延吉での講法 質疑応答

李 洪 志



弟子:生まれつき結跏趺坐ができることは、根基の良し悪しに関係があるのですか?
師:これにはあまり大きな関係はありませんが、絶対にないとも言えなく、とても複雑な原因があります。長期にわたって労働をしていた人、あるいは足を組んだことのない人は、組み始めると非常に辛くなります。
  
弟子:元始天尊は、宇宙の中の最高の覚者ですか?
師:実は、これらはすべて常人の思考方式で、それ自体不敬を帯びています。元始天尊の功は如来より少し高いでしょう。最大の神ではありません。

弟子:宇宙はやはり真、善、忍を真理とするのですか?
師:宇宙は真、善、忍という特性を備えており、次元が高いほどますますはっきりと現れます。

弟子:自分の根基などの要素は定められた次元まで成就した後、もしまだ上へ修めたいなら、続けて常人の中で修煉をしなければならないのでしょうか?
師:そうです。別のところでは修められませんが、常人の状態においてのみ、最も修めやすいのです。ただし、他の次元の中で修められないわけではありません。しかし、例をあげて話しましょう。その人の生活に苦を嘗めることがないので、修めることも非常にゆっくりとなり、場合によっては修められなくなります。心性を向上させる機会と環境がなければ、彼は修められません。高い次元で人と人、生命と生命の間にはまったく矛盾がないだけではなく、何の邪魔もなく縦横自在なので、その人たちはどうやって修めると思いますか? 非常に難しくなります。

弟子:自分の門の中で修めて圓満した後は、佛の状態の生老病死を経なければならないのですか?
師:何が佛の状態の生老病死でしょうか? 皆さんに教えますが、高い次元においても成、住、壊という要素が存在しており、それは生老病死と関係があるともわたしは話しましたが、それら自身の同等の次元に存在することです。しかしそれは、はるかに遠くて不可思議な、天文学的数字よりさらに大きな年数の数字なので、あなたは全く気にする必要はありません。

弟子:まず無生老母を拝んで、その後、佛を拝むとの言い方があるようで、無生老母はどういうことでしょうか?
師:無生老母などはどこにいるのでしょうか? まったくこのような神はいません。常人の中で現在、でたらめな呼び方はとても多く、まったくそういうものは存在しません。皆さんに教えますが、一部の邪法、狐やイタチ、幽霊や蛇などのものは、低い層にいるものは高い層の事が分からないので、正法の覚者もそれに関わりません。それらは高いところまで修煉が成就したと思っていますが、自分より高いものに出会ったこともないので、自分より高いものの存在も信じません。それはどんな狂気じみたことでも口にすることができて、天は二番目だが自分は一番だと思っているので、心性を重んじることもなく、多くの呼び方を作って世を乱し、法を乱しています。皆さんはわれわれ一門が伝えたものに基づいて修めていき、滅茶苦茶に乱れた様々なものを放下して下さい。

弟子:あなたの師父たちはどうして会場でひざまづいているのですか? また会場には蓮の花が満ち溢れ、神兵や神将もいますが?
師:どの人もわたしの師父ではありません。上の世界では、誰でもこのようにわたしに接しなければならず、ただあなたたち人間は知らないだけです。彼らが佛や道であり、きっとわたしの師父だとあなたは思っていますが、彼らより次元が高い人はもっといます。誰それを見て、すぐに彼がわたしの師父だと思わないでください。わたしが法を説くときには、上から下まで護法の神は非常に多いのです。あなたに見えたなら、見えたようにします。他の学習者も見えた人がいます。

弟子:太極や八卦の中に触れた住宅や、先祖の墓、風水といったことを、先生にご解釈していただけますでしょうか?
師:これらのものは早く捨てて下さい。これらはすべて世間小道のものです。わたしはあなたに大法を伝えていますが、皆さん知っているように、一人の修煉者、あなたのすべては変えられています。これらのものは修煉者に対して全く作用を果たさないので、あなたは放下しなければなりません。ただあなた自身の執着心だけは、取り除かなければいけません。風水が効いているとばかり考えていたなら、それこそ執着心です。そうなると、そのような状態が本当に現れるかもしれません。あなたの執着心を取り除くためです。

弟子:生命は両親から与えられたもので、親孝行をすることは、業を返すことになりますか?
師:それは業と関係がありません。人が生きているのはすべて情のためで、人はこの情のためだけに生きています。子供が親孝行をするのも情のためで、親が子供を可愛がるのも情で、すべては人間世界の情です。当然、別の角度から言うと、親が子供を生み育てたので、子供も親に対して良くしなければならず、こうするのは当然の理です。親に対して良くしなければ、常人の理から言っても通らず、高い次元から見てもいけません。ただし、修煉するならば、このような情を徐々に放下しなければなりません。

弟子:わたしたちの法門は、観音と弥勒の法門を超えていますか?
師:観音には法門がなく、弥勒にもないので、それは魔が法を乱して作り出したことです。あなたはこの法をよく学んだら分かります。実は多くのことをわたしは伝え出したのですが、わたしたちが煉っているものは宇宙ほど大きなもので、それが何なのか考えてみてください。どうしてそういった邪法と比較するのでしょうか?

弟子:三年前に佛門に帰依しましたが、受戒していません。今後、法輪大法を修煉することに対して、影響がありますか?
師:そのような形式さえ取っていないのに、どうして帰依と言えるでしょうか? あなたは帰依しておらず、ただ佛教を信じているだけです、こう言うしかありません。いわゆる帰依したとしてもかまわず、どんな影響もありません。佛は宗教を重んじず、人の心だけを重んじます。帰依とは、佛に帰依したのではなく、宗教に帰依したのです。どの門を修めるかということは、あなた個人のことです。佛教の中で修めたいというなら佛教の中で修め、法輪大法の中で修めたいなら、法輪大法の中で修めてください。皆さんがここにやって来たのはすべて縁によるもので、わたしは皆さんに責任を果たさなければいけません。皆さんに教えますが、今の佛教は末法時期なので、非常に乱れており、修めることは難しく、和尚は自己を済度することさえもできないのです。こういうことをあなたに教えていなければ、わたしは責任を果たしていないことになります。

弟子:先生、元嬰は主意識が修めたものですか? 副意識はどんな果位を成就するのでしょうか? 元嬰ができたら別の空間に行くとすれば、誰が元嬰とその本体を支配するのでしょうか?
師:あなたの主意識がこの身体を主宰して修めたものです。副意識は、わたしたちの法門では将来、あなたの護衛者として円満成就します。元嬰はあなた自身が修煉してできたものなので、当然あなた自身が支配します。別の空間に行くなんて、どういうことですか? あなたが主宰しなければ、元嬰は動くことさえしません。それは圓満した後の身体――すなわち佛体なのです。

弟子:どんな状況のもとで、自分の功能を使うことができますか?
師:この質問を出した人がもし講義を聞いていないのなら、わたしは大目に見ることができます。今日は十回目の講義になりますが、あなたはまだ功能を使うことが気になっています。功能を使って何をするのですか? どんな事をするのですか? その執着心はどうしてまだ取り除いていないのでしょうか? もちろん修煉者として功能は出るべきときに出て、使えるようになったら、当然その時にすぐに分かるはずです。こういったものに執着してはいけません。いかなる求める心を持っても、法を得ることはありません。

弟子:法輪大法の学習者は、修煉を経て異なった次元に達しますが、数年後の彼らの行き先はどうでしょうか?
師:代償を払えばその分だけ得る、最も良く修煉できた人は圓満成就して、修煉が少し足りなくても、将来の次元は悪くありませんが、三界を飛び出すことができないかもしれません。本当に果位を得てこそ、はじめて三界を飛び出すことができるからです。よく頑張って非常に高くまで修められる人もいて、修めているかどうか分からない人であれば、少しだけ得ることができ、三界内の異なった次元の天人になることができます。

