轉 法 輪


第三講

 

 わたしは学習者がくしゅうしゃをすべて弟子でしとする


 みなさんはわたしがどんなことをしているのか、おかりでしょうか? わたしは、独学どくがくしん修煉しゅうれんするものをもふくめて、すべての学習者がくしゅうしゃ弟子でしとしてみちびいています。 たか次元じげんへのこうつたえるには、このようにみなさんをみちびかなければなりません。 さもないと、無責任むせきにんで、でたらめなことをすることになります。 われわれはみなさんにこんなにおおくのものをあたえました。 これほどおおくの常人じょうじんるべからざるおしえ、この大法ダーファつたえたばかりでなく、さらにたくさんのものをもさづけることになっています。 身体からだ浄化じょうかしてあげましたが、ほかにもおおくのことがからんできます。 ですからあなたを弟子でしとしてみちびかなければ、絶対ぜったい駄目だめなのです。 勝手かって常人じょうじんにこんなにおおくの天機てんきらすことはゆるされません。ただし、いま時代じだいわりましたので、叩頭こうとう儀式ぎしきのような形式けいしきはとりません。 あんな形式けいしきなんやくにもたず、やりだすと宗教しゅうきょうみたいなものになってしまうので、われわれはそんなことをしません。 たとえ弟子入でしいりの儀式ぎしきをやっても、あなたがここからはなれればまたもと木阿弥もくあみになり、常人じょうじんなかあいわらぬ行動こうどうをし、名利みょうりのためにあらそったり、たたかったりしたのでは、なん意味いみがあるでしょうか? もしかすると、わたしの看板かんばんかかげて、大法ダーファ名誉めいよどろるようなことさえやりかねません!
 本当ほんとう修煉しゅうれんは、すべてあなたのこころにかかっています。 あなたが修煉しゅうれんできさえすれば、着実ちゃくじつるぎなく修煉しゅうれんしていきさえすれば、われわれはあなたを弟子でしとしてみちびきます。 そういうふうにあつかわなければいけないのです。 かならずしも本当ほんとう修煉者しゅうれんしゃとしての自覚じかくをもって修煉しゅうれんつづけていけないひともおり、不可能ふかのうひともいるでしょう。 しかし大勢おおぜいひとしん修煉しゅうれんつづけていくにちがいありません。 あなたが修煉しゅうれんつづけるかぎり、われわれはあなたを弟子でしとしてみちびきます。
 毎日まいにちいくつかの動作どうさおこなうだけで、法輪大法ファルンダーファ弟子でしえるのでしょうか? そうとはかぎりません。 本当ほんとう修煉しゅうれんしようとおもえば、われわれの心性しんせい基準きじゅんもとづいてみずからをりっし、本当ほんとう心性しんせいたかめなければならず、それこそが本当ほんとう修煉しゅうれんです。 ただ動作どうさだけをやっても、心性しんせい向上こうじょうせず、一切いっさい加持かじするつよいエネルギーがなければ、それは修煉しゅうれんとはえず、われわれもあなたを法輪大法ファルンダーファ弟子でしとしてみとめるわけにはいきません。毎日まいにち煉功れんこうをしていても、法輪大法ファルンダーファ要求ようきゅうしたがわず、心性しんせい向上こうじょうさせず、常人じょうじんなか元通もとどおりにふるっていては、そのうちに、なにか厄介やっかいなことにうかもれません。 もしかすると、あなたは法輪大法ファルンダーファをやっているからおかしくなったといだすかもれません。 そういうことはいずれもこりうるのです。ですから、みなさんのやることがわれわれの心性しんせい基準きじゅん要求ようきゅうたしてこそ、はじめて本当ほんとう修煉者しゅうれんしゃであるとえます。 みなさんにはっきりおはなししたのですから、今後こんごおがむとかいう形式けいしきをやりたいなどとわないでください。 本当ほんとう修煉しゅうれんさえすれば、あなたにたいしてふさわしいあつかいをします。わたしの法身ほうしんかぞれないほどおおいので、ここにいるこれぐらいの学習者がくしゅうしゃはもとより、もっとおおくてもわたしは面倒めんどうることができます。
 

 佛家ぶっけこう佛教ぶっきょう


 佛家ぶっけこう佛教ぶっきょうではありません。 このてんみなさんのためにはっきりさせる必要ひつようがあります。 じつは、道家どうけこう道教どうきょうではありません。 このあたりのことをいつまでたってもからないひとがいます。 一部いちぶてら和尚おしょう居士こじは、佛教ぶっきょうのことについてなら自分じぶんがよくっているとおもい、われわれの学習者がくしゅうしゃあいだで、佛教ぶっきょうについてさかんに宣伝せんでんしています。 そのようなことはやめるように忠告ちゅうこくします。なぜなら、それはおな法門ほうもんではないからです。 宗教しゅうきょうには宗教しゅうきょう形式けいしきがあり、わたしがここでつたえているのは法門ほうもん修煉しゅうれんほう一部いちぶです。 法輪大法ファルンダーファ専修せんしゅう弟子でし以外いがい宗教しゅうきょうという形式けいしきりませんから、末法まっぽう時期じきにある佛教ぶっきょうとはちがうのです。
 佛教ぶっきょうほうは、佛法ぶっぽうなかのわずかな一部いちぶぎず、まだまだたくさんの奥深おくぶか大法たいほうがあり、それぞれのかく次元じげんにはさらにことなるほうがあります。 釈迦牟尼しゃかむに修煉しゅうれんには八万四千はちまんよんせん法門ほうもんがあるとっています。 佛教ぶっきょう法門ほうもんかぎられており、天台宗てんだいしゅう華厳宗けごんしゅう禅宗ぜんしゅう浄土宗じょうどしゅう密教みっきょうなど、かぞえられるほどの法門ほうもんしかなく、端数はすうにもおよびません! ですから、それは佛法ぶっぽうのすべてを概括がいかつすることはできず、佛法ぶっぽうのほんのわずかないち部分ぶぶんぎません。 法輪大法ファルンダーファ八万四千はちまんよんせん法門ほうもんなかひとつで、原始げんし佛教ぶっきょうおよび末法まっぽう時期じき佛教ぶっきょうとは関係かんけいがなく、今日こんにち宗教しゅうきょうとも無関係むかんけいです。
 佛教ぶっきょうは、せんひゃくねんまえに、古代こだいインドで釈迦牟尼しゃかむにによって創立そうりつされたものです。当時とうじ釈迦牟尼しゃかむにこうひらさとりをひらいたあと記憶きおくにある、以前いぜん自分じぶん修煉しゅうれんしたものをおもし、それをつたえて、ひと済度さいどしました。かれ法門ほうもんは、いくまんかん経典きょうてんされていても、じつさん文字もじにまとめられます。かれ法門ほうもん特徴とくちょうは、「かいじょう」といます。かいとは、常人じょうじんなか一切いっさい欲望よくぼういましめること、強制的きょうせいてき利益りえきたいする追求心ついきゅうしんうしなわせ、俗世間ぞくせけんのすべてのものを一切いっさいらせるなどの意味いみです。そうすれば、こころくうになり、なにかんがえなくなるので、じょうになります。 これらはたがいにたすけあってつものです。 じょういたれば、坐禅ざぜんんで着実ちゃくじつ修煉しゅうれんをし、定力じょうりきによってうえへと修煉しゅうれんします。 それはこの法門ほうもんにおける本当ほんとう修煉しゅうれん部分ぶぶんです。 それは手法しゅほうおもんぜず、自分じぶん本体ほんたいえようともしません。ただ次元じげん相応そうおうするこうおさめるだけなので、ひたすら心性しんせい修煉しゅうれんをします。めいおさめないため、こう演化えんか問題もんだいにしません。同時どうじじょうなか定力じょうりきつよめ、坐禅ざぜんなかくるしみにえることによって、自分じぶんごうめっするわけです。 とはさとりをひらき、大智大慧だいちだいえとなることです。 宇宙うちゅう真理しんりえ、宇宙うちゅうかく空間くうかん真相しんそうえ、おおいに神通力じんつうりきあらわします。 ひらく、さとりをひらくことは、こうひらくともばれます。
 釈迦牟尼しゃかむにがこの法門ほうもん創立そうりつした当時とうじ、インドではやっつの宗教しゅうきょう同時どうじつたわっていました。 なかでもふか勢力せいりょくおおきかったのはバラモンきょうでした。 釈迦牟尼しゃかむに在世中ざいせちゅう、ずっと宗教しゅうきょうとイデオロギーのめんたたかっていました。 釈迦牟尼しゃかむにつたえたのは正法しょうぼうなので、ほうつたえていくなかで、かれつたえる佛法ぶっぽうはどんどんさかんになりました。一方いっぽう宗教しゅうきょうはますますおとろえ、あのふか勢力せいりょくおおきいバラモンきょうでさえ滅亡めつぼうひんする状態じょうたいにありました。 しかし、釈迦牟尼しゃかむに涅槃ねはんはいったあと宗教しゅうきょうがまた復興ふっこうし、とくにバラモンきょうふたたさかんになりました。 それにたいし、佛教ぶっきょうはどうなったのでしょうか? 一部いちぶ僧侶そうりょはそれぞれの次元じげんこうひらき、さとりをひらきましたが、いずれも次元じげんひくかったのです。 釈迦牟尼しゃかむに如来にょらい次元じげんたっしましたが、おおくの僧侶そうりょはそこまでたっしませんでした。
 佛法ぶっぽう次元じげんちがえば、ちがったあらわれかたをしますが、次元じげんたかいほど真理しんりちかく、ひくいほど真理しんりからとおいのです。 だからこそひく次元じげんこうひらき、さとりをひらいた僧侶そうりょたちは、自分じぶんのいる次元じげんえた宇宙うちゅう様子ようすかったこと、さとっただけから、釈迦牟尼しゃかむにべたことを解釈かいしゃくしていました。つまりかれらは、釈迦牟尼しゃかむにつたえたほうをあれやこれや勝手かって解釈かいしゃくしていたのです。 なかには自分じぶんさとったものを釈迦牟尼しゃかむにったこととしてつたえるものもいて、釈迦牟尼しゃかむに元来がんらい言葉ことばかたらなくなりました。 こうして佛法ぶっぽう姿すがたはすっかりわって、釈迦牟尼しゃかむにつたえたほうとはまったくちがうものになってしまったので、ついに佛教ぶっきょうなか佛法ぶっぽうがインドから姿すがたしました。これは重大じゅうだい歴史的れきしてき教訓きょうくんで、それ以降いこうインドではかえって、佛教ぶっきょうがなくなってしまいました。 なくなるまえに、佛教ぶっきょう度重たびかさなる改良かいりょうて、最後さいごにはバラモンきょうのものとわさり、インドでヒンズーきょう今日こんにち宗教しゅうきょうになったわけです。 ほとけつかえることはせず、ほかのものにつかえるようになり、釈迦牟尼しゃかむにのことも信奉しんぽうしなくなりました。 こういう状況じょうきょうになったわけです。
 佛教ぶっきょう発展はってん過程かていで、なんおおきな改良かいりょうがありました。 ひとつは釈迦牟尼しゃかむにってからもなく、あるものたちが釈迦牟尼しゃかむにいたこう次元じげんもとづいて、大乗だいじょう佛教ぶっきょう創立そうりつしました。その一方いっぽうで、釈迦牟尼しゃかむにおおやけいたほう普通ふつうひとかせるもので、おのれの解脱げだつ羅漢らかん果位かいたっするためのものであるとかんがえ、衆生しゅじょう済度さいどとなえないものを、小乗しょうじょう佛教ぶっきょうびました。 東南とうなんアジア諸国しょこく和尚おしょう原始げんしてき釈迦牟尼しゃかむに時代じだい修煉しゅうれんほうたもっており、かん民族みんぞく地域ちいきではそれを小乗しょうじょう佛教ぶっきょうんでいます。 もちろんかれ自身じしんみとめておらず、自分じぶんたちこそ釈迦牟尼しゃかむに本来ほんらいのものをいでいるとかんがえています。 実際じっさいそのとおりで、かれらは基本的きほんてき釈迦牟尼しゃかむに時代じだい修煉しゅうれんほういでいるのです。
 改良かいりょう大乗だいじょう佛教ぶっきょうは、中国ちゅうごくはいって、中国ちゅうごく定着ていちゃくしましたが、それがいま中国ちゅうごくつたわっている佛教ぶっきょうです。 実際じっさいそれは釈迦牟尼しゃかむに時代じだい佛教ぶっきょうとはてもつかないものとなっており、服装ふくそうから、さとりにいた状態じょうたい修煉しゅうれん過程かていまですべてわっています。 原始げんし佛教ぶっきょう釈迦牟尼しゃかむにだけを本尊ほんぞんとしてつかえていましたが、現在げんざい佛教ぶっきょうにはおおくのほとけだい菩薩ぼさつなどがあらわれ、しかも、多佛たぶつ信仰しんこうとなっています。 おおくの如来佛にょらいぶつたいする信仰しんこうあらわれましたので、一種いっしゅ多佛たぶつ佛教ぶっきょうとなっています。 たとえば、阿弥陀佛あみだぶつをはじめ、薬師佛やくしぶつ大日如来だいにちにょらいなどなど、それにおおくのだい菩薩ぼさつあらわれています。 そうなると佛教ぶっきょうは、釈迦牟尼しゃかむに創立そうりつした当初とうしょときとはまったくちがうものとなってしまいました。
 このあいだ改良かいりょうもあり、竜樹りゅうじゅ菩薩ぼさつ秘密ひみつ修煉しゅうれん方法ほうほうつたえました。 それはインドからアフガニスタンを経由けいゆして、中国ちゅうごく新疆しんきょうはいり、かん民族みんぞく地域ちいきつたわってきました。 ときはちょうど、とう時代じだいたりますので、唐密とうみつばれました。中国ちゅうごく儒教じゅきょう影響えいきょうおおきいので、道徳どうとくかん民族みんぞくちがいます。その密教みっきょう修煉しゅうれんほうなか男女だんじょ双修そうしゅうのものがあり、当時とうじ社会しゃかいれられなかったので、とう会昌かいしょう年間ねんかん佛教ぶっきょうほろぼすとき、それはのぞかれ、とうみつかん民族みんぞく地域ちいきからえたわけです。いま日本にほん東密とうみつがあり、当時とうじ中国ちゅうごくからまなんでいったものですが、灌頂かんじょうけていませんでした。密教みっきょうによれば、灌頂かんじょうけずに、密教みっきょうのものをまなんだら、ほうぬす行為こういなされますので、親授しんじゅとはみとめられません。もうひとつのルート、インドからネパールを経由けいゆして、チベットにつたわったものは、チベット密教みっきょうばれ、今日こんにちまでつたわっています。佛教ぶっきょう大体だいたいこのような状況じょうきょうです。わたしはきわめて簡単かんたんに、その発展はってん変化へんか過程かてい概括がいかつしておはなししました。佛教ぶっきょう発展はってんする過程かていにおいて、達磨だるま創立そうりつした禅宗ぜんしゅう、さらに浄土宗じょうどしゅう華厳宗けごんしゅうなどもあらわれましたが、いずれも釈迦牟尼しゃかむに当時とうじいたものからさとりをつくったもので、改良かいりょうされた佛教ぶっきょうぞくします。佛教ぶっきょうにはこれらじゅうすうしゅ法門ほうもんがありますが、いずれも宗教しゅうきょう形式けいしきをとっているので、みんな佛教ぶっきょうぞくしています。
 今世紀こんせいきまれた宗教しゅうきょう、いや今世紀こんせいきにとどまらず数世紀すうせいきまえから世界せかい各地かくちあらわれたたくさんのしん宗教しゅうきょう、それらのほとんどは偽物にせものです。大覚者だいかくしゃたちがひと済度さいどするとき、みな自分じぶん天国てんごくっています。釈迦牟尼しゃかむに阿弥陀佛あみだぶつ大日如来だいにちにょらいなどの如来佛にょらいぶつは、いずれも自分じぶん主宰しゅさいしている世界せかいがあり、そこへひと済度さいどしています。われわれの銀河系ぎんがけいには、そのような世界せかいひゃく以上いじょうあり、われわれ法輪大法ファルンダーファにも法輪ファルン世界せかいがあります。
 にせ法門ほうもんは、ひとをどこへ済度さいどしようというのでしょうか? かれらが伝授でんじゅしたのはほうではないので、ひと済度さいどできません。もちろん、一部いちぶもの宗教しゅうきょう創立そうりつした当初とうしょ目的もくてきは、正教せいきょう破壊はかいするとなりたいわけではありませんでした。かれらは、それぞれの次元じげんこうひらさとりをひらいて、多少たしょうえましたが、ひと済度さいどする覚者かくしゃにはほどとおく、非常ひじょうひくいものでした。かれらは一部いちぶかり、常人じょうじんなか一部いちぶのことが間違まちがっているのにづき、どうやっていことをするかを人々ひとびとおしえたりもして、はじめのころはほか宗教しゅうきょう反対はんたいするようなこともしませんでした。やがて人々ひとびとかれらを信奉しんぽうするようになり、かれらのはなし道理どうりがあるとおもい、ますますかれらをしんじるようになって、結局けっきょく人々ひとびとかれらを崇拝すうはいするようになり、宗教しゅうきょう崇拝すうはいしなくなってしまいました。かれらには名利みょうりしん芽生めばえ、人々ひとびと自分じぶんなにかにまつりあげさせ、それ以降いこうあたらしい宗教しゅうきょうをこしらえました。みなさんにっておきますが、それらはすべて邪教じゃきょうで、たとえひとがいくても邪教じゃきょうです。なぜなら、人々ひとびと正教せいきょう信仰しんこうすることを妨害ぼうがいしているからです。正教せいきょうひと済度さいどするものですが、それらにはできないのです。時間じかんつにつれて、それどころかひそかに悪事あくじはたらはじめます。最近さいきんこういったたぐいのもののおおくが中国ちゅうごくにもはいってきています。いわゆる「観音かんのん法門ほうもん」というのはそのひとつです。ですからみなさんは、こういうものに十分じゅうぶん注意ちゅういしてください。ひがしアジアのあるくににはせんあまりもの宗教しゅうきょうがあるとわれ、東南とうなんアジアや西側にしがわ諸国しょこくには、どんなものへの信仰しんこうもあり、あるくにには公然こうぜん巫教ふきょうがあります。これらはすべて末法まっぽう時期じきあらわれたです。末法まっぽう時期じきとは佛教ぶっきょうだけをしているのではなく、かなりたか次元じげんからしたまでのおおくの空間くうかん堕落だらくしていることをしています。末法まっぽうとは、佛教ぶっきょう末法まっぽうのみならず、人類じんるい社会しゃかい道徳どうとく維持いじするためのこころほう規制きせいうしなったことをうのです。
 

