次元の向上との緊密な関係を実際に感得し、認識も著しく向上しました。この情況下で、私は『法輪大法義解』を再版発行することにしました。ただし皆さんは一つの傾向に注意すべきです。つまり、大法の中で新奇を探し求めてはいけません。確かに絶えず私がまた何を説いたのか、また何か新しい本が出版されたのか、また何か新しい指示があったのか……等々を探している人がいます。心が動ぜず着実に修めなければなりません。実は更にいくら経書を出版しても、いずれも『轉法輪』のための補助材料にすぎません。真に修煉を指導するのは『轉法輪』しかありません。その中には常人の次元から無比に高い次元までの内涵が含まれており、あなたが修め続けさえすれば、『轉法輪』は永遠にあなたが修煉して向上することを指導できます。

 『轉法輪』は文章の表面上においてきらびやかではありません。甚だしきに至っては、現代の文法に符合しないこともあります。しかし、私がもし、現代的な文法でこの大法の本を整理したなら、一つの重大な問題が現われます。文章の言語構造は規範的で美しくても、さらに深く、さらに高い内涵はありえないのです。それと言うのも、現代の規範的な語彙では、大法のさらに高い異なる次元での指導と法の各次元での現われを示して、学習者の本体と功の演化ならびに向上のこの種の実質的な変化をもたらす術が、まるでないからです。
 
 この『義解』も同様に皆さんが『轉法輪』をよく勉強できるために補助材料として出版したのです。大法弟子が法を師として妨害を排除し、堅実に修めるよう希望します。これがすなわち精進です。

李 洪 志          




戻る

法輪大法の書籍