弟子:法身はどんな状況のもとで、自分から去って行ってしまうのでしょうか?
師:あなたが修煉者であれば、それもあなたが圓満するまで管理します。もし修煉しなくなって、まったく修煉をやめてしまえば、彼も失望して、あなたが本当に諦めたのを見て、彼はあなたを管理しなくなります。法輪も同じように、あなたが修煉を止めたなら、常人はこのようなものを持ってよいのですか? もらっても役に立ちません。修煉しないなら、法輪もあなたに役立つ作用をしないからです。

弟子:元神や主元神、また識神は同じ意味ですか?
師:主元神とはつまりあなた自身です。あなたが何を考え、何を行ない、普段何をしているか、それがあなた自身です。副元神とあなたは同じときに母胎から生まれ、あなたと同じ名前を名乗ります。しかし彼とあなたにはまた違いがあり、あなたがどんな事を行なっているか彼には分かりますが、彼がどんな事を行なうかをあなたは全く分かりません。したがって根本からいえば、同じ神ではなく、根本からいえばあなた自身ではありません。あなた自身、つまりあなたが自分で何かをしようと思い、何かを行なおうとして、はっきりと分かるときは、正真正銘のあなたです。人はこのようなもので、従来からこのような形態なので、みんな副元神を持っています。元神というのは概括した言い方ですが、概括して言えば、副元神も元神もその中に含まれています。ですから、わたしたちは元神、元神と言っています。ここでは主元神や副元神を言います。識神とは道教で使われる言い方で、彼らは主元神のことを識神といいます。

弟子:妊娠した後、法輪大法を煉ることができますか?
師:出来ます。問題ありません。以前ある人が質問をして、妊婦が法輪大法を煉ると、法輪が腹の中で回っているので、子供は耐えられますかと聞きました。皆さんに話しますが、それは同じ空間には存在していません。もし同じ空間に存在するなら、法輪は中で回り、腸も耐えられないので、同じ空間には存在していないのです。それぞれの空間にみな、あなたの身体の存在形式があります。

弟子:わたしは身長が低いことに悩んでいます。お尋ねしますが、背が高くなることはできますか?
師:どうして何でも私に聞こうとするのですか? わたしは煉功者に教えているのです。こういった執着心を抱いて修めていけますか?! 背が低いことはあなたの修煉に影響しますか? わたしのところで教えているのは高い次元へ修煉する大法です。あなたは常人になりたくて、外見が完璧な常人になりたいと思うならば、わたしのところではなく、病院に行って整形手術をしてください。こんなに長い時間をかけて十回も講義をしたのに、わたしは何を話したかも分からない人がいます。あなたはどうしてこういったことをわたしに質問するのでしょうか? 常人のことは、わたしたちも関与しません。あなたはこのような執着心を抱いて講義を聴きに来ても、何も得られません。ただ、法を学ぶことを通じて、あなたはきっと理解できるとわたしは思います。

弟子:法輪大法を煉る前に、按摩を行なってもよいでしょうか?
師:按摩してどうするのですか? 法輪大法の大脈や気機が運行する時、あなたのために何もかもしてあげているのに、按摩をして何をするのですか? 何かを教えたらあなたはそれを煉ればよいのであって、教えていないものを決して功の中に無闇に加えてはいけません。そういうものには、様々な気功の目茶苦茶に乱れた信息や偽気功の信息があり、何でもあるのです。功の中に何も加えてはならず、意念さえも加えることはできません。純粋に修煉をしてこそ、速いのです。

弟子:わたしは体育の教師です。わたしは学生に他の派の功法、例えば一指禅や太極拳などを教えるように求められています。どうしたらよろしいでしょうか?
師:それなら法輪大法を教えましょう。そうすると、本当にこの上なく良いことになります。もちろんあなたが法輪大法を煉りたいので、こうあなたに教えるのです。他のものを教えると、本当に良くありません。もしあなたが法輪大法を煉らないと言うなら、わたしも関与しません。本当に修煉するなら、専一にしなければなりません。実は、この類の具体的な問題をわたしは全く解答したいと思いません。あなた自身が酌量しながら対処できるはずです。
ほかの気功の手法を使って、病気治療を行なってもいけません。使えば、別のものを加え入れたことになり、それはすぐにやって来るので、あなたの功はやはり乱れます。

弟子:他の功法の録音テープを使って煉功をしてもよいですか?
師:そういったものはみなその一門の信息を帯びています。わたしがこれほど言っているのに、どうしてまだ理が分からないのでしょうか? 法輪大法を煉るなら、法輪大法だけを煉って、それらのものに触れるだけでもいけません。ちょっと触れたら、すぐにあなたの身体に憑いてきます。「神を招くのは易しいが、送り出すのは難しい」という言葉のように、あなたはそれを追い払うことができません。わたしの法身も関わりたくありません。あなたの悟性がこんなに悪くて、法をこれほど説いているのに、あなたはまだこのような状態なのですか? そうだとすれば、あなたにさまざまな失敗を経験させ、失敗の中で悟らせて、あなたの心を取り除くことをさせます。

弟子:しゃっくりするときに発生した気は、のどへ飲み込みますか、それとも吐き出しますか?
師:しゃっくりの気を飲み込んでどうするのですか? 吐き出します。身体を調整する時にしゃっくりをして発生した気のほとんどは廃棄物で、汚い気です。内臓の中の汚い気だからです。

弟子:善行からの目的で、ほかの功法を煉る人を止めてもよろしいですか?
師:いけません。人というのはそういうものです。どの門に入ろうと、その人自身が選ぶことです。法輪大法が講習会を開催すると、いつも一部の偽気功師も同じ時期に講習会を開いて、それを見てあなたはどの門へ行きますか? 人が法を得ることは容易ではなく、正法を得るとなればなおさら難しくなります。皆さんに教えますが、善を勧めてもその人が聞かないなら、もうそれまでです。その人を強引に止めて、彼は佛になりたくないのに、無理やり佛になるように強要する道理がどこにありますか? その人が自分の心を持ち修めようとしなければなりません。彼が修煉したくなかったら、あなたは口出しができますか? 彼がたとえ魔になりたいとしても仕方がないことです。つまりこのような道理なのです。

弟子:一式の功を煉り終えた後の結印した状態と、次の功法を始める時の結印は分けて、別々にしなくてもよいでしょうか?
師:はい。次の一式を始める時、両手を解く必要はなく、結印のままで次の功法につなげます。ただし、九回やることが要求される功法は必ず九回やってから、止めて結印し、それから続けます。なぜこのようにしなければならないのでしょうか? 高い次元で修煉するには無為を重んじるので、いかなる意念もないからです。いつまでもやった回数を数えてはいけません。高い次元で修煉すると、いつまでも録音テープを聴いていてもよいでしょうか? 録音テープを聞く目的は、わたしたちの一門の音楽に良いエネルギーが帯びているからです。また、煉功者の一念が万念に代わって、音楽を聴いたらほかの良くないことを考えずに、雑念が入らないようにさせるためです。主にこのような目的です。高い次元で修煉する時、皆さん考えてみてください。いつも音楽を聴いたり、回数を数えたりすることがあるでしょうか? いけません。功は毎回、九回煉りますので、こうなると、その機、わたしがあなたに植え付けた気機、機制も「九」に固定されるので、高い次元で修煉しようとすると、回数を数える必要は全くなくなります。あなたが煉功する時、九回になると、その機は自動的に作用を働き、その力は非常に大きくて、感じとることもできます。その力であなたの手は自動的に下腹部で合わさり、九回になると手は自動的に法輪を押し動かすことを始めます。高い次元になると、あなたの手は機に従って動くのです。

弟子:貫通両極法の中では、まず二つの空のパイプを想像するのでしょうか?
師:そうです。貫通両極法の時、皆さんの考えの中に、わたしの身体は一本または二本の空のパイプのようだ、と考えの中で想像します。貫通する時に、エネルギーの流れは身体の中で何の障害もなく通じる、主にこの意味です。ただ煉功する際に、いつもわたしは空のパイプだと思わずに、煉功する前に、その考えをちょっと加える程度で良いのです。

弟子:立っていることが続けられなくて、座ったまま煉功しても良いでしょうか?
師:この大法は、本当に修煉できる人だけを求めています。立たなくても煉りたいと思っていますが、こうして煉っても煉功の要求に達成できないため、機も間違った方向へ行ってしまい、わたしたちの要領とはまったく違います。

弟子:念佛を唱え、佛を拝むのは、修煉に影響がありますか?
師:影響があります。佛教を信じる人に教えますが、佛教の中の法は佛法のすべてではなくて、それはただ佛法の中のほんのわずかな一部分にすぎません。佛教徒もこの現実を認める勇気がありませんが、実は経書の中にも論述しています。どの法門を修めるかは厳粛な問題です。あなたはどの法門を修めようと思っても、わたしたちは反対せず、あなたはひたすら修めてください。この法門を修めようとすれば、この法門だけを修めてください。不二法門とは、昔は佛教の中でも混同して修めることを許しませんでした。佛の名前を唱えるのは、佛に見守ってほしいためではありませんか? それなら、佛の名を唱えて何をするのですか?