 修煉しゅうれん専一せんいつでなければならない


 われわれは、修煉しゅうれん専一せんいつでなければならないとっていますが、どんな方法ほうほう修煉しゅうれんするにしても、ほかのものをぜて、いい加減かげんおさめてはいけません。佛教ぶっきょう修行しゅぎょうをしながら、法輪大法ファルンダーファ修煉しゅうれんをする居士こじがいます。忠告ちゅうこくしますが、あなたは最終さいしゅうてきなにられないのであって、だれあたえてくれるはずがありません。われわれはどちらも佛家ぶっけではありますが、ここに心性しんせい問題もんだい専一せんいつ問題もんだいがあります。あなたは身体からだひとつしかっていないのに、その身体からだから、どのもんこうすのですか? どうやって演化えんかしてあげたらいいのですか? あなたはどこへこうとするのですか? その法門ほうもん修煉しゅうれんしていれば、そこへくことになります。浄土宗じょうどしゅう修煉しゅうれんすれば、阿弥陀佛あみだぶつ極楽ごくらく世界せかいき、薬師佛やくしぶつのものを修煉しゅうれんすれば、瑠璃るり世界せかいくことになります。宗教しゅうきょうではこのようにうのであって、不二法門ふじほうもんっています。
 われわれはここで煉功れんこうについてかたっていますが、こう演化えんかぜん過程かていは、間違まちがいなく自分じぶん修煉しゅうれんする法門ほうもんしたがってすすむものです。あなたはいったいどこへこうとするのですか? あなたが二股ふたまたかけているなら、なにられません。煉功れんこうと、寺院じいんでの佛道ぶつどう修行しゅぎょうとのあいだ混合こんごうしてはいけないだけではなく、修煉しゅうれん方法ほうほう気功きこう気功きこう宗教しゅうきょう宗教しゅうきょうあいだぜるわけにはいきません。同一どういつ宗教しゅうきょうなかでも、ちが法門ほうもんのものをぜて修煉しゅうれんしてはいけません。ひとつの法門ほうもんえらんでおさめなければなりません。浄土じょうど修煉しゅうれんをするのであれば、浄土じょうどの、密教みっきょう修煉しゅうれんをするのであれば、密教みっきょうの、禅宗ぜんしゅう修煉しゅうれんをするのであれば、禅宗ぜんしゅうのものでなければいけません。二股ふたまたかけて、あれもこれも修煉しゅうれんしようとすれば、なにられません。つまり、佛教ぶっきょうなかでさえ、不二法門ふじほうもんのことをおもんじなければならず、わせて修煉しゅうれんすることはゆるされません。それらも煉功れんこうであり、修煉しゅうれんであるので、そのこう生成せいせいする過程かていはそれ自身じしん法門ほうもん修煉しゅうれん演化えんか過程かていしたがってすすんでいます。空間くうかんにもこう演化えんかする過程かていがあり、それもきわめて複雑ふくざつ玄妙げんみょう過程かていであり、やはり勝手かってべつのものをぜておさめてはいけないのです。
 佛家ぶっけこう修煉しゅうれんしているのだといて、すぐにわれわれの学習者がくしゅうしゃてられてって、帰依きえさせようとする居士こじもいます。注意ちゅういしておきますが、ここにいる学習者がくしゅうしゃだれもこのようなことをしないでください。われわれの大法ダーファ破壊はかいするだけではなく、佛教ぶっきょう戒律かいりつをも破壊はかいすることになり、同時どうじに、学習者がくしゅうしゃ妨害ぼうがいしてなにられないようにするので、ゆるされないことです。修煉しゅうれん厳粛げんしゅくなことで、ひとつに専念せんねんしなければなりません。われわれが常人じょうじんなかつたえているものは宗教しゅうきょうではありませんが、修煉しゅうれん目標もくひょう一致いっちしており、いずれもこうひらき、さとりをひらき、圓満えんまん成就じょうじゅするという目的もくてき達成たっせいしようとするものです。
 釈迦牟尼しゃかむには、末法まっぽう時期じきいたると、寺院じいん僧侶そうりょたちも自分じぶん自身じしんさえ済度さいどできなくなるとっていましたが、まして居士こじなど、なおさらかまってくれるものもいません。あなたがある弟子でしりしたつもりでも、その修煉者しゅうれんしゃぎず、着実ちゃくじつ修煉しゅうれんしなければかれ駄目だめなのです。こころおさめなければだれ成就じょうじゅできるはずがありません。帰依きえ常人じょうじんなか形式けいしきであり、帰依きえしたからといって佛家ぶっけものになったとうのですか? ほとけ面倒めんどうてくれるとでもうのですか? とんでもありません。毎日まいにちあたまにつけてるほどおがんでも、線香せんこうたばにしてやしても、なんやくにもちません。自分じぶんこころ着実ちゃくじつおさめなければなんにもなりません。末法まっぽう時期じきになって、宇宙うちゅうはすでにおおきくわっており、宗教しゅうきょう信仰しんこう世界せかいまで堕落だらくしてしまって、功能こうのうのある(和尚おしょうふくむ)ものも、このことにづいています。いまのところ、ぜん世界せかい正法しょうぼうおおやけつたえているひとはわたし一人ひとりしかいません。わたしは前人ぜんじんだれもがしたことのないことをしており、しかもこの末法まっぽう時期じきに、こんなにおおきなもんひらきました。じつ千年せんねんいち、いや万年まんねんいち出会であえるかどうかの機会きかいですが、しかし、済度さいどできるかどうか、つまり修煉しゅうれんできるかどうかは本人ほんにん次第しだいです。わたしは厖大ぼうだい宇宙うちゅうはなしているのです。
 べつにどうしてもこの法輪大法ファルンダーファまなべとっているわけではなく、わたしはひとつのをおはなししているのです。修煉しゅうれんしようとすれば、ひとつに専念せんねんしなければなりません。でなければ、修煉しゅうれんできるはずがありません。もちろん、修煉しゅうれんしたくないなら、われわれも面倒めんどうません。ほう本当ほんとう修煉しゅうれんするひとかせるものですから、かならひとつに専念せんねんしなければならず、功法こうほう意念いねんさえもぜてはなりません。わたしはここで意念いねん活動かつどうというものをいません。法輪大法ファルンダーファにはいかなる意念いねん活動かつどうもないので、みなさんもそのなか意念いねんにまつわるものをくわえないでください。このてんにはかなら注意ちゅういしていただきたいのです。佛家ぶっけくうとなえ、道家どうけとなえていますが、基本的きほんてき意念いねん活動かつどうはありません。
 ある、わたしは自分じぶん思惟しい五人ごにんのきわめてたか次元じげんにいる大覚者だいかくしゃ大道だいどうとつないだことがあります。その次元じげんたかさとえば、常人じょうじんからればしんじられないほどたかいのです。かれらはわたしがなにかんがえているのかをりたがっています。わたしは長年ながねん修煉しゅうれんており、わたしがなにかんがえているのか他人たにんにはかるはずがありません。他人たにん功能こうのう全然ぜんぜんわたしのなかはいってることができません。だれもわたしをることができず、わたしがなにかんがえているのかをるすべもありません。かれらはわたしの思惟しい活動かつどうりたがって、わたしの了承りょうしょううえで、しばらくのあいだ、わたしのかんがえとつないだわけです。つながれると、わたしのほうがちょっとえられなくなりました。なぜなら、わたしの次元じげんがどんなにたかくても、あるいはどんなにくても、わたしは常人じょうじんなかいており、ひと済度さいどするという有為ういのことをしており、こころひと済度さいどすることにあります。しかし、かれらのこころはどれほどしずかでしょうか? おそろしいほどしずかでした。一人ひとりであそこまでしずかになるならまだしも、五人ごにん一緒いっしょすわっていて、いずれもあのようにしずかで、まるでひとまりの静止せいししているみずのようになにもありません。わたしはかれらのこころかんろうとおもってもなにかんることができませんでした。あの数日間すうじつかんはわたしは本当ほんとうつらかんじ、れぬ気持きもちをおぼえました。それは普通ふつうひとには想像そうぞうもできないし、かんることもできないもので、完全かんぜんに「無為むい」で、「くう」でした。
 たか次元じげんでの修煉しゅうれんには、なん意念いねん活動かつどうもないものです。それは常人じょうじんなかでの基礎きそづくりの段階だんかいで、すでにその基礎きそができているからです。たか次元じげん修煉しゅうれんするようになると、とくにわれわれの功法こうほうでは、すべて自動的じどうてきに、完全かんぜん自動的じどうてき修煉しゅうれんすすむことになります。自分じぶん心性しんせい向上こうじょうさせさえすれば、こうびますので、手法しゅほうすらいらなくなるのです。われわれの動作どうさ自動的じどうてきせい強化きょうかするためのものです。禅定ぜんじょうなかで、いつもじっと坐禅ざぜんしてうごかないのはなぜでしょうか? まったくの無為むいだからです。道家どうけ場合ばあい、あれやこれやの手法しゅほうおもんじ、意念いねん活動かつどうや、意念いねんによる導引どういんなどをっていますが、すこしでも次元じげんからすと、なにもかもなくなり、あれこれの意念いねんのことをまったく問題もんだいにしません。ほか気功きこうならったことのあるひとはどうしても呼吸こきゅうほうとか意念いねんなどにこだわります。わたしは大学だいがく程度ていどのものをおしえてあげたのに、どういうふうに導引どういんすればよいかとか、どういうふうに意念いねん活動かつどうをすればよいかとか、いつも小学生しょうがくせい程度ていど質問しつもんをしてきます。かれらはすでにそのようなやりかたれているので、気功きこうはこういうものだとおもんでいますが、本当ほんとうはそうではありません。
 

