轉 法 輪


論 語

 
 
 大法ダーファ創世主そうせいしゅ智慧ちえです。大法ダーファ天地てんち開闢かいびゃくし、宇宙うちゅう造化ぞうかする根本こんぽんであり、なかふくまれるものはきわめて洪大こうだいかつ細微さいびで、ことなる天体てんたい次元じげんにそれぞれのあらわれがあります。天体てんたいもっともミクロなところからもっともミクロな粒子りゅうししょうじるところまで、一層いっそう一層いっそう粒子りゅうしはかれないほどあり、ちいさいものからおおきいものまで、そして表層ひょうそう人類じんるいっている原子げんし分子ぶんしほし星系せいけいからさらにおおきいものにいたるまで、おおきさのことなる粒子りゅうしおおきさのことなる生命せいめいと、宇宙うちゅう天体てんたいあまねひろがるおおきさのことなる世界せかい構成こうせいしました。ことなる次元じげん粒子りゅうし本体ほんたいにいる生命せいめいにとって、この次元じげん粒子りゅうしよりおおきい粒子りゅうしかれらの天空てんくうにあるほしであり、どの次元じげんおなじです。宇宙うちゅうかく次元じげん生命せいめいにとって、それはきることはないのです。大法ダーファはほかにも時間じかん空間くうかんおおくの生命せいめい種類しゅるい万事ばんじ万物ばんぶつつくりあげ、ふくまれないものはなく、れるものはありません。これは大法ダーファしんぜんにんという特性とくせいことなる次元じげんでの具体ぐたいてきあらわれなのです。
 人類じんるい宇宙うちゅう生命せいめい探求たんきゅうする手段しゅだんがいくら発達はったつしても、次元じげんひく宇宙うちゅう人類じんるい存在そんざいしている空間くうかん一部いちぶ洞察どうさつしているにぎません。先史せんし人類じんるい幾度いくどとなくあらわれた文明ぶんめいなかで、いずれもほかのほし探求たんきゅうしたことがありますが、いくらたかとおくまで到達とうたつしても、人類じんるい存在そんざいする空間くうかんからはなれてはいません。人類じんるいは、永遠えいえんしん宇宙うちゅう真実しんじつあらわれを認識にんしきすることができないのです。人類じんるいが、宇宙うちゅう時空じくう人体じんたいなぞかしたいとおもうならば、正法しょうぼうなか修煉しゅうれんし、正覚しょうがくて、生命せいめい次元じげんたかめるしかありません。修煉しゅうれんによって道徳どうとくせいたかめられ、しん善悪ぜんあくしの分別ふんべつがつき、人類じんるい次元じげんからすと同時どうじに、やっと真実しんじつ宇宙うちゅうおよことなる次元じげんことなる空間くうかん生命せいめいたり、それらに接触せっしょくしたりすることができるのです。
 人類じんるい探求たんきゅう技術ぎじゅつ競争きょうそうのためであり、生存せいぞん条件じょうけん改変かいへんすることを口実こうじつにしていますが、おおくはかみたいする排除はいじょ人類じんるい道徳どうとくをもってみずからをりっすることへの放縦ほうじゅう根底こんていにあるため、以前いぜん人類じんるいあらわれた文明ぶんめい幾度いくどとなく壊滅かいめつさせられました。探求たんきゅう物質ぶっしつ世界せかいなかかぎられており、ひとつの物事ものごと認識にんしきされてからそれを研究けんきゅうするという方法ほうほうっています。しかし、人類じんるい空間くうかんれることもることもできなくても、客観きゃっかんてき存在そんざいし、確実かくじつ人類じんるい現実げんじつなか反映はんえいされてきた現象げんしょうたいして、精神せいしん信仰しんこうかみ言葉ことばかみ奇跡きせきふくめて、かみ排除はいじょしているがゆえに従来じゅうらいかられる勇気ゆうきはありません。
 もし、人類じんるい道徳どうとくもとづき人間にんげん品行ひんこう観念かんねんたかめることができれば、人類じんるい社会しゃかい文明ぶんめいすえながつづきます。かみ奇跡きせき人類じんるい社会しゃかいふたたあらわれるのです。過去かこ人類じんるい社会しゃかいにも幾度いくどとなく、ひとかみとともにあった文化ぶんかあらわれ、人類じんるい生命せいめい宇宙うちゅうたいする本当ほんとう認識にんしきたかめました。人類じんるいは、大法ダーファのこのでのあらわれにたいして、しかるべき敬虔けいけん尊重そんちょう体現たいげんすることができれば、人々ひとびと民族みんぞくあるいは国家こっか幸福こうふく栄光えいこうをもたらすことでしょう。天体てんたい宇宙うちゅう生命せいめい万事ばんじ万物ばんぶつ宇宙うちゅう大法ダーファによってひらかれたため、生命せいめい大法ダーファから背離はいりすれば、それは本当ほんとう堕落だらくとなります。ひとは、大法ダーファ一致いっちすることができれば本当ほんとうひとであり、同時どうじ善報ぜんぽう福寿ふくじゅることができます。修煉しゅうれんしゃとして、大法ダーファ同化どうかすることができれば、あなたは得道とくどうしたものすなわかみとなるのです。

李 洪 志
二〇一五年五月二十四日



戻る

法輪大法の書籍