弟子:中国で流行している気功の中で、どれが正法に属していますか?
師:偽物は本物より何百倍も多くあります。その名称まで明かすことはできません。真相を明かすと、修煉は容易くなるので、何でも明かすわけにはいきません。ただしあなたたちは識別できるはずです。

弟子:楞厳経(りょうごんきょう)は、釈迦牟尼自身が伝えだしたものですか?
師:楞厳経ですが、皆さんに教えますが、釈迦牟尼は自分が楞厳経や金剛経、心経などを伝えたと言ったことはありません。釈迦牟尼が在世中の頃は、何々といった経書を私が伝えたと言ったことや、名前を付けたことも全くありません。釈迦牟尼が法を説いて、後世の人が整理し、できあがった経書に名前をつけて、何々経、何々経と呼んだのです。すべて後世の人が整理して、経書に名前を付けたもので、釈迦牟尼佛が在世の頃に法を説いた時の時間や場所、対象など全く違います。後世の人が整理したときの理解や、無意識に加えた変更や、記憶が不完全なものなどが重なり、経書の中に佛のものはすでに多くありません。

弟子:家の中に供えている佛に、線香をあげてもよいでしょうか?
師:あなたが望むならあげてください。佛は皆互いに尊敬し合っています。皆佛家なので、これだけを尊敬してあれを尊敬しない、といったことはありません。皆佛家なので、皆敬う必要があります。ただし、どの一門を修めるかは厳粛な問題なのです。敬うとは敬うことであり、修めるとは修めることです。

弟子:法輪大法を修煉する人は、ネギ、生姜、ニンニクを食べることができますか?
師:皆さんに教えますが、常人は料理を作る時にネギ、生姜、ニンニクを入れて、何も問題はないと思います。集団で修煉していない場合、他の人の妨げにならないので、あなたが少し食べて、それほど多くなければ問題ありません。こういうものは刺激臭が強いからです。一方、癖にまでなってしまって、味噌をつけてネギを食べることが仕方のないほど好きだというと、それも癖になり、執着です。つまりわたしたちはこういうことに追及しません。その匂い、そもそも刺激臭がある食べ物は神経に強い刺激を与え、癖になりやすいのです。同時に、修煉してあなたの身体から出てきたそれらの霊的なものも、この臭いに耐えきれません。酒を飲むことも同じであり、ですので皆さん考えてみてください、このような問題なのです。もちろんあなたは常人の中で修煉しているので、執着せずに少々食べてもかまいません。あなた自身で正しく対処してください。わたしたちは常人の中で修煉するので、最大限に常人と同じようにしてもよいのです。ただし、あなた自身は煉功者の基準で自らに要求しなければなりません。

弟子:どうして初めて講義を聞いて、三、四日経っただけで、法輪が回転していると感じる人がいるのでしょうか? どこにも法輪があって至るところで回っていると感じる人もいれば、三回講習会に参加しても、何も感じない人もいますが?
師:この法輪大法を学んで、この法は素晴らしい、これは正しいと感じたため、講習会に何回も参加した人がいます。しかし、病気を治そうとする心を根本から放下しておらず、何回か多く講習会についていけば、病気が好くなると思うような人もいます。どんな心理状態をも抱える人がいて、講習会についてきた人は皆修煉しに来た人や、法を求めに来た人とは限りません。また、もともと敏感ではない人もいて、当初法輪が回り始めた時に分からず、安定してからは、なおさら分からないのです。とても敏感な人でも、当初法輪が回っていたのを感じても、だんだんと感じられなくなります。どうして感じないのでしょうか? 法輪が順応になってからは、あなたは感じなくなるので、順応してからまた何を感じるというのですか? 普段、胃が動いていることをあなたは知っていますか? つまり身体の一部分になった時、あなたはもう感じなくなります。血管の血は流れていますが、あなたは感じますか? つまりこういう意味です。

弟子:わたしは今、韓国へ行こうとしていますが、韓国人が法輪大法を学びたいなら、彼らに教えることが出来ますか?
師:もちろん出来ます。韓国語で彼らに翻訳してあげてください。あなたが訳して、彼らに説明してあげてかまいません。大法は全人類に伝えなければなりません。

弟子:一人が法を学ぶと全家族が受益するならば、家族全員が法輪大法を学ばず、功も信じなくて、時には皮肉の言葉を投げかけてきますが、彼らは受益することができるでしょうか?
師:この問題は二つの面から見なければなりません。あなたを刺激する人は、この法に対するあなたの心が動揺しないかを試練しているのかも知れません。家族はあなたの耳に障る話をするのは、業力を取り除くことを手伝っているのかも知れず、これには多くの要素が存在している可能性があります。もちろん特殊な場合を除いて、一般的な情況下で煉功すると、全家族が受益するのはいうまでもありません。あなたの家の場も整理してあげなければならず、当然このような場の中で、家族たちは受益することになります。もう一つは、家族がたとえ魔の類にコントロールされていたとしても、逆にみればそれも良いことで、あなたを不動にさせるためです。不動になったら、師父もきっと整理してあげるはずです。

弟子:心を一つにして法輪大法を修煉し、真に修煉すれば、つまり法輪大法の弟子となりますが、羅漢果位まで成就せずに死んでしまう場合は?
師:先ほどわたしが話したように、代価を払った分だけ得るものがあります。ですから、修煉して圓満したいと思うなら急いで修煉しなさいと言ったのです! 寺院の中で、なぜ釈迦牟尼が座ったあの殿堂を「大雄宝殿」と言うのでしょうか? 佛法を修煉すれば、雄獅子のように勇猛に精進しようと釈迦牟尼は言ったからです! それゆえ当時の人は彼を雄獅子とみなしました。さらに言うと、わたしたちは性命双修であるため、本当に精進すれば、必ず生命が延長されて圓満するのです。

弟子:先生を師として拝みたいのですが?
師:皆さんに教えますが、真に法輪大法を修煉する人は、わたしもあなたを弟子として面倒をみなければなりません。あなたにこれほど多くのものを与え、これほど多くのものを植え付けてあげ、法もこの程度に至るまで説いてあげ、功も教えてあげたばかりか、わたしの法身までがあなたの煉功を見守っています。これはつまりあなたを弟子として面倒を見ているのではありませんか? 昔、直伝を受ける人でも、独修の人でも、ここまで面倒を見ることもありませんでした。教えますが、わたしは前人がこれまで行なったことのないことを行ない、最も大きな門を開きました。しかしわたしたちは昔のような形式を重んじません。皆さんはひざまづいて地に額をつけて叩頭し、それでわたしの弟子になるような、わたしはこういったことは認めません。なぜ認めないのでしょうか? 皆さん考えてみてください。あなたが修煉しなければ、わたしを師として仰いでも一体どんな意味があるのでしょうか? わたしはひざまづいて弟子入りした法輪大法の弟子であり、李先生もわたしを弟子として認めたと言って、そして門を出るとあなたはすぐに元の木阿弥になって、法輪大法の要求通りに行なわず、法輪大法に損害を与えることもするならば、それでも弟子と言えますか? 逆にわたしの名声を汚すかもしれません。だからわたしは全くこのような形式を重んじません。修めれば、あなたはこの一門の弟子なので、わたしもあなたに対して責任を果たします。修めないなら、あなたもこの一門の弟子ではなく、わたしも責任を果たすことはありません、この通りに対応するのです。