 功能こうのう功力こうりき


 おおくのひと気功きこうなか用語ようごをはっきりとはらず、また一部いちぶものはいつも混同こんどうして使つかっています。功能こうのうのことを功力こうりきったり、また、功力こうりきのことを功能こうのうったりしています。自分じぶん心性しんせいによっておさめてこうは、宇宙うちゅう特性とくせい同化どうかし、自分じぶんとくによって演化えんかしたものです。それは、ひと次元じげんたかさ、功力こうりきおおきさ、果位かいたかさをめる、もっと肝心かんじんこうです。修煉しゅうれん過程かていひとにどんな状態じょうたいあらわれるでしょうか? 特異とくい功能こうのうあらわれてきます。われわれはそれをりゃくして功能こうのうんでいます。いまはなしした、次元じげん向上こうじょうさせるこうのことを功力こうりきいます。次元じげんたかいほど功力こうりきおおきく、功能こうのうつよいわけです。
 功能こうのう修煉しゅうれん過程かてい副産物ふくさんぶつで、次元じげん代表だいひょうせず、次元じげんたかさや、功力こうりきおおきさを代表だいひょうしていません。たくさんひともいれば、あまりないひともいます。それに、功能こうのう修煉しゅうれんおも目的もくてきとしてもとめてられるようなものでもありません。本当ほんとう修煉しゅうれんしようとめたとき、はじめて功能こうのうあらわれることがありますが、功能こうのうおも目的もくてきとしておさめてはいけません。こういうものをって、なにをするつもりですか? やはり常人じょうじんなか使つかってみたいとおもうのですか? 常人じょうじんなか勝手かって使つかうことは絶対ぜったいゆるされません。ですから、功能こうのうもとめればもとめるほどません。なぜならあなたがもとめており、もとめることそれ自体じたい執着心しゅうちゃくしんで、修煉しゅうれんとは、ほかでもないその執着心しゅうちゃくしんのぞこうとすることだからです。
 おおくのものはかなりたか境地きょうちまで修煉しゅうれんしましたが、功能こうのうっていません。それはが、自分じぶんをうまく制御せいぎょできないためにわるいことをしてしまうことを心配しんぱいして、それにかぎをかけており、神通力じんつうりきるうのをおさえているからです。このようなひと結構けっこうおおいのです。功能こうのうというものはひと意識いしきによって支配しはいされるのです。ているとき自分じぶんをうまく制御せいぎょできないかもれませんので、もしかしてゆめれば、翌朝よくあさ天地てんちがひっくりかえっているかもれません。しかしこれはゆるされません。常人じょうじんなか修煉しゅうれんをしているので、おおきい功能こうのうっている場合ばあいは、たいていもちいることをゆるされず、ほとんどかぎをかけられています。でも、それは絶対ぜったいてきではありません。しっかり修煉しゅうれんしていて、うまく自分じぶん制御せいぎょできるものには、ある程度ていど功能こうのうつことがゆるされます。こういうひと功能こうのうせてくれとたのんでも、絶対ぜったいせないもので、こんなひと自分じぶんをしっかり制御せいぎょできるのです。
 

 返修へんしゅう借功しゃっこう


 煉功れんこうした経験けいけんのないひともおり、あるいはどこかの気功きこう講習会こうしゅうかいでちょっとならったとしても、それもしょせん病気びょうき治療ちりょう健康けんこう保持ほじたぐいで、修煉しゅうれんえるようなものではありません。つまり、これらの人々ひとびと本物ほんもの伝授でんじゅけたことがないのに、あるとき突然とつぜん一夜いちやのうちにこうがやってくることがあります。そのこうがどこからたのか、いくつのパターンがあるかについておはなしします。
 そのひとつは、返修へんしゅうです。返修へんしゅうとはなんでしょうか? 一部いちぶ年配者ねんぱいしゃ修煉しゅうれんしようとおもっても、はじめから修煉しゅうれんするにはもう時間じかんりません。気功きこうブームのなかでこうしたひとたちも修煉しゅうれんしようとし、気功きこう他人たにんいことをしてあげられると同時どうじ自分じぶんたかめられることがかり、向上こうじょうしたい、修煉しゅうれんしたいという願望がんぼうをもっていました。ところが、数年前すうねんまえ気功きこうブームのとき気功師きこうしたちはほとんど気功きこう普及ふきゅうさせるだけで、本当ほんとうたか次元じげんのことをつたえるひとがいませんでした。今日こんにちいたっても、しんおおやけこう次元じげんのものをつたえているのはわたし一人ひとりしかおらず、ほかにはだれもいません。返修へんしゅうするものはたいてい五十才ごじゅっさい以上いじょうで、としっていますが、根基こんき非常ひじょうすぐれており、いているものはいので、いずれもひと弟子でしとして、おしえをがせたいひとばかりです。しかし、これらのひととしっているので、修煉しゅうれんしようとしても容易よういなことではありません! どこへさがしにけばよいでしょうか? しかし、修煉しゅうれんしようとおもい、そのこころうごいただけで、まるで黄金おうごんのようにきらきらとひかって、十方じっぽう世界せかいふるわせます。人々ひとびと佛性ぶっしょう佛性ぶっしょういますが、これこそその佛性ぶっしょうあらわれたのです。
 たか次元じげんかられば、人間にんげん生命せいめい人間にんげんになるためのものではありません。人間にんげん生命せいめい宇宙うちゅう空間くうかんまれたので、宇宙うちゅうしんぜんにんという特性とくせい同化どうかしており、本性ほんしょうはもともと善良ぜんりょうなのです。しかし、生命体せいめいたいおおくなってから、ある社会しゃかい関係かんけいしょうじ、なか一部いちぶもの利己りこてきになり、あるいは駄目だめになり、たか次元じげんにいられなくなったため、した次元じげんちていきます。その次元じげんでも、また駄目だめになったため、さらにしたへ、したへとち、最後さいごには常人じょうじんという次元じげんにまでちてきたのです。この次元じげんまでちたら、本当ほんとう完全かんぜん消滅しょうめつされるはずでしたが、大覚者だいかくしゃたちは慈悲じひしんにより、このもっとくるしい環境かんきょうなかでもう一度いちど人間にんげん機会きかいあたえることにしたので、このような空間くうかんつくったのです。
 空間くうかんにいるひとはみなこのような身体からだっておらず、かれらはそらんだり、おおきくなったり、ちいさくなったりすることができます。ところが、この空間くうかんではわれわれの肉身にくしんという身体からだ人間にんげんあたえられました。この身体からだっているから、さむくても駄目だめあつくても駄目だめつかれても、おなかいても駄目だめで、とにかくつらいのです。病気びょうきかかったらくるしいし、生老病死しょうろうびょうしもあります。それはほかでもなくこのくるしみのなかごうかえさせるために、うえもどれるかどうかをるために、もう一度いちどあなたに機会きかいあたえました。というわけで、人間にんげんまよいのなかちてたのです。このなかちてから、空間くうかん物質ぶっしつ真相しんそうえないように、このつくられました。もしもどることができるとすれば、もっとくるしいことが、すなわちもっととうといことになります。まよいのまっただなかで、さとりにたよってもともどるよう修煉しゅうれんすることはじつくるしみがおおいのですが、もどることもそれだけはやいのです。もしさらにわるくなれば、生命せいめい壊滅かいめつされてしまいます。したがって、かれらかられば、人間にんげん生命せいめい人間にんげんになるためのものではなく、返本帰真へんぽんきしんして、もともどるためのものです。常人じょうじんはそれをさとることができません。常人じょうじんは、常人じょうじん社会しゃかいにおいて常人じょうじんにほかならず、いかに発展はってんしようとか、いかにらしをしようとかばかりかんがえます。贅沢ぜいたく生活せいかつをするほど、私心ししんつよくなり、ますますおお占有せんゆうしようとし、ますます宇宙うちゅう特性とくせいそむき、滅亡めつぼうかうのです。
 こう次元じげんかられば、あなたがまえすすんでいるとおもうことが実際じっさい後退こうたいしているということになります。人類じんるい発展はってんしており、科学かがく進歩しんぽしているとおもわれていますが、じつ宇宙うちゅう規律きりつしたがってすすんでいるにぎません。八仙人はっせんにんなか張果老ちょうかろうがなぜうしきにロバにるのか、そのわけをっているものはわずかです。かれは、まえすすむことは後退こうたいすることだとづいて、うしきにっていたのです。ですから、修煉しゅうれんしようとおもものがいれば、覚者かくしゃたちはそのこころ非常ひじょう貴重きちょうなものとて、無条件むじょうけんでそのひとたすけます。いまここにいる学習者がくしゅうしゃ修煉しゅうれんしようとおもうのであれば、わたしは無条件むじょうけんたすけてあげますが、それとおなじです。しかし、常人じょうじんとして、病気びょうき治療ちりょうもとめたり、あれや、これやともとめるのなら、たすけてあげるわけにはいきません。なぜでしょうか? あなたが常人じょうじんのままでいいとおもっているからです。常人じょうじんなら生老病死しょうろうびょうしきもので、そうあるべきなのです。すべてに因縁いんねん関係かんけいがあり、みだしてはいけないのです。人間にんげん生命せいめいなかにはもともと修煉しゅうれんはいっていませんが、いまやあなたは修煉しゅうれんしようとするのですから、あなたのために今後こんごあゆみちあらためてだんりしてあげなければならず、あなたの身体からだ調整ちょうせいしてあげてもいいのです。
 修煉しゅうれんしたい、というひと願望がんぼうがひとたびあらわれると、それを覚者かくしゃたちはこのうえなく貴重きちょうだとおもいます。しかしどうやってたすけてあげたらいいでしょうか? なかのどこにおしえてくれるがいるでしょうか? それに五十ごじゅうぎてしまっています。大覚者だいかくしゃたちはおしえるわけにはいきません。なぜならかれ顕現けんげんして、説法せっぽうこうおしえると、天機てんきらすことになり、かれ自身じしんちてしまう羽目はめになるからです。人間にんげんは、自分じぶん自身じしんわるいことをしたためまよいのなかちてきた以上いじょうまよいのなかさとりながら修煉しゅうれんしなければいけないのですから、覚者かくしゃおしえてはならないのです。ほとけ姿すがたあらわして説法せっぽうし、こうおしえてくれるのをれば、極悪ごくあく非道ひどう連中れんちゅうならいにて、だれでもしんじるようになるようでは、なにさとればよいのでしょうか? さとりという問題もんだい存在そんざいしなくなります。人間にんげん自分じぶんのせいでまよいのなかち、消滅しょうめつされるべきものでした。もともど機会きかい一度いちどあたえられて、もどることができればもどりますが、もどれなければ、つづ輪廻りんねするか、消滅しょうめつされるしかありません。
 みち自分じぶんあゆむものですが、あなたが修煉しゅうれんしようとおもったのをたらどうしてあげればよいでしょうか? ある方法ほうほうかんがされました。当時とうじ気功きこうがブームで、それも天象てんしょう変化へんかひとつですが、その天象てんしょうわせるために、大覚者だいかくしゃがそのひと心性しんせいたっした位置いちからそのひとこうあたえ、身体からだやわらかいくだのようなものをけ、水道すいどう蛇口じゃぐちのようにせんひらくとこうてくるようにするのです。こうそうとおもえばこうてきますし、さないときは、かれ自身じしんこうがあるわけではありません。こういう状態じょうたい返修へんしゅうって、うえからしたへと圓満えんまん成就じょうじゅをめざして修煉しゅうれんすることです。
 普通ふつう修煉しゅうれんは、したからうえへ、こうひら圓満えんまん成就じょうじゅするまで修煉しゅうれんしますが、返修へんしゅうというのは、としっていて、したから修煉しゅうれんするのではもうわない場合ばあいに、うえから修煉しゅうれんすればかえってはやくなるということです。それも当時とうじあらわれた現象げんしょうでした。このようなひとは、心性しんせいたかくなければ駄目だめです。かれ心性しんせい位置いちに、あれほどおおきなエネルギーをあたえてあげるのは、なんのためでしょうか? ひとつは当時とうじ天象てんしょうわせるためです。そのひといことをするときに、くるしみにえることを経験けいけんできます。なぜなら常人じょうじん相手あいてにする以上いじょう、さまざまな常人じょうじんこころ妨害ぼうがいしてくるからです。ひと病気びょうきなおしてやっても、本人ほんにんはまったく理解りかいしない場合ばあいもあります。病気びょうき治療ちりょうをするとき、どれだけわるいものをのぞき、どこまでなおしてやったのか、すぐにははっきりした変化へんかあらわれないこともあります。それで、そのひと機嫌きげんわるく、感謝かんしゃするどころか、だまされたとののしるかもれません! こういうことに直面ちょくめんして、どう対処たいしょするか、といった環境かんきょうなかで、ひとこころみがかれていくのです。こうあたえる目的もくてきは、修煉しゅうれんさせ向上こうじょうさせるためであり、いことをすると同時どうじに、自分じぶん功能こうのう開発かいはつし、こうばさせるものですが、この道理どうりらないひとがいます。まえにもおはなししたように、説法せっぽうしてあげるわけにはいかないのです。さとれればそれでいいのですが、さとりの問題もんだいなので、さとらなければ仕方しかたがありません。
 一部いちぶひとこうあらわれたとき、あるばんていると、突然とつぜん布団ふとんけていられないほどあつくてたまらなくなり、あさきたら、れるところすべて帯電たいでんするようなので、自分じぶんこうてきたとかりました。他人たにん身体からだいたいところにれると、すぐにました。こうあらわれたとかって、気功師きこうし看板かんばんかかげ、自分じぶん気功師きこうし肩書かたがきをけて、気功師きこうしをやりはじめます。そういうひとひとなので、最初さいしょのころは、ひと病気びょうきなおして、おかねわたされてもおくものわたされても、らないかもれません。しかし、このような返修へんしゅうもの心性しんせい修煉しゅうれんしんていないため、自分じぶん心性しんせい制御せいぎょすることがむずかしいのです。常人じょうじんという「ものがめ」での汚染おせん抵抗ていこうしきれず、だんだんとちょっとした記念きねんひんるようになり、そのうちおおきなものまでもらうようになり、しまいにはくれるものがすくないと承知しょうちしなくなります。最後さいごにはとうとう「ものをたくさんもらっても仕方しかたがないから、かねをくれ!」とし、そのうえかねすくなければ機嫌きげんわるくなります。本物ほんもの気功師きこうしのことまでみとめなくなり、みみはいってくるのは、自分じぶんがどれほどすごいかをめてくれる言葉ことばばかりです。ちょっとでも批判ひはん言葉ことばくとご機嫌きげんななめになり、名利みょうりしんたかぶり、自分じぶんだれよりもえらく、たいしたものだとおもみます。このこうあたえられたのは、自分じぶん気功師きこうしにして、大金たいきんもうけさせてくれるためだったのだと勘違かんちがいしますが、本当ほんとうかれ修煉しゅうれんさせるためだったのです。名利みょうりしんしょうじますと、実際じっさいには、かれ心性しんせいちてきてしまいます。
 おはなししたように、心性しんせいたかさがこうたかさです。ちてきたら、こうもそれに相応そうおうしてらされます。心性しんせいたかさがこうたかさなので、こう心性しんせいわせてあたえられるものです。名利みょうりしんおもいほど、常人じょうじんなかはげしくちていきますので、こうもそれにつれてちていきます。最後さいご完全かんぜんちてしまったときは、こうあたえられないので、なんこうなくなります。数年すうねんまえにはこのようなひとがけっこうおおく、五十ごじゅうだい女性じょせいによくられました。あるおばあさんなどは、練功れんこうはしていますが、べつ直伝じきでんけたわけでもなく、どこかの気功きこう講習会こうしゅうかい病気びょうき治療ちりょう健康けんこう保持ほじのための動作どうさならっただけで、ある突然とつぜんこうあらわれてきました。ところが心性しんせいわるくなり、名利みょうりしんしょうじるとちてしまいますので、その結果けっかいまなんものでもなく、こうもなくなりました。このように返修へんしゅうからちてしまったもの非常ひじょうおおく、のこっているもの何人なんにんもいません。なぜでしょうか? 彼女かのじょたちは、それが修煉しゅうれんのためにあたえられたものとはらず、常人じょうじんなかざいをなすとか、有名ゆうめいになるとか、気功師きこうしになるためにさずかったものだとおもんでいたのですが、本当ほんとう修煉しゅうれんのためにあたえられたものだったのです。
 では、借功しゃっこうとはなんでしょうか? これには年齢ねんれい制限せいげんはありませんが、ひとつだけ、心性しんせい特別とくべつひとでなければならないという条件じょうけんいています。そのひと気功きこう修煉しゅうれんできることがかり、修煉しゅうれんしようとします。修煉しゅうれんしようとする願望がんぼうはもっていますが、どこでもとめたらよいのでしょうか? 数年すうねんまえたしかに本当ほんとう気功師きこうしたちがて、気功きこうおしえていましたが、かれらがつたえたのは、いずれも病気びょうき治療ちりょう健康けんこう保持ほじのためのもので、だれこう次元じげんのものをつたえておらず、おしえようともしません。
 借功しゃっこうのことに言及げんきゅうしたので、もうひとつのことにもれておきます。ひとには自分じぶん主元神しゅげんしんしゅ意識いしき)のほかに、副元神ふくげんしん副意識ふくいしき)もあります。ひとによっては、副元神ふくげんしんひとつ、ふたつ、みっつ、よっつもっていて、いつつあるひともいます。その副元神ふくげんしん本人ほんにん性別せいべつかならずしもおなじとはかぎりません。おとこもいれば、おんなもいて、みんなちがいます。じつ主元神しゅげんしん肉身にくしんおなじとはかぎりません。このころ男性だんせいでありながら元神げんしん女性じょせいであり、女性じょせいでありながら元神げんしん男性だんせいであるケースがきわめておおく、ちょうどいま道家どうけ陰陽いんよう反転はんてん陰盛陽衰いんせいようすいという天象てんしょう合致がっちしているのです。
 人間にんげん副元神ふくげんしんおおくの場合ばあい主元神しゅげんしんより次元じげんたかく、とく一部いちぶもの副元神ふくげんしんはきわめてたかいところからています。副元神ふくげんしんものとはちがって、あなたと同時どうじ母胎ぼたいからまれ、おな名前なまえをもち、あなたの身体からだ一部いちぶをなしているのです。普段ふだんなにかをかんがえたり、なにかをするときは、主元神しゅげんしん一存いちぞんめます。副元神ふくげんしんおも役割やくわりは、わるいことをしないように主元神しゅげんしん制御せいぎょすることです。しかし、主元神しゅげんしんがどうしても執着しゅうちゃくするときは、副元神ふくげんしんもお手上てあげです。副元神ふくげんしん常人じょうじん社会しゃかいまどわされませんが、主元神しゅげんしん常人じょうじん社会しゃかいまどわされやすいのです。
 一部いちぶ副元神ふくげんしん次元じげんがかなりたかく、正果しょうかるまであとわずかなところまでっていたかもれません。副元神ふくげんしん修煉しゅうれんしようとおもっても、主元神しゅげんしん修煉しゅうれんしようとおもわなければどうにもなりません。そこである気功きこうブームのなかで、主元神しゅげんしん気功きこうならい、高次元こうじげんをめざして修煉しゅうれんしようとおもいました。もちろん、そのかんがえは素朴そぼくで、名利みょうり追求ついきゅうするつもりはありません。副元神ふくげんしんは、「こっちが修煉しゅうれんしたくても、こっちの一存いちぞんめられないが、そっちが修煉しゅうれんしたいとうなら、ちょうどこっちのこころにかなう」とよろこびました。しかし、どこにもとめればよいのでしょうか? 副元神ふくげんしんはなかなかちからがあるもので、身体からだから離脱りだつして、前世ぜんせった大覚者だいかくしゃのところへきます。一部いちぶ副元神ふくげんしん次元じげんたかいので、身体からだからすことができます。そこへって、修煉しゅうれんしたいのでこうりたいともうますと、大覚者だいかくしゃはこのひと立派りっぱなものだとおもい、修煉しゅうれんだから当然とうぜんたすけてあげることになります。こうして副元神ふくげんしんこうりてきました。一般いっぱんてきに、このようなこうには、放射ほうしゃりょくがあり、くだとおっておくられてきます。かたちになっているこうをそのままりてくる場合ばあいもありますが、かたちになっているものには、たいてい功能こうのうともなっています。
 そうなれば、そのひとには同時どうじ功能こうのうともなっているかもれません。このひとさきほどおはなししたように、よるていると、あつくてたまらず、翌朝よくあさめると、こうあらわれました。どこをさわっても帯電たいでんしますし、ひと病気びょうきなおすことができるようになりましたので、本人ほんにんこうあらわれたことにづきます。どこからたのかは、本人ほんにんにはかりません。おそらく宇宙うちゅう空間くうかんからているのだろうとはっていますが、具体ぐたいてきにどのようにたのかはかりません。副元神ふくげんしんおしえてくれません。それは副元神ふくげんしん修煉しゅうれんですので、本人ほんにんにはこうてきたことしかからないのです。
 借功しゃっこう場合ばあい、たいてい年齢ねんれい制限せいげんがなく、若者わかものおおられます。数年すうねんまえにも、二十代にじゅうだい三十代さんじゅうだい四十代よんじゅうだい各年齢層かくねんれいそうものられ、年配ねんぱいひともいました。若者わかもの自分じぶん制御せいぎょするのは、なおさらむずかしいことです。日頃ひごろはなかなかひとで、常人じょうじん社会しゃかいたいした能力のうりょくたないときは、名利みょうりしんにも淡泊たんぱくでした。いったんまわりからきんると、名利みょうりまどわされやすいのです。かれは、人生じんせいのこれからのみちのりがながいから、なんらかの常人じょうじん目標もくひょうたっするためにまだがんらないといけないとかんがえています。ですから、いったん功能こうのうあらわれてちからがつくと、常人じょうじん社会しゃかいでは往々おうおうにしてそれを、個人こじん目標もくひょう追求ついきゅうする手段しゅだんとします。それではいけません。そういうふうに使つかうことはゆるされず、使つかえば使つかうほどこうり、最後さいごにはすっかりなくなってしまいます。このようなひとちてしまったのはさらにおおく、いま一人ひとりのこっていません。
 以上いじょうはなししたふたつの状況じょうきょうは、いずれも心性しんせい比較的ひかくてきひとこうあらわれた事例じれいですが、どちらも自分じぶん修煉しゅうれんによってたものではなく、覚者かくしゃからりたもので、こうそのものはいものです。
 