弟子:貫通両極法を煉るとき、「想像」や「感覚」は要求に符合しないのでしょうか?
師:そうです。感覚も必要なく、想像も必要ありません。あなたは一心に修煉するだけで、静かに煉って何も考えないでください。

弟子:人が話をする時、その人が話す前に、いつもわたしはその人が何を話そうとするのか知ることができますが? どうしてでしょうか?
師:あなたに他心通の功能が現れたからです。あなたがちゃんと煉功すれば、それを強めることができます。ただし良くない事をするのに使ってはいけません。良くない事をしなければそれを維持することができます。他人があなたを悪く思っても、あなたは怒ってはならず、煉功者の基準に従って自らに要求してください。

弟子:わたしは遠い上海にいますが、煉功中にもし疑問が生じたら、誰に連絡すればよいでしょうか?
師:上海は遠いとはいえません。学習者の間で互いに切磋琢磨するのはとても良いことです。皆は講義を聞きましたが、わたしの話が多すぎて、すべてを覚えることは無理です。録音して良いので、できるだけ録音を多く聞いてください。上海に最も近いのは合肥の補導点です。上海側はわたしを招致したことがありますが、最後はいつも確定できませんでした。上海の学習者は少なくなく、学びに来る人も少なくないので、互いに切磋琢磨して向上すればよいのです。上海、武漢、広州、鄭州、重慶、成都、いずれにせよ全国ほとんどの大都市にわたしたち法輪大法の補導点があるので、連絡すれば良いのです。実はこの法に基づいて行なえば、皆悟れると思います。わたしは法を系統的に伝え出したからです。将来、わたしは本も出版するので、修煉によりいっそう便宜を提供します。

弟子:座禅する時、いつもよい香りがするのですが?
師:それは正常なことで、とても正常です。このようなよい香りは、他の空間から来るものです。

弟子:学習班に参加していませんが、法輪を得ることができるでしょうか?
師:本当に法輪大法を修煉する人は、本に照らして学び、真に本の要求に従って行なうなら、同じように得ることができます。つまりあなたは本当に修煉するなら、きっと得られます。

弟子:寝ているうちに法輪を手で触ったのですが? 左の胸元に、はっきりと覚えていますが、手で押すと左右に動かすことができました。しかし目が覚めてから手で触ると、もうそこにありませんでした。
師:それはあなたが別の身体を主宰して、触れたのです。そうですね、目が覚めてから、この身体を触ってもそこにありません。肉身が完全に同化して、はじめて触れることができるのです。

弟子:この宇宙の特性である「真、善、忍」の「忍」の字は、常人社会でよく理解できますが、高い次元では争いやトラブルがないのに、どうして忍が必要なのでしょうか? 宇宙にどうして忍が必要なのでしょうか?
師:この宇宙はあなたが理解しているようなものでなく、それは相当に複雑で巨大な系統です。有形の人類が存在する以外に、宇宙にまた無形の人類も存在しています。わたしたちはよく空間を言いますが、高い次元の空間にも、彼らの次元の問題が存在しています。教えますが、多くの遠いところにも、わたしたち人類のような身体が存在していて、このような色身は相当多く宇宙全体にあまねく分布しています。そればかりか、異なる次元にはさらにそれぞれ覚者がいて、彼らにも互いの社会的関係が存在しています。その上、さらに高い次元にもこのような存在の形式があります。あなたが理解している忍は、人の考えの基礎の上に立って理解している忍ですが、忍にはさらに高い内涵があります。あなたにはこれがなくてよいのですか? あなたが常人の角度に立ってこの大法を理解しようとすれば、まったく理解できません。

弟子:夫妻の間は、徳を失うことがありますか?
師:そうです。あなたがいつも妻を殴っていたら、わたしの見るところ彼女に借りがあることになり、あなたがいつも夫を罵っていたなら、同じように彼に借りがあることになります。皆人で、皆生命であり、誰と誰にもみなこのような業力の関係が存在します。子供と親の間にも、このような関係が存在しています。子供の身体はあなたが与えたのですが、彼の命は決してあなたが与えたものではないので、子供に対してあまりにひどく扱ってはいけません。子供として、親は少なくともあなたを生んで育てたので、あなたに恩と徳があります。親を尊敬しなければならず、そうでなければ、あなたも親に借りがあることになります。

弟子:講習会に参加して今日に至っても、わたしの足の病気はまだ良くなっていませんが?
師:あなたはその心を放っておくことができていませんね。わたしはあなたの病気を治すために来るわけではありません。あなたが放下できなかったら、わたしには何もできません。病気があるのはかまいませんが、その心を放下できないなら困ります。その上、あなたは修煉を信じなければ、なおさら仕方がありません。ここでは修煉者だけの面倒を見るのです。わたしの法身は常人の面倒を見てあげないし、わたしも自らあなたの病気を治療することをしません。病気を治したい考え方や思想を捨てなくて、あなたは自分を煉功者と見なさなければ、どうやってあなたの面倒を見るのでしょうか? わたしは病気を治しに来たのではなく、佛法を伝えに来たのです。
 
弟子:夢の中で天目のところで法輪が回っているのが見え、また白い物質も見え、それに武術の心得のある名手も見えましたが?
師:それは夢ではなく、本当にあなたに見えたのです。それは正常なことで、何が見えても正常なことです。それに執着したり、追求したりせずに自然に、静かに観察していればよいのです。

弟子:よく全身が高く、大きくなり、空のような感じがするのですが?
師:そうです。人の身体、他の空間にある身体が煉功する時に大きくなったりして、他の空間の身体や元神は大きくなったり、小さくなったりすることができます。自分がとても小さくなったと感じる人も、自分がとても大きくなったと感じる人もいますが、これはみな正常な現象で、煉功する時に現れることです。功が伸びると身体の容量も増大しているからです。

弟子:五式の功法で第一、第三、第五式に、男が左で女が右の動作がありますが、どちらを陰とし、どちらを陽とするのでしょうか?
師:左側を陽と見て、右側を陰と見ます。背中を陽と見て、前面を陰と見ます。上半身を陽と見て、下半身を陰と見ます。

弟子:地球上の衆生は、もうこれ以上輪廻しないのですか?
師:輪廻は主にこの地球上の生命に対して言っていることで、どうして輪廻しないはずがないでしょうか? 人は人になることが目的ではなくて、人になっている機会をしっかりと掴み、立派に修煉すべきです。来世ではどういうものに転生するか分からず、人体を持たなければ修煉することは許されません。しかし人々がみな修煉することはあり得ず、皆が修めたとしても皆が精進するとは限りません。人類社会は永遠に存在します。

弟子:夢の中で先生にサインをお願いし、お名前のサインを頂きました。その上に先生から心性についてのお話も聞きました。しかし目が覚めてから気が付いたのですが、夢の中の人はますます先生に似ていません。
師:そうです。皆さんはくれぐれもこういった事に注意してください。彼は夢の中でサインをしたり、心性の話をしたりして、わたしたちの看板を掲げてどんなことでも話すかも知れません。皆さんはくれぐれも注意してください、これはサインを求めるという執着が引き起こしたことです。実際のところ、この法にとてもはっきりと説明していますが、あなたはそれに照らして行なうかどうかの問題です。皆さん考えてみてください。わたしたちは再三強調していますが、覚者は夢の中で法を説いてはいけないのです。説いたら天機を漏らすことになって、落ちてしまうので、彼は夢の中であなたに法を説く勇気がどこにあるのでしょうか? つまりこのような問題です。わたしはこれらの事を再三話していますが、すべて魔の妨害なのです。