 もの


 おおくのひと修煉界しゅうれんかいで、動物どうぶつきつね、イタチ、幽霊ゆうれいへびなどのものかんするはなしいたことがあるとおもいます。いったいなんのことでしょうか? 練功れんこうしてちょう能力のうりょく開発かいはつするとっているひとがいますが、じつちょう能力のうりょく開発かいはつするものではなく、それはほかならぬ人間にんげん本能ほんのうです。しかし人類じんるい社会しゃかい発展はってんにつれて、人間にんげんはますますこの物質ぶっしつ空間くうかん有形ゆうけいのものを重視じゅうしし、ますます現代げんだいされた道具どうぐ依存いぞんするようになりました。ですから人類じんるい本能ほんのう退化たいかする一方いっぽうで、最後さいごにはこの本能ほんのう完全かんぜんえてしまったのです。
 功能こうのうようとするには、修煉しゅうれんとおして、返本へんぽんしんし、それを修煉しゅうれんによってもどさなければなりません。しかし、動物どうぶつなどはそのような複雑ふくざつかんがかたがないため、宇宙うちゅう特性とくせいあいつうじており、まれつきの本能ほんのうっています。動物どうぶつ修煉しゅうれんできるとか、きつねには練丹術れんたんじゅつかるとか、へびなどが修煉しゅうれんほうっているとかひとがいます。それらが修煉しゅうれんほうっているのではなく、はじめは修練しゅうれんなどまったくからずに、まれつきの本能ほんのうっているだけでした。ある特定とくてい条件じょうけん環境かんきょうもと時間じかんつと効能こうのうてくるかもれないので、その結果けっかこうることができ、さらに功能こうのうあらわれるのです。
 こうして、それらのものは力量りきりょうち、むかしかたうと、霊気れいきて、力量りきりょうつようになったわけです。常人じょうじんには、動物どうぶつがいかにもつよく、簡単かんたん人間にんげん左右さゆうすることができるようにうつっていますが、じつたいしたものではありません。本当ほんとう修煉者しゅうれんしゃまえでは、それらはなにものでもありません。一千年いっせんねんかそこら修練しゅうれんしたとしても、小指こゆびさきひとひねりにもえられません。動物どうぶつはこのようなまれつきの本能ほんのうがあるから、たしかにちからつことができます。しかし宇宙うちゅうには、動物どうぶつ修煉しゅうれんして成就じょうじゅすることがゆるされないという存在そんざいしています。ですから、ふる書物しょもつには、何百年なんびゃくねんいち、あるいは大小だいしょう災厄さいやくごとにそれらのものをころすことがかれています。動物どうぶつ一定いってい期間きかん経過けいかして、こうびれば、落雷らくらいなどでそれらをころさなければならず、その修煉しゅうれんゆるしません。動物どうぶつ人間にんげん本性ほんしょうたないので、人間にんげんのように修煉しゅうれんしてはならないのです。人間にんげん本性ほんしょうたないために、修煉しゅうれんして成就じょうじゅすれば魔物まものになるにきまっているからです。ですから、修煉しゅうれんして成就じょうじゅすることはゆるされず、天罰てんばつまねいてしまうのです。動物どうぶつもそれをっています。ところが、人類じんるい社会しゃかいいまひどく退廃たいはいしており、一部いちぶひと悪事あくじをやりつくしています。このような状態じょうたいになったときこそ、人類じんるい社会しゃかい危険きけんさらされているのではありませんか? 
 物事ものごとは、きわまればかならぎゃく方向ほうこう転化てんかします! 人類じんるい社会しゃかい先史せんし時代じだいことなる周期しゅうきにおける壊滅かいめつは、いずれも人類じんるい道徳どうとくがきわめて退廃たいはいしたとききたのです。いまわれわれ人類じんるい空間くうかんほかおおくの空間くうかんはみなきわめて危険きけん境地きょうちにあり、この次元じげんにおける空間くうかんおなじですから、それらもはやそう、たか次元じげんがろうとしています。次元じげんがればなんからのがれられるとおもわれていますが、それはっているほど簡単かんたんなことでしょうか? それらが修煉しゅうれんするには、人体じんたい必要ひつようです。そこで練功れんこうするひとものかれるということがあらわれており、これがその原因げんいんひとつとなっているのです。
 「あれほど数多かずおおくの大覚者だいかくしゃこうたかが、なぜをこまねいているのだろうか?」とおもひともいるでしょうが、この宇宙うちゅうには、自分じぶんもとめたもの、自分じぶんしがるものに、他人たにん干渉かんしょうしないというがあります。われわれはここで、みなさんにただしいみちあゆむようおしえ、同時どうじほうかりやすくかせ、さとるようにみちびいていますが、実行じっこうするかどうかはあなた自身じしん問題もんだいです。「入口いりぐちまでみちびくが、修行しゅぎょう各自かくじにあり」とわれているように、だれ修煉しゅうれん強要きょうようしませんし、無理むりにやらせることはありません。修煉しゅうれんするかどうかはあなた個人こじん問題もんだいで、つまり、あなたがどのみちあゆむか、なにもとめるか、なにしがるかについては、だれ干渉かんしょうするひとはおらず、ただぜんをなすようにすすめることしかできません。
 一部いちぶもの練功れんこうしているようにえても、実際じっさいのところは、すべてものこうられています。どうしてものまねいてしまったのでしょうか? 全国ぜんこく各地かくち練功れんこうするものなかに、かれているひとがどれほどいるのでしょうか? あきらかにすれば、おおくのひとこわくて練功れんこうしなくなるかもれません。おそろしいほどのかずです! なぜこのような状態じょうたいになっているのでしょうか? これらのものが社会しゃかい撹乱かくらんしていますが、なぜこんなにすさまじいところまでいたったのでしょうか? それもすべて人類じんるい自分じぶんいたたねです。人類じんるい堕落だらくしているから、いたるところにあらわれています。とく偽気功師にせきこうし身体からだはみなものかれているので、かれらはこうつたえるとき、ほかならぬそれをつたえているのです。人類じんるい史上しじょうにおいて、動物どうぶつひと身体からだくことはゆるされたことなどありません。ですからくとそれをころさなければならず、だれかけてもゆるさなかったのです。しかし、今日こんにち社会しゃかいではそれをもとめるものもいれば、それをしがったり、まつったりするものもいます。こんなものはたしかにもとめたおぼえがない! とおもひとがいるかもれませんが、それをもとめていなくても、功能こうのうもとめていたかもれません。正法しょうぼう修煉しゅうれん覚者かくしゃあたえてくれるでしょうか? もとめることは常人じょうじん執着心しゅうちゃくしんで、のぞくべきものです。では、だれあたえることができますか? 空間くうかんや、各種かくしゅ動物どうぶつだけがあたえることができます。結局けっきょくそれらをもとめたことになるのではありませんか? そこでそれがやってたのです。
 ただしいかんがえをもって練功れんこうしているものはどれぐらいいるのでしょうか? 煉功れんこうするにはとくおもんじなければならず、いことをし、ぜんをなさなければなりません。いつでも、どんなところでも、そのように自己じこりっしなければいけません。公園こうえん練功れんこうするにしても、いえ練功れんこうするにしても、そのようにかんがえているもの何人なんにんいるのでしょうか? 一部いちぶひとなんこうをやっているのかかりませんが、身体からだをゆらゆらとうごかしながら、くちでは「ねえ! うちのよめはわたしにちっとも親孝行おやこうこうしないのよ」とか、「うちのしゅうとめはなんて意地悪いじわるなんでしょう!」とかっています。職場しょくばからくに政治せいじまで、なんでもおしゃべりするひともいて、自分じぶんにそぐわないことになると、はらって仕方しかたがないのです。これを煉功れんこうえるのですか? またあるもの站樁たんとうをしているときあしががたがたとふるえるほどつかれたにもかかわらず、あたまはちっともやすんでいません。「いまものがずいぶんたかくなって、物価ぶっかがる一方いっぽうで、会社かいしゃ給料きゅうりょうはらえなくなっている。どうしてぼくには功能こうのうあらわれてこないのだろうか? なに功能こうのうてきたら、ぼく気功師きこうしになって、ひと病気びょうきなおしておかねかせぎ、かねちになるのに」といった具合ぐあいです。ほかひと功能こうのうあらわれたのをれば、いっそうあせって、ひたすら功能こうのう追求ついきゅうし、天目てんもくもとめ、病気びょうき治療ちりょうわざもとめます。よくかんがえてください。それは宇宙うちゅう特性とくせいしんぜんにんとどれほどかけはなれていることでしょう! まったく背反はいはんしています。きびしくうと、そのひと邪法じゃほうっています! しかしかれ意識いしきてきにやっているのではありません。かれがこのようにおもえばおもうほど、はっせられる意念いねんはますますわるくなるのです。かれほうておらず、とくおもんじることをらないので、動作どうさとおしてこうることができるとおもい、しいものをなんでも追求ついきゅうしてれることができるとおもっています。かれはそうしんじきっているのです。
 自分じぶんかんがえがゆがんでいるからこそ、くないものをまねいてしまいます。するとそれらの動物どうぶつはそれを見逃みのがしません。「よし、このひと練功れんこうして金儲かねもうけしようとおもっている。あのひと有名ゆうめいになろうとして功能こうのうしがっている。よーし、このひと身体からだわるくない。いているものもけっこういいが、功能こうのうもとめるとはかんがかたわるい! もしかすると、かれいているかもれないが、がいてもこわくない」。その動物どうぶつは、ひと功能こうのう追求ついきゅうすればするほど正法しょうぼう修煉しゅうれんはなおさらそれをあたえないということをっています。それこそまさに執着心しゅうちゃくしんであり、のぞかなければならないものなのです。そのかんがえがあるかぎり、功能こうのうあたえられないので、そのひともますますさとりからとおく、もとめればもとめるほどかんがかたわるくなります。最後さいごは、このひとはもう駄目だめだとなげき、見放みはなしてしまいます。いていないひともいますが、とおりすがりの覚者かくしゃがちょっと面倒めんどうたりするかもれません。かく空間くうかん覚者かくしゃがたくさんいるのですが、ある覚者かくしゃがそのひと一日いちにち観察かんさつしてみて、駄目だめだとかって、っていきます。翌日よくじつべつ覚者かくしゃがやってきてちょっとて、駄目だめだとかり、またっていきます。
 そのひといていようと、とおりすがりのがいようと、かれもとめているようなものをあたえてくれるはずがないことを、動物どうぶつっています。動物どうぶつには大覚者だいかくしゃのいる空間くうかんえないので、こわいとおもわず、すきるのです。われわれの宇宙うちゅうには、自分じぶん追求ついきゅうしているもの、しがっているものについては、他人たにんはふつう干渉かんしょうすることができないというがあるので、動物どうぶつはまさにこのすきったのです。「かれもとめているのだから、あたえてやり、たすけてやることは間違まちがっていないだろう?」 そして動物どうぶつはそれをあたえてくれます。最初さいしょは、まともに勇気ゆうきがなく、まずすこしのこうあたえてためしてみます。すると、そのひとはある突然とつぜん本当ほんとうもとめていたこうてきて、病気びょうき治療ちりょうもできるようになったのです。動物どうぶつはそれをて、演奏えんそうする楽曲がっきょく前奏ぜんそうがうまくいったので、しめたとおもい、「かれのぞんでいるからいっそのことうつってやろう。けば、おも存分ぞんぶんたくさんあたえてやれる。天目てんもくひらきたいだろう? 今度こんどなにもかもあたえてやる」というわけで、ついにいてしまうのです。
 かれこころがちょうどこれらのものをもとめているところに、天目てんもくひらき、こうすことができ、さらにちょっとした功能こうのういています。ついに追求ついきゅうしたものをれて、修得しゅうとくしたとおもい、うれしくてたまりません。実際じっさいには、かれなに修得しゅうとくしていません。ひと身体からだ透視とうしできて、ひと身体からだのどこに病気びょうきがあるかえるようになった、と本人ほんにんおもいます。実際じっさいかれ天目てんもくはまったくひらいておらず、かれのう動物どうぶつ制御せいぎょされて、動物どうぶつ自分じぶんたものをかれ大脳だいのううつしてせているだけなのに、自分じぶん天目てんもくひらいたと勘違かんちがいしています。こうはっしたいならはっしてみなさい。ばしてこうはっしようとした途端とたんに、その動物どうぶつうしろからばしてきます。こうはっするときに、そのへびしたばして、んでいるところ、腫瘍しゅようのところをめたりするのです。こういうたぐいのことがかなりおおいのです。それらのひとものはすべて自分じぶん自身じしんもとめてきたものです。
 かねちになりたい、有名ゆうめいになりたいと追求ついきゅうしていたら、まさに、その功能こうのうあらわれたし、病気びょうき治療ちりょうもでき、天目てんもくえるようになったし、なんとうれしいことでしょう。それを動物どうぶつは、「もうけたいとおもっているのではないか? よし、もうけさせてやろう」とぐすねをきます。常人じょうじんのう制御せいぎょすることはいとも簡単かんたんなことです。ものはたくさんの患者かんじゃ制御せいぎょして、かれのところへ治療ちりょうさせることができ、どんどんさせます。すごいことに、そのひとがこちらで病気びょうき治療ちりょうをしていると同時どうじに、あちらでは、もの新聞しんぶん記者きしゃあやつって新聞しんぶん宣伝せんでんさせます。常人じょうじん制御せいぎょしてこれをやっているので、患者かんじゃはら謝礼しゃれいすくなければゆるさず、頭痛ずつうこさせたりして、とにかく、たくさんはらわせます。これで、名利みょうりともにて、かねもうかったし、有名ゆうめいにもなったし、気功師きこうしにもなれたのです。たいていの場合ばあい、そのようなひとたちは心性しんせいおもんじないので、なんでもはばからずにいます。天帝てんてい一番いちばんなら、俺様おれさま番目ばんめだぞとか、自分じぶん西王母せいおうぼ玉皇大帝ぎょくこうたいてい下界げかいりてきたものだとか、自分じぶんほとけだとさえはばからずにします。まともに心性しんせい修煉しゅうれんをしたことがなく、練功れんこうするときもひたすら功能こうのうもとめてきたために、結果けっかとして、動物どうぶつものまねいてしまったのです。
 とにかくもうかって、有名ゆうめいになれたら、それでいいではないかとおもひとすくなくありません。みなさんにおしえますが、実際じっさいにはそのものには目的もくてきがあり、理由りゆうもなくあたえてくれるわけではありません。この宇宙うちゅうには、「うしなわないものはられず」というがあります。そのものなにるのでしょうか? さきほどもこのことについておはなししたではありませんか? ものはあなたの身体からだから精華せいかって、ひとかたち修得しゅうとくしようとしているので、ひと身体からだから精華せいか採集さいしゅうするのです。ところが、人体じんたい精華せいかひとつしかなく、修煉しゅうれんしようとするなら、それひとつしかありません。ものられたら、あなたは修煉しゅうれんをあきらめるしかありません。いまさらなにをもって修煉しゅうれんするとうのでしょうか? なにもかもなくなったのですから、修煉しゅうれんなどできるはずがありません。「わたしはべつ修煉しゅうれんなどしたくない。金儲かねもうけだけがしたい。かねさえあればいい、あとらん!」と、こうひともいるかもれません。あなたは金儲かねもうけをしたいとおもっていても、わたしがそのわけをおしえてあげると、もうあなたはそうおもわなくなるにちがいありません。なぜでしょうか? ものはやくあなたの身体からだからはなれてったとしても、あなたは身体中からだじゅうちからけ、これから一生涯いっしょうがいずっとこのままです。なぜなら精華せいかられすぎたからです。もし、なかなかはなれてかなければ、あなたは植物しょくぶつ人間にんげんになります。のこりの人生じんせいいきをするのが精一杯せいいっぱいで、たきりになります。かねがあっても使つかえますか? 有名ゆうめいになってもそれをたのしむことができますか? まったくおそろしいことではありませんか? 
 このような事例じれいいま練功れんこうしゃなかでよくられ、きわめておおいのです。ものりつくばかりでなく、ひと元神げんしんまでころして、泥丸宮でいがんきゅうもぐんで、そこに居坐いすわってしまいます。では、人間にんげんえますが、実際じっさい人間にんげんではなくなっています。いまやこういうことさえきているのです。人類じんるい道徳どうとく水準すいじゅんわったので、悪事あくじはたらいているものに、それはわるいことですよと忠告ちゅうこくしてあげても、しんじようともしません。かれらにとっては、かねもうけることや、金銭きんせんもとめること、かねちになることは至極しごく当然とうぜんで、ただしいことなので、ひときずつけても、他人たにん利益りえきしても、かねもうけのためなら、どんなことでもどんな悪事あくじでもはばからずにやるのです。ものうしなわなければられないのですから、理由りゆうもなくあなたにあたえるはずがあるでしょうか? ものはあなたの身体からだにあるものをしがっているのです。もちろんおはなししたように、ひと自分じぶんかんがかた間違まちがって、こころゆがんでいるから、厄介やっかいなことをまねいたのです。
 われわれは法輪大法ファルンダーファつたえています。この法門ほうもん修煉しゅうれんするひとは、心性しんせいをしっかりと制御せいぎょさえできれば、一正いっせい百邪ひゃくじゃあっすることができるので、なん問題もんだいこりません。しかし、心性しんせいをしっかりと制御せいぎょできず、あれもこれも追求ついきゅうしていては、かなら厄介やっかいなことをまねくにちがいありません。これまでまなんだものをどうしてもてられないひともいますが、煉功れんこうひとつに専念せんねんしなければならず、本当ほんとう修煉しゅうれんひとつに専念せんねんしなければできません。一部いちぶ気功師きこうしほんしていますが、しかしそのほんなかにはなんでもあり、かれっているものとおなじく、へびやら、きつねやらイタチなどがすべてはいっています。そのほんむと、それらのものが文字もじなかからしてきます。おはなししたように、にせ気功師きこうし本物ほんもの気功師きこうしよりなんばいおおく、あなたには識別しきべつむずかしいので、みなさんはくれぐれもしっかりしてください。わたしはここででも法輪大法ファルンダーファまなべとっているわけではありません。どの法門ほうもん修煉しゅうれんしても結構けっこうです。しかし、むかしからこんなかたがあります。「千年せんねん正法しょうぼうざるも、一日いちじつ野狐禅やこぜんしゅうするなかれ」。ですから、しっかりと自分じぶん制御せいぎょして、本当ほんとう正法しょうぼう修煉しゅうれんしてください。ほかのものをいっさいれてはならず、意念いねんさえもくわえてはいけません。一部いちぶもの法輪ファルン変形へんけいしてしまっていますが、なぜ変形へんけいしたのでしょうか? 「べつほかこうったことはないのですが」と本人ほんにんいます。しかしこのひと練功れんこうすると、意念いねんではいつももとのものをなかくわえていたのですから、それではれてしまったことになるではありませんか? もののことについては、これぐらいにしておきましょう。
 