弟子:先生は、心性を修めずに煉功動作だけでは功を得ることはないと話されていますが、狐狸の類というものは心性を重んぜず、ただ練功の動作だけをやっているのに、どうして功を得ることができるのでしょうか?
師:常人にも一定のエネルギーが存在しますが、非常に少ないのです。根基の良い人は先天的にとても大きいエネルギーを帯びています。動物の類は他の空間で常人社会に惑わされず、エネルギーを見ることができます。それでそれは盗んだり練ったりして、ほんの少しの功を得ることができます。しかし高まることは許されません。人の根基が少し良ければ、功をちょっと練ってみると、心性を修めなくても功をほんの少し増やすことができます。なぜでしょうか? 彼の根基の心性は少し高いかも知れませんが、彼の心性基準がそこにあるからです。しかし、真に修煉しようとするなら、きちんと修めなければなりません。そうしないと、これ以上高く上がれず、正法を得ることはできません。一般の人が修煉しようとするなら、真に心性を修めなければならず、そうしてこそ初めて抜きん出て、跳び出ることができるのです。他の空間のそれらはほんの少しのエネルギーを得ることができ、人もほんの少しエネルギーを得ることができますが、何も大したものではありません。千年道を修めても、万年道を修めても佛の小指のひとひねりにも足りず、何ものでもないとわたしは話しました。ただし常人の中ではそれを非常にレベルが高いと見ています。

弟子:南方の幾つかの都市は業力が非常に多いと言っている人がいます。わたしは上海の大学で学んでいますが、影響を受けないでしょうか?
師:皆さんに教えますが、末法時期になるとどんなところも、各地には良い人もいれば悪い人もいます。しかし業力の多さから言えば、各地には各地の環境があります。ある角度から見ると、人の思想が際立って悪い地域もあります。

弟子:先生の写真を天目で見ると、藍色が黄金色に変わっていますが?
師:これは正常なことです。天目が開いた時に、一つの空間が違えば別の色になることがあり得ます。

弟子:法輪世界は宇宙のどの方向、どの位置にあるのでしょうか?
師:宇宙には人々が認識する方角感覚はありません。法輪世界はどんな所で、どのくらい遠いのか、その距離をどうやってあなたに教えますか? 常人のキロメートルでは計測できません。ただし、わたしの身体に反映してくることができます。わたしとそれは結びついているからです。それゆえ学習者はわたしの身体の後ろに山や川、楼閣や東屋があるのが見え、非常にきれいです。多くの学習者がこれらの景観を見たとわたしに話していますが、実はあなたにその一部分を見せたのです。

弟子:法輪世界と浄土の極楽世界との違いは何でしょうか?
師:法輪世界はより大きく、次元もさらに高く、つまりさらに遠いのです。

弟子:わたしはすでに牧師に洗礼を受けたことのあるキリスト教徒ですが?
師:同じく大法を修めることができます。法輪大法を煉りたいのなら煉ればよいのです。どちらも正法修煉なので、誰かがあなたを懲罰することはありません。どの一門に入りたいかは自分の一存で決めることです。教えますが、キリスト教も正教ですが、ただ末劫の末法時期にまできたので、今の人は教義を歪めて理解しています。ただし、わたしはイエスの天国に東洋人がいるのを見たことがありません。当時、イエスとエホバは彼の教えを東方へ伝えさせませんでした。

弟子:技術を研究して、文化と知識を努力して学習することは、執着になりますか?
師:技術者であるなら、職場であなたの本職は研究を行なうことで、成果を出せず、成績を挙げられなかったら、わたしの思うところでは、勤務先で与えられた仕事と給料にあなたは申し分が立ちません。煉功者は至る所で良い人になることができます。仕事は当然、立派にやり遂げなければならず、それは執着でもないからです。どういうことでしょうか? あなたはほかの人のために利益をもたらして、社会のより多くの人のために価値を作り出しているからです。少なくともあなたは勤務先のためで、あなた一人のためではありません。これはあなたが常人社会において行なうべきことです。文化と知識を学ぶことは執着になるかといえば、われわれも文化と知識を学ぶことを尊ばなければならないとわたしは話しています。知識がなければ、この法も理解しにくくなるからです。学生が大学へ進学したいと思う心は執着ですか? いつも大学へ上がることばかりを考えていて、家族も大学へ上がれればとぶつぶつと言い、精神的圧力が大きいのなら、これは執着だとわたしは思います。それは執着ではありませんか? わたしが先日に話したように、あなたが担当する仕事を立派に行なって、両親や学校にも申し分が立ち、しっかり勉強すれば持つべきものを持てるのではありませんか? しっかり勉強しなければ、大学へ上がることができるのですか? しっかり勉強すれば、得るべきものが得られるのではありませんか? 自然に勉強すればよく、きっと大学へ上がることができます。いつも思って、追求しているなら、それこそ執着です。

弟子:先生の講義を聞いてから、常人のことに対して興味がなくなり、昇給やほかの本に対しても、興味がなくなってしまいました。これは正しいのでしょうか?
師:その通りです。実は自然現象です。煉功と思想の昇華に従って、常人の中のことは、常人という層の中だけのとても低いものであり、つまらないと気付きます。あなたの思想境地が昇華してきたからです。わたしはこのような言葉をよく言ったのではありませんか? 煉功者が高い次元に至った時、常人との間に越えられない溝があることに気付きます。あなたが言いたいことは常人が聞きたがらず、あなたも常人に話そうとは思いません。常人が話している事は、あなたも全く聞きたくありません。ああだこうだ言ってもたかが常人の中の知れていることで、何千年来ぶつぶつ、ぶつぶつと言っても常人の中のたかが知れていることなので、あなたは聞きたくありません。往々にして修煉者の口数が少なく、声を出したがらないのもその原因で、そのような現象が現れてきます。ますます昇華することに従って、あなたはきっとこういったことをますますあっさり見ることに気付くはずです。

弟子:第五式の功法に四つの静止する動作は、それぞれどのくらい保持するのですか?
師:功能加持という動作は、長時間煉ることが要求されるものです。仕事のある人は毎朝、録音テープの時間に従えば十分ですが、実は具体的な時間というのはありません。第五式の功法は簡単ですが、難度は非常に高いのです。長時間座ることが要求され、それほど長い時間座れない人がいるからです。それほど長く座れなければ、座れる分だけ座ればよいです。座れる時間を均等に分け、前の三つの動作と両手結印の時間を半分半分に分けましょう。実は座禅する時、最後に入定に入る時間をもっと長くしてほしいのですが、今のあなたもそこまでできないので、ゆっくりと煉っていってください。今固く規定しても、まったく現実に即しません。

弟子:同僚は邪法を練っています。これからもその人と長く一緒に仕事をするので、どうすればよいでしょうか?
師:邪法を練っているとすれば、練っているものが良くないものだとその人に教えます。その人が何を言っても練りたいなら、好きにさせれば良いのです。仕事の面では、その人と正常に交際します。正法修煉は何も恐れることがないので、気にせずに、影響されることはありません。

弟子:今回の講習会に参加した学習者は、法輪大法の弟子になりますか?
師:この事についてはすでに話したことがあります。本当に修煉するならば、わたしはあなたを弟子として導きます。修煉しないなら、あなたを弟子としません。

弟子:法輪大法を学んだら、功法以外の知識を学ぶことができますか?
師:それはかまいません。数学、物理、化学などや、幾何学、常人の中の知識を勉強してかまいません。あなたはまだ常人の中で生活しているので、法輪大法だけを修煉して、常人の中の事をしないのもいけません。

弟子:煉功する時に、口の中で唾液が出ると、どのようにすればいいですか?
師:それを吐き出さないでください。唾液ならば飲み込みましょう。私があなたに自動的な機を植え付けたので、気にかけずに、それは自然に飲み込みます。いつも唾液を吐いたりする人がどこにいますか。「金のつば、玉の液」、煉功者は唾液を貴重なものと見なしています。

弟子:世の中には悪い人、悪い考えを持つ人がいます。このような人はもともと悪の報いを受けるべきですが、善い行ないをして他人を助ける人は逆に善い報いがないのはなぜでしょうか?
師:つまり、良い人は苦労をしてつらい目に遭っていても、悪人は楽に暮らしているのはなぜか、という意味ですか? 皆さんにお教えします。良い人は苦労もしてつらい目に遭うのは、高級生命から見ると、人は人になるために生きているのでなく、ここまで堕ちて来たあなたに戻っていく機会を与えるために、あなたは人になったのです。それでもまだ悟らずに、ここでもまた悪事を重ねて業力を作れば、業力の報いが現れます。覚者から見ると、これらの業力を早く返せれば、あなたはここから離れることができるのです。良い人であればあるほど、彼らはあなたに業を早く返させます。業力を返す時、あなたは苦しい思いもして、ひどい目にも遭うのではありませんか? そのため往々にして、とても良い人はかえっていつも苦しい思いをして、ひどい目に遭います。良いことをしても人々に理解されず、罪を着せられたり悪人に陥れられたりします。また功績を立てても、他の人に功労を奪われてしまいます。よくそういう事に遭うのです。わたしたちから見てこのようなので、こういう道理です。これは良い人が往々にして楽に暮らせない一つの原因ですが、すべてがそうではなく、業力の多さと関係があります。あなたに業を返させた後、苦の海から早く離れさせることが目的です。その悪人をどうしますか? 悪人に対しても慈悲の観点から見るのです。悪人が悪事を働く時は人に徳を与えています。悪事を働いた分、その分徳を人に与えます。こういう人は何も分からないまま自分に害を与えるのを見て、それなのにどうやって彼を止めるというのですか? 誰も彼を罰したいとは思いません。彼自身が自分を害しているのに、またどうして彼を罰するのですか?! 彼は悪事を働いても罰されることなく、関与する人もいません。彼は制御できなくなったように、誰も彼に関与したくありません。なぜでしょうか? 彼はただ自ら壊滅されるのを待つだけで、死ぬときに徹底的に壊滅され、何もかも無くなってしまうからです。彼はこのようになります。人の考える善悪は反対なのです。

常人は人の善悪の基準を量るときに人の角度から量ります。わたしに対して優しければ、その人が良いと思い、またはわたしの観念から見て良いと思えば、その人が良いと思ったりしますが、それはいけません。あなたに優しければその人が良いと思うなんて、あなたの考えはやはり限られた常人の観念であり、その基準も低いのです。この宇宙の特性こそ、善悪を量る本当の基準です。

弟子:わたしはデパートで色々な佛像を見た時、頭が重く感じましたが?
師:そうです、隙さえあればすぐに乗じる悪者がいますが、大法の修煉者には影響は及びません。

弟子:以前、佛教の言葉に触れたことがあります。煉功する時に、たまたま?叭轟弥……と出ることがあるのですが?
師:これは密教のもので、密教の呪文です。今は邪道なものもそれを念じて使っており、道家でさえも念じています。今はとても乱れているので、こういったものに妨害されてはいけません。眠っているうちに大手印、さまざまな手印をする人もいますが、すべて放棄し、あの手印をしてはいけません。わたしがあなたに教えたのはこれだけなので、これだけに従って煉ってください。

弟子:食中毒が発生したら、どうすべきですか?
師:本当に修煉する学習者は、めったにそのようなことには遭わないのです。本当に修煉する人なら、修煉に関係のない難に遭遇しても、すべて避けることができます。必ずその通りです。どれほど大きな難に遭遇してもきっと助かりますが、前提条件は本当に修煉する人です。修煉の基準に達することができず、常人の中でまったく心性を向上させない人なら、その時どうなるか分かりません。こんなに長い間煉っていても、病気はどうして良くならないのか、とわたしに質問をした人がいます。では、あなたの心性はどうなのですか? 少し動作を煉っただけで、病気が良くなると思っているのですか? われわれもあなたの病気を治しに来たのではなく、わたしたちのここは修煉であり、こういう問題ではありませんか? 食中毒と言うなら、わたしの見るところでは、わたしたち学習者の中にはまだこのような現象はありません。もし誰か本当にこのような事に出遭ったなら、茶碗を砕いても口に入れることができません。もしあなたが本当に中毒になったなら、確かに病院へ行かなければなりません。なぜなら、あなたは自分をしっかり制御できなくて、自分が真の修煉者でないなら、このような問題が起きたら、やはり本当に医者に診てもらいに行かなければならないからです。煉功者として、普通こういった事は起きるはずがありません。

弟子:法輪大法を煉る人は、献血しても問題ないでしょうか?
師:もちろん献血しないでくださいとは主張しません。いずれにしても、あなたの血液を人に輸血してあげるなら、たいへん貴重なものになります。しかし、こういった事は法輪大法の学習者や弟子にはあまり見られませんが、絶対にともわたしは言いません。本当にあなたは献血の番になったら、献血しなくてはならなくなりますね。
  
弟子:毎年の祝祭日や年に一度、テレビの形式を用いてでも、学習者たちに顔を出して頂きたいのですが?
師:それはテレビ局の事です。実のところある一部の事は、縁に従うべきです。

弟子:煉功する時、「喜」の字を覆い被せた布が少しずつ動いて、字が現れ、わたしに見えたのですが?
師:それはあなたが法を得たこと、法を学んでいることを知らせて、点化しているのです。

弟子:業力が非常に大きな人が、功が比較的に高い人といつも一緒に煉るなら、功が高い人に対して何か影響がありますか?
師:ほんの少しも影響しません。功の高い人から見ると、業力は何でもありません。

弟子:法輪はどういう情況で変形するのですか?
師:他の功を混ぜ入れて煉ったり、意念の中に他の功の意念を混ぜ入れて煉っても変形します。外から力は永遠に法輪を壊すことはありません。

弟子:宇宙の中の成、住、壊は自ら演化した結果ですか、それとも大覚者に制御されているのですか?
師:この宇宙はこのような存在形式なのです。同時にこの宇宙はまた相当偉大な覚者が制御できます。しかしそれも自然に生まれて自然に滅ぶという、宇宙の理に従っています。滅ぶかどうかは彼に関係なく、爆破しても彼に害を及ぼさず、新たにもう一度造られます。宇宙の歴史はあまりにも長くて、佛道神は考える必要がないのですが、人にとってそれはとても恐ろしいことです。

弟子:わたしの腹部の中で法輪が回転して、熱を発して、張ったりすることは正常なことですか?
師:おや、あなたのお腹の中に法輪もあって、それは高級生命なのに、あなたはどうしてまだ心が揺れるのですか? 法輪があなたを害するはずがあるのですか?! 言葉を変えて言えば、それは佛なのです!
  
弟子:延吉には「文革」の前に五つの寺院がありましたが、「文革」の時に取り壊されました。今再び建てられているそうですが、法輪大法の学習者はお金を寄付して良いですか?
師:わたしに言わせると、こういった事に関わらないほうが良いです。他人が寄付するのは他人のことで、彼らは彼らの法門のものを修めます。

弟子:わたしは立派に法輪大法を煉ると決心しましたが、いつもこのように思って自分を要求することは、執着と言えますか?
師:自分に良い人になることを要求するのは、執着とは言えません。返本帰真したいと思うなら、人の本性が出てきました。逆に執着を取り除くことができます。

弟子:わたしは居士ですが、楞厳経を読んでも良いですか?
師:わたしたちには法輪大法を修煉する本があり、読んでよいのです。将来はまた他の本も出版されます。あなたはいつも楞厳経や金剛経、あれこれの経を見ると、その一門のものを修煉することになるのではありませんか? つまりこのような問題です。わたしとしても、見ることに反対しません。その一門を修めても結構ですが、二股をかけてはならず、そういう意味です。

弟子:軽度の精神病がある人に教えることは?
師:あなたはこういった面倒を引き起こさないほうがよいと思います。その人は自分をコントロールしきれず、聞いても分からないからです。その人の頭が外来の信息によってコントロールされる時、どんな魔でもその人を妨害できるので、その時にあなたは後始末ができません。その人が変になった時には、どんな魔でも彼をコントロールできるので、彼は良い効果を果たせないばかりか、大法のイメージを破壊することにもなります。わたしたちがこれまで精神病の人に学ばせたくなかったのは、つまりこのような意味です。彼はまったくコントロールしきれず、その時になるとどんな魔でも彼を妨害して、何もかも破壊してしまうので、煉ったものはすべて無駄になります。