 宇宙うちゅう


 宇宙うちゅうとはなんでしょうか? あるひと突然とつぜんわけのからない言葉ことばをぺらぺら、ぺらぺらとしゃべりだし、なにっているか本人ほんにんにもかりません。他心通たしんつう功能こうのうものなら、だいたいの意味いみかりますが、具体的ぐたいてきなにっているかはかりません。しかも何種類なんしゅるいもの言葉ことばをしゃべれるひともいます。これはたいしたものだ、すごい能力のうりょくだ、功能こうのうだとおもっているひともいますが、それは功能こうのうでもなく、修煉者しゅうれんしゃ能力のうりょくでもなく、あなたの次元じげん代表だいひょうするものでもありません。それはどういうことでしょうか? それはあなたの思惟しい外来がいらいのある霊体れいたい支配しはいされているということです。あなたはわるくないとおもい、よろこんでれ、うれしくおもいますが、よろこべばよろこぶほど、その支配しはいもますます強固きょうこになります。本当ほんとう修煉者しゅうれんしゃとして、そんなものに支配しはいされていいのですか? それに、そういうものの次元じげんはとてもひくいので、しん修煉しゅうれんするものは、こんな厄介やっかいなものをまねかないようにすべきです。
 人間にんげんもっととうといもので、万物ばんぶつ霊長れいちょうです。どうしてこんなものに支配しはいされてよいというのでしょうか? あなたが自分じぶん身体からだ放棄ほうきしてしまうとは、なんとかなしいことでしょう! それらのものはひと身体からだくものもあれば、かないものもあり、ちょっとひと距離きょりいていますが、あなたをあやつり、支配しはいしているのです。あなたがはなしたければ、すぐにぺらぺらとしゃべらせてくれます。ひとうつすこともでき、ならいたいものが、大胆だいたんくちひらければ、はなせるようになります。実際じっさいはこのたぐいのしろものも、れをなしているので、しゃべろうとすると、そこからすぐ一匹いっぴきいてきて、しゃべらせてくれます。
 なぜこのような情況じょうきょうあらわれたのでしょうか? これもおはなししたように、それらのものも自分じぶん次元じげんたかめようとしているのですが、あちらではくるしみがないので修煉しゅうれんができず、向上こうじょうすることができません。それで、おもいたのはひとなにいことをすることですが、どうやればいいのかかりません。でも自分じぶんしたエネルギーは、患者かんじゃにちょっとしたがあり、いち苦痛くつうやわらげることができることをっています。完治かんちはできませんが、ひとくちりてそのエネルギーをせば、このような役割やくわりたせることはっています。それだけのことです。これをてん言葉ことばだとか、ほとけ言葉ことばだとひともいますが、そんなかたほとけたいする誹謗ひぼう中傷ちゅうしょうです。まったくのでたらめだとっておきます! 
 みなさんごぞんじのように、ほとけはめったにくちひらきません。もしわれわれのこの空間くうかんくちひらけば、人類じんるい地震じしんこしてしまい、轟々ごうごうって大変たいへんなことになります!「わたしの天目てんもくたのだ、ほとけがわたしにこえけてくれたのだ」とひとがいます。それはあなたにこえけているのではありません。わたしの法身ほうしんえたひと同様どうようで、あなたにはなしかけているわけではなく、かれはっした意念いねん立体りったい音声おんせいびているので、はなしているようにこえたのです。かれ普段ふだん自分じぶん空間くうかんはなしをすることができますが、こちらにつたわってきた場合ばあいなにはなしているかはっきりこえません。ふたつの空間くうかん時空じくう概念がいねんちがうからです。われわれの空間くうかん一刻いっこく、つまり時間じかんは、あのおおきな空間くうかんなかではいちねんたり、かえってあちらの時間じかんよりおそいわけです。
 むかし言葉ことばに「天上てんじょうはやっと一日いちにちなのに、地上ちじょうはすでに千年せんねん」というのがありますが、それは、空間くうかん時間じかん概念がいねんがない単元たんげん世界せかいのことをし、つまり、大覚者だいかくしゃがいる世界せかいで、たとえば極楽ごくらく世界せかい瑠璃るり世界せかい法輪ファルン世界せかい蓮花れんげ世界せかいなどのようなところです。しかし、あのおおきな空間くうかん時間じかんはかえってはやすすみます。かりかれらのしゃべっている言葉ことば受信じゅしんできて、れたとしても、一部いちぶひと天耳通てんじつう功能こうのうがあって、みみひらいたのでこえますが、はっきりとはれません。なにいても、まるで小鳥ことりさえずりのようにこえ、レコードをはや回転かいてんさせたときおとのようで、はっきりれないのです。もちろん、音楽おんがくこえ、はなしこえるものもいます。それはかならずあるしゅ功能こうのう媒体ばいたいとして、その時間じかんしてあなたのみみつたわって、はじめてはっきりれるのです。つまりそういうことです。ほとけ言葉ことばだというひとがいますが、まったくちがいます。
 覚者かくしゃたちが出会であうと、たがいににこりとわらうだけですべてかりえます。これは無声むせい思惟しい伝達でんたつですが、受信じゅしんしたのは立体りったい音声おんせいびたものなのです。二人ふたりがにこりとわらった瞬間しゅんかん意見いけん交換こうかんがなしげられたのです。この方法ほうほうだけではなく、方法ほうほう使つかときもあります。みなさんもごぞんじのように、チベット密教みっきょうのラマそうたちは「手印しゅいん」をむすびますが、ラマそうにそれはなん意味いみかとくと、「無上むじょうのヨガ」とこたえ、具体ぐたいてき意味いみかれらにもかりません。じつ手印しゅいん大覚者だいかくしゃ言葉ことばなのです。ひとおおときは「大手印だいしゅいん」をおこない、さまざまな大手印だいしゅいんがあり、非常ひじょう綺麗きれいです。ひとすくないときは「小手印しょうしゅいん」をおこない、さまざまな小手印しょうしゅいんもとても綺麗きれいで、非常ひじょう複雑ふくざつかつ非常ひじょう豊富ほうふです。それは言語げんごだからです。これまで、それらはすべて天機てんきでしたが、われわれはそれをすべてあきらかにしました。チベットで使つかわれている手印しゅいんたんなる煉功れんこうようのいくつかの動作どうさで、それを整理せいり系統けいとうしたものです。それは煉功れんこうするさい単一たんいつ言語げんごぎず、しかも煉功れんこうかたちすうしゅしかありません。本当ほんとう手印しゅいん相当そうとう複雑ふくざつなものです。
 

 学習者がくしゅうしゃなにあたえたのか


 一部いちぶひとは、わたしにうとわたしのをつかんで、握手あくしゅをするとなかなかはなしてくれません。ほかひともそれをて、握手あくしゅもとめてきます。わたしにはかれらがなにかんがえているのかがかります。握手あくしゅができてうれしくおもひともいれば、なに信息しんそくしくて、にぎってはなさないひともいます。みなさんにっておきますが、本当ほんとう修煉しゅうれんはあなた個人こじんのことですから、ここでは病気びょうき治療ちりょう健康けんこう保持ほじのようなことはいたしません。信息しんそくあたえて、病気びょうきなおすようなことはしません。あなたの病気びょうきはわたしが直接ちょくせつのぞいてあげますが、煉功れんこうではわたしの法身ほうしんがしてあげます。ほんんで独学どくがくしているひとにも、わたしの法身ほうしんがするのです。わたしのさわったぐらいで、こうびるとでもおもっているのですか? そんな馬鹿ばかはなしがあるでしょうか? 
 こう自分じぶん心性しんせいによっておさめるもので、着実ちゃくじつ修煉しゅうれんしなければ、こうびるはずはありません。なぜなら心性しんせい基準きじゅんがそこにあるからです。あなたのこうびるとき次元じげんたかひとかられば、あの執着心しゅうちゃくしん、あの物質ぶっしつえると、頭上ずじょう尺度しゃくどあらわれるのがえます。尺度しゃくど功柱こうちゅうたようなもので、尺度しゃくどたかさが功柱こうちゅうたかさで、それはあなたの修煉しゅうれんしてこう代表だいひょうし、あなたの心性しんせいたかさも代表だいひょうしています。他人たにんがいくらせてあげても駄目だめで、たとえほんのわずかせようとしてもすべてちてしまいます。わたしはただちにあなたを三花聚頂さんかしゅうちょう到達とうたつさせることができますが、ここをはなれた途端とたんにすぐちてしまいます。それはあなたのものではなく、あなたが修煉しゅうれんしてたものではないので、せてもだめです。あなたの心性しんせい基準きじゅんがそこまでたっしていないのですから、だれがつけくわえようとしても駄目だめです。それはまったく自分じぶん修煉しゅうれんによるもので、こころ修煉しゅうれんにかかっています。着実ちゃくじつこうばし、えず自分じぶん向上こうじょうさせ、宇宙うちゅう特性とくせい同化どうかしてこそ、はじめてがってられるのです。サインしてしいとたのんでくるひとがいますが、わたしはしたくありません。先生せんせいがサインしてくれたのよとひとせたり、先生せんせい信息しんそく保護ほごしがったりするひとがいます。それこそ執着心しゅうちゃくしんではありませんか? 修煉しゅうれん自分じぶん次第しだいなので、信息しんそくなどにこだわってなにになるのですか? こう次元じげんにおける修煉しゅうれんでは、そんなものをおもんじることができますか? それがなんだというのですか? そんなものは病気びょうき治療ちりょう健康けんこう保持ほじ段階だんかいのものにぎません。
 あなたが自分じぶん修煉しゅうれんしてこうは、ミクロの世界せかいでは、そのこう微粒子びりゅうし様子ようすがあなたの姿すがたかたちとそっくりです。世間法せけんほうからるときになると、佛体ぶったいとして修煉しゅうれんすることになります。そのときこうはすべてほとけ姿すがたかたちをしており、はすはなうえすわって、とても綺麗きれいです。微粒子びりゅうしひとひとつがみなそうなっています。一方いっぽう動物どうぶつこうは、みなちいさなきつねへび姿すがたかたちばかり、ちょうミクロの世界せかいでどの微粒子びりゅうしもみなそうです。それから信息しんそくめいたものを、おちゃぜてませるなどというしろものもありますが、どのみちそれもこうだというわけです。常人じょうじんは、いちてき苦痛くつうのぞき、病気びょうき先送さきおくりしてしばらくおさえておきさえすればよいのです。常人じょうじん常人じょうじんにほかならず、自分じぶん身体からだをいくらこわしても、われわれとは関係かんけいありません。われわれは煉功者れんこうしゃですから、このことをおおしえしました。今後こんご、そのようなことを絶対ぜったいしないでください。信息しんそくやらなにやらいかがわしいものを絶対ぜったいもとめないでください。一部いちぶ気功師きこうしは、自分じぶん信息しんそくはっするから、全国ぜんこく各地かくちるようにとかっていますが、なにるのですか? っておきますが、そういうものはたいしてやくちません。たとえよいところがあるとしても、せいぜい病気びょうき治療ちりょう健康けんこう保持ほじ程度ていどのものをれるにぎません。これにたいしてわれわれ煉功者れんこうしゃ場合ばあいこう自分じぶん修煉しゅうれんによってるものなので、他人たにんはっしたいわゆる信息しんそくというこうは、次元じげん向上こうじょうにはやくたず、常人じょうじん病気びょうきなおすぐらいしかできません。かならずやこころただしくもってください。修煉しゅうれんというものはだれわってあげられず、あなた自身じしん着実ちゃくじつ修煉しゅうれんして、はじめて次元じげん向上こうじょうさせることができるのです。
 それではわたしはみなさんにいったいなにあたえるのでしょうか? みなさんのなかには煉功れんこうしたことのないひとおおく、身体からだ病気びょうきっているひとがいます。おおくのひと長年ながねん練功れんこうしていますが、依然いぜんとしてのレベルからせず、こうっていません。もちろん一部いちぶひとひと病気びょうきなおしていますが、どうしてなおせるのかかりますか? さきほどもの問題もんだいについておはなししたとき、わたしはすでに本当ほんとう大法ダーファ修煉しゅうれんできるひと身体からだいているものを、どんなものであれ、身体からだなかからそとまであらゆるくないものを全部ぜんぶのぞいたのです。しん修煉しゅうれんしようとおも独学どくがくひとにも、この大法ダーファほんんでいるときに、おなじように身体からだをきれいに浄化じょうかしてあげます。そればかりではなく、あなたの家庭かてい環境かんきょう片付かたづけなければなりません。これまでまつっていたきつね、イタチなどの位牌いはいは、はやててください。すでにきよめてあげましたので、存在そんざいしなくなりました。あなたは修煉しゅうれんしようとしているのですから、われわれはもっとはいりやすいもんひらき、こういったことをしてあげます。しかししん修煉者しゅうれんしゃかぎります。うまでもありませんが、修煉しゅうれんするつもりのないものや、いまになってもまだかっていないもの面倒めんどうはわれわれはません。われわれが面倒めんどうるのは本当ほんとう修煉者しゅうれんしゃだけです。
 それからこのようなひともいます。以前いぜん身体からだものがあるとひとわれ、自分じぶん自身じしんもあるようにかんじましたが、のぞいてあげてからも、気病きやみがえず、いつも以前いぜん状態じょうたいがまだのこっているとうたがっているのです。これはすでに執着心しゅうちゃくしんになっており、疑心ぎしんいます。時間じかんつにつれて、またもどしてしまうおそれがあります。あなた自身じしんがそのこころてなければなりません。もうなにのこっていないからです。一部いちぶひとたちについては、われわれが以前いぜん講習会こうしゅうかいひらいたときにすでに処理しょりし、わたしはすでにそれをやりました。あらゆるもののぞいてしまったのです。
 道家どうけひく次元じげん煉功れんこうするとき基礎きそづくりをし、しゅうてん形成けいせいし、丹田たんでんでんつくらなければならず、そのほかにもいろいろなものをつく必要ひつようがあります。われわれはここでみなさんに「法輪ファルン」をはじめ「気機きき」や、修煉しゅうれん必要ひつようなすべての「せい」をえつけ、いくまん以上いじょうにもおよぶものを、たねのようにいてあげるのです。あなたの病気びょうきのぞいてから、やるべきことをやり、あたえるべきものを全部ぜんぶあなたにあたえて、これであなたはやっとこの法門ほうもん本当ほんとう修煉しゅうれんができるようになります。さもなければ、なにあたえなければ、それはただの病気びょうき治療ちりょうになります。ずばりいますと、心性しんせい修煉しゅうれんおもんじないひとは、むしろ体操たいそうをやったほうがましだとおもいます。
 本当ほんとう修煉しゅうれんとなると、わたしはあなたに責任せきにんをもたなければなりません。独学どくがく修煉しゅうれんするひとおなじようにられますが、ただし本当ほんとう修煉しゅうれんしているものでなければなりません。われわれはこれらのものを本当ほんとう修煉しゅうれんするひとあたえます。すでにおはなししたようにみなさんを本当ほんとう弟子でしとしてみちびかなければいけないのです。そのうえみなさんは、高次元こうじげんほうかなら徹底的てっていてきまなんで、どのように修煉しゅうれんするかかるようにならなくてはいけません。とおりの功法こうほういち習得しゅうとくして、全部ぜんぶおぼえなければなりません。将来しょうらいあなたはきわめてたか次元じげん、あなたがおもってみたこともないたか次元じげんたっすることができ、間違まちがいなく、正果しょうかられるのです。このほうかく次元じげんのことをむすわせていているので、修煉しゅうれんつづけるかぎり、今後こんごことなる次元じげん修煉しゅうれんするにあたって、それはいずれも指導しどう作用さようがあることにづくでしょう。
 修煉者しゅうれんしゃとして、今後こんご人生じんせいみちわるはずです。わたしの法身ほうしんあらためてだんりしてあげなければなりません。どのようにだんりをするのでしょうか? これからの人生じんせいは、はたしてあとどれぐらいのこっているのでしょうか? 本人ほんにんにもかりません。あるひとは、半年はんとしいちねんくらいして、数年間すうねんかんなおらない重病じゅうびょうかかることになっているかもれません。あるひとは、脳血栓のうけっせんやそのほか病気びょうきかかって、まったくうごけなくなるかもれません。では今後こんご人生じんせいにおいてどうやって修煉しゅうれんするのでしょうか? われわれはそれらのことをすべてのぞき、そういうことがこらないようにします。ことわっておきますが、本当ほんとう修煉者しゅうれんしゃにしかこれをしてあげられません。常人じょうじんたいして勝手かってにしてはいけないので、そんなことをすれば、わるいことをするのとおなじです。常人じょうじん生老病死しょうろうびょうしにはすべて因縁いんねん関係かんけいがあり、勝手かってにそれをこわしてはならないのです。
 われわれは修煉者しゅうれんしゃもっと大切たいせつものていますので、修煉者しゅうれんしゃにだけえてあげるのです。どういうふうにえるのでしょうか? 威徳いとくたかければ、つまり功力こうりきつよければ、ごうめっすることができます。こうたかければ、たくさんめっすることができますが、こうひくければ、めっするごうすくないのです。れいげて説明せつめいしてみましょう。まずあなたの今後こんご人生じんせいにあるさまざまなごう全部ぜんぶあつめて、その一部分いちぶぶん半分はんぶんめっしてあげましょう。のこりが半分はんぶんとなってもまだやまよりたかく、あなた自身じしんちからではえられません。どうすればよいのでしょうか? 将来しょうらいあなたが得道とくどうしたときおおくのものがその恩恵おんけいけることになるかもれません。ですからおおくのひとがその一部いちぶわりに負担ふたんしてくれるのです。もちろん、かれらにとってはたいしたことではありません。さらに、あなたが修煉しゅうれんによってつくしたおおくの生命体せいめいたいも、主元神しゅげんしん副元神ふくげんしん以外いがいおおくのあなたも、みな一部いちぶ負担ふたんしてくれるのです。あなた自身じしん劫難ごうなんえなければならないときには、もうさほどのこっていません。さほどのこっていないとっても、やはりかなりおおきいので、あなたはやはりまだえられません。どうすればよいのでしょうか? つまりそれを無数むすう部分ぶぶんけて、あなたの修煉しゅうれんかく次元じげんて、それを利用りようしてあなたの心性しんせいたかめ、業力ごうりき転化てんかさせ、こうばすことにするのです。
 また、一人ひとり人間にんげん修煉しゅうれんしようとおもうことはけっして容易よういなことではありません。おはなししたように、それはきわめて厳粛げんしゅくなことであって、常人じょうじんいきえており、常人じょうじんのいかなることよりもむずかしいのです。それならばそれは超常的ちょうじょうてきなことではありませんか? だからこそ常人じょうじんのあらゆることよりも、あなたへの要求ようきゅうきびしいのです。人間にんげんには元神げんしんがあり、元神げんしん不滅ふめつです。もし元神げんしん不滅ふめつなら、よくかんがえてみてください。あなたの元神げんしんは、その前世ぜんせ社会しゃかい活動かつどうなかで、わるいことをしませんでしたか? した可能かのうせい十分じゅうぶんあります。殺生せっしょうしたことがあるとか、だれかにりがあるとか、ひとをいじめたり、きずつけたりするようなことをしたことがあるかもれません。そうであれば、あなたがここで修煉しゅうれんすれば、あちらにいる相手あいてにははっきりえます。病気びょうき治療ちりょう健康けんこう保持ほじくらいのことなら、返済へんさい先送さきおくりして、いまかえさなければ将来しょうらいかえすことになり、しかも将来しょうらいはたくさんかえすことになるのがかっているので、しばらくのあいだかえさなくてもかれらはなにいません。
 ところが、あなたが修煉しゅうれんするとなれば、かれらは承知しょうちしません。「おまえ修煉しゅうれんすると、おまえってしまい、しかもこうびるのだから、こっちはとどかなくなり、おまえをつかまえられなくなる」と、承知しょうちしません。あらゆる手段しゅだんかんがえてあなたを妨害ぼうがいします。修煉しゅうれんさせないようにいろんなくして妨害ぼうがいし、あなたを本当ほんとうころしにることさえありえます。もちろん、坐禅ざぜんしているうちに、あたまばされるなどということはありえません。常人じょうじん社会しゃかい状態じょうたいわなければならないからです。外出中がいしゅつちゅう交通こうつう事故じこったり、ビルから転落てんらくしたり、あるいはほか危険きけんったり、などといったことがきます。非常ひじょうあぶないのです。本当ほんとう修煉しゅうれんは、あなたが想像そうぞうしているほど容易よういなことではないのです。修煉しゅうれんしたければ、修煉しゅうれんしてがっていけるのだとおもいますか? しん修煉しゅうれんしようとおもえば、ただちに生命せいめい危険きけんさらされ、こういった問題もんだいきずりこまれます。おおくの気功師きこうしたか次元じげんへのこうおしえる勇気ゆうきっていません。なぜでしょうか? ほかでもない、かれにはこれがえず、とてもあなたをまもりきれないからです。
 むかしは、どうつたえるものおおくが、一人ひとり弟子でしにしかおしえることができませんでした。一人ひとりくらいならなんとかまもることができるからです。このような広範囲こうはんいのことは、一般いっぱんひとにはする勇気ゆうきがありません。しかし、すでにみなさんにおはなししましたが、わたしにはできます。なぜならわたしは無数むすう法身ほうしんっており、それらはわたしとおなじように非常ひじょうおおきな神通力じんつうりき法力ほうりきそなえており、おおきな神通力じんつうりきおおきな法力ほうりき発揮はっきすることができるからです。しかも、われわれが今日こんにちやっているこのことは、ほど簡単かんたんではなく、またわたしはけっして一時いちじおもいつきでやっているわけでもありません。みなさんにおおしえしてもよいのですが、たくさんの大覚者だいかくしゃはみなこのことに注目ちゅうもくしており、われわれが末法まっぽう時期じき正法しょうぼうつたえるのもこれが最後さいごです。われわれのやっているこのことには、間違まちがいがゆるされません。本当ほんとう正道しょうどうによって修煉しゅうれんすれば、だれもあなたを勝手かってきずつけたりすることはできません。それにわたしの法身ほうしんまもられているので、なん危険きけんこらないのです。
 りがあれば、かえさなければいけないのですから、修煉しゅうれん途中とちゅう危険きけん出会であうことはあります。しかし、そういうことがこったときでも、あなたを恐怖きょうふおとしいれ、あるいは本当ほんとう危険きけん遭遇そうぐうさせるようなことはありません。れいさんげましょう。これは北京ぺきん講習会こうしゅうかい開催かいさいしたときのことです。ある学習者がくしゅうしゃ自転車じてんしゃ道路どうろ横断おうだんして、街角まちかどとききゅうカーブしてきたこうきゅう乗用車じょうようしゃにはねられました。この学習者がくしゅうしゃ女性じょせいで、五十才ごじゅっさいあまりです。乗用車じょうようしゃにドンとぶつけられて、彼女かのじょあたまくるまたっておおきなおとがしました。そのときこの学習者がくしゅうしゃはまだ自転車じてんしゃまたがったままで、あたまちましたが、いたくないばかりか、出血しゅっけつもなく、れたりもしませんでした。運転手うんてんしゅあわててりて、「怪我けがはありませんか? 病院びょういんきましょう」ときましたが、彼女かのじょ大丈夫だいじょうぶだとこたえました。もちろん、この学習者がくしゅうしゃ心性しんせいたかいので、ひとがかりをつけるようなことなどしません。彼女かのじょ大丈夫だいじょうぶいましたが、乗用車じょうようしゃほうおおきくへこんでしまいました。
 このたぐいのことはすべていのちりにきたれいですが、本当ほんとう危険きけんいたるようなことはありません。このまえ吉林きつりん大学だいがく講習会こうしゅうかいひらいたときも、ある学習者がくしゅうしゃ大学だいがく正門せいもんて、自転車じてんしゃしてみちなかったら、だいくるまがいきなりかれはさみ、いまにもはねられそうになりましたが、かれはちっともこわいとおもいませんでした。こういうことに遭遇そうぐうしたとき、ふつうだれこわおもうことはありません。その瞬間しゅんかんに、くるままり、何事なにごとこらなかったのです。
 北京ぺきんではこんなこともありました。ふゆれるのがはやいので、みんなはやます。まちには人影ひとかげがなく、しずまりかえっていました。ある学習者がくしゅうしゃ自転車じてんしゃ帰宅きたくいそいでいました。前方ぜんぽうにはジープがたったいちだいはしっていましたが、きゅうまりました。かれづかずに、相変あいかわらずしたいていでいました。ところがそのジープは突然とつぜんもうスピードでバックしはじめました。それもいのちりにたもので、このふたつのちからわさって、あわや衝突しょうとつしようとするとき、あるちからきゅうにこのひと自転車じてんしゃ五十ごじゅうセンチほど後方こうほうり、ジープの運転手うんてんしゅうしろの人影ひとかげづいたらしく、自転車じてんしゃ車輪しゃりんにぶつかるぎりぎりのところできゅうブレーキをかけました。そしてそのときかれ全然ぜんぜんこわくなかったというのです。このような状況じょうきょうひとはみなこわいとはおもいませんが、あとになってこわくなるかもれません。かれがその瞬間しゅんかんまずおもったのは、だれ自分じぶんってくれたのか、そのひとにおれいわなければならないということでした。しかし、かえっておれいおうとして、ふとるとまちはシーンとしていて、だれひとりいませんでした。まもってくれているのだ! とかれにはすぐかりました。
 長春ちょうしゅんでのはなしもあります。ある学習者がくしゅうしゃいえちかくにビルの建築けんちく現場げんばがありました。昨今さっこんのビルはかなりたかてるもので、足場あしば直径ちょっけいろくセンチ、ながよんメートルのてつパイプでてられていました。かれいえからて、しばらくあるくと、一本いっぽんてつパイプがうえからまっすぐかれあたまめがけてちてきました。まちひとはみなちすくみこおりついたようになってしまいました。かれだれかにあたまたたかれたとおもい、「だれだ、ぼくをたたくのは?」といながらかえったところ、頭上ずじょうおおきな法輪ファルン回転かいてんしているのがえました。てつパイプもあたまからすべちました。すべちてそのまま地面じめんさってたおれませんでした。もし、それが人間にんげん身体からださったら、かんがえてもごらんなさい、あれだけのおもさがあるので、あめだま串刺くしざしのようにぐさりとけるにきまっています。なんと危険きけんなことではありませんか! 
 このようなれいかぞれないほどおおいのですが、いずれも危険きけんいたるようなことはありません。だれでもこんなことに遭遇そうぐうするとはかぎりませんが、一部いちぶもの遭遇そうぐうすることがありえます。遭遇そうぐうしても、しなくても、いかなる危険きけんもないことをわたしが保証ほしょうします。しかし一部いちぶ学習者がくしゅうしゃ心性しんせいもとめるところにしたがわずに、動作どうさだけをやっていて、心性しんせいおさめようとしないので、煉功者れんこうしゃとはえません。
 みなさんになにあたえるのかとえば、わたしは以上いじょうのものをみなさんにあたえます。わたしの法身ほうしんは、みなさんが自分じぶん自分じぶんまもることができるようになるまで、ずっとまもります。そのときは、あなたがついに世間法せけんほう修煉しゅうれんて、得道とくどうしたときです。しかし、かなら自分じぶんのことを本当ほんとう修煉者しゅうれんしゃとして自覚じかくして、はじめてそこに到達とうたつできるのです。わたしのほんにして、まちあるきながら、「先生せんせいまもってくれているから、くるまなんかこわくない!」とさけものもいますが、それは大法ダーファ破壊はかいしているので、このようなひとまもるはずがありません。実際じっさいしんおさめる弟子でしはこんなことをするはずもありません。
 