弟子:数日前、友人が家に来た時に、憑き物がついてきました。翌朝、わたしが煉功すると、その憑き物も一緒に煉功して、その後去って行きました。これはどうすればよいでしょうか?
師:このような事に遭うと、わたしの名を呼んでみてください。実はこれはあなたを試していることもあります。こういった事はとても複雑です。

弟子:如何に大法を守りますか?
師:われわれは人と争ったりしてはいけません。その人を相手にしなければよいのです。修煉者が妨害に出くわすことこそ、試練という関門です。

弟子:法輪大法の悪口を言う人がいますが、どのように対処しますか?
師:その人に構わないでください。もしその人が強気で言って、横暴で筋を通さないなら、彼と同じようにするのですか? その人にかまわず、相手にしなければよいのです。実は、これも心性を試練するために現れたことです。

弟子:あなたがわたしたちに下さった法輪は、強くなることがありますか?
師:ますます強くなって、自分でも大きく変ったり、小さく変ったりすることもできます。別の空間ではそれは変化することができます。

弟子:煉功する時にまだ入静することができませんが、邪法を煉り出してしまうようなことがあるでしょうか?
師:そのようなことはありません。悪い事を考えずに、自らを煉功者と見なしてください。思想業力が頭の中に反映し出てきた悪い考えを排除してください。

弟子:樹木には霊性があるとおっしゃいましたが、それは修煉できますか? 佛になれますか?
師:人以外は、正法を得て修煉することは許されません。樹木だけでなく、万物には皆霊があります。ただ正法を修煉して得道することが許されるのは人に限ります。
 
弟子:大法を煉っていますが、先祖の位牌を供えることはできますか?
師:いわゆる祖先の一部は、あなたの先天的な祖先ではありません。それは得道した人でもないし、高い次元の佛でもなく、ただ低次元の死者の霊魂なのです。それの心性には限りがあるので、あなたの修煉を妨害するかも知れません。あなたにそのような心があるなら立派に修煉して、正果を得た後、その人たちを済度するようにしましょう。

弟子:煉功して慈悲心が生じると、涙が流れるのでしょうか?
師:二つの情況があります。涙を流しやすい煉功者は、わたしを見ても煉功する時も涙を流します。これはどういう事でしょうか? つまり、わたしがあなたの身体を整理して、多くの良くないものを取り除いたと同時に、この上ない貴重なものを与えたのを副元神が見たため、非常に感激しているからです。しかしあなたの主元神はこれを知りません。なぜいつも涙を流すようになるのでしょうか? 彼に見えたからです。もしあなたの主元神が本当に見える時、どのようにお礼をしても、わたしに対する感謝の心を示しきれません。もう一つの情況があります。一定のレベルまで修煉をしたら、慈悲心が出て、涙が流れることもあります。しかしそれには対象があるものです。殺生を見たとか、苦しめられる人を見たとか、いずれにしても対象があって、涙が流れるようになります。これこそほかでもなく慈悲心が出てきたのです。

弟子:煉功している時に、突然用事ができたらどうしますか?
師:用事ができたらどうすればよいかについて、わたしは話したことがあります。わたしたちは煉功を終了する時の動作にもこだわらないので、立ち上がってすぐに行って、やるべきことをやればよいのです。法輪はあなたが体外に出したエネルギーを、すべて回収してきます。

弟子:法輪樁法を煉る時、両腕に法輪の回転を感じて、はじめて丸く抱くと言えるのでしょうか?
師:そうとは限りません。回転を感じない人もいますが、この中の八十パーセントから九十パーセントの人はみな回転するのが感じられます。

弟子:修煉する際に、金や銀のアクセサリをつけることはできますか?
師:煉功する時にできるだけこういったものをつけないほうが良いのです。実は、それをつけるのは顕示心のためでしょう。結婚した人は指輪をつけるのは結婚した記しなのでかまいませんが、気を煉る時にそれは妨害作用を果たします。金や銀もある種の黄色や白色の物質を発することができ、それは気のようなもので、妨害作用を果たすことができます。なぜならそれは、常人の身体の中の気より強いので、妨害することができるのです。しかし煉功を妨害することはできません。もちろん、それを魔よけができると思う人もいて、さまざまな心理状態があります。煉功しているのに、どうして邪なものを恐れるのですか? 正法を修煉するなら、何も恐れることはありません。

弟子:煉功する時、いつも手が熱くなるのですが?
師:その通りです。病気はすべて陰性のものです。煉功者にはときに陰陽がはっきり分かれる状態は現れます。身体の半分は冷たくて、半分は熱いという状態です。それはさらに位置を換えることもでき、こちらが冷たくなって、あちらが熱くなるのです。これはみな正常な状態に属し、陰陽がはっきりと分かれる状態に属します。

弟子:法輪大法を煉る人は、死去した人に叩頭してよいのですか?
師:あなたがもし本当に功が出たのであれば、それは本当にあなたの叩頭に耐えられません。あなたが頭を地につけて拝礼すると、それはきっとびっくりして遠くまで逃げてしまいます。もしそれが良くない生命であれば、あなたの叩頭で、それを殺すことができます。もちろん常人にはこういったことを見分けることはできません。修煉者はお辞儀をしたり、佛教の中の礼儀をしたりすれば良いと思います。死去した人に叩頭してはいけません。それらはまだあなたの済度を待っているのに、あなたはなぜそれに叩頭するのですか。

弟子:心性が向上しないと、座禅する時、痛くなりますか?
師:心性が向上しても、座禅する時に、足が痛くなる時もあります。

弟子:下腹部で両手を合わせる時と、両手で法輪を時計回りに四回まわす時、手はずっと蓮花掌のままですか?
師:そうです。すべて蓮花掌です。五式の功法の最初から最後まで、ずっと手はこの形です。

弟子:ある刊行物で発表したことがあるのですが、キツネが人に化けることは本当のことでしょうか?
師:宇宙はもともと非常に複雑なのですが、ただ人は信じないだけです。わたしたち煉功者はこういったことに関わらないようにします。これはわたしたち煉功者と関係がないので、こういう質問も聞かないでください。

弟子:周易を研究していますが、法輪大法を煉ることはできますか?
師:その中には幾らか他のものを帯びているので、放下したほうがよいと思います。もしあなたの正常な仕事でないなら、大法に比べるとそれはあまりにも小さいので、大法を修める人が研究するに値しません。

弟子:人という次元の業力は非常に重いのですが、大根基の人はどのように生まれるのですか?
師:一般的にはみな理由があります、みな理由があるものです。

弟子:神通加持法に力を使うと、気機とは互いに矛盾しませんか?
師:手印をする時は前腕が上腕を導くので、前腕と手首の間、手の指まである程度の力を使います。神通を加持する時になると、体を緩めて、完全に緩めます。機とは、巧みにつり合いが取れています。

弟子:どの層まで煉功すると、初めて法身が生まれるのですか?
師:法身はすべて佛の姿をしています。髪は藍色で、黄色の袈裟を着ています。その層まで修煉が達成できなければ、法身を修め出すことはできません。

弟子:薬を飲むことはできますか?
師:ある人がわたしに、もし法輪大法を修煉するなら、薬を飲んではいけないのかと尋ねました。あなたが薬を飲もうと飲むまいと、わたしは構いません。わたしのところでは、煉功者は煉功者の基準に従って行なうことを要求しているだけです。あなたはこの点がなし遂げられず、このような心性基準に従って行なわずに、薬を飲まないとトラブルが起きると、あなたは李洪志が薬を飲ませなかったと言うかもしれません。皆さん考えてみてください、あなたが自分を煉功者と見なすことができないために問題が現れたので、薬を飲まないと、当然危険になるのです。常人とはつまりそのようなものです。学習者もそれを新しい学習者の入門条件や規定にしてはならず、相手にそれを悟らせることです。ただし点化することはできます。

弟子:子供を教育する時、心が激高して子供を殴ったり罵ったりするのは、自分に業力をもたらすことになりますか?
師:子供はしつけなければなりません。しつけをせずに子供を放任すると、あなたも徳を失うことになって、親としての責任を果たさないことになり、子供を教育すべきです。子供が言うことを聞かなければ、少しきつくしつけても構いませんが、子供を家畜と同じようにしてはいけません。それは決してしてはいけないことで、はっきりと分かってください。子供をしつける時にかっとなってはならず、本気で怒ってはならず、あなた自身にも忍という問題があるからです。忍とは怒ってから耐え忍ぶのではなく、怒らないことです。子供の本当の命はあなたが与えたものではなく、子供にも先天的に由来したところがあり、彼も独立した生命であるので、理知的に子供をしつけるようにしましょう。

弟子:もし憑依された功を練ったなら、どういう結果をもたらしますか?
師:それなら、あなたも憑かれて、毎日体の精華が吸われます。

弟子:法輪大法を煉って、丹は爆発しますか?
師:しません。どれほどの代償を払って、どれほど得ることになっても、丹が爆発することはありません。  

弟子:煉功場では、早くから両足を組むことができ、または長い時間両足を組める人は、よく煉功できていると思われますが?
師:その人は座れる時間が長ければ、この方面でよくできているのです。全体的にその人の修煉がどうかと言うと、座禅できる時間の長さや、功能で判断するものではありません。この人に功能が現れ、天目の次元の高さも彼が高いとしても、彼を崇拝することは、してはいけません! 善し悪しを量る唯一の基準はすなわち、その人の心性の高さを見ることです。大法と心性の高さによって、その人の修煉の善し悪しを量るのです。将来、一定の次元に達したなら、その人の身体の色からも、次元を見分けることができます。なぜでしょうか? その色とは、赤、橙、黄、緑、青、藍、紫、有色、無色という九種類の色に変化するからです。白色になり、全身が乳白色に包まれた時、その人はすでに世間法の最高次元まで煉ったことになります。無色になるまで煉った時、もうそれは透明体の過渡状態に進み、世間法を出ることになります。そのため赤、橙、黄、緑、青、藍、紫を見て、その人の修煉の次元を見分けることができます。最初は彼の身体は赤色で、紅いのです。羅漢法の修煉に至った時、また赤、橙、黄、緑、青、藍、紫が改めて現れますが、しかしその色は世間法修煉の色よりずっと綺麗で、透明なものになります。初果羅漢を出て、正果羅漢の修煉に入る時、また赤、橙、黄、緑、青、藍、紫ですが、その色はさらによりいっそう綺麗で、断えず上に向けて昇華するのです。つまり、あなたの身体から発する光や功の色まで、みなこのようになります。

弟子:機制と気機はどう違うのですか?
師:機制というのはあなたの身体に植え付けて、あなたの功を増やしたり出させたりするなどの要素で、あなたの身体と修煉して現れる全てのものを変えることができます。元嬰など生まれるものを含めて、それらを全て統一して機制と呼んでいます。そして気機とは、あなたの体外で植え付けた、あなたの手が動かなくても、あなたの手を煉功するように導くものをいいます。
  
弟子:朝鮮族の学習者は講習会を聞いても分かりませんが、法輪を得るのに影響がありますか?
師:ここに来た大多数の人はみな縁のある人だと思います。多くの人は中国語を聞いても分かりませんが、病気はすでに良くなっています。なぜなら根基の良い人はありのままで得ることができるからです。その中には根基が良いという問題があります。

結語

 ここ数日間、わたしはずっと話をしてきて、もうこれ以上話すことはありません。多くの学習者はわたしに言葉を送ってほしいと思っていますが、一人一人に贈ることはできません。皆さんが修めるかどうかはあなた自身のことなので、わたしは皆さんにまとめの言葉を贈ります。当初、わたしが功を伝えた出した時には多くの魔難に遭遇しましたが、それは想像に絶することでした。当時、わたしはこのような考えをしっかりと抱いていました。非常に高いところの大覚者たちは、わたしがとても耐え難いことを受けているのを見て、「忍び難きを忍びうる、行ない難きも行ないうる」と言いました。わたしはこの二つの言葉を皆さんに贈りたいと思います。わたしがこの功を伝えることは今日までにし、まずしばらく一段落します。わたしも少し休んで整えます。
  
 わたしは功を伝える過程の中で、一貫して学習者に対し、社会に対して責任を果たす態度を保っており、功を伝える全過程で収めた効果は比較的に良く、比較的理想的なものでした。一部の少数民族の学習者は中国語を聞いても分かりませんが、それも同じように比較的に理想的な効果を収めました。佛家には縁を重んじるという言葉があります。皆さんがここに座っているのも、実は縁なのです。このような縁があるからには、皆さんはこの機会をつかんで、うかつに見逃さないでください。このような縁を持てたことを大切にして、せっかく法輪大法を学んだので、それをしっかりと煉功し続けていってほしいのです。代価を払った分だけ得ることができるので、高い次元に到達しようと考えなくても、最低限あなたは健康な体を持つことができ、もしくは次元を向上させることもでき、それは必ず達成できることです。もちろん、わたしの目的は、高い次元に向かって本当に圓満成就できる人を導くことです。先日わたしも言いましたが、ここで何千人が法を聞いているとはいえ、わたしに言わせると、あまり楽観視していません。どのくらいの人が本当に修煉を続けられ、最も理想的な目標に達成できるのか、本当に分からないからです。皆さんが決心して、修煉を続けていくことをわたしは願っています。先ほど贈った言葉のように、最後までねばり強くやり抜けた人こそ本当の純金なので、最後までやり抜けた人こそ本当に圓満できるのです。

 佛を修める方法自体はそれほど難しくはありませんが、常人社会の中で、常人の執着心を放棄することは最も難しいことです。しかし幸いにもわたしは今日、このような道理、高い次元の法を皆さんに伝え出したので、皆さんはこの法に従って修めて、煉功していくことができます。昔は多くの人が高い次元へ修煉したいと思っても、法がなかったので法を得られず、上に修めることができませんでした。今日の便利さはまさにこの点にあり、この法を皆さんのために、家の玄関口まで送り届けています。

 昔は多くの人、各地域にもそのような人がいましたが、どこに行って有名な師を探して、修めて学びたいと思っていました。われわれの法門は直接人の心を指すため、最も便利な法門で、修めることも最も速いと思います。あなたはどこかへ弟子入りに行かなくてもよく、わたしはすでにこの法をあなたの家の玄関口まで持ってきてあげたので、修煉できるかどうかを見てください。修煉できるならば、あなたはすぐに修めて、修煉できなかったら、今後あなたは二度と修煉のことを考えなくてよいので、つまりこのような道理です。講習会の全過程において、触れた問題には比較的に次元が高く、話した内容も、皆さんがこれまで聞いたことのないものばかりでした。気功師ばかりか、宗教の中においても、多くのことをこのように高く、はっきりと知ることは許されません。そのため、わたしは前人が行なったことのない事を行ない、大きな門を開いたとわたしは言ったことがあります。しかも一部の事はすでにはっきりと伝えたので、これ以上まだ修められないと言うなら、それはあなた個人の問題です。もちろんわたしは、皆さんに対して責任を果たすことを旨として、法や理をはっきりと説明してあげ、将来、わたしはさらにあなたを守らなければなりません。

 わたしたちの煉功場は、一般の場ではありません。煉功場全体に覆いが被せられており、ほかの功法の人が入って煉りたいとか、わたしたちの学習者の中に入ってこようとしても、彼はわたしたちのこの覆いの中には入れません。それは風船のように、煉功場の真ん中まで歩いて入ったとしても、その覆いの中に入ることはできません。場全体のエネルギーは強く、わたしが整理するまでもなく、わたしの法身が直接この事を行なっているからです。あなたにはわたしの法身がいて守っているので、彼は必ずそのような事を行なっています。わたしは皆さんにどれだけのものを与えたのでしょうか? わたしもこれ以上詳細に話したくはありません。最終的な目的は、皆さんに本当に法を得させ、修煉できるようにする、これだけが目的です。皆さんは今後の修煉の過程において、絶えず向上し、絶えず自分の功を高め、皆さんが圓満成就できることを希望しています!



戻る

法輪大法の書籍