 エネルギー


 煉功れんこうするときに、まわりにひとつの出来できますが、それはなんでしょうか? 磁場じば電場でんばといろいろなかたがあります。じつなんんでもただしくありません。なぜならそのふくまれる物質ぶっしつ非常ひじょう豊富ほうふだからです。宇宙うちゅうのあらゆる空間くうかん構成こうせいする物質ぶっしつが、ほとんど全部ぜんぶこのこうなかふくまれています。それをエネルギーんだほうが適当てきとうかもれないので、通常つうじょうわれわれはエネルギーんでいます。
 このはどんな作用さようをしているのでしょうか? みなさんがごぞんじのように、正法しょうぼう修煉しゅうれんをしているものにはつぎのような感覚かんかくがあります。つまり、正法しょうぼう修煉しゅうれんしてきたので、慈悲じひおもんじ、宇宙うちゅうしんぜんにんという特性とくせい同化どうかしているため、学習者がくしゅうしゃはこのすわるとみんなかんじることですが、あたま邪念じゃねんかぶこともなく、タバコをうことすらおもかばず、なごやかな雰囲気ふんいきつつまれて、とても心地ここちかんじます。それはほかでもなく正法しょうぼう修煉者しゅうれんしゃっているエネルギーが、この範囲はんいない作用さようしているのです。この講習会こうしゅうかいわると、だい部分ぶぶん学習者がくしゅうしゃこうつようになり、本当ほんとうこうるわけです。なぜならわたしがつたえているのは正法しょうぼう修煉しゅうれんのもので、あなた自身じしんもその心性しんせい基準きじゅんもとづいて自分じぶんりっするからです。煉功れんこうつづけて、われわれの心性しんせい要求ようきゅうもとづいて修煉しゅうれんすれば、だんだんと、あなたのエネルギーもつよくなるはずです。
 われわれは自分じぶん他人たにん済度さいどし、衆生しゅじょう済度さいどすることをっていますので、法輪ファルン時計とけいまわりに回転かいてんすると自分じぶん済度さいどし、ぎゃく時計とけいまわりに回転かいてんすると、ひと済度さいどします。ぎゃく時計とけいまわりのとき法輪ファルンはエネルギーを放出ほうしゅつするので、他人たにんにその恩恵おんけいあたえます。そうすれば、あなたのエネルギーがカバーする範囲はんいないにいるものはみなめぐみをけ、気持きもちがいとかんじるでしょう。あなたがまちあるときも、職場しょくば家庭かていにいるときおな役割やくわりたすことができます。あなたの範囲はんいないにいるものに、あなた自身じしんらないうちに身体からだ調整ちょうせいしてあげているかもれません。この一切いっさい間違まちがった状態じょうたいただすことができるからです。人間にんげん身体からだ病気びょうきがあるべきものではなく、病気びょうきがあるのは間違まちがった状態じょうたいにあるからで、このエネルギーはその間違まちがった状態じょうたいただすことができます。わるこころぬしゆがんだことをかんがえるとき、あなたの強烈きょうれつ作用さようけて、そのかんがえをえ、わるいことをかんがえなくなるかもれません。ひとののしろうとおもものも、きゅうかんがえをえて、やめたりします。ただ正法しょうぼう修煉しゅうれんのエネルギーだけが、このような役割やくわりたすことができます。ですから佛教ぶっきょうにはむかしから、「佛光ぶっこうあまねらせば、礼儀れいぎ圓明えんめいとなる」という言葉ことばがありますが、そういうことをっているのです。
 

 法輪大法ファルンダーファ学習者がくしゅうしゃはいかにこうつたえるか


 おおくの学習者がくしゅうしゃいえかえってから、この功法こうほう素晴すばらしいとおもい、自分じぶん親戚しんせき友人ゆうじんなどにつたえようとおもいます。結構けっこうです。だれつたえてもかまいませんし、だれつたえてもかまいません。しかしひとつだけ、みなさんにことわっておきたいことがあります。われわれがみなさんにあたえたおおくのものは、はかれない価値かちがあります。なぜみなさんにあたえたのでしょうか? 修煉しゅうれんしてもらうためです。修煉しゅうれんするからこそ、これらのものをあたえることができるのです。つまり、これからみなさんがこうつたえるとき、それによって名誉めいよ利益りえきもとめてはいけません。したがってわたしのように講習会こうしゅうかいひらいて受講料じゅこうりょうってはいけません。われわれはほん資料しりょう印刷いんさつするために、またあちこちにこうつたえにくために、費用ひよう必要ひつようとします。われわれの受講料じゅこうりょうは、全国ぜんこくでいちばんやすいのです。一方いっぽうみなさんにあたえるものはいちばんおおく、われわれは本当ほんとうたか次元じげんひとみちびいているのです。そのてんについてはみなさんも実感じっかんされているとおもいます。法輪大法ファルンダーファ学習者がくしゅうしゃとして、将来しょうらいこうつたえるときつぎてんまもってください。
 第一だいいちに、受講料じゅこうりょうってはいけないことです。われわれがたくさんのものをあたえたのは、あなたをかねち、有名人ゆうめいじん仕立したてるためではなく、あなたを済度さいどするため、修煉しゅうれんさせるためなのです。もし、受講料じゅこうりょうったら、わたしの法身ほうしんがこれまであなたにあたえたすべてのものを回収かいしゅうしてしまいますので、あなたも法輪大法ファルンダーファひとではなくなり、あなたのつたえるものも法輪大法ファルンダーファではありません。みなさんはこうつたえるとき名利みょうりもとめず、無償むしょう人々ひとびと奉仕ほうしすることです。全国ぜんこく各地かくち学習者がくしゅうしゃはみなこのようにしていますし、各地かくち指導しどうにあたるひとたちもみなこのようにみずか模範もはんしめしています。われわれのこうまなびたければ、てください。われわれはあなたに責任せきにんい、一文いちもんりません。
 だいに、大法ダーファ自分じぶんのものを混入こんにゅうしてはいけないことです。つまり、こうつたえるにあたって、あなたの天目てんもくひらいたにせよ、なにかがえたにせよ、あるいはなに功能こうのうあらわれたにせよ、自分じぶんえたもので法輪大法ファルンダーファ解釈かいしゃくしたりしてはいけません。あなたがその次元じげんたわずかなものは、われわれのほうしん内容ないようとは程遠ほどとおいのです。ですから、今後こんごこうつたえるとき、くれぐれもこのことに注意ちゅういしてください。そうしなければ、法輪大法ファルンダーファ本来ほんらいのものがつたわることを保証ほしょうできません。
 また、わたしとおなかたちこうつたえてはいけません。わたしのように講演会こうえんかいのようなかたち説法せっぽうしてはいけません。あなたにはほうけません。わたしはたか次元じげんのものをむすびつけてはなしており、意義いぎ大変たいへんふかいのです。みなさんはことなる次元じげん修煉しゅうれんしていますが、将来しょうらい次元じげん向上こうじょうしてから、この録音ろくおんいても、さらに向上こうじょうすることができます。かえけば、いつもあたらしい理解りかいあたらしい収穫しゅうかくがあり、ほんめばなおさらそうです。わたしの講義こうぎは、非常ひじょうたかくて奥深おくぶかいものをむすびつけてはなしているので、あなたにはこのほうくことができません。そして、わたしの言葉ことばをあなたの言葉ことばとしてかたることはゆるされません。さもなければ、ほうぬす行為こういとなります。わたしの言葉ことばをそのままべて、先生せんせいがこうはなしていたとか、ほんにはこういてあるとか、をくわえてうべきです。なぜなら、そのようにはなせば、大法ダーファちからびるようになるからです。自分じぶんっていることを法輪大法ファルンダーファとしてつたえてはいけません。さもなければ、あなたのつたえるものは法輪大法ファルンダーファでなくなり、法輪大法ファルンダーファ破壊はかいすることになるのです。あなたの理解りかいかんがえにもとづいてつたえるものは、ほうではなく、ひと済度さいどすることができず、なん効果こうかもありません。ですから、だれもこのほうけるはずがありません。
 みなさんがこうつたえる方法ほうほうは、煉功れんこうこうつたえるで、学習者がくしゅうしゃにわたしの録音ろくおんかせ、ビデオをせ、それから指導しどうにあたるひとたちが煉功れんこう指導しどうをします。また、座談会ざだんかいかたちで、たがいに交流こうりゅうしたり、体験たいけんだんはなしたりしてもよいのです。このようにすることはのぞましいことです。もうひとつは、法輪大法ファルンダーファひろめる学習者がくしゅうしゃ弟子でし)のことを、先生せんせいとか大師だいしとかとんではいけません。大法ダーファ一人ひとりしかいません。入門にゅうもんしたものはやおそいにかかわらず、全員ぜんいん弟子でしです。
 みなさんはこうつたえるとき、「先生せんせい法輪ファルンえつけることができるし、ひとのために身体からだ調整ちょうせいしてくれるが、わたしたちにはそんなことはできない」とおもひとがいるかもれません。そのてん大丈夫だいじょうぶです。みなさんにおはなししたように、すべての学習者がくしゅうしゃにわたしの法身ほうしんいており、しかもひとつにとどまらないので、わたしの法身ほうしんがそれらのことをすることになります。ひとおしえるとき、もしそのひとえんがあれば、ただちに法輪ファルンられます。えんうすければ、身体からだ調整ちょうせいて、煉功れんこうするようになってから、そのうちられますので、わたしの法身ほうしんかれのために身体からだ調整ちょうせいをします。そればかりではなく、わたしのほんんだり、わたしのビデオをたり、あるいはわたしの録音ろくおんいて、ほうまなび、こうまなび、自分じぶんしん煉功者れんこうしゃ自覚じかくすれば、同様どうようるべきものがられます。
 学習者がくしゅうしゃひと病気びょうき治療ちりょうすることをゆるしません。法輪大法ファルンダーファ学習者がくしゅうしゃが、ひと病気びょうき治療ちりょうすることを絶対ぜったい禁止きんしします。われわれは、みなさんが執着心しゅうちゃくしんこしたり、自分じぶん身体からだこわしたりしないように、うえをめざして修煉しゅうれんするようおしえています。われわれの煉功場れんこうばほかのいかなる功法こうほう練功場れんこうばよりも素晴すばらしく、われわれのは、そこへって煉功れんこうさえすれば、病気びょうき治療ちりょうよりずっとがあります。わたしの法身ほうしんがまわりをかこんですわり、煉功れんこう上空じょうくうにはおおいがあり、そのうえおおきな法輪ファルンがあって、「大法身だいほうしん」がおおいのうえから煉功れんこう見守みまもっています。そのは、並大抵なみたいていではなく、普通ふつう練功れんこうとはちがい、修煉しゅうれんなのです。功能こうのうおおくのひとはみな、あかひかりつつまれて、いちめんになっている法輪大法ファルンダーファのこのたことがあります。
 わたしの法身ほうしん直接ちょくせつ法輪ファルンえつけることもできます。しかしわれわれは執着心しゅうちゃくしん助長じょちょうしません。あなたがひと動作どうさおしえるとき、そのひと突然とつぜん「わたしにも法輪ファルンがあった」とえば、あなたは自分じぶんえつけたとおもうかもれませんが、それはちがいます。みなさんにこのことをはなしているのは、その執着心しゅうちゃくしんこさせないためです。じつはすべてわたしの法身ほうしんがやっているのです。法輪大法ファルンダーファ弟子でし以上いじょうのようにこうつたえるものです。
 法輪大法ファルンダーファ功法こうほうかいざんしようとするものがいれば、かれ大法ダーファ破壊はかいし、この法門ほうもん破壊はかいするものにほかなりません。功法こうほうはやうたなおものがいますが、絶対ぜったいゆるされません。本当ほんとう修煉しゅうれんほうはみな先史せんし時代じだいからのこったもので、大昔おおむかしからつたわってきたものです。かぞれないほどの大覚者だいかくしゃがそれによって修煉しゅうれんし、成就じょうじゅしました。だれ一人ひとりとしてそれをえようとするものはいませんでした。これもこの末法まっぽう時期じきにしかられないことです。歴史上れきしじょうこんなことはありえないことでした。みなさんはぜひともこのてん注意ちゅういしてください。



戻る

法輪大法の